ブログ

屋根塗装はなぜダメなの?!

何度もお伝えしてますが

 

今日はスレートの屋根塗装について。

 

何度も申し上げている通り スレート材の屋根塗装は リスクがあります

 

最大のリスクは 縁切りをしない事です

 

ここに 全く塗装をしていないスレート屋根 を外したものがあります

 

 

うっすらと白い線が見えますでしょうか

 

 

この線が 雨が降った時に 屋根材の中にどこまで水が入っているかを示す線です

 

全く塗装をしていない状態でも 釘の穴ギリギリまで水が来ていることがわかります

 

 

この赤い丸が 釘の穴です ここまで 雨水が到達してしまうと

 

 

雨漏りする可能性が高まります

 

縁切りというのは 本来は屋根材の下に逃げてしまう水を 止めてしまうことです

 

塗装をして縁切りをしていない状態

完全に雨水の逃げ道を塞いでいる

 

 

全く塗装してない状態でもココまで水が上がっているということは

 

縁切りしなければ すぐに到達してしまうでしょう

 

 

こちらも併せてごらんください。

 

また縁切りしたといっても 多少でもくっついた部分があればそれもまた危険と言えるでしょう

 

ですのでスレート屋根塗装に関しては 特に慎重に進めなければいけません

天窓(トップライト)の 新設工事が始まりました!

天窓(トップライト)新設工事は 何もない屋根に穴を開け天窓(トップライト)をつけます

 

 

今回のお客様は 採光もそうですが 通気を重視されて天窓(トップライト)新設工事しました

天窓(トップライト)には 採光の他に 開け閉めにより通気 という性能があります

 

その効果は 通常の壁につけられている窓の 4倍と言われています

 

確かに熱は上にこもるので それを抜くことができれば 大きな効果が期待できるでしょう

 

まずは 既存の屋根材を剥がし 野地板を切ります

 

 

この時に 家の中の補強も同時に行います

 

屋根を開口した後は 新しく天窓(トップライト)を載せます

 

 

今回は スカイビューシリーズVS電動タイプの天窓(トップライト)です

 

 

VS電動タイプは 手元のリモコンで 天窓(トップライト)を自動開閉することができます

 

また 急な雨にも対応できるように 吹込みセンサーが標準で 付いております

 

 

これがとても便利で 突然雨が降ってきたとしても天窓(トップライト)が自動で閉まるシステムです

 

天窓を載せた後は「雨仕舞い」です

雨仕舞は雨漏れさせないための特殊な技術です。

 

 

 

天窓も屋根の一部です。

屋根は屋根の専門家にお願いしてください。

 

 

 

 

今日は 天窓(トップライト)を載せ屋根工事を完了させました。

 

 

 

室内はまだ途中なのでこれからが楽しみです

瓦屋根の優位性って?!

最近は板金屋根や シングル材などが人気ありますが

 

調査で伺った古いお宅の屋根を見たりするとやはり

 瓦屋根の優位性を 感じずにはいられません

 

このお宅も30年過ぎていますが ほとんど補修する場所もなく全く問題ないような状態でした

 

 

 

もしこれが スレートだったらおそらく 葺き替えかカバー工法の提案をしていると思います

 

今そうなると100~200万というコストがかかってくる可能性が高いということです

 

では建築当時に それだけ差があるかというとそんなことはありません

 

おそらくスレート屋根の1.2倍とか1.3倍程度なのかなと思います

 

それが30年経ってスレート屋根はほとんど価値がなくなってしまうのに対して

 

 

 

瓦屋根はまだこうやって綺麗な状態を保っています

 

そう考えるとやはり瓦屋根というのをもう一度見直す必要があるのかなと

大切な資産を守るという意味でも瓦は優位だと私は思っています

鉄板大波って?!

鉄板大波 について

 

いわゆる波トタンと呼ばれているものは

 

鉄板小波と呼ばれていて 今回の鉄板大波はなかなか住宅で使う機会は少ないです

 

鉄板小波は 倉庫や物置に使う材料というイメージで

あまりいい印象をもたれないので敬遠されがちですが

 

 

鉄板大波は そんなことはありません

 

今回は キャンプ施設の 外壁に使っていますが

 

性能も高く施工性も良いのでとてもオススメの外壁材です。

 

 

 

クリアのものもありかなり今っぽい感じになりますよ。

 

古くなったTルーフってどんな感じなの?!

