ブログ

【藤沢市】で屋根のカバー工法が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【藤沢市】で屋根のカバー工法が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
屋根リフォームの新定番「屋根カバー工法」について

屋根修理の方法はいくつか存在します。

屋根のカバー工法も修理方法のひとつです。

人によっては、屋根修理の方法とそれに伴う費用について詳しく知りたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は屋根のカバー工法を藤沢市で行った際にかかる費用について取り上げます。

藤沢市で屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は一度参考にしてください。

藤沢市で屋根のカバー工法を行った際にかかる費用

藤沢市で屋根のカバー工法を行った際、約80万~150万円の費用がかかります。

成田崇
成田崇
「屋根カバー工法」ではこのように既存屋根材の上にルーフィングを重ね張りします。

数十万円で済む場合もあれば、100万円を超える場合もあるので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は注意が必要。

納得のいく施工を行うためには、屋根修理・屋根リフォームのための費用を普段から用意しましょう。

また、見積書に記載された費用の内訳などを踏まえ、依頼するかどうかの判断が求められます。

カバー工法とは一体何か

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。

外壁修理・外壁リフォームでカバー工法が用いられる場合もあります。

実際のところどうなの? 屋根のカバー工法と屋根塗装はどっちが良いの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

重ね張りと呼ばれています。

人によっては重ね張りの方が聞き馴染みがあるのではないでしょうか?

カバー工法のメリット

屋根のカバー工法を行うメリットに一体何があるか理解した上で屋根修理・屋根リフォームを進めるのが重要。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・屋根材の撤去

・処分の費用を節約できる

・工期を短縮できる

・断熱性と防音性を向上できる

・騒音トラブルを対策しやすい

・アスベストを処分する手間と費用に悩まされにくい

成田崇
成田崇
簡単に言うと「価格を抑えることが出来て」「工期も短くて済む」のがカバー工法です

ここでは、屋根のカバー工法を行うメリットについて紹介します。

屋根材の撤去・処分の費用を節約できる

屋根のカバー工法は既存の屋根材を撤去しないため、廃材を処分するための費用がかからないのがメリット。

工期を短縮できる

既存の屋根材の撤去・廃材を処分する工程を省略するので、葺き替え工事に比べて工期が短いです。

断熱性と防音性を向上できる

新しい屋根材を被せることで断熱性と防音性を向上できるのもメリットに挙げられます。

暑さや寒さ、騒音は住み心地が変わってくるポイント。

1年を通して、室内で快適に過ごしたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

騒音トラブルを対策しやすい

既存の屋根材を撤去しない分、騒音トラブルに悩まされにくいのもメリットです。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で騒音トラブルが発生する可能性があります。

業者に依頼する際、近隣住民への挨拶などを適切に行っているかどうかもチェックしてください。

アスベストを処分する費用に悩まされにくい

屋根のカバー工法はアスベストを含んだ屋根材を用いた屋根に行われます。

アスベストを処分すると、屋根修理・屋根リフォームの費用が高額になります。

屋根のカバー工法で屋根修理・屋根リフォームを行えば、アスベストを処分する際の費用に悩まなくて済むのがメリット。

カバー工法のデメリット

屋根のカバー工法を行う際、どのようなデメリットがあるかも押さえましょう。

主に以下のデメリットが存在します。

成田崇
成田崇
すでに長期間雨漏りしている場合などで下地木が痛んでい居る場合はカバー工法不可です。

・著しく破損している場合に適していない

・屋根の重量が重くなる

・瓦屋根に適していない

ここでは、屋根のカバー工法を行う際のデメリットについて触れていきます。

著しく破損している場合に適していない

屋根自体が著しく劣化している場合、カバー工法ではなく、葺き替え工事が適しています。

屋根材が広範囲にわたってひび割れしていたり、野地板などが剥き出しになっているなどの悩みがある方も多いのではないでしょうか?

屋根の重量が重くなる

屋根のカバー工法を行う場合、屋根の重量が重くなってしまいます。

重量が増えるのに比例して、地震の時に揺れやすくなります。

耐震性を向上させたい方は葺き替え工事を行うかどうかも検討したいところ。

瓦屋根に適していない

瓦屋根は凹凸があるのに加え、厚みがあるので、屋根のカバー工法に適していません。

屋根のカバー工法が適した屋根材は平板の屋根材。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は瓦屋根が用いられているかどうか踏まえ、業者との話し合いを進めていくことになります。

藤沢市とは一体どのような場所なのか

藤沢市は湘南エリアの中心地。

神奈川県の中央南部に位置します。

おおむね平坦な地形なのに加え、相模湾に面しているのが特徴に挙げられます。

夏は暖かく、1年を通して湿度が高いのがポイント。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際は塩害や温暖な気候に配慮することになります。

屋根材の材質をチェックし、錆びやすいかどうか把握することが大切です。

暑さ対策を行う際は遮熱性に優れているかどうかも意識しておきたいところ。

まとめ

藤沢市で屋根のカバー工法を行う際、約80万~150万円の費用がかかります。

屋根の面積や使用する屋根材、所在地から住宅までの距離などによって、費用が変わってきます。

藤沢市は横浜市や鎌倉市などと隣接しているので、周辺の市町に所在地のある業者も選択肢に入れるのが大事。

業者によっては約1時間以内で駆けつける場合があります。

成田崇
成田崇
(株)いらかから藤沢市までは30分程度で駆け付けます。

屋根のカバー工法のメリット・デメリットを踏まえた上で屋根修理・屋根リフォームを進めてください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨樋をDIYで修理する方法3選|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋をDIYで修理する方法3選

成田崇
成田崇
ちょっと雨樋が壊れてしまった方向け記事です。

雨樋が破損したので、DIYで修理しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

被害が大きくなる前にできる限り早めに修理を済ませるのが大切。

今回は、雨樋をDIYで修理する方法3選を紹介します。

気になる方は一度参考にしてください。

雨樋をDIYで修理する方法3選

雨桶をDIYで修理する方法として、以下のものが挙げられます。

・シーリング

・防水テープ

・雨樋自体の交換

早速ですが、各方法について触れていきます。

シーリング

シーリングは住宅などの継ぎ目やひび割れなどの隙間を充填する作業。

施工を行う際、シーリング材を用います。

シーリング材の量が多過ぎると、雨樋内にシーリング材が入り、雨水の流れに影響が出てしまうので注意が必要です。

防水テープ

雨樋によっては穴が1ヵ所しか開いていない場合もあり、その際は防水テープで穴を塞いでください。

塗装をし、塞いだ部分を目立ちにくくするのがポイント。

表面が汚れていると、防水テープが密着しにくい点に注意しましょう。

もし、防水テープにしわができていると、しわができている部分から雨水が漏れてしまいます。

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋自体の交換

雨樋のパーツはホームセンターなどで購入することが可能。

色やサイズをチェックし、施工を行いましょう。

まずは破損している部分を外したら、新しい雨樋をサイズに合わせて切断してください。

新しい雨樋を継ぎ手に嵌め込んだら、接着剤で固定します。

成田崇
成田崇
いずれの補修方法も高所作業になります、十分注意してください。

雨樋が破損していると一体どのような問題が発生するのか

破損した雨樋をそのまま放置しておくのは避けておきたいところ。

場合によっては取り返しのつかない問題が発生するかもしれません。

ここでは、雨樋が破損していることで発生する問題について説明します。

雨漏り

雨樋の破損が原因で雨漏りが発生するのに注意してください。

雨漏りは雨水が住宅内に侵入することを指します。

カビの発生

雨漏りによって湿度が高くなると、カビが発生しやすくなります。

天井などにカビが発生して悩まされている方もいるのではないでしょうか?

見た目が悪くなるだけでなく、健康被害を及ぼす可能性があるので注意したいところ。

家族の健康を守るためにもカビが発生していないかチェックすることが大切です。

シロアリの発生

雨漏りにより湿度が高くなると、シロアリが発生しやすくなります。

シロアリは湿度の高い柱や床材などを食べてしまい、住宅の寿命を縮めてしまうので注意してください。

住宅が倒壊する前に対処することが大切です。

シロアリ対策を行う際、雨樋の修理だけでなく、防蟻効果のある成分を含んだ木材を柱などに用いることになります。

DIYで雨樋を修理する際にチェックするポイント

DIYで雨樋を修理する際、どのような部分をチェックする必要があるか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

以下のポイントをチェックし、DIYを進めてください。

・破損している部分が手の届く範囲か

・破損している部分は何ヵ所か

・雨樋に落ち葉などが詰まっていないか

ここでは、DIYで雨樋を修理する際にチェックするポイントについて紹介します。

破損している部分が手の届く範囲か

破損している部分がどこかチェックし、DIY済ませるかどうか判断したいところ。

場合によっては手の届かない部分が破損しているかもしれません。

破損している部分は何ヵ所か

破損している部分は1ヵ所だけとは限らないです。

数ヵ所にわたって破損している場合も十分考えられます。

反している部分が何ヵ所あるかを踏まえた上で施工を進めましょう。

雨樋に落ち葉などが詰まっていないか

雨樋に落ち葉やゴミなどが詰まっているかどうかチェックするのが大事。

詰まっていると、雨水が溢れ出すなどの問題が発生します。

修理する際は雨樋を清掃し、詰まりを解消してください。

雨樋の修理はDIYより業者に任せるのがおすすめ

雨樋の修理をDIYで済ませようとすると、危険が伴います。

人によっては道具を揃える手間が面倒だと感じているのではないでしょうか?

修理を成功させるためには、知識や技術、安全管理などが求められるので、業者に依頼することをおすすめします。

雨樋の修理を行う業者の選び方

雨樋の修理を業者に依頼する際、情報収集が大事。

トラブルを避けるためにも、信頼できる業者を見つけてください。

ここでは、雨樋の修理を行う業者の選び方について紹介します。

過去の施工事例

過去に一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったかチェックし、依頼するかどうか判断したいところ。

施工内容だけでなく、工期や費用を把握する必要があります。

屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴み、相談を進めてください。

屋根を細かく点検するか

屋根や雨樋などを細かく点検するかも依頼するかどうかの決め手。

業者によってはドローンを用いる場合があります。

点検内容を基に見積書を作成します。

保証内容が充実しているか

屋根修理・屋根リフォーム後もメンテナンスを行うのが大事。

業者が用意している保証内容を踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

まとめ

雨樋の修理をDIYで済ませることができるものの、知識や技術が必要です。

安全管理が不十分だと、転落などの問題が発生します。

屋根に関する悩みがある場合、信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、思い入れのある住宅のメンテナンスを行ってください。

 

屋根修理や雨樋のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

バルコニーに屋根を付けたい!ポリカ屋根とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

バルコニーに屋根を付けたい!ポリカ屋根とは?!

成田崇
成田崇
バルコニーで干している洗濯物が急な雨で濡れた!そんな経験はありませんか?

バルコニーで洗濯物を干したり、家庭菜園を楽しみたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

洗濯物が濡れるなどの問題を防ぐために屋根を付ける必要があります。

屋根によって、住宅の印象が変わってきます。

今回はバルコニーに用いられるポリカ屋根とは一体何かについて解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

バルコニーなど付けるポリカ屋根とはそもそも何か

ポリカ屋根とは、ポリカーボネート製の屋根。

バルコニーだけでなく、ベランダ、カーポートに付けられる場合もあります。

バルコニーにポリカ屋根を付けるメリット

ポリカ屋根をバルコニーにつけるメリットとは一体何か気になっているかが多いのではないでしょうか?

主なメリットは以下の通り。

・紫外線をカットできる

・目隠しとなってプライバシーを保護しやすくなる

・衝撃に優れている

・暑さを凌ぎやすくなる

・雨水や鳥の糞などで洗濯物が汚れにくくなる

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方に向けて各メリットについて説明します。

紫外線をカットできる

紫外線をカットし、日焼けを防ぎやすくなるのがバルコニーにポリカ屋根を付けるメリット。

洗濯物などが色落ちして悩まされている方もいるのではないでしょうか?

目隠しとなってプライバシーを保護しやすくなる

目隠しの役割を担うのもポリカ屋根のメリットです。

自分や家族のプライバシーを保護し、日常生活に支障をきたさないようにしてください。

衝撃に優れている

ポリカ屋根は男性があるため、衝撃に優れているのもメリットに挙げられます。

耐久性に優れた屋根を付けたいと感じている方はポリカ屋根を一度チェックすることをおすすめします。

暑さを凌ぎやすくなる

熱線吸収ポリカ屋根を用いれば、暑さを凌ぎやすくなるのもメリット。

夏に洗濯物を干す際、暑さに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

屋外での活動に支障をきたさないためには、熱中症の対策を意識する必要があります。

雨水や鳥の糞などで洗濯物が汚れにくくなる

雨水や鳥の糞などで洗濯物を汚れにくくします。

洗濯物をできる限り早く乾燥させたいと感じている場合、バルコニーにポリカ屋根を付け、屋外で干せるようにしてはいかがでしょうか?

バルコニーにポリカ屋根を付けるデメリット

ポリカ屋根をバルコニーに付けるとデメリットがいくつか発生する点に注意したいところ。

ここでは、どのようなデメリットがあるかについて取り上げます。

雨音が響きやすい

雨音が響きやすいのがデメリット。

屋内で何か作業を行う際、騒音が気になる方は注意が必要です。

色によっては暗くなる

ポリカ屋根を塗装した場合、ポリカ屋根の下が暗くなってしまいます。

屋外で洗濯物を干す頻度が多い方は塗装を控えるかどうか一度検討してください。

塗料が定着しにくい

塗料が定着しにくいのもデメリットに挙げられます。

施工が不十分だと、塗膜が剥がれてしまいます。

バルコニーにポリカ屋根を付ける際のポイント

バルコニーにポリカ屋根を付ける際、どのような点を押さえると良いのか気になっているのではないでしょうか?

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うための主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・どの方向にバルコニーがあるか

・汚れが気になるかどうか

・屋根修理

・屋根リフォームのテーマ

・コンセプト

・予算はどのくらいか

ここでは、ポリカ屋根を付ける際のポイントについて触れていくので、気になる方は参考にしてください。

どの方向にバルコニーがあるか

バルコニーがどのよう方向にあるかで日当たりが変わってきます。

日当たりが良いかどうか踏まえ、ポリカ屋根を付けるかどうか判断することが大事。

場所によっては色の濃いポリカ屋根を付けることで日当たりが悪くなる恐れがあります。

汚れが気になるかどうか

色によって汚れの目立ちやすさが変わってきます。

ポリカ屋根を付ける際、汚れが目立ちにくい色かどうかチェックしておきたいところ。

屋根修理・屋根リフォームのテーマ・コンセプト

屋根修理・屋根リフォームを行う際、テーマ・コンセプトを決めましょう。

テーマ・コンセプトによって、選択する屋根材や色が変わります。

どのような住宅に住みたいか家族と一度相談するのが大事。

予算はどのくらいか

ポリカ屋根を付ける予算を用意できるかどうかも把握することをおすすめします。

バルコニーに屋根を付ける際、ある程度の費用がかかります。

屋根材だけでなく、バルコニーの面積も費用を左右するポイント。

ポリカ屋根について業者に相談するのが大事

ポリカ屋根を付ける際、信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームのアドバイスを受け、納得のいく施工を行うのが大切です。

DIYだと、施工不良や転落などの問題が発生するかもしれません。

まとめ

ポリカ屋根は耐久性に優れたポリカーボネート製の屋根です。

紫外線をカットするだけでなく、プライバシーを保護できるのがメリット。

暑さを凌ぎたい場合、熱線吸収ポリカ屋根を付けるかどうか検討することをおすすめします。

屋根を付けるためには、十分な知識と技術、道具が必要です。

業者に依頼する際、情報収集を行い、信頼できる1社を見つけてください。

 

屋根修理やポリカ屋根のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

ポリカ屋根の固定方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

ポリカ屋根の固定方法とは?!

成田崇
成田崇
ポリカ屋根を自分でDIYしようとおも方は必見です。

ポリカ屋根は耐久性に優れており、さまざまな建物に用いられています。

近いうち、屋根修理・屋根リフォームを予定しているものの、どの屋根材にするか迷っている方も多いのではないでしょうか?

各屋根材の耐久性や固定方法などをチェックし、屋根修理・屋根リフォームに用いる屋根材を決めるのが大切。

今回はポリカ屋根の固定方法について説明します。

どのような物でポリカ屋根を固定するのか

ポリカ屋根を固定する際、一体どのような留め具を用いるのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

固定するための留め具は以下の通り。

・ビス

・傘釘

・ポリカフック

・フックボルトセット

まずは各留め具について紹介するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

ビス

ビスは上部に傘のようなカバーが付いた留め具を指します。

電動ドライバーを用いてポリカ屋根に取り付けます。

下地にねじ込むようにするのがポイント。

傘釘

傘釘は木の下地の場合に用いられる留め具です。

芯の部分に刻みが入っており、ねじるように差し込み、ポリカ屋根を固定します。

成田崇
成田崇
止付ける箇所が「木」の場合は傘釘を使用します。

ポリカ屋根の山部分が傘のような頭部に被さるので、雨漏り対策に適しているのがポイント。

ポリカフック

ポリカフックはポリカ製の留め具です。

しの字のようなフックをしているのが特徴に挙げられます。

成田崇
成田崇
止付ける箇所が「鉄」や「アルミ」の場合はフックです

フックの長さを下地に合わせるのが固定する際のポイント。

ポリカ屋根に穴を開けたら、先端を差し込んで引っ掛けるようにしてポリカ屋根を固定させます。

フックボルトセット

フックボルトセットはL字型の金属製フックが用いられた留め具。

穴を開けた下地に引っ掻けるようにして留めます。

耐久性に優れているのがメリットです。

ポリカ屋根の固定方法

ポリカ屋根の固定を行う際、1つ1つの手順を押さえましょう。

ここでは、ポリカ屋根の固定方法について説明します。

ポリカを切断する

まずは屋根のサイズに合わせてポリカを丁寧に切断してください。

切断する際、波板鋏などを用います。

留め具を取り付ける箇所を決める

次に留め具を取り付ける箇所を決めます。

決まったら、印をしましょう。

間違った箇所に穴を開けないようにするのが印をする目的。

幅方向の重ね代は2.5山以上にするのがポイントです。

重ね代部分は固定します。

流れ方向に継ぐ際は風下側からポリカを葺いてください。

理由は雨漏りによる被害を防ぐため。

ポリカに穴を開ける

印をし終えたら、ポリカに穴を開けてください。

電動ドリルまたはキリを用います。

穴を開ける際、留め具のサイズをチェックするのが大事。

留め具で固定する

穴を開け終えた後、留め具でポリカ屋根を固定します。

上から固定していくのが基本。

垂木・野縁・ポリカの順に取り付けてください。

また、はしごを置くスペースがあるかどうか把握するのも大切です。

ポリカ屋根を固定するための道具をどこで購入できるのか

ポリカ屋根を固定するためのビスなどを一体どこで揃えるのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

ビスなどの道具はホームセンターや工具店、通販サイトを利用することになります。

店舗を利用する際、在庫があるかどうか確認することが大事。

また、ポリカやビスなどを買い直すことがないように商品の特徴を細かくチェックしてください。

DIYでポリカ屋根を固定できるのか

ポリカ屋根の固定をDIYで済ませることが可能です。

ただし、道具を揃える手間がかかるだけでなく、高所からの転落などのリスクが伴います。

施工を成功させるためには、十分な知識と技術が必要。

DIYで済ませる自信がない場合は業者に依頼することをおすすめします。

ポリカ屋根の固定を行う業者の選び方

ポリカ屋根の固定を行う業者は複数存在しており、数ある中から信頼できる1社を選んでください。

トラブルを避けるためにも、情報収集を入念に行っておきたいところ。

ここでは、業者の選び方について説明します。

ポリカ屋根の扱いに慣れているか

過去の施工事例から一体どのような施工に携わっているかをチェックしてください。

工期や費用を把握し、屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴むのが大切です。

ポリカ屋根の扱いに慣れている業者に依頼することをおすすめします。

細かく点検を行うかどうか

正確な見積書を作成するためには、どのような点検を行っているかも重要。

業者によってはドローンを利用し、はしごが届かない屋根の不具合をチェックしています。

点検内容を基に作成された見積書の内容に疑問がある場合、業者に質問しましょう。

疑問をそのままにしておくと、後でトラブルの原因になるかもしれません。

保証が充実しているか

屋根修理・屋根リフォーム後も定期的にメンテナンスを行い、不具合を解消する必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえ、相談・契約を進めましょう。

住宅が建っている場所が施工エリアの範囲内か

施工エリアの範囲内かどうかを踏まえ、依頼するかどうかの判断が求められます。

業者によっては施工エリアの範囲外でも依頼を受け付けている場合があります。

ただし、交通費などがかかるかもしれないため、注意が必要。

まとめ

ポリカ屋根はビスなどを用いて固定します。

施工を行う際、道具を揃える手間だけでなく、知識や技術、安全管理が必要です。

転落などのリスクが伴うため、DIYはできる限り避けておきたいところ。

信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理やポリカ屋根のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

ポリカーボネート波板の耐久性ってどのくらい?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

ポリカーボネート波板の耐久性ってどのくらい?!

成田崇
成田崇
バルコニーや駐車場の屋根によく使われるアレです

屋根修理・屋根リフォームを行う際、屋根材が寿命を迎えているかどうか把握することが大事。

屋根材ごとに耐久性が異なります。

施工で失敗を避けるためにも、使用している屋根材はもちろん、新たに用いる屋根材の耐久性を意識することをおすすめします。

今回はポリカーボネート波板の耐久性について解説するので、

屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

ポリカーボネート波板の耐久性は一体どのくらいか

ポリカーボネート波板の耐用年数は約10年。

住宅によっては10年以上長持ちしているケースも存在します。

耐久性だけでなく、耐候性に優れています。

成田崇
成田崇
格子状に繊維の入ったポリカ屋根の方がさらに耐久性は低いです

衝撃に強いのもポリカーボネート波板のメリット。

屋根材が衝撃によって破損してしまう場合もあります。

屋根材選びを行う際、衝撃に強いかどうかもポイントになってきます。

ポリカーボネート波板が寿命を迎えた場合は一体何が必要なのか

ポリカーボネート波板が寿命を迎えたら、できる限り早めに交換するのが大事。

耐久性が低下してしまうと、破損しやすいので注意が必要です。

何かしらの拍子で破損し、予想外の事故に発展してしまうかもしれません。

住宅によっては耐用年数を超える前に寿命を迎える場合があります。

ポリカーボネート波板が寿命を迎えているかどうか判断するポイント

ポリカーボネート波板が寿命を迎えているかどうか判断する際、一体何をチェックする必要があるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

寿命を迎えているかどうか見極める主なポイントは以下の通り。

・ひび割れが見られるか

・雨漏りしている箇所があるか

・留め具が外れているかどうか

・変形している箇所があるか

普段から住宅の状態に気を配り、ポリカーボネート波板の状態に問題がないか把握することをおすすめします。

ポリカーボネート波板は高温により変形・破損する恐れがあるので、火を用いる際は注意が必要です。

耐久性以外に屋根材を選ぶポイント

ポリカーボネート波板が寿命を迎えたまたは破損したのを機に新しい屋根材に交換しようと考えているのではないでしょうか?

屋根材を選ぶ際、以下のポイントを押さえるのが大切です。

・どのくらいの費用がかかるか

・全光線透過率はどのくらいか

・どのような色か

・どこに用いるか

ここでは、各ポイントについて触れていきます。

どのくらいの費用がかかるか

屋根材を設置する際、どのくらいの費用がかかるかを把握しておきたいところ。

屋根修理・屋根リフォームの費用は屋根材によって変わってきます。

ポリカーボネート波板を用いる際、予算の範囲内かどうかチェックしてください。

全光線透過率はどのくらいか

明るくしたいかどうかも選ぶ決め手に挙げられます。

屋根材により、全光線透過率が異なります。

屋根は目隠しの役割もあるため、全光線透過率が高いと目隠しに向いていないのに注意したいところ。

周囲の目が気になる方はクリアマットのポリカーボネート波板を用いるかどうか検討してはいかがでしょうか?

どのような色か

色によって住宅の印象が変わってきます。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、住宅の雰囲気に合った色の屋根材を選ぶことが大切です。

どこに用いるか

屋根材選びを行う際、どこに用いるかも重要になってきます。

汚れが目立ちやすい箇所かどうかなどを踏まえ、屋根材選びを進めてください。

屋根材によっては汚れが目立ちやすいです。

屋根修理をDIYで済ませるのはリスクが高いのに注意

ポリカーボネート波板が破損した際、屋根修理をDIYで済ませようと考えている方も多いのではないでしょうか?

高所での作業が伴うため、落下などのリスクが伴います。

場合によっては屋根修理に必要な道具を揃える手間がかかってしまうかもしれません。

DIYで済ませるより、業者に一度相談することをおすすめします。

屋根修理に携わる業者の選び方

ポリカーボネート波板が破損した際、信頼できる業者に屋根修理・屋根リフォームを依頼するのが大事。

情報収集を行い、依頼するかどうか判断しましょう。

ここでは、屋根修理に携わる業者の選び方について取り上げます。

ポリカーボネート波板の扱いに慣れているか

気になった業者がポリカーボネート波板の扱いに慣れているかチェックすることが大切。

過去の施工事例をチェックし、どのような屋根材を扱ってきたかを把握してください。

どのようなスタッフに在籍しているか

知識や技術の優れたスタッフが在籍している業者に依頼したいと感じている方が多いのではないでしょうか?

スタッフが取得している資格を踏まえ、依頼するかどうか判断するのが大事です。

施工エリアはどこか

施工エリアは業者によって異なります。

どの地域で屋根修理・屋根リフォームに携わっているかを踏まえた上で相談・依頼を進めてください。

施工エリア外でも対応する業者も存在します。

見積書の内容が分かりやすいか

屋根修理・屋根リフォームで納得のいく施工を行うためにも、見積書に記載されている内容をチェックするのが重要。

使用する屋根材などを把握した上で契約するかどうか判断しましょう。

まとめ

ポリカーボネート波板の耐用年数は約10年。

耐候性が優れているだけでなく、衝撃にも強く、耐久性の優れた屋根材です。

普段から屋根の状態をチェックし、屋根修理・屋根リフォームが必要かどうか判断してください。

屋根修理・屋根リフォームには、専門的な知識や技術が求められます。

信頼できる業者に一度相談し、ポリカーボネート波板に関する悩みを解消してはいかがでしょうか?

