ブログ

外断熱のメリット・デメリットとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

外断熱のメリット・デメリットとは?!

成田崇
成田崇
屋根や壁に断熱処理する場合は外側にする方が効果が期待できます。

建物内で快適に過ごす場合、暑さや寒さを対策することが大切です。

夏の暑さなどに悩まされているものの、一体どのようなリノベ・リフォームを行えば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

今回は外断熱のメリット・デメリットについて解説します。

外断熱とは

外断熱は木の柱や鉄筋コンクリートなどの外側に断熱材を設ける断熱方法。

それに対し、内断熱は建物の内側に断熱材を入れ、断熱性を向上させる断熱方法です。

リノベ・リフォームを行う際は外断熱と内断熱の違いを理解した上で施工を進めていくことになります。

外断熱のメリット

納得のいくリノベ・リフォームにするためにも、外断熱のメリットについて理解しておくことが大事。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・結露が発生しにくい

・室内が冷えにくい

・光熱費の節約を後押しする

・柱と柱の間を利用しやすくなる

ここでは、外断熱のメリットについて説明するので、気になる方は一度チェックしてください。

結露が発生しにくい

外断熱は防湿性に優れているため、結露が発生しにくくなります。

結露はカビやダニが発生する原因。

日本は高温多湿なので、結露の対策を意識することが大切です。

建物の寿命を少しでも長くするためにも、外断熱を心掛けましょう。

室内が冷えにくい

外断熱を行うことで室内が外気で冷えにくくなります。

冬の寒さに悩まされている場合、外断熱で室内を温かくすることが重要。

光熱費の節約を後押しする

外断熱で室内の温度調整を行うことによって、エアコンの使用頻度や強さを見直せるのもメリットに挙げられます。

結果、光熱費の節約に繋がります。

柱と柱の間を利用しやすくなる

木造・鉄骨造の外張り断熱の場合、室内側の柱と柱の間に棚などを設置できるのもメリット。

収納スペースを室内に用意したいと感じている方も多いのではないでしょうか?

外断熱のデメリット

外断熱はメリットだけでなく、デメリットも存在します。

リノベ・リフォームを行う際はデメリットを踏まえた上で施工を進めていくことが大事。

主なデメリットとして、以下のものが挙げられます。

・施工できる業者とできない業者が存在する

・費用がかかる

・外壁が厚くなる

ここでは、外断熱のデメリットについて触れていきます。

施工できる業者とできない業者が存在する

外断熱の施工ができる業者を見つけなければならないのがデメリット。

汎用工法が確立されていないのが外断熱に対応できない業者が存在する理由に挙げられます。

費用がかかる

リノベ・リフォームの費用が高額になる可能性が高くなるのもデメリットです。

人によっては予算に関する悩みを抱えているのではないでしょうか?

内断熱も検討し、予算に関する悩みを解消してください。

外壁が厚くなる

外断熱を行うと、外壁が厚くなります。

結果、室内が狭くなってしまいます。

複雑な間取りに適していないので、リノベ・リフォームを予定している方は注意してください。

外断熱を行う際は信頼できる業者に依頼することが重要

どの業者にリノベ・リフォームを依頼するか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

できる限り情報収集を行い、信頼できる業者を見つけることが重要。

ここでは、業者の選び方について紹介します。

過去に一体どのようなリノベ・リフォームに携わっているか

気になる業者を見つけたら、公式サイトに掲載されている施工事例をチェックすることが大切です。

写真だけでなく、施工内容や費用などを踏まえた上で依頼するかどうか判断してください。

また、創業年・設立年からリノベ・リフォームに長年携わっているか把握しましょう。

在籍しているスタッフ

業者に在籍しているスタッフの知識や技術が優れているかどうかも選ぶ決め手。

スタッフのプロフィールが公式サイトに掲載されている場合、取得している資格などを細かくチェックすることをおすすめします。

進捗状況を報告するか

進捗状況を知りたい方が多いのではないでしょうか?

施工開始後、進捗状況を報告するかどうかを踏まえ、相談するかどうか検討する必要があります。

見積書に記載されている内容

見積書の内容が分かりやすいかも依頼するかどうかの判断基準。

リノベ・リフォームに関する詳細を細かく記載している業者に依頼することをおすすめします。

費用の内訳などについて分からないことがある場合は業者に質問してください。

どのような保証があるか

リノベ・リフォーム後もメンテナンスを行い、建物の不具合を解消するのが大事。

業者によって保証内容が異なります。

定期点検にいつ訪れるかなどを踏まえた上で相談・契約を進めましょう。

まとめ

外断熱のメリット・デメリットを踏まえ、どのようなリノベ・リフォームを行っていくかが重要になってきます。

予算によっては内断熱も視野に入れることになるかもしれません。

快適な室内で過ごすためにも、暑さや寒さを対策しましょう。

リノベ・リフォームをこれから予定している方は信頼できる業者に一度相談し、適切なアドバイスを頂いてください。

 

屋根遮熱や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

熱中症対策で工場に導入したい設備とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

熱中症対策で工場に導入したい設備とは?!

成田崇
成田崇
年々熱くなる夏に屋根遮熱で対応していきましょう

工場で長時間の作業を行う際、熱中症に注意しなければなりません。

暑さで作業が捗りにくいなどの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

従業員の安全を守るためにも、熱中症対策を行い、自己を回避してください。

今回は熱中症対策で工場に導入したい設備について紹介します。

工場の熱中症対策で導入したい設備

工場の熱中症対策で導入したい主な設備は以下の通り。

・遮熱シート

・断熱材

・スプリンクラー

・業務用エアコン

・大型扇風機

・スポットクーラー

・ビニールカーテン

・ウォータークーラー

暑さを軽減する方法は複数存在します。

早速ですが、各設備の特徴について取り上げます。

遮熱シート

遮熱シートは遮熱性に優れたアルミニウムを用いた設備。

太陽から発せられる輻射熱を反射し、体感温度を上げにくくすることができます。

結果、工場内での熱中症対策に繋がります。

断熱材

断熱材は伝導熱と対流熱を防ぐ役割があるのが特徴。

工場の熱中症対策を行う際、遮熱シートと併用することが大切です。

また、遮熱シートが冷えるのを防ぎ、結露を発生しにくくするのも特徴に挙げられます。

結露はカビが発生する原因なので、工場の衛生管理の一環として断熱材を取り入れてください。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水し、屋根の暑さを軽減する設備。

