ブログ

積雪地域でなくても雪止めは必要?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

積雪地域でなくても雪止めは必要?!

成田崇
成田崇

災害に関するニュースをテレビなどで目にすることが多いのではないでしょうか?

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためには、

定期的にメンテナンスを行うのに加え、雪害などの対策が重要です。

災害がいつ発生するか分かりません。 災害の1つに雪害が挙げられます。

雪はさまざまな被害を発生させる可能性があるので、住宅のメンテナンスを行う際は注意しましょう。

今回は積雪地域でなくても雪止めが必要なのかどうかについて取り上げます。

近いうち、リノベーション・リフォームなどを予定している方は一度参考にしてください。

積雪地域でなくても雪止めは必要

積雪地域でなくても、少量の落雪で事故に発展する可能性があるため、雪止めの取り付けが必要です。

雪はいつ降るか分かりません。

いざという時に備え、リノベーション・リフォームなどで屋根のメンテナンスを予定している方は取り付けを検討してください。

積雪地域には取り付けられていない場合がある

北海道などの積雪地域の場合、雪止めが取り付けられていない住宅が数多く存在します。

積雪地域では、雪下ろしの作業を行うことを前提に住宅が建てられます。

雪止めがあると、雪下ろしの作業が行いにくくなるのが取り付けられない理由。

積雪地域でなくても雪止めを取り付ける理由

積雪地域ではないにも関わらず、雪止めをなぜ取り付けなければならないか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

住宅のメンテナンスを行う際、雪止めが必要な理由について押さえることが重要です。

取り付ける理由として、以下のものが挙げられます。

 

・雨樋などの破損を防ぐ

・近隣住民との間でトラブルが発生するのを防ぐ

・ケガを防ぐ

・出入り口が雪で塞がるのを防ぐ

 

ここでは、積雪地域でなくても雪止めが必要な理由について紹介するので、気になる方はチェックしてください。

雨樋などの破損を防ぐ

積雪・落雪により、雨樋や軒先などが破損する可能性があります。

雨水を地面に排水する雨樋が破損してしまうと、雨樋が発生しやすくなるため、注意が必要。

住宅を守るためにも、雪止めを取り付けることをおすすめします。

近隣住民との間でトラブルが発生するのを防ぐ

屋根に積もった雪が隣の建物の敷地に落ちることで近隣住民との間でトラブルが発生するかもしれません。

無用なトラブルを避けるのも屋根に雪止めを取り付ける理由の1つ。

ケガを防ぐ

落雪で通行人などにケガを負わせてしまう可能性があります。

賠償責任を負わないためにも、雪止めなどで雪害対策を行いましょう。

出入り口が雪で塞がるのを防ぐ

落雪で出入り口が塞がる可能性があるのに注意してください。

住宅などの出入りに支障をきたさないようにするのも雪止めが必要な理由に挙げられます。

雪止めは後付けできるのか

後から屋根に雪止めを取り付けできます。

積雪地域でないものの、雪害対策を行いたいと感じている方は雪止めの取り付けを業者に依頼してはいかがでしょうか?

雪止めを取り付ける業者の選び方

屋根に雪止めを取り付ける際、信頼できる業者に依頼することが重要。

取り付けるためには、雪止めに関する知識などが必要なので、DIYは避けましょう。

業者を選ぶポイントとして、以下のものが挙げられます。

 

・雪止めの取り付けだけを受け付けているか

・過去の施工事例

・在籍しているスタッフ

・見積書の内容

・保証内容が充実しているか

 

ここでは、雪止めを取り付ける業者の選び方について取り上げます。

雪止めの取り付けだけを受け付けているか

屋根に雪止めを取り付けるだけの依頼を受け付けているかどうかチェックすることが重要。

業者によっては、雪止めを取り付けるだけの依頼を受け付けていない場合があります。

リノベーション・リフォームなどを機に、雪止めを取り付けることをおすすめします。

過去の施工事例

過去に一体どのような施工に携わっているかも業者を選ぶポイント。

業者の公式サイトに掲載されている施工の写真だけでなく、施工内容や工期などを細かくチェックしてください。

在籍しているスタッフ

業者に在籍しているスタッフも依頼するかどうかの判断基準です。

スタッフのプロフィールで取得している資格などをチェックし、

雪止めの取り付けを任せられると判断した上で依頼を進めることが重要。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも選ぶ決め手です。

使用する雪止めだけでなく、雪止めの数量・単価や施工内容、

費用の内訳などが詳細に説明されているかどうかを踏まえ、契約を進めてください。

施工内容について詳細に記載されていない場合、注意が必要。

保証内容が充実しているか

どのような保証があるかを踏まえ、業者に依頼しなければなりません。

雪止めを屋根に取り付けた後も住宅のメンテナンスを定期的に行うことが重要です。

まとめ

雪害がいつ発生するか分からないため、積雪地域でなくても雪止めを取り付けることをおすすめします。

雪は住宅だけでなく、人や車などに被害を及ぼす可能性があります。

雪止めを取り付けるか悩んでいる方は信頼できる業者に一度相談してください。

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雪止めっていくらするの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雪止めっていくらするの?!

成田崇
成田崇

地域によって積雪量が異なります。

積雪・落雪が原因でさまざまな事故が発生する可能性があるので、住宅のメンテナンスを行う際は注意が必要。

ニュースで雪害に関する話題を知る方が多いのではないでしょうか?

雪害を最小限に抑えるためにも、積雪・落雪の対策を行わなければなりません。

これから積雪・落雪の対策を進める方に向けて、雪止めの費用について解説します。

住宅のメンテナンスに関心のある方は一度参考にしてください。

雪止めの費用

雪止め金具を取り付ける際にかかる費用は約10万~30万円です。

住宅によって費用が変わってくるため、リノベーション・リフォームなどで雪止めを取り付ける際は注意が必要。

足場を用いて施工を行う場合、約30万~70万円の費用がかかります。

雪止めの種類とそれに伴う費用

雪止めの種類に一体何があるか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

住宅のメンテナンスを行う際は雪止めにかかる費用だけでなく、種類も押さえることが重要です。

雪止めの種類は以下の通り。

 

・扇型雪止め

・羽根付き雪止め

・雪止めアングル

・雪止めネット

 

それぞれの特徴を押さえ、積雪・落雪の対策を進めましょう。

 

ここでは、雪止めの種類とそれに伴う費用について取り上げます。

扇型雪止め

扇型雪止めはシンプルな形状をしているのが特徴に挙げられます。

景観を損ないにくいのがメリット。

雪止めの効果が低めなので、積雪・落雪の対策を行う際は注意してください。

足場を取り付ける費用を除いた場合の費用は約13万~16万円です。

羽根付き雪止め

羽根付き雪止めとは、鳥が羽根を広げたような形状をした雪止め。

横に広がっているため、扇型雪止めに比べて雪止めの効果が高いです。

足場を取り付ける費用を除いた場合、約13万~16万円の費用がかかります。

雪止めアングル

雪止めアングルは棒の形状をしています。

金具同士の隙間を埋め、少量の雪も食い止められるのが特徴。

足場を取り付ける費用を除いた場合、約15万~20万円の費用がかかります。

雪止めネット

雪止めネットは屋根の端に取り付けられます。

色を選べるため、景観を損なわないのもメリット。

足場を取り付ける費用を除いた場合の費用は約10万~20万円です。

雪止めの取り付けにかかる費用を抑えるためのポイント

雪止めを屋根に取り付ける際、費用を少しでも抑えたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

抑えるためのポイントとして、以下のものが挙げられます。

・相見積もり

・外壁の修理と同時に行う

納得のいく施工を行うためには、費用に関する悩みを解消することが重要。

ここでは、雪止めの取り付けにかかる費用を抑えるためのポイントについて解説します。

相見積もり

相見積もりを行い、依頼する業者を決めるのが費用を抑えるポイントです。

業者によって、雪止めを屋根に取り付ける費用が変わってきます。

多くの方が雪止めを屋根に取り付ける費用の相場について知りたいと感じているのではないでしょうか?

相見積もりでどのくらいの相場なのかを把握するだけでなく、

相場より極端に高いまたは安い業者はないかチェックしてください。

外壁の修理と同時に行う

外壁の修理と同時に行うのも雪止めを取り付ける費用を抑えるポイントに挙げられます。

雪止めを取り付ける施工を外壁の修理と同時に行うことにより、足場の費用を抑えることができます。

雪止めの取り付けを行う業者を選ぶ際のポイント

雪止めの取り付けを一体どの業者に任せれば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

住宅のメンテナンスに関わる業者は数多く存在します。

情報収集を十分行い、信頼できる1社を選ばなければなりません。

ここでは、雪止めの取り付けを行う業者の選び方について触れていきます。

気になる方はチェックしてください。

創業年・設立年

業者の創業年・設立年はチェックするポイント。

長年にわたって雪止めの取り付けなどに携わっている業者に依頼したいと感じている方が多いのではないでしょうか?

創業年・設立年から年数が経っていない場合、

創業者のプロフィールなどから住宅に関する知識・技術があるか判断することをおすすめします。

施工事例

過去の施工事例も選ぶ決め手です。

業者の公式サイトに掲載されている施工に関する写真だけでなく、

施工内容や工期、費用などを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

見積書

業者が作成した見積書に使用する部材や部材の数量・単価、費用の内訳、施工内容などが記載されています。

施工内容について詳細に記載されているかどうかを踏まえ、契約を進めることが重要。

保証内容

雪止めを屋根に取り付けた後も住宅のメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

業者が一体どのような保証を用意しているかも選ぶポイントに挙げられます。

保証内容は業者によって異なるので、雪止めを屋根に取り付ける際は注意してください。

まとめ

雪止めを取り付ける費用は施工内容によって変わってきます。

雪止めの種類も複数存在するので、それぞれの特徴を踏まえ、納得のいく施工を行わなければなりません。

積雪・落雪を対策するために雪止めを取り付けたいと感じている方は業者に一度相談してください。

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雪止め瓦ってなに?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雪止め瓦ってなに?!

