ブログ

【茅ヶ崎市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【茅ヶ崎市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

建物内の暑さに悩まされているものの、一体どのように対処すれば良いか悩まされている方が多いのではないでしょうか?

暑さ対策の1つに屋根遮熱が挙げられます。

「㈱いらか」は屋根に関するご相談を受け付けています。

茅ヶ崎市内で屋根遮熱の施工を検討している方に屋根遮熱のポイントを紹介するので、是非チェックしてください。

【茅ヶ崎市】で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市にオフィスを構える屋根リフォーム専門会社です。

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や秦野市、藤沢市などで屋根などに関する悩みを受け付けています。

お困りごとがありましたら、弊社までご連絡ください。

茅ヶ崎市ってどんな街

茅ヶ崎市は神奈川県の中南部に位置します。

平塚市や藤沢市などに隣接。

湘南エリアの中心です。

相模湾に面しているだけでなく、豊かな自然に恵まれています。

茅ヶ崎市内にあるサザンビーチちがさき海水浴場から江ノ島や伊豆大島などを望めるのが魅力。

縁結びの輪として親しまれているサザンCはサザンオールスターズのCDジャケットになっています。

電車を利用すれば、都心まで約1時間でアクセスできます。

国道1号線や国道134号線、新湘南バイパスなどによって自動車でアクセスしやすいのもポイント。

屋根遮熱とはそもそも何か

屋根遮熱は屋根の遮熱性を向上させる施工です。

屋根への遮熱シート設置のメリット・デメリットとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

遮熱性を向上させることにより、室内の温度調整を行います。

屋根遮熱のメリット

屋根修理・屋根リフォームで納得のいく施工を行うためにも、屋根遮熱のメリットを押さえましょう。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・熱中症対策につながる

・室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

・光熱費の削減をサポートする

ここでは、屋根遮熱のメリットについて紹介します。

熱中症対策につながる

室内の温度調整を行うことにより、熱中症対策につながるのがメリット。

室内が暑くなり過ぎると、熱中症のリスクが上がります。

快適に過ごしたいと感じている方は熱中症対策の一環として屋根遮熱を行ってください。

室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

熱に弱い物が数多く存在します。

室内に保管している貴重品が熱で劣化しているなどの悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

屋根遮熱で遮熱性を向上させることにより、暑さを防ぎ、室内に保管している物が劣化しにくくなります。

仕事に用いる設備を熱から守って、業務に支障をきたさないようにしたい方も屋根遮熱を一度検討してください。

光熱費の削減をサポートする

室内の温度調整を行うことでエアコンの使用頻度や強度を見直せます。

暑さ対策でエアコンの強度を強くしているのではないでしょうか?

屋根遮熱によって、エアコンの使用頻度を減らしつつ、強度を下げやすくなるのがメリット。

毎月の光熱費に悩まされている方は屋根修理・屋根リフォームを機に屋根遮熱を一度検討することをおすすめします。

屋根遮熱を行う方法

屋根遮熱を行う方法はいくつか存在するため、予算などと相談しつつ、施工を進めていくことが重要です。

主な方法は以下の通り。

・遮熱シート

・遮熱機能付きの屋根材

・スプリンクラー

ここでは、屋根遮熱を行う方法について取り上げます。

遮熱シート

遮熱シートはアルミニウムなどによって作られた反射材。

成田崇
成田崇
遮熱シートを貼ることで圧倒的な遮熱効果を実現できます。

アルミニウムは太陽から発せられる輻射熱を遮ります。

【茅ヶ崎市】で屋根の葺き替え工事が完了、屋根からの遮熱とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

輻射熱は体感温度を上げる性質があるため、熱中症対策を意識している方は遮熱シートで屋根遮熱を行うことを検討しましょう。

伝導熱と対流熱を対策できないため、屋根修理・屋根リフォームの際は断熱材と併用して暑さ対策を進めていくことが大切です。

遮熱機能付きの屋根材

遮熱機能付きの屋根材も屋根遮熱を行う方法の1つ。

建物の状態に応じて、施工の内容が変わってきます。

施工の方法は以下の2つです。

・カバー工法

・屋根葺き替え工事

カバー工法は既存の屋根材の上に遮熱機能付きの屋根材を被せる施工。

廃材を処分する手間が省けるため、費用を抑えつつ、工期を短縮できます。

成田崇
成田崇
屋根葺き替え時に遮熱シートを張るのが最もお勧めです

予算が心配な方はカバー工法を検討してはいかがでしょうか?

屋根材が著しく劣化している場合、カバー工法できない可能性があります。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、遮熱機能付きの屋根材を葺く施工を指します。

野地板や防水シートを新しくできるのがメリット。

費用と工期がカバー工法に比べてかかる点に注意してください。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水する設備です。

散水時によって生じる気化熱で暑さ対策を行います。

錆びや藻が発生しやすい屋根材も存在するため、スプリンクラーを設置する際は注意しましょう。

まとめ

屋根遮熱は室内が暑くなり過ぎないようにするために必要な施工。

【茅ヶ崎市】で屋根遮熱を予定しているものの、どこに頼めば良いか分からないと感じている方は「㈱いらか」まで一度ご相談ください。

長年の経験を活かし、皆様の悩みに寄り添ったアドバイスと施工を提供します。

 

【茅ヶ崎市】で屋根修理や屋根遮熱のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【茅ヶ崎市】でポリカ屋根の修理完了!ポリカーボネート波板の耐久性ってどのくらい?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【茅ヶ崎市】で自転車駐車場屋根(ポリカ屋根)の張替工事が完了しました。

屋根のリフォーム工事を行う際

足場を設置しますが、その足場が建つ位置に

ポリカ屋根があり穴を開けるか?
張り替えるか?しかなくなってしまいました。

成田崇
成田崇
このように建物に接近している場合が多いですね。

ではポリカ屋根の寿命とはどのくらいなんでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、屋根材が寿命を迎えているかどうか把握することが大事。

屋根材ごとに耐久性が異なります。

施工で失敗を避けるためにも、使用している屋根材はもちろん、新たに用いる屋根材の耐久性を意識することをおすすめします。

今回はポリカーボネート波板の耐久性について解説するので、

ポリカ屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

ポリカーボネート波板の耐久性は一体どのくらいか

ポリカーボネート波板の耐用年数は約10年。

住宅によっては10年以上長持ちしているケースも存在します。

耐久性だけでなく、耐候性に優れています。

成田崇
成田崇
今回の【茅ヶ崎市】のケースでは10年以上経過していました。

衝撃に強いのもポリカーボネート波板のメリット。

屋根材が衝撃によって破損してしまう場合もあります。

屋根材選びを行う際、衝撃に強いかどうかもポイントになってきます。

ポリカーボネート波板が寿命を迎えた場合は一体何が必要なのか

ポリカーボネート波板が寿命を迎えたら、できる限り早めに交換するのが大事。

耐久性が低下してしまうと、破損しやすいので注意が必要です。

成田崇
成田崇
今回のように外壁塗装工事や屋根工事と同時に行うのが理想的です。」

何かしらの拍子で破損し、予想外の事故に発展してしまうかもしれません。

住宅によっては耐用年数を超える前に寿命を迎える場合があります。

ポリカーボネート波板が寿命を迎えているかどうか判断するポイント

ポリカーボネート波板が寿命を迎えているかどうか判断する際、一体何をチェックする必要があるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

寿命を迎えているかどうか見極める主なポイントは以下の通り。

・ひび割れが見られるか

・雨漏りしている箇所があるか

・留め具が外れているかどうか

・変形している箇所があるか

普段から住宅の状態に気を配り、ポリカーボネート波板の状態に問題がないか把握することをおすすめします。

ポリカーボネート波板は高温により変形・破損する恐れがあるので、火を用いる際は注意が必要です。

耐久性以外に屋根材を選ぶポイント

ポリカーボネート波板が寿命を迎えたまたは破損したのを機に新しい屋根材に交換しようと考えているのではないでしょうか?

屋根材を選ぶ際、以下のポイントを押さえるのが大切です。

・どのくらいの費用がかかるか

・全光線透過率はどのくらいか

・どのような色か

・どこに用いるか

ここでは、各ポイントについて触れていきます。

どのくらいの費用がかかるか

屋根材を設置する際、どのくらいの費用がかかるかを把握しておきたいところ。

今回の【茅ヶ崎市】のポリカ屋根張替え工事金額は50,000円でした。

屋根修理・屋根リフォームの費用は屋根材によって変わってきます。

ポリカーボネート波板を用いる際、予算の範囲内かどうかチェックしてください。

どこに用いるか

屋根材選びを行う際、どこに用いるかも重要になってきます。

汚れが目立ちやすい箇所かどうかなどを踏まえ、屋根材選びを進めてください。

屋根材によっては汚れが目立ちやすいです。

屋根修理をDIYで済ませるのはリスクが高いのに注意

ポリカーボネート波板が破損した際、屋根修理をDIYで済ませようと考えている方も多いのではないでしょうか?