耐久性が高いといわれているTルーフの 古い ものをたまたま見かけました

 

過去 海外では 見たことがありましたが 国内では初めてでした

 

 

30年近く経過したTルーフです

 

Tルーフは 商品名で 製造しているのは ニュージーランドのAHI社です

 

国内で流通している 天然石の乗った屋根材を 作っているのは

ほぼこのニュージーランドのAHI社です

 

 

 

写真の屋根材は ブラウンだと思います

 

汚れなどにより 黒い部分が目立ちます

 

屋根材自体の色はそこまで変わってないと思いますが

このように黒く汚れるということがよくわかりました

 

ということは 見た目も変わらないものを望むのであればブラックを選ぶことが最良かと

 

ちなみに屋根材自体は全く問題なく 外れそうな場所もなく

 

さすが耐久性の高い屋根材だということを 再認識させられました。

 

ROOGA(ルーガ)ってなに?!

ROOGA(ルーガ)鉄平の工事が完了しました

 

ROOGA(ルーガ)とは?!ケイミューが 販売している 軽量のセメント瓦です

 

 

特徴は 1㎡20kg程度と軽量であることと

屋根材自体に厚みがあるので 平板瓦のように見えることです

 

性能としては 瓦同様に 断熱性や 遮音性に優れており

 

 

また野地板と 瓦の隙間に空気層があるため 屋根材と野地板がベタっと張り付くこともなく 通気しています

 

瓦は重くて ちょっと怖い と思っている方には

 

 

ROOGA(ルーガ)を進めることが多いです

 

また素材自体が 割れにくいこともあり 瓦に比べて扱いやすい屋根材となっています

 

 

今回は ストーンブラック色で 屋根を葺きました

 

誰でも出来る!? 瓦屋根の簡単チェック方法について

 

今日は 誰でも出来る簡単なチェック方法をお伝えしたいと思います

 

「屋根のこと= 専門知識がなければわからない」

 

と考えている方は多いと思います。

 

ポイントさえ掴んでしまえばそんなことはありません

 

今日は 簡単にできる自宅の屋根のチェック方法をお伝えしたいと思います

 

まずは最も簡単なのは 「2階の窓から1階の屋根を見る」

 

これは特殊な道具はしごやカメラなどが必要ありません

 

どこを見るかというと 瓦場合 鬼瓦の裏側を見てください

 

このように 鬼瓦の裏側は漆喰が塗ってあります

 

これが正常な状態です。

 

 

 外れちゃった場合はこうなります。

 

なぜかと言うと ここから 水が入ると 屋根土が傷んでしまうからです

 

あの漆喰が無くなると屋根土に雨水が当たりやすくなる 

 

 

ここの漆喰は 表面に出ているので 外れやすく

 

ここが傷んでいるとその他も全体的に傷んでいる可能性が高いです

 

ですので写真のような状態であれば 早めの点検が必要です

 

 

また 谷と呼ばれる 板金部分もあります

 

ここも 塗装が剥がれていたり サビが目立つようであれば 補修や点検が必要です

 

訪問してくる業者が いろいろ言ってくるとは思いますが

 

一度落ち着いて 2階の窓から 1階の屋根を眺めてみてください

 

瑞牆山へ登ってきた。

山梨県の 瑞牆山に登ってきました

 

本当は 八ヶ岳の赤岳に行こうと思ったのですが

 

赤岳の天候があまり良くなかったので 瑞牆山に変更しました

 

 

 岩場が多くロッククライミングのフィールでもある

 

 

トレイルはもう少し 紅葉してるかなと思いましたが

 

 

 

この時オーダーした山と道mini  

 

 

そうでもなくて少しがっかりしましたが

 

久しぶりのハイキングがとても気持ちよく

 

朝のピリッと冷えた空気を感じてきました。

 