成田崇
成田崇

ニュースで雪害に関する話題を何度か目にした経験があるのではないでしょうか?

雪はいつ降るか分からないため、いざという時に備えて対策を行うことが重要。

場合によっては、想像以上の被害が発生するかもしれません。

雪害対策の方法は複数存在します。

住宅などを守るためにも、どのような方法があるか押さえましょう。

今回は雪止め瓦とは一体何かについて触れていきます。

住宅のメンテナンスなどに関心のある方はぜひ参考にしてください。

そもそも雪止め瓦とは一体どのようなものなのか

雪止め瓦は屋根に積もった雪が落下するのを防ぐための瓦。

どのタイミングで雪が落下するか分からないため、

新築住宅の施工やリノベーションなどの際は雪止め瓦を取り付けることが重要です。

雪止め瓦は一体どの地域に用いられているか

雪止め瓦は積雪の多い地域で用いられます。

積雪の少ない地域で用いられる頻度は少ないです。

雪下ろしの頻度が多い地域では用いられないのが特徴。

雪止め瓦の突起

雪止め瓦には、以下の突起が存在します。

・輪形

・駒形

突起に雪が引っ掛かり、屋根に積もった雪が落下するのを防ぎます。

雪止め瓦が軒先から何段目に取り付けるか

雪止め瓦は一体どこに取り付けるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

軒先から3、4段目に取り付けられることが多いです。

積雪による負担を考慮した上でどこに雪止め瓦を取り付けるのか検討しなければなりません。

積雪の多い地域では、雪止め瓦を2段入れる場合があります。

住宅ごとに雪止め瓦の配置が換わってくるため、

住宅のメンテナンスなどを予定している方は業者にどのように配置するか一度相談してください。

雪止め瓦で雪害対策を行う理由

雪害対策のために雪止め瓦を取り付ける理由について詳しく知りたい方が多いのではないでしょうか?

雪害対策を行う理由として、以下のものが挙げられます。

 

・住宅の破損を防ぐため

・車、カーポートなどの破損を防ぐため

・近隣の建物に被害を及ぼさないため

・通行人に被害を及ぼさないため

 

ここでは、なぜ雪害対策を行わなければならないかについて取り上げます。

住宅の破損を防ぐため

屋根に積もった雪が落ちることにより、雨樋などが破損する場合があります。

雨樋は地面に雨水を排水するための設備。

雨樋の破損した状態を放置し続けると、雨漏りが発生する可能性があるので注意が必要です。

雪が降った際は屋根に一体どのくらいの雪が積もっているかチェックしてください。

地域によって雪下ろしの頻度が異なります。

車・カーポートなどの破損を防ぐため

車・カーポートなどに屋根に積もった雪が落ちる可能性があるのに注意が必要。

仕事や買い物などで車を頻繁に運転する方も多いのではないでしょうか?

雪止め瓦を取り付ける理由の1つに車・カーポートなどの破損を防ぐことが挙げられます。

庭にさまざまな物を設置している方も屋根に積もった雪による植木鉢などの破損を意識しなければなりません。

近隣の建物に被害を及ぼさないため

屋根に積もった雪が落ちた結果、近隣の建物を破損させる場合があります。

近隣住民との間でトラブルを発生させないためにも、雪止め瓦などで雪害対策を行いましょう。

通行人に被害を及ぼさないため

軒先が道路に面している場合、屋根に積もった雪が落ち、通行人にケガをさせるかもしれません。

通行人に被害を及ぼさないようにするのも雪止め瓦を取り付ける理由の1つ。

雪止め瓦の取り付けを行う業者の選び方

リノベーション・リフォームなどで雪止め瓦の取り付けを予定しているものの、

一体どの業者に依頼すれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためにも、信頼できる1社を見つけることが重要です。

ここでは、雪止め瓦の取り付けを行う業者の選び方について紹介します。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去に一体どのような施工に携わっていたかチェックしましょう。

業者の公式サイトに掲載されている施工に関する写真でリノベーション・リフォームなどのイメージを掴むことが重要。

施工内容や工期、費用などを踏まえ、依頼するか判断してください。

在籍しているスタッフ

業者に在籍しているスタッフが取得している資格から、

雪止め瓦に関する知識やリノベーション・リフォームなどの技術があるか把握しなければなりません。

また、スタッフとのコミュニケーションが取りやすいかどうかも選ぶ決め手です。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかを把握し、契約の手続きを進める必要があります。

使用する部材をはじめ、部材の数量や単価、費用の内訳、施工内容、保証期間などを細かくチェックしてください。

見積書に施工内容が詳しく記載されていない場合、業者に質問することをおすすめします。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

保証内容が充実しているか

雪止め瓦を取り付けた後も住宅のメンテナンスを定期的に行う必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

まとめ

雪止め瓦は屋根に積もった雪が落ちるのを防ぐための瓦。

積雪の多い地域で用いられます。

住宅によって雪止め瓦の形状だけでなく、配置も異なります。

雪害はいつ起きるか分からないため、いざという時に備えて雪害対策を心掛けることが重要。

リノベーション・リフォームなどを予定している方は業者に雪止め瓦を取り付けるか相談してください。

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根に雪止めはいらない?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根に雪止めはいらない?!(いる前提で)

成田崇
成田崇

住宅が破損する原因は多岐にわたります。

雪は住宅が破損する原因の1つに挙げられます。

リノベーション・リフォームなどを行う際、

屋根に雪止めがいるのかどうか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

近いうち、リノベーション・リフォームなどを予定している方に向けて、

屋根に雪止めはいらないのかどうかについて解説します。

住宅について関心のある方は一度参考にしてください。

基本的に屋根に雪止めは必要

基本的には、屋根に雪止めを取り付ける必要があります。

雪がいつ降るかは地域によって変わってきます。

予想していない時期に雪が降る可能性もあるので、積雪・落雪対策を行う際は注意してください。

雪止めの取り付けが必要な理由

雪止めが必要な理由は一体何か疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

屋根のメンテナンスを行う際、雪止めがどうして必要なのか押さえておくことをおすすめします。

必要な理由は以下の通り。

 

・住宅の破損を防ぐため

・車、カーポートの破損を防ぐため

・隣の住民との間でトラブルを避けるため

・通行人などにケガを負わせないため

 

雪止めには、さまざまなメリットがあるので、

屋根のメンテナンスを行う際は取り付けるかどうか検討してください。

 

ここでは、屋根に雪止めが必要な理由について紹介します。

住宅の破損を防ぐため

屋根に積もった雪により、雨樋や天窓が破損する可能性があります。

雨樋や天窓の破損は雨漏りの原因になるので注意が必要。

雪止めを屋根に取り付けることで雨樋や天窓が破損しにくくなるのがメリットです。

車・カーポートの破損を防ぐため

買い物などで車を頻繁に運転する方が多いのではないでしょうか? 落

雪によって車・カーポートが破損する場合があります。

屋根に雪止めを取り付けることで車・カーポートが破損しにくくなるのもメリットです。

日常生活に支障をきたさないためにも、車が落雪で破損するのを防ぎましょう。

隣の住民との間でトラブルを避けるため

落雪により、隣の住宅を破損させる可能性があります。

雪止めを屋根に取り付けることで隣の住民との間にトラブルが発生するのを防ぎます。

どのタイミングで落雪が発生するか分からないため、普段から積雪・落雪対策を心掛けてください。

通行人などにケガを負わせないため

軒下に道路がある場合、落雪が原因で通行人などにケガを負わせてしまう可能性がある点に注意しなければなりません。

屋根に雪止めを取り付けることにより、通行人などにケガを負わせるのを防ぎましょう。

屋根に雪止めがいらない場合

住宅が豪雪地帯に建っている場合、屋根に雪止めが基本的にいらないです。

豪雪地帯では、雪止めが雪下ろしに支障をきたします。

屋根に雪止めを取り付けるかどうか迷っている方は住んでいる地域の積雪量をチェックしてください。

積雪量があっても、傾斜のついた屋根が歩道などに面している場合は屋根に雪止めを取り付けることをおすすめします。

取り付けるかどうか迷っている方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

屋根に雪止めを取り付ける際は信頼できる業者に依頼することが重要

屋根に雪止めを取り付ける際、どの業者に依頼するか検討しなければなりません。

情報収集を十分行い、信頼できる1社を決めましょう。

選ぶ際のポイントとして、以下のものが挙げられます。

 

・過去の施工事例

・雪止めの取り付けだけの依頼を受け付けているか

・見積書に記載されている内容

・保証内容が充実しているか

・在籍しているスタッフ

 

ここでは、業者の選び方について説明するので、気になる方は参考にしてください。

過去の施工事例

過去に一体どのような施工に携わっているかが業者を選ぶポイント。

業者の公式サイトに掲載されている施工に関する写真だけでなく、

施工内容や工期、費用などを細かくチェックしましょう。

雪止めの取り付けだけの依頼を受け付けているか

雪止めの取り付けだけの依頼を受け付けていない業者も存在します。

リノベーション・リフォームなどを機に、屋根に雪止めを取り付けるのも選択肢の1つに挙げられます。

見積書に記載されている内容

業者が作成した見積書も選ぶ決め手。

施工に関する詳細が分かりにくい場合、注意する必要があります。

見積書に記載されている内容について分からないことを業者に質問することをおすすめします。

保証内容が充実しているか

屋根に雪止めを取り付けた後も住宅のメンテナンスを継続しなければなりません。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえ、相談・契約を進めていくことが重要です。

在籍しているスタッフ

業者に一体どのようなスタッフが在籍しているかも選ぶ際のポイントに挙げられます。

公式サイトに掲載されているスタッフのプロフィールから取得している資格をチェックし、

屋根の修理に関する知識・技術があるか判断しましょう。

また、問い合わせなどの際におけるスタッフの対応も選ぶ決め手の1つ。

まとめ

積雪・落雪による被害を最小限に抑えるためにも、屋根に雪止めを取り付けましょう。

住宅や家族などを雪から守ってください。

積雪量が多く、取り付けるかどうか迷っている場合、信頼できる業者に一度相談することをおすすめします。

業者から適切なアドバイスを受け、積雪・落雪対策を進めることが重要です。

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雪止め金具の取り付け費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雪止め金具の取り付け費用とは?!