高所での作業が伴うため、落下などのリスクが伴います。

またDIYの場合は細かい箇所の処理がどうしても甘くなりがちです。

例えば今回の【茅ヶ崎市】のケースでは

ポリカ屋根の中に雨樋が貫通していました。

この場合はこの処理はなかなかDIYだと難しいと思います。

このように屋根職人がガルバリウム板金を使い

貫通カ所を処理しました。

屋根修理に携わる業者の選び方

ポリカーボネート波板が破損した際、信頼できる業者に屋根修理・屋根リフォームを依頼するのが大事。

情報収集を行い、依頼するかどうか判断しましょう。

成田崇
成田崇
ポリカ屋根と言えども屋根の一部なので屋根工事屋さんへ依頼するのが一番です。

ここでは、屋根修理に携わる業者の選び方について取り上げます。

ポリカーボネート波板の扱いに慣れているか

気になった業者がポリカーボネート波板の扱いに慣れているかチェックすることが大切。

過去の施工事例をチェックし、どのような屋根材を扱ってきたかを把握してください。

どのようなスタッフに在籍しているか

知識や技術の優れたスタッフが在籍している業者に依頼したいと感じている方が多いのではないでしょうか?

スタッフが取得している資格を踏まえ、依頼するかどうか判断するのが大事です。

施工エリアはどこか

施工エリアは業者によって異なります。

どの地域で屋根修理・屋根リフォームに携わっているかを踏まえた上で相談・依頼を進めてください。

施工エリア外でも対応する業者も存在します。

見積書の内容が分かりやすいか

屋根修理・屋根リフォームで納得のいく施工を行うためにも、見積書に記載されている内容をチェックするのが重要。

使用する屋根材などを把握した上で契約するかどうか判断しましょう。

まとめ

ポリカーボネート波板の耐用年数は約10年。

耐候性が優れているだけでなく、衝撃にも強く、耐久性の優れた屋根材です。

普段から屋根の状態をチェックし、屋根修理・屋根リフォームが必要かどうか判断してください。

屋根修理・屋根リフォームには、専門的な知識や技術が求められます。

信頼できる業者に一度相談し、ポリカーボネート波板に関する悩みを解消してはいかがでしょうか?

 

【茅ヶ崎市】で屋根修理やポリカ屋根のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【茅ヶ崎市】で貼る屋根材「KYŌZIN Re-Roof」をひさしに貼ってみた!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

一度塗装した板金の庇(ひさし)

こんな感じになってしまうと再度塗装しても剥がれやすく

なかなか厳しい状態です。

また施工エリアが【茅ヶ崎市】だったので

塩害の影響あるエリアです。

 

そんな場合にKYŌZIN Re-Roof™がおすすすめ

 

KYŌZIN Re-Roof™ は高耐久性塗料をシート化した製品です

シート状なので【茅ヶ崎市】などの塩害の影響するエリアでも安心です。

 

 

 

シート状の屋根材はかなり珍しいんです
成田崇
成田崇

 

 

 

劣化した屋根にKYŌZIN Re-Roof™を貼ることで板金のひさし(庇)が生まれ変わります。

 

恵和さんの滋賀工場で実際にKYŌZIN Re-Roof™を貼ってみる

この時はスレート屋根に貼りました。
成田崇
成田崇

 

KYŌZIN Re-Roof™ の特徴って?!

 

橋脚などのコンクリートを50年保護する長期耐久性のある製品を

屋根材のシートとして改良開発したもので

 

実験用架台で張り終わった

 

 

とにかく従来のものに比べて耐久性が格段に高いのが特徴です。

 

 

KYŌZIN Re-Roof™はとにかく軽いので庇(ひさし)にも最適

 

窓の庇などはそれほど強度が高く作られていないので

屋根の軽さが求められます。

 

 

シート状のKYŌZIN Re-Roof™ は屋根材の中で最軽量でしょう。

 

 

質感はマットな感じです

 

 

板金屋根 5kg/㎡程度

KYŌZIN Re-Roof™  0.5kg/㎡

 

板金屋根材の10分の1の重さ

 

どんな風に工事する(貼り付ける)の?

今回は庇屋根にKYŌZIN Re-Roof™を張り付けます

 

 

既存の状態です

板金ひさし(ひさし)が全体的に劣化しています

 

KYŌZIN Re-Roof™って剥がれないの??

 

剥がれないように専用のプライマーを使い

強固に貼り付けます

 

 

 

既存板金屋根の下地をごみなどを取り除き調整します

 

 

専用のプライマーを調合します

 

 

専用のプライマーを塗布します

 

 

入念にプライマーを塗布します

 

 

そしていよいよKYŌZIN Re-Roof™を張り付けです

 

 

【茅ヶ崎市】でKYŌZIN Re-Roof™を張り付完了しました。

サビている屋根やひさしに塗装してもはがれてしまう

 

のでやはり

海沿いの【茅ヶ崎市】なそ

サビなどで劣化している屋根にはKYŌZIN Re-Roof™が最強です

 

 

 

 

工場や店舗の屋根修理に最適!

 

私はスレートに貼るよりも

金属屋根材に貼る方が張り付き具合を含めてメリットが大きいと考えています。

 

 

 

千葉のコトブキさんの折半屋根の補修例です

 

工場や店舗屋根の修理を検討しているかたは是非ご連絡ください

 

 

製造元  恵和株式会社

 

こちらも参考にしてみてください。

 

【茅ヶ崎市】でKYŌZIN Re-Roof™ご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

【茅ヶ崎市】で戸袋のガルバリウム板金巻きが完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【茅ヶ崎市】で戸袋のガルバリウム板金巻きが完了!

戸袋って何ですか?!

こちらが戸袋です。

30年以上前のお宅ですと

戸袋の多くは木製で日光や雨水の影響で劣化していきます。

今回の【茅ヶ崎市】の例でも

このように戸袋外側が劣化していました。

木製の戸袋に防水シートを張ります

この防水シート張りにより

工事後は木製の戸袋へ雨水が当たることが無くなり

劣化を防ぐことが出来ます。

木製の戸袋は内部も腐食していました

雨水の侵入により戸袋内部も劣化が進んでいました。

劣化した部分は補修してからガルバリウム板金で巻きます。

戸袋のガルバリウム巻きが完成!

このように仕上がりました。

これで長期間メンテナンスが不要になります。

 

ではガルバリウムとは何でしょうか?

成田崇
成田崇
ガルバリウムにはどんな特徴があるのでしょうか?

今回はガルバリウム鋼板を用いたガルバリウムの特長について解説するので、気になる方は一度チェックしてください。

ガルバリウムの特長3選

外壁によって、それぞれ違った特長があります。

ガルバリウムの主な特長は以下の3つ。

・耐久性に優れた板金

・断熱材と一体型にすることで断熱性と遮音性を向上

・軽量で耐震性や加工のしやすさに優れている

これから、戸袋のリフォームを予定している方に向けて各特長について紹介します。

耐久性に優れた板金

ガルバリウムはサビにくく、耐久性に優れているのが特長に挙げられます。

耐用年数は20~30年。

防水性に優れているので、凍害やひび割れが起きにくいのもポイントです。

断熱材と一体型にすることで断熱性と遮音性を向上

ガルバリウムによっては、断熱材と一体型になっています。

断熱材と一体型にするメリットは断熱性と遮音性の向上。

快適な室内で過ごすためには、暑さや騒音対策を行う必要があります。

人によっては騒音などに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

軽量で耐震性や加工のしやすさに優れている

軽量なのも特長に挙げられます。

耐震性に優れており、地震対策に適しています。

また、加工しやすいのもガルバリウム外壁のポイント。

ガルバリウム鋼板には、亜鉛やアルミニウムなどが含まれています。

ガルバリウム鋼板は屋根材にも用いられている

ガルバリウム鋼板は外壁だけでなく、屋根材にも用いられている鋼板です。

外壁同様、年数が経過するにつれて屋根も劣化するので、注意が必要。

成田崇
成田崇
屋根の方が外壁に比べて圧倒的に厳しい環境です。

屋根のメンテナンスを行おうと考えている方はガルバリウム鋼板を用いた屋根材を検討してはいかがでしょうか?