散水時に発生する気化熱が温度を下げます。

消費電力が少ないのもメリットです。

水道代がかかるのに加え、屋根材によっては錆びや藻が発生する可能性がある点に注意しなければなりません。

スプリンクラーを導入した後も屋根のメンテナンスを定期的に行いましょう。

業務用エアコン

業務用エアコンで工場内全体の温度をコントロールし、暑さや寒さ対策が行えるのがメリット。

注意点は導入する際の費用が高額になってしまう点です。

大型扇風機

大型扇風機は空気を循環させ、熱がこもらないようにします。

天井に設置することにより、設置場所に悩まされにくいのもポイント。

ホコリが舞いやすいので、熱中症対策を進める際は注意してください。

スポットクーラー

スポットクーラーは特定の場所を冷やせる設備。

部分的に冷やしたいと感じている方は導入するかどうか検討することをおすすめします。

種類によっては移動させやすいです。

冷やせる範囲が狭いので、設置場所に配慮しなければなりません。

ビニールカーテン

ビニールカーテンは空気の通り道を作り、冷気を行き渡りやすくします。

加工しやすく、工場に導入しやすいのがメリット。

安価なのもポイントです。

ビニールカーテンによって機能が変わってくるため、気になるビニールカーテンを見つけた際は一体どのような機能があるかチェックしてください。

ウォータークーラー

ウォータークーラーは水道水を直結させて飲料水を作る設備。

従業員に水分補給を促したいと感じている場合、ウォータークーラーを導入するかどうか検討してはいかがでしょうか?

熱中症対策に役立つアイテム

従業員に熱中症対策を徹底させるのも重要です。

ここでは、熱中症対策に役立つアイテムをいくつか紹介します。

空調服

空調服は電動のファンで熱気を外に放出する作業着。

バッテリーを充電することを心掛け、作業中に使えるようにすることが大切です。

熱中症対策を行う際、従業員の服装を一度見直してはいかがでしょうか?

冷却タオル

冷却タオルは冷却素材を用いたタオル。

作業中も涼しさを感じやすくなります。

工場の熱中症対策を業者に相談することが大事

工場の熱中症対策に悩まされている場合、業者に相談することをおすすめします。

情報収集を十分行い、信頼できる業者を見つけてください。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

施工エリア

業者の施工エリアは一体どこかチェックするのが大事。

施工エリア外からの依頼を受け付けていない業者も存在します。

過去の施工事例

過去の施工事例を公式サイトからチェックし、依頼するかどうか判断してください。

施工内容などからリノベ・リフォームのイメージを掴む必要があります。

見積書の内容

見積書に記載されている内容も選ぶ決め手。

使用する部材などについて分からないことがある場合は業者に質問することをおすすめします。

保証内容

施工後も工場のメンテナンスを行い、不具合を解消する必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえた上で依頼するかどうか判断してください。

保証内容は業者によって変わってきます。

中間マージン

中間マージンがかかるかどうかも選ぶポイント。

リノベ・リフォームの費用を少しでも抑えたい方が多いのではないでしょうか?

まとめ

熱中症対策に役立つ設備は複数存在します。

予算と相談しつつ、どの設備を導入するか検討する必要があります。

遮熱シートなどについて分からないことがある方は業者に一度相談してください。

業者から適切なアドバイスを受け、熱中症対策に関する悩みを解消するのが大切です。

 

屋根遮熱や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

物流倉庫の暑さ対策には屋根遮熱が一番?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

物流倉庫の暑さ対策には屋根遮熱が一番?!

成田崇
成田崇
スタッフの健康管理を考えれば屋根遮熱は必須になってきます

物流倉庫では、さまざまな商品を取り扱われています。

消費者の手元に無事行き渡るようにするためには、適切に保管しなければなりません。

劣化などを防ぐためにも暑さ対策が重要。

人によっては、暑さ対策に一体何を行えば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

今回、物流倉庫の暑さ対策に屋根遮熱が一番なのかどうかについて取り上げます。

リノベ・リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

物流倉庫の暑さ対策は屋根遮熱をまず意識する必要がある

物流倉庫内の暑さ対策を行う際、屋根の暑さ対策を意識することが重要。

屋根は太陽光に晒され続けています。

太陽光で熱せられた結果、物流倉庫内が暑く感じやすくなります。

また、日本は平均気温が年々上昇しているため、従業員が働きやすいと感じる労働環境を整えてください。

物流倉庫の屋根遮熱を行う方法

物流倉庫の屋根遮熱を行う方法として、以下のものが挙げられます。

・遮熱シート

・スプリンクラー

・遮熱機能付きの屋根材

それぞれの特徴を知った上でリノベ・リフォームを進めることが重要。

ここでは、屋根遮熱を行う方法について紹介します。

遮熱シート

アルミニウムなどを用いた遮熱シートを屋根に設置し、遮熱性を向上させることで暑さ対策が行えます。

輻射熱は体感温度を上げる性質があるため、商品を守りつつ、熱中症対策を行うためにも設置を検討してください。

スプリンクラー

スプリンクラーは散水するための装置。

屋根を水で冷やし、気化熱を利用して暑さ対策を行います。

屋根材によっては錆びや藻が発生するため、設置後に屋根のメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

遮熱機能付きの屋根材

遮熱機能付きの屋根材で遮熱性を向上させるのも暑さ対策の一環。

取り付ける方法として、カバー工法・屋根葺き替え工事が挙げられます。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工です。

費用を抑えつつ、工期を短縮できるのがメリット。

野地板などの状態を把握できないため、リノベ・リフォームを予定している方は注意してください。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工です。

野地板や防水シートを新しくできるのがメリットに挙げられます。

カバー工法に比べ、費用と工期がかかってしまうのがデメリット。

屋根材が著しく劣化している場合、屋根葺き替え工事を検討してはいかがでしょうか?

屋根遮熱以外の暑さ対策

屋根遮熱以外に一体どのような方法で暑さ対策が行えるか意識することが大事。

ここでは、物流倉庫内で行える暑さ対策をいくつか取り上げます。

業務用エアコン

業務用エアコンは物流倉庫の暑さ対策に用いられます。

物流倉庫の構造に合った業務用エアコンを設置し、従業員が働きやすい環境を整えてください。

スポットクーラー

スポットクーラーは特定の場所を冷やす設備。

局所的に下げたい場所がある場合、スポットクーラーの設置を検討しましょう。

シーリングファン

シーリングファンは天井に取り付ける扇風機です。

天井から風を送り込んで空気を循環させることで暑さ対策を行えるのがポイント。

熱を外に排出し、物流倉庫内の環境を整えましょう。

業務用扇風機

業務用扇風機は一般家庭用の扇風機に比べて大きいのが特徴に挙げられます。

物流倉庫内のような広い場所に風を行き渡らせたいと感じている場合、業務用扇風機の設置を検討してはいかがでしょうか?