 

屋根修理やポリカ屋根のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

オークリッジスーパーの費用と効果を徹底調査!最新版|平塚・株式会社いらか|屋根専門

オークリッジスーパーの費用と効果を徹底調査!最新版

オークリッジスーパーを屋根修理・屋根リフォームで用いたいけど、費用がどのくらいかかるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためにも、費用について意識することが大切。

屋根材によって、屋根修理・屋根リフォームの費用が変わってきます。

今回はオークリッジスーパーの費用と効果について解説するので、屋根材について関心のある方は一度参考にしてください。

オークリッジスーパーの費用

オークリッジスーパーの費用は1㎡当たり約8,000円以上です。

1ケース当たり約6,000円かかります。

どの業者に依頼するかにより、屋根修理・屋根リフォームの費用が変わってくるので注意が必要。

オークリッジスーパーを設置する際にかかる費用の詳細

オークリッジスーパーなどの屋根材を設置する際、どのような費用がかかるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根材修理・屋根リフォームを行う上で屋根材以外にさまざまな費用が発生します。

ここでは、オークリッジスーパーで

屋根の葺き替えをする際にかかる費用の詳細について触れていきます。

足場費用

オークリッジスーパーを用いた屋根修理・屋根リフォームは高所での作業になるため、足場が必要。

足場を設置するための費用が施工時にかかります。

養生費用

雨などにより、施工できない日が出てくるかもしれません。

木材の腐食や漏電などを防ぐために養生し、住宅を守ることが大切です。

屋根修理・屋根リフォームを進める際、養生費用もかかります。

野地板の補修費用

住宅によっては屋根に用いられている野地板が著しく劣化している可能性があるので注意が必要。

屋根修理・屋根リフォームで野地板の補修費用がかかるかもしれません。

野地板はオークリッジスーパーなどの屋根材を固定する役割を持っています。

防水シートの設置費用

防水シートは雨水の侵入を防ぐ役割があります。

オークリッジスーパーを設置する際、防水シートの状態をチェックするのが大事。

著しく劣化している場合は防水シートを交換します。

防水シートの設置費用も屋根修理・屋根リフォームにかかる費用のひとつです。

既存の屋根材を撤去するための費用

既存の屋根材を撤去する費用もかかる可能性があるので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は注意したいところ。

既存の屋根材の上に新たな屋根材を設置するカバー工法を用いる場合、撤去にかかる費用が発生しません。

オークリッジスーパーを用いた屋根修理・屋根リフォームを行う際は、既存の屋根材がどのような状態になっているか細かくチェックすることが大切です。

アスベストの撤去費用

住宅によってはアスベストが用いられている可能性があります。

アスベストを撤去するためには特別な方法を用いることになるため、注意してください。

また、屋根修理・屋根リフォームの費用が高額になってしまいます。

費用を少しでも抑えるため、カバー工法が用いる場合が多いです。

棟の設置費用

屋根の天辺に棟を設置し、強風に耐えられるようにすることが大事。

オークリッジスーパーを用いた屋根修理・屋根リフォームを行う際に棟の設置費用もかかります。

オークリッジスーパーの効果

オークリッジスーパーを用いることにより、どのような効果が得られるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、屋根材の効果を押さえておきたいところ。

ここでは、オークリッジスーパーの効果について説明します。

防火性の向上

オークリッジスーパーは防火性に優れた屋根材です。

火災による被害をできる限り抑えたい方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

屋根飛び火認定試験に合格しており、防火地域・準防火地域・法22条地区で用いることができます。

対藻性の向上

対藻性のある粒状彩色石でオークリッジスーパーの表面をコーティングしているのも特徴に挙げられます。

屋根の寿命を少しでも長くするためには、藻やカビなどの対策を行うのが大事。

防水性の向上

オークリッジスーパーはアスファルトシングルのため、防水性に優れています。

地着材が雨水を防ぎます。

耐震性の向上

軽量なのもオークリッジスーパーのメリット。

屋根材が軽ければ軽い程、地震の際に揺れにくくなります。

住宅の耐震性を向上させたい場合、オークリッジスーパーの設置を検討してはいかがでしょうか?

オークリッジスーパーについて業者に相談するのが大事

オークリッジスーパーなどの屋根材を選ぶ際、信頼できる業者に相談することをおすすめします。

施工実績からオークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうか把握したいところ。

適切なアドバイスを受け、どのような方向で屋根修理・屋根リフォームを進めていくか決めてください。

見積書や保証の内容から契約を進めていくかどうか判断することが大切です。

まとめ

屋根材ごとに費用や効果、重量などが異なります。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、オークリッジスーパーなどの特徴を細かくチェックし、採用するかどうか判断したいところ。

デザインによっては住宅のテーマ・コンセプトに合わない可能性も十分考えられます。

オークリッジスーパーを用いた施工は知識や技術、経験が必要です。

気になる業者を見つけた際は施工実績などに目を通し、依頼するかどうか検討してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

初心者向け|オークリッジスーパーの特徴をわかりやすく解説!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

初心者向け|オークリッジスーパーの特徴をわかりやすく解説!

成田崇
成田崇
オークリッジとはどんな屋根材なんでしょうか?!

屋根修理・屋根リフォームの経験に慣れていなくて一体どの屋根材を用いれば良いか分からないなど、悩みがある方も多いのではないでしょうか?

住宅の雰囲気に屋根が大きく関わります。 気になる屋根材を見つけたら、どのような特徴があるか押さえておきたいところ。

今回はオークリッジスーパーの特徴について分かりやすく解説するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は参考にしてください。

オークリッジスーパーの特徴

オークリッジスーパーには、いくつか特徴があります。

主な特徴は以下の通り。

・優れた防水性と耐久性

・粒状彩色石を表面にコーティング

・凹凸によりデザイン性を向上

・全7色のカラーバリエーションを用意

・瓦やスレート屋根より軽量

・防火性能に優れた屋根材

・カバー工法と相性が良い

屋根修理・屋根リフォーム初心者の方のために各特徴を紹介します。

優れた防水性と耐久性

オークリッジスーパーは、アスファルトと高耐久ファイバーグラスマットを用いた2層構造からなる屋根材。

アスファルトを用いることにより、防水性を向上させています。

雨漏り対策を行う際、防水性に優れた屋根材を設置することが大切です。

高耐久ファイバーグラスマットは耐久性に優れた材料。

メンテナンスの手間を踏まえると、屋根材の耐久性が優れているかどうかも意識しましょう。

また、ライフタイムワランティーと呼ばれる長期間の保証が受けられます。

屋根材選びを行う際、どのような保証があるかもポイント。

アメリカ規格の各種試験でトップクラスの性能が証明されています。

粒状彩色石を表面にコーティング

粒状彩色石が表面にコーティングされているのもオークリッジスーパーの特徴です。

屋根の寿命を少しでも長くするためには、藻やカビなどの対策を意識したいところ。

粒状彩色石により、対藻性を向上させています。

凹凸によりデザイン性を向上

オークリッジスーパーは凹凸が見られるのも特徴に挙げられます。

凹凸があることで陰影や立体感を演出。

屋根材選びを行う際、どのようなデザインなのかも重要になってきます。

全7色のカラーバリエーションを用意

全7色のカラーバリエーションが用意されているのも特徴です。

色によって、住宅の雰囲気が大きく変わってくるので、屋根材のカラーバリエーションを一度チェックしたいところ。 オークリッジスーパーのカラーバリエーションは以下の7色です。

・ブラウンウッド

・シャトーグリーン

・オニキスブラック

・テラコッタブレンド

・デザートタン

・エステートグレイ

・ハーバーブルー

インターネット上に公開されている写真と実物で感じ方が変わってくるため、

商品サンプルなどを実際にチェックし、住宅に合った色を選びましょう。

成田崇
成田崇
この写真の色はテラコッタブレンドです

おしゃれな洋風の住宅に住みたいと感じている方はオークリッジスーパーを屋根修理・屋根リフォームに用いるかどうか検討してください。

瓦やスレート屋根より軽量

オークリッジスーパーは瓦やスレート屋根に比べて軽量。

屋根材により、重量が異なります。

重ければ重い程、揺れやすくなるので注意が必要です。

オークリッジスーパーを用いることで屋根全体を軽量にしつつ、重心を下げることが可能。

結果、揺れが少なくなり、耐震性が向上します。

気になる屋根材を見つけた際は重量や厚さをチェックし、採用するかどうか判断してください。

防火性能に優れた屋根材

オークリッジスーパーは日本の飛び火認定試験に合格しており、防火性能に優れているのも特徴に挙げられます。

地震だけでなく、火災による被害も最小限に抑えることが大切。

防火地域・準防火地域・法22条地区に用いることができます。

地域によって、防火地域などに指定されている場合があります。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、どの地域に住宅が建っているかも意識したいところ。

カバー工法と相性が良い

特殊な工具を必要としないのも特徴に挙げられます。

軽量なので、カバー工法と相性が良いです。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる工法。

廃材を処分する手間を省けるため、コストパフォーマンスに優れています。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、カバー工法または葺き替え工法のどちらか一方を選択することになります。

葺き替え工法は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を設置する工法。

既存の屋根材の状態によっては、葺き替え工法を用いてオークリッジスーパーを設置することになるかもしれません。

まとめ

オークリッジスーパーは防水性・耐久性・対藻性・防火性能に優れた屋根材です。

デザイン性に優れており、おしゃれな洋風な住宅に住みたい方に適しているのも魅力に挙げられます。

カバー工法に適しており、コストパフォーマンスに優れているのもポイント。

屋根材選びは十分な知識や経験が必要です。

屋根修理・屋根リフォームをこれから予定している方は信頼できる業者に一度相談してください。

適切なアドバイスを受け、施工を進めていきましょう。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】で屋根のカバー工法が完了!オークリッジスーパーっなに?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】で屋根のカバー工法が完了しました。

屋根の老朽化が心配でお問合せがありました。

既存屋根からは雨漏りが発生していました

築30年以上経過していたため

【南足柄市】の物件屋根からは雨漏りが発生。

屋根塗装では雨漏りは治らないので屋根カバーをすることに

屋根のカバー工法とはどのような工事なのでしょうか?

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

【南足柄市】で使用したオークリッジスーパーとは?!

オークリッジスーパーは、世界37ヵ国で展開しているオーウェンスコーニングが製造しているアスファルトシングル。

高耐久ファイバーグラスマットを芯材に用いており、2層構造になっているのが特徴に挙げられます。

日本の屋根飛び火認定試験に御迂回しているだけでなく、アメリカ規格の各種試験でトップクラスの性能が証明されています。

アメリカやカナダで多く用いられている屋根材。

また、オーウェンスコーニングは屋根材だけでなく、断熱材と複合材の製造にも携わっています。

オークリッジスーパーの仕様

オークリッジスーパーの仕様も基礎知識のひとつ。

屋根材選びを行う際は仕様をチェックし、屋根修理・屋根リフォームに用いるかどうか検討してください。

オークリッジスーパーの仕様は以下の通りです。

・本体寸法:幅337mm×長さ984mm

・働き寸法:143mm×長さ984mm

・厚さ:6mm(凹部は3mm)

・1枚当たりの重量:約1.74kg

・1坪当たりの重量:約40kg

・1坪当たりに用いる枚数:約23枚

・1ケースに入っている枚数:16枚

屋根材の重量をチェックし、屋根修理・屋根リフォームで屋根がどのくらいの重量になるかを把握しておきたいところ。

また、どの屋根材を用いるかで必要な枚数が変わってきます。

アスファルトシングルの基礎知識

屋根材について調べていく中でアスファルトシングルを耳にするものの、どのような物なのか分かっていないと感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、アスファルトシングルの基礎知識について説明するので、気になる方はチェックしてください。

デザイン性に優れている

デザイン性に優れているのがアスファルトシングルの特徴に挙げられます。

屋根は住宅の雰囲気に大きく関わる部分。

周囲の景観を損なわないようにするためにも、屋根材選びを意識する必要があります。

防水性に優れている

アスファルトシングルは防水シートが用いられているため、防水性に優れています。

思い入れのある住宅に長く住み続けるには、雨漏り対策が重要。

屋根の形状によっては釘などで穴を多く開けることになるので、注意してください。

穴の数を最小限にするために技術や経験が求められます。

天然石を表面に使用

表面に天然石が用いられているのもアスファルトシングルの特徴。

防音性が天然石によって向上するので、雨音対策に適しています。

軽量な屋根材

アスファルトシングルは瓦やスレート屋根に比べて軽量です。

屋根材の重量により、揺れやすさが変わってくるので、屋根修理・屋根リフォームの際は重量をチェックするのが大事。

軽ければ軽い程、地震の際に揺れにくくなります。

オークリッジスーパーの施工法

オークリッジスーパーの施工を一体どのような手順で行うのか知りたい方が多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためにも施工法を押さえておきたいところ。

ここでは、オークリッジスーパーの施工法について説明します。

既存の屋根材の撤去

まずは屋根の状態をチェックし、屋根材がどのくらい劣化しているか把握し、撤去する必要があるかどうか判断するのが大切です。

状態によってはカバー工法ができない可能性があるので、注意してください。

著しく劣化している場合は既存の屋根材を撤去します。

下地の補強

住宅によっては野地板が劣化しているかもしれません。

既存の屋根材を撤去し終えたら、野地板を貼り、下地を補強します。

防水シートの貼り付け

防水シートを貼るのに加え、防水板金を設置して防水性を向上させます。

傾斜の下から順に防水シートを貼るのがポイント。

貼り終えた後、オークリッジスーパーを屋根の上に挙げます。

オークリッジスーパーの設置

オークリッジスーパーを葺き替えたら、施工完了です。

棟板金に釘を打つ際、打ち間違えないようにするのが大事。

オークリッジスーパーの施工マニュアルに則って行うのがポイント

オークリッジスーパーには、施工マニュアルが用意されています。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際は施工マニュアルを参考に施工を進めていくことになります。

施工法だけでなく、使用する釘の種類や施工時の注意事項などが記載されているので、気になる方は一度参考にしてください。

【南足柄市】までは車で40~50分で駆け付けます。

㈱いらいかの所在地平塚市から【南足柄市】までは車で40~50分

・近くの職人さんに屋根を指摘された

・屋根の事が心配

・屋根の雨漏りが気になる

などありましたらお気軽にご相談ください

まとめ

【南足柄市】で屋根のカバー工法が完了しました。

今回の【南足柄市】の物件ではオークリッジスーパーを使用

オークリッジスーパーはデザイン性や防水性などに優れたアスファルトシングル。

アメリカやカナダの住宅に多く用いられています。

釘の打ち間違いなどにより、屋根修理・屋根リフォームを失敗しないためにも、信頼できる業者に依頼することが大切です。

気になる業者を見つけた際はオークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうかチェックしましょう。

 

【南足柄市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

オークリッジスーパーの基礎知識と施工法を徹底解説!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

オークリッジスーパーの基礎知識と施工法を徹底解説!

成田崇
成田崇
オークリッジスーパーとはどんな屋根材なんでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームにオークリッジスーパーが用いられているケースがあります。

屋根材ごとに特徴や施工法が異なるので、納得のいく施工を行うためにも、オークリッジスーパーなどについて知っておくのが大事。

屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方が多いのではないでしょうか?

今回はオークリッジスーパーの基礎知識に加え、施工法について解説します。

屋根材について興味のある方は一度参考にしてください。

オークリッジスーパーとはそもそも何か

オークリッジスーパーは、世界37ヵ国で展開しているオーウェンスコーニングが製造しているアスファルトシングル。

高耐久ファイバーグラスマットを芯材に用いており、2層構造になっているのが特徴に挙げられます。

日本の屋根飛び火認定試験に御迂回しているだけでなく、アメリカ規格の各種試験でトップクラスの性能が証明されています。

アメリカやカナダで多く用いられている屋根材。

また、オーウェンスコーニングは屋根材だけでなく、断熱材と複合材の製造にも携わっています。

オークリッジスーパーの仕様

オークリッジスーパーの仕様も基礎知識のひとつ。

屋根材選びを行う際は仕様をチェックし、屋根修理・屋根リフォームに用いるかどうか検討してください。

オークリッジスーパーの仕様は以下の通りです。

・本体寸法:幅337mm×長さ984mm

・働き寸法:143mm×長さ984mm

・厚さ:6mm(凹部は3mm)

・1枚当たりの重量:約1.74kg

・1坪当たりの重量:約40kg

・1坪当たりに用いる枚数:約23枚

・1ケースに入っている枚数:16枚

屋根材の重量をチェックし、屋根修理・屋根リフォームで屋根がどのくらいの重量になるかを把握しておきたいところ。

また、どの屋根材を用いるかで必要な枚数が変わってきます。

アスファルトシングルの基礎知識

屋根材について調べていく中でアスファルトシングルを耳にするものの、どのような物なのか分かっていないと感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、アスファルトシングルの基礎知識について説明するので、気になる方はチェックしてください。

デザイン性に優れている

デザイン性に優れているのがアスファルトシングルの特徴に挙げられます。

屋根は住宅の雰囲気に大きく関わる部分。

周囲の景観を損なわないようにするためにも、屋根材選びを意識する必要があります。

防水性に優れている

アスファルトシングルは防水シートが用いられているため、防水性に優れています。

思い入れのある住宅に長く住み続けるには、雨漏り対策が重要。

屋根の形状によっては釘などで穴を多く開けることになるので、注意してください。

穴の数を最小限にするために技術や経験が求められます。

天然石を表面に使用

表面に天然石が用いられているのもアスファルトシングルの特徴。

防音性が天然石によって向上するので、雨音対策に適しています。

軽量な屋根材

アスファルトシングルは瓦やスレート屋根に比べて軽量です。

屋根材の重量により、揺れやすさが変わってくるので、屋根修理・屋根リフォームの際は重量をチェックするのが大事。

軽ければ軽い程、地震の際に揺れにくくなります。

オークリッジスーパーの施工法

オークリッジスーパーの施工を一体どのような手順で行うのか知りたい方が多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためにも施工法を押さえておきたいところ。

ここでは、オークリッジスーパーの施工法について説明します。

既存の屋根材の撤去

まずは屋根の状態をチェックし、屋根材がどのくらい劣化しているか把握し、撤去する必要があるかどうか判断するのが大切です。

状態によってはカバー工法ができない可能性があるので、注意してください。

著しく劣化している場合は既存の屋根材を撤去します。

下地の補強

住宅によっては野地板が劣化しているかもしれません。

既存の屋根材を撤去し終えたら、野地板を貼り、下地を補強します。

防水シートの貼り付け

防水シートを貼るのに加え、防水板金を設置して防水性を向上させます。

傾斜の下から順に防水シートを貼るのがポイント。

貼り終えた後、オークリッジスーパーを屋根の上に挙げます。

オークリッジスーパーの設置

オークリッジスーパーを葺き替えたら、施工完了です。

棟板金に釘を打つ際、打ち間違えないようにするのが大事。

オークリッジスーパーの施工マニュアルに則って行うのがポイント

オークリッジスーパーには、施工マニュアルが用意されています。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際は施工マニュアルを参考に施工を進めていくことになります。

施工法だけでなく、使用する釘の種類や施工時の注意事項などが記載されているので、気になる方は一度参考にしてください。

まとめ

オークリッジスーパーはデザイン性や防水性などに優れたアスファルトシングル。

アメリカやカナダの住宅に多く用いられています。

釘の打ち間違いなどにより、屋根修理・屋根リフォームを失敗しないためにも、信頼できる業者に依頼することが大切です。

気になる業者を見つけた際はオークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうかチェックしましょう。

 

オークリッジスーパーのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

防火認定のオークリッジスーパーを選ぶ前に知っておくべきポイント|平塚・株式会社いらか|屋根専門

防火認定のオークリッジスーパーを選ぶ前に知っておくべきポイント

成田崇
成田崇
シングル屋根って燃えないの?そんな質問をたまに聞きます。

屋根修理・屋根リフォームにオークリッジスーパーを用いるかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

屋根材ごとに違いがあるので、オークリッジスーパーの特徴を踏まえた上でプランを決めることが大切。

トラブルを避けるためにも、屋根修理・屋根リフォームの方向性を一度検討してください。

今回は、防火認定のオークリッジスーパーを選ぶ前に知っておくべきポイントについて解説します。

オークリッジスーパーを選ぶ前に知っておくべきポイント

屋根修理・屋根リフォームはある程度の費用がかかるので、屋根材を選ぶ際はポイントを何点か押さえておきたいところ。

オークリッジスーパーを選ぶ前に知っておくべきポイントとして、以下のものが挙げられます。

・オークリッジスーパーのデザイン

・屋根の勾配が一体どのくらいか

・屋根の面積が一体どのくらいか

・働き寸法が一体どのくらいか

・住宅が建っている地域

・業者によって仕上がりが変わる点

・どのくらいの予算を用意できるか

早速ですが、各ポイントについて説明します。

オークリッジスーパーのデザイン

施工前にオークリッジスーパーのデザインやカラーバリエーションをチェックすることが大事。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、住宅のテーマ・コンセプトによって選ぶ屋根材が変わってきます。

納得のいく施工にするためにも、商品サンプルや実際に用いられている住宅をチェックし、イメージを掴んでください。

屋根材によっては改良により、仕様やデザインが変更される場合もあります。

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためにも、デザインの変更にも注意したいところ。

屋根の勾配が一体どのくらいか

屋根の勾配が一体どのくらいかを確認した上でオークリッジスーパーを選んでください。

住宅によって、屋根の勾配が異なります。

勾配次第でオークリッジスーパーを採用できないかもしれません。

オークリッジスーパーを用いることができる屋根の勾配は3.5寸以上、17寸以下です。

2.5寸以上、3.5寸未満の屋根の場合、低勾配仕様に従って施工を進めていくことになります。

屋根の面積が一体どのくらいか

屋根の面積も施工を進める際のポイント。

住宅によって、オークリッジスーパーの必要な枚数が変わってきます。

オークリッジスーパーが必要な枚数を把握するために屋根の面積をチェックしてください。

枚数が増えれば増える程、屋根修理・屋根リフォームの費用が高額になります。

働き寸法が一体どのくらいか

オークリッジスーパーに限らず、屋根材の働き寸法が一体どのくらいなのかをチェックするのが大事。

働き寸法は屋根同士が重なっていない部分の長さを指します。

屋根材ごとに働き寸法が異なります。

オークリッジスーパーの本体寸法と働き寸法は以下の通り。

・本体寸法:幅337mm×長さ984mm

・働き寸法:幅143mm×長さ984mm

住宅が建っている地域

地域によっては防火地域・準防火地域・法22指定区域に指定されているかもしれません。

防火地域・準防火地域・法22指定区域に住宅が建っている場合、防火性に優れた部材を用いることになります。

オークリッジスーパーは屋根飛び火認定試験に合格した屋根材。

防火地域・準防火地域・法22指定区域のいずれかで屋根修理・屋根リフォームを予定している方はオークリッジスーパーを用いるかどうか検討してはいかがでしょうか?

業者によって仕上がりが変わる点

オークリッジスーパーを用いた屋根修理・屋根リフォームの仕上がりは業者によって変わってきます。

納得のいく仕上がりにするなら、高い知識や技術のある業者に依頼しましょう。

どのくらいの予算を用意できるか

屋根修理・屋根リフォームの予算は個人差があります。

住宅の雰囲気を変えたい・屋根の不具合を解消したいなどの悩みがあるものの、十分な予算を用意できないと感じている方も多いのではないでしょうか?

オークリッジスーパーを用いる際、どのくらいの予算を用意できるか把握するのも大事。

予算によっては葺き替え工法ではなく、カバー工法を用いることになります。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる工法です。

廃材を処分する手間が省ける分、費用が安くなるのがメリット。

屋根の状態によっては葺き替え工法を行う必要があるので、注意してください。

オークリッジスーパーを用いた施工を行う業者の選び方

オークリッジスーパーを用いて屋根修理・屋根リフォームを進めたいものの、依頼する業者が決まっていないと悩んでいるのではないでしょうか?

業者を選ぶ際もポイントを何点か押さえることが大切です。

ここでは、業者の選び方について紹介します。

過去の施工事例

過去の施工事例をチェックし、屋根に関する知識や技術があるかどうか判断してください。

施工内容からオークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうか把握するのが大事。

また、公式サイトに掲載されている写真や工期、費用から屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴みましょう。

屋根修理・屋根リフォームを急かさないか

業者によっては屋根修理・屋根リフォームを急かす可能性があります。

トラブルを避けるためにも、屋根修理・屋根リフォームを急かす業者を避けたいところ。

住宅について悩みがある際は家族に一度相談することをおすすめします。

見積もりが分かりやすいか

業者が一体どのような見積書を作成するかも重要になってきます。

内容によっては契約しないことも大切。

見積書で分からないことがある際は業者に質問してください。

どのような保証を用意しているか

施工後もメンテナンスを定期的に行う必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえ、相談・契約を進めましょう。

まとめ

オークリッジスーパーは防火認定を受けている屋根材。

屋根修理・屋根リフォームのテーマ・コンセプトに合っているかどうかなどを踏まえ、用いるかどうか判断してください。

屋根の状態によってカバー工法で費用を抑えられるかどうかが変わってきます。

屋根材ごとに防火性などが異なります。

オークリッジスーパーに限らず、気になる屋根材を見つけた際はメリット・デメリットなどをチェックしてはいかがでしょうか?

 

オークリッジスーパーのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

人気の秘密|オークリッジスーパーの秘密を徹底解析!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

人気の秘密|オークリッジスーパーの秘密を徹底解析!

成田崇
成田崇
屋根のカバー工法で大人気のオークリッジについて解説します

どの屋根材が人気なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う上で一体どの屋根材を用いるかが重要になってきます。

おしゃれな住宅に住みたいと感じている方から需要があるのがオークリッジスーパー。

今回は、オークリッジスーパーがどうして人気があるかについて解説します。

オークリッジスーパーとは

オークリッジスーパーはオーウェンスコーニングが製造している屋根材。

アメリカやカナダの住宅に用いられています。

耐久性を向上させるため、耐候性アスファルトに加え、高耐久ファイバーグラスマットを芯材に採用しているのが特徴に挙げられます。

オーウェスコーニングは世界37ヵ国で展開している会社。 屋根材だけでなく、断熱材や複合材も製造しています。

オークリッジスーパーの人気の秘密

オークリッジスーパーに限らず、需要が上がっている屋根材の人気の秘密を知り、屋根修理・屋根リフォームに用いるかどうか判断するのが大事。

オークリッジスーパーの人気の秘密として、以下のものが挙げられます。

・施工しやすい

・施工マニュアルが用意されている

・おしゃれな屋根に仕上げられる

・コストパフォーマンスが優れている

・弾力性に優れている

・優れた防水性

・優れた防火性

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方のために人気の秘密について説明します。

気になる方は一度参考にしてください。

施工しやすい

オークリッジスーパーは施工しやすい点からDIYを行う方から人気を集めています。

通販サイトなどで購入できるのも人気の秘密。

施工マニュアルが用意されている

DIYで屋根材を葺きたいものの、施工の方法が分かりやすいかどうか不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

オークリッジスーパーは施工マニュアルが用意されており、どのような手順で施工を行えば良いか把握しやすいです。

おしゃれな屋根に仕上げられる

凹凸により、立体感と陰影を演出しているため、おしゃれな屋根に仕上げられるのも人気の理由。

住宅の雰囲気は屋根によって変わってきます。

おしゃれな外観にしたい方は一度検討することをおすすめします。

また、全部で7色あるのもオークリッジスーパーの魅力。

屋根修理・屋根リフォームにおけるテーマやコンセプトを明確にした上でどの色を用いるか判断してください。

コストパフォーマンスが優れている

オークリッジスーパーは瓦に比べ、費用を抑えられます。

また、軽量なので、カバー工法に適しています。

カバー工法を用いることにより、廃材を処分する手間を省くことが可能。

結果、屋根修理・屋根リフォームの工期を短縮できます。

費用や工期を少しでも減らしたいと感じている方はカバー工法を検討してはいかがでしょうか?