ガルバリウムを戸袋リフォームに用いる際の注意点

ガルバリウムはサビにくいですが、時間の経過と共にサビていく点に注意したいところ。

海が近い場所だと、塩害によってサビてしまうかもしれません。

また、他の金属と接することでサビが発生するケースもあります。

その他にも、衝撃によって凹んでしまう可能性があるのもガルバリウムにおける注意点のひとつです。 凹んだ箇所からサビが発生し、住宅の印象を下げてしまう恐れがあります。

戸袋にガルバリウムを用いるかどうかの判断基準

戸袋リフォームでガルバリウムを用いるかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

用いるかどうかの判断基準を押さえた上で施工を進めていくことが大切です。

主な判断基準は以下の通り。

・メンテナンスの手間を少しでも減らしたいか

・地震による被害をできる限り最小限に抑えたいかどうか

・リフォームのテーマに合っているかどうか

ここでは、ガルバリウムを用いるかどうかの判断基準について取り上げるので、気になる方は一度チェックしてください。

メンテナンスの手間を少しでも減らしたいか

メンテナンスの手間を少しでも減らしたいかどうかがガルバリウムを用いるかどうかの決め手。

20年に1回の頻度で塗装の塗り替えを行っていくことになります。

成田崇
成田崇
ランニングコストを考えるとガルバリウムは一つの選択肢になることは間違いないでしょう。

材料により、メンテナンスの頻度が変わってきます。

戸袋に関する相談を信頼できる業者に行うのが重要

戸袋リフォームを成功させるためには、十分な知識と技術が必要です。

ガルバリウムなどに関する疑問がある際、信頼できる業者に一度相談することをおすすめします。

最後に、業者の選び方について説明するので、気になる方は参考にしてください。

どのような施工実績があるか

施工実績が充実しているかどうかも依頼するかどうかの決め手です。

また、創業年や設立年からリノベ・リフォームに長く携わっているかどうか把握しましょう。

保証が充実しているか

いざという時に備え、どのような保証を用意しているかもチェックする必要があります。

リノベ・リフォームが完了した後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消してください。

進捗状況を把握できるか

業者によっては進捗状況を報告します。

リノベ・リフォームがどこまで進んでいるか把握しておきたい方も多いのではないでしょうか?

進捗状況を報告するかどうかも業者選びのポイント。

見積書の内容

業者が作成した見積書も依頼するかどうかの判断基準です。

どのような外壁を用いるかはもちろん、塗料や塗布量、施工内容、費用など、チェックする部分はいくつも存在します。

戸袋板金巻は1カ所45000円でした

【茅ヶ崎市】で戸袋のガルバリウム巻きは一か所45,000円(税抜き)でした。

ガルバリウムは耐久性に優れているものの、環境や扱い方によってはサビが発生してしまう点に注意が必要。

戸袋のリフォームを行う際はガルバリウムの扱いに慣れている業者に依頼しましょう。

また、断熱材と一体型することにより、断熱性と遮音性を確保しているのも特長のひとつです。

住宅のテーマやコンセプトを踏まえた上でガルバリウム外壁を用いるかどうか判断してください。

 

戸袋の劣化によるご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【茅ヶ崎市】で屋根の葺き替え工事完了!その手順と費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【茅ヶ崎市】で屋根の葺き替え工事が完了しました。

もともとの屋根材は「和瓦」

瓦屋根は一生モノだと思う方も多いとは思いますが

それはあくまでも定期的にメンテナンスをしていた場合です。

 

屋根の葺き替え工事とは

屋根の葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、新しい屋根材を被せる工事。

成田崇
成田崇
防水シートは屋根防水の要です。

屋根材だけでなく、野地板や防水シートも取り替えます。

写真は既存瓦を撤去しているところです。

外観を新しくできるだけでなく、耐震性を上げつつ、住宅の寿命を伸ばせるのがメリットです。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根の葺き替え工事の手順

屋根修理または屋根リフォームを進める上で一体どのような流れで施工が進んでいくか気になっている方もいるのではないでしょうか?

屋根の葺き替え工事には、いくつもの手順が存在します。

ここでは、屋根の葺き替え工事の手順について解説するので、気になる方は参考にしてください。

足場の設置

高所での作業になるため、まずは足場を設置します。

 

 

一通り組み終えるのに約半日かかります。

既存の屋根材の撤去

足場を設置した後、既存の屋根材を撤去。

屋根の大きさによって期間が変わってきますが、約2日かかります。

撤去した屋根材は産業廃棄物として処分します。

野地板・ルーフィングの交換

住宅によっては野地板やルーフィングが著しく損傷しているかもしれません。

既存の野地板・ルーフィングを張り替える必要があります。

写真はルーフィングの完了したところです。

野地板は屋根材を支える役割を持っており、野地板を上手く張れていないと風で剥がれやすくなってしまいます。

ルーフィングは防水性を高めるための物。

雨漏りによる被害を抑えるのも屋根修理または屋根リフォームを進める上で重要です。

新しい屋根材への葺き替え

野地板・ルーフィングを交換し終えたら、新しい屋根材を張っていきます。

作業にかかる日数は約2~5日。 屋根の大きさによって作業の日数が変わります。

雨樋・棟板金の交換

新しい屋根材への葺き替えが終わった後、雨樋と棟板金を交換します。

雨樋と棟板金を設置する目的は雨漏りによる被害を最小限にするため。

設置の仕方が甘いと、雨漏りが発生しやすくなります。 作業にかかる日数は約1~3日です。

足場を解体

依頼人が施工の内容をチェックし終えた後、足場を解体します。

施工が終わってから数日後になる場合もあるため、屋根の葺き替え工事を予定している方は注意が必要。 解体後は現場の清掃を行います。

屋根の葺き替え工事にかかる費用

屋根の葺き替え工事にかかる費用は約100万~300万円。

カバー工法に比べ、費用がどうしても高くなります。 発生する費用として、以下のものが挙げられます。

・新しい屋根材の材工費

・棟の設置費用

・野地板の補修費用

・ルーフィングの張り替え費用

・足場の設置費用

・養生シートの設置費用

・軒先の設置費用

・アスベストの撤去費用

成田崇
成田崇
瓦の場合はカバー工法は出来ないので葺き替えの一択になります。

屋根の大きさや屋根材の種類などによって費用に差が生じるため注意してください。

屋根の葺き替え工事の費用に関する対策

屋根の葺き替え工事を依頼したいけど、

十分な費用を用意できないなどの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

補助金を上手く活用し、費用に関する悩みを解消することが大切です。

条件を満たすことで国や自治体から援助を受けられます。

屋根の葺き替え工事で補助金を受け止めるための条件は以下の通り。

・耐震性を向上させることを目的とした工事

・太陽光パネルの設置などで省エネを図ることを目的とした工事

過去に同じ補助金を受けている方や税金を滞納しているなどの問題がある場合、

補助金を受け取ることができないので注意してください。 制度によって、受給者の条件が変わってきます。

【茅ヶ崎市】で屋根の葺き替え工事、その費用とは?!

茅ヶ崎市で屋根の葺き替え工事が完了しました。

葺き替え工事の費用は約180万円

屋根の葺き替え工事で失敗しないためにも、信頼できる業者を見つけることが大切。

予想外のアクシデントに備え、どのような保証内容が用意されているかもチェックしてください。

まとめ

今回の茅ヶ崎市での葺き替え工事のように

屋根の防水シートの劣化から雨漏りするケースはとても多いです。

屋根防水シートの経年劣化には葺き替えをするしかありません

屋根の葺き替え工事を行うためには、いくつもの手順が存在しており、

場合によっては予想以上に工期が長引く場合があります。

100万円以上の費用がかかるので、屋根修理または屋根リフォームを行う際は補助金を受け取れるかどうかも意識したいところ。

屋根は住宅の印象を決める要素だけでなく、雨などから家族や資産を守る役割を担っています。

屋根修理または屋根リフォームを予定している方は業者に一度相談することをおすすめします。

 

 

【茅ヶ崎市】で屋根修理、屋根葺き替えのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【茅ヶ崎市】で屋根の葺き替え工事が完了、屋根からの遮熱とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

茅ヶ崎市でLIXIL Tルーフの葺き替え工事が完了!

もともとの屋根材は陶器瓦でした。

葺き替え工事のメリット・デメリットとは?!