従業員に熱中症対策の徹底を促すことも大事

遮熱シートなどで暑さ対策を行うだけでなく、従業員に熱中症対策を促すことも重要。

水分補給はもちろん、適度に休憩を取り、熱中症を防ぎましょう。

空調服などを採用するなど、作業時の服装を見直すのも暑さ対策の一環です。

屋根遮熱を行う業者の選び方

物流倉庫の屋根遮熱をどの業者に依頼するかが重要になってきます。

納得のいく施工にするためにも、信頼できる業者を見つけてください。

ここでは、業者の選び方について紹介します。

過去の施工実績

気になる業者を見つけたら、公式サイトで施工事例をチェックすることが大切。

施工内容や工期、費用などを踏まえ、相談するかどうか判断してください。

創業年・設立年からリノベ・リフォームに何年携わっているかを把握できます。

歴史が短い場合、創業者のプロフィールや経営理念でリノベ・リフォームに関するノウハウがあるかチェックする必要があります。

どのような保証を用意しているか

保証内容も選ぶ決め手。

リノベ・リフォームが済んだ後も定期的に物流倉庫のメンテナンスを行わなければなりません。

業者によって、保証内容が変わってきます。

見積書の内容

業者が作成した見積書が分かりやすいかどうかも依頼するかどうかの判断基準。

使用する部材や施工内容、費用の内訳などについて分からないことがある場合、業者に質問してください。

まとめ

物流倉庫の商品の劣化を防ぐのはもちろん、従業員の安全を守るためにも暑さ対策を心掛ける必要があります。

暑さ対策の方法によって、費用が変わってきます。

リノベ・リフォームを予定している方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根遮熱や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

工場屋根の暑さ対策はなにがおすすめ?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

工場屋根の暑さ対策はなにがおすすめ?!

成田崇
成田崇
工場屋根は断熱層もない場合が多く、近年の酷暑の影響が大きいです

工場屋根は太陽によって熱せられ、暑くなります。

普段、室内で業務を行っているものの、暑さで業務が捗りにくい・設備などの劣化が心配などの悩みを抱えている方も一定数いるのではないでしょうか?

快適な環境を整えるためにも、暑さ対策を意識するのが重要。

今回は工場屋根の暑さ対策に一体何がおすすめなのかについて解説します。

気になる方は参考にしてください。

おすすめの工場屋根の暑さ対策

暑さ対策の方法は多岐にわたります。

工場屋根の暑さに悩まされている場合、遮熱シートと断熱材を併用することをおすすめします。

遮熱シートは太陽から発せられる輻射熱を遮断することが可能。

輻射熱は体感温度を上げる性質があります。

体感温度を上げにくくすることにより、熱中症対策が行えます。

工場内で作業を行う際、熱中症に注意し、従業員の安全を守ることが大切。

断熱材は対流熱と伝導熱を遮断し、暑さを軽減します。

暑さ対策を行う際、遮熱シートで対流熱と伝導熱を対策できない点を理解しておく必要があります。

その他の工場屋根の暑さ対策

遮熱シートと断熱材の併用以外に一体どのような方法で工場屋根の暑さを対策していくか疑問に感じているのではないでしょうか?

ここでは、遮熱シートと断熱材の併用以外の暑さ対策について紹介します。

遮熱機能付きの屋根材

遮熱機能付きの屋根材を用いて、工場屋根の暑さを対策するのも選択肢の1つ。

屋根材の状態をチェックし、施工の方法を検討することが大切です。

遮熱シートに比べて費用がかかる点に注意してください。

施工する方法は以下の通り。

・カバー工法

・屋根葺き替え工事 カバー

工法は既存の屋根材の上に遮熱機能付きの屋根材を被せる施工を指します。

費用を抑えつつ、工期を短く済ませられるのがメリットです。

屋根材などの状態によってはカバー工法ができない点がデメリット。

屋根葺き替え工事は劣化した屋根材を撤去し、遮熱機能付きの屋根材を新たに葺く施工です。

野地板や防水シートを新しくできます。

カバー工法に比べて費用がかかるのに加え、工期が長くなってしまうのがデメリット。

スプリンクラー

スプリンクラーは散水装置。

屋根全体に散水することにより、水蒸気を発生させます。

気化熱で工場屋根の暑さを軽減します。 工期が短く済むのがメリット。

ただし、屋根材によっては錆びや藻が発生する恐れがあるため、スプリンクラーを設置する際は注意してください。

その後のメンテナンスを配慮し、暑さ対策を進めていくことになります。

工場内での暑さ対策

工場屋根だけでなく、工場内で一体どのような暑さ対策が行えるかも知っておくことが大切。

主な方法として、以下のものが挙げられます。

・空調服

・スポットクーラー

・シーリングファン

ここでは、工場内での暑さ対策を取り上げます。

空調服

空調服は小型のファンが組み込まれた作業服。

服の内部に風邪を送り、涼しく感じやすくなるのがメリットに挙げられます。

また、蒸発した熱を排出することが可能です。

従業員の服装を見直し、業務を行いやすい服装にすることも暑さ対策の一環。

充電やバッテリーの交換が必要なのがデメリットに挙げられます。

空調服を取り入れる際、充電を習慣づけましょう。

スポットクーラー

スポットクーラーは一部の空間を冷やす機器。

冷やした外気を送風し、暑さ対策を行います。

軽量で移動させやすいタイプから風の吹き出し口の方向を調整できるタイプなどが存在します。

シーリングファン

シーリングファンは風によって従業員の体温を下げるだけでなく、汗を蒸発させるのが特徴。

風量はシーリングファンによって異なります。

スポットクーラーに比べて導入費用や電気代を抑えられるのがメリット。

ただし、風量が大きいので、ホコリが舞いやすい点に注意しなければなりません。

シーリングファンを工場内に設置する際はホコリに気遣うことが大切です。

工場屋根の暑さ対策を行う業者の選び方

工場屋根の暑さ対策を行う際、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

ここでは、業者の選び方について触れていくので、リノベ・リフォームを予定している方は参考にしてください。

過去の施工実績

過去に一体どのようなリノベ・リフォームに携わっているかをチェックし、その上で相談するか判断することが大切です。

写真や施工内容などから施工のイメージを掴みましょう。

見積書に記載されている内容

見積書に記載されている内容を踏まえ、契約を進めていくことになります。

使用する部材や費用の内訳などについて分からないことがある際は業者に質問してください。

疑問を解消し、業者とのトラブルを避けることも重要です。

中間マージンがあるか

中間マージンがあるかどうかでリノベ・リフォームの費用が変わります。

少しでも費用を抑えたい場合、中間マージンがかからない業者をチェックしてはいかがでしょうか?