成田崇
成田崇

地域によっては雪が降る頻度が異なります。

住宅や家族、通行人などの安全を守るためにも、積雪・落雪の対策が必要です。

積雪・落雪の被害を防ぐ上で一体何をすれば良いか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

積雪・落雪の対策として、雪止め金具が挙げられます。

 

今回は雪止め金具の取り付け費用について解説します。 住宅のメンテナンスを予定している方は一度参考にしてください。

 

雪止め金具とは

雪止め金具は屋根に積もった雪が屋根から落ちるのを防ぐための金具。

住宅によっては、建てた時に付いている場合があります。

後から取り付けることも可能です。

種類が多岐にわたるため、屋根に合った雪止め金具を取り付けなければなりません。

雪止め金具の取り付け費用

雪止め金具の取り付け費用は約13万~20万円。

足場を設置する際、約10万~30万円の費用が発生します。

人によって、取り付け費用が変わってきます。

足場を設置する費用を抑えたい場合は先付け雪止め金具を取り付けてください。

雪止め金具の取り付け費用に関わるポイント

雪止め金具の取り付け費用に一体どのようなポイントが関わるか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・屋根の面積

・屋根の勾配

・足場がどのくらい必要か

・使用する雪止め金具の種類

・廃材を処分する際の費用

 

ここでは、費用に関わるポイントについて説明します。

屋根の面積

屋根の面積が広くなればなる程、雪止め金具を取り付ける個数が増えます。

結果、取り付け費用も高くなるので注意してください。

屋根の勾配

屋根の勾配が急になればなる程、落雪が起きやすいです。

落雪を防ぐために雪止め金具を取り付ける個数が多くなります。

足場がどのくらい必要か

足場をどのくらい設置するかも雪止め金具の取り付け費用に関わるポイント。

屋根の面積が広ければ広い程、設置する足場が増えます。

使用する雪止め金具の種類

使用する雪止め金具の種類によっても取り付け費用が変わってきます。

屋根の修理などを予定している方はどの雪止め金具を取り付けるか一度検討してください。

廃材を処分する際の費用

廃材を処分する際の費用も雪止め金具の取り付け費用に関わるポイントです。

人によって、廃材を処分する際の費用が異なります。

取り付け費用を抑えるためのポイント

雪止め金具を取り付ける際、費用を少しでも抑えたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

取り付け費用を抑えるためのポイントとして、以下のものが挙げられます。

 

・相見積もり

・外壁の修理と同時に行う

 

ここでは、雪止め金具の取り付け費用を少しでも抑えるためのポイントについて解説します。

費用に関する悩みを抱えている方はチェックしてください。

相見積もり

相見積もりを行い、雪止め金具の取り付け費用を比較するのが費用を抑えるポイント。

見積もりを依頼する業者が多くなればなる程、手間がかかるので注意しなければなりません。

雪止め金具の取り付け費用の相場を把握し、施工を進めることが重要です。

外壁の修理と同時に行う

雪止め金具の取り付けと外壁の修理を同時に行えば、足場を設置する回数が減ります。

結果、足場の設置にかかる費用を抑えることが可能。

雪止め金具の取り付けを行う際は屋根だけでなく、外壁の状態もチェックしてください。

雪止め金具の取り付けを行う業者の選び方

雪止め金具の取り付け費用などについて信頼できる業者に相談することが重要。

情報収集を十分行い、どの業者に依頼するか検討しましょう。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

雪止め金具の取り付けのみを行っているか

雪止め金具の取り付けのみの依頼を受け付けていない業者が存在するので、

屋根の修理などを予定している方は注意しなければなりません。

過去に一体どのような施工に携わっているか

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例をチェックすることをおすすめします。

業者の公式サイトに掲載されている写真や施工内容などを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかをチェックし、契約を進める必要があります。

主に以下のポイントを押さえましょう。

 

・使用する部材

・部材の数量

・部材の単価

・費用の内訳

・施工内容

・保証期間

・業者の所在地

 

施工内容の詳細が把握できない場合、注意しなければなりません。

業者が用意している保証

業者によって、保証内容が異なります。

保証内容が充実しているかどうかを踏まえ、相談・契約を行ってください。

施工エリアはどこか

施工エリアは一体どこかも依頼する際の判断基準。

業者によっては、施工エリア外からの依頼を受け付けていない可能性があります。

まとめ

雪止め金具の取り付け費用は住宅によって変わってきます。

場合によっては、想像以上に費用がかかるかもしれません。

相場を把握するために相見積もりを一度行うことをおすすめします。

また、これから屋根の修理などを予定している方は業者に雪止め金具の取り付け費用について一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根の雪止めメリット、デメリットについて|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根の雪止めメリット、デメリットについて

成田崇
成田崇

地域によって、雪の降る頻度が異なります。

予想外の事態に備え、積雪・落雪の対策を心掛けることが重要。

積雪・落雪の被害を避けるために一体何をすれば良いか分からないなどの悩みを感じている方が多いのではないでしょうか?

積雪・落雪の対策に屋根の雪止めが挙げられます。

住宅のリノベーション・リフォームなどを予定している方は屋根の雪止めについて押さえましょう。

 

今回は雪止めを屋根に取り付けるメリット・デメリットについて取り上げます。

 

 

屋根の雪止めとは

屋根の雪止めは屋根に積もった雪が大量に落下するのを防ぐために取り付ける部材。

雪が積もり続けた結果、雪が地面に落下し、隣の住宅や通行人などに被害が発生するかもしれません。

トラブルを避けるためにも、屋根の雪止めなどで対策することが重要です。

 

屋根に雪止めを取り付けるメリット

屋根の修理やリノベーション、リフォームを行う際、屋根の雪止めを取り付けるメリットについて理解しましょう。

主なメリットは以下の通り。

・雨樋の保護

・車の保護

・ケガの対策

・隣の住人とのトラブルを防止

・出入り口の確保

 

ここでは、屋根の雪止めに関するメリットについて説明します。

 

雨樋の保護

屋根の雪止めは雨樋の破損を防ぎます。

雨樋は雨水を地面に排水する設備。

落雪時に雨樋の変形などが発生する可能性があります。

雨水による被害を防ぐためにも、屋根の雪止めを取り付けるかどうか検討することをおすすめします。

 

車の保護

雪によって車やカーポートが破損するのを防ぐのも屋根の雪止めを取り付けるメリット。

買い物などで車を運転する頻度が多い方は積雪・落雪で車が破損するのに注意してください。

 

ケガの対策

落雪によるケガを防止できるのも屋根の雪止めを取り付けるメリットです。

自分だけでなく、家族や通行人などに危険が及ぶのを避けましょう。

 

隣の住人とのトラブルを防止

隣の住宅などが落雪によって破損する可能性があります。

屋根の雪止めで積雪・落雪対策を行うことで隣の住人との間でトラブルが発生するのを防止できます。

 

出入り口の確保

雪によって出入口が塞がれる可能性があるのに注意しなければなりません。

出入り口を確保しやすくなるのも屋根の雪止めを取り付けるメリットです。

 

屋根に雪止めを取り付けるデメリット

屋根の雪止めを取り付ける際、メリットだけでなく、デメリットについて知っておくことが重要。

多くの方がリノベーションなどで屋根の雪止めを取り付ける際、

一体何に注意しなければならないか気になっているのではないでしょうか?