屋根葺き替え工事を行う主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・住宅の寿命を延ばせる

・雨漏りを止めることが出来る

・耐震性を強化できる

これから、屋根のメンテナンスやリフォームを検討している方に向けて各メリットについて説明します。

気になる方は一度参考にしてください。

屋根の寿命を延ばせる

屋根を新しくすることにより、住宅の寿命を延ばせます。

住宅の状態によっては、塗り替えやカバー工法よりも屋根葺き替え工事が適しているケースがあります。

屋根葺き替え工事を行った後、定期的にメンテナンスを行いましょう。

雨漏りを止める

屋根からの雨漏りの大きな原因のひとつに

ルーフィングの劣化が上げられます。

耐振性の強化

今回の茅ヶ崎市のケースのように瓦からTルーフに葺き替えた場合、

屋根の重さを半分以下に出来ます。

屋根のメンテナンスやリフォームを行う上で災害対策を意識することが大切です。

思わぬタイミングで地震や台風などが発生し、

甚大な被害に遭う可能性もゼロではありません。

屋根葺き替え工事を行うことにより、耐震性を強化することができます。

地震などによる被害が心配だと感じている方は屋根葺き替え工事を行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

さらに今回の茅ヶ崎の葺き替えは屋根からの遮熱も?!

 室内をいかに快適にするかが屋根修理や屋根リフォームにおける課題。

暑さや寒さにより、過ごしやすさが変わってきます。

成田崇
成田崇
このシルバーのフィルム(遮熱シートLite)がポイントです

今回は、屋根からの遮熱に「熱シャット工法」を採用。

熱シャットについて解説します。

屋根修理や屋根リフォームなどを予定している方は一度参考にしてください。

熱シャット工法とは

熱シャット工法は通気層と遮熱シートを屋根面に設ける工法。

下の野地板に施工した遮熱シートLiteが熱を反射します。

新鮮な空気を通しつつ、熱気や湿気を屋外に排出します。

熱シャット工法のメリット

熱シャット工法には、一体どのようなメリットがあるか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

主に以下のメリットが挙げられます。

・室内の温度が上がらないようにする

・光熱費の削減

・住宅の耐久性を向上させる

・住宅の軽量化

成田崇
成田崇
屋根に通気層を設けるので建物にもとても良いのです

これから、リノベーションなどを予定している方に向けて各メリットについて解説します。

室内の温度が上がらないようにする

輻射熱を反射させることで室内の温度が上がらないようにするのが熱シャット工法のメリット。

屋根だけでなく、壁などにも遮熱シートを施工することにより、夏の暑さ対策に繋がります。

室内温度に影響を与える屋根裏温度を最大12℃低減します

遮熱シートはストーブなどの輻射熱を室内に反射させる性質があるので、冬の寒さ対策を行えます。

光熱費の削減

空調の効きが良くなるため、光熱費の削減に繋がるのもメリットのひとつ。

日常生活を送る上で光熱費をいかに削減するかも重要です。

エアコンの効きが悪いなどの悩みを感じた際は熱シャット工法を行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

住宅の耐久性を向上させる

屋外に湿気を排出し、住宅の耐久性を向上させるのも熱シャット工法のメリット。

湿気はカビやシロアリなどを発生させる原因です。

カビなどを放置し続けると、見た目の印象が悪くなるだけでなく、住宅の倒壊に繋がる恐れもあります。

耐久性を上げることでメンテナンスにかかるコストを抑えることが可能。

長期間にわたって住み続けるなら、メンテナンスにかかるコストを意識することが大切です。

住宅の軽量化

住宅の軽量化を図るため、新築住宅の工事やリノベーションにかかるコストを軽減できるのもメリットに挙げられます。

屋根以外に遮熱シートを施工する場所

遮熱シートは屋根以外に施工する場所がいくつか存在します。

屋根以外に施工する主な場所は以下の通り。

・床

・壁

・窓

室内で快適に過ごすためには、床の暑さや冷えを対策することが重要です。

床が思っている以上に冷えていて、台所などに移動するのが億劫だと感じた経験がある方が多いのではないでしょうか?

壁に遮熱シートを施工することで空調の効きを良くします。

また、窓に施工することにより、太陽光を反射させることで室内の温度が上がるのを防ぎます。

窓用の遮熱シート自体はホームセンターなどで購入することが可能。

熱シャット工法を行う際の注意点

熱シャット工法をリノベーションなどで取り入れる際、注意しないといけない点がいくつか存在します。

主に以下の点を注意したいところ。

・施工面積が広くなると工期が長引く

・技術が必要

ここでは、各注意点について触れていくので、気になる方は一度チェックしてください。

施工面積が広くなると工期が長引く

施工面積が広くなればなる程、リノベーションなどの工期が長くなります。

工期が長くなることを踏まえた上でスケジュール調整を行うことが大切です。

技術が必要

熱シャット工法を行う場合、結露が遮熱シートに発生しないようにしないといけません。

施工するためには、十分な知識と技術が求められます。

熱シャット工法を行う業者の選び方

熱シャット工法の施工は信頼できる業者に依頼するのが重要。

数多くの業者が存在しているので、どこに依頼すれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

最後に、業者の選び方について解説します。

熱シャット工法の経験が豊富か

熱シャット工法の経験が充実しているかどうかは選ぶ決め手。

施工実績をチェックし、過去にどのような工事に携わってきたか把握することが大切です。 工期や費用なども把握しましょう。

茅ヶ崎市の屋根葺き替え工事はLIXIL Tルーフを採用

Tルーフの主な特徴として、以下のものが挙げられます。

・表面にコーティングされた天然石

・軽量な屋根材なので万全な災害対策

・カバー工法と相性が良い

屋根材を選ぶ上で重要になってくるのが耐震性や耐風性、耐水性。

思わぬタイミングで災害の被害に遭う可能性もゼロではありません。

普段から災害対策を心掛け、被害をいかに抑えるかが重要になってきます。

Tルーフにおける災害対策として、以下の3つが挙げられます。

・軽量化

・専用ビスによるギブス効果

・インターロッキング工法

 

軽量化

1㎡当たり約7kgと軽いのがポイント。

屋根材が軽ければ軽い程、建物にかかる負担を軽減しつつ、耐震性を底上げることができます。

まとめ

茅ヶ崎市で屋根の葺き替え工事を行いました。

茅ヶ崎市での屋根葺き替え工事ではLIXILのTルーフを採用

既存が陶器瓦だったので屋根の重さを半分以下に抑えることが出来て耐震性も向上。

また屋根からの暑さ対策も「熱シャット工法」にて実現

熱シャット工法は通気層と遮熱シートを屋根面に設け、熱気と湿気を屋外に排出する施工。

空調の効きを良くし、光熱費の削減が行えます。

快適に過ごすためには、暑さや寒さをどのように対策するかが重要です。

屋根修理などにおいて何か分からないことがある方は業者に相談してはいかがでしょうか?

場合によっては、思いもよらないアドバイスが頂けるかもしれません。

 

 

 

茅ヶ崎市で屋根遮熱や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

【茅ヶ崎市】で屋根葺き替え工事が完了しました、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

茅ヶ崎市で屋根の葺き替え工事が完了しました

なぜ屋根の葺き替え工事になったのか?

またその費用について解説していきます

成田崇
成田崇
瓦の屋根もきちんとメンテナンスをしていなければ30年程度で寿命を迎えます

 

まずは今回の葺き替え工事予算について

既存瓦の撤去工事で約30~80万円

葺き替え工事の場合は既存の瓦を一度撤去する必要があります

 

屋根の大きさにもよりますが30万円~80万円はかかると思います

 

重たい瓦を移動させるには多くの職人さんの協力が必要なのです

 

足場費用で20~30万円

工事をするのに必須になってくるのが足場工事です

成田崇
成田崇
足場は職人さんの安全だけではなく近隣へ屋根材が飛散しないようにする機能もあるんです

屋根工事で足場を設置したなら外壁工事も同時に行うことがおすすめです。

 

屋根外壁工事をお得にする方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

下地補強のためのベニヤ増し張り約30~80万円

 

特に瓦屋根の場合は屋根下地に「杉板」を使用しているケースが多く

経年劣化により補強しないと新しい屋根材の強度を保てないケースが多いです

 

増し張りの場合はベニヤの金額が大きく影響します

 

屋根の防水はルーフィングで!

今回のように

屋根からの雨漏りの場合は「ルーフィングが原因のことが多い」のです。

 

成田崇
成田崇
30年も経過するとルーフィングは寿命を迎えます

 

合計金額の相場は150万~500万円

これも屋根(建物)の大きさによって変わりますが
一般住宅であれば合計金額は150~500万円程度です

今回は横暖ルーフで葺き替え工事を行いました。

今回の工事費用は・・・・?

茅ヶ崎市での葺き替え工事の費用は約200万円でした。

 

成田崇
成田崇
屋根は何度も手入れをするものでもないので金額よりも「信頼できる会社」や「信頼できる提案」をしてくれる会社にお願いしましょう

屋根葺き替え工事のメリット・デメリットとは?!