どのような保証があるか

リノベ・リフォームが済んだ後もメンテナンスを定期的に行うことが大切。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえ、相談・契約を進めてください。

まとめ

工場屋根の暑さ対策は多岐にわたります。

従業員が快適に業務を行えるようにするためにも、工場内での対策も検討することが重要です。

納得のいくリノベ・リフォームを行いたいと感じている方は業者に一度相談してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

工場の暑さ対策(屋根遮熱)で補助金は申請できるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

工場の暑さ対策(屋根遮熱)で補助金は申請できるの?!

成田崇
成田崇

従業員が働きやすい環境を整え、熱中症などになりにくくするために暑さ対策(屋根遮熱)を行うことが大切です。

工場の暑さ対策を予定しているものの、予算の面で心配している方が多いのではないでしょうか?

今回は工場の暑さ対策で補助金を申請できるかどうかについて解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

工場の暑さ対策で補助金を申請できる場合がある

工場の暑さ対策を行う際、補助金を申請できる場合があります。

リノベ・リフォームの予算を十分用意できるか不安に感じている方は補助金の申請を一度検討しましょう。

工場の暑さ対策で申請できる補助金

工場の暑さ対策で申請できる補助金は以下の通り。

・サプライチェーン対策補助金

・エイジフレンドリー補助金

・工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業

・CO2排出削減設備導入補助金

・原油価格高騰等対策支援事業

ここでは、各補助金の特徴について取り上げます。

サプライチェーン対策補助金

サプライチェーン対策補助金は経済産業省の補助金制度。

工場の建設や工場内にある設備を整備するための費用を補助します。

場合によっては熱中症対策に伴う工事が適用される場合があります。

エイジフレンドリー補助金

エイジフレンドリー補助金は高齢労働者のための設備導入や健康促進意地を目的とした補助金。 厚生労働省が関わっています。

高齢労働者の労働災害防止コースとコラボヘルスコースの計2つのコースを同時申請できます。

上限額は100万円。

工場内で働く高齢労働者が熱中症になるのを事前に防ぎたいと感じている場合、エイジフレンドリー補助金の申請を検討してください。

工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業

工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業はCO2を減らす名目の設備投資が認められた場合、補助金の対象になります。

環境省が推進しており、目的は日本の中長期的な温室効果ガス削減目標の達成に貢献すること。

CO2排出削減設備導入補助金

CO2排出削減設備導入補助金は埼玉県独自で行われている制度です。

埼玉県内で事業活動を営んでいる法人又は個人事業主が対象になります。

CO2排出量の削減・省エネに役立つ設備導入費用の一部を補助。

上限は300万円です。

原油価格高騰等対策支援事業

原油価格高騰等対策支援事業は東京都で行われています。

省エネルギー機器やコスト削減に資するシステム導入などの費用を補助。

全部で3つのコースが存在します。

・断熱改修コース:遮熱シート・断熱塗装など

・省エネルギー機器導入コース:LED照明機器・高効率空調設備など

・コスト削減コース:受発注ソフト・会計ソフト

など 上限額は100万円です。

断熱改修コースと共に他のコースを申請した際の上限額は200万円。

工場の暑さ対策を行う方法

屋根遮熱で工場の暑さ対策を行う場合、一体何をすれば良いのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、屋根遮熱の方法について触れていきます。

遮熱シート

遮熱シートは体感温度を上げる輻射熱を反射するためのシート。

屋根に設置し、遮熱性を向上させます。 結果、工場内の温度を下げやすくなります。

また、冬の寒い時期は暖かい空気が逃げにくくなるのもメリット。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に水を撒き、気化熱を利用して屋根の温度を上げにくくします。

ソーラーパネルを冷却し、発電効率を保てるのもメリットに挙げられます。

屋根材によっては錆びる可能性があるため、スプリンクラーを設置する際は注意が必要。

遮熱機能付きの屋根材

屋根材によっては遮熱機能が付いています。

遮熱機能付きの屋根材を施工する方法として、カバー工法と屋根葺き替え工事が挙げられます。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。

費用を安く抑えられる反面、屋根の重量が重くなって揺れやすくなります。

屋根材が著しく劣化している場合は屋根葺き替え工事を検討してください。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工。

カバー工法に比べて費用がかかる反面、野地板などを新しくできます。

換気排熱ファン

換気排熱ファンは熱気を外に排出する設備。 天井や壁に取り付けられます。

エアコンの温度を見直すきっかけを作れるのがメリットです。

省エネを意識している方は換気排熱ファンを検討してはいかがでしょうか?

工場の暑さ対策について業者の相談するのが大事

暑さ対策を目的にリノベ・リフォームを予定している場合、業者に相談することをおすすめします。

過去の施工事例や保証内容、施工エリアなどを基に依頼する業者を決めるのが大事。

見積書の内容に分からないことがある場合、業者に質問してください。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

使用する部材などについて詳細に記載されているかどうかも選ぶ決め手です。

まとめ

工場内の環境を整えるためにも、屋根の遮熱性を上げて暑さ対策を進めていくことをおすすめします。

予算に関する悩みを解消する際、サプライチェーン対策補助金などの補助金を一通りチェックすることが重要。

これからリノベ・リフォームを予定している方は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

工場や店舗の屋根散水って暑さ対策になるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

工場の屋根散水って暑さ対策になるの?!