ここでは、屋根の雪止めを取り付けるデメリットについて解説します。

住宅のメンテナンスについて関心のある方は参考にしてください。

 

屋根の重量が増える

屋根の重量が増えるのがデメリットに挙げられます。

積雪量が増えれば増える程、建物の負担が大きくなります。

 

もらいサビが発生しやすくなる

屋根の雪止めは金属が用いられている場合が多いです。

もらいサビにより、サビが拡がってしまうかもしれません。

サビは建物の印象に関わります。

住宅の美観を悪化させないためにも、サビなどに気を配ることが重要です。

 

結露が発生しやすくなる

屋根に雪があると、屋根の温度が低くなります。

室内で暖房器具を用いることにより、温度差で結露が発生しやすくなるのも屋根の雪止めを取り付けるデメリット。

また、雪解け水が屋根材の隙間から侵入する可能性があるので、積雪・落雪対策を行う際は注意してください。

 

屋根の雪止めを取り付ける業者の選び方

屋根の雪止めを取り付ける際、信頼できる業者に依頼することが重要です。

情報収集を十分行い、どの業者に依頼するか検討してください。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

 

過去の施工事例

過去に一体どのような施工に携わったかを踏まえ、依頼するかどうか判断しなければなりません。

業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例に目を通すことをおすすめします。

 

見積書の内容

業者が作成した見積書の内容も依頼するかどうかの判断基準。

使用する部材だけでなく、部材の数量や単価、費用の内訳、施工内容、保証期間などを細かくチェックすることが重要です。

見積書の内容について分からないことがある際は業者に質問しましょう。

 

保証内容

屋根の雪止めを取り付けた後も住宅のメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

業者が用意している保証内容を踏まえ、依頼するかどうか判断しましょう。

保証内容は業者によって異なる点に注意してください。

 

在籍しているスタッフ

屋根のメンテナンスに関する知識・技術のあるスタッフに施工を任せたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

公式サイトに掲載されているスタッフのプロフィールから取得している資格などをチェックし、

依頼するかどうか判断することが重要。

また、コミュニケーションが取りやすいかどうかも選ぶ決め手に挙げられます。

 

まとめ

屋根の雪止めを取り付けることにより、雨樋や車などの破損を防ぎやすくなるだけでなく、

通行人や隣の住人とのトラブルを避けやすくなります。

積雪・落雪は予想外の被害を引き起こす可能性がある点に注意が必要。

屋根の修理などを機に屋根の雪止めを取り付けたいと感じた方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを業者に受け、施工を進めることが重要です。

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雪止めの材質は?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雪止めの材質は?!

成田崇
成田崇

積雪・落雪により、予想外の被害が発生する可能性があります。

テレビなどで雪害に関するニュースを何度か目にした方も多いのではないでしょうか?

いざという時に備え、積雪・落雪の対策を行うことが重要。

積雪・落雪の対策の1つに雪止めが挙げられます。 雪止めによって材質が異なります。

屋根に適した雪止めを取り付け、積雪・落雪に備えてください。

今回は雪止めの材質について解説します。

そもそも雪止めとは一体何か

雪止めとは、屋根に積もった雪が落ちるのを防ぐための部材。

屋根を施工する際に一緒に付けるタイプと後から屋根に付けるタイプの2種類が存在します。

いくつかの種類が存在しており、それぞれの特徴を踏まえた上で雪止めを取り付けなければなりません。

雪止めの材質

雪止めの材質として、以下のものが挙げられます。

 

・ステンレス

・亜鉛メッキ

・アルミニウム

 

各材質の特徴を押さえた上で住宅のメンテナンスを進めましょう。

ここでは、雪止めに用いられている各材質の特徴について触れていきます。

ステンレス

ステンレスは耐久性だけでなく、耐候性に優れているのが特徴。

サビにくいので、住宅のメンテナンスを行う際はステンレス製の雪止めを用いるか検討してください。

デメリットとして、他の材質に比べて費用が高い点が挙げられます。

亜鉛メッキ

亜鉛メッキは鉄の表面に亜鉛をコーティングすることにより、サビにくくしています。

安価なのもメリットに挙げられます。

一度剥がれてしまうと、亜鉛メッキを再度行わなければなりません。

アルミニウム

アルミニウムは屋根の重量を軽くできるのが特徴に挙げられます。

屋根の重量が軽ければ軽い程、耐震性が向上します。

少しでも揺れにくくしたい方はアルミニウムの雪止めを用いるか検討してください。

腐食しにくいのも特徴の1つです。

材質選びのポイント

雪止めの材質を選ぶ際、主に以下のポイントを押さえましょう。

 

・耐久性

・施工にかかる費用

・重量

 

メンテナンスの頻度を少しでも抑えたい方はステンレスの雪止めがおすすめ。

費用を安くしたい場合は亜鉛メッキやアルミニウムを選択肢に入れてはいかがでしょうか?

積雪・落雪によって引き起こされる問題

積雪・落雪により、さまざまな問題が発生します。

ここでは、どのような雪害があるかについて取り上げます。

屋根の修理などを予定している方はチェックしてください。

軒先などの破損

積雪・落雪により、軒先や雨樋などが破損する可能性があります。

破損に気付くのが遅れてしまうと、雨漏りなどの問題に発展するかもしれません。

住宅の破損を防ぐためにも、屋根に雪止めを取り付けるか検討することをおすすめします。

近隣住民とのトラブル

屋根積もった雪が隣の建物の敷地内に落ちてしまう可能性があります。

積雪・落雪は近隣住民とのトラブルの原因になるので、住宅のメンテナンスを行う際は注意が必要。

通行人・車両に対する被害

屋根に積もった雪が道路に落ち、通行人・車両に対して被害を及ぼす場合があります。

損害賠償責任を負わないためにも、積雪・落雪対策が重要です。

雪止めを屋根に取り付ける業者の選び方

屋根に雪止めを取り付けるのを一体どの業者に依頼すれば良いか迷っているのではないでしょうか?

トラブルを避けるためにも、情報収集を十分行わなければなりません。

ここでは、業者を選ぶポイントについて触れていきます。

雪止めの取り付けだけを受け付けているか

業者によっては雪止めの取り付けだけの依頼を受け付けていないので、注意が必要。

リノベーション・リフォームなど、大規模な住宅のメンテナンスを行う際に雪止めを取り付けてはいかがでしょうか?

過去に一体どのような施工に携わっているか

業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例も選ぶ決め手です。

納得のいく施工を行うと判断したら、業者に一度問い合わせてください。

見積書に記載されている内容

見積書に記載されている内容も業者を選ぶポイント。

使用する部材だけでなく、部材の数量・単価や施工内容、費用の内訳、業者の所在地、保証期間などの情報をチェックしましょう。

見積書によっては、施工内容について把握しにくい可能性があるので、

リノベーション・リフォームなどを予定している方は注意しなければなりません。

保証内容が充実しているか

屋根に雪止めを取り付けた後も、住宅のメンテナンスが必要です。

雪止めなどの不具合がいつ発生するかは住宅によって異なります。

気になる業者を見つけたら、どのような保証が用意されているかチェックしてください。

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためにも、保証内容が充実している業者に相談することをおすすめします。

契約を急かさないか

契約を急かさないかどうかも業者を選ぶ決め手。

屋根に雪止めを取り付ける際、冷静な判断で契約するかどうか判断しなければなりません。

契約を急かす悪徳業者も存在するので、トラブルに巻き込まれないようにすることが重要です。

まとめ

雪止めの材質として、ステンレス・亜鉛メッキ・アルミニウムが挙げられます。

材質によって費用などが異なるため、屋根に雪止めを取り付ける際は注意しましょう。

近いうち、住宅のメンテナンスを行いたいと感じている方は信頼できる業者に雪止めについて一度相談してください。

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雪止めの取り付け方って?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雪止めの取り付け方って?!

 

思い入れのある住宅を守るためには、災害による被害を想定しなければなりません。

ニュースなどで災害に関する話題を目にする方が多いのではないでしょうか?

住宅が破損する原因に雪害が挙げられます。 雪害は雪や雪崩による被害を指します。

積雪地域でなくても、雪害対策を行うことが重要。 雪止めも雪害対策の一環です。

今回は雪止めを一体どのように取り付けるかについて解説します。

近いうち、屋根のメンテナンスを予定している方は一度参考にしてください。

雪止めとは一体何か

雪止めは屋根からの落雪を防ぐための金具。

屋根の形状に合わせて雪止めを用いる必要があります。

雪はいつ降るか分からないため、積雪地域でなくても雪止めを取り付けるか一度検討することをおすすめします。

雪止めの取り付け方

雪止めの種類によって取り付け方が異なるため、リノベーション・リフォームなどで雪止めを屋根に取り付ける際は注意してください。

ここでは、雪止めの種類別に取り付け方について取り上げます。

スレート屋根

雪止めを屋根材と屋根材の間に差し込みます。

その後、シーリング材で雪止めを固定すれば雪止めの取り付けが完了。

アングルの場合、アングルを固定するための金具を取り付けた後、アングルと金具をネジで固定します。

金属屋根

まずは屋根の突起部分を金具で挟み込みます。

その後、ネジを絞めて固定すれば、雪止めの取り付けは完了。

金属屋根にもアングルを取り付けられます。

アングルを固定する金具を取り付けたら、金具でアングルを挟みます。

最後にネジで絞めれば、アングルの取り付けが完了。

瓦屋根

瓦屋根に取り付ける雪止めは以下の2つが挙げられます。

 

・瓦を浮かせて引っ掛ける雪止め

・ネジで下地に固定する雪止め

 

瓦を剥がした後、雪止めを取り付けます。

現在、用いている瓦を雪止め瓦に交換することにより、雪害対策が可能。

雪止め瓦は雪が落下するのを防ぐための突起が付いた瓦です。

スレート屋根や金属屋根と同様に瓦屋根にもアングルを取り付けられます。

瓦を外したら、アングルを固定するための金具をネジで固定。

後は金具にアングルを挟む形で取り付ければ完了です。

雪止めの取り付けをDIYで済ませられるか

人によっては、屋根に雪止めを取り付けるのをDIYで済ませたいと感じているのではないでしょうか?