同じ住宅に住み続けるなら、普段から住宅の状態に関心を持つことが大切です。

屋根に問題があると、雨漏りなどの問題が発生するかもしれません。

成田崇
成田崇
瓦屋根でもメンテンナスは必要です

定期的にメンテナンスやリフォームを行い、住宅の状態を保ちましょう。

今回は、屋根葺き替え工事のメリット・デメリットについて解説します。

屋根葺き替え工事のメリット

屋根葺き替え工事を行う主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・住宅の寿命を延ばせる

・雨漏りを止めることが出来る

・耐震性を強化できる

これから、屋根のメンテナンスやリフォームを検討している方に向けて各メリットについて説明します。

気になる方は一度参考にしてください。

住宅の寿命を延ばせる

屋根を新しくすることにより、住宅の寿命を延ばせます。

住宅の状態によっては、塗り替えやカバー工法よりも屋根葺き替え工事が適しているケースがあります。

屋根葺き替え工事を行った後、定期的にメンテナンスを行いましょう。

雨漏りが止まる

屋根からの雨漏りの大きな原因のひとつに

ルーフィングの劣化が上げられます。

屋根防水で最も大事なルーフィング(防水シート)について|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
葺き替えを検討されるお宅ナンバーワンは屋根からの雨漏りです、そしてその原因の多くは防水シートの劣化です。

耐震性を強化できる

屋根のメンテナンスやリフォームを行う上で災害対策を意識することが大切です。

思わぬタイミングで地震や台風などが発生し、

甚大な被害に遭う可能性もゼロではありません。

屋根葺き替え工事を行うことにより、耐震性を強化することができます。

地震などによる被害が心配だと感じている方は屋根葺き替え工事を行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

屋根葺き替え工事のデメリット

屋根葺き替え工事はメリットだけでなく、デメリットも存在します。 主なデメリットは以下の通り。

・費用が高額になる

・施工中に雨漏りが発生する可能性がある

・アスベストの問題が浮上する

デメリットを踏まえ、屋根葺き替え工事を行うかどうかの判断が重要です。 ここでは、各デメリットについて説明します。

費用が高額になる

屋根葺き替え工事は屋根塗装やカバー工法に比べ、どうしても費用がかかってしまいます。

既存の屋根材などを処分などの費用がかかるので、注意が必要です。

成田崇
成田崇
皆さんが最も悩まれるのはやはり費用面ですね

屋根のメンテナンスやリフォームを行う際は一体どのくらいの予算があるのか一度チェックしたいところ。

施工中に雨漏りが発生する可能性がある

屋根葺き替え工事を行う際、屋根を取り払うため、

雨漏りが施工中に発生する可能性があります。

業者に依頼する際、天候なども配慮することが大切です。

アスベストの問題が浮上する

屋根材によっては、アスベストが含まれています。

屋根葺き替え工事を行う際、アスベストの飛散対策も求められます。

アスベストの処理に手間がかかるのを踏まえた上で業者に依頼しましょう。

屋根葺き替え工事が適した屋根

屋根葺き替え工事に適している屋根は一体何なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根によっては屋根葺き替え工事が適している場合もあれば、

他の工事が適している場合もあります。

ここでは、屋根葺き替え工事に適している屋根をいくつか紹介します。

屋根のメンテナンスやリフォームを予定している方は一度参考にしてください。

築年数が長い屋根

築年数が長い場合、屋根材が寿命を迎えているかもしれません。

築年数が30~40年を迎えている場合、屋根葺き替え工事をおすすめします。

長期間に渡ってメンテナンスを怠っている屋根

長年、屋根を放置し続けている方もいるのではないでしょうか?

屋根は常に紫外線や雨風、ホコリなどを受け続けています。

紫外線などにより、屋根が劣化します。

屋根によっては、色褪せやヒビ、カビなどが発生しているかもしれません。

長期に渡ってメンテナンスを怠っている場合、屋根葺き替え工事により、屋根材を一新しましょう。

耐震性に不安がある屋根

耐震性に不安がある場合、屋根葺き替え工事で耐震性を補強することをおすすめします。

使用している屋根材が耐震性に優れているかどうかチェックしてはいかがでしょうか?

雨漏りなどの被害が著しい屋根

雨漏りや鳥獣などによる被害で屋根が劣化しているケースも存在します。

屋根をチェックし、野地板などの腐食が見られた際は屋根葺き替え工事を検討したいところ。

屋根葺き替え工事について業者に相談するのが大事

屋根の状態について不安がある場合、業者に一度相談しましょう。

業者からのアドバイスを受け、屋根葺き替え工事を行うかどうか決定することが大切です。

納得のいくメンテナンスやリフォームを行うためには、信頼できる業者を見つけてください。

業者を選ぶ際、情報収集を入念に行うのがポイント。

業者の公式サイトだけでなく、SNSや口コミサイトもチェックしましょう。

工事の内容や費用はもちろん、スタッフの対応など、知っておきたい情報が数多く存在します。

まとめ

茅ヶ崎市で屋根の葺き前工事を行いました。

茅ヶ崎市での屋根葺き替え工事の費用は約200万円でした。

屋根のメンテナンスやリフォームが必要だと感じた場合、

各工事のメリット・デメリットを把握することが大切。

屋根葺き替え工事は屋根の寿命を延ばしつつ耐震性を強化できる反面、費用がかかってしまいます。

築年数が長く、メンテナンスを長期に渡って行っている場合は屋根葺き替え工事を選択することをおすすめします。

思い入れのある住宅に少しでも長く過ごしたいと感じている方は普段から住宅の状態に関心を持ちましょう。

何か不安がある場合は、業者に一度相談してください。

 

 

 

 

【茅ヶ崎市】で屋根修理や屋根葺き替えのご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

 

【茅ヶ崎市】で雨樋(あまとい・あまどい)交換工事完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

茅ヶ崎市で雨樋(あまとい・あまどい)交換工事が完了しました。

雨樋(あまとい・あまどい)の寿命は10~15年程度です

雨樋(あまとい・あまどい)交換は外壁塗装や屋根工事と同時に行うのがおすすめです。

 

茅ヶ崎市で雨樋(あまとい・あまどい)の交換費用は・・・

茅ヶ崎市での雨樋(あまとい・あまどい)の交換費用は約35万円でした。

既存雨樋(あまとい・あまどい)はジョイント部分が割れていたりと

雨樋(あまとい・あまどい)から雨漏りが発生していました。

成田崇
成田崇
結論からお伝えすると雨樋(あまとい・あまどい)を塗装しても性能は向上しません

お施主さんは雨樋(あまとい・あまどい)は塗装していればメンテンスが出来ていると勘違いしていました

 

雨樋(あまとい・あまどい)は塗装する意味あるの?!

雨漏りによる被害を防ぐために設置される雨樋(あまとい・あまどい)を

塗装して意味があるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

長期に渡って安心して住み続けるなら、雨漏り対策を行う必要があります。

雨水が侵入するのを防ぐために雨樋(あまとい・あまどい)の状態に気を配りましょう。

成田崇
成田崇
結論からお伝えすると雨樋(あまとい・あまどい)を塗装しても性能は向上しません

今回は雨樋(あまとい・あまどい)を塗装する意味があるのかどうかについて解説します。

雨樋(あまとい・あまどい)のリフォームを予定している方は一度参考にしてください。

雨樋(あまとい・あまどい)の塗装は意味があるのか

雨樋(あまとい・あまどい)を塗装すると、いろいろなメリットが得られるので塗装する意味はあります。

ただし、丈夫な素材でできているので、すぐに塗装する必要はないです。

雨樋(あまとい・あまどい)を塗装するメリット

雨樋(あまとい・あまどい)を塗装するメリットは以下の2つ。

・劣化のスピードを遅らせることができる

・景観が良くなる

リフォーム・リノベーションを予定している方のために各メリットについて解説します。

劣化のスピードを遅らせることができる

雨樋(あまとい・あまどい)を塗装すると、劣化しにくくなるメリットが得られます。

成田崇
成田崇
雨樋(あまとい・あまどい)は内側は塗りません、劣化するのは内側なんです

少しでも長持ちさせたいと感じている方はリフォーム・リノベーションの際に雨樋(あまとい・あまどい)を塗装するかどうか一度検討してはいかがでしょうか?

景観が良くなる

雨樋(あまとい・あまどい)塗装により、景観を保つことができます。

経年劣化により、雨樋(あまとい・あまどい)塗装の剥がれや錆などが目立つようになります。

景観が損なわれると、印象が下がってしまう点に注意したいところ。

景観を少しでも良くしたいと感じている方は雨樋(あまとい・あまどい)を塗装することをおすすめします。

雨樋(あまとい・あまどい)を塗装するかどうかの判断基準

雨樋(あまとい・あまどい)を塗装するかどうか気極めるポイントはないか気になっている方もいるのではないでしょうか?