工場内での業務を少しでも効率を上げたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

業務の効率を上げるには、工場内の環境を整えることが大切。 

従業員が快適に業務を行うために暑さ対策を意識することをおすすめします。

この記事では、工場の屋根散水は暑さ対策になるかどうかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

工場の屋根散水は暑さ対策に繋がる

工場の屋根散水を行うことにより、水が蒸発。

成田崇
成田崇
屋根散水はかなりの効果が期待できます

蒸発した際、気化熱で屋根の表面から熱を奪います。

結果、暑さ対策に繋がります。 工場だけでなく、倉庫の暑さ対策にも屋根散水が有効。

工場の屋根散水を行う方法

工場の屋根散水を行う際、スプリンクラーを設置します。

タイマー式のスイッチやコンピューター制御で放水時間を制御していきます。

工場の屋根散水で暑さ対策を行うメリット

暑さ対策を行うメリットは一体何か気になっているのではないでしょうか?

主なメリットは以下の通り。

・熱中症対策に繋がる

・工場内の設備や物の劣化対策に繋がる

・ソーラーパネルの冷却に繋がる

ここでは、工場の屋根散水で暑さ対策を行うメリットについて説明していくので、気になる方は参考にしてください。

熱中症対策に繋がる

工場内の温度を下げることにより、熱中症・熱射病を対策しつつ、業務の効率が落ちるのを防げます。

ニュースで熱中症などに関する話題を目にしている方が多いのではないでしょうか?

従業員の安全を守るためにも、暑さに目を向けることが大切です。

熱中症対策を行う際、従業員に適度な休憩や水分補給を促すのはもちろん、涼しい作業服の採用も検討してください。

工場内の設備や物の劣化対策に繋がる

室内の温度が高くなると、設備の故障や保管している物の劣化が起きやすくなります。

成田崇
成田崇
屋根散水をおこなうと屋根材がサビやすくなります

工場の屋根散水で暑さを抑え、設備や保管している物を守ってください。

ソーラーパネルの冷却に繋がる

ソーラーパネルの冷却が行えるのも屋根散水のメリット。

工場によっては太陽光発電を採用しているのではないでしょうか?

ソーラーパネルの温度が上昇してしまうと、発電効率が下がってしまいます。

冷却することにより、発電効率を保てます。

工場の屋根散水を行う際の注意点

金属屋根の場合、屋根散水で錆びてしまう可能性があるので注意してください。

スプリンクラーを設置する際はどのような屋根材を葺いているかチェックするのが大事。

また、水道代がかかってしまうのもデメリットに挙げられます。

屋根材の錆びや水道代が気になる方は他の方法で暑さ対策を行うことをおすすめします。

屋根散水以外に工場の暑さ対策を行う方法

屋根散水以外に一体どのような方法で暑さ対策を行えるかも知っておくことが重要。

ここでは、屋根散水以外の暑さ方法をいくつか取り上げます。

遮熱シート

遮熱シートを屋根に設置し、遮熱性を向上させるのも暑さ対策の一環に挙げられます。

工場屋根の暑さ対策!屋根遮熱とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

室内を暖めている輻射熱が室外に逃げるのを防げるので、冬の寒さ対策に役立つのもメリット。

遮熱機能のある屋根材

屋根材によっては、遮熱機能があります。

予算を少しでも抑えたい場合、カバー工法できるかどうか検討してください。

屋根への遮熱シート設置のメリット・デメリットとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

既存の屋根材が著しく劣化していると、屋根葺き替え工事が必要です。

換気排熱ファン

天井などに換気排熱ファンを取り付けることにより、熱がこもらないようにするも暑さ対策の方法。

エアコンの設定温度を低くしなくても快適に過ごしやすくなります。

工場の暑さ対策について業者に相談するのが大事

工場の暑さ対策を行うためにリノベ・リフォームを予定している場合、業者に一度相談することをおすすめします。

情報収集を十分行い、トラブルを避けるのが大事。

ここでは、リノベ・リフォームを行う業者の選び方について触れていきます。

過去に一体どのような施工に携わってきたか

業者の公式サイトに掲載されている施工事例を通し、過去に一体どのような施工を行ってきたか押さえましょう。

写真だけでなく、工期や費用などからリノベ・リフォームのイメージを掴んでください。

設立年・創業年はいつか

業者の設立年・創業年もチェックするポイント。

リノベ・リフォームに何年携わっているかどうかを踏まえ、相談するか判断する必要があります。

見積書の内容が充実しているか

見積書に記載されている内容に目を通した上で契約を進めていくことが大事。

使用する部材などについて分からないことがある際は業者に質問することをおすすめします。

疑問をそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

どのような保証を用意しているか

リノベ・リフォームが完了した後も工場のメンテナンスを継続して行う必要があります。

業者が用意している保証に目を通し、相談するかどうか判断しましょう。

まとめ

工場の屋根散水を行うことにより、気化熱で屋根の温度を下げることが可能。

結果、暑さ対策に繋がります。

熱中症対策などを意識している方はスプリンクラーを設置するかどうか検討してはいかがでしょうか?

暑さ対策について分からないことがある際は業者に相談し、適切なアドバイスを頂くことが大切です。

 

【平塚市】で屋根遮熱や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

工場屋根の暑さ対策!屋根遮熱とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

工場屋根の暑さ対策!屋根遮熱とは?!

工場で作業を進めていく際、室内の環境を整えることが大切です。

人によっては、暑さによって作業が滞るなどの悩みを感じているのではないでしょうか?

建物の屋根リフォームにおけるポイントの1つに室内の温度調整が挙げられます。

今回は工場屋根の暑さ対策について解説します。

気になる方は一度参考にしてください。

工場屋根はどうして暑くなるのか

屋根遮熱を行う前に工場屋根がどうして暑くなるのか知っておくことが大事。

暑くなる理由は太陽から発せられる輻射熱の影響を受けるためです。

輻射熱が屋根を暑くすることにより、室内の温度が上昇します。

また、人や物からも輻射熱が出ることで室内温度がさらに上昇してしまうので注意してください。

輻射熱は体感温度を上昇させ、暑さを感じやすくする性質を持ちます。

建物のリノベ・リフォームを進める際は輻射熱を意識する必要があります。

工場の屋根遮熱を行う方法

屋根遮熱の主な方法は以下の通り。

・遮熱シート

・遮熱機能付きの屋根

・シーリングファン

・屋根用スプリンクラー

・緑化

ここでは、各方法について説明するので、工場屋根のメンテナンスを近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