弾力性に優れている

弾力性に優れているので、雨音を軽減します。

室内で快適に過ごすためには、騒音対策が重要です。

普段から騒音に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

騒音対策の一環として、オークリッジスーパーを検討することをおすすめします。

優れた防水性

アスファルトが用いられているので、防水性に優れています。

藻が発生しにくく、屋根の寿命を延ばしやすいのもオークリッジスーパーのメリット。

雨漏りが発生すると、木材の腐食などの問題が発生します。

屋根修理・屋根リフォームを行う上で雨漏り対策も重要です。

優れた防火性

オークリッジスーパーは屋根の飛び火認定試験に合格しており、日本の防火認定を取得している屋根材。

火事による被害をいかに抑えられるかも屋根材選びを行う際のポイントに挙げられます。

防火性にこだわっている方はオークリッジスーパーを検討してはいかがでしょうか?

屋根材について業者からアドバイスを受けるのが大事

オークリッジスーパーなどの屋根材について業者に一度相談することをおすすめします。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためには、適切なアドバイスを受け、疑問を解消するのが大事。

ここでは、屋根修理・屋根リフォームの業者を選ぶ際のポイントについて取り上げます。

オークリッジスーパーの扱いに慣れているか

屋根修理・屋根リフォームを依頼する際、オークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうかチェックすることをおすすめします。

業者によって、扱いに慣れている屋根材が異なります。

また、過去の施工事例から工期や費用をチェックし、屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴むのも重要。

在籍しているスタッフ

気になる業者を見つけたら、一体どのようなスタッフが在籍しているかチェックしましょう。

知識や技術、経験が豊富なスタッフが在籍しているかどうかも依頼する際の判断基準です。

見積書の記載内容

トラブルを避けるためには、業者が作成した見積書を一通り確認してください。

使用する屋根材はもちろん、施工内容や費用の内訳などを踏まえた上で契約を進めていくことになります。

保証内容

屋根修理・屋根リフォーム後も定期的にメンテナンスを行い、屋根の不具合を解消するのも重要です。

業者が用意している保証内容を踏まえ、相談するかどうか判断したいところ。

保証内容は業者によって異なります。

まとめ

オークリッジスーパーは施工マニュアルが用意されているだけでなく、おしゃれな屋根に仕上がるなどのメリットがあることから人気を集めています。

屋根材ごとに特徴が異なるので、屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためにも各屋根材の特徴を押さえましょう。

分からないことがある場合は業者に適宜質問し、施工に関する疑問を解決するのが大事。

オークリッジスーパーを用いて納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行ってください。

 

屋根カバーや屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

オークリッジスーパーの特性とは?効果的な屋根とは?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

オークリッジスーパーの特性とは?効果的な屋根とは?

成田崇
成田崇

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どの屋根材が適しているかを踏まえて施工を進めていきます。

屋根材ごとに特性が異なるため、各屋根材の特性を踏まえた上で施工のプランを作成します。

屋根の破損などを理由に屋根修理・屋根リフォームを予定しているものの、どれが良いか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回はオークリッジスーパーの特性に加え、効果的な屋根を取り上げます。

オークリッジスーパーの特性

屋根材の特性は屋根修理・屋根リフォームにおけるポイントのひとつ。

施工を行う前に1つ1つの屋根材を細かくチェックし、採用するかどうか判断します。

オークリッジスーパーの主な特性は以下の通りです。

・洗練されたデザイン性

・日本の防火試験に合格する程の防火性の高さ

・粒状彩色石を使用

・軽量化により耐震性を向上

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方に向けて各特性について説明するので、一度参考にしてください。

洗練されたデザイン性

オークリッジスーパーはデザイン性に優れているのが特徴に挙げられます。

凹凸を出すことにより、陰影や立体感を演出。

カラーバリエーションが全7色存在します。

住宅のテーマ・コンセプトに応じて、好きな色を選択できます。

日本の防火試験に合格する程の防火性の高さ

屋根修理・屋根リフォームを行う際、火災による被害を想定することが大事。

火災などの災害がいつ発生するか分かりません。

屋根材の防火性をチェックし、採用するかどうか検討しましょう。

オークリッジスーパーは屋根飛び火認定試験に合格する程の防火性があります。

防火地域・準防火地域・法22条区域に用いることも可能。

地域によって、防火地域なのかどうかなどが異なるので注意が必要です。

防火地域などに住宅が建っている場合、オークリッジスーパーを選択肢に入れてはいかがでしょうか?

粒状彩色石を使用

金属をコーティングした粒状彩色石を用いることで対藻性を向上させているのもオークリッジスーパーの特性。

藻が屋根や外壁についてしまうと、住宅の劣化を促進させてしまいます。

住宅の劣化を遅らせ、少しでも長く住み続けたいと感じている方はオークリッジスーパーを採用するかどうか検討するのが大切です。

注意点はオークリッジスーパーの表面にコーティングされている粒状彩色石が飛散または落下する点。

多めにコーティングしている理由は風合いを得るのに加え、下地のアスファルトを雨水や勅書日光などから守るためです。

軽量化により耐震性を向上

オークリッジスーパーは軽量化を図っており、粘土瓦の約4分の1の重さに仕上がっているのも特徴に挙げられます。

軽量なことで知られているカラーベストの約半分の重さ。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく中で屋根材の重さがどのくらいかもポイントになってきます。

屋根材が軽ければ軽い程、重心が下がるのに加え、揺れにくくなります。

耐震性を向上させたいと感じている方はオークリッジスーパーを一度チェックしてください。

オークリッジスーパーに効果的な屋根

オークリッジスーパーは一体どのような屋根に用いるのが効果的なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主に以下の屋根に適しています。

・複雑な形状の屋根

・洋風の屋根

・ログハウスの屋根

ここでは、オークリッジスーパーに効果的な屋根について触れていきます。

複雑な形状の屋根

住宅によっては屋根の形状が複雑になっているかもしれません。

オークリッジスーパーは複雑な形状の屋根の施工に適しています。

屋根修理・屋根リフォームで屋根のデザインを大幅に変更したいと感じている方はオークリッジスーパーを選択肢に入れてはいかがでしょうか?

洋風の屋根

洋風の雰囲気を演出したい場合においてもオークリッジスーパーがおすすめです。

周囲の景観を踏まえ、住宅のテーマ・コンセプトに合った色を選んでください。

オークリッジスーパーを用いて北欧風に仕上げる方もいます。

ログハウスの屋根

オークリッジスーパーはログハウスの屋根に適しているのも特性のひとつ。

木の香りによってリラックスしやすいのがログハウスの魅力に挙げられます。

また、耐震性に優れています。

避暑地にログハウスの別荘を建て、自分だけの時間を過ごしたい方も多いのではないでしょうか?

オークリッジスーパーに関する疑問を業者に相談するのが重要

オークリッジスーパーをはじめ、屋根材に関する疑問を感じている方は信頼できる業者に一度相談することをおすすめします。

適切なアドバイスを業者から受け、屋根修理・屋根リフォームの疑問を解消してください。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

まとめ

オークリッジスーパーは防火性や耐震性に優れているだけでなく、粒状彩色石を用いることで対藻性を向上させています。

カラーバリエーションも豊富なため、さまざまな屋根に適している特性もあります。

屋根修理・屋根リフォームをこれから行う際、オークリッジスーパーを採用するかどうか一度検討してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】で屋根のカバー工法が完了!その費用とは!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】で屋根のカバー工法が完了しました。

特殊な屋根形状だったこともあり

【南足柄市】の物件では雨漏りが発生していました。

既存のスレート屋根は

1度塗装してあり、再度塗装しても雨漏りは防げないので

屋根カバー工法にすることに。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根のカバー工法とは?!

屋根カバー工法(屋根重ね葺き)は、屋根の上に新しい屋根材を重ねる工法。

薄くて軽いスレート屋根のメンテナンスに用いられることが多いです。

ガルバリウム鋼板のような軽い屋根材で屋根を補強します。

屋根カバー工法(屋根重ね葺き)のメリット

屋根カバー工法(屋根重ね葺き)を行うかどうか判断する際、

どのようなメリットがあるか押さえましょう。

主に、以下のメリットが挙げられます。

・防水効果が向上する

・費用を抑えられる

・工期が短く済む

・断熱性が上がる

・アスベストが飛散するリスクを抑えられる

・結露対策ができる

・野地板・垂木に負担を与えない

早速ですが、各メリットについて説明します。

防水効果が向上する

屋根ですと現状の屋根の上に1mmにも満たない塗膜が塗られます

それでは防水効果は期待できません。

屋根カバーの場合は上記のように

一度屋根全面に防水シートを張ります

このルーフィング(防水シート)により防水効果は格段に向上します

費用を抑えられる

古い屋根を残したままリフォームを行うため、

古い屋根を撤去・処分する費用を抑えられます。

成田崇
成田崇
屋根の葺き替えよりも安価で屋根リフォーム出来ます

リフォームにかかる費用を少しでも安くしたいと感じている方は、

屋根カバー工法(屋根重ね葺き)を行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

工期が短く済む

屋根カバー工法(屋根重ね葺き)は屋根の解体・撤去の手間が省けるため、

工期を短く済ませることができます。

1日でもリフォームを済ませたい方にも適しています。

断熱性が上がる

屋根カバー工法(屋根重ね葺き)を行うことにより、

屋根が二重構造になるので、

断熱性が上がります。

今回の【南足柄市】での屋根カバー工法は

下記の横暖ルーフを採用しました。

横暖ルーフS 白い部分が断熱層

成田崇
成田崇
断熱性を向上させるなら「横暖ルーフ」など、断熱材付き屋根材を使ってください

断熱材付きの金属屋根を用いれば、

熱を吸収するだけでなく、

雨音を抑えることが可能です。

アスベストが飛散するリスクを抑えられる

屋根リフォームを行う際、

アスベストの飛散に注意しましょう。

成田崇
成田崇
アスベストは捨てるための費用が高いのです

屋根材によっては、アスベストが使われているかもしれません。

屋根カバー工法(屋根重ね葺き)は、屋根の解体・撤去を行わないので、

アスベストが飛散するリスクが少なくて済みます。

結露対策ができる

断熱材付きの金属屋根を用いると、

野地板裏面の温度が下がるので、

結露対策に繋がります。

成田崇
成田崇
結露対策には棟換気がおすすめです

湿気が溜まると、カビや細菌が繁殖しやすくなるため、

注意が必要です。

【南足柄市】で使用した横暖ルーフってなに?

横暖ルーフは、ニチハ株式会社が製造・販売している屋根材。

ガルバリウム鋼板が用いられています。

成田崇
成田崇
横暖ルーフのカットサンプル、白い部分が断熱材です

ニチハ株式会社自体、窯業系サイディングの大手企業なので、

横暖ルーフの存在を知っている方も多いのではないでしょうか?

横暖ルーフの特徴3選

横暖ルーフの主な特徴は以下の3つ。

・軽い

・風に強い

・発売から20年以上経過している

これから、新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを予定している方のために各特徴について説明します。

気になる方は一度参考にしてください。

軽い

まず、ガルバリウム鋼板を使用しているため、軽いです。

新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを行う上で屋根材の重さを意識したいところ。

重さにより、耐震性に差が生じます。

成田崇
成田崇
弊社が扱う屋根材の中では断トツに軽いです

粘土瓦の約10分の1の重さなので、カバー工法にも適しています。

屋根を強化したいと感じていている方は、

カバー工法に横暖ルーフを用いるかどうか検討してはいかがでしょうか?

風に強い

上下の屋根を互いに引っ掛け合って張ることにより、

風に飛ばされにくくなるのも特徴のひとつ。

成田崇
成田崇
屋根材の上下ともに止付けるので風に強いのです

成田崇
成田崇
スレートは中央部分のみです

屋根材選びを行う上で台風の被害を最小限に抑えられるかどうかもポイントです。

発売から20年以上経過している

2000年に発売されており、多くの住宅に用いられています。

成田崇
成田崇
前身のチューオーという会社ら2000年に発売されました

耐用年数が40~50年と長いです。

欠陥屋根材が多い中、実際のお宅で結果の出ている屋根材を勧めたいのです

横暖ルーフの種類

横暖ルーフと一口に言っても、いくつか種類があります。

納得のいく家づくりを行うなら、どのような製品があるかを知っておきたいところ。

ラインナップは以下の通り。

・横暖ルーフs

・横暖ルーフαs

・横暖ルーフプレミアムs

・横暖ルーフαプレミアムs

ここでは、各ラインナップについて触れていくので、屋根材に関心のある方は一度チェックしてください。

横暖ルーフs

横暖ルーフsは標準モデル。 シリーズの中でも最も安価です。

遮熱鋼板を使用することで遮熱性を高めている点が特徴に挙げられます。

また、断熱材を付帯されているので、断熱処理を省けるのもポイントです。

成田崇
成田崇
横暖ルーフSのみ20年以上の歴史がありますのでおすすめです

横暖ルーフαs

横暖ルーフαsはジョイント部分の気密性を高めたモデル。

室内の温度を一定に保ち、エアコンの効きを良くします。

横暖ルーフsとの価格差が少ないです。 断熱性にも優れています。

横暖ルーフプレミアムs

横暖ルーフプレミアムsは、フッ素樹脂遮熱鋼板を用いた屋根材。

横暖ルーフsに比べ費用がかかるものの、耐久性に優れています。

横暖ルーフαプレミアムs

横暖ルーフαプレミアムsは、横暖ルーフプレミアムsと同様にフッ素樹脂遮熱鋼板が用いられた屋根材。

色褪せしにくいのに加え、錆びにくいです。 ジョイント部分の気密性を高めています。

横暖ルーフを使用する際の注意点

屋根によっては、横暖ルーフを採用できない場合があるので注意してください。

採用するためには、屋根の勾配が2.5寸以上必要です。

傾斜が低いと設置できないので、事前に屋根の勾配を確認しましょう。

また、ある程度の費用がどうしてもかかります。

新築住宅の工事や屋根のメンテナンスを行う際、予算と相談したいところ。

どのような方に横暖ルーフがおすすめなのか

横暖ルーフは一体どのような方に適しているか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主に以下の方におすすめです。

・メンテナンス費用を少しでも抑えたい方

・エアコンの使用量を少しでも減らしたい方

・外観を気にしている方

・保証を気にしている方

耐用年数が長く、短期間での交換が必要ありません。

成田崇
成田崇
屋根のカバー工法など屋根のリフォームに横暖ルーフはおすすめです

メンテナンスの手間を少しでも減らしたい方は横暖ルーフを一度チェックしたいところ。

その他にも、エアコンの使用を減らして光熱費を抑えたい方や外観にこだわっている方にも適しています。

また、穴開きや赤錆、変色などに関する保証が受けられます。

充実した保証を受け、予想外のアクシデントに備えたい方も採用するかどうか検討してはいかがでしょうか?

横暖ルーフについて業者に相談するのが大事

屋根材を選ぶ際、住宅に関するノウハウが求められます。

これから、新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを予定している方は業者に一度相談したいところ。

場合によっては、資金計画に関するサポートを受けられるので、

予算が心配などの不安がある方は相談したい内容を一度整理しましょう。

分からないことをそのままにしてしまうと、後で大きなトラブルに発展するかもしれません。

相談する業者を選ぶ際、施工実績やアフターフォローの有無などの情報収集を行うことが大切です。

【南足柄市】での屋根カバー工法の費用は180万円

【南足柄市】で屋根のカバー工法が完了しました。

屋根のカバー工法の費用は180万円でした。

今回の南足柄市で使用したニチハ株式会社が製造・販売している

横暖ルーフは軽くて風に強いだけでなく、耐久性に優れています。

地震や台風などによる被害をできる限り最小限にしたい方は一度チェックしたいところ。

屋根の勾配によって、採用できない場合があるため、注意が必要です。

住宅の外観により、屋根の勾配も変わってきます。

業者と一度相談し、納得のいく家づくりを行ってください。

【南足柄市】までは車で40~50分で駆け付けます。

(株)いらかは平塚市の屋根専門会社です。

今回の南足柄市の事例のような屋根のリフォームを最も得意としております。

屋根だけではなく外壁塗装なども自社の職人を抱えて運営しております。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問合せください。

【南足柄市】で屋根修理、屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

オークリッジスーパーの実力は?屋根屋が語るメリット|平塚・株式会社いらか|屋根専門

オークリッジスーパーの実力は?屋根屋が語るメリット

成田崇
成田崇

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、数ある屋根材の中からどれを用いるかが重要。

多くの方が質の高い屋根材を選びたいと感じているのではないでしょうか?

予算や屋根修理・屋根リフォームのテーマ・コンセプトを踏まえ、使用する屋根材が変わってきます。

今回はオークリッジスーパーの実力について取り上げます。

住宅について興味のある方は一度チェックし、屋根修理・屋根リフォームに採用するかどうか検討してください。

オークリッジスーパーの実力とメリット

屋根修理・屋根リフォームのプランやスケジュールを立てていく中でオークリッジスーパーの名前を耳にした経験があるのではないでしょうか?

早速ですが、オークリッジスーパーの実力とメリットについて触れていきます。

優れた耐久性

オークリッジスーパーは防水性に優れたアスファルトと耐久性に優れたグラスファイバーマットを用いているのが特徴に挙げられます。

耐用年数は25~30年。

長期製品保証があります。

アメリカの規格における各種試験において、トップクラスの性能が証明される程の実力を持ちます。

また、オークリッジスーパーを製造したオーウェンスコーニングはグラスファイバーを用いた宇宙服の製造にも携わっていることでも有名。

優れたコストパフォーマンス

コストパフォーマンスに優れているのもオークリッジスーパーを屋根修理・屋根リフォームに用いるメリットです。

瓦に比べて安いので、屋根材の費用を少しでも抑えたい方は一度検討してはいかがでしょうか?

スレート屋根やガルバリウム鋼板に比べると、屋根修理・屋根リフォームの予算が必要になる点に注意。

ただし、オークリッジスーパー葉塗装の手間が必要なくなるので、メンテナンスの手間がどのくらいかかるかを踏まえた上で屋根材選びを行うのが大切です。

防火性能に優れている

オークリッジスーパーは屋根飛び火認定試験に合格し、防火認定を受けている実力があります。

不燃材料を用いることが義務付けられている防火地域や準防火地域、法22条区域で用いることが可能。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、住宅の防火性能を向上させることが重要です。

火災がいつ発生するか分からないため、被害を最小限に抑えるためにも、屋根材の防火性能を一度チェックすることをおすすめします。

屋根の軽量化を実現できる

オークリッジスーパーはスレート屋根の約半分の重量。

日本瓦の約4分の1の重量です。 屋根全体の軽量化を図るのに適しています。

オークリッジスーパーを用いることで重心の位置を下げることが可能。

それに伴い、地震で揺れにくくなり、耐震性を向上させることができます。

地震による被害を最小限にするためには、屋根を軽くする必要があります。

また、オークリッジスーパーは柔軟性に優れているのも実力のひとつ。

落下時におけるケガや破損のリスクを軽減します。

傷や凹みがつきにくいです。

オークリッジスーパーの仕様

屋根修理・屋根リフォームを進める際、屋根材の仕様を押さえましょう。

屋根材によって仕様が異なるので、注意してください。

オークリッジスーパーの仕様は以下の通りです。

・本体寸法:幅337mm×長さ984mm

・働き寸法:幅143mm×長さ984mm

・厚さ:6mm(凹部は3mm)

・1枚当たりの重量:約1.74kg

・1坪当たりの重量:約40kg

・1坪当たりの枚数:約23枚

・1ケース当たりの枚数:16枚

3.5寸~17寸の屋根に対応しているのもオークリッジスーパーの実力。

2.5寸~3.5寸未満の屋根に用いる際は低勾配仕様に従う必要があります。

働き寸法は実際に仕える部分の幅を指します。

屋根の大きさに応じて、必要になるオークリッジスーパーの枚数が変わってくるのも屋根修理・屋根リフォームを成功させるポイント。

住宅によって、屋根の大きさが異なります。

オークリッジスーパーを用いるかどうか業者に相談するのが大事

屋根修理・屋根リフォームで失敗を避けるためにも、どの業者に依頼するかが重要になってきます。

情報収集をできる限り行い、信頼できる1社を選びましょう。

ここでは、業者の選び方について紹介するので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

過去の施工事例

過去の施工事例からオークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうか判断するのが大事。

施工内容はもちろん、工期や費用をチェックし、屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴んでください。

創業年・設立年から屋根修理・屋根リフォームに長年携わっているか把握することをおすすめします。

進捗状況を把握できるか

業者によっては施工の進捗状況を報告する場合があります。

屋根修理・屋根リフォームがどこまで進んでいるか知りたい方も多いのではないでしょうか?

気になる業者を見つけたら、施工の流れを一度チェックしてください。

見積書の記載内容

見積もり内容が分かりやすいかどうかも選ぶ決め手。

業者が作成する見積書から屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴み、契約するかどうか判断することになります。

分からない部分がある場合は業者に質問し、疑問を解消しましょう。

保証内容

屋根修理・屋根リフォームが済んだら終わりではありません。

施工後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消することが求められます。

業者の保証内容も依頼するかどうかの判断基準。

まとめ

オークリッジスーパーは、アメリカの規格における各種試験でトップクラスの実力が証明されている屋根材です。

屋根飛び火認定試験に合格しており、防火性能に優れていることでも知られています。

実力の高い屋根材を屋根修理・屋根リフォームに用いたいと感じている方はオークリッジスーパーを一度検討してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

シングル材のオークリッジスーパーって本当に良いの?専門家が解説!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

シングル材のオークリッジスーパーって本当に良いの?専門家が解説!

成田崇
成田崇
シングル屋根材「オークリッジ」を解説します

屋根修理・屋根リフォームを成功させるためには、どのような屋根材を用いるかが重要になってきます。

屋根材は数多く存在しており、施工を進める際はそれぞれの特徴を押さえましょう。

今回はシングル材のオークリッジスーパーが本当に良いのかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

オークリッジスーパーとは

オークリッジスーパーはオーウェンスコーニング社が製造しているシングル材。

アメリカやカナダの木造住宅に用いられることが多いです。

成田崇
成田崇
2018年にオレゴン州ポートランドへ行きましたが多くの屋根はシングル材でした。

高耐久ファイバーグラスマットを芯材とする2層構造となっているのが特徴に挙げられます。

オーウェンスコーニング社は屋根材だけでなく、断熱材や複合材も製造。

1938年に創業された歴史の長い会社です。

オークリッジスーパーは本当に良いのか

オークリッジスーパーはリフォームに適した良い屋根材。

どうして良いと言われているのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

良いと言われている理由として、以下のものが挙げられます。

・優れた防火性能

・軽量で地震対策が行える

・カバー工法に適している

・数多くのテーマ

・コンセプトに対応したデザイン

ここでは、オークリッジスーパーがどうして良いのかについて解説します。

屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は一度参考にしてください。

優れた防火性能

オークリッジスーパーは飛び火認定試験に合格しており、高い評価を受けています。

屋根材選びを行う際、防火性能に優れているかどうかが重要。

何らかの拍子で火災が発生し、被害に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

被害を最小限にするためにも、防火対策を行いましょう。

オークリッジスーパーは日本の防火区域でも安心して用いることができます。

家族の安全などを守りたいと感じている方は屋根修理・屋根リフォームに用いるかどうか一度検討してください。

軽量で地震対策が行える

オークリッジスーパーの重量は粘土瓦の約1/4以下。

カラーベストの約1/2以下です。 屋根材が軽ければ軽い程、揺れにくくなります。

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためには、自然災害による被害を想定するのが大事。

カバー工法に適している

軽量なので、カバー工法に適しているのも良い理由のひとつに挙げられます。

カバー工法は既存の屋根材の上に新たな屋根材を被せる工法を指します。

既存の屋根材を撤去する手間と費用がかからないのがメリット。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを進めていくためには、どのくらいの予算を用意できるかが重要になってきます。

【藤沢市】で屋根のカバー工法(オークリッジスーパー)が完了しました、テラコッタブレンド色ってどんな感じ?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

少しでも費用を抑えたいと感じている方はオークリッジスーパーを用いたカバー工法を検討してはいかがでしょうか?

数多くのテーマ・コンセプトに対応したデザイン

カラーバリエーションが豊富なのも良いと言われる理由のひとつ。

住宅のテーマ・コンセプトは屋根修理・屋根リフォームのプランを決める上で重要です。

オークリッジスーパーの場合、全7色存在しており、住宅のテーマ・コンセプトに合わせて色を選べます。

また、凹凸により、立体感を演出しているのも魅力のひとつ。

屋根材の凹凸で住宅の印象が大きく変わってきます。

複雑な形状の屋根やログハウスにシングル材が用いられている場合があります。

屋根修理・屋根リフォームを進める際は屋根の形状にも目を向け、オークリッジスーパーが適しているかどうか把握してください。

おしゃれな洋風の住宅に住みたい方におすすめです。

オークリッジスーパーについて業者に相談するのが大事

オークリッジスーパーを用いて屋根修理・屋根リフォームを行うなら、信頼できる業者に一度相談しましょう。

適切なアドバイスを頂き、住宅に関する疑問を解消するのが大事。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

オークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうか

過去の施工事例からオークリッジスーパーの扱いに慣れているかどうかチェックする必要があります。

施工事例は屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴むための重要な情報です。

業者によって、扱い慣れている屋根材が異なるので、気になる業者を見つけた際は過去に一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったか押さえてください。

提供しているサービス

提供しているサービスの内容を整理し、納得のいく施工を行うかどうか判断したいところ。

屋根修理・屋根リフォームだけでなく、外壁塗装などを行っている場合もあります。

屋根修理・屋根リフォームと同時に外壁塗装・外壁リフォームを済ませることで足場の費用を抑えられます。

見積もり内容が分かりやすいか

業者が作成する見積書の内容に一通り目を通しましょう。

使用する屋根材などの詳細が分かりやすいかどうかを踏まえ、契約するかどうか判断するのが大事。

トラブルを避けるために見積もり内容について業者に質問することをおすすめします。

保証内容が充実しているか

オークリッジスーパーを用いた屋根修理・屋根リフォームを行った後もメンテナンスを継続していくことになります。

定期点検をどのタイミングで行うかなどをチェックし、相談・契約を行ってください。

住宅の不具合に備えておくのも屋根修理・屋根リフォームの一環です。

まとめ

シングル材のオークリッジスーパーは防火性能や耐震性に優れています。

さまざまな住宅のテーマ・コンセプトに合わせやすく、洋風の住宅やおしゃれな雰囲気に適しているのも良いと言われる理由のひとつ。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方はオークリッジスーパーを一度チェックしてください。

 

屋根カバー工法やオークリッジスーパーのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きの費用と効果を考える!コストパフォーマンス解析|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きの費用と効果を考える!コストパフォーマンス解析

成田崇
成田崇
おしゃれでかっこいい立平葺きの費用はどのくらいなんでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、コストパフォーマンスを意識している方が多いのではないでしょうか?