 この富士見平小屋で 金峰山が瑞牆山 の分岐点になります

 

金峰山でも良かったのですが そちらも天候がイマイチっぽかったので瑞牆山にしました

 

山頂からは八ヶ岳がよく見え

 

 

奥に見えるのが八ヶ岳 山頂は雲で覆われている

 

思いっきり雲がかかっているのもわかりました(笑)

 

おそらく雪も降っていたと思います

 

年内にもう一度行きたいですね。

 

成田

屋根外装工事協会 定例会 KYOZIN

昨日は 屋根外装工事協会の 定例会で かなり久しぶりに都内に行きました

 

 

ここでも何度か お伝えしている KYOZINシートについてでした

 

 

このKYOZINシートは 恵和株式会社が開発した 特殊なシートで

 

1番のすごいところは 耐用15年と年数がとても長いというところです

 

 

 

 

通常のこういったシートは 良くても5年早いと2.3年でダメになってしまいます

 

 

ところがこのKYOZINは 15年程度はなんでもないそうで

 

とても期待が持てます

 

さらに 施工も簡略化されていて 非常に軽量です

 

これからがとても楽しみです

 

 

瓦屋根の漆喰(しっくい)が落ちてきた、大丈夫でしょうか?!

「瓦屋根のしっくいが落ちてきた」

 

 

このような問い合わせがとても多いです

 

このしっくいが落ちてきたことにより すぐに 雨漏りしてしまうのか

 

ということを解説したいと思います

 

結論から言うと「 漆喰の崩れ は雨漏りには直結しません」

 

ただ メンテナンス時期であることは間違いないでしょう

 

なぜならば 漆喰は 屋根土の表面に塗ってあるものです

 

 

漆喰が剥がれてきたということは

 

中の屋根土が劣化して砂状になっている可能性が非常に高いです

 

 

この写真のお宅もそのような状態で 中の屋根土に湿気がもうなく 粘着力もなく

漆喰が崩れだしました

 

こうなってしまうと 漆喰の塗り替えだけでは 済まないケースの方が多いです

 

なぜかというと屋根土も傷んでいるからです

 

 

その場合は 棟の取替工事(棟取り直し)が必要になってきます

 

瓦屋根は メンテナンスがいらないと思っている方が多いと思いますが

 

それはあくまでも瓦自体には必要ないかもしれないけども

 

防水シート(ルーフィング)であったり 棟であったりは

 

最低でも20年に一度は メンテナンスが必要になります。

職人瀬戸の天窓交換レポート!

今日はコロニアルにTルーフがカバー工法
された屋根を2重に剥がし
天窓(トップライト)交換工事でした

 

新規の屋根材はリッジウェイです

天窓はYKKAP1305からベルックスFCM 4622への
天窓(トップライト)オーバーサイズ工事です

まず、室内をしっかりと養生し

 
カバー工法された屋根を撤去し
天窓(トップライト)の枠のみを残しました

 

次に既存の枠を新規の枠がハマるように加工し
L金具などで補強しました

FCMは施工完了後に窓枠を取り付けるので

 

 

本日は天窓(トップライト)取り付け、ルーフィング、荷揚げ工事までとなりました

 

大変だったのは
カバー工法された屋根材を撤去したり
天窓(トップライト)枠を綺麗に加工して小さくするので
とても気を使う作業でした

 

 

 

一緒に作業してくれた職方の佐藤くんや川口さん
と連携し、現場を見に来てくれた営業の片倉さんとも打ち合わせをし


上手く納める事が出来た結果となり
楽しくもあり作業に真剣に取り組む事が出来て
とてもやりがいのある工事でした

屋根工事完成が楽しみです

 

職人 瀬戸和哉

入社から4ヶ月目に入った 菊池が 1人で屋根施工!