雪止めの取り付けは高所で行うことになるため、落下などのリスクが伴います。

事故を避けるためにも、DIYで済ませようとするのは控えてください。

また、施工不良で雨漏りなどの問題が発生する可能性があるのもDIYのデメリット。

屋根に雪止めを取り付けたいと感じている方は業者に相談することをおすすめします。

雪止めの取り付けを行う業者の選び方

雪止めの取り付けを一体どのよう業者に依頼すれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

情報収集を十分行い、信頼できる1社を見つけることが重要。

業者を選ぶポイントとして、主に以下のものが挙げられます。

 

・過去の施工事例

・在籍しているスタッフ

・見積書に記載されている内容

・保証内容

・施工エリア

 

ここでは、業者の選び方について説明するので、

リノベーション・リフォームなどで雪止めの取り付けを検討している方は参考にしてください。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例をチェックしましょう。

業者の公式サイトに掲載されている施工に関する写真をはじめ、

施工内容や工期、費用などを踏まえた上で依頼することになります。

在籍しているスタッフ

業者に一体どのようなスタッフが在籍しているかも選ぶ決め手。

公式サイトに掲載されているスタッフのプロフィールから取得している資格などをチェックし、

雪止めに関する知識・技術などがあるか判断してください。

また、問い合わせなどにおけるスタッフの対応からコミュニケーションが取りやすいかどうか把握することも重要です。

見積書に記載されている内容

見積書に目を通した際、施工に関する詳細を把握できるかどうかも判断基準の1つ。

使用する雪止めだけでなく、雪止めの数量・単価や施工内容、費用の内訳、業者の所在地、保証期間などをチェックしましょう。

見積書で分からないことがある際は業者に質問することをおすすめします。

保証内容

雪止めを屋根に取り付けた後、住宅のメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

住宅の不具合をいち早く解消し、雨漏りなどを未然に防ぐことが重要。

気になる業者を見つけたら、一体どのような保証が用意されているかチェックしてください。

施工エリア

施工エリアも業者を選ぶポイントです。 業者ごとに施工エリアが異なります。

施工エリア外からの依頼を受け付けていない業者も存在するため、雪止めを屋根に取り付けたい方は注意しましょう。

まとめ

雪止めの取り付け方は屋根によって異なります。

雪害はいつ発生するか分からないため、普段から対策を心掛けることが重要。

近いうち、屋根に雪止めを取り付けたいと感じている方は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

業者から適切なアドバイスを参考にしつつ、住宅のメンテナンスを行ってください。

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雪止めって後付け出来るの?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雪止めって後付け出来るの?

 

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためには、積雪・落雪対策を意識することが重要です。

屋根に積もった雪により、予想外の被害が発生する可能性があります。

雪止め金具などで積雪・落雪などの被害を最小限に抑えてください。

住宅のメンテナンスを予定している方の中には、雪止め金具を後付けできるのか疑問に感じているのではないでしょうか?

今回は雪止め金具が後付けできるかどうかについて解説します。

雪止め金具を後付けできるのか

雪止め金具は後付けが可能。

積雪・落雪による被害が心配だと感じている方は後付けするかどうか一度検討することをおすすめします。

雪止め金具は大きく2種類に分けられます。

 

・先付け雪止め金具

・後付け雪止め金具

 

先付け雪止め金具は屋根の施工時に取り付けるタイプ。

後付け雪止め金具はすでにある屋根に取り付けるタイプを指します。

雪止め金具の後付けを行う方法

雪止め金具の後付けを行う方法は一体何か気になっている方も多いのではないでしょうか?

後付けの方法は以下の2つです。

・DIY

・業者に依頼

ここでは、各方法について取り上げます。

DIY

DIYは自分で屋根に雪止め金具を取り付けること。

安全を確保するための準備が必要なのに加え、危険が伴うのでDIYで済ませるのを控えてください。

業者に依頼

業者に雪止め金具の後付けを依頼できます。

屋根の修理やリノベーションなどを予定している方は雪止め金具を後付けするかどうか相談してはいかがでしょうか?

屋根によっては取り付けられない点に注意

住宅ごとに屋根の種類が異なります。

種類によっては、雪止め金具を後付けできない可能性がある点に注意してください。

取り付けられない屋根に防水屋根・シングル屋根などが挙げられます。

防水屋根は斜めになっており、防水層に雪止め金具を直接固定することになります。

取り付けた結果、雨漏りが発生しやすくなるので、防水屋根に雪止め金具を取り付けられません。

シングル屋根はアスファルトとガラス屋根を合わせた屋根。

屋根材の間に雪止め金具を差し込むのが難しいため、後付けに適していません。

住宅のメンテナンスで雪止め金具を後付けするかどうか検討する際、

どのような屋根材が用いられているか把握することが重要です。

太陽光パネルが取り付けられている屋根も雪止め金具を取り付ける際は注意しましょう。

雪止め金具を後付けできる場合もあれば、後付けできない場合もあります。

後付けするかどうかの決め手

雪止め金具の後付けを行うかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

歩道や隣の住宅に向かって屋根が傾いている場合、雪止め金具を後付けすることをおすすめします。

自分だけでなく、通行人や近隣住民に被害が発生しないようにしてください。

雪止め金具の後付けを行う業者を選ぶポイント

雪止め金具の後付けを業者に依頼する際、信頼できる1社を見つけることが重要。

屋根のメンテナンスに携わっている業者が多く、どこに任せれば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

業者を選ぶ主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・雪止め金具の取り付けを請け負っているか

・過去の施工事例

・見積書に記載されている内容

・在籍しているスタッフ

・施工エリアはどこか

情報収集を入念に行い、各業者の特徴を押さえましょう。

ここでは、業者を選ぶポイントについて説明します。

雪止め金具の取り付けを請け負っているか

気になる業者を見つけたら、雪止め金具の後付けに関する依頼を受け付けているかどうか把握してください。

雪止め金具の後付けのみの依頼を受け付けていない場合もあります。

屋根の修理やリノベーションなどの際に雪止め金具の後付けを依頼するのも選択肢の1つ。

過去の施工事例

過去に一体どのような施工に携わったかを公式サイトなどでチェックし、依頼するかどうか判断しましょう。

施工に関する写真だけでなく、施工内容や工期、費用なども依頼する際の判断基準に挙げられます。

見積書に記載されている内容

業者が作成した見積りに一体どのような内容が記載されているかも選ぶポイント。

費用の内訳だけでなく、使用する部材・部材の数量・施工内容・保証期間などを細かくチェックしてください。

施工に関する詳細が分かりにくい場合、トラブルに巻き込まれないよう注意しなければなりません。

見積書について分からないことを業者に質問し、雪止め金具の後付けに関する悩みを解消しましょう。

在籍しているスタッフ

業者に在籍しているスタッフが一体どのような資格を取得しているかチェックし、

屋根の修理に関する知識・技術があるか判断してください。

また、問い合わせなどの際にコミュニケーションを取りやすいかどうかチェックすることが重要です。

施工エリアはどこか

施工エリアがどこかも依頼する上でポイントになります。

業者によっては施工エリア外からの依頼を受け付けていない可能性もあるので、注意しましょう。

まとめ

雪止め金具が後付けできる場合もあれば、できない場合もあります。

住宅に施工されている屋根に雪止め金具を後付けできるか把握することが重要。

積雪・落雪による被害が心配な方は住宅のメンテナンスを行う際、業者に雪止め金具について一度相談してください。

 

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雪止め金具ってなに?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雪止め金具ってなに?

成田崇
成田崇

住宅が破損する原因の1つに雪が挙げられます。

地域によって、降雪量が異なります。

毎年、積雪量が少なくても、想像以上の降雪量になる場合もあるので、住宅のメンテナンスを行う際は注意が必要。

雪による被害を対策するために雪止め金具を住宅に取り付けている場合があります。

単語は聞いたことがあるものの、どのような役割があるか分からないなどの疑問を感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は雪止め金具について解説します。

そもそも雪止め金具とは一体どのような金具なのか

雪止め金具は、屋根の上に降り積もった雪が屋根から落ちないようにするための金具。

軒先に取り付けられます。

さまざまなメーカーから雪止め金具が販売されています。

各雪止め金具の特徴をチェックし、どれを取り付けるか検討しなければなりません。

積雪によって引き起こされる問題

雪止め金具を取り付ける際、積雪が原因で一体どのような問題が引き起こされる可能性があるか知っておくことが重要です。

人によっては、積雪の一体何が問題なのか気になっているのではないでしょうか?

主な問題として、以下のものが挙げられます。

 

・人身事故

・車体、カーポートの破損

・雨樋の破損

 

大きなトラブルを引き起こさないためにも、雪止め金具などによる積雪対策を心掛けてください。

ここでは、積雪によって引き起こされる問題について説明します。

人身事故

雪止め金具を軒先に取り付けていない場合、雪が屋根から落ちてくる場合があります。

ケガの原因になるので、積雪対策を行う際は注意してください。

自分だけでなく、家族や通行人の安全を守ることも重要です。

車体・カーポートの破損

積雪量が多いと、落ちてきた雪によって車体・カーポートが破損する可能性があるので、注意しなければなりません。

車の修理費などを抑えるためにも、積雪対策を普段から心掛けましょう。

雨樋の破損

雨樋が破損する原因の1つに積雪が挙げられます。

雨樋は雨水を排水するための設備。

住宅の汚れや劣化を対策する上で欠かせません。

積雪対策を普段から心掛け、雨樋が破損するのを防ぐことが重要です。

雪止め金具が必要な地域

雪止め金具の取り付けは少しでも雪が降る地域で推奨されます。

北海道などの豪雪地帯の場合、

雪下ろしの作業を行うことを前提に住宅が設計されているので、取り付けられていない場合が多いです。

豪雪地帯でないものの、雪が降りやすい地域に住宅が建っている場合は雪止め金具の取り付けを検討してください。

雪止め金具の取り付けを行う業者の選び方

転落などのリスクを避けるためにも、雪止め金具の取り付けを業者に依頼しましょう。

数ある業者の中から信頼できる1社を見つけることが重要。

選ぶ際のポイントとして、主に以下のものが挙げられます。

・施工事例

・見積書の内容

・スタッフの対応

・どのような保証が用意されているか

・施工エリア内か

 