どのような施工を行うかにより、費用が変わってきます。

費用はもちろん、施工の効果を踏まえ、プランを決めるのが大事。

今回は、立平葺きの費用と効果について紹介します。

コストパフォーマンスの良い屋根修理・屋根リフォームを行いたいと感じている方は一度参考にしてください。

そもそも立平葺きとは何か

立平葺きは1枚の板金で構成された屋根。

縦に葺きます。

縦葺きをはじめ、嵌合式立平や縦ハゼ葺き、長尺屋根など、様々な呼び名があります。

立平葺き以外の呼び名が聞き馴染みあると感じている方も多いのではないでしょうか?

立平葺きの気になる費用について

立平葺きの費用は1㎡当たり約6000~8000円。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、まとまった費用を用意する必要があります。

他の屋根材に比べて費用を抑えられます。

業者や屋根の面積により、費用が変わってくるので注意してください。

立平葺きの効果とは

立平葺きには、一体どのような効果があるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主な効果として、以下のものが挙げられます。

・防水性の向上

・耐震性の向上

・防錆性の向上

ここでは、各効果について説明します。

防水性の向上

1枚の板金で構成されているため、繋ぎ目がないのがポイント。

雨水が溜まりにくく、雨漏りによる被害を最小限に抑えられます。

成田崇
成田崇
屋根材に継ぎ目がないので雨漏りにとても強い屋根材なんです

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で雨漏り対策を意識するのが大切です。

心木が用いられていないので、木材が腐食するのに悩まされにくくなるのもメリット。

耐震性の向上

立平葺きは屋根全体の重量を軽くすることができます。

それに伴い、地震で揺れにくくなります。

耐震性の向上も立平葺きの効果。

長期にわたって安心して住み続けるためには、自然災害による被害を想定することが大切です。

防錆性の向上

防錆性が向上するのも立平葺きの効果。

住宅のメンテナンスを行う際、錆びにくいかどうかが重要になってきます。

立平葺きに用いられているガルバリウム鋼板は錆びにくい板金です。

ガルバリウム鋼板の耐用年数は約20年。

錆は金属の耐久性を下げてしまうので、屋根修理・屋根リフォームを行う際は屋根材の防錆性が優れているかどうか意識してください。

立平葺きのコストパフォーマンス

立平葺きは防水性・耐震性・防錆性を向上させつつ、費用を抑えられるので、コストパフォーマンスに優れています。

洋風の住宅だけでなく、和風の住宅にも適しているので、雰囲気を大幅に変えられます。

ガルバリウム鋼板の耐用年数も長く、メンテナンス性が高いのもコストパフォーマンスに優れている理由のひとつ。

初期費用だけ意識するのではなく、メンテナンスの費用や頻度を踏まえた上で屋根修理・屋根リフォームを進めましょう。

立平葺きを採用するかどうかの判断基準

立平葺きを屋根修理・屋根リフォームに採用するかどうかの判断基準をいくつか押さえておきたいところ。

人によっては具体的なスケジュールが決まっていないのではないでしょうか?

ここでは、立平葺きを採用するかどうかの判断基準をいくつか取り上げます。

屋根の形状

立平葺きは複雑な形状の屋根に適していない点に注意してください。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は屋根の形状を確認することが大切です。

雨音が気になるかどうか

立平葺きは雨音が響きやすいデメリットがあります。

騒音により、住み心地が変わってくるので、雨音を意識しておきたいところ。

雨音を響きにくくしたいと感じている方は立平葺きだけでなく、雨音が響きにくい瓦屋根もチェックしてはいかがでしょうか?

施工するためのスペースを確保できるか

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、施工するためのスペースを確保できるかどうかも重要になってきます。

立平葺きは施工するためのスペースを十分確保する必要があります。

住宅が密集しているなどが理由で施工に支障をきたすかもしれません。

屋根修理・屋根リフォームで立平葺きを採用する際、敷地外を利用できるかどうかも検討したいところ。

屋根修理・屋根リフォームについて業者に相談するのが大事

立平葺きなどについて悩みがある際、業者に相談することをおすすめします。

屋根修理・屋根リフォームは十分な知識と技術が必要です。 情報収集を入念に行い、信頼できる1社を見つけてください。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

立平葺きの施工に慣れているか

立平葺きを用いた屋根修理・屋根リフォームに慣れているかどうかが重要。

過去の施工事例から一体どのような施工に携わってきたかをチェックしましょう。

また、創業年・設立年から長年の経験があるかどうか判断してください。

見積書が分かりやすいか

見積書に記載されている内容も業者選びのポイントです。

使用する部材や施工内容などについて分かりやすく記載されているかどうか踏まえ、契約を進めていきたいところ。

どのような保証を用意しているか

施工後も定期点検やメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消する必要があります。

業者が用意している保証内容をチェックした上で相談・契約を行ってください。

まとめ

立平葺きは他の屋根材に比べて費用が安いだけでなく、防水性などを向上できるので、コストパフォーマンスに優れています。

屋根の形状によっては立平葺きが適していない可能性があるので、屋根修理・屋根リフォームを行う際は注意しましょう。

屋根修理・屋根リフォームはまとまった費用が必要。

立平葺きなどについて悩みがある方は業者に一度悩みを相談し、適切なアドバイスを頂いてはいかがでしょうか?

 

屋根工事や立平葺きのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きのデザインアイデアをご紹介!最新トレンド|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きのデザインアイデアをご紹介!最新トレンド

成田崇
成田崇
シンプルでかっこいい板金屋根の紹介です

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、どのようなデザインにするかが重要になってきます。

おしゃれな住宅に長期間住み続けたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

今回は、立平葺きのデザインアイデアについて紹介します。

立平葺きのデザインアイデア

立平葺きでおしゃれな屋根に仕上げるには、屋根のデザインを知ることが大切です。

屋根のデザインにより、住宅の雰囲気が変わります。

早速ですが、立平葺きのデザインアイデアを紹介するので、気になる方はチェックしてください。

片流れ屋根

片流れ屋根は一方向に傾斜が付いているのが特徴に挙げられます。

立平葺きでシャープな印象を与えたいと感じている方は一度検討してはいかがでしょうか?

アール屋根

アール屋根は曲線を帯びた屋根を指します。

かまぼこ屋根とも呼ばれています。

体育館などに見られるデザイン。

立平葺きはガルバリウム鋼板が用いられているので、アール屋根に適しています。

天辺付近は傾斜が少ない関係上、定期的にメンテナンスを行い、不具合を解消してください。

入母屋屋根

入母屋屋根は屋根の上部が切妻屋根の形になっているのに対し、株が寄棟屋根の形をしています。

換気性に優れているのに加え、軒が四方に広がっていることで雨が壁に当たりにくくなっているのがメリット。

切妻屋根

切妻屋根は天辺から二方向に傾斜がついた屋根。

本を伏せたような形状をしています。

多くの方が屋根と聞くと、切妻屋根をイメージするのではないでしょうか?

立平葺きはシンプルな切妻屋根にも適した屋根材です。

立平葺きのデザインを検討する際のポイント

立平葺きのデザインを決める際、一体どのようなポイントを押さえておく必要があるか意識しておきたいところ。

主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・住宅のテーマ

・コンセプト

・周囲の景観

・外壁との組み合わせ

・屋根材の形状

・勾配

ここでは、デザインを検討する際のポイントについて取り上げます。

住宅のテーマ・コンセプト

住宅のテーマ・コンセプトを決め、屋根修理・屋根リフォームを進めていくのが大事。

デザインは住宅のテーマ・コンセプトによって変わります。

どのような住宅に住みたいか家族と一度話し合ってみてはいかがでしょうか?

場合によっては、思いもよらないアイデアが出てくるかもしれません。

周囲の景観

屋根修理・屋根リフォームでトラブルを避けるためには、周囲の景観に配慮する必要があります。

デザインによっては周囲の景観を損なってしまうかもしれません。

屋根のデザインを新しく決める際、周囲の住宅が一体どのようなデザインなのか一度参考にすることをおすすめします。

周囲の住宅からアイデアを得るのも納得のいく施工を進めるポイントです。

外壁との組み合わせ

立平葺きをどの外壁と組み合わせるかも屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で重要。

組み合わせによって、住宅の印象が変わります。

立平葺きはシンプルなデザインに仕上げることができるため、外壁にも立平葺きを用いるケースも存在します。

屋根材の形状

立平葺きの形状をチェックするのも大事。 形状は屋根の仕上がりに大きく関わります。

勾配

屋根修理・屋根リフォームを行う際、勾配をどのくらいにするかが重要になってきます。

勾配も屋根のデザインに関わるポイント。

どのくらいの勾配にするか一度検討することをおすすめします。

立平葺きは緩い勾配に適しているのがメリットです。

立平葺きの施工を信頼できる業者に依頼するのが重要

立平葺きの施工をどの業者に依頼するか意識したいところ。

トラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集を入念に行い、依頼するかどうか判断してください。

ここでは、業者の選び方について説明します。

設計事務所かどうか

立平葺きのデザインにこだわる場合、設計事務所かどうかチェックするのが大事。

設計事務所はデザインを重視している業者です。

オリジナリティあふれる住宅に住みたいと感じている方は建築家が在籍している業者に依頼してはいかがでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者は数多く存在します。

業者によって、得意な施工が異なります。

地域に密着している場合、素早い対応が期待できるのもポイント。

立平葺きの施工に慣れているか

立平葺きの施工に慣れているかどうかも選ぶ決め手に挙げられます。

過去の施工事例をチェックし、依頼するかどうか判断してください。

細かくヒアリングを行うか

サンプルやカタログなどを見せながら、細かくヒアリングを行うかどうかも依頼するかどうかの判断基準。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームにするためには、業者に要望を伝えることが大切です。

見積書の記載内容

見積書の記載内容を踏まえ、契約を進めていくことになります。

使用する部材や施工内容、費用の内訳などをチェックし、屋根修理・屋根リフォームについて分からないことを業者に質問してください。

見積書によっては費用の内訳などが分かりにくいなどの問題が発生するかもしれません。

保証内容が充実しているか

屋根修理・屋根リフォーム後も住宅に不具合がないか気を配ることが大切です。

業者が一体どのような保証を要しているかを踏まえ、相談・依頼することになります。

まとめ

立平葺きは切妻屋根やアール屋根などが適しているので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は採用するかどうか一度検討してはいかがでしょうか?

屋根のデザインにより、住宅の雰囲気が変わってきます。

住宅のテーマ・コンセプトに合ったデザインに仕上げるためには、センスが求められます。

立平葺きのデザインに関するアイデアについて悩んでいる方は業者に一度相談してください。

場合によっては思いもよらないアドバイスを頂けるかもしれません。

 

屋根工事や立平葺きのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きと他の屋根材の比較検討!徹底ガイド!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きと他の屋根材の比較検討!徹底ガイド!

成田崇
成田崇
シンプルでかっこいい「たてひら葺き」についてです

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で屋根材の違いについて押さえておくことが大事。

多くの方が一体どのような屋根材があるのか気になっているのではないでしょうか?

今回は、立平葺きと他の屋根材を比較します。

立平葺きと瓦棒葺きの比較

主な縦葺きの金属屋根として、立平葺きと瓦棒葺きが挙げられます。

屋根修理・屋根リフォームを行っていく上でどのような違いがあるか知っておくのが大事。

まずは立平葺きと瓦棒葺きを比較します。

心木の有無

立平葺きと瓦棒葺きの主な違いに心木があるかどうかが挙げられます。

心木は葺き板を固定するための物。

成田崇
成田崇
こちらが心木ありの瓦棒葺きです

立平葺きは心木が用いられていないのに対し、瓦棒葺きは心木が用いられています。

現在は瓦棒葺きの使用頻度が減少している傾向にあります。

理由は心木が雨水などによって腐食するため。

腐食した結果、屋根がめくれやすくなってしまいます。

外見の違い

外見に大きな違いがあります。

心木が用いられていない分、立平葺きは瓦棒葺きに比べてスタイリッシュな仕上がりなのも特徴のひとつ。

成田崇
成田崇
こちらが心木無しの立平葺きです、よりシンプルになりました。

住宅のテーマ・コンセプトによってデザインを決めていくことが大切です。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、住宅のテーマ・コンセプトを一度整理することをおすすめします。

工期の違い

立平葺きは板金工場で屋根の面積に合わせて加工するため、工期を短縮することができます。

工期を短縮できる分、費用も抑えられます。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は工期や費用を意識するのが大事。

どのくらいの勾配に対応できるか

立平葺きは0.2寸や0.5寸などの緩い勾配に対応しています。

一般的な屋根材は2寸の勾配が求められます。

緩い勾配の場合、屋根修理・屋根リフォームにかかる費用を抑えられるのがメリット。

急勾配の屋根材は雨水が溜まりにくいメリットがありますが、立平葺きはガルバリウム鋼板を用いているので、緩い勾配でも雨水が溜まりにくいです。

雨水が溜まりにくい理由として、継ぎ目が少ないことが挙げられます。

搬入方法

搬入方法も違いのひとつ。

立平葺きはそのままのサイズで搬入するのに対し、瓦棒葺きは丸めてコイル状にした状態で搬入します。

瓦棒葺きは足場の幅が狭くても対応することができます。

それに対し、立平葺きは搬入するためのスペースを確保しないといけないので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は注意してください。

立平葺きと他の屋根材との重さの違い

屋根材選びを行う際、重さをチェックすることが大切です。

重さは屋根材ごとに異なります。

耐震性を高めるためには、軽量な屋根材を選ぶのがポイント。

1㎡当たりの重さは立平葺きが約4kgなのに対し、スレート屋根は約20kgです。

瓦の場合は約60kgあります。

立平葺きは他の屋根材に比べて軽量なので、地震による被害を少しでも抑えたいと感じている方は一度検討してはいかがでしょうか?

また、重心が低くなることで地震の揺れを抑えることができます。

立平葺きに用いられるガルバリウム鋼板の一般的な厚さは約0.35mmです。

それに対し、瓦の一般的な厚さは約10~25mm。

どのような形状の屋根に向いているか

立平葺きは1枚のガルバリウム鋼板のため、シンプルな形状の屋根に適しているのに対し、複雑な形状の屋根に適していない点に注意してください。

屋根のデザインにこだわりたい方は瓦などの屋根材を一度チェックしてはいかがでしょうか?

立平葺きなどの屋根材について業者に相談するのが大事

立平葺きの施工を行う際、どの業者に依頼するかが重要。

信頼できる業者から適切なアドバイスを受けることが屋根修理・屋根リフォームを成功させるポイントです。

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

過去の施工事例をチェックし、立平葺きの施工に慣れているかどうか把握するのが重要。

どのような屋根材を用いているかはもちろん、施工内容や工期、費用などを踏まえ、相談するかどうか判断してください。

また、創業年・設立年も屋根修理・屋根リフォームの経験が豊富かどうか判断するポイントです。

細かくヒアリングを行うか

スタッフが細かくヒアリングを行うかどうかも選ぶ決め手に挙げられます。

業者によっては屋根修理・屋根リフォームを急かす場合があるので、注意したいところ。

サンプルやカタログなどを見せて、分かりやすく説明する業者も存在します。

見積書の内容が分かりやすいか

見積書の内容を一通りチェックし、契約の手続きを行うかどうか判断するのが大事。

使用する部材だけでなく、施工内容や費用の内訳などが見積書に記載されています。

見積もりについて分からないことがある際は業者に質問し、疑問を解消してください。

進捗状況を把握できるか

進捗状況を報告するかどうかも業者選びのポイントに挙げられます。

施工がどこまで進んでいるか把握したい方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームの進捗状況を聞き、分からないことを質問するのが大切です。

どのような保証があるか

屋根修理・屋根リフォーム後もメンテナンスを継続し、屋根の不具合を解消する必要があります。

気になる業者を見つけたら、一体どのような保証を用意しているかチェックしておきたいところ。

まとめ

立平葺きは瓦棒葺きとは異なり、心木が用いられていません。

屋根がめくりにくくなるので、メンテナンスが行いやすいです。

また、軽量な屋根材のため、耐震性を高められるのがメリットに挙げられます。

屋根は住宅の雰囲気や耐震性に大きく関わる部分。

近いうち、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は信頼できる業者に一度相談してください。

 

立平葺きやガルバリウム屋根のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きの耐久性と寿命について知ろう!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きの耐久性と寿命について知ろう!

成田崇
成田崇
多くの立平葺きはガルバリウム製です。

詳細解説 屋根修理・屋根リフォームを行う際、屋根が寿命を迎えているかどうか把握しておくことが大切。

屋根の状態により、メンテナンスの方法が変わってきます。

雨漏りなどの被害が大きくなる前に対処しましょう。

今回は立平葺きの耐久性と寿命について解説するので、近いうちに屋根修理・屋根リフォームを予定している方は参考にしてください。

立平葺きの耐久性

立平葺きはガルバリウム鋼板を用いているため、耐久性に優れています。

アルミニウム・シリコン・亜鉛のメッキが施されているので、サビに強いのも特徴に挙げられます。

新築住宅の施工や屋根修理・屋根リフォームを行う際は屋根材がサビに強いかどうかチェックしておくのが大切。

屋根の耐久性により、メンテナンスの頻度が変わってきます。

立平葺きの寿命

立平葺きの寿命は約20~30年です。 メンテナンスの方法や頻度により、劣化の進行が変わってくるので注意したいところ。

また、気候や立地条件も立平葺きの状態に関わります。

成田崇
成田崇
多くの立平葺きはガルバリウム製です、ですので立平葺きの寿命=ガルバリウムの寿命になります。

ガルバリウム外壁の寿命はどのくらい?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

メンテナンスの頻度は約10年~15年に1回です。

立平葺き以外の部材の寿命もメンテナンスのポイント

立平葺き以外の部材が寿命を迎えているかどうか把握するのも大切。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、以下の部材についても押さえましょう。

・野地板

・防水シート

ここでは、野地板と防水シートの寿命を紹介するので、住宅について関心のある方は一度チェックしてください。

野地板

野地板は屋根や床の下地材に用いられます。

寿命は約20~30年。

雨漏りや結露によって、劣化します。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、雨漏りなどで野地板が劣化していないかどうか把握する必要があります。

防水シート

防水シートは野地板の上に敷き、雨水による被害を最小限に抑えるための物。

寿命は約15~20年です。

材質によって、寿命が変わってきます。

立平葺きよりも先に寿命を迎える場合があるので、屋根修理・屋根リフォームを行う際は注意してください。

防水シートはルーフィングと呼ばれています。

ルーフィングの呼び方に馴染みがある方も多いのではないでしょうか?

立平葺きの寿命の寿命を縮めないためにも立地条件が重要

立平葺きを用いる際、どのような立地か押さえておきたいところ。

新築住宅の施工や屋根修理・屋根リフォームを行う上で以下の立地条件に注意しましょう。

・沿岸部

・積雪量の多い地域

ここでは、立平葺きを用いるのを避けたい地域について説明するので、気になる方は参考にしてください。

沿岸部

沿岸部は日差しが強いのに加え、潮風の影響を受けやすいです。

塗装が色褪せてしまう恐れがあります。

また、潮風によって立平葺きがサビてしまうかもしれません。

積雪量の多い地域

毎年、積雪に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

雪の重みにより、立平葺きに強い負荷がかかってしまいます。

結果、寿命を縮めてしまう恐れがあります。

傷や凹みを意識するのもメンテナンスのポイント

立平葺きに用いられているガルバリウム鋼板は傷や凹みがつきやすい点に注意。

飛来物などが当たった際、傷や凹みがついていないかどうかチェックしてください。

傷や凹みがついた部分からサビてしまいます。

立平葺きの施工について業者に相談するのが大事

立平葺きのメンテナンスを一体どの業者に依頼すれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

数ある業者の中から、信頼できる1社を絞れるかどうかが重要になってきます。

ここでは、業者の選び方について解説します。

立平葺きの扱いに慣れているか

施工事例から立平葺きの扱いに慣れているかどうかチェックするのが大事。

施工内容だけでなく、工期や費用がどのくらいかかったかも踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

見積書が分かりやすいか

業者が作成した見積書の内容をチェックし、契約を進めることになります。

使用する部材などについて分からないことがある際は業者に質問しましょう。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

保証が充実しているか

屋根修理・屋根リフォーム後も継続してメンテナンスを行う必要があります。

業者が定期点検に訪れるタイミングなどをチェックし、依頼するかどうか判断したいところ。 保証の内容は業者によって違います。

進捗状況を把握できるか

屋根修理・屋根リフォームの状況を知りたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

業者によっては進捗状況を報告します。

屋根修理・屋根リフォームを急かさないか

業者によっては屋根修理・屋根リフォームを急かす場合があります。

冷静に考え、すぐに契約するのは避けたいところ。

住宅について不安を感じている方は家族に一度相談することをおすすめします。

家族の意見を踏まえた上で屋根修理・屋根リフォームを行うかどうか判断してください。

まとめ

立平葺きは寿命が長いのに加え、サビにくい屋根。

約10年~15年に1回の頻度でメンテナンスを行う必要があります。

立地条件などによっては想像より早く寿命を迎えるかもしれません。

住宅について悩みがある方は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、屋根修理・屋根リフォームを行うことが思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるポイントです。

 

屋根リフォームや屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きのメンテナンスのポイントを解説!プロのアドバイス|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きのメンテナンスのポイントを解説!プロのアドバイス

成田崇
成田崇

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるなら、屋根のメンテナンスを定期的に行うことが大事。

年数の経過と共に屋根が劣化していきます。

どのような不具合があるかは住宅によって異なります。

今回は立平葺きのメンテナンスにおけるポイントについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

立平葺きのメンテナンスを怠るとどのような問題が発生するか

立平葺きに限らず、屋根のメンテナンスを怠ると一体どのような問題が発生するか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

年数の経過と共に以下の問題が発生します。

・色褪せ

・サビ

・カビ

・雨漏り

まずはメンテナンスを怠った際に発生する問題について触れていきます。

色褪せ

経年劣化に伴い、立平葺きが色褪せていくのに注意が必要。

色褪せることにより、住宅の雰囲気が変わります。

屋根と外壁は住宅の雰囲気に大きく関わる部分です。

普段から住宅の状態をチェックし、色褪せていないかどうか把握したいところ。

サビ

立平葺きがサビていないかどうかもチェックすることが大切です。

サビに強いガルバリウム鋼板が立平葺きに用いられているものの、サビないわけではありません。

住宅の雰囲気が損なってしまうだけでなく、耐久性が下がってしまいます。

立平葺きに錆が発生しているのを確認したら、大きな事故に発展する前にメンテナンスを心掛けることをおすすめします。

また、ガルバリウム鋼板は傷つきやすいため、傷ついた部分からサビが発生する可能性がある点に注意したいところ。

カビ

立平葺きの塗装が剥がれると、カビが発生しやすくなります。

住宅の雰囲気が損なわれるだけでなく、劣化を促進させてしまいます。

立平葺きに発生したカビの洗浄をDIYで済ませようとすると、危険が伴うので控えてください。

雨漏り

立平葺きの劣化を放置し続けた結果、雨漏りが発生する恐れがあります。

継ぎ目がない板金を用いているため、雨水が侵入しにくいものの、メンテナンスを怠らないようにしたいところ。

屋根によっては野地板なども劣化しているかもしれません。

立平葺きのメンテナンスを行う際のポイント

立平葺きのメンテナンスを行う際、どのような部分がポイントになってくるか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

納得のいく屋根修理・屋根リフォームにするためには、ポイントを押さえておくのが大事。

ここでは、メンテナンス時のポイントについて解説するので、気になる方はチェックしてください。

屋根の劣化がどこまで進行しているか

立平葺きがどこまで劣化しているかにより、メンテナンスの方法が変わってきます。

塗装で済む場合もあれば、葺き替え工法で大規模な施工を行う場合もあります。

劣化が著しく進行している場合、立平葺きだけでなく、防水シートや野地板も交換することになるかもしれません。

屋根の面積がどのくらいか

立平葺きは1枚の板金を用いる関係上、正確な採寸が求められます。

屋根の面積を把握できていないと、取り返しのつかない事態に発展します。

正確な採寸を行うためには、屋根を細かく点検するのが大事。

どのような立地条件か

住宅がどこに建っているかも立平葺きのメンテナンスを行う上でポイントになってきます。

敷地が狭いと、部材の搬入に手間取ってしまいます。

搬入に手間取る分、メンテナンスの費用がかかってしまうので注意してください。

搬入経路を確保できるかが重要です。

また、潮風によってサビついてしまいます。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は沿岸部に近いかどうかも踏まえ、どの屋根材を用いるかを検討したいところ。

傷や凹みがどこにあるか

立平葺きに用いられているガルバリウム鋼板は衝撃に弱く、傷や凹みが付きやすい点に注意が必要です。

傷ついた部分からサビついてしまうので、メンテナンスを行う際は傷や凹みの早期発見が求められます。

どのような施工が用いられているか

立平葺きには、ハゼ葺きと嵌合式が存在しており、どちらが用いられているかもメンテナンスのポイント。

嵌合式は施工数が少なく、メンテナンスにかかる費用が高くなってしまう点に注意してください。

立平葺きのメンテナンスを信頼できる業者に相談するのが大事

立平葺きのメンテナンスでトラブルを避けるためにも、どの業者に依頼するかが重要になってきます。

情報収集を入念に行い、信頼できるかどうか判断しましょう。

ここでは、業者の選び方について触れていくので、気になる方は一度参考にしてください。

立平葺きの施工経験が豊富か

立平葺きの施工経験が豊富かどうかチェックするのが大事。

過去の施工事例から一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったか押さえ、相談・契約を進めましょう。

業者によっては、立平葺きの施工に慣れていない可能性も十分考えられます。

どのようなスタッフが在籍しているか

気になる業者を見つけたら、どのようなスタッフが在籍しているかチェックすることをおすすめします。

スタッフが取得している資格や紹介文などを踏まえ、信頼できるかどうか判断したいところ。

見積書の記載内容

業者が作成した見積書の記載内容を踏まえ、契約を進めていくことになります。

どのような部材を用いるかはもちろん、施工内容や費用の内訳などをチェックし、分からない部分を業者に質問してください。

立平葺きのメンテナンスでトラブルを避けるためには、疑問を解消することが大切です。

保証内容が充実しているか

立平葺きのメンテナンスは1回だけで終わりではありません。

施工が終了した後も定期的に点検を行い、不具合を解消していきます。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえ、相談するかどうか判断してください。

まとめ

立平葺きが一体どのくらい劣化しているかを把握し、適切なメンテナンスを行うことが大切です。

気になる業者を見つけた際、立平葺きの扱いに慣れているかどうかチェックすることをおすすめします。

立平葺きは雨漏りしにくい反面、傷や凹みがつきやすい点に注意が必要。

普段から住宅の状態に気を配り、雨漏りなどの被害を最小限に抑えましょう。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れよう!ヒント満載!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れよう!ヒント満載!

