ブログ

本日のテーマ
エスケープレミアムシリコンってどんな塗料?!

ラジカル制御型塗料

 

そもそも外壁劣化のメカニズムを知る必要があります。

従来の汎用塗料は

「紫外線」や「雨水」などの影響で塗膜の中に「劣化因子」⇒ラジカル が発生し

結合剤として使用される樹脂の結合が破壊され、

 

塗膜劣化の原因になる

 

ようは

 

劣化を防ぐには「ラジカル」の発生を抑制する

 

必要があるということになります。

 

ラジカルによって発生する代表的な塗膜劣化は

「チョーキング」と呼ばれる白亜化現象です

 

 

ちなみに、ラジカル抑制機能のない「シリコン塗料」も存在

するのでそのあたりも気を付けて下さい。

 

気になるお値段は?!

 

実はラジカル制御型以外の「シリコン塗料」とそれほど変わらないんです

 

延べ床 30坪

塗り面積 120㎡ 程度の住宅で

70万~90万円程度です

 

 

 

低刺激の水性塗料

塗料には大きく分けて2種類あります

 

「弱溶剤系の塗料」と

「水性塗料」です。

 

弱溶剤とは簡単に言うと「シンナー」です

 

シンナー系最大のデメリットは

工事中の刺激臭です

 

それを緩和されるメリットが

水性塗料(プレミアムシリコン)にはあります。

 

発売されたのは2015年

 

発売は2015年なので、自然環境での耐久性の実証は無く

一般住宅ではまだ経過観察中の塗料なんです

 

 

期待対応年数は13~15年

 

メーカによる実験では13年から15年と謳っていますが

 

上記にもあるように経過観察中の塗料

であることには変わりなく

 

ただそれほど金額差も無く

ラジカル抑制機能のない塗料に比べれば

効果は期待できると思います

 

この記事を書いた人

 

 

 

 

 

成田 崇

・かわらぶき2級技能士

・瓦屋根工事技師

・瓦屋根診断技師

 

趣味

サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

 

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 

 

本日のテーマ
屋根外壁工事をお得にする方法とは?!

屋根+外壁リフォームで「消え物」の代金を節約!?

 

屋根リフォームや外壁リフォームには

屋根工事・外壁工事費用の他に

「足場組立・足場撤去」費用が必要となる

 

 

 

この

「足場組立・足場撤去」費用は工事完了後には残らないいわば「消え物」の代金

 

消え物の代表は以下のもの

足場費用 20~30万円

洗浄費用 5万~10万円

 

 

屋根・外壁工事を同時にすることで

合計25万円~40万円程度節約できる

費用ということになります。

 

足場系リフォームってなんだ?!

あまりピンとこないかもしれませんが

住宅外部のリフォームの多くは「足場が必須」となります。

 

想像してほしいのですが

「足場も無く不安定な場所で良い仕事が出来ますか?」

 

 

 

職人さんは高い場所は慣れているから平気なんじゃ?

と思う方もいるかもしれませんが

「危険な場所は誰でも怖い」んです。

 

さらに

墜落・転落災害の防止のため安全衛生規則(抜粋)

2m以上の場所には足場をかけるように決められています。

 

もし自宅リフォームで職人さんの転落事故が起きて

大けがとかになったら嫌ですよね。

 

 

 

実は足場が必要なリフォームとは!?

 

・屋根リフォーム

・屋根補修工事

・屋根塗り替え

・外壁リフォーム

・サイディング工事

・外壁塗り替え

・外壁シーリング工事

・雨樋交換工事

・雨樋補修工事

・雨樋清掃

・破風補修工事

・軒天補修工事

・太陽光パネル取り付け

・太陽光パネルメンテナンス

・2階以上窓の雨戸交換、取り付け

・天窓交換工事

・天窓補修工事

 

ざーと書きましたがかなりありますね

 

 

長期目線で考える

 

「壊れたからその都度直している」というかたもいますが

いっぺんに直す方が値引き交渉もしやすく

トータルで考えると確実にお得です。

 

さらにこれはすべてに言えることですが

「事前対応」しておくことが最も割安です。

 

「壊れたから直す」だと

時間的な余裕もなく交渉も出来ずに選ばないといけません。

 

住宅のメンテナンスのペースはどの住宅もほとんど一緒です。

 

足場設置時にリフォームできることはやってしまいましょう!