1社1社細かくチェックしてください。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

施工事例

気になる業者を見つけたら、過去に一体どのような施工に携わっているか一通り目を通すことが重要です。

業者によって携わっている施工内容が異なります。

写真だけでなく、どのような施工を行ったか・工期・費用などを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

見積書の内容

業者が作成した見積書に記載されている内容も依頼するかどうかの決め手。

見積書の内容に納得した上で契約を進めましょう。

チェックするポイントとして、主に以下のものが挙げられます。

・使用する部材

・部材の数量

・部材の単価

・施工内容

・費用の内訳

・保証期間

・業者の所在地

見積書について分からないことがある場合、業者に質問することが重要。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

スタッフの対応

スタッフの対応も依頼する際のポイントです。

問い合わせなどにおける対応から雪止め金具などについて相談しやすいかどうか判断してください。

業者の口コミからスタッフの対応についてチェックすることをおすすめします。

どのような保証が用意されているか

雪止め金具を取り付けた後もメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

メンテナンスで住宅の不具合を解消し、少しでも長く住み続けられるようにしましょう。

業者が用意している保証内容も雪止め金具の取り付けを依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

施工エリア内か

業者がどの地域で雪止め金具の取り付けを行っているかも依頼する際のポイント。

施工エリアが業者によって異なります。

気になる業者が施工エリア外の可能性もあるので、業者を選ぶ際は注意してください。

まとめ

積雪による被害を避けるためには、雪止め金具などで対策することが重要です。

雪が降りやすい地域に住んでいる方は雪止め金具を軒先に取り付けることをおすすめします。

雪止め金具を取り付けるか悩んでいる場合、業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や雪止め工事のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

築5年でスレート屋根が割れた!保険で直せるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

築5年でスレート屋根が割れた!保険で直せるの?!

「築5年だけど、スレート屋根が割れていた」など、住宅に関する悩みは多岐にわたります。

割れたスレート屋根を保険で直したいと感じている方が多いのではないでしょうか?

どのくらい破損しているかなどによって、修理にかかる費用が変わってきます。

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためにも、できる限り早めに修理することが重要。

今回は築5年の住宅に用いられているスレート屋根が割れた際、火災保険で直せるのかどうかについて解説します。

築5年でもスレート屋根が割れた際に保険で直せる可能性がある

築5年の住宅に用いられているスレート屋根が割れた際、火災保険で直せる可能性があります。

破損した原因によっては火災保険が適用されないため、注意が必要。

スレート屋根は安価な反面、破損しやすい屋根材なので、定期的にメンテナンスを行いましょう。

火災保険が適用される条件

割れたスレート屋根を火災保険で修理する場合、どのような条件で適用されるかを押さえておくことが重要です。

自然災害などでスレート屋根が割れた場合に補償されます。

主な条件は以下の通り。

・風災

・雪災

・雹災

さまざまな原因でスレート屋根が割れるため、注意しなければなりません。

ここでは、火災保険が適用される条件について触れていきます。

屋根修理・屋根リフォームに関心のある方は一度参考にしてください。

風災

台風や強風によってスレート屋根が割れる場合があります。

強風で飛来物が飛んできた・台風の影響でスレート屋根が捲れたなどの悩みを抱えている方も一定数いるのではないでしょうか?

台風などの風災が起きた際、破損している箇所がないかチェックすることをおすすめします。

雪災

落雪や積雪もスレート屋根が割れる原因の1つです。

雪災も火災保険が適用されるので、落雪などでスレート屋根が割れた際は火災保険を申請してください。

雹災

屋根に当たった雹によってスレート屋根が割れる可能性もあるので注意しなければなりません。

雹災も火災保険が適用されるので、割れたのを確認したら、申請することをおすすめします。

地震保険に加入するのも重要

地震もスレート屋根が割れる原因の1つに挙げられます。

スレート屋根が地震によって割れた場合、火災保険ではなく、地震保険を申請する必要があります。

割れた原因によって、適用される補償が変わってくるので注意してください。

いつ地震が発生するか分からないため、普段から地震対策に意識を向けることをおすすめします。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は地震対策を検討してはいかがでしょうか?

火災保険を利用してスレート屋根を修理する際のポイント

火災保険を申請する際、ポイントがいくつか存在します。

スレート屋根の修理に火災保険が利用できないのをできる限り避けることが重要。

ここでは、申請する上でどのような点に注意する必要があるかについて取り上げます。

割れたスレート屋根の写真を撮る

火災保険を申請する際、割れたスレート屋根の写真を撮らなければなりません。

複数の角度から写真を撮り、どのように破損しているかを把握できるようにするのが重要。

屋根に登って写真を撮るのは危険が伴うので、業者に撮って頂くことをおすすめします。

被害が発生してから3年以内に申請する必要がある

スレート屋根が割れてから3年以内に火災保険を申請してください。

3年を過ぎてしまうと、火災保険が適用されなくなります。

できる限り早めに屋根修理・屋根リフォームを行い、住宅の不具合を解消するのが重要です。

免責費用が超えていないと火災保険で修理を進められない

免責費用が修理費用を超えているのも火災保険で割れたスレート屋根を行うための条件。

フランチャイズ方式の火災保険は修理費用が20万円を超えた場合、超えた部分が保険金として支払われます。

免責方式の火災保険の場合、自己負担額を決め、自己負担額を引いた費用が保険料として受け取ることができます。

自己負担額よりも修理費用が安いと、全額負担しなければなりません。

悪徳業者に注意

火災保険を悪用する悪徳業者が存在します。

わざと屋根を破壊し、火災保険の申請を勧める業者もあるので、注意が必要。

割れたスレート屋根の修理を行う際、火災保険を利用した屋根修理の経験がある業者に依頼しましょう。

屋根をわざと破壊して火災保険を申請するのは詐欺行為に該当するため、トラブルに巻き込まれないようにしてください。

まとめ

築5年の住宅に用いられているスレート屋根が割れた際、場合によっては火災保険で修理を行えます。

火災保険が適用される条件は風災や雪災などの自然災害。

経年劣化は火災保険の対象ではないため、注意が必要です。

台風などでスレート屋根が割れた際は3年以内に火災保険を申請し、できる限り早めに不具合を解消してください。

火災保険などについて分からないことがある方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

築20年以内の方へ、スレート屋根のひび割れ、その補修方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

築20年以内の方へ、スレート屋根のひび割れ、その補修方法とは?!

成田崇
成田崇

住宅ごとに用いられている屋根材が異なります。

人によっては、築20年以内なのにスレート屋根にひび割れが起きているなどの悩みを感じているのではないでしょうか?

被害が大きくなる前にひび割れなどの不具合をできる限り早めに対処するのが重要です。

今回はスレート屋根がひび割れした際の補修方法について解説します。

気になる方は参考にしてください。

スレート屋根とは

スレート屋根とは、セメントを主成分にした屋根材。

厚さ5mm程度の薄さが特徴に挙げられます。

数多くの住宅にスレート屋根が用いられています。

軽量でカラーバリエーションが豊富な反面、ひび割れが起きやすいので注意しなければなりません。

定期的に点検を行い、必要に応じてメンテナンスを行う必要があります。

さまざまな呼び方があり、人によっては呼び慣れていないのではないでしょうか?

スレート屋根の主な呼び名は以下の通り。

・カラーベスト

・コロニアル

・化粧スレート

・平板スレート

スレート屋根がひび割れする原因

スレート屋根は一体どうしてひび割れするのか疑問に感じているのではないでしょうか?

メンテナンスを進めていく際、どのような原因でひび割れするのか押さえておくのが重要。

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・踏み割れ

・飛来物

・太陽光パネル

・アンテナ

ここでは、スレート屋根がひび割れする原因について解説するので、屋根の補修を検討している方は参考にしてください。

経年劣化

スレート屋根は他の屋根材と同様に年数の経過と共に劣化していきます。

ひび割れは経年劣化によって発生します。

色褪せやカビの発生などが生じていないかどうかをチェックし、メンテナンスを行うことが重要。

踏み割れ

スレート屋根の上での作業中にスレート屋根を踏むことにより、ひび割れが生じる可能性があります。

経年劣化が起きていると、踏み割れしやすいので、注意してください。

飛来物

台風や強風などによって飛来物が飛んできた結果、スレート屋根が割れる可能性があります。

自然災害が発生した後、住宅に問題がないか細かくチェックするのが重要。

太陽光パネル・アンテナ

太陽光パネルやアンテナなどの設置工事もひび割れが発生する原因の1つに挙げられます。

重さによって少しずつひび割れしていく可能性があるので、太陽光パネルなどの設置を予定している方は注意しなければなりません。

ひび割れしたスレート屋根の補修方法

ひび割れしたスレート屋根を補修する方法はいくつか存在します。

状態に応じて補修を進めていくことが重要です。

主な補修方法は以下の通り。

・部分補修

・カバー工法

・葺き替え工法

ここでは、各補修方法について説明します。

部分補修

軽微なひび割れの場合、コーキング剤などを用いて部分補修が行われる場合があります。

ひび割れしている箇所などによって費用が変わってくるので注意してください。

カバー工法

カバー工法は既存のスレート屋根の上に新しい屋根材を被せる補修方法。

廃材を撤去する手間が省けるので、工期を短くできるだけでなく、費用を抑えられます。

野地板などの状態を確認できない点がデメリットです。

状態によっては葺き替え工法を検討しなければなりません。

葺き替え工法

葺き替え工法はひび割れしたスレート屋根を撤去し、新しい屋根材を葺く補修方法。

野地板や防水シートを補修できるのがメリットです。

 