遮熱シート

アルミニウムなどでできた遮熱シートを屋根に設置することで遮熱性を向上させることが可能。

成田崇
成田崇
このような遮熱用シートを張って、輻射熱を遮ります

輻射熱を遮り、暑さ対策ができるだけでなく、暖房の効果を保ちやすいのがポイントです。

また、エアコンの使用頻度や強度を見直し、光熱費の削減に繋がります。

デメリットは輻射熱以外の熱を対策できない点。

断熱材などを併用し、暑さ対策を進めましょう。

遮熱機能付きの屋根

遮熱機能付きの屋根も工場屋根の暑さ対策を行う方法。

輻射熱が屋内に侵入するのを防ぎましょう。

遮熱機能付きの屋根で対策する際、カバー工法と屋根葺き替え工事のどちらを行うか検討する必要があります。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。

リノベ・リフォームの費用が安くなるのに加え、工期が短く済みます。

その反面、野地板などが著しく劣化している場合は施工できないのがデメリットに挙げられます。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工。

野地板や防水シートを新しくできるのがメリットです。

カバー工法に比べて費用がかかってしまう点に注意してください。

シーリングファン

工場内の空気をシーリングファンで循環させることにより、熱気を外に排出させるのも対策に挙げられます。

シーリングファンは天井や壁に取り付けられるサーキュレーター。

熱気を排出した結果、エアコンの温度を下げなくても過ごしやすくなります。

屋根用スプリンクラー

屋根用スプリンクラーで屋根に散水するのも工場屋根の暑さ対策の1つです。

屋根の温度が上昇するのを抑えることで輻射熱を減らすことが可能。

緑化

屋上に人工芝生や人工土壌を敷き詰め、緑を増やすことで断熱性を向上できます。

費用がかかるだけでなく、工期が長くなるのに注意してください。

緑化で暑さ対策を行う際は誰が植物のメンテナンスを行うか検討する必要があります。

普段の業務の中で従業員に暑さ対策を徹底させるのも大事

屋根遮熱を行うだけでなく、普段の業務の中で従業員に暑さ対策を意識させてください。

水分や塩分を補給し、熱中症対策を行うのが重要です。

真夏の場合、こまめに休憩を取ることのも熱中症対策の一環に挙げられます。

また、風通しの良い作業服や保冷剤付きの服など、従業員の服装も見直してはいかがでしょうか?

工場屋根の暑さ対策について業者に相談するのが大事

屋根の遮熱性を向上させたいと感じた際、業者に一度相談することをおすすめします。

トラブルを避けるためにも、情報収集を行い、信頼できる業者を見つけることが重要。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、公式サイトで過去の施工事例をチェックしましょう。

写真や施工内容などを通して、リノベ・リフォームのイメージを掴むことが大切。

保証内容が充実しているか

工場屋根の遮熱性を向上させた後も定期的にメンテナンスを行う必要があります。

業者がどのような保証を用意しているかを踏まえた上で相談してください。

 

【平塚市】で屋根遮熱や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根塗料で遮熱は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗料で遮熱は出来るの?!

成田崇
成田崇
結論から言うと「塗装での遮熱はあまり効果は望めません」

暑さや寒さを対策するために屋根の遮熱性を向上させることが重要です。

近いうち、屋根リフォームで屋根遮熱のメンテナンスを予定しているけど、一体どのような施工を行えば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

納得のいく施工にするためにも、屋根からの遮熱性に関するポイントを押さえる必要があります。

今回は屋根塗料で遮熱できるかどうかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

遮熱塗料とは

遮熱塗料は太陽光を反射する塗料を指します。

熱の吸収を抑え、室内が暑くなり過ぎないようにするのが特徴。

屋根塗料で遮熱は基本的に難しい

屋根塗料で遮熱するのは難しいため、リノベ・リフォームを行う際は注意してください。

地面からの地熱をはじめ、窓や壁から伝わる熱に効果を発揮しにくいです。

低減される温度は平均2℃。

屋根塗料での遮熱が難しい理由

遮熱を屋根塗料だけで済ませるのが難しいのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

成田崇
成田崇
一般的な屋根塗装は合計3回塗り、平均膜厚は0.1ミリです。もしそれで効果が望めるなら屋根材製造時に遮熱塗料を塗るはずです。

納得のいく屋根リフォームを行うためにも、難しい理由を押さえておくことが大事。

ここでは、屋根塗料での遮熱が難しい理由について取り上げます。

扱いが難しい

屋根塗料で遮熱を行う際、ムラなく塗ることが必要です。

職人によってはムラが出てしまう可能性があり、効果を発揮しにくいのが屋根塗料での遮熱が難しい理由の1つ。

汚れによって効果が落ちる

塗膜が雨風などの原因で汚れてしまうと、効果が落ちるのも遮熱が難しいと言われている理由に挙げられます。

塗り直しが必要

遮熱塗料によっては耐用年数が短い物も存在します。

遮熱性を下げないために塗り直しを何度も行わないといけない可能性があるのも屋根塗料で遮熱するのが難しい理由。

日射反射率が低い

屋根塗料で遮熱を行う際、遮熱シートに比べて日射反射熱が低い点も注意してください。

遮熱を行う際は他の方法も検討することをおすすめします。

断熱効果がない

遮熱塗料は太陽光を反射して遮熱性を高める反面、断熱効果がないのに注意。

暑さや寒さを対策するためには、断熱性にも目を向けなければなりません。

断熱性とは、熱の移動を遮断することを指します。

屋根塗料以外に遮熱性を高める方法

リノベ・リフォームを予定しているものの、屋根塗料以外に遮熱性を高める方法は一体何か疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

遮熱性を高める方法として、以下のものが挙げられます。

・遮熱シート

・屋根を2重構造にする

業者と相談しつつ、どのように暑さや寒さを対策していくか検討してください。

ここでは、屋根塗料以外に遮熱性を高める方法について触れていきます。

遮熱シート

遮熱シートはアルミニウムなどが用いられた反射材。

成田崇
成田崇
このような遮熱シートを貼れば効果は段違いです

アルミニウムは日射反射率に優れており、室内の温度を調整するのをサポートします。

暑さや寒さに悩まされている方は屋根に遮熱シートを設置するか検討してください。

屋根を二重構造にする

ペアガラスの効果が段違いなのを考えれば

2重の効果は抜群です。

また雪国などではサッシ自体も2重になっています。

屋根リフォーム時に上記写真のように

野地板を2重にし、さらにアルミシートをサンドイッチすることで

効果は抜群です。

経年劣化などで

野地板や防水シートが著しく劣化している場合、

屋根リフォームと同時に行うことが最適なタイミングです。

屋根塗料を選ぶポイント

住宅の外観を綺麗に保つために遮熱塗料で屋根を塗装したいと感じている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、屋根塗料を選ぶポイントについて取り上げます。