成田崇
成田崇

屋根修理・屋根リフォームで住宅をおしゃれにしたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

住宅の雰囲気に関わるもののひとつに屋根が挙げられます。

納得のいく施工にするためにも、どのような屋根にするか一度検討しましょう。

今回は立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れるためのヒントについて紹介するので、気になる方はチェックしてください。

まずは立平葺きとは一体何かを知ることから始まる

立平葺きとは、軒に対して垂直に葺く葺き方。

素材には、ガルバリウム鋼板が用いられています。

1枚の長い板金のため、継ぎ目がありません。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、立平葺きと横葺きについて押さえておくのが大切です。

どちらを選択するかにより、屋根の仕上がりが変わってきます。

立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れるためのヒント

立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れるためのヒントは一体何か気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームのヒントとして、以下のものが挙げられます。

・シンプルなデザインに仕上げたいかどうか

・どの外壁と組み合わせるか

・屋根の形状をどのようにするか

・勾配をどのくらいにするか

・周囲の景観に合う色は一体どれか

・過去の施工事例を参考にする

近いうちに屋根のメンテナンスを予定している方に向けて、立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れるための各ヒントについて解説します。

シンプルなデザインに仕上げたいかどうか

立平葺きはシンプルなデザインに仕上げるのに適しています。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、テーマやコンセプトを決めるのが大事。

テーマやコンセプトによって、施工に用いる屋根が変わってきます。

家族と話し合い、どのような住宅で過ごしたいか一度話し合ってはいかがでしょうか?

どの外壁と組み合わせるか

立平葺きで屋根をおしゃれに仕上げるためには、外壁との組み合わせを意識するのが大事。

屋根と同様、外壁も住宅の雰囲気に大きく関わります。

立平葺きは外壁に用いることができます。

屋根修理・屋根リフォームだけでなく、外壁リフォームも予定している方は立平葺きを採用するかどうか一度検討してください。

屋根の形状をどのようにするか

どのような屋根の形状にするかが屋根修理・屋根リフォームを成功させるヒント。

住宅の雰囲気は屋根の形状によって変わってきます。

立平葺きはハゼ葺きや嵌合式だけでなく、ドーム型の屋根にも用いられます。

屋根の形状が複雑になると、立平葺きを用いるのが難しくなるので注意が必要。

立平葺きは1枚の板金を用いる関係上、切断などの加工する手間が増えてしまいます。

屋根修理・屋根リフォームで屋根の形状を複雑にしたいと感じている方は他の屋根材もチェックすることをおすすめします。

勾配をどのくらいにするか

屋根の形状が決まったら、勾配をどのくらいにするかも重要。

勾配によって、住宅の雰囲気が変わってきます。

立平葺きは緩勾配でも雨漏りしにくいです。

緩勾配の屋根に仕上げたい方は立平葺きを検討してはいかがでしょうか?

周囲の景観に合う色は一体どれか

立平葺きの色をどれにするかもおしゃれな屋根を手に入れるためのヒント。

屋根修理・屋根リフォームのテーマやコンセプトだけでなく、周囲の景観に合っているかどうかも配慮する必要があります。

色によっては、周囲の景観が損なってしまうかもしれません。

過去の施工事例を参考にする

過去の施工事例をチェックし、他の方が立平葺きの施工をどのように行っているか知ることも大切です。

デザインはもちろん、どのくらい工期や費用がかかるかのヒントが得られます。

屋根修理・屋根リフォームの経験が少なく、他の方を参考にしたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

立平葺きの施工を行う業者の選び方

立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れるためには、信頼できる業者を選ぶ必要があります。

情報収集を入念に行い、1社に絞ってください。

ここでは、おしゃれな屋根を施工する業者の選び方について紹介します。

屋根修理・屋根リフォームを専門的に行っているか

気になる業者を見つけたら、屋根修理・屋根リフォームを専門的に行っているかどうかチェックしたいところ。

過去の施工事例だけでなく、創業年や設立年から屋根修理・屋根リフォームに長年携わっているか把握してください。

設計事務所かどうかどうか

立平葺きで屋根をおしゃれに仕上げるなら、設計事務所に依頼するかどうか検討しましょう。

業者によっては、デザイン性の高い施工に力を入れています。

細かいこだわり反映しやすい反面、費用がかかってしまう点に注意が必要。

見積もり内容が分かりやすいかどうか

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で見積書に目を通すことになります。

見積書に記載されている内容が分かりやすいかどうかも選ぶ決め手です。

費用の内訳などについて分からないことがある際は業者に質問してください。

分からないことをそのままにしておくと、トラブルが発生するかもしれません。

どのような保証を用意しているか

おしゃれな屋根を手に入れた後も定期的にメンテナンスを行い、状態を保つことが大切です。

業者が用意している保証内容をチェックし、依頼するかどうか判断しましょう。

細かくヒアリングを行うかどうか

屋根のデザインについて細かくヒアリングを行うかどうかも選ぶ決め手。

電話やメールでの問い合わせの際、スタッフとコミュニケーションが取りやすいかどうか意識する必要があります。

まとめ

立平葺きを上手く用いることにより、屋根をおしゃれに仕上げることができます。

納得のいく施工にするためには、屋根修理・屋根リフォームのテーマやコンセプトを決めるのが大事。

テーマやコンセプト次第で屋根の形状や色が変わります。

立平葺きでおしゃれな屋根を手に入れたいけど、センスに自信がないと感じている方は業者に一度相談してください。

適切アドバイスを受けることが屋根修理・屋根リフォームを成功させるポイントです。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きの施工方法と注意点を紹介!実践ガイド|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きの施工方法と注意点を紹介!実践ガイド

成田崇
成田崇

屋根修理・屋根リフォームの費用を抑えるために立平葺きを選択する方が多いです。

納得のいく施工を行うためには、費用や工期などを意識したいところ。

近いうち、業者に屋根のメンテナンスを依頼しようと考えているのではないでしょうか?

今回は立平葺きの施工方法と注意点について紹介します。

立平葺きの施工方法

立平葺きの施工を行う際、手順がいくつかあります。

屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴むためにも、どのように施工が進められるか押さえておくのが大事。

早速ですが、立平葺きの施工方法について解説します。

屋根の状態を確認

まずは屋根の状態を確認するところから始まります。

どのくらい劣化しているかはもちろん、屋根の面積や勾配などを把握。

立平葺きを行う際、板金工場で屋根のサイズに合わせて板金を加工し、現場に持ち出します。

古い屋根材を撤去

葺き替え工法の場合、古い屋根材を撤去していきます。

屋根材が落下することで事故に発展する恐れがあるので、丁寧に作業を進めていくのがポイント。

野地板を張る

古い屋根材の撤去が済んだら、野地板を張ります。

野地板は屋根の下地材です。

屋根材を固定させるのが野地板の役割。

防水シートを張る

野地板の上に防水シートを張ります。

長期にわたって住み続けるためには、雨漏りの対策が重要になってきます。

防水シートは雨漏りを防ぐための物。

ルーフィングと呼ばれています。

立平葺きの取り付け

屋根のサイズに合わせて加工した板金を取り付けていきます。

仕上がりを綺麗にするために不陸を調整するのがポイント。

住宅によっては雪止めを取り付ける場合があります。

屋根修理・屋根リフォームを進める際、落雪対策が必要な気候かどうか意識してください。

立平葺きのメリット

立平葺きを用いる際、どのようなメリットがあるか押さえておきたいところ。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・緩勾配に対応

・ドーム型の屋根に対応

・カバー工法で工期を短縮できる

・地震対策ができる

ここでは、立平葺きのメリットについて説明するので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

緩勾配に対応

立平葺きは緩勾配に対応しているのがメリット。

勾配が低いと、風の影響を受けにくくなります。 また、落雪対策に適しています。

ドーム型の屋根に対応

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で屋根の形状が重要。

屋根の形状に適した屋根を用いることになります。

立平葺きはドーム型の屋根に適しているのもメリットです。

カバー工法で工期を短縮できる

カバー工法に立平葺きを用いる場合、工期を短縮することが可能。

工期が短くなることにより、屋根修理・屋根リフォームにかかる費用を抑えられます。

人によっては十分な予算を用意できないと感じている方も多いのではないでしょうか?

地震対策ができる

立平葺きは軽量なので、地震対策ができるのもメリット。

屋根の重さにより、揺れやすさが変わってきます。

軽ければ軽い程、揺れにくくなります。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、自然災害における被害を想定してください。

立平葺きの注意点

立平葺きの施工時に一体どのような点に注意すれば良いか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

主な注意点は以下の通りです。

・複雑な形状の屋根に適していない

・雨音が響きやすい

・太陽の熱を吸収しやすい

・荷降ろしするためのスペースが必要

ここでは、立平葺きの注意点について説明します。

複雑な形状の屋根に適していない

立平葺きは複雑な形状の屋根に適していない点がデメリット。

切断などの作業が増えるので、工期が長くなります。

シンプルな形状に適しています。

雨音が響きやすい

雨音が響きやすいのも注意点のひとつ。

室内で快適に過ごすためには、騒音対策が重要になってきます。

雨音対策として、遮音シートと断熱材が挙げられます。

太陽の熱を吸収しやすい

立平葺きはガルバリウム鋼板を用いる関係上、太陽の熱を吸収しやすい点に注意してください。

太陽の熱を吸収することにより、室内の気温が上がってしまいます。

断熱材や遮熱シートで暑さ対策を行っていくことになります。

荷降ろしするためのスペースが必要

立平葺きで屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、荷下ろしするために十分なスペースを確保しないといけない点に注意。

継ぎ目がないので、トラックで現場まで搬入します。

まとめ

立平葺きは葺き替え工法だけでなく、カバー工法に適した屋根。

野地板と防水シートを張った後に屋根のサイズに加工した板金を取り付けます。

取り付けた後、不陸の調整などが行われます。

継ぎ目のない板金を用いる関係上、複雑な形状の屋根に適していない点に注意が必要。

屋根の形状を踏まえ、適切な屋根修理・屋根リフォームを進めましょう。

立平葺きなどの悩みがある方は信頼できる業者に一度相談してください。

適切なアドバイスを受け、屋根修理・屋根リフォームのプランを決めるのが住宅に関する悩みを解消するポイントです。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

立平葺きの特徴と魅力を徹底解説!昔とはイメージが違う?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

立平葺きの特徴と魅力を徹底解説!昔とはイメージが違う?

成田崇
成田崇
シンプルな立平葺きは最近とても人気があります

多くの住宅に金属屋根が用いられています。

屋根修理・屋根リフォームを機に金属屋根に変更したいと感じている方も多いのではないでしょうか?

地震や雨漏りなどの被害を抑えるためには、各屋根の特徴を押さえておきたいところ。

今回は立平葺きの特徴と魅力について解説するので、住宅について関心のある方は一度参考にしてください。

立平葺きとは

立平葺きは板金でできている屋根。

屋根の天辺から軒先に向かって垂直に葺きます。

 

成田崇
成田崇
このような屋根材です。

屋根材のラインが縦に入ります。

数多くの呼び方が存在しており、人によっては聞く頻度が少ないと感じるのではないでしょうか?

立平葺きの呼び方として、以下のものが挙げられます。

・縦平

・縦葺き

・縦平板金

・縦ハゼ葺き

・長尺屋根

・嵌合式立平

・堅ハゼ

立平葺きの特徴

住宅に合った屋根修理・屋根リフォームを進めていくためには、立平葺きの特徴を押さえておくのが大事。

主な特徴は以下の通りです。

・屋根のサイズに合わせた物を現場に持ち出す

・シンプルな切妻屋根や倉庫などの大型屋根に適している

・ガルバリウム鋼板が用いられる

まずは各特徴について触れていきます。

屋根のサイズに合わせた物を現場に持ち出す

立平葺きは板金工場で屋根のサイズに合わせて加工した後、現場に持ち出します。

1枚の板金を設置・固定する造りになっているのが特徴。

シンプルな切妻屋根や倉庫などの大型屋根に適している

シンプルな切妻屋根や倉庫などの大型屋根に適しているのも立平葺きの特徴に挙げられます。

切妻屋根とは、本を半分に開いて伏せたような形状の屋根を指します。

ガルバリウム鋼板が用いられる

ガルバリウム鋼板が用いられているのも特徴のひとつ。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、ガルバリウム鋼板を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛・シリコンでメッキされた鋼板です。

立平葺きの魅力

立平葺きの主な魅力として、以下のものが挙げられます。

・工期を短縮できる

・費用を抑えられる

・耐震性に優れている

・メンテナンスしやすい

・雨漏り対策を行いやすい

・シンプルなデザインに仕上げられる

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方に向けて各魅力について説明するので、気になる方は一度チェックしてください。

工期を短縮できる

1枚の板金を設置・固定する造りのため、工期を短縮することが可能。

仕事などの都合でなるべく短期間で屋根修理・屋根リフォームを済ませたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

費用を抑えられる

工期を短縮しつつ、人件費も抑えられるので、安い費用で屋根修理・屋根リフォームを進められます。

住宅のメンテナンスを行う上で費用に関する悩みを解消するのが大切です。

耐震性に優れている

立平葺きは軽量なので、耐震性に優れています。

長期にわたって住み続けるためには、地震による被害を最小限に抑えるのが大事。

屋根が軽ければ軽い程、揺れにくくなります。

メンテナンスしやすい

垂木を用いないため、メンテナンスしやすいのも魅力です。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は施工後のメンテナンスも視野に入れておきたいところ。 垂木は雨水によって腐食する恐れがあります。

結果、屋根の寿命を縮めてしまうかもしれません。

メンテナンスの費用を意識している方は立平葺きを用いるかどうか一度検討してはいかがでしょうか?

雨漏り対策を行いやすい

立平葺きは継ぎ目がないので、雨水の侵入を防ぐことができます。

成田崇
成田崇
緩い屋根勾配の屋根には最適です。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームにするためには、雨漏り対策を意識しておきたいところ。

雨漏りにより、シロアリなどが発生する恐れがあります。

シンプルなデザインに仕上げられる

シンプルなデザインに仕上げられるのも立平葺きの魅力。

住宅によっては外壁材に用いられているケースも存在します。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、住宅の雰囲気を意識することが大切です。

デザイン次第では周囲の景観に合わない可能性があるかもしれません。

立平葺きについて信頼できる業者に相談するのが大事

立平葺きを用いた屋根修理・屋根リフォームを成功させるためには、信頼できる業者を見つけることをおすすめします。

過去の施工事例から立平葺きを用いた施工に慣れているかどうかチェックするのが大事。

見積書や保証の内容を踏まえ、契約するかどうか判断してください。

業者によっては進捗状況を報告する場合があります。

施工がどこまで進んでいるか知りたい方も多いのではないでしょうか?

まとめ

立平葺きは屋根の天辺から軒先に向かって垂直に葺く屋根。

工期や費用を抑えられるだけでなく、メンテナンスが行いやすいのが魅力です。

軽量なので、地震対策に適しています。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、業者に一度相談してください。

 

立平葺きやガルバリウム屋根のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

コロニアルの差し棟の落下防止対策を徹底解説!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

コロニアルの差し棟の落下防止対策を徹底解説!

成田崇
成田崇
コロニアル屋根について解説!

屋根にコロニアルを用いているけど、差し棟が落下しないか不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

大きな事故を回避するためにも、普段から住宅の状態に気を配り、適切なメンテナンスを行うことが大事。

今回はコロニアルの差し棟の落下防止対策について解説するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は参考にしてください。

コロニアルとはそもそも何か

コロニアルはケイミューが製造・販売している屋根材。

薄くて軽いのが特徴に挙げられます。

デザインが充実しているので、多くの住宅に用いられています。

金属系屋根材や瓦に比べ、安いのもポイント。

成田崇
成田崇
コロニアルは安価ですが瓦や板金などと比べて耐久性は劣ります。

デメリットは経年劣化や衝撃でヒビ割れしやすい点です。

汚れやすいので、住宅の雰囲気を損なってしまう場合があります。

メリットだけでなく、デメリットを理解した上で住宅の屋根にコロニアルを用いることが大事。

コロニアルの差し棟の落下防止策

コロニアルの差し棟が落下するのを防ぐために一体どのような対策が行われているのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

主な落下防止策は以下の通り。

・ビスの使用

・コーキングの使用

・差し棟の剣先加工

屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方に向けて各防止策について説明します。

気になる方は一度チェックしてください。

ビスの使用

釘の場合、風に煽られることで差し棟が落下・飛散する可能性があります。

差し棟の落下防止対策として、ビスが用いられます。

ビスは差し棟の固定力を増加させるための物。

一定間隔になるように差し棟を固定していくのがポイントです。

コーキングの使用

コロニアルに用いられている差し棟が落下しないようにするため、コーキングが用いられます。

コーキングは屋根材や外壁などの隙間にコーキング剤を充填し、塞ぐこと。

防水性や気密性を高めるために行います。

雨水が侵入してしまうと、コロニアルなどの劣化に繋がります。

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためには、雨漏り対策が重要。

差し棟の剣先加工

コロニアルに覆い被せるような形になるように差し棟の剣先加工を行うのも落下防止対策の一環。

成田崇
成田崇
差し棟とはこのような部材です。

剣先加工の後、コロニアルに差し棟を取り付けていきます。

屋根によっては差し棟を取り付けられない場合がある

差し棟は耐風性を向上させるために用いられます。

ですが、屋根によっては差し棟を取り付けられないため、注意が必要。

差し棟を用いる場合、葺き替え工法で屋根の形状を大幅に変更することになるかもしれません。

屋根の形状は住宅の雰囲気に大きく関わります。

屋根修理・屋根リフォームのテーマ・コンセプトについて家族や業者に相談することが大切です。

また、葺き替え工法はカバー工法に比べて費用がかかる点に注意してください。

コロニアルの差し棟の落下防止対策を業者に相談するのが大事

コロニアルの差し棟の落下防止対策を進めていく際、どの業者に相談するかが重要になってきます。

屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者は数多く存在するので、信頼できる1社を絞るためには情報収集をできる限り行いましょう。

ここでは、屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者を選ぶポイントについて取り上げます。

差し棟の取り付けに慣れているか

過去の施工事例をチェックし、差し棟の取り付けに慣れているかどうか把握してください。

施工内容だけでなく、工期や費用を踏まえた上で相談・契約を進めるのが大事。

口コミからスタッフの対応などを知ることができます。

屋根修理・屋根リフォームを急かさないか

業者が屋根修理・屋根リフォームを急かさないかどうかも依頼するかどうかの決め手です。

コロニアルの差し棟の落下防止対策を進めていく際、業者とのトラブルを避けたいところ。

契約を急かされた場合、冷静に対処する必要があります。

細かく屋根を点検するか

屋根の状態を細かく点検するかどうかも業者選びのポイントに挙げられます。

コロニアルや差し棟の状態はもちろん、雨漏りの原因などを正確に把握することが屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で重要。

点検内容により、見積書の仕上がりが変わってきます。

業者によってはドローンを用いて屋根を点検する場合があります。

気になる業者を見つけた際はドローンを用いるかどうかチェックしてください。

見積もり内容が分かりやすいか

見積書に一体どのような内容が記載されているかを踏まえ、契約するかどうか判断することになります。

使用する屋根材や塗料、施工内容、費用の内訳などを細かくチェックすることが大事。

見積書について分からないことがあれば、業者に質問し、疑問を解消しましょう。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

どのような保証があるか

屋根修理・屋根リフォーム後も差し棟などのメンテナンスを行い、差し棟の落下や雨漏りなどの対策を続けていくことになります。

気になる業者を見つけたら、どのような保証を用意しているかチェックすることをおすすめします。

まとめ

コロニアルの差し棟が落下しないよう、ビスやコーキングなどの落下防止対策が重要。

差し棟が落下すると、他の建物や通行人に当たってしまうかもしれません。

信頼できる業者に屋根修理・屋根リフォームの相談を行い、自分に合ったプランを作成していくことが大切です。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根になぜ差し棟が採用されるのか?その理由を詳細解説!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根になぜ差し棟が採用されるのか?その理由を詳細解説!

成田崇
成田崇
現在の新築住宅の多くは差し棟が採用されています。

差し棟がスレート屋根に採用されるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームは雨漏りなどの対策を行う上で重要になってきます。

普段から状態に気を配り、差し棟などに問題ないか把握しましょう。

今回はスレート屋根に差し棟が採用される理由について解説するので、住宅に関心のある方は一度参考にしてください。

スレート屋根に差し棟が採用される理由

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためには、スレート屋根に差し棟が採用される理由を押さえておきたいところ。

主な理由として、以下のものが挙げられます。

・シンプルな仕上がりにできる

・再び差し込める場合がある

・台風や強風対策ができる

・材質によってはメンテナンスの費用を抑えられる

・換気棟を設置できる

差し棟がどうして採用されるかについて説明します。

シンプルな仕上がりにできる

差し棟をスレート屋根に採用することにより、シンプルな仕上がりにすることが可能。

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で住宅のデザインを意識する必要があります。

屋根は住宅の雰囲気に大きく関わってくる部分です。

デザインによっては周囲の景観に合わないなどの問題が発生するかもしれません。

シンプルな仕上がりにしたいと感じている方はスレート屋根に差し棟を採用するかどうか検討してはいかがでしょうか?

再び差し込める場合がある

差し棟の破損状態によっては再びスレート屋根に差し込むことができます。

下地を新たに必要することなく、屋根修理・屋根リフォームを進められるのも差し棟を採用するメリットです。

台風や強風対策ができる

スレート屋根は台風や強風により、飛ばされてしまう恐れがあるので、注意が必要。

差し棟は耐風性を向上させる役割があります。

台風や強風による被害を抑えるのも、差し棟をスレート屋根に採用する理由に挙げられます。

材質によってはメンテナンスの費用を抑えられる

差し棟を採用する際、どの材質なのかチェックするのが大事。

ガルバリウム鋼板のように耐久性に優れている材質の場合、メンテナンスにかかる費用を抑えることができます。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームにするためには、施工後のメンテナンスも意識しましょう。

換気棟を設置できる

差し棟に換気棟を設置している住宅もあります。

換気棟は熱気や湿気を外に排出するための設備。

熱気が屋根にこもってしまうと、室内の温度が上昇します。

快適な空間づくりを意識している方は換気棟を設置するかどうか検討してください。

湿気は木材が腐食するだけでなく、シロアリやダニが発生する原因。

シロアリは木材を餌にします。

住宅の寿命を少しでも長くするためにも、湿気対策を心掛けましょう。

スレート屋根に差し棟を採用する際の注意点

屋根修理・屋根リフォームを行う上で注意しておきたいポイントがいくつか存在します。

ここでは、差し棟をスレート屋根に採用する際、どのような部分に注意すれば良いかについて触れていきます。

屋根のメンテナンスに関心のある方はチェックしてください。

費用がかかる

差し棟を採用した屋根修理・屋根リフォームはどうしても費用がかかってしまいます。

人によっては予算を十分に用意できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

スレート屋根と違う色の差し棟を採用しないといけない場合がある

スレート屋根によっては廃盤になっているかもしれません。

屋根修理・屋根リフォームを行うことにより、スレート屋根と差し棟の色が変わる可能性がある点に注意してください。

住宅の雰囲気を損なわない色の組み合わせを考えることになります。

スレート屋根に差し棟を採用するかどうか業者に相談するのが大事

スレート屋根に差し棟を採用するかどうかを信頼できる業者に相談しましょう。

人によってはどの業者に依頼すれば良いか悩んでいるかもしれません。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

差し棟を採用した屋根修理・屋根リフォームの経験が豊富か

過去の施工実績をチェックし、差し棟を採用した屋根修理・屋根リフォームの経験が豊富かどうか判断するのが大切です。

施工内容だけでなく、工期や費用がどのくらいかかるか押さえてきたいところ。

在籍しているスタッフ

業者に一体どのようなスタッフが在籍しているかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。 屋根修理・屋根リフォームに関する資格を有しているスタッフが多いかどうかを踏まえ、相談・契約を進めてください。

見積書が分かりやすいか

見積書に一体どのような内容が記載されているかが重要。

使用する部材はもちろん、施工内容や費用の内訳などを細かくチェックし、契約するかどうか判断しましょう。

細かくヒアリングを行うか

スタッフが屋根修理・屋根リフォームの要望について細かくヒアリングを行うかどうかも意識する必要があります。

差し棟などに関する悩みをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

保証が充実しているか

屋根修理・屋根リフォーム後も定期的にメンテナンスを行うのが大事。

業者の保証内容が充実しているかどうかを踏まえた上で契約を進めてください。

まとめ

スレート屋根に差し棟を採用することにより、シンプルな仕上がりにできるだけでなく、耐風性を向上できます。

破損状態によっては再び差し込めるかもしれません。

換気棟を設置し、熱気や湿気対策を行えるのもポイント。

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は信頼できる業者に悩みや要望を伝え、納得のいく施工を行ってください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

差し棟の寿命とメンテナンスの注意点を詳しく解説! |平塚・株式会社いらか|屋根専門

差し棟の寿命とメンテナンスの注意点を詳しく解説!

成田崇
成田崇
差し棟の寿命とは?!

年数の経過と共に屋根が劣化します。

思い入れのある住宅に長く住み続けるためには、定期的にメンテナンスを行うのが大事。

業者に差し棟が浮いていると指摘された経験がある方がいるのではないでしょうか?

今回は差し棟の寿命に加え、メンテナンス時の注意点について解説します。

差し棟の寿命

差し棟の寿命は約15~25年。

成田崇
成田崇
差し棟の寿命とは屋根で使うこのような金属の役物です。

寿命を少しでも長く伸ばすためには、普段から屋根の状態に気を配る必要があります。

差し棟の寿命に関わるポイント

差し棟によって寿命が異なりますが、想像以上に早く寿命を迎える可能性も十分考えられます。

どのようなものが差し棟の寿命に関わるのか疑問に感じているのではないでしょうか?

以下のものによって、差し棟の寿命が変わります。

・材質

・立地条件

・自然災害による被害

場所によって、気温や風の強さなどが変わってくるため、屋根修理・屋根リフォームを行う際は注意したいところ。

台風や地震などの自然災害が起きた後、屋根だけでなく、外壁や門扉などが破損していないかどうかチェックしてください。

差し棟が寿命を迎えているかどうかチェックするポイント

差し棟が寿命を迎えているか判断する際のポイントは一体何か気になっている方が多いのではないでしょうか?

主に以下のポイントをチェックすることになります。

・釘が浮いているか

・サビが発生しているか

・木材が腐食しているか

・差し棟が飛ばされていないか

・雨漏りが発生しているか

ここでは、差し棟が寿命を迎えているかどうか把握するためのポイントについて紹介します。

釘が浮いているか

差し棟を固定するための釘が年数の経過と共に固定力が下がり、浮いてしまいます。

最終的には、釘が抜けてしまうので注意してください。

サビが発生しているか

差し棟によってはサビが発生しているかもしれません。

雨風などに晒され続けているため、サビが原因で破損する可能性も考えられます。

一度、サビが発生してしまうと、拡大してしまいます。

木材が腐食しているか

雨水により、木材が腐食していないかどうかもメンテナンス時のポイント。

差し棟だけでなく、屋根全体をチェックする必要があります。

差し棟が飛ばされていないか

台風や強風で差し棟が飛ばされるケースも存在します。

自然災害の後に外へ出てみると、差し棟が落ちている方もいるのではないでしょうか?