 

 

成田 崇

・かわらぶき2級技能士

・瓦屋根工事技師

・瓦屋根診断技師

 

趣味

サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

 

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 

 

本日のテーマ
外壁塗装 色選びについて

理想のワントーン暗めを選ぶ

 

サンプルから色選びをするときは

イメージしているよりも「彩度と明度をワントーン下げる」

ことがとても重要です。

 

なぜならば

大きな面で見たとき数倍明るく明るく鮮やかに見えるから

 

A4サイズの色サンプル板 通称「塗り板」

 

塗り板よりも

薄い色はさらに薄く見え

濃い色はさらに濃く見える

 

色選びは屋外で

 

光は光源によって見え方が大きく変わります。

色サンプルや見本帳などを室内で見るのはもちろん

 

かならず色は屋外で確認してください

近所で理想の色イメージを見つける

 

実は理想のイメージを見つけるには

実は近所の散歩が一番って知ってましたか?

 

 

 

なんかいい雰囲気だなぁっと思える建物を探してみてください

 

色見本帳を自宅外壁に合わせてみる

 

 

大体の色イメージが固まったら

色見本帳を取り寄せます(いらか手配)

 

その何パターンかを実際に自宅外壁に当ててみましょう

 

 

そうすることで

「もう少し明るい色がいいな」とかいろいろと発見があると思います。

 

注意点は「実際に自宅外壁と比べること」です。

色が変わらない部分とは?!

 

さあ、全体のイメージは大体決まりました。

 

でも少し待ってください

 

色が変えられる箇所と

そうでない箇所があるのはご存じでしたか?

 

 

変えられない箇所

 

・アルミサッシ

・アルミ雨戸

・雨戸レール

・アルミ面格子

・玄関ドア(木製を除く)

・タイルや石張りなど

 

 

アルミには塗装出来ない(すぐに剥がれる)ので注意が必要です。

 

外壁色は汚れる前提で選ぶ?!

 

ほんの少し汚れただけで目立ってしまうのが

純白の家

また色褪せに最も弱いのは漆黒のような黒です。

 

外壁色は汚れる(劣化する)

前提で選んだ方が良いです

 

なぜならば簡単に掃除は出来ないからです。

 

「洗車出来ないとしたらどんな車の色にしますか?」と考えると良いかもしれません。

 

成田 崇

・かわらぶき2級技能士

・瓦屋根工事技師

・瓦屋根診断技師

 

趣味

サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

 

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 

 

本日のテーマ
お客様インタビューへ行ってきました

屋根・天窓・外壁塗装工事の終わったお客様 に

 

その感想を聞いてきました

 

 

我々としては 一番いい 方法で 工事を進めているつもりではありますが

 

果たしてお客様にとって それは 良かったのか? を振り返れるからです

 

今回のお客様は満足していただいたようで ほっとしました

 

ただやはり 気づきはとても多く

 

当然といえば当然ですが お客様の目線と 我々の目線は全く違います

 

 

 

 

今後の 対応などなど深い学びになりました

 

お客様に直接聞くことの出来る 機会があるというのは とても幸せなことで

 

営業はもちろん、職人さんへも伝えていきます。

スタッフ募集中

現在㈱いらかではスタッフを募集しております

 

 

未経験者大歓迎

 

 

 

 

一緒に仕事を楽しみましょう!

 

詳細はこちらから!

 

 こちらも併せてごらんください

 

成田」