入社から4ヶ月目に入った 菊池が 1人で屋根を施工しています

 

全く 別業種から 入社した菊池

 

不安なこともたくさんあったと思うけど 持ち前の ポジティブな姿勢で

 

壁をどんどん乗り越えてきました

 

 

 成田屋のスタッフの中で 誰よりも 大きな声で 朝のあいさつをし

 

誰よりも 真剣に 仕事に取り組んでいたと思います。

 

親方は 自分より年下の佐藤でした

 

親方佐藤とのコンビもとてもよく

 それも彼の 成長スピードを加速させた大きな要因です

 

社員登用試験においても 過去最高得点を叩き出し その存在感を見せつけました

 

これからの成長が楽しみでしかない25歳

 

 

もしかしたら 2年後ぐらいには 職人見習いを連れて

 仕事をする 彼の姿があるかもしれません

 

期待していますよ!

スレート屋根が 割れたまま 放置するとどうなるのか?!

スレート屋根が 割れたまま 放置するとどうなるのか?!

 

を解説したいと思います。

 

結論からお伝えすると 最悪の場合雨漏りします

 

なぜかと言うと

 

スレートの 構造に その 理由があります

 

 

スレート屋根というのは 見えない部分に釘を打ち 留め付けていきます

 

ですので その上の屋根材が 割れてしまうことにより

 

下の屋根材の釘が出てきてしまいます

 

 

 

 

釘というのは 防水シートを貫通して 野地板に留め付けていますので

 

 

釘の穴から じわじわと入って行く可能性があります

 

 

新築などで スレートの施工中に 多少 水が入ってしまったりという事例があります

 

それも理屈は同じで 釘が見えているということは

 

穴が見えていると同じです

 

 

というわけで

スレートが割れてしまった のであれば なるべく早く 補修することをお勧めします。

ニチハ パミールの葺き替え工事

パミールの現場の 屋根葺き替え工事が始まりました

 

 

パミールとは?!

 

アスベスト含有のものが禁止になった直後の1996年~2008年にかけて製造販売されたノンアスベスト製品で、15年前後で剥がれたり釘が錆びて屋根材がずれ落ちたりという不具合が発生している屋根材です。 石川商店HPより

 

 

パミールの特徴としては ミルフィーユ現象と呼ばれる

屋根の断面が ミルフィーユのように複層になり パリパリと割れてしまうような現象です

 

この状態ですと 塗装はおろか カバー工法も厳しくなってきます

 

 

さらに パミール の多くは釘が錆びていることや

ルーティングが張り付いてしまっているのでそれも踏まえて 葺き替えがおすすめです

 

今回もそのような理由から 葺き替え工事となりました

 

 

このパミール 強風 などにより 飛ばされることもある屋根材ですので

 

注意が必要です。

一ノ瀬瓦工業さんの現場へ!

昨日は 一ノ瀬瓦工業さんの現場を見学してきました

 

一ノ瀬さんは 山梨の会社なので 神奈川で仕事をするという機会はすごく少ないと思います

 

今回は 鎌倉でのお仕事でしたので 見学させてもらいました

 

 

古民家を 富山県から ここ鎌倉へ移設して 再現するというプロジェクトです

 

屋根にもかなりこだわり 大栄窯業さん 銀古美という瓦を使っています

 

 

この銀古美という瓦 もともと 古くなり味わいの出た瓦のような風合いを始めから再現しています

 

以前社員旅行で 淡路に訪問しようとした際に 私が行きたかった窯元です

 

 

コロナの影響で行けなくなってしまいましたが

 

大栄窯業さんへはコロナが明けたらまた行きたいなと思います

 

 

現場は 江ノ島まで見渡せるような景色の良い現場でいかにも鎌倉らしい風景が見られました

 

一ノ瀬さんありがとうございました。

屋根塗装で塗った方がいい場所とは?!

屋根は塗装する必要がないと思っていますが

 

 

1つだけ塗ってもいいかなと思う箇所はあります

 

それが スレート屋根の 板金部分です(主に棟板金)

 

 (サビと劣化で外れかかっている)

この板金部分に関しては サビ始めると 元に戻すことはできなくなります

 

サビているということは 下地の 木材もいたんでいるので

 塗ればいいという単純な話ではありません

 

例えば 海の近くなので 下地木材は傷んでいないけれど

板金が錆びているという場合は 塗った方がいいでしょう

 

 

写真のように 一度棟板金が錆びてしまうと 元に戻すことはできません

 

 

ですので 塗ることをお勧めする場合もあるにはあります。

 

ただ、基本的には塗る必要はないですよ!