雨漏りが発生しているか

破損した差し棟などを放置し続けていると、雨漏りが発生する恐れがあります。

雨漏りは木材を腐食させてシロアリなどを発生させるだけでなく、住宅の寿命を縮めてしまいます。

差し棟のメンテナンス時の注意点

差し棟のメンテナンスを進める際、一体どのような点に注意すれば良いか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主な注意点は以下の通り。

・差し棟が飛ばされる前にメンテナンスを済ませる

・火災保険で対応できない場合がある

・悪徳業者に注意する必要がある

ここでは、各注意点について説明するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は参考にしてください。

差し棟が飛ばされる前にメンテナンスを済ませる

差し棟が台風や強風で飛ばされる前にメンテナンスを済ませるのが重要です。

通行人や近隣の住宅に飛ばされた差し棟が当たる可能性もゼロではありません。

大きなトラブルを防ぐのもメンテナンスを行う理由のひとつ。

火災保険で対応できない場合がある

屋根修理・屋根リフォームの費用を火災保険で賄おうと考えている方も多いのではないでしょうか?

台風や地震などによる被害と認められないと、火災保険で補償されません。

差し棟の寿命は火災保険の対象外。

悪徳業者に注意する必要がある

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で悪徳業者に注意してください。

場合によっては屋根の一部を壊した後、写真を撮り、契約を進める場合もあります。

差し棟が壊れていると言われても、冷静に対処できるかどうかが重要になってきます。

差し棟のメンテナンスは信頼できる業者に依頼するのが大事

差し棟のメンテナンスを行う業者を選ぶ際、どこに依頼すれば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

信頼できる業者を見つけるためには、情報収集を十分行う必要があります。

最後に、業者の選び方について説明します。

契約を急かさないかどうか

契約を急かさないかどうかは依頼するかどうかの決め手。

すぐに施工を行わないと雨漏りが発生するなどと言われても、慌てず、冷静に対処してください。

施工実績が豊富か

信頼できるかどうか判断するために、業者の公式サイトをチェックすることをおすすめします。

過去にどのような施工に携わったかを踏まえ、相談・契約を進めていくことになります。

どのような見積書を作成するか

見積書の内容が分かりやすいかどうかも選ぶ決め手。

使用する部材や施工内容などについて分からないことがある際は業者に質問するのが大切です。

どのような保証を用意しているか

差し棟のメンテナンスを行った後も定期的にメンテナンスを行い、寿命を少しでも伸ばしましょう。

保証内容は業者によって異なります。

定期点検の頻度などを踏まえ、相談・契約を進めてください。

まとめ

差し棟の寿命は材質や立地条件などにより、変わってきます。

普段から屋根の状態に気を配ることが大切。

屋根修理・屋根リフォームでトラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集を入念に行いましょう。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

差し棟の施工業者と費用相場を徹底調査!最新版|平塚・株式会社いらか|屋根専門

差し棟の施工業者と費用相場を徹底調査!最新版

成田崇
成田崇
差し棟とはなんでしょうか?

差し棟に不具合が生じたのを機に、屋根修理・屋根リフォームを予定している方が多いのではないでしょうか?

雨漏りなどの被害を最小限にするためには、屋根のメンテナンスを適切に行う必要があります。

納得のいく施工を進めるなら、どのくらいの予算があるかを把握しておきたいところ。

今回は差し棟の施工業者に屋根修理・屋根リフォームを依頼した際にかかる費用の相場について説明します。

差し棟の施工業者に施工を依頼した際にかかる費用の相場

12mの棟の屋根修理・屋根リフォームを差し棟の施工業者に依頼した際、約30万円の費用がかかります。 人によっては想像以上に費用が発生するかもしれません。

差し棟の施工に一体どのような費用がかかるのか

差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームの中で一体どのような費用がかかるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

一度の施工でさまざまな費用が発生します。

ここでは、差し棟の施工に一体どのような費用がかかるかについて紹介するので、屋根について関心のある方はチェックしてください。

差し棟

破損した差し棟を新たに交換するための費用がかかります。

12mの棟の場合、相場は約6万円。

足場

屋根修理・屋根リフォームは高所で作業していきます。

高所で作業するためには、足場を設置する必要があります。

足場の設置費用も差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームにかかる費用のひとつ。

12mの棟の場合、相場は約15万円です。

養生

養生は水や塗料で住宅を保護しつつ、周辺が汚れないようにするために行う工程。

ビニールシートやメッシュシートで住宅を覆います。

水や塗料が隣の家に飛び散ると、大きなトラブルに発展するかもしれません。

12mの棟の場合、相場は約4万円です。

諸経費

屋根修理・屋根リフォームを行う際、諸経費が発生します。

諸経費は差し棟の施工業者の経費。

経営を続けていくために用いられます。

諸経費の相場は屋根修理・屋根リフォームにかかる費用の約10%です。

広告費や営業費などをかけている差し棟の施工業者に依頼した場合、諸経費が約20%以上になるかもしれません。

12mの棟の場合、相場は約3万円です。

差し棟の費用に関わるポイント

差し棟の費用は一体どのようなポイントで差が生じるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

住宅によって、費用に大きな差が生じます。

差し棟の費用に関わる主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・屋根の面積

・勾配

・色

ここでは、差し棟の費用に関わる各ポイントについて触れていくので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

屋根の面積

屋根の面積が広ければ広い程、差し棟の施工にかかる費用が高くなります。

大規模な屋根修理・屋根リフォームを予定している方が多いのではないでしょうか?

勾配

住宅により、屋根の勾配に差が生じます。

勾配が急になると、差し棟の施工にかかる費用が高くなるので注意が必要。

人によっては屋根の色を変え、住宅の雰囲気を大きく変えたいと感じているのではないでしょうか?

差し棟の色によって、費用が変わってくる場合があります。

差し棟の施工にかかる費用に関する悩みを解決するためのポイント

差し棟の施工にかかる費用を少しでも抑えたいなど、費用に関する悩みを抱えている方も一定数います。

家族の安全や家具などを守るためにも、費用に関する悩みを解決するのが大事。

ここでは、費用に関する悩みを解決するためのポイントについて紹介します。

外壁リフォームを同時に行う

屋根修理・屋根リフォームと同時に外壁リフォームを行えば、足場の設置にかかる費用を抑えられます。

外壁リフォームも高所での作業を行うため、足場が必要。 住宅のメンテナンスを行う際、いかに費用を抑えるかを意識しましょう。

火災保険を利用できるかチェックする

台風などの自然災害が原因で差し棟などが破損した場合、火災保険が利用できるかもしれません。

補償される条件は保険会社によって異なります。

火災保険で屋根修理・屋根リフォームの費用を賄いたいと感じている方は保険会社に一度相談してはいかがでしょうか?

差し棟の施工業者を選ぶ際のポイント

差し棟の施工業者はいくつも存在しており、数ある中から信頼できる一社に絞れるかが重要。

屋根修理・屋根リフォームの経験が少なく、どの業者が良いか分からないなどの悩みを感じている方も多いかもしれません。

最後に、差し棟の施工業者を選ぶ際、一体どのようなポイントをチェックすれば良いかについて解説します。

過去の施工実績

過去の施工実績から差し棟の施工に慣れているかどうか判断するのが大事。

施工内容だけでなく、工期や費用、口コミの内容を踏まえ、相談するかどうか判断してください。

見積書が分かりやすいか

見積書に一体どのような内容が記載されているかが依頼するかどうかの決め手。

使用する部材や施工内容、費用の内訳など、分からない部分があった場合は業者に質問することをおすすめします。

差し棟などに関する疑問を解消することがトラブルを避けるポイントです。

屋根を細かく点検するか

雨漏りなどの原因を正確に把握するためには、屋根を細かく点検するのが大事。

差し棟の施工業者が屋根をどのように点検するかを踏まえ、相談・契約を進めていくことになります。

点検時にドローンを用いるケースも存在します。

保証内容

差し棟の施工後も屋根の不具合に対応していくのが重要。

年数と共に屋根や外壁などが劣化していきます。

どのような保証内容を用意しているかを把握した上で相談することをおすすめします。

まとめ

差し棟の施工は屋根の面積などにより、費用が変わってくるので注意してください。

足場や養生、諸経費によっては想像以上の費用になるかもしれません。

屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は業者に住宅に関する悩みを一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

ダイワハウスにお住いの方必見!【秦野市】でLIXIL Tルーフカバー工法が完了!価格とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【秦野市】でLIXIL Tルーフカバー工法が完了しました。

今回の屋根材はLIXIL Tルーフクラシックです。
成田崇
成田崇

【ダイワハウス】で建てた築20年の建物でした。

もともとは屋根も塗装予定でしたが

高圧洗浄したところ

写真のように真っ白になってしまい、心配になり

屋根のカバーを検討されたそうです。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

天窓も経年劣化が心配でした

天窓の寿命は25年前後と言われいるので

今回はほとんど使っていない天窓は撤去することにしました。

 

 

天窓を撤去しベニヤで塞ぎます。

ルーフィングはカバー工法の定番「タディスセルフカバー」にて

屋根カバー用ルーフィング、タディスセルフってなんですか?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

天窓撤去後の室内って?!

天窓撤去後は化粧ベニヤを貼ります。

仕上がりはこんな感じです。

さて今回の【秦野市】で使った屋根材、LIXIL のTルーフとは?!

TルーフはLIXILから発売されている屋根材。 鋼板と天然石が用いられています。

多くの業者がTルーフを取り扱っているので、名前だけでも耳にした方もいるのではないでしょうか?

Tルーフを施工する前はこのような状態でした。

高圧洗浄の影響で白くなっています
成田崇
成田崇

Tルーフの特長

屋根材ごとに特長が異なるので、予算などを踏まえた上で採用するかどうか判断するのが重要です。

これから屋根修理または屋根リフォームを予定している方に向けてTルーフの特長について紹介します。

軽量

軽量なので、住宅に対する負担を軽減できるのがポイント。

専用ビスでTルーフを固定するため、住宅を支えられるのもメリットに挙げられます。

また、瓦が落下するリスクを軽減することができます。

屋根が軽いと、揺れにくくなるので、自然災害のリスクが心配な方は屋根修理または屋根リフォームにTルーフを用いてはいかがでしょうか?

カバー工法が行いやすい

Tルーフは軽いだけでなく、アスベストなどの有害物質が含まれていないのでカバー工法に適しています。

 

まさしく今回の秦野市の例はカバー工法でした。
成田崇
成田崇

カバー工法は廃材が少ないため、工期を短縮できるのがメリット。

屋根修理または屋根リフォームを少しでも安く抑えたいと感じている方はTルーフを用いたカバー工法を行うかどうか検討することをおすすめします。

優れた耐久性

耐久性に優れているのもTルーフの特長。

美観を10年間保証しているのに加え、30年間の基材保証があります。

インターロッキング工法による固定

Tルーフは上下の屋根材を連結させるインターロッキング工法を採用しているのも特長のひとつ。

屋根面全体を一体化させることで強風時に剥がれにくくしています。

空気層による暑さ・露対策が可能

Tルーフと下地の間の空気層による遮熱・防露効果も特長に挙げられます。

遮熱性と防露性を高めることにより、野地板や下葺材が劣化しにくくなるのもTルーフのメリット。

雨音が響きにくい

Tルーフに用いられている天然石が雨音を吸収・拡散します。

雨音が響きにくいので、騒音に悩まされにくくなります。

バリエーションが豊富

Tルーフはバリエーションが豊富なので、住宅のテーマ・コンセプトに合わせて色や柄を選択することが可能。

屋根修理または屋根リフォームを成功させるためにも、屋根材のデザインについて関心を持つ子が大切です。

Tルーフのバリエーションは以下の3つが挙げられます。

・TルーフクラシックN

・Tルーフヴェルウッド

・TルーフモダンN

今回はTルーフクラシックです。
成田崇
成田崇

Tルーフの価格

Tルーフの価格は1㎡あたり約8,500円~

30坪の住宅の場合、Tルーフを用いた屋根修理または屋根リフォームにかかる費用は約150万~250万円かかります。

屋根の大きさによって、費用が変わってきます。

屋根修理または屋根リフォームの費用を十分に用意できない場合、補助金を活用することが大事。

補助金を受け取るためには、いくつか条件を満たさないといけません。 自治体や時期によって補助金を受け取る条件が異なります。

Tルーフの注意点

Tルーフを用いて屋根修理または屋根リフォームを進める際、注意しないといけないことがいくつか存在します。

表面にコーティングされた天然石が剥がれやすく、雨樋などに溜まる場合がある点に注意。

時間の経過に伴い、剥がれ落ちなくなります。

また、断熱材と一体化したガルバリウム鋼板に比べると、断熱性が劣る点も意識しましょう。

暑さや寒さ対策を行う際は屋根材の断熱性が重要です。

ダイワハウスにお住まいの方ご相談ください。

屋根修理または屋根リフォームを成功させるためにも、信頼できる業者を見つけてください。

業者選びを行う際はポイントをいくつか押さえる必要があります。 ここでは、業者選びのポイントを紹介します。

Tルーフの扱いに慣れているか

Tルーフの扱いに慣れているかどうかが依頼するかどうかの決め手。

業者によってはTルーフの扱いに慣れていない可能性もゼロではありません。

過去の施工事例などをチェックし、Tルーフを扱った施工を行っているか把握してください。

保証内容が充実しているか

いざという時に備え、保証内容についても押さえておきたいところ。

屋根修理または屋根リフォームが済んだら終わりではなく、その後のアフターフォローも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

見積書の内容

屋根修理または屋根リフォームを進めていく上で見積書の内容が重要。

どのような費用がかかるかを正確に把握した上で業者と契約を結びましょう。

見積書に曖昧な部分がある場合は業者に質問し、疑問を解消してください。

創業年・設立年

気になる業者を見つけたら、創業年・設立年をチェックすることをおすすめします。

業者によっては、長年にわたって屋根修理または屋根リフォームに携わっているかもしれません。

歴史が浅い業者の場合、経営理念などをチェックし、屋根修理または屋根リフォームにどのくらい携わっているかを把握することが大切です。

まとめ

LIXILのTルーフは耐久性や耐震性などに優れた屋根材。

デザインも豊富なので、住宅のテーマやコンセプトに合わせやすいです。

1㎡あたり約8,500円~

屋根の大きさなどを踏まえた上でTルーフを屋根修理または屋根リフォームに用いるかどうか検討することが大切。 屋根材に関する悩みがある方は業者と密に相談し、悩みをひとつひとつ解消してください。

 

 

Tルーフ全国取扱店

お近くの取扱店を探してください
成田崇
成田崇

こちらも併せてごらんください

 

 

 

 

ダイワハウスにお住まいで屋根にお困りの方ご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

差し棟仕様と棟包仕様の違いをわかりやすく解説!初心者向け|平塚・株式会社いらか|屋根専門

差し棟仕様と棟包仕様の違いをわかりやすく解説!初心者向け

成田崇
成田崇
差し棟とは下の写真の部材です。

年数の経過と共に屋根が劣化します。

雨漏りなどの被害が大きくなる前に早めに対処することが大切。

適切な屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのような屋根に仕上げるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回は差し棟仕様と棟包仕様の違いについて説明するので、屋根に関心のある方は一度参考にしてください。

差し棟仕様と棟包仕様の違い

差し棟仕様と棟包仕様は耳にしたことがあるものの、一体どのようなものなのか分からないと感じている方も多いのではないでしょうか?

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを進めていくためにも、それぞれどのようなものなのか押さえておきたいところ。

まずは差し棟仕様と棟包仕様の違いを紹介します。

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方はチェックしてください。

差し棟仕様

差し棟仕様は隅棟の棟板金を個別に差し込むように施工された棟。

棟コーナー仕様と呼ばれることもあります。

成田崇
成田崇
こちらが差し棟です

下地を設けずに棟板金の差し込みを行うのが特徴に挙げられます。

耐風性を向上できるのがポイント。

台風や強風による被害を最小限に抑えたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

棟包仕様

棟包仕様は屋根の天辺に設置されている棟板金。

成田崇
成田崇
こちらが棟板金です

屋根と屋根の面が合わさる三角状の接合部分を覆うことにより、屋根材を固定します。

差し棟仕様と棟包仕様のどちらか一方を選択する際のポイント

屋根修理・屋根リフォームで差し棟仕様と棟包仕様のどちらか一方を選択する際、一体どのような部分がポイントになるか意識しておきたいところ。

多くの方が屋根修理・屋根リフォームの最終的な仕上がりがイメージできていないのではないでしょうか?

ここでは、差し棟仕様と棟包仕様のどちらか一方を選択する際のポイントについて取り上げます。

自然災害による対策に重きを置いているか

思い入れのある住宅に長く住み続けるためには、自然災害を意識するのが大切。

棟包仕様は屋根の天辺に棟板金を設置するので、台風などによる変形などの被害を受けやすいです。

強風による被害を想定しているなら、差し棟仕様を採用した屋根修理・屋根リフォームを進めていくことをおすすめします。

住宅のテーマ・コンセプト

住宅のテーマ・コンセプトも屋根修理・屋根リフォームのポイント。

屋根のデザインが住宅のテーマ・コンセプトに合っているかが重要です。

これから、屋根修理・屋根リフォームを行う際、住宅のテーマ・コンセプトを明確にし、差し棟仕様と棟包仕様のどちらが納得のいくデザインに仕上がるか検討してください。

どのくらいの予算を用意できるのか

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのくらいの予算を用意できるかも意識する必要があります。

差し棟仕様は耐風性を向上できる反面、費用がどうしてもかかってしまいます。

屋根の形状

差し棟仕様と棟包仕様のどちらか一方を選択する際、屋根の形状を意識したいところ。

屋根の形状によっては、差し棟仕様を採用することができません。

屋根修理・屋根リフォームで差し棟仕様を検討している方は注意してください。

差し棟仕様を採用する場合、葺き替え工法で屋根修理・屋根リフォームを進めることをおすすめします。

差し棟仕様と棟包仕様のどちらにするか業者に相談するのが大事

信頼できる業者に一度相談し、差し棟仕様と棟包仕様のどちらにするか決めるのが重要。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためには、住宅に関する十分な知識や技術、経験が求められます。

最後に、業者の選び方について紹介します。

差し棟仕様の施工に関する経験が豊富かどうか

差し棟仕様の施工は技術が求められるので、屋根修理・屋根リフォームを行う際は施工実績をチェックするのが大事。

業者が差し棟仕様の施工の経験が豊富かどうかを踏まえた上で相談を進めてください。

見積書に記載されている内容

屋根修理・屋根リフォームを行う際に業者が作成した見積書に目を通すことになります。

見積書には、使用する部材や施工内容、費用の内訳などが記載されています。

施工内容などについて分からないことがある場合、業者に質問し、悩みを解消するのが大事。

どのような保証が用意されているか

屋根修理・屋根リフォーム後も定期的にメンテナンスを行い、屋根の不具合に対応しましょう。

業者が用意している保証内容をチェックし、相談するかどうか判断してください。

対応エリアはどこか

対応エリアは業者によって異なります。 依頼したい業者を見つけたとしても、対応エリア外の可能性もゼロではありません。

対応エリアの範囲内かどうかを踏まえ、屋根修理・屋根リフォームを進めてください。

業者によっては対応エリア外でも施工を行っているケースも存在します。

まとめ

差し棟仕様は隅棟の棟板金を個別に差し込むように施工しているのに対し、差し棟仕様は隅棟の棟板金を個別に差し込むように施工しています。

耐風性を向上させるかどうかなどを踏まえ、どちらを採用するか検討してください。

屋根について悩みがある方は信頼できる業者に一度悩みを打ち明けてはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、屋根修理・屋根リフォームを行うのが大切です。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

差し棟のメリットとデメリットを徹底比較解析!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

差し棟のメリットとデメリットを徹底比較解析!

成田崇
成田崇
差し棟ってなんでしょうか?

雨漏りなどの被害を最小限に抑えるためには、どのような屋根修理・屋根リフォームを行うかが重要になってきます。

人によっては、差し棟を用いるかどうか検討しているのではないでしょうか?

今回は差し棟のメリットとデメリットについて解説します。

差し棟のメリット

差し棟を屋根に用いることで以下のメリットが得られます。

・耐風性を向上できる

・メンテナンスにかかる費用を抑えられる

・スマートな屋根に仕上げられる

成田崇
成田崇
差し棟だと出っ張る部分が少なくすっきり見えます

まずは各メリットについて紹介するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

耐風性を向上できる

耐風性を向上できることが差し棟のメリット。

台風や強風などの際、屋根材などが破損する場合があります。

場合によっては大きなトラブルが発生するかもしれません。

差し棟を用いることにより、屋根材の剥がれや飛散などの被害を最小限に抑えることができます。

メンテナンスにかかる費用を抑えられる

差し棟は棟板金下地を用いることなく、施工できるのもメリットです。

通し棟に比べ、経年劣化による不具合を軽減すること可能。

また、耐候性の優れた差し棟の場合、メンテナンスにかかる費用を抑えられます。

スマートな屋根に仕上げられる

差し棟を用いることでスマートなデザインに仕上げることができます。

屋根は住宅の雰囲気に大きく関わる部位。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、住宅のテーマやコンセプトを明確にし、差し棟が必要かどうか検討する必要があります。

差し棟のデメリット

差し棟を用いることでメリットだけでなく、デメリットも発生します。 主なデメリットは以下の通り。

・費用が高くなる場合がある

・経年劣化に伴って騒音が発生しやすくなる

・屋根の形状によっては施工できない

ここでは、差し棟のデメリットについて触れていきます。

費用が高くなる場合がある

差し棟を用いることで屋根修理・屋根リフォームにかかる費用が高くなりやすい点に注意する必要があります。

人によっては十分な予算を用意できないなどの悩みを抱えているのではないでしょうか?

成田崇
成田崇
各社、差し棟の方が高い傾向にあるようです

納得のいく施工を行うためには、費用に関する悩みを解消するのが大事。

経年劣化に伴って騒音が発生しやすくなる

経年劣化により、差し棟板金の固定が弱くなります。

結果、風の煽りで差し棟板金が屋根材に当たり、騒音が発生します。

騒音の有無で過ごしやすさが変わってくるので、定期的に屋根のメンテナンスを行うのが重要。

屋根の形状によっては施工できない

屋根の形状によっては差し棟を用いた施工ができません。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、屋根の形状を把握する必要があります。

屋根だけでなく外壁の状態をチェックするのが大事

屋根修理・屋根リフォームを行う際、外壁の状態に問題ないかチェックしておくことをおすすめします。

屋根修理・屋根リフォームと同時に外壁塗装の施工を行えば、足場の設置費用を抑えることが可能。

屋根だけでなく、外壁なども劣化しているかもしれません。

予算内で納得のいく屋根修理・屋根リフォームができるかどうかが重要になってきます。

差し棟の施工について信頼できる業者に相談するのが大事

差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームを一体どこの業者に依頼すれば良いか分からないと感じている方が多いのではないでしょうか?

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためにも、信頼できる業者を見つける必要があります。

業者選びを行う際、入念に行うのがポイント。

ここでは、業者の選び方について紹介します。

差し棟の扱いに慣れているか

差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームの経験が豊富かどうかチェックすることをおすすめします。

過去の施工事例から施工内容だけでなく、工期や費用を踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

在籍しているスタッフの知識や技術が優れているか

業者に在籍しているスタッフが一体どのような資格を有しているかも選ぶ決め手。

公式サイトにスタッフのプロフィールを掲載している業者も存在します。

見積書に記載されている内容

トラブルを避けるためには、見積書に一体どのような記載されているかチェックする必要があります。

どのような部材や施工内容、費用の内訳などについて分からないことがある際は業者に一度相談してください。

どのような保証を用意しているか

屋根修理・屋根リフォームの後も定期的に住宅のメンテナンスを行うことが大切です。

業者が用意している保証内容をチェックし、相談するかどうか判断したいところ。

まとめ

差し棟を用いることで耐風性を向上できる反面、費用がかかってしまう点に注意する必要があります。

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためには、台風や強風による被害を想定することをおすすめします。

信頼できる業者に住宅に関する悩みを一度相談してはいかがでしょうか? 場合によっては思いもよらないアドバイスを頂けるかもしれません。

 

屋根リフォームや屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

差し棟の基礎知識と施工法を徹底解説!最新情報満載!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

差し棟の基礎知識と施工法を徹底解説!最新情報満載!

成田崇
成田崇
差し棟とはなんでしょうか?

雨漏りなどによる被害を最小限にするためには、屋根修理・屋根リフォームが重要です。

屋根は雨水や紫外線などにより、常に晒され続けています。

近いうち、屋根修理・屋根リフォームを予定している方も多いのではないでしょうか?

今回は差し棟の基礎知識と施工法について紹介するので、一度参考にしてください。

差し棟とは

差し棟は棟の繋ぎ目を隠す物。

隅棟の棟板金が個別に差し込むようにして施工されています。

成田崇
成田崇
これが差し棟です

差し棟仕様・棟コーナー仕様と呼ばれることもあります。

人によっては差し棟よりも差し棟仕様・棟コーナー仕様の方が聞き馴染みがあると感じている方も多いのではないでしょうか?