また、軽量な屋根材を用いることにより、耐震性を向上できます。

カバー工法に比べて費用がかかる点に注意してください。

製造された時期によってスレート屋根の耐久性が変わる

1990年代後半から2000年代中頃に製造されたスレート屋根はアスベストが含まれていないのが特徴。

耐久性が低く、補修や塗装ができないです。

ひび割れなどが発生した際はカバー工法または葺き替え工法を検討してください。

2000年代中頃以降に製造されたスレート屋根は1990年代後半から2000年代中頃に製造されたスレート屋根に比べ、耐久性に優れています。

スレート屋根の補修について業者に相談するのが重要

築20年以内の住宅に用いられているスレート屋根の補修について信頼できる業者に一度相談してください。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

過去の施工事例

業者の公式サイトから過去の施工事例をチェックし、依頼するかどうか判断することが重要。

写真だけでなく、施工内容や工期、費用などに目を通しましょう。

見積書の内容

見積書に記載されている内容も選ぶ決め手です。

どのような屋根材を用いるかはもちろん、費用の内訳や業者の所在地などを細かくチェックしてください。

業者に見積書について質問し、疑問を解消することをおすすめします。

保証内容

スレート屋根を補修した後もメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

業者が一体どのような保証を用意しているかをチェックし、相談するかどうか判断しましょう。

まとめ

築20年以内の住宅に用いられているスレート屋根がひび割れした際、状態に応じて補修方法が変わってきます。

ひび割れの原因は多岐にわたるため、普段から住宅の状態に気を配るのが重要。

スレート屋根について悩みがある方は業者に一度相談してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根のかけらが落ちてきた?! どうすればいいの? |平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根のかけらが落ちてきた?!どうすればいいの?

成田崇
成田崇

「スレート屋根のかけらが落ちてきた」など、屋根に関する悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

屋根は住宅の外観に関わるだけでなく、雨風などを凌ぐための箇所。

住宅の不具合を見つけた場合、できる限り早めに対処し、被害が大きくならないようにするのが重要です。

今回はスレート屋根のかけらが落ちてきた場合の対処について取り上げます。

スレート屋根のかけらが落ちてきたら業者に点検を依頼するのが重要

スレート屋根のかけらが落ちてきた場合、業者にスレート屋根の点検を依頼してください。

一体どのくらい劣化しているかなどを把握し、必要なメンテナンスを行うのが重要です。

場合によっては想像以上に劣化しているかもしれません。

スレート屋根とは一体どのような屋根材なのか

スレート屋根はセメントを主成分にした屋根材です。

厚さは約5mmと薄く、安価なのが特徴に挙げられます。

デザインやカラーバリエーションが豊富なので、多くの住宅にスレート屋根が用いられているのも特徴の1つ。

また、1枚当たりの重量が軽く、地震で揺れにくいのもポイントです。

屋根が重ければ重い程、外壁へのダメージが大きくなります。

スレート屋根は飛来物によって割れる可能性があるのに加え、温度変化によって割れやすい点に注意しましょう。 思い入れのある住宅に長期にわたって住み続けるためにも、スレート屋根のメンテナンスを定期的に行うことが重要。

破損したスレート屋根の修理方法

スレート屋根のかけらが落ちてきたら、一体どのような方法で修理を行っていくか気になっている方が多いのではないでしょうか?

修理方法は複数存在します。

スレート屋根の状態をチェックし、適切に修理を進めていくことが重要です。

スレート屋根の修理方法は以下の通り。

・カバー工法 ・葺き替え工法 ここでは、各方法について触れていきます。

破損したスレート屋根の修理を検討している方は一度参考にしてください。

カバー工法

カバー工法は既存のスレート屋根の上に新しい屋根材を被せる施工を指します。

廃材を処分する手間が省ける分、工期が短く済みます。

また、修理にかかる費用を抑えられるのもカバー工法におけるメリット。

遮熱性や防水性などを向上できます。

屋根材によってはアスベストが含まれている場合があります。

アスベストの飛散リスクを抑えられるのもカバー工法の特徴。

スレート屋根のかけらが落ちてきた際、アスベストに関する問題について相談することをおすすめします。

スレート屋根の劣化が著しいと、カバー工法ができない場合があるので注意しなければなりません。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は点検した業者からのアドバイスを受け、カバー工法できるかどうか把握する必要があります。

また、カバー工法を行うと、屋根の重量が重くなるのもデメリット。

耐震性を意識している方は注意してください。

葺き替え工法

葺き替え工法は既存のスレート屋根を撤去し、新たな屋根材を葺く施工を指します。

野地板や防水シートを新しくできます。

また、軽い屋根材を用いることで耐震性が向上するのもメリットの1つ。

地震による被害を意識している方は葺き替え工法を行うか検討してはいかがでしょうか?

葺き替え工法は廃材が出るため、工期が長くなるだけでなく、費用がカバー工法に比べてかかってしまう点も注意しなければなりません。

施工を行っている時に雨が降ると、雨漏りが発生する可能性があるのもデメリットの1つ。

スレート屋根の点検・修理を行う業者の選び方

スレート屋根の点検・修理を一体どのような業者に任せれば良いか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う業者はいくつも存在します。

納得のいく施工を行うためには、数ある業者の中から信頼できる1社を選ぶのが重要。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

気になる方はチェックしてください。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去に一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったかをチェックすることをおすすめします。

公式サイトに掲載されている写真だけでなく、施工内容や工期などを踏まえた上で相談・依頼を行いましょう。

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも選ぶ決め手。

使用する屋根材はもちろん、費用の内訳や足場をどのくらい用いるかなどが把握しやすいかどうかチェックすることをおすすめします。

見積書の内容について分からないことがある場合、業者に質問してください。

保証内容

スレート屋根の修理が済んだ後も定期的に住宅のメンテナンスを行わなければなりません。

業者が一体どのような保証を用意しているかをチェックし、相談することが重要です。

保証内容は業者によって異なります。

まとめ

スレート屋根のかけらが落ちてきた場合、業者に点検・修理を依頼しましょう。

破損したスレート屋根がズレ落ちて、車が傷つくなどの被害が発生する可能性があるので注意が必要。

信頼できる業者にスレート屋根などに関する相談を行い、住宅の悩みを解消してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根が割れる原因3選?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根が割れる原因3選?!

成田崇
成田崇

数多くの住宅に用いられているスレート屋根。

住宅の状態をチェックしていると、スレート屋根が割れているのを目にした方も一定数いるのではないでしょうか?

メンテナンスを行う際、どのような原因でスレート屋根が割れるか知っておくことをおすすめします。

今回はスレート屋根が割れる原因について触れていきます。

住宅について関心のある方は一度参考にしてください。

スレート屋根とはそもそも何か

スレート屋根はセメントを主成分にした薄い屋根材。

厚さは約5mmです。

色やデザインが豊富なのに加え、安価なのが特徴に挙げられます。

施工が簡単なので、工期が短く済むのもメリット。

1990年代後半から2000年代中頃までに製造されたスレート屋根は耐久性が低く、ひび割れなどが発生しやすい点に注意しなければなりません。

割れたスレート屋根の補修を行う際、いつ製造されたかチェックすることが重要です。

スレート屋根によってはアスベストが含まれている場合があります。

処分する際にかかる費用が高額になるので注意してください。

スレート屋根が割れる原因3選

スレート屋根はさまざまな原因で割れます。

主な原因は以下の通りです。

・経年劣化

・温度変化

・冬場の凍結

いつ割れるかは住宅によって異なるため、普段からスレート屋根の状態に気を配らなければなりません。

ここでは、スレート屋根が割れる各原因について触れていきます。

経年劣化

屋根は雨風や紫外線などに晒され続けている箇所。

年数が経過していくにつれ、スレート屋根は劣化します。

結果、ひび割れなどが発生してしまうため、注意が必要です。

住宅のメンテナンスを行う際は築年数が一体どのくらいなのかチェックしてはいかがでしょうか?

温度変化

スレート屋根は熱膨張と収縮する性質があります。

急激な温度変化もスレート屋根が割れる原因の1つ。

気象変化に注意しつつ、スレート屋根のメンテナンスを行うことが重要です。

冬場の凍結

スレート屋根に吸収された水が凍結すると、膨張します。

溶けた際に収縮し、元の体積に戻ります。

冬場の凍結で膨張と収縮を繰り返した結果、スレート屋根が割れてしまう可能性があるので注意してください。

また、雹によってスレート屋根が割れる可能性があります。

台風や地震などの自然災害が発生した際、屋根などの状態を細かくチェックし、破損している箇所がないか把握することが重要です。

スレート屋根が割れることで発生する問題

スレート屋根が割れているのをそのまま放置すると一体どのような問題が発生するのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

放置し続けた結果、雨漏りが発生する可能性が高くなってしまいます。

雨漏りは木材の腐食やシロアリの発生などの問題を引き起こします。

割れているのを確認したら、できる限り早めに業者に相談し、スレート屋根の修理を行ってください。

割れたスレート屋根が割れた際の補修方法

スレート屋根が割れた際、どのように補修を進めていくのか気になっているのではないでしょうか?

補修方法として、以下のものが挙げられます。

・部分補修

・差し替え

・カバー工法

・葺き替え工法

スレート屋根の状態に応じて補修する必要があります。

ここでは、各補修方法について解説するので、気になる方はチェックしてください。

部分補修

小さな欠けやひび割れの場合、シーリング材などで部分補修を行います。

ひび割れしている箇所や大きさによって費用が変わってきます。

部分補修を行った後、全面塗装を行うことで耐久性を向上させるのがポイント。

差し替え

差し替えはスレート屋根を部分的に交換する補修。

交換が必要なスレート屋根を切り取り、上から新しいスレート屋根を接着します。

釘止めで施工するには、棟板金まで葺き替えなければなりません。

商品によっては生産中止となっている可能性があるので注意してください。

スレート屋根の劣化が著しく進んでいる場合、今後も不具合を起こす可能性があります。

今後のことを視野に入れ、カバー工法または葺き替え工法も検討してはいかがでしょうか?