長野の石井瓦工業さんへ

先日ですが 長野の石井瓦工業さんに 再度訪問しました

 

 左から 成田 石井社長 石川社長

 

 

3年程前 成田屋商店が エンドユーザーに力を入れたいと 強く思っていた時に

石井社長に会いに行きました

 

石井社長は すでに その時エンドユーザーをかなりやっていて

どうしたらそんな風になれるかって言うのを聞きに行ったのを覚えています

 

また 従業員満足度に関しても とても熱心にやっており

それもすごく勉強になったのを覚えています

 

その中でも1番印象に残っているのは

「人と同じことをしてはダメだ」ということでした

 

確かに人と同じことをしていれば競争もあるし

人と同じということは結果も同じになる

それでは自分の目指す会社のやり方とは違うな という部分も多く

当時はすごく考えさせられました

 

 

今回は石川商店の石川社長と一緒に 石井さんを訪問し

アスマイルという新しいショップも訪をさせてもらいました

 

 

いろいろな 会社によってさまざまなやり方があるけれど

1つの成功モデルとして とても学びの多い訪問でした

 

石井瓦工業さんや石井社長どうもありがとうございました

屋根が大きく4000枚近く瓦を剥がしへ!

昨日は70坪もある
滅多ににない
大人数での瓦剥がし
コンパネ貼りを致しました

 

 

揚げ機1箇所では多分終わらなかったです

ハシゴ2機持っていき2箇所掛け

屋根を半分に分け
15人を社員、手間請、解体半分ずつに分けスムーズに終われました

慣れない解体屋さんや外注さんと社員で組む事で周りを見ながら作業したので
考えながら仕事するのが大変でした

全体的に大変だったのは
とにかく屋根が大きく4000枚近く瓦を剥がし降ろす作業でした

 

 

手渡しする事などで大変さを軽減しました

頭を瀬戸、佐藤に分け
朝、事前に全員に作業説明を周知したので
まとまりもあり
それは良かったかと

気をつけてた点は
雨も降ったりしたので

いかに瓦を、早く下ろし雨仕舞いまで取るかに気を使いました。

 

職人 瀬戸和哉

大磯駅前洋館

昨日は 現地調査で大磯へ

 

少し時間があったので 駅前の 大磯駅前洋館を見てきました

 

 

平塚市から一駅なのにかなりのどかな大磯駅周辺

 

この建物は 100年以上前の物で 屋根はスレート葺きと書いてありました

この時代のスレートは天然スレートです。(セメント板ではない)

 

 

 

少し高い場所にあるので 屋根がどのようなものであるかというのはわからなかったんですけども

 

外壁が 板張りだったり 内装は漆喰だったりと かなり貴重な仕上がりになっていました

 

 

よく見ると スレート葺きの屋根に 鬼瓦のような飾りが乗っかっています

 

現在は レストランとして 使用されているようなので 今度一度中にも入ってみようと思います。

成田屋商店の youtubeチャンネルって?!

成田屋商店の youtubeチャンネルについて

 

屋根tube研究所 という屋根のことばかりのyoutubeチャンネルを開設しています

 

理由は 「屋根で損をする人をなくしたい」からです。

 

屋根というのは 住宅購入時皆さんそれほど気にしません

 

なぜならば ほとんど見えないからですね

 

 

ただ 住宅の トラブルで 困ることの上位には雨漏りがあります

 

雨漏りは 事前対応をしておけば それほど起こることではありません

 

が コストを重視したり 一切を住宅を販売する会社に任せてしまったり すると

 

失敗する可能性が高まります。

 

結果 10年後 15年後ぐらいに 大きな出費が発生する可能性が高くなります

 

お客様とのやり取りで やはりこのような事例は後を絶たず

 

後悔されている方が 多いと思います

 

少しでも 分かりやすく 住宅や屋根で損をしないような 内容をどんどん公開して行きたいと思います

 

 

チャンネル登録のほうよろしくお願いします