ブログ

新築の外壁におすすめなガルバリウム外壁とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

新築の外壁におすすめなガルバリウム外壁とは?!

成田崇
成田崇

近いうち、新築を建てようと考えている方も多いのではないでしょうか?

外壁により、住宅の印象が大きく変わります。

 

長期にわたって住み続けることを踏まえると、どの外壁を用いるか一度検討することをおすすめします。

今回は新築の外壁におすすめなガルバリウム外壁について解説するので、新築の施工を予定している方は参考にしてください。

ガルバリウム外壁とは何か

ガルバリウム外壁は、アルミニウムや亜鉛などを含んだメッキを施したガルバリウム鋼板を用いた外壁を指します。

ガルバリウム鋼板は外壁だけでなく、屋根にも用いられています。

新築の外壁にガルバリウム外壁がおすすめな理由

新築の外壁にガルバリウム外壁が一体どうしておすすめなのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

ガルバリウム外壁がおすすめな主な理由は以下の通り。

・耐用年数が長い

・優れた耐震性

・シンプルなデザイン

これから、新築を施工する予定の方のためにガルバリウム外壁がおすすめな理由について触れていきます。

耐用年数が長い

ガルバリウム外壁の耐用年数は約20~30年。

耐久性に優れているので、メンテナンスの手間を省きやすい点がおすすめです。

新築の施工を進める際、外壁の耐用年数や材料などをチェックしましょう。

優れた耐震性

軽量なため、地震で揺れにくいのもおすすめできる理由のひとつ。

新築を施工する上で自然災害による被害をいかに最小限に抑えるかも意識する必要があります。

耐震性を求めている方はガルバリウム外壁を一度検討してください。

シンプルなデザイン

ガルバリウム外壁はシンプルなデザインのため、木製の建具などに合わせやすいのも特徴に挙げられます。

柄や色もいくつか存在しているため、さまざまなテーマやコンセプトに合わせやすくなっています。

デザインや色によっては汚れの目立ちやすさも変わってくるので、新築を施工する際は汚れが目立ちにくいデザインかどうかも意識したいところ。

新築の外壁におすすめなガルバリウム外壁

住宅に用いられているガルバリウム外壁の種類は複数存在します。

どのような住宅で過ごしたいかを踏まえ、納得のいくガルバリウム外壁を選ぶことが大切です。

ここでは、おすすめなガルバリウム外壁の特徴について説明するので、新築の施工を予定している方は一度チェックしてください。

iシリーズ

iシリーズはニチハ株式会社が製造・販売しているガルバリウム外壁。

高耐候コーティングとセルフクリーニング機能が施されているのが特徴に挙げられます。

汚れを雨水で繰り返し落とすことができます。

ソフィアルブリックとファインボーダーの計2種類から選択可能。

プレミアムシリーズ

ニチハ株式会社が製造・販売しているプレミアムシリーズは、金属の質感を活かした柄に仕上げたガルバリウム外壁。

フッ素塗装高耐食GLめっき鋼板を用いることにより、耐久性を上げています。

色褪せしにくいのがおすすめできるポイントです。

Danサイディング

Danサイディングは旭トステム外装株式会社が製造・販売しているガルバリウム外壁。

リアルなデザインを表現するために柄を深くしています。

耐震性・断熱性・耐凍害性に優れているので、新築を施工する予定がある方は一度検討してはいかがでしょうか?

スチールスタンダード・スチールニュースタンダード・アルミスタンダード・スチール深掘りの計4種類のランナップを用意。

はる・一番

はる・一番はケイミュー株式会社が製造・販売しているガルバリウム外壁です。

新築の施工だけでなく、リノベ・リフォームにも適しています。

断熱性と遮熱性に優れているのに加え、色褪せしにくいのがおすすめできるポイント。

アイジーサイディング

アイジー工業株式会社が製造・販売しているアイジーサイディングはラインナップが充実しています。

新築のテーマやコンセプトに合わせてデザインを選択することができます。

シンプルモダンシリーズは金属の質感を活かしたデザインが特徴。

ナチュラルシリーズは木目や石などの自然素材の質感を表現しています。

シンプルなデザインを求めている方はベーシックシリーズを一度チェックしてはいかがでしょうか?

新築の外壁について業者に相談して施工を進めるのが大事

新築の外壁を選ぶ際、信頼できる業者に一度相談することをおすすめします。

適切なアドバイスを受け、施工を進めてください。

最後に、業者を選ぶポイントについて取り上げます。

施工実績が豊富か

過去の施工実績をチェックし、どのような施工に携わってきたかチェックするのが大事。

施工内容だけでなく、工期や費用を踏まえ、依頼するかどうか判断しましょう。

ガルバリウム外壁の扱いに慣れているか

ガルバリウム外壁は扱いが難しいため、業者によっては扱っていない可能性があります。

気になる業者を見つけた際はガルバリウム外壁を扱っているかどうか一度チェックしてください。

どのような保証があるか

業者の保証内容も相談するかどうかの決め手。

新築の施工が完了したら終わりではなく、その後のメンテナンスも重要になってきます。

どのくらいの頻度で定期点検を行っているかをチェックし、住宅の状態を把握してください。

まとめ

ガルバリウム外壁はリノベ・リフォームだけでなく、新築を建てる際にも用いられます。

メーカーにより、デザインなどが異なります。

耐久性や耐震性を求めている方はガルバリウム外壁を一度チェックしてはいかがでしょうか?

 

屋根カバー工法やタディスセルフカバーのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

超軽量外壁材?!
超軽量樹脂サイディング「LIXIL WALL-J」ってなに?!

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム 屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

超軽量樹脂サイディング「LIXIL WALL-J」ってなに?!