景観を保つためにも、普段から住宅の状態をチェックするのが大切です。

ここでは、雨樋(あまとい・あまどい)塗装するかどうかの判断基準について説明します。

雨樋(あまとい・あまどい)が退色している場合

雨樋(あまとい・あまどい)の表面が変色し、雨樋(あまとい・あまどい)が色褪せているかどうかチェックしてください。

 

紫外線により、雨樋(あまとい・あまどい)や外壁などの塗装が変色します。

チョーキング現象が見られている場合

5~8年経過すると、雨樋(あまとい・あまどい)の表面にチョーキング現象が見られるようになります。

チョーキング現象とは、紫外線や雨水に晒され続け、

表面が劣化して粉状に吹き出す現象。 破損しやすくなるので、手に白い粉がついたと感じた際は塗装するかどうか検討してください。

雨漏り対策として普段から掃除するのも大事

雨樋(あまとい・あまどい)によっては、ゴミが溜まっているかもしれません。

ゴミなどが溜まっていると、水が溢れ、雨漏りが発生します。 定期的に雨樋(あまとい・あまどい)の掃除を行い、雨漏りを防ぎましょう。

雨樋(あまとい・あまどい)の塗装はDIYで行うのは危険

雨樋(あまとい・あまどい)の塗装は高所での作業になるため、DIYで済ませようとするのは避けてください。

場合によっては、転倒などの事故が発生する可能性も十分考えられます。

成田崇
成田崇
雨樋をDIYで塗ってしまうと一度塗装を剥がしてからでないと新規に塗装出来ないかもしれません

仕上がりにムラが出て、景観を損ねる可能性もゼロではありません。

雨樋(あまとい・あまどい)を塗装したいと感じた場合は業者に依頼するのが大切です。

20年以上経過していれば雨樋(あまとい・あまどい)の交換は必須

雨樋(あまとい・あまどい)が歪んだり、欠落した場合、新しい雨樋(あまとい・あまどい)に交換しましょう。

災害や飛来物により、雨樋(あまとい・あまどい)が破損してしまう可能性も十分考えられます。

地震や台風などが起きた際は住宅の状態を細かくチェックするのが大切。

場合によっては、雨樋(あまとい・あまどい)以外の場所も破損しているかもしれません。

交換の目安は20年です。

中古物件に住んでいる場合は、築年数から交換する必要があるかどうか判断する必要があります。

成田崇
成田崇
雨樋(あまとい・あまどい)の塗装では美観上の問題解決にしかなりません

交換する方が安く済む場合、塗装ではなく、交換を選択してください。

雨樋(あまとい・あまどい)の塗装を行う際は塗料選びが大事

雨樋(あまとい・あまどい)の塗装を行う際、どのような塗料を使うかが重要。

人によっては、塗料の選び方が分からないと感じているのではないでしょうか?

ここでは、雨樋(あまとい・あまどい)の塗装に用いられる塗料の選び方について説明します。

屋根やサッシに合わせる

雨樋(あまとい・あまどい)の塗装を行う際、屋根やサッシの色に合わせて塗料を選ぶ必要があります。

景観を良くするためにも、統一感を出しましょう。

単価

リフォーム・リノベーションにかけられる予算は一体どのくらいでしょうか?

塗料によって、単価が異なります。 気になる塗料を見つけたら、予算の範囲内かどうかチェックしたいところ。

耐候年数

塗料を選ぶポイントに耐候年数が挙げられます。

耐用年数は塗料によって差があります。

素材と相性が良いか

雨樋の素材に配慮し、塗料を選ぶことが大切です。

塗料によって、相性の良い素材が異なります。

雨樋を塗装する際は、一体どのような素材が用いられているかチェックしてください。

雨樋(あまとい・あまどい)や雨漏り対策について業者選びが重要

雨樋や雨漏り対策について分からないことがある場合、信頼できる業者に依頼しましょう。

施工実績や保証内容、創業年数などを加味し、依頼するかどうか判断することが重要です。

また、口コミから在籍しているスタッフの対応について把握することをおすすめします。

まとめ

茅ヶ崎市で雨樋(あまとい・あまどい)交換の費用は35万円でした

雨樋(あまとい・あまどい)の寿命は20年前後です

普段から状態をチェックし、塗装または交換するかどうか判断したいところ。

場合によっては、交換する方がリフォーム・リノベーションの費用が安く済むかもしれません。

もし、塗装が必要だと感じた際、DIYで済ませようとするのではなく、業者に依頼してください。

 

雨樋工事事例はこちらから

 

茅ヶ崎市で雨樋(あまとい・あまどい)の交換や修理ご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根工事、雨樋(あまとい・あまどい)雨樋修理工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

【茅ヶ崎市】LIXIL Tルーフモダンの屋根カバー工事が完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

茅ヶ崎市でTルーフモダンの屋根カバー工法工事が完了しました

茅ヶ崎市は海沿いのエリアなので

塩害の影響を受けやすく

既存屋根はサビなどが目立っていました。

エリアによって適した屋根材は違います
成田崇
成田崇

茅ヶ崎市でTルーフモダンの屋根カバー工事の費用は

足場なども含めて約160万円でした。

そんな塩害にも強いTルーフとはどんな屋根材なのでしょうか?

 

Tルーフのメリット・デメリットとは?!

今回は、Tルーフのメリット・デメリットについて解説させて頂きます。

 

Tルーフとは

Tルーフは、鋼板と天然石を用いた屋根材です。 LIXILが販売しています。

鋼板は、耐食性に優れたガルバリウム鋼板を採用。 天然石を吹き付けることにより、耐久性を上げているのが特徴に挙げられます。

 

製造しているのはニュージーランドのAHI社です。
成田崇
成田崇

 

Tルーフのメリット

Tルーフには、数多くのメリットが存在します。 まずは、Tルーフのメリットについて説明するので、一度参考にしてください。

 

耐用年数が長い

美観を納入日から10年間保証しているのに対し、腐食による穴開きや亀裂が発生しないことを納入日から30年間保証しています。

 

美観10年、基材30年の安心保証です。

長期間に渡って設置し続けられるのがTルーフのメリットです。

 

経年劣化にとても強い屋根材として有名です
成田崇
成田崇

 

 

耐震性に優れている

Tルーフは1㎡あたり7kgと軽いのも特徴に挙げられます。

軽いことで屋根をカバーしても建物への負担を軽減できます

建物への負担と揺れを最小限にしています。 瓦が落下するのを防ぎ、災害の被害を最小限にできるのもメリット。

また、専用ビスで固定することにより、建物のねじれを抑えます。

重心が高くなればなる程、揺れやすくなります。 地震対策を行う際は、建物の重心をいかに低くするかが重要です。

地震による「揺れ」のイメージ

 

 

耐風性に優れている

屋根面全体化を一体化することにより、耐風性を確保しています。

屋根材が拭く飛ばされにくくし、雨漏りのリスクを最小限にできるのがポイントです。

 

T・ルーフ

 

遮音性に優れている

屋根材と野地板の空気層が雨音を拡散・吸収します。 これにより、騒音対策が行えます。

雨音測定結果

※このデータはT・ルーフクラシックのデータになります。

 

断熱性を高めている

表面にコーティングされた天然石が熱を伝えにくくしているのもメリット。

室内の温度が上がり過ぎるのを防ぎ、住み心地を良くします。

断面納まり図

 

塩害に強い

ガルバリウム鋼板の上に天然石の層がもう一層載っていますので

直接潮風がガルバリウムに当たることも少なく

とてもさびにくい構造になっています

防火性に優れている

不燃性の亜鉛やシリコン、アルミニウムが用いられているため、防火性に優れています。

延焼を最小限に抑えられるのもメリットです。

 

屋根リフォームが行いやすい

Tルーフには、アスベストのような有害物質が含まれていないのが特徴的。

平坦な屋根の場合、重ねて葺くカバー工法を行い、処分する廃材を少なくすることができます。

工期を短くできるだけでなく、リフォームにかかる費用を抑えられるのがポイントです。

カバー工法とは

 

屋根材によっては、カバー工法ができない点に注意しましょう。

また、下地の状態に応じて、既存の屋根材を撤去する場合もあります。

 

バリエーションが豊富

耐震性や耐風性、遮音性などに加え、どのようなデザインがあるかも重要。

Tルーフのメリットにバリエーションが豊富なことが挙げられます。

バリエーションは以下の通りです。

TルーフクラシックN ・Tルーフヴェルウッド ・TルーフモダンN

建物の雰囲気に合ったTルーフを用いることにより、建物の印象を良くすることができます。

 

左から TルーフクラシックN・Tルーフヴェルウッド・TルーフモダンN

今回の茅ヶ崎市での屋根カバー工事では右端のTルーフモダンNを使用
成田崇
成田崇

TルーフクラシックN

TルーフクラシックNは、陶器瓦のようなデザインが特徴的。

重厚感を演出することができます。

天然石の質感を活かしたい場合、TルーフクラシックNを用いてはいかがでしょうか?

