ブログ

本日のテーマ
屋根外壁工事をお得にする方法とは?!

屋根+外壁リフォームで「消え物」の代金を節約!?

 

屋根リフォームや外壁リフォームには

屋根工事・外壁工事費用の他に

「足場組立・足場撤去」費用が必要となる

 

 

 

この

「足場組立・足場撤去」費用は工事完了後には残らないいわば「消え物」の代金

 

消え物の代表は以下のもの

足場費用 20~30万円

洗浄費用 5万~10万円

 

 

屋根・外壁工事を同時にすることで

合計25万円~40万円程度節約できる

費用ということになります。

 

足場系リフォームってなんだ?!

あまりピンとこないかもしれませんが

住宅外部のリフォームの多くは「足場が必須」となります。

 

想像してほしいのですが

「足場も無く不安定な場所で良い仕事が出来ますか?」

 

 

 

職人さんは高い場所は慣れているから平気なんじゃ?

と思う方もいるかもしれませんが

「危険な場所は誰でも怖い」んです。

 

さらに

墜落・転落災害の防止のため安全衛生規則(抜粋)

2m以上の場所には足場をかけるように決められています。

 

もし自宅リフォームで職人さんの転落事故が起きて

大けがとかになったら嫌ですよね。

 

 

 

実は足場が必要なリフォームとは!?

 

・屋根リフォーム

・屋根補修工事

・屋根塗り替え

・外壁リフォーム

・サイディング工事

・外壁塗り替え

・外壁シーリング工事

・雨樋交換工事

・雨樋補修工事

・雨樋清掃

・破風補修工事

・軒天補修工事

・太陽光パネル取り付け

・太陽光パネルメンテナンス

・2階以上窓の雨戸交換、取り付け

・天窓交換工事

・天窓補修工事

 

ざーと書きましたがかなりありますね

 

 

長期目線で考える

 

「壊れたからその都度直している」というかたもいますが

いっぺんに直す方が値引き交渉もしやすく

トータルで考えると確実にお得です。

 

さらにこれはすべてに言えることですが

「事前対応」しておくことが最も割安です。

 

「壊れたから直す」だと

時間的な余裕もなく交渉も出来ずに選ばないといけません。

 

住宅のメンテナンスのペースはどの住宅もほとんど一緒です。

 

足場設置時にリフォームできることはやってしまいましょう!

 

 

成田 崇

・かわらぶき2級技能士

・瓦屋根工事技師

・瓦屋根診断技師

 

趣味

サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

 

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。