屋根塗料を選ぶ際、どの色にするか一度検討することをおすすめします。

色によって、日射反射率や汚れの目立ちやすさが変わってくる点に注意。

白は熱を反射する反面、汚れが目立ちやすいのがデメリットに挙げられます。

黒は熱を吸収しやすいです。

グレーは黒に比べて日射反射率に優れているのに加え、白に比べて汚れが目立ちにくいのが特徴。

どの屋根材に適しているか

屋根材によって適した屋根塗料が変わってきます。

気になる屋根塗料を見つけたら、どの屋根材に適しているかチェックしてください。

耐候性に優れているか

屋根塗料を選ぶポイントの1つに耐候性が挙げられます。

耐候性は太陽光や雨、湿度などに対する耐性を指します。

環境によって、塗膜の剥がれる早さなどが変わってくるので注意が必要。

メンテナンスの頻度を少しでも少なくするためにも、耐候性の優れた屋根塗料をリノベ・リフォームに用いてください。

屋根の遮熱性を高める際は信頼できる業者に相談するのが大事

屋根リフォームで屋根の遮熱性を高める際、どの業者に依頼するか意識する必要があります。

施工実績や見積書の内容、保証が充実しているかどうかなどを踏まえ、相談・契約を進めましょう。

まとめ

屋根塗料だけで遮熱性を高めるのは難しいので、遮熱シートや遮熱機能のある屋根材を用いた暑さや寒さ対策も検討してください。

また、遮熱性だけでなく、断熱材などを用いて断熱性を高めるのも室内の温度調整を行うポイント。

屋根リフォームを近いうちに予定している方は情報収集を十分行い、信頼できる業者を見つけることをおすすめします。

適切なアドバイスを受け、納得のいく施工を行いましょう。

 

【平塚市】で屋根遮熱や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根遮熱と屋根断熱の違いとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根遮熱と屋根断熱の違いとは?!

成田崇
成田崇
近いようで違う屋根断熱と屋根遮熱のおはなしです

思い入れのある住宅で快適に過ごすためには、どのようなリノベ・リフォームを行うか意識する必要があります。

リノベ・リフォームについて調べていく中で遮熱・断熱と呼ばれる単語を目にする機会があるのではないでしょうか?

住宅のメンテナンスを行う際は屋根遮熱と屋根断熱の違いについて知っておくことが大事。

今回は屋根遮熱と屋根断熱の違いを解説するので、リノベ・リフォームを近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

屋根遮熱と屋根断熱の違い

屋根遮熱と屋根断熱は言葉自体似ていますが、意味が違います。

屋根リフォームを進めていく際は2つの違いを押さえましょう。

早速ですが、屋根遮熱と屋根断熱の違いについて触れていきます。

屋根遮熱

屋根遮熱は太陽の光や輻射熱を反射すること。

これにより、室内の温度が上昇するのを防ぎます。

成田崇
成田崇
屋根遮熱には空気層が必要になるので写真のように屋根を底上げし2層にする必要があります。

輻射熱は赤外線などによって生じる熱を指します。

屋根断熱

屋根断熱は伝導熱と対流熱を伝わりにくくすること。

断熱材を敷き詰めることにより、室内で快適に過ごしやすくするのが特徴に挙げられます。

夏の暑い時期は熱が室内に侵入するのを防ぐのに対し、冬の寒い時期は暖かい空気を逃げにくくします。

屋根遮熱のメリット

リノベ・リフォームで屋根遮熱を行うメリットは一体何か気になっている方が多いのではないでしょうか?

主なメリットは以下の通り。

・エアコンの使用頻度が見直せる

・室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

まずは屋根遮熱のメリットについて解説します。

エアコンの使用頻度が見直せる

暑さや寒さ対策を行うことにより、エアコンの使用頻度や強度を見直せます。

使用頻度を減らしつつ、強度を下げることで光熱費の節約に繋がるのがメリット。

毎月の光熱費を少しでも節約したいと感じている方が多いのではないでしょうか?

室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

室内の温度を上昇しにくくすることで室内に保管している物を劣化しにくくします。

物によっては温度や湿度によって劣化する場合があります。

室内に保管している物を少しでも長持ちさせたいと感じている方は屋根遮熱を行うかどうか検討してください。

屋根断熱のメリット

屋根遮熱だけでなく、屋根断熱のメリットも押さえた上でリノベ・リフォームを進めることが重要。

屋根断熱の主なメリットは以下の通りです。

・温度差を小さくする

・結露を発生しにくくする

リノベ・リフォームを予定している方のために屋根断熱のメリットを紹介します。

温度差を小さくする

屋根断熱を行い、隙間から空気が侵入するのを防ぐことで気密性が高まるのがメリット。

結果、室内の温度差を小さくします。

結露を発生しにくくする

断熱性を高めることにより、結露が発生しにくくなります。

結露はカビを発生させる原因なので、対策が必要。

リノベ・リフォームで屋根のメンテナンスを行う際、遮熱性だけでなく、断熱性を高めることを意識してください。

屋根以外に遮熱性・断熱性を高めたい箇所

屋根以外に遮熱性・断熱性を高めたい箇所がいくつか存在します。

ここでは、リノベ・リフォームで遮熱性・断熱性を高めたい箇所を紹介するので、気になる方は参考にしてください。

壁の遮熱性・断熱性を高め、過ごしやすい室内にすることが大切。

輻射熱や地面からの照り返しで室内の温度が高くなります。

遮熱シートや断熱材を用いて暑さや寒さ対策を行ってください。

窓の開口部から暖気や冷気が侵入します。

リノベ・リフォームを行う際、窓の遮熱性・断熱性を高めることを意識するのもポイント。

成田崇
成田崇
屋根遮熱も大事ですが窓からの熱は最も大事ですので、窓もペアガラスにすることをおすすめします。

遮熱性を高める方法として、真空ガラスや遮熱カーテン、ガラスフィルムなどが挙げられます。

また、二重窓にすることにより、断熱性を高めることができます。

屋根遮熱・屋根断熱を行う業者の選び方

屋根遮熱・屋根断熱を信頼できる業者に依頼することが大事。

数ある業者の中から一体どこに任せれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、業者の選び方について紹介します。