差し棟の施工法

差し棟の施工方法は屋根材1枚1枚に棟板金の鉄板を差し込むだけ。

棟下地が必要ありません。

屋根材をズレなく施工します。

勾配の一番下から順に施工していくのが基本。

成田崇
成田崇
仕上がるとこのような感じになります

ひとつ上の段でビス止めを行った後、ビス止めを行った段に差し棟を差し込みます。

差し棟の差し込みとビス止めを繰り返し、棟を形成します。

差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームを行う際のポイント

差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのようなポイントを押さえる必要があるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・自然災害による被害を意識する

・差し棟を再利用できるかどうか

・住宅のテーマ

・コンセプトを明確にする

・どのくらいの費用がかかるか

・外壁に問題はないか

納得のいく施工を行うためには、考えないといけないことが数多く存在します。

ここでは、差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームを行う際のポイントについて説明するので、気になる方は参考にしてください。

自然災害による被害を意識する

台風や地震などの自然災害による被害を意識しながら、屋根修理・屋根リフォームを進めていくことが大切。

差し棟を用いるかどうかはもちろん、屋根材の材質や重量などをチェックすることをおすすめします。

屋根材が軽ければ軽い程、地震で揺れにくくなるため、耐震性を高めることができます。

差し棟を再利用できるかどうか

屋根修理・屋根リフォームを行う際、差し棟を再利用できるかどうかも重要。

屋根の状態によっては落下した差し棟を再び差し込むことができるかもしれません。

住宅によっては差し棟を固定している場合もあります。

住宅のテーマ・コンセプトを明確にする

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためには、住宅のテーマ・コンセプトを明確にすることも求められます。

住宅のテーマ・コンセプトにより、屋根修理・屋根リフォームのプランが大きく変わってくるため、注意が必要。

家族や業者と相談し、どのような方向で施工を進めていくか決めましょう。

家族によって住宅に対するこだわりが大きく異なるかもしれません。

どのくらいの費用がかかるか

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのくらいの予算を用意できるかも重要。

差し棟を用いる場合、どうしても費用がかかってしまいます。

屋根修理・屋根リフォームの費用を十分賄えるかどうか踏まえた上でプランを決めましょう。

予算に関する悩みを解消する際、火災保険で屋根修理・屋根リフォームができるかどうかも意識しておきたいところ。

補償される条件を満たしている場合、火災保険を利用できます。

外壁に問題はないか

屋根だけでなく、外壁に問題がないかもチェックするのが大切です。

住宅によっては外壁や天窓なども著しく劣化しているかもしれません。

屋根修理・屋根リフォームと同時に外壁塗装を行うケースも存在します。

外壁塗装と同時に行うことにより、足場の設置費用を抑えることができます。

屋根だけでなく、住宅全体の状態に気を配り、どのような施工が必要なのかどうかを整理することが思い入れのある住宅に住み続けるためのポイント。

差し棟の施工を行う業者の選び方

差し棟の施工を行う場合、信頼できる業者に依頼する必要があります。

数ある業者の中から1社に絞れないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

トラブルを避けるためには、情報収集が大切です。

ここでは、差し棟の施工を行う業者の選び方について紹介します。

差し棟の施工に慣れているか

業者を選ぶ際、差し棟の施工に慣れているかどうかが重要。

過去の施工事例をチェックし、どのように差し棟の施工を行っているかを把握しましょう。

どのようなスタッフが在籍しているか

在籍しているスタッフの知識や技術、経験が豊富かどうかも選ぶ決め手に挙げられます。

業者によっては、屋根修理・屋根リフォームに関する資格を有するスタッフが在籍している可能性があります。

業者の公式サイトでスタッフのプロフィールを一度チェックしてはいかがでしょうか?

細かく点検するか

雨漏りなどの問題を解決するためには、屋根の状態を細かく点検するかも決め手。

ドローンを用いて点検する業者も存在します。

見積書が分かりやすいか

見積書に一体どのような内容が記載されているかも業者選びのポイントに挙げられます。

使用する部材や施工内容、費用の内訳などをチェックし、契約を進めましょう。

見積書の内容で分からないことがあれば、業者に質問してください。

保証内容が充実しているか

屋根修理・屋根リフォームの後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消するのも大事。

業者の保証内容が充実しているかどうかを踏まえ、相談するかどうか判断することをおすすめします。

まとめ

差し棟は棟の繋ぎ目を隠すために用いられます。

屋根は住宅の雰囲気に関わる重要な部位。

差し棟の有無で住宅の雰囲気が変わります。

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は信頼できる業者に相談してください。

 

屋根修理や屋根リフォームご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【町田市】でLIXIL Tルーフヴェルウッドのカバー工法が完了、その特長と価格とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【町田市】でLIXIL Tルーフヴェルウッドのカバー工法が完了しました。

今回は屋根のカバー工法なので

先ずは既存屋根に防水シート(ルーフィング)を貼ります。

 

ルーフィングはタディスセルフカバーです。

屋根カバー用ルーフィング、タディスセルフってなんですか?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

このように全面に防水シート(ルーフィング)を貼り

屋根の雨仕舞を行います。

防水シートが張終わったら

次は屋根材(LIXIL Tルーフ ヴェルウッド)を貼ります。

成田崇
成田崇
防水シートが屋根防水の要なんです。

LIXIL Tルーフ ヴェルウッドのブラウン色です。

LIXIL のTルーフとは

TルーフはLIXILから発売されている屋根材。 鋼板と天然石が用いられています。

多くの業者がTルーフを取り扱っているので、名前だけでも耳にした方もいるのではないでしょうか?

最強の屋根材!LIXIL【 Tルーフ】のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

Tルーフの特長

屋根材ごとに特長が異なるので、予算などを踏まえた上で採用するかどうか判断するのが重要です。

これから屋根修理または屋根リフォームを予定している方に向けてTルーフの特長について紹介します。

軽量

軽量なので、住宅に対する負担を軽減できるのがポイント。

専用ビスでTルーフを固定するため、住宅を支えられるのもメリットに挙げられます。

また、瓦が落下するリスクを軽減することができます。

屋根が軽いと、揺れにくくなるので、自然災害のリスクが心配な方は屋根修理または屋根リフォームにTルーフを用いてはいかがでしょうか?

カバー工法が行いやすい

Tルーフは軽いだけでなく、アスベストなどの有害物質が含まれていないので今回の【町田市】のようにカバー工法に適しています。

カバー工法は廃材が少ないため、工期を短縮できるのがメリット。

屋根修理または屋根リフォームを少しでも安く抑えたいと感じている方はTルーフを用いたカバー工法を行うかどうか検討することをおすすめします。

優れた耐久性

耐久性に優れているのもTルーフの特長。

美観を10年間保証しているのに加え、30年間の基材保証があります。

インターロッキング工法による固定

Tルーフは上下の屋根材を連結させるインターロッキング工法を採用しているのも特長のひとつ。

屋根面全体を一体化させることで強風時に剥がれにくくしています。

空気層による暑さ・露対策が可能

Tルーフと下地の間の空気層による遮熱・防露効果も特長に挙げられます。

遮熱性と防露性を高めることにより、野地板や下葺材が劣化しにくくなるのもTルーフのメリット。

雨音が響きにくい

Tルーフに用いられている天然石が雨音を吸収・拡散します。

雨音が響きにくいので、騒音に悩まされにくくなります。

バリエーションが豊富

Tルーフはバリエーションが豊富なので、住宅のテーマ・コンセプトに合わせて色や柄を選択することが可能。

屋根修理または屋根リフォームを成功させるためにも、屋根材のデザインについて関心を持つ子が大切です。

Tルーフのバリエーションは以下の3つが挙げられます。

・TルーフクラシックN

・Tルーフヴェルウッド

・TルーフモダンN

成田崇
成田崇
今回はTルーフのヴェルウッドを採用しました。

Tルーフの価格

Tルーフの価格は1㎡あたり約8,500円~

30坪の住宅の場合、Tルーフを用いた屋根修理または屋根リフォームにかかる費用は約150万~250万円かかります。

屋根の大きさによって、費用が変わってきます。

屋根修理または屋根リフォームの費用を十分に用意できない場合、補助金を活用することが大事。

補助金を受け取るためには、いくつか条件を満たさないといけません。 自治体や時期によって補助金を受け取る条件が異なります。

Tルーフの注意点

Tルーフを用いて屋根修理または屋根リフォームを進める際、注意しないといけないことがいくつか存在します。

表面にコーティングされた天然石が剥がれやすく、雨樋などに溜まる場合がある点に注意。

時間の経過に伴い、剥がれ落ちなくなります。

また、断熱材と一体化したガルバリウム鋼板に比べると、断熱性が劣る点も意識しましょう。

暑さや寒さ対策を行う際は屋根材の断熱性が重要です。

屋根修理または屋根リフォームは信頼できる業者に依頼するのが重要

屋根修理または屋根リフォームを成功させるためにも、信頼できる業者を見つけてください。

業者選びを行う際はポイントをいくつか押さえる必要があります。 ここでは、業者選びのポイントを紹介します。

Tルーフの扱いに慣れているか

Tルーフの扱いに慣れているかどうかが依頼するかどうかの決め手。

業者によってはTルーフの扱いに慣れていない可能性もゼロではありません。

過去の施工事例などをチェックし、Tルーフを扱った施工を行っているか把握してください。

保証内容が充実しているか

いざという時に備え、保証内容についても押さえておきたいところ。

屋根修理または屋根リフォームが済んだら終わりではなく、その後のアフターフォローも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

まとめ

【町田市】でTルーフ ヴェルウッドのカバー工法工事が完了しました。

LIXILのTルーフは耐久性や耐震性などに優れた屋根材。

デザインも豊富なので、住宅のテーマやコンセプトに合わせやすいです。

1㎡あたり約8,500円~

屋根の大きさなどを踏まえた上でTルーフを屋根修理または屋根リフォームに用いるかどうか検討することが大切。 屋根材に関する悩みがある方は業者と密に相談し、悩みをひとつひとつ解消してください。

 

 

Tルーフ全国取扱店

お近くの取扱店を探してください
成田崇
成田崇

こちらも併せてごらんください

 

 

 

 

LIXIL Tルーフや屋根カバー工法のご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

屋根修理DIYの決定版!リコロニーの特長3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根修理DIYの決定版、リコロニーの特長3選!

成田崇
成田崇
かんたんに屋根修理DIY出来る屋根材の紹介です。

屋根修理DIYの決定版それがケイミューが製造・販売しているリコロニー。

廃材を処分するための費用を少しでも抑えるためにカバー工法を検討している方も多いのではないでしょうか?

今回は、屋根修理や屋根リフォームを検討している方に向けてリコロニーの特長3選を紹介します。

リコロニーの特長3選

屋根材によって、それぞれ違った特長があります。

リコロニーの主な特長は以下の3つ。

・雨水による被害を意識した構造

・台風や強風による被害を意識

・2色の色を用意

早速ですが、各特長について説明します。

屋根修理や屋根リフォームに関心のある方は一度参考にしてください。

雨水による被害を意識した構造

既存の屋根材の上にリコロニーを貼り付けることにより、雨水の侵入を防ぎます。

釘穴の手前で縁を切っているので、雨水が止まります。

また、横継ぎ目をカバーすることで防水性を高めているのもポイント。

既存の屋根材と接着した状態にしているため、雨音が大きくならないようにしています。

水抜き孔を4ヵ所用意することで排水性を高めているのも特長に挙げられます。

雨漏りによる被害を最小限にするためには、雨水が溜まらないようにするのが重要。

台風や強風による被害を意識

接着剤を用いて既存の屋根材に固定し、強風対策を行っているのもリコロニーの特長です。

既存の屋根材3枚と繋ぐことで横長に一体化。

2色の色を用意

リコロニーは金属ならではの質感を演出できるだけでなく、ブラックとブラウンの計2色を用意しています。

住宅のテーマやコンセプトに合わせて、どちらかを選択することができます。

スレート屋根修理をリコロニーでDIYするには?!

まずはこちらで必要な道具を揃えてください。

屋根はとても危険な場所ですので自己責任でお願いします。

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

あとはこちらの動画も参考にして下さい。

仕上がりはこのような感じになります。

 

リコロニーなどの屋根材を選ぶ際のポイント

リコロニーなどの屋根材を選ぶ際、一体何をチェックすれば良いか気になっている方も多いのではないでしょうか?

同じ住宅に長期間住み続けるためにも、ポイントを何点か押さえておきたいところ。

選ぶポイントとして、以下のものが挙げられます。

・材質

・施工の仕方

・重量

・デザイン

・費用

・対応勾配

屋根材は数多く存在するため、納得のいく物を用いて屋根修理や屋根リフォームを行ってください。

ここでは、屋根材の選び方について説明します。

材質

屋根材によって材質が異なります。

成田崇
成田崇
リコロニーはガルバリウム鋼板で出来ています。

メンテナンスの手間を踏まえ、耐用年数は一体何年かチェックするのが大事。

施工の仕方

どのような方法で施工するかも選ぶポイントに挙げられます。

雨漏りや台風対策などを行っているかどうかを踏まえ、屋根修理や屋根リフォームを進めてください。

重量

屋根材の重量も選ぶ決め手です。

屋根材が軽ければ軽い程、地震の際に揺れにくくなります。

デザイン

屋根材の色やデザインをチェックし、住宅のテーマやコンセプトに合っているかどうかも意識したいところ。

屋根によって住宅の印象が変わってきます。

景観を損なわないよう、屋根修理や屋根リフォームを進めていくことが重要です。

費用

屋根材の費用が一体どのくらいかも選ぶポイント。

屋根修理や屋根リフォームにかけられる予算は一体どのくらいかを踏まえ、施工を進めていく必要があります。

対応勾配

対応勾配によって、使用できる屋根材が変わってきます。

気になる屋根材を見つけた際は対応勾配をチェックし、屋根修理や屋根リフォームに用いられるかどうか判断してください。

屋根の状態によっては葺き替え工法を行う必要がある

屋根の状態によってはカバー工法では対応できない可能性があります。

著しく劣化している場合、葺き替え工法を用いて屋根修理や屋根リフォームを行うことになるかもしれません。

屋根材に関する疑問を解消するなら業者に相談するのが大事

リコロニーを用いた屋根修理や屋根リフォームを一体どこに依頼すれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためにも、信頼できる業者に相談することが重要です。

最後に、業者の選び方について紹介します。

リコロニーの扱いに慣れているか

公式サイトで一体どの屋根材を用いているかチェックし、依頼するかどうか判断してください。

施工事例で施工の内容・工期・費用などを把握することができます。

見積書が細かく記載されているか

見積書の内容も業者選びのポイントに挙げられます。

使用する屋根材や塗料はもちろん、施工の内容や費用などが分かりやすく記載されているかどうかを踏まえ、契約を進めましょう。

業者によっては見積書の内容が分かりにくい可能性もあるので、注意したいところ。

保証内容が充実しているかどうか

屋根修理や屋根リフォームが済んだ後も定期的にメンテナンスを行い、雨漏りなどの対策を行うことが重要です。

一体どのような保証を用意しているかをチェックした上で相談することをおすすめします。

まとめ

リコロニーは雨漏りや台風による被害を想定して作られた屋根材。

屋根材によって、それぞれ違った特長があります。 リコロニーはカバー工法に適しているので、葺き替え工法を用いて屋根修理や屋根リフォームを行おうとしている方は注意が必要です。

大切な住宅を守るためにも、信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

業者からのアドバイスを踏まえた上で屋根修理や屋根リフォームを行ってください。

 

屋根修理DIYやリコロニーのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根修理をDIYするには?!リコロニーを使った屋根修理|平塚・株式会社いらか|屋根専門

リコロニーってどんな屋根材?!

成田崇
成田崇
スレート屋根を簡易補修するのにぴったりな屋根材です。

屋根材により、住宅の印象が大きく変わります。

メリット・デメリットを踏まえ、屋根修理や屋根リフォームを進めていくことが重要です。

今回はリコロニーとは一体どのような屋根材なのかについて解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

リコロニーとはどのような屋根材なのか

リコロニーはケイミューが製造・販売しているリフォーム専用屋根材。

既存の屋根材の上からカバー工法で施工します。

仕様は以下の通りです。

・一般名称:鋼板製屋根

・適用地域:一般施工地域

・積雪施工地域

・材質:塗装GLメッキ鋼板

・働き寸法:1,820mm×182mm

・見かけ木口厚さ:約11mm

・重量:約1.4kg

・厚さ:0.35mm

・対応勾配:3寸以上

・本体価格:2,728円/枚

リコロニーを使ったスレート屋根修理とは?!

割れたスレート屋根にカバーするだけなので

スレート屋根材を交換する必要がありません。

成田崇
成田崇
スレート屋根の一部だけカバーすることが出来ます。

こちらの動画も参考にしてみてください

リコロニーのメリット

リコロニーのメリットを踏まえた上で屋根修理や屋根リフォームを進めることが重要。

主なメリットは以下の通りです。

・雨水の侵入を防ぐ設計

・雨音が大きくなるのを抑える

・強風対策に適している

・優れた遮熱性

・飛来物対策に適している 屋根材選びに悩まされている方のために各メリットについて説明するので、気になる方は参考にしてください。

雨水の侵入を防ぐ設計

リコロニーは釘穴の手前で縁を切ることにより、雨水が奥に侵入するのを抑えます。

既存の屋根材の横継ぎ目をカバー。

雨音が大きくなるのを抑える

既存の屋根材と接着した状態になるため、雨音が大きくなるのを抑えるのもメリットに挙げられます。

雨音で仕事や家事が集中できないなどの悩みを感じている方が多いのではないでしょうか?

屋根修理や屋根リフォームを進める際、雨音対策をどのように行うか意識することが大切です。

強風対策に適している

リコロニーは接着剤で既存の屋根材に固定するので、強風対策に適している点もメリット。

塗布される接着剤は既存の屋根材が持つ耐風性能値の約20倍相当を発現するので、台風などの対策を行いたい方は一度チェックしてください。

優れた遮熱性

JIS規格の遮熱鋼板を採用し、屋根の温度が上昇するのを抑える点もメリットに挙げられます。

快適な空間づくりを行うためには、暑さ対策が重要になってきます。

飛来物対策に適している

既存の屋根材を包み込み、飛来物や雹の対策が行えるのもリコロニーのメリット。

何かしらの飛来物で屋根材が破損する可能性もゼロではありません。

屋根修理や屋根リフォームを進める際は飛来物による被害も想定することが大切です。

リコロニーのデメリット

リコロニーには、メリットだけでなく、デメリットも存在します。

デメリットを踏まえた上で屋根修理や屋根リフォームを進めましょう。

主なデメリットは以下の通り。

・カラーバリエーションが少ない

・防水性の改善ができない

・下地の状態を把握できない

ここでは、各デメリットについて紹介するので、近いうちに屋根修理や屋根リフォームを予定している方は一度チェックしてください。

カラーバリエーションが少ない

リコロニーのカラーバリエーションはブラック・ブラウンの計2色です。

屋根修理や屋根リフォームのテーマやコンセプトに合った色ではない可能性があるので注意したいところ。

どのようなカラーバリエーションがあるかも屋根材選びのポイントに挙げられます。

防水性の改善ができない

新たな防水シートを張るわけではないため、防水性の改善ができない点もリコロニーのデメリットです。

下地の状態を把握できない

カバー工法で施工を進める関係上、下地がどのくらい劣化しているかを把握できない点も注意してください。

リコロニーを用いた屋根修理は業者に相談するのが大事

リコロニーを用いて屋根修理や屋根リフォームを予定している方も多いのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためにも、信頼できる業者に依頼するのが大事。

最後に、業者の選び方について解説します。

業者の施工実績

まずは業者の施工実績をチェックし、依頼するかどうか判断してください。

屋根修理や屋根リフォームのノウハウが豊富な業者に相談したいと考えている方が多いのではないでしょうか?

屋根の点検を細かく行うか

雨漏りなどの対策を行うためにも、屋根の点検を細かく行う業者に依頼することをおすすめします。

業者によっては、ドローンを用いて点検を行う場合もあります。

見積書の内容が分かりやすいか

見積書の内容が分かりやすいかどうかも選ぶ決め手。

どのような屋根材や塗料を用いるかだけでなく、施工の内容や費用の内訳などもチェックした上で依頼するのが大切です。

見積書で分からないことがあれば、業者に質問し、疑問を解消してください。

また、見積書に記載されている費用が相場よりも極端に安くないか注意したいところ。

費用だけで判断すると、後でトラブルが発生するかもしれません。

進捗状況を把握できるか

進捗状況を報告するかどうかも業者選びのポイントです。

屋根修理や屋根リフォームがどこまで進んでいるかを把握したい方も多いのではないでしょうか?

どのような保証が用意されているか

業者が用意している保証内容を把握した上で相談を進めてください。

住宅を守るためにも、屋根修理や屋根リフォーム後のアフターフォローも重要になってきます。

まとめ

リコロニーはケイミューが製造している屋根材。

カバー工法に適しており、雨水の侵入を防ぐだけでなく、雨音や温度の上昇を軽減します。

ケイミューを用いた屋根修理や屋根リフォームをこれから行う際、信頼できる業者に一度相談し、屋根材などに関する疑問を解消してください。

 

屋根修理やリコロニーのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

ディプロマットスターのメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

ディプロマットスターのメリット・デメリットって?!

成田崇
成田崇
どんな屋根材にもメリット・デメリットが存在します。

屋根材はそれぞれ違った特徴が存在します。

屋根修理や屋根リフォームを行う際、屋根材のメリット・デメリットを踏まえた上で一体どの屋根材を用いるかが重要。

今回はディプロマットスターのメリット・デメリットについて解説するので、屋根材に関心のある方は一度参考にしてください。

ディプロマットスターのメリット

ディプロマットスターの主なメリットして、以下のものが挙げられます。

・優れた耐久性

・軽量で耐震性に優れている

・強風に強い

・優れた断熱性

・優れた遮音性

・太陽光発電が行いやすい

・カバー工法に対応

まずは各メリットについて説明します。

優れた耐久性

ディプロマットスターはジンカリウム鋼板が用いられており、耐久性に優れているのがメリット。

屋根材選びのポイントのひとつに耐久性が挙げられます。

成田崇
成田崇
石付屋根材はガルバリウム屋根材よりも強度も耐久性も高いです。

保証年数は30年です。

軽量で耐震性に優れている

地震による被害を最小限に抑えたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

ディプロマットスターは軽量のため、耐震性に優れています。

屋根修理や屋根リフォームを進めていく際、屋根材の重さも意識したいところ。

強風に強い

インターロッキング工法によって強く固定するので、強風で剥がれにくいのもメリットです。

台風による被害を想定して屋根修理や屋根リフォームを進めてください。

優れた断熱性

自然石粒が用いられており、断熱性に優れているのもメリットに挙げられます。

暑さによって過ごしやすさが変わってきます。

優れた遮音性

ディプロマットスターは自然石粒で遮音性を向上させているのも特徴のひとつ。

騒音対策を行い、快適な空間づくりを行うのも屋根修理や屋根リフォームを進める際のポイントです。

太陽光発電が行いやすい

金具を取り付けるだけで太陽光パネルを設置できます。

屋根修理や屋根リフォームを機に、太陽光発電を行おうと考えている方はディプロマットスターを検討してはいかがでしょうか?

カバー工法に対応

カバー工法に用いることができるのもディプロマットスターのメリットに挙げられます。

成田崇
成田崇
ディプロマットスターはカバー工法で使われる場合が多いと思います。

屋根修理や屋根リフォームにかかる費用を少しでも抑えたいと感じている方もいるのではないでしょうか?

カバー工法は廃材を処分する手間を省ける分、葺き替え工法に比べて費用が安いです。

既存の屋根材が著しく劣化している場合、葺き替え工法で屋根修理や屋根リフォームを進める必要があります。

ディプロマットスターのデメリット

ディプロマットスターのメリットだけでなく、デメリットについても把握しておきたいところ。

デメリットを踏まえた上で屋根修理や屋根リフォームに用いるかどうか判断してください。

ディプロマットスターのデメリットは以下の通りです。

・屋根によっては設置できない

・カラーバリエーションに限りがある

・日本ではあまり馴染みが無い屋根材

ここでは、各デメリットについて触れていきます。

屋根によっては設置できない

屋根材を選ぶ際、施工可能範囲をチェックするのが大事。

ディプロマットスターは2.5寸以上の勾配がないと設置できません。

屋根修理や屋根リフォームを予定している方は屋根の勾配を把握した上で屋根材選びを行ってください。

カラーバリエーションに限りがある

カラーバリエーションによっては住宅のテーマ・コンセプトに合わない可能性があります。

色やデザインによって、住宅の雰囲気が変わってきます。

日本ではあまり馴染みが無い屋根材

ディプロマットスターは世界70ヵ国以上で用いられている反面、日本ではあまり馴染みが無い屋根材。

依頼しようと考えている業者がディプロマットスターの扱いに慣れていない可能性がある点に注意してください。

ディプロマットスターを用いた施工について業者に相談するのが大事

メリット・デメリットを踏まえた上で屋根修理や屋根リフォームでディプロマットスターを用いたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためには、信頼できる業者を見つけるのが重要です。

最後に業者の選び方について説明します。

どの屋根材を過去に扱っているか

過去の施工事例は依頼するかどうかの決め手。

業者によってはディプロマットスターの扱いに慣れているかもしれません。

口コミでスタッフの対応について把握しておくのも屋根修理や屋根リフォームを成功させるポイントです。

どのようなスタッフが在籍しているか

屋根修理や屋根リフォームに慣れているスタッフが施工するかどうかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

気になる業者を見つけたら、スタッフがどのような資格を取得しているかなどをチェックした上で相談・契約を進めてください。

見積書の内容

見積書の内容も業者選びのポイントです。

施工の内容はもちろん、使用する部材や費用の内訳などをチェックし、依頼するかどうか判断しましょう。

進捗状況を行うかどうか

施工がどこまで進んでいるか把握したい方も多いのではないでしょうか?

進捗状況を報告するかも業者選びの決め手。

業者に施工に関する疑問を質問し、分からない部分をそのままにしないことがトラブルを避ける上で重要です。

まとめ

ディプロマットスターは耐久性が優れているなどのメリットがある反面、2.5寸以上の勾配がないと設置できないなどのデメリットが存在します。

1つ1つの屋根材を細かくチェックし、納得のいく屋根修理や屋根リフォームを進めてください。

 

 

屋根カバー工法やディプロマットスターのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

ディプロマットスターの特長3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

ディプロマットスターの特長3選!

成田崇
成田崇
屋根カバー工法でお勧めされることの多い屋根材、ディプロマットスターの特徴についてです。

株式会社ディートレーディングが輸入・販売しているディプロマットスターは世界70ヵ国以上で用いられている屋根材です。

初めて知った方方も多いのではないでしょうか?

納得のいく屋根修理や屋根リフォームを進める際、屋根材の特長を押さえるのがポイント。

今回はディプロマットスターの特長3選を紹介するので、屋根材に関心のある方は一度参考にしてください。

ディプロマットスターの特長3選

屋根材によって特長が異なります。

特長を理解し、屋根修理や屋根リフォームに用いるかどうか判断することが納得のいく施工を進めるポイントです。

ディプロマットスターの主な特長は以下の3つ。

・ジンカリウム鋼板を使用

・住宅のテーマやコンセプトに合った色を選択できる

・音と熱を和らげる

早速ですが、各特長について説明します。

ジンカリウム鋼板を使用

ディプロマットスターは軽量かつ耐久性に優れたジンカリウム鋼板を用いているのが特徴に挙げられます。

成田崇
成田崇
多くの石付屋根材は30年保証です。

ジンカリウム鋼板の保証年数は30年。

LIXIL Tルーフシリーズも同様です。

最強の屋根材!LIXIL【 Tルーフ】のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

住宅のテーマやコンセプトに合った色を選択できる

カラーバリエーションがいくつか存在するのもディプロマットスターの特長です。

全4色の中から自分に合った色を選択することができます。

・テラコッタ

・カフェ

・オニキス

・エバーグリーン

明るい色合いからシックな色合いまで揃っているので、気になる方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

音と熱を和らげる

ディプロマットスターに用いられている自然石粒によって音と熱を軽減できるのも特長のひとつ。

騒音や暑さの有無で過ごしやすさが変わってきます。

快適な空間づくりを行っていくためには、屋根材選びが大切です。

雨音などが気になる方はディプロマットスターを一度チェックしてください。

ディプロマットスターを用いるかどうかの判断基準

ディプロマットスターを屋根修理や屋根リフォームで用いるかどうか判断する決め手は一体何か気になっている方も多いのではないでしょうか?