住宅は外壁によって印象が大きく変わります。

リフォーム・リノベーションを行う上でどのような外壁材を用いるかを意識したいところ。

外壁材の特徴を押さえ、納得のいく工事を行いましょう。

今回は超軽量樹脂サイディング「LIXIL WALL-J」について解説するので、気になる方は一度チェックしてください。

超軽量樹脂サイディング「LIXIL WALL-J」とは

WALL-JはLIXILから販売されている外壁材です。

塩化ビニール樹脂が主原料。 2000年以降、北米とアメリカの住宅の50%以上で採用されています。

成田崇
成田崇
写真のお宅も樹脂サイデイングでした(2019年アメリカポートランドにて)

WALL-J の特徴

WALL-Jには、一体どのような特徴があるか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

WALL-Jの特徴として、以下のものが挙げられます。

・塗装が剥がれにくい

・色ムラが起きにくい

・衝撃に強い

・凍害に遭いにくい

・塩害に強い

・手入れしやすい

これから、外壁のリフォーム・リノベーションを予定している方のためにも、WALL-Jの特徴について解説します。

塗装が剥がれにくい

WALL-Jは塗装が剥がれにくいのがメリット。

成田崇
成田崇
樹脂そのものの色がグレーだったり白だったりなので「剝がれるといううか褪せる」という感じです

メンテナンスの手間を少しでも減らすためにも、

塗装が剥がれにくい外壁かどうかチェックする必要があります。

色ムラが起きにくい

色ムラが起きにくいのも特徴のひとつに挙げられます。

外壁に色ムラが起きていると、住宅の印象が下がってしまう恐れがあります。

衝撃に強い

塩化ビニール樹脂でできているため、衝撃に強く、

凹みや傷がつきにくいのも特徴のひとつ。

外壁の傷を気にしてしまう方も多いのではないでしょうか?

凹みなどがつきにくい外壁材を探している方は一度チェックすることをおすすめします。

凍害に遭いにくい

凍害に遭いにくいのもWALL-Jの特徴です。 寒冷地に住んでいる方はWALL-Jを用いるかどうか一度検討したいところ。

塩害に強い

海沿いに住んでいる場合、塩害に注意する必要があります。

WALL-Jは塩化ビニール樹脂でできているので、塩害に強いです。

成田崇
成田崇
樹脂製品ですので錆びません!

水分を吸収しないため、錆や腐食を心配しにくくなります。

新築住宅の施工やリフォームなどを行う際は、住んでいる場所に応じた外壁材を用いてください。

手入れしやすい

万が一、傷ついたとしても、1枚単位で交換できるので手入れが行いやすいです。

施工時にコーキング材が不要なので、シーリング劣化に対するメンテナンスの手間を省くことができます。

また、水洗いできるのもメリット。

WALL-J の注意点

WALL-Jをリフォームなどで用いる際、何点か注意することがあります。

主に以下の点に注意してください。

・住宅のイメージに合った色

・デザインがない可能性がある

・温度差で伸縮する可能性がある

・施工できる業者が限られている

外壁材のメリットだけでなく、デメリットも踏まえ、採用するかどうかの判断が求められます。

ここでは、WALL-J の注意点について説明します。

住宅のイメージに合った色・デザインがない可能性がある

WALL-J は他の外壁材に比べ、色やデザインの種類が少ない点に注意する必要があります。

木目模様などにしたいと感じた方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

外壁によって、住宅の印象が変わるので、リフォーム・リノベーションのテーマを決めることをおすすめします。

温度差で伸縮する可能性がある

温度差によって伸縮してしまいます。

温度が上下することでWALL-Jにひびが入ってしまうかもしれません。

夏と冬で隙間の間隔を変えるのが大切。

施工できる業者が限られている

WALL-Jは日本での取り扱いが少ない外壁材です。

施工できる業者が限られているので、リフォーム・リノベーションを予定している方は注意してください。

また、費用が高額になる点も意識しておきたいところ。

外壁のリフォーム・リノベーションは信頼できる業者に依頼するのが大事

外壁のリフォーム・リノベーションでWALL-Jを採用するなら、どの業者に依頼するかが重要です。

情報収集を入念に行い、相談するかどうか判断しましょう。

最後に、業者選びのポイントについて触れていくので、一度チェックしてください。

WALL-J の施工に携わっているか

過去にWALL-Jの施工に携わっているかどうかを把握し、

リフォーム・リノベーションの相談を行うのが大切です。

施工実績から、どの位の費用がかかったに加え、リフォーム・リノベーションの期間もチェックしたいところ。

見積もり内容が適切かどうか

見積もり内容が分かりやすいかどうかも依頼するかどうかの決め手になります。

どのような部材が用いられているかなどを把握し、リフォーム・リノベーションを進めましょう。

費用などについて分からないことがある場合は業者に質問してください。

業者の理念

業者が一体どのような理念で外壁の施工を行っているかもチェックしたいところ。

考え方に共感できると感じたら、相談するかどうか検討することをおすすめします。

在籍しているスタッフ

どのようなスタッフが在籍しているかどうかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

外壁のリフォーム・リノベーションに関する知識や技術を持つスタッフがいるかどうかを踏まえた上で相談してください。

また、リフォーム・リノベーションに関する疑問を解消するためにコミュニケーションを取りやすいかどうかも意識したいところ。

まとめ

LIXIL のWALL-Jは耐久性に優れた外壁材。

成田崇
成田崇
見た目も性能もめちゃめちゃおすすめの外壁材です!

剥がれや色ムラが起きにくいだけでなく、凍害や塩害などに悩まされる頻度を少なくできるのもメリットです。

手入れ自体も行いやすいので、メンテナンスの手間を減らしたい方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

外壁材選びについて分からないことがある場合は業者に相談し、悩みを解消することが重要です。

 

 

J-wallや外壁材のご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町