カラーバリエーションは以下の4種類です。 ・チャコールグレー ・ライトグレー ・ディープグリーン ・シナモン

 

Tルーフヴェルウッド

Tルーフヴェルウッドは、波型の模様が特徴に挙げられます。

シックな色合いの建物に相性が良いです。 カラーバリエーションは以下の2種類。

チャコール ・ブラウン

 

TルーフモダンN

TルーフモダンNは、濃淡のある天然石が用いられています。

陰影を出すことにより、立体的に見せることができます。

カラーバリエーションは以下の3種類。 ・グリーン ・ブラウン ・チャコール

今回はTルーフモダンNのグリーン色です
成田崇
成田崇

 

Tルーフのデメリット

屋根材のメリットだけでなく、デメリットにも目を向ける必要があります。

ここでは、Tルーフのデメリットについて解説させて頂きます。

 

天然石が剥がれ落ちる場合がある

吹き付けられた天然石が剥がれ落ち、雨桶などに溜まってしまう点に注意しましょう。

施工中と施工直後は剥がれやすく、掃除の手間がかかってしまいます。

ただし、時間の経過と共に剥がれ落ちにくくなります。

 

30年経過したTルーフ同等品、砂は落ちているものの下地までは出ていない

 

 

断熱材一体型のガルバリウムに比べて断熱性に劣る

Tルーフは断熱材一体型のガルバリウムに比べると、断熱性に劣ります。

施工時は断熱材を用いて、より快適に過ごせるようにすることが大切です。

 

費用がかかる

Tルーフは国内生産数が少ない関係上、費用がどうしてもかかってしまいます。

機能やデザインを優先するかどうか一度検討する必要があります。

 

施工できる業者が限られている

Tルーフの施工ができる業者が少ないのもデメリット。

国内生産数が少ないのが理由です。 新築施工やリフォームを行う際は、

Tルーフの施工を行っているかどうか把握する必要があります。

 

まとめ

茅ヶ崎市のTルーフモダンNでの屋根カバー工法の費用は160万円でした

今回の茅ヶ崎市のような海沿いエリアではTルーフモダンNは最適です

なぜならば

ガルバリウム鋼板と天然石を用いることにより、耐久性を確保しているからです

耐用年数が長いのに加え、TルーフモダンNは軽いのがメリット。

バリエーションも豊富なので、さまざまな建物に合わせやすいです。

施工できる業者が少ないので業者は慎重に選びましょう(下請けに丸投げする業者が多い)

また、施工中と施工直後は天然石が剥がれ落ちやすいので、掃除の手間がかかります。

新築施工やリフォームを予定している方は、Tルーフのメリット・デメリットを押さえるだけでなく、

依頼するかどうか悩んでいる業者がTルーフの施工に対応しているかどうかチェックしてください。

 

こちらも併せてごらんください

 

 

 

 

茅ヶ崎市でLIXIL Tルーフのご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

茅ヶ崎市で屋根のカバー工法(オークリッジスーパー)が完了しました、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

茅ヶ崎市でシングル屋根材での屋根カバー工法(オークリッジスーパー)が完了しました

 

数年前に屋根塗装しており

雨シミの形跡が多く残っていました。

成田崇
成田崇
スレート屋根の塗装は美観が良くなるだけで、防水などの性能は向上しません

「屋根塗装は美観のメンテンス」であって屋根の性能は向上しません。

こちらのブログも併せてごらんください

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

茅ヶ崎市でシングル屋根のカバー工法、その費用は?

茅ヶ崎市の屋根カバー工法の費用は約120万円でした。

カバー工法は雨漏りしてからでは遅いので

外壁塗装などのメンテンナンス時に同時に行うことが望ましいです

 

シングル屋根材のオークリッジスーパーってどんな屋根材?!

 

成田崇
成田崇
こちら、オークリッジスーパーのシャトーグリーン色です

屋根材によってデザインや色、性能が異なります。

皆さんはどのような屋根に仕上げたいでしょうか?

今回は、オークリッジスーパーとは一体どのような屋根材なのかについて解説します。

これから、新築住宅の施工やリフォーム、リノベーションを予定している方は一度参考にしてください。

オークリッジスーパーとは一体どのような屋根材なのか

オークリッジスーパーとは、オーウェンスコーニングジャパン合同会社から発売されている屋根材です。

オークリッジの特徴

屋根材を選ぶ際、どのような特徴があるかを押さえておく必要があります。

オークリッジスーパーの場合、以下の特徴が挙げられます。

・優れた耐久性

・優れた防水性

・藻がつきにくい

・雨音に悩まされにくい

・軽量

・優れた作業性

・リフォームにも最適

・アスベストが含まれていない

・防火性に優れている

・デザイン性に優れている

・長期に渡る保証

多くの特徴が存在しており、驚いた方もいるのではないでしょうか?

早速ですが、各特徴について説明します。 屋根材選びに悩んでいる方は一度参考にしてください。

優れた耐久性

オークリッジスーパーは耐久性に優れている点が特徴に挙げられます。

寿命は25~30年。

成田崇
成田崇
視察で訪れたポートランドで見たシングル屋根、アメリカでは200年以上の歴史があります

立地などにより、寿命に差が生じるので定期的にメンテナンスを行い、

長期に渡って住み続けられるようにすることが大切です。

塩害エリアでも強い(サビに強い)

今回の茅ヶ崎市は塩害に悩むエリアでもあります

サビやすい屋根材では屋根のメンテナンスに費用がかかってしまいます。

その点、シングル屋根材、オークリッジスーパーはサビないので安心です

優れた防水性

防水性に優れているのも特徴のひとつ。

雨漏り対策を検討している方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

藻がつきにくい

耐藻性能を上げるため、粒状彩色石に金属をコーティング。

これにより、屋根に藻がつきにくくしています。

藻の繁殖を放置してしまうと、

住宅の劣化を促進させてしまうので注意する必要があります。

雨音に悩まされにくい

オークリッジスーパーは弾力性に優れた屋根材。

雨音が気になりにくいのもメリットです。

快適に過ごすためには、騒音対策に目を向ける必要があります。

騒音の大きさによっては、

ストレスを溜目続けるので注意してください。

軽量

カラーベストや瓦に比べて軽いのも特徴に挙げられます。

屋根材の軽さにより、耐震性が変わってきます。

成田崇
成田崇
スレート屋根(カラーベスト)の約半分の重さです

地震対策を行う際、

屋根材が軽いかどうかも意識したいところ。

優れた作業性

特殊な工具が必要なく、作業性に優れているのもポイントです。

棟や谷も同質の部材の役物で葺けるので、統一性のある仕上がりになります。

リフォームにも最適

重ね葺きができるので、リフォームに適しているのも特徴的。

成田崇
成田崇
施工性や軽さから屋根のカバー工法に適した屋根材です

これから、リフォームでどの屋根材を用いるか悩んでいる方は一度検討することをおすすめします。

アスベストが含まれていない

オークリッジには、アスベストが含まれていません。

長期に渡って住み続けるためには、

屋根材にどのような材料が用いられているかチェックする必要があります。

防火性に優れている

日本における防火認定を受けているのも特徴に挙げられます。

住宅の安全性を高めるためには、防火性に意識したいところ。

火災にいつ巻き込まれるか分かりません。

自分の身や家族、資産を守るためにも防火性に優れている屋根材を選ぶようにしましょう。

デザイン性に優れている

オークリッジスーパーはデザイン性に優れているのも特徴のひとつ。

カラーバリエーションが豊富でさまざまなテーマとコンセプトに合わせやすいです。

おしゃれな住宅に住みたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

オークリッジスーパーのカラーバリエーションは以下の通りです。

・ブラウンウッド

・オニキスブラック

・シャトーグリーン

・エステートグレー

・ハーバーブルー

・テラコッタブレンド

・デザートタン

サンプルを確かめ、テーマとコンセプトに合った色を選びましょう。

サンプルやカタログの手配はこちらから

長期に渡る保証

オークリッジスーパーには、

ライフタイムワランティーと呼ばれる長期間に渡る保証が付いています。

屋根材選びを行う際、補償期間がどのくらいあるかも重要。

制限が設けられているものの、40年以上の保証が受けられます。

これから、新築住宅の施工やリフォーム、

リノベーションでオークリッジスーパーを用いる方は保証内容について一度チェックしてください。

オークリッジスーパーなどの屋根材について業者に相談するのが大事

オークリッジをはじめ、さまざまな屋根材が存在します。

新築住宅の施工やリフォーム、リノベーションを初めて行うので

、分からないことが多いと感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根材について分からないことがある方は業者に一度相談したいところ。

トラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集を入念に行い

、信頼できる業者に依頼することが大切です。

施工実績をはじめ、創業・設立年や在籍しているスタッフ、保証内容などをチェックしましょう。

気になる業者に依頼したことがある方が身近にいる場合、

サービスの内容などを一度聞いてみることをおすすめします。

まとめ

茅ヶ崎市でシングル屋根材、オークリッジスーパー屋根カバー工法

その費用は約120万円でした。

また茅ヶ崎市は塩害によるサビが気になるエリアですので

サビに強い屋根材が求めれます。

オークリッジスーパーは耐久性や防水性などに優れている屋根材です。

カラーバリエーションも多いので、

さまざまなコンセプトやテーマに合わせやすいのもポイント。

長期に渡って住み続けるなら、性能だけでなく、デザインも重要になってきます。

重ね葺きができるため、

これからリフォーム・リノベーションを予定している方は採用するかどうか検討してはいかがでしょうか?

 

 

茅ヶ崎市で屋根のカバー工法のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【茅ヶ崎市】で屋根葺き替え工事、メリットデメリットとその費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

茅ヶ崎市で屋根の葺き替え工事が完了しました

なぜ屋根の葺き替え工事になったのか?

またその費用について解説していきます

成田崇
成田崇
瓦の屋根もきちんとメンテナンスをしていなければ30年程度で寿命を迎えます

 

まずは今回の葺き替え工事予算について

既存瓦の撤去工事で約30~80万円

葺き替え工事の場合は既存の瓦を一度撤去する必要があります

 

屋根の大きさにもよりますが30万円~80万円はかかると思います

 

重たい瓦を移動させるには多くの職人さんの協力が必要なのです

 

足場費用で20~30万円

工事をするのに必須になってくるのが足場工事です

成田崇
成田崇
足場は職人さんの安全だけではなく近隣へ屋根材が飛散しないようにする機能もあるんです

屋根工事で足場を設置したなら外壁工事も同時に行うことがおすすめです。

 

屋根外壁工事をお得にする方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

下地補強のためのベニヤ増し張り約30~80万円

 

特に瓦屋根の場合は屋根下地に「杉板」を使用しているケースが多く

経年劣化により補強しないと新しい屋根材の強度を保てないケースが多いです

 

増し張りの場合はベニヤの金額が大きく影響します

成田崇
成田崇
ウクライナ戦争の 影響でベニヤの金額は倍近くになりました

 

合計金額の相場は150万~500万円

これも屋根(建物)の大きさによって変わりますが
一般住宅であれば合計金額は150~500万円程度です

 

成田崇
成田崇
屋根は何度も手入れをするものでもないので金額よりも「信頼できる会社」や「信頼できる提案」をしてくれる会社にお願いしましょう

屋根葺き替え工事のメリット・デメリットとは?!

同じ住宅に住み続けるなら、普段から住宅の状態に関心を持つことが大切です。

屋根に問題があると、雨漏りなどの問題が発生するかもしれません。

成田崇
成田崇
瓦屋根でもメンテンナスは必要です

定期的にメンテナンスやリフォームを行い、住宅の状態を保ちましょう。

今回は、屋根葺き替え工事のメリット・デメリットについて解説します。

屋根葺き替え工事のメリット

屋根葺き替え工事を行う主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・住宅の寿命を延ばせる

・雨漏りを止めることが出来る

・耐震性を強化できる

これから、屋根のメンテナンスやリフォームを検討している方に向けて各メリットについて説明します。

気になる方は一度参考にしてください。

住宅の寿命を延ばせる

屋根を新しくすることにより、住宅の寿命を延ばせます。

住宅の状態によっては、塗り替えやカバー工法よりも屋根葺き替え工事が適しているケースがあります。

屋根葺き替え工事を行った後、定期的にメンテナンスを行いましょう。

雨漏りが止まる

屋根からの雨漏りの大きな原因のひとつに

ルーフィングの劣化が上げられます。

屋根防水で最も大事なルーフィング(防水シート)について|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
葺き替えを検討されるお宅ナンバーワンは屋根からの雨漏りです

耐震性を強化できる

屋根のメンテナンスやリフォームを行う上で災害対策を意識することが大切です。

思わぬタイミングで地震や台風などが発生し、

甚大な被害に遭う可能性もゼロではありません。

屋根葺き替え工事を行うことにより、耐震性を強化することができます。

地震などによる被害が心配だと感じている方は屋根葺き替え工事を行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

屋根葺き替え工事のデメリット

屋根葺き替え工事はメリットだけでなく、デメリットも存在します。 主なデメリットは以下の通り。

・費用が高額になる

・施工中に雨漏りが発生する可能性がある

・アスベストの問題が浮上する

デメリットを踏まえ、屋根葺き替え工事を行うかどうかの判断が重要です。 ここでは、各デメリットについて説明します。

費用が高額になる

屋根葺き替え工事は屋根塗装やカバー工法に比べ、どうしても費用がかかってしまいます。

既存の屋根材などを処分などの費用がかかるので、注意が必要です。

成田崇
成田崇
皆さんが最も悩まれるのはやはり費用面ですね

屋根のメンテナンスやリフォームを行う際は一体どのくらいの予算があるのか一度チェックしたいところ。

施工中に雨漏りが発生する可能性がある

屋根葺き替え工事を行う際、屋根を取り払うため、

雨漏りが施工中に発生する可能性があります。

業者に依頼する際、天候なども配慮することが大切です。

アスベストの問題が浮上する

屋根材によっては、アスベストが含まれています。

屋根葺き替え工事を行う際、アスベストの飛散対策も求められます。

アスベストの処理に手間がかかるのを踏まえた上で業者に依頼しましょう。

屋根葺き替え工事が適した屋根

屋根葺き替え工事に適している屋根は一体何なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根によっては屋根葺き替え工事が適している場合もあれば、

他の工事が適している場合もあります。

ここでは、屋根葺き替え工事に適している屋根をいくつか紹介します。

屋根のメンテナンスやリフォームを予定している方は一度参考にしてください。

築年数が長い屋根

築年数が長い場合、屋根材が寿命を迎えているかもしれません。

築年数が30~40年を迎えている場合、屋根葺き替え工事をおすすめします。

長期間に渡ってメンテナンスを怠っている屋根

長年、屋根を放置し続けている方もいるのではないでしょうか?

屋根は常に紫外線や雨風、ホコリなどを受け続けています。

紫外線などにより、屋根が劣化します。

屋根によっては、色褪せやヒビ、カビなどが発生しているかもしれません。

長期に渡ってメンテナンスを怠っている場合、屋根葺き替え工事により、屋根材を一新しましょう。

耐震性に不安がある屋根

耐震性に不安がある場合、屋根葺き替え工事で耐震性を補強することをおすすめします。

使用している屋根材が耐震性に優れているかどうかチェックしてはいかがでしょうか?

雨漏りなどの被害が著しい屋根

雨漏りや鳥獣などによる被害で屋根が劣化しているケースも存在します。

屋根をチェックし、野地板などの腐食が見られた際は屋根葺き替え工事を検討したいところ。

屋根葺き替え工事について業者に相談するのが大事

屋根の状態について不安がある場合、業者に一度相談しましょう。

業者からのアドバイスを受け、屋根葺き替え工事を行うかどうか決定することが大切です。

納得のいくメンテナンスやリフォームを行うためには、信頼できる業者を見つけてください。

業者を選ぶ際、情報収集を入念に行うのがポイント。

業者の公式サイトだけでなく、SNSや口コミサイトもチェックしましょう。

工事の内容や費用はもちろん、スタッフの対応など、知っておきたい情報が数多く存在します。

まとめ

屋根のメンテナンスやリフォームが必要だと感じた場合、

各工事のメリット・デメリットを把握することが大切。

屋根葺き替え工事は屋根の寿命を延ばしつつ耐震性を強化できる反面、費用がかかってしまいます。

築年数が長く、メンテナンスを長期に渡って行っている場合は屋根葺き替え工事を選択することをおすすめします。

思い入れのある住宅に少しでも長く過ごしたいと感じている方は普段から住宅の状態に関心を持ちましょう。

何か不安がある場合は、業者に一度相談してください。

 

 

 

 

茅ヶ崎市で屋根修理や屋根葺き替えのご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町