過去の施工事例

過去の施工事例から一体どのようなリノベ・リフォームに携わっているかチェックした上で依頼するか判断してください。

見積もり内容が分かりやすいか

見積書に記載されている内容を踏まえ、契約を進める必要があります。

使用する部材や費用の内訳などについて分からないことがある際は業者に質問しましょう。

どのような保証があるか

屋根リフォームが済んだら終わりではなく、メンテナンスを定期的に行うことが大事。

どのような保証が用意されているかを加味した上で相談・契約を行ってください。

保証内容は業者によって異なります。

まとめ

屋根遮熱と屋根断熱によって対策できる熱が異なるので、

屋根リフォームを行う際は注意が必要です。

屋根は雨風などを凌ぐ上で重要な箇所。

快適な室内で過ごすためには、遮熱性も断熱性も重要になってきます。

納得のいくリノベ・リフォームにするためにも、信頼できる業者に屋根に関する悩みを一度相談してください。

 

【平塚市】で屋根遮熱や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根への遮熱シート設置のメリット・デメリットとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根への遮熱シート設置のメリット・デメリットとは?!

1年を通して室内で快適に過ごすためには、温度調整が重要。

成田崇
成田崇
屋根断熱と屋根遮熱は大きく違います

暑さや寒さの対策が適切かどうかによって過ごしやすさが変わってきます。

リノベ・リフォームを行う際、暑さや寒さをどのように対策するかが1つの課題です。

今回は屋根への遮熱シートを設置するメリット・デメリットについて解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

遮熱シートとはそもそも何か

遮熱シートは熱や光を反射し、室内の温度が上昇するのを防ぐための部材。

住宅に限らず、倉庫や工場、店舗など、さまざまな建物に用いられています。

成田崇
成田崇
屋根遮熱は基本的に2層構造にする必要があり、写真のように屋根野地を2重にします

材料として、アルミニウムなどが挙げられます。

エアーキャップにより、熱の伝導を防止し、室内の温度調整を行うのもポイント。

屋根に遮熱シートを設置するメリット

リノベ・リフォームで屋根に遮熱シートを設置する際、

どのようなメリットがあるか押さえておく必要があります。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・暑さや寒さ対策に繋がる

・光熱費を削減しやすくなる

・環境保護の貢献に繋がる

・室内にある物の劣化を防ぎやすくなる

・雨漏り対策に役立つ

ここでは、各メリットについて解説するので、一度参考にしてください。

暑さや寒さ対策に繋がる

遮熱シートを屋根に設置することにより、暑さだけでなく、寒さを和らげるのがメリット。

冬でも暖かい空気が屋外に逃げるのを防ぎ、暖房による温かさを保ちやすくなります。

光熱費を削減しやすくなる

暑さや寒さを対策することでエアコンの使用頻度を減らしやすくなるのも遮熱シートのメリットです。

また、エアコンの強度を下げ、光熱費の削減に繋がります。

成田崇
成田崇
猛暑が今後も続くと予想されますので屋根遮熱は必須となっていくでしょう。

光熱費を節約したいと感じている方は遮熱シートの設置を検討してはいかがでしょうか?

環境保護の貢献に繋がる

遮熱シートでエアコンの使用頻度を見直すことで環境に対する負担を軽減するのもメリット。

成田崇
成田崇
屋根遮熱することで当然室内の温度は一定に保たれます、エアコンに頼らずに酷暑を過ごしたいものです。

環境問題に取り組みたいと感じている方もリノベ・リフォームを機に遮熱シートを屋根に設置するかどうか検討することをおすすめします。

室内にある物の劣化を防ぎやすくなる

高温多湿の状況にあると、室内にある物が劣化しやすくなります。

遮熱シートを設置することにより、熱で室内にある物が劣化するのを防ぎやすくなるのもメリット。

熱に弱い物を室内に多く保管している方は遮熱シートで対策してはいかがでしょうか?

雨漏り対策に役立つ

雨水が屋内に侵入するのを防ぎ、雨漏り対策が行えるのも遮熱シートを設置するメリットに挙げられます。

成田崇
成田崇
屋根葺き替え工事と同時にやってしまいましょう

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためには、雨漏り対策を普段から行う必要があります。

屋根に遮熱シートを設置するデメリット

遮熱シートを屋根に設置する際、メリットだけでなく、デメリットについて押さえておくことも大事。

主なデメリットは以下の通りです。

・熱を完全に防げない

・設置するのに時間がかかる

・結露する可能性がある

ここでは、各デメリットについて説明します。

熱を完全に防げない

対流熱や電動熱を防げないのが遮熱シートのデメリット。

断熱材を併用し、室内の温度を調整することが大切です。

設置するのに時間がかかる

住宅によっては遮熱シートの設置に想像以上の時間を要するかもしれません。

施工にかかる時間は屋根の面積によって変わってきます。

また、周囲の環境や当日の天候次第で施工が長引く可能性もあります。

結露する可能性がある

遮熱シートが冷えると、室内の暖かい空気によって結露する場合があるので、注意してください。

結露はカビの原因なので、対策が必要。

断熱材の併用で結露対策が行えます。

遮熱シートを設置する業者の探し方

屋根に遮熱シートを設置する際、信頼できる業者に依頼しましょう。

情報収集を入念に行い、納得のいく施工を行うことが大切。

ここでは、業者選びのポイントについて取り上げます。

過去の施工実績

気になる業者を見つけたら、過去に一体どのような施工を行っていたか公式サイトをチェックしてください。

写真でリノベ・リフォームのイメージを掴むだけでなく、工期や費用などを把握した上で依頼するかどうか判断することが大切です。

自社の職人が施工を行うか

自社の職人が施工を行うかどうかも選ぶ決め手。

中間マージンの有無で遮熱シートを設置する費用が変わってきます。

見積もりが分かりやすいか

見積書に一体どのような内容が記載されているかも依頼するかどうか判断する上で重要です。

どのような遮熱シートを用いるかなどを分かりやすく記載されているかチェックしてください。

見積書の内容について分からないことがある場合、業者に質問することをおすすめします。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

まとめ

遮熱シートを屋根に設置することにより、暑さや寒さの対策に繋がります。

室内で快適に過ごせるようにするためにも、暑さなどに目を向けることが大切。

全ての熱を対策できるわけではないので、断熱材と併用して温度調整を行いましょう。

リノベ・リフォームで遮熱シートを設置したいと感じている方は業者に一度相談してください。

 

【平塚市】で屋根遮熱のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町