ブログ

本日のテーマ
エスケープレミアムシリコンってどんな塗料?!

SK化研「プレミアムシリコン」ってどんな塗料?!

建物の施工を行う際、さまざまな塗料が用いられています。

塗料によって、それぞれ違った特徴があります。

納得のいく新築住宅の施工やリフォームにするためにも、どのような塗料があるか知っておきたいところ。

今回はSK化研のプレミアムシリコンについて解説します。

住宅の塗装などに関心のある方は一度チェックしてください。

プレミアムシリコンとは

プレミアムシリコンは、SK化研が製造・販売している外装用塗料。 上塗りに用いられます。

トリプルガードと呼ばれる方法で劣化因子とも呼ばれているラジカルを抑え、チョーキングになりにくくします。

成田崇
成田崇
大手ハウスメーカーのリフォームでもよく使われている塗料です

プレミアムシリコンに用いられているトリプルガードは以下の通り。

・超耐候形特殊シリコン樹脂

・高緻密有機シールド層

・高緻密無機シールド層

超耐候形特殊シリコン樹脂は樹脂の分解を抑えつつ、ラジカルを補足します。

高緻密有機シールド層は、無機顔料とハイブリットシリコン樹脂との分散性をコントロールしつつ、

ラジカルの発生を抑えます。 高緻密無機シールド層はラジカルの発生を抑えつつ、無機顔料の表面を保護。

プレミアムシリコンの種類

SK化研のプレミアムシリコンは上塗材と下塗材を合わせると、全15種類存在します。

上塗材は以下の11種類。

・プレミアムシリコン:最も標準的な外壁塗装用の塗料

・プレミアム弾性シリコン:塗膜が伸び縮みするため、ひび割れしやすい素材に有効

・プレミアム無機:無機系樹脂を用いて耐用年数を高めた塗料

・プレミアムマルチカラー:多彩模様で塗装したい場合に用いられる塗料

・プレミアムNADシリコン:鉄部の塗装に用いられる塗料

・プレミアムUVクリヤーF:外壁の下のデザインを残したい場合に用いられる塗料

・プレミアム無機マイルド:寒冷地に適した塗料

・プレミアムシリコンBIO:防カビ性・防藻性に優れた塗料

・プレミアムUVクリヤーSi:コーティング用の塗料

・プレミアムルーフSi:防カビ性・防藻性に優れた屋根用の塗料

・一液プレミアムルーフシリコン:寒冷地でのトタン屋根の塗装に適した塗料 下塗材は以下の4種類です。

・水性SDサーフエポプレミアム:窯業系サイディングかつ上塗材が水性の場合に有効

・マイルドSDサーフエポプレミアム:窯業系サイディングかつ上塗材が油性の場合に有効

・水性ハイブリッドシーラー:無機系や光触媒系のコーティングが施された外壁に有効

・弾性プレミアムフィラー:コンクリートやモルタルなどのひび割れしやすい素材に有効

SK化研のプレミアムシリコンを使うメリット

外装工事を行う際、各塗料のメリットを押さえることが大切です。

プレミアムシリコンのメリットは一体何か気になっている方も多いのではないでしょうか?

主なメリットは以下の通り。

・耐用年数が長い

・塗りやすい

・幅広い仕上がり

・汚れにくい

・刺激が少ない

成田崇
成田崇
価格と耐用年数のバランスのとれた塗料です

これから、新築住宅の施工やリフォーム、リノベーションを予定している方に向けて各メリットについて説明します。

ラジカル制御型塗料

そもそも外壁劣化のメカニズムを知る必要があります。

従来の汎用塗料は

「紫外線」や「雨水」の影響で塗膜の中に「劣化因子」=ラジカルが

発生し結合剤として使用される樹脂の結合が破壊され

塗膜劣化の原因になるのです。

ようは

劣化を防ぐには「ラジカル」の発生を抑制する必要があるということです

ラジカルによって発生する代表的な塗膜劣化は

「チョーキング」と呼ばれる白亜化現象です

ちなみにラジカル抑制機能のない「シリコン塗料」も存在するので

ご注意ください

屋根のプロと考える 外壁の白い粉(チョーキング)の正体とは?!

耐用年数が長い

プレミアムシリコンの耐用年数は14~16年。

通常のシリコン塗料に比べ、2~3年長いです。

塗りやすい

塗膜の隠蔽性に優れているだけでなく、塗りやすいのもメリットに挙げられます。

塗料を選ぶ際、塗りやすいかどうかが重要になってきます。

幅広い仕上がり

仕上がりの幅が広いのもメリットのひとつです。

以下の仕上がりから選択することが可能。

・艶消し

・艶有り

・半艶

・3分艶

艶が多く出るので、外壁に艶を少しでも出したいと感じている方はプレミアムシリコンを使うかどうか検討してはいかがでしょうか?

汚れにくい

汚れがつきにくいのもメリットのひとつ。

カビや藻が長期間に渡って発生しにくいです。

刺激が少ない

シンナーなどの溶剤を使用しないため、

刺激臭を抑えることができます。 VOCも溶剤系塗料に比べて約1/9~1/4。

成田崇
成田崇
水性塗料なので工事中の刺激臭が少なく近隣への配慮も可能です

SK化研のプレミアムシリコンを使うデメリット

塗料選びを行う際、メリットだけでなく、デメリットについても注目しましょう。

プレミアムシリコンの主なデメリットは以下の通り。

・艶が強過ぎる場合がある

・淡い色でないとラジカルを抑えにくい

・まだ耐用年数の実績がないこと ここでは、

各デメリットについて解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

艶が強過ぎる場合がある

SK化研のプレミアムシリコンは艶が出て美しく仕上がりやすい反面、

艶が強過ぎる場合があるので注意が必要です。

テーマやコンセプトに応じて、艶を出すかどうか検討したいところ。

色見本を見た上で使うかどうか判断してください。

淡い色でないとラジカルを抑えにくい

淡い色でないとラジカルを抑えにくい点もデメリット。

耐久性を求める場合、淡い色を選択してください。

まだ耐用年数の実績がないこと

プレミアムシリコンは耐用年数の実績がまだない点に注意する必要があります。

塗料を選ぶ際、耐用年数の実績があるかどうかもポイントになってきます。

耐用年数の実績がない点に不安を感じている場合、他の塗料もチェックしてはいかがでしょうか?

プレミアムシリコンでの塗装にかかる費用

SK化研のプレミアムシリコンにかかる費用は約2,500円/㎡~3,500円/㎡

塗装時に以下の費用がかかります。

・塗料

・高圧洗浄

・養生

・足場の設置 住宅の面積によって、費用が変わってきます。

住宅の施工やリフォーム、リノベーションを行う際、工事の規模を把握することが大切です。

実はプレミアムシリコンはラジカル制御型以外の「シリコン塗料」とそれほど変わらないんです

延べ床 30坪

塗り面積 120㎡ 程度の住宅で

70万円から90万円程度です

成田崇
成田崇
標準的な塗装の価格です 

発売されたのは2015年

発売は2015年なので、自然環境での耐久性の実証は無く

一般住宅ではまだ経過観察中の塗料なんです

 

まとめ

SK化研のプレミアムシリコンは耐用年数が長いのに加え、

塗りやすいのがメリット。

上塗材と下塗材を合わせると、

全15種類存在し、特徴がそれぞれ異なります。

住宅の施工やリフォーム、リノベーションを行う際はどの塗料が適しているか一度検討したいところ。

プレミアムシリコンをはじめ、外壁や屋根などの塗装について悩みがある方は業者に一度相談してください。

 

外壁塗装や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町