用いるかどうかの判断基準は以下の通り。

・住宅の雰囲気に合っているか

・ディプロマットスターの施工事例

・予算の範囲内か

・外壁も変えたいかどうか

・太陽光発電を行う予定があるかどうか

他の屋根材の特長を押さえ、ディプロマットスターを用いるかどうか判断してください。

ここでは、各判断基準について解説します。

住宅の雰囲気に合っているか

住宅のテーマ・コンセプトを一体どうするかで決まります。

屋根修理や屋根リフォームが必要なのを機に雰囲気を大幅に変えたいと感じているかどうかも重要。

場合によっては大規模な工事が必要になるかもしれません。

ディプロマットスターの施工事例

ディプロマットスターを用いた施工事例をいくつかチェックし、屋根修理や屋根リフォームに用いるかどうか判断してください。

予算の範囲内か

屋根修理や屋根リフォームにかけられる予算は人によって異なります。

予算と相談し、屋根修理や屋根リフォームに用いる屋根材を決めましょう。

外壁にも使用できる

外壁に用いることができます。

屋根だけでなく、外壁修理も必要だと感じている方も一度検討しておきたいところ。

成田崇
成田崇
ディプロマットスターは外壁にも使えるという特徴があります。

外壁は住宅の印象を決める重要な要素のひとつです。

太陽光発電を行う予定があるかどうか

金具を取り付けるだけで太陽光パネルを設置できます。

屋根修理や屋根リフォームを機に、太陽光発電を行うかどうかもディプロマットスターを用いるかどうかの決め手。

信頼できる業者に屋根材について相談するのが重要

ディプロマットスターを用いた屋根修理や屋根リフォームを成功させるためには、信頼できる業者を見つけられるかどうかがポイントになってきます。

情報収集を十分行い、相談・契約を進めていくかどうかの判断が求められます。

最後に、業者を選ぶポイントについて解説するので、一度参考にしてください。

屋根修理や屋根リフォームに長年携わっているか

創業年・設立年から屋根修理や屋根リフォームに長年携わっているかどうか判断することが大事。

業者によっては創業年・設立年が短い場合があるため、経営理念や創業者の言葉・プロフィールもチェックしてください。

創業者や在籍しているスタッフがどのようなキャリアを積んでいるかも選ぶ決め手になります。

どの屋根材の扱いに慣れているか

業者によって扱い慣れている屋根材が変わってきます。

ディプロマットスターの扱いに慣れているかどうかを踏まえ、契約を進めましょう。

分かりやすい見積書を作成するかどうか

見積書の内容も選ぶ決め手です。

施工の内容や費用の内訳、使用する部材などを把握し、契約するかどうか判断するのが大事。

どのような保証が用意されているか

屋根修理や屋根リフォーム後のアフターフォローも同じ住宅に長期間住み続けるポイントです。

業者の保証内容をチェックした上で相談・契約を進めてください。

対応エリアはどこか

対応エリアは業者によって異なります。

場合によっては対応エリア外の可能性も十分考えられます。

まとめ

ディプロマットスターは軽量かつ耐久性に優れているなど、いくつかの特長を持つ屋根材。

住宅のテーマやコンセプトはもちろん、騒音と暑さを少しでも軽減したいかどうかなどを踏まえ、屋根修理や屋根リフォームに用いるかどうか判断してください。

屋根材に関する疑問について業者に一度相談することをおすすめします。

 

屋根カバー工法やディプロマットスターのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

ディプロマットスターってどんな屋根材?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

ディプロマットスターってどんな屋根材?!

成田崇
成田崇
屋根カバー工法で提案されることが多い「石付き屋根材」についてです。

屋根修理や屋根リフォームを検討していく中で初めて耳にする屋根材があると感じている方が多いのではないでしょうか?

各屋根材の特徴を踏まえ、どのような施工を進めていくかが重要になってきます。

今回はディプロマットスターについて解説します。

ディプロマットスターとは

ディプロマットスターは、株式会社ディートレーディングが輸入販売している屋根材。

自然石粒鋼板製屋根材と呼ばれています。

日本だけでなく、70ヵ国以上で用いられた実績を持ちます。

仕様は以下の通り。

・材質:ジンカリウム鋼板0.39mm

・寸法:1350mm×405mm

・働き寸法:1300mm×362mm

・重さ:6kg/㎡

・施工可能範囲:勾配が2.5寸以上

ジンガルバリウム鋼板は錆びに強いのが特徴に挙げられます。

カラーバリエーションはこの4色

ディプロマットスターなどの屋根材選びのポイント

ディプロマットスターなどの屋根材選びを行う際、どのような点を押さえる必要があるか把握するのが大切です。

成田崇
成田崇
同じ石付屋根材で比較されるのがLIXIL Tルーフです。

最強の屋根材!LIXIL【 Tルーフ】のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根材選びのポイントは以下の通り。

・耐久性に優れているか

・重量はどのくらいか

・どのようなデザインか

・暑さや寒さ対策が行えるか

・施工可能範囲がどのくらいか

これから、屋根修理や屋根リフォームを予定している方のために各ポイントについて説明します。

耐久性に優れているか

耐久性に優れているかどうかは屋根材選びのポイント。

材質はもちろん、台風に強いかどうかを踏まえ、屋根修理や屋根リフォームを進めていくことが大切です。

重量はどのくらいか

屋根材によって重量が異なります。

重量が軽ければ軽い程、地震で揺れにくくなるので、地震対策を意識している方は重量も意識しておきたいところ。

どのようなデザインか

屋根材のデザインや色によって、住宅の印象が変わってきます。

納得のいく屋根修理や屋根リフォームを行うためにも、デザインや色も意識することをおすすめします。

暑さや寒さ対策が行えるか

断熱性や遮熱性に優れているかどうかも屋根材選びの決め手。

夏の暑さや冬の寒さにより、過ごしやすさが変わってきます。

快適な空間づくりを行うためにも、屋根材の断熱性や遮熱性も意識することが重要です。

施工可能範囲がどのくらいか

屋根の勾配によって、どの屋根材が用いられるかが変わってくるので注意したいところ。

気になる屋根材を見つけた場合は施工可能範囲をチェックし、屋根修理や屋根リフォームに用いるかどうか判断してください。

ディプロマットスターは一体どのような方に適しているか

ディプロマットスターは一体どのような方に適しているか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主に以下の方がおすすめ。

・長期間にわたって設置できる屋根材を求めている方

・地震や台風による被害をできる限り最小限に抑えたい方

・太陽光発電を予定している方

ここでは、ディプロマットスターが適している方について説明します。

長期間にわたって設置できる屋根材を求めている方

ディプロマットスターの保証期間は30年。

成田崇
成田崇
石付屋根材の多くは30年保証です。

少しでも長く設置し続けたいと感じている方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

地震や台風による被害をできる限り最小限に抑えたい方

ディプロマットスターは軽くて耐震性に優れているだけでなく、インターロッキング工法により強風に耐えられるようになっているのもポイントです。

自然災害による被害を最小限に抑えたいと考えている場合、設置するかどうか一度検討することをおすすめします。

太陽光発電を予定している方

ディプロマットスターは太陽光パネルを設置しやすいのがポイント。

太陽光発電によって光熱費の節約を検討している方は選択肢のひとつに入れてはいかがでしょうか?

ディプロマットスターについて業者に相談するのが重要

ディプロマットスターを用いた屋根修理や屋根リフォームを予定している方は業者に一度相談したいところ。

トラブルを避けるためにも、信頼できる業者を見つけるのが大切です。

最後に、業者選びのポイントについて解説します。

ディプロマットスターの扱いに慣れているか

気になる業者を見つけた際、ディプロマットスターの扱いに慣れているかどうかチェックしてください。

過去の施工事例から、どのような屋根修理や屋根リフォームに携わってきたかを把握することができます。

細部まで点検するか

現地調査を丁寧に行うかどうかも選ぶ決め手。

適切な施工を行うためには、色褪せや塗膜の剥がれ、ひび割れなどが起きているかなどを把握する必要があります。

どのような見積もりを出すか

見積もり内容を踏まえ、契約進めるかどうかの判断が求められます。

業者に見積もり内容について質問し、屋根材などに関する疑問を解消してください。

疑問をそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

アフターフォローが充実しているか

屋根修理や屋根リフォームが済んだら終わりではなく、その後のメンテナンスも重要になってきます。

どのようなアフターフォローを行うかを踏まえた上で依頼するかどうか判断しましょう。

まとめ

ディプロマットスターは錆びに強いジンガルバリウム鋼板が用いられている屋根材。

保証期間が長く、地震や台風の対策が行えます。

屋根材選びなどについて悩みがある方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受けつつ、屋根修理や屋根リフォームを進めるのが大切です。

 

屋根カバー工法やディプロマットスターのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スーパーガルテクトと横暖ルーフの違い3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スーパーガルテクトと横暖ルーフの違い3選!

成田崇
成田崇
今回はよく比較される「スーパーガルテクト」と「横暖ルーフ」についてです

さまざまな屋根材が存在しており、屋根修理や屋根リフォームに一体何を用いるか迷っている方も多いのではないでしょうか?

各屋根材の特徴を比較し、どれを用いるか判断したいところ。

今回は、スーパーガルテクトと横暖ルーフの違いを全部で3つ紹介します。

スーパーガルテクト・横暖ルーフとは一体何か

人によってはスーパーガルテクト・横暖ルーフを初めて知った方もいるのではないでしょうか?

まずは各屋根材について紹介します。

スーパーガルテクト

スーパーガルテクトはアイジー工業株式会社が製造・販売している屋根材。

断熱材と一体になっています。

接合部分にも断熱材を充填することで遮熱性と断熱性を高めているのが特徴に挙げられます。

横暖ルーフ

横暖ルーフはニチハ株式会社が製造・販売している屋根材。

遮熱鋼板と断熱材を一体にすることにより、耐久性と遮熱性を向上しています。

洋風住宅はもちろん、和風住宅に適したデザインです。

成田崇
成田崇
スーパーガルテクトは後発で、断熱材入りの板金屋根の元祖は「横暖ルーフ」です。

スーパーガルテクトと横暖ルーフの違い3選

スーパーガルテクトと横暖ルーフに一体どのような違いがあるか気になっているのではないでしょうか?

主な違いとして、以下の3つが挙げられます。

・表面の加工

・カラーバリエーション

・屋根材の厚み

各違いを押さえた上で屋根修理や屋根リフォームを進めるのが重要。

屋根材選びに悩んでいる方のためにスーパーガルテクトと横暖ルーフの違いについて説明するので、気になる方はチェックしてください。

表面の加工

表面の加工に違いがあります。

スーパーガルテクトはちぢみ塗装を行っているため、ちぢみ模様が見られます。

それに対し、横暖ルーフは表面がほぼ平ら。

屋根材の表面により、住宅の印象が大きく変わってきます。

カラーバリエーション

カラーバリエーションも違いのひとつ。

屋根修理や屋根リフォームを行う際、屋根材の色を意識する必要があります。

ここでは、どのようなカラーバリエーションがあるかについて紹介します。

スーパーガルテクトのカラーバリエーション

スーパーガルテクトのカラーバリエーションは以下の通り。

・Sシェイドブラック

・Sシェイドブラウン

・Sシェイドブルー

・Sシェイドモスグリーン

・Sシェイドチャコール

・Sシェイドワインレッド

コンパクトサイズのスーパーガルテクトCはSシェイドブラックとSシェイドブラウンの計2種類です。

遮熱性フッ素樹脂塗装を採用したスーパーガルテクトフッ素はSFブラック・SFブラックの計2種類存在します。

狭い現場にスーパーガルテクトCを用いることができる反面、スーパーガルテクトに比べてカラーバリエーションが少ない点に注意が必要。

横暖ルーフのカラーバリエーション

横暖ルーフもモデルによってカラーバリエーションが異なります。

屋根修理や屋根リフォームを行う際、どのモデルを用いるか一度検討してください。

横暖ルーフSのカラーバリエーションは以下の通り。

・KブラックS

・KブラウンS

・KグリーンS

南欧風スタイルの横暖ルーフαS窯変のカラーバリエーションとして、以下のものが挙げられます。

・テラコッタS

・ブリックS

・モダンS

接合部分の気密性を高めた横暖ルーフαSのカラーバリエーションは以下の4つです。

・KブラックS

・KブラウンS

・KグリーンS

・KキングロS

横暖ルーフSにはないKキングロSが存在するので、気になる方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

また、横暖ルーフプレミアムSと横暖ルーフαプレミアムSのカラーバリエーションとして、以下の3つが挙げられます。

・FブラックS

・FブラウンS

・FグリーンS

屋根材の厚み

厚みもスーパーガルテクトと横暖ルーフの違い。

スーパーガルテクトの厚みは最大16mmです。

写真は上から
・横暖ルーフαS

・スーパーガルテクト

・横暖ルーフS

です。

それに対し、横暖ルーフはモデルによって異なります。

横暖ルーフの厚みは以下の通り。

・横暖ルーフS:最大12mm

・横暖ルーフαS窯変:最大17mm

・横暖ルーフαS:最大17mm

・横暖ルーフプレミアムS:最大12mm

・横暖ルーフαプレミアムS:17mm

過去の施工事例を踏まえた上でどちらを選択するかがポイント

スーパーガルテクトまたは横暖ルーフのどちらか一方を選択する際、過去の施工事例を一度チェックすることをおすすめします。

どのような仕上がりになるかイメージした上で屋根修理や屋根リフォームを進めることが重要です。

業者に屋根材選びなどのアドバイスを受けるのが大事

スーパーガルテクトまたは横暖ルーフを用いて屋根修理や屋根リフォームを行う際、業者に一度相談しましょう。

適切なアドバイスを受け、屋根材などに関する悩みを解消するのが失敗しないためのポイント。

最後に、業者選びのポイントについて解説するので、屋根修理や屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

スーパーガルテクトまたは横暖ルーフの扱いに慣れているか

気になる業者を見つけたら、スーパーガルテクトまたは横暖ルーフの扱いに慣れているかどうかチェックする必要があります。

過去の施工事例から一体どのような屋根材を用いているかを踏まえ、依頼するかどうか判断したいところ。

見積もりが分かりやすいか

業者を選ぶ決め手のひとつに見積もりが挙げられます。

施工について詳細に記載されているかどうかチェックし、納得いく場合は契約を進めていくことになります。

費用などについて疑問がある場合は業者に質問するのが大事。

細かく点検するか

屋根の状態を細かく点検するかどうかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

雨漏りが屋根から発生している場合、原因がどこにあるかなどを詳しく調べる必要があります。

保証内容が充実しているか

屋根修理や屋根リフォーム後のアフターフォローも重要。

施工してから何ヵ月後に点検を行うかなどを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

まとめ

スーパーガルテクトと横暖ルーフは表面の仕上がりやカラーバリエーション、厚みに違いがあります。

過去の施工事例をチェックするだけでなく、業者から適切なアドバイスを受け、どちらを用いるか判断するのが大事。

これから、屋根修理や屋根リフォームを予定している方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

横暖ルーフやスーパーガルテクトのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スーパーガルテクトのメリット、デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スーパーガルテクトのメリット、デメリットって?!

成田崇
成田崇
屋根カバー工法の定番屋根材「スーパーガルテクト」のご紹介です。

アイジー工業株式会社から発売されているスーパーガルテクトを用いている住宅がいくつも存在します。

屋根修理や屋根リフォームで用いるかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回はスーパーガルテクトのメリット・デメリットについて説明するので、気になる方は参考にしてください。

スーパーガルテクトのメリット

スーパーガルテクトの主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・錆びにくい金属を使用

・長期のメーカー保証が付いている

・断熱性と遮熱性に優れている

・優れた防火性能

・軽量で耐震性に優れている

・豊富なカラーバリエーション

どこが優れているかを踏まえた上で屋根修理や屋根リフォームに取り入れるかどうか検討するのが大事。

まずはスーパーガルテクトの各メリットについて説明します。

錆びにくい金属を使用

スーパーガルテクトには、調光耐久ガルバと呼ばれる錆びにくい金属が用いられています。

金属は錆びてしまうと、耐久性が低下してしまうので、屋根材選びを行う際は錆びにくいかどうか意識したいところ。

長期のメーカー保証が付いている

メッキ量が多いのもスーパーガルテクトの特徴に挙げられます。

以下の保証が付いているのもメリットです。

・塗膜:15年

・赤錆:20年

・穴開き:25年

メーカー保証を踏まえた上で屋根修理や屋根リフォームを進めてください。

断熱性と遮熱性に優れている

断熱材と一体になっているのに加え、遮熱性に優れた塗料が用いられているのもスーパーガルテクトのメリットです。

上は似た屋根材の「横暖ルーフ」端の方には断熱材は入っていません。

こちらがスーパーガルテクト

接合部分にも断熱材が充填されているので、屋根裏に熱が侵入するのを防ぎます。

成田崇
成田崇
とはいえ、横暖ルーフが劣っているかというとそんなことはありません。横暖ルーフは発売から20年以上経過していますが大きな問題は発生していません。

横暖ルーフってなに?横暖ルーフの特長3選って!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

優れた防火性能

スーパーガルテクトに用いられている断熱材は自己消火性があるため、防火性能に優れているのもメリット。

火災による被害を最小限に抑えられるかどうかは屋根材などを選ぶ上で重要です。

軽量で耐震性に優れている

スーパーガルテクトは軽量のため、耐震性に優れています。

重さは屋根材選びにおける決め手のひとつ。

自然災害による被害を最小限に抑えたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

豊富なカラーバリエーション

スーパーガルテクトはカラーバリエーションが豊富なのもメリットに挙げられます。

屋根修理や屋根リフォームを行う際、屋根材のデザインや色も重要になってきます。

自分好みのデザインや色を見つけ、施工を進めてください。

スーパーガルテクトのカラーバリエーションは以下の通り。

・Sシェイドブラック

・Sシェイドブラウン

・Sシェイドブルー

・Sシェイドモスグリーン

・Sシェイドワインレッド

・Sシェイドチャコール

スーパーガルテクトのデメリット

スーパーガルテクトを屋根修理や屋根リフォームで取り入れる際、メリットだけでなく、デメリットも押さえる必要があります。

主なデメリットは以下の通りです。

・費用がかかる

・塗り替えが必要

・勾配が必要

ここでは、スーパーガルテクトのデメリットについて触れていくので、気になる方は参考にしてください。

費用がかかる

スーパーガルテクトは初期費用がかかってしまうため、屋根修理や屋根リフォームを予定している方は注意が必要。

どのくらいの予算を用意できるかを踏まえた上でスーパーガルテクトを用いるかどうか判断しましょう。

塗り替えが必要

色褪せした際、塗り替えが必要なのもデメリットに挙げられます。

環境によって、劣化の進行速度が変わってきます。

成田崇
成田崇
塗り替えが必要と言っても色が褪せても気にならない方には不要です

普段から住宅の状態に気を配るのが大事。

勾配が必要

スーパーガルテクトを用いる際は2.5寸以上の勾配が必要です。

屋根修理や屋根リフォームを進めていく上で屋根の勾配が一体どのくらいか把握しておきたいところ。

勾配によって、流れ長さが変わってきます。

流れ長さは棟から軒先までの距離を指します。

必要になる流れ長さは以下の通り。

・2.5~3.5寸未満:7m以下

・3.5寸以上:20m以下

スーパーガルテクトを用いた屋根修理を行う業者の選び方

スーパーガルテクトを用いた屋根修理や屋根リフォームを行う場合、信頼できる業者に依頼するのが重要です。

気になる業者を見つけたら、情報収集を行い、依頼するかどうか判断してください。

最後に業者の選び方について説明します。

施工実績が豊富か

業者の公式サイトから施工実績をチェックし、依頼するかどうか判断するのが大事。

施工内容はもちろん、工期や費用などを把握することができます。

どのような保証が用意されているか

保証内容も依頼するかどうかの決め手です。

屋根修理や屋根リフォーム後のメンテナンスも重要。

アフターフォローが充実しているかどうかを踏まえ、相談・見積もりを進めてください。

どのような見積書を作成するか

見積書の内容も依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

どのような施工を行うかはもちろん、費用の内訳や使用する部材などをチェックした上で契約を進めるのが大事。

進捗状況を把握できるか

業者によっては進捗状況を報告します。

施工がどのくらい進んでいるか把握したい方もいるのではないでしょうか?

まとめ

スーパーガルテクトには、長期のメーカー保証が付いているなどのメリットが存在します。

カラーバリエーションも豊富なので、屋根リフォームのテーマ・コンセプトに合わせやすいのもポイント。

屋根材などについて気になることがある方は業者に一度相談し、悩みを解消してください。

 

屋根カバー工法やスーパーガルテクトのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

アイジー工業 スーパーガルテクトってどんな屋根材?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スーパーガルテクトってどんな屋根材?!

屋根修理や屋根リフォームを行う際、どの屋根材を用いるかが重要になってきます。

屋根材によって、性能が異なります。 気になる屋根材を見つけたら、どのような特徴があるかチェックしておきたいところ。

今回は、スーパーガルテクトとは一体どのような屋根材なのか解説します。

スーパーガルテクトとは

スーパーガルテクトは、アイジー工業株式会社が製造している屋根材です。

2022年に文部科学大臣表彰を受賞しています。 超高耐久ガルバを使用。

アイジー工業株式会社は山形県東根市を拠点にしている会社です。

金属屋根材だけでなく、建築用断熱外壁材の研究開発・製造・販売にも携わっているのが特徴に挙げられます。

スーパーガルテクトの規格

スーパーガルテクトの規格は以下の通り。

・総幅:310mm

・働き幅:265mm

・重量:5kg/㎡

・厚さ:最大16mm

スーパーガルテクトには一体どのような特徴があるか

屋根材を選ぶ際、どのような特徴があるか押さえておく必要があります。

スーパーガルテクトの主な特徴は以下の通りです。

・断熱材と一体

・ちぢみ塗装を用いている

・優れた耐久性

・コンパクトサイズもラインナップ

ここでは、各特徴について解説するので、屋根修理や屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

断熱材と一体

スーパーガルテクトは屋根材と断熱材を一体にしているのが特徴。

遮熱性と断熱性に優れているため、暑さや寒さ対策を行えます。

成田崇
成田崇
よく似た屋根材「横暖ルーフ」との大きな違いはこちらです

こちらが横暖ルーフS

赤丸の部分に断熱材が無いのが分かります。

ただ横暖ルーフにもいい点はたくさんあります。

下記を参考にしてみてください。

横暖ルーフってなに?横暖ルーフの特長3選って!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

こちらがスーパーガルテクト

最上部まで断熱材が入っています。

これはガルテクトが横暖ルーフよりも後発の商品で改良をしていたことが分かります。

 

ちぢみ塗装を用いている

葺き上がりを引き立てるため、ちぢみ塗装を用いているのもスーパーガルテクトの特徴。

ちぢみ塗装は焼き付け乾燥により、表面にたくさんのシワが寄るようにする塗装です。 独特の感触があります。

成田崇
成田崇
よく見ると表面がざらざらしているのが分かると思います。このざらざらした感じで表目のキズを目立たなくしています。

優れた耐久性

超高耐久ガルバは錆びにくい金属。 アルミニウム・亜鉛・マグネシウムがメッキ層に含まれています。

また、メッキ層の厚さは一般的なガルバリウム鋼板の約1.25倍です。

コンパクトサイズもラインナップ

コンパクトサイズが存在するのも特徴のひとつ。

狭い現場で用いることができます。

スーパーガルテクトを用いるかどうかの決め手

スーパーガルテクトを用いるかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理や屋根リフォームで納得のいく施工を行うためにも、用いるかどうかの決め手を押さえておく必要があります。

ここでは、スーパーガルテクトを用いる決め手について解説します。

勾配が2.5寸以上

スーパーガルテクトは2.5寸以上の勾配で用いる必要があるので、

屋根修理や屋根リフォームを行う際は屋根の勾配を一度チェックするのが大事。

成田崇
成田崇
スーパーガルテクトなどの板金屋根材は緩い勾配で本領発揮できる屋根材です。

場合によっては、勾配が2.5寸を下回っているかもしれません。

積雪地域かどうか

住宅が一体どのような環境にあるかもスーパーガルテクトを用いるかどうかの決め手に挙げられます。

積雪地域では、すが漏れの恐れがあるので注意が必要です。

すが漏れは屋根に雪や氷が積もり、水漏れが起きる現象。

屋根の繋ぎ目から水が浸入すると、木材の腐食などを引き起こします。

地震による被害をできる限り最小限に抑えたいか

スーパーガルテクトはスレート屋根などに比べて軽量なので、揺れにくくなります。

自然災害による被害をいかに最小限に抑えるかが屋根修理や屋根リフォームを行う上で重要。

気になる屋根材を見つけた際は重さを一度チェックしてください。

成田崇
成田崇
スーパーガルテクトは市販されている最軽量の屋根材の一つなので耐振性を気にされている方にはおすすめです

住宅のテーマに合っているか

住宅のテーマやコンセプトに合ったデザインかどうかもスーパーガルテクトを用いる決め手。

成田崇
成田崇
スーパーガルテクトはカラーバリエーションが豊富なもの魅力です

屋根修理や屋根リフォームを成功させるためにも、どのような仕上がりにしたいか一度検討することをおすすめします。

屋根修理や屋根リフォームを行う業者の選び方とは

スーパーガルテクトを用いて屋根修理や屋根リフォームを行う際、信頼できる業者に依頼するのが大事。

屋根修理や屋根リフォームに携わっている業者は数多く存在するので、情報収集を入念に行いましょう。

最後に、業者の選び方について紹介するので、気になる方は一度チェックしてください。

スーパーガルテクトの扱いに慣れているか

公式サイトなどをチェックし、スーパーガルテクトの扱いに慣れているかどうか把握することが大切です。

施工事例から工期や費用などを把握することも可能。

どのようなスタッフが在籍しているか

気になる業者を見つけたら、どのようなスタッフが在籍しているかチェックすることをおすすめします。

取得している資格や創業年、設立年などから屋根修理や屋根リフォームに関する知識や技術があるかどうか判断してください。

見積もり内容が分かりやすいか

見積もり内容から施工の内容や費用、使用する部材などを把握できるかも依頼するかどうかの決め手。

業者に見積もり内容に関する質問を行い、疑問を解消するのも屋根修理や屋根リフォームを成功させるポイントです。

どのような保証があるか

どのようなアフターフォローがあるかも屋根修理や屋根リフォームを行う上で重要になってきます。

業者によって保証内容が異なるため、施工後の生活についても意識したいところ。

まとめ

スーパーガルテクトは断熱材と一体になっているため、遮熱性と断熱性に優れています。

また、軽量なので地震で揺れにくくなるのもメリットに挙げられます。

屋根修理や屋根リフォームでスーパーガルテクトを用いる際、業者がスーパーガルテクトの扱いに慣れているかどうか一度チェックしてください。

 

 

屋根カバー工法やスーパーガルテクトのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町