カバー工法

カバー工法は既存のスレート屋根の上に新しい屋根材を被せる補修。

既存のスレート屋根を処分する手間を省けるため、工期が短くなるだけでなく、費用も押さえられます。

屋根の重量が重くなることで耐震性が下がる点に注意しなければなりません。

葺き替え工法

葺き替え工法は既存のスレート屋根を撤去し、新しい屋根材を葺く補修です。

野地板や防水シートが著しく劣化している場合、葺き替え工法を検討してください。

屋根材によっては屋根の重量が軽くなり、耐震性を向上できます。

カバー工法に比べて、工期や費用がかかるのがデメリット。

まとめ

スレート屋根が割れる原因として、経年劣化や温度変化、冬場の凍結などが挙げられます。

いつ割れるかは住宅によって異なります。

普段から住宅の状態に気を配り、定期的にメンテナンスを行うことが重要。

スレート屋根が割れているのを確認した際は信頼できる業者に一度相談してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根からの雨漏り、その理由とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根からの雨漏り、その理由とは?!

成田崇
成田崇

雨漏りはさまざまな箇所から発生します。

雨漏りが発生する箇所の1つに屋根が挙げられます。

 

屋根は住宅の雰囲気に関わってくるため、普段からメンテナンスを行うことが重要。

雨漏りを放置し続けていると、さまざまな問題が発生する可能性があります。

人によっては、どうして屋根から雨漏りが発生しているのか疑問に感じているのではないでしょうか? 雨漏りの対策を進めていく際、原因を把握しなければなりません。

今回は屋根から雨漏りが発生している理由について取り上げます。

屋根から雨漏りが発生する理由

屋根から雨漏りが発生する理由はいくつか存在します。

主な理由は以下の通り。

・経年劣化

・棟板金のズレ

・瓦

・スレートのズレまたは破損

・谷樋のズレ

・葺き土の浸食

・ケラバのオーバーフロー

・天窓の劣化

・施工不良

人によっては、屋根から雨漏りが発生する理由が多いと感じているのではないでしょうか?

まずは各理由について説明します。

住宅のメンテナンスについて関心のある方は一度参考にしてください。

経年劣化

屋根は雨や紫外線などに晒され続けています。

年数の経過と共に屋根材が劣化し、雨漏りが発生しやすくなります。

築年数をチェックし、必要に応じてリノベ・リフォームを行うことが重要。

屋根材によって、耐用年数が変わってきます。

雨漏り対策を行う際は一体どのような屋根材が用いられているかを把握しましょう。

棟板金のズレ

スレート屋根などの頂上に棟板金が用いられます。

場合によっては棟板金がズレます。

気温の変化などによって、釘浮きが発生するので、住宅のメンテナンスを行う際は注意しなければなりません。

細かな隙間から雨水が侵入し、雨漏りが発生します。

また、棟板金が飛ばされたり、落下する場合もあります。

人に当たるなどの2次被害に繋がってしまうので、棟板金のズレや釘浮きをいち早く対処することが重要。

瓦・スレートのズレまたは破損

瓦・スレートがズレたり、割れると、雨水が侵入する可能性があります。

 

ズレや破損している箇所を修理し、雨水の侵入を防ぎましょう。

防水シートが著しく劣化していると、くぎ孔などから雨水が侵入。

結果、雨漏りに繋がるので注意してください。

リノベ・リフォームを進める際は屋根材だけでなく、防水シートや野地板に問題がないかも把握しなければなりません。

谷樋のズレ

谷樋は2方向の屋根がぶつかる部分に取り付けられます。

台風や地震などの衝撃を受けやすいため、注意が必要。

ズレや腐食が発生すると、雨漏りに繋がる可能性があります。

屋根材の下に入れて用いるので、腐食などが分かりにくいです。

葺き土の浸食

屋根に用いられている葺き土が崩れ、雨水が浸食するのも屋根から雨漏りが発生する理由。

屋根材だけを見るのではなく、葺き土に問題ないかも意識する必要があります。

ケラバのオーバーフロー

ケラバは片流れ屋根・切妻屋根の端部です。

ケラバの屋根材の下に捨て水切りが入っています。

雨水を捨て水切りから排水し、雨漏りを防止。

土埃などが捨て水切りに溜まると、雨水が上手く排水されなくなる可能性があります。

結果、オーバーフローを起こし、雨漏りが発生しやすくなるので注意が必要です。

天窓の劣化

屋根に天窓を設置している方も多いのではないでしょうか?

天窓周囲の劣化などによっても雨漏りが発生します。

屋根材だけでなく、天窓に何か問題がないかチェックしてください。

施工不良

築年数が短いのに雨漏りが発生して困っている方も一定数いるのではないでしょうか?

施工不良により、屋根から雨漏りが発生する可能性があります。

屋根の雨漏り修理を行う業者の選び方

屋根から発生した雨漏りについて信頼できる業者に相談するのが重要。

情報収集を十分行い、どの業者に依頼するか決めましょう。

ここでは、業者の選び方を何点か紹介します。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、公式サイトに掲載されている過去の施工事例をチェックしてください。

施工内容だけでなく、工期や費用などを踏まえ、依頼するかどうか判断する必要があります。

口コミでスタッフの対応などを把握するのも業者選びのポイント。

雨漏り修理に関する写真に目を通し、施工のイメージを掴みましょう。

自社で行っているか

業者によっては下請けの可能性があります。

中間マージンが発生するかどうかにより、雨漏り修理の費用が変わってくるので注意してください。

見積書に一体どのような内容が記載されているか

業者が作成した見積書に一体どのよう内容が記載されているかも細かくチェックしましょう。

費用の内訳はもちろん、使用する部材や業者の所在地などを把握した上で契約を進めていくことになります。

見積書の内容について分からないことがある場合、業者に相談するのが重要。

トラブルを避けるために雨漏り修理の疑問を解消してください。

保証内容

雨漏り修理を行った後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消しなければなりません。

業者の用意している保証内容も選ぶ決め手です。

まとめ

屋根から雨漏りが発生する理由は多岐にわたるため、普段から住宅の状態に気を配り、不具合が生じていないかいち早く把握してください。

できる限り早めに業者に依頼し、被害を最小限に抑えるのが重要。

雨漏りに関する不安がある場合、業者に相談し、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

自分で出来る雨漏り応急処置3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

自分で出来る雨漏り応急処置3選!

成田崇
成田崇

建物の状態によっては雨漏りが発生する可能性があります。

「天井にシミやカビが発生したけど、一体どうすれば良いか分からない!」など、住宅に関する悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

雨漏りを放置し続けると、被害が大きくなってしまいます。

被害を最小限に抑えるためには、応急処置を行うことが重要。

応急処置でできる限りのことを行った後、業者に雨漏り修理を依頼しましょう。

今回は自分でできる雨漏りの応急処置について取り上げます。

住宅に関心のある方は参考にしてください。

自分でできる雨漏りの応急処置3選

雨漏りが発生した際に行う応急処置の方法はいくつか存在します。

主に以下の方法が挙げられます。

・バケツ

・タオル

・防水テープ

・コーキング

できる限りの対処をし、雨漏り修理に備えるのが重要。

まずは自分でできる雨漏りの応急処置の方法について解説します。

バケツ・タオル

屋内で雨水が滴り落ちていると、床や家具などが汚れてしまいます。

床にバケツ・タオルを置き、雨水による床の腐食などを防ぐのが重要。

タオルを床に敷いた後、バケツをタオルの上に置きましょう。

最初にタオルを敷くのはバケツから飛び跳ねた雨水で床が汚れるのを防ぐためです。

家具のような大きくて動かせない物がある場合、ビニールシートなどで覆っておくことをおすすめします。

防水テープ

防水テープも自分でできる雨漏りの応急処置の1つ。

まずは応急処置する箇所の汚れを取り除き、防水テープを剥がれにくくしましょう。

綺麗になったら、防水テープを応急処置する箇所に貼ります。

雨水の流れに沿って貼ることで空気が防水テープに入らないようにするのがポイント。

広範囲に貼ってしまうと、雨水の侵入経路が変わり、別の箇所から雨漏りが発生するかもしれません。

防水テープで応急処置を行おうとしている方は注意してください。

また、広範囲に防水テープを貼ることで見栄えが悪くなります。

コーキング

コーキングは建材と建材の隙間などに用いられるゴムのような素材。

防水性や緩衝性などに優れているのが特徴に挙げられます。

コーキング剤には、数多くの種類が存在します。

道具を用意できれば、コーキングでの応急処置が可能。

まずは古いコーキング剤と汚れを取り除きます。

補修する箇所の周囲にマスキングテープで養生し、補修しない箇所にコーキング材がつかないようにしてください。

養生した後、コーキング材をゆっくりと流し込みます。

流し込む際、コーキング材が均等に流れ込むようにするのがポイント。

盛り上がっている箇所などをヘラで均等にならしましょう。

最後に、コーキング材が乾く前にマスキングテープを剥がせば完了です。

コーキングで雨漏りの応急処置を進める際、雨漏りが発生している箇所を把握しなければなりません。

場合によっては、雨漏りが発生している箇所が分かりにくい場合も十分考えられます。

雨漏りの応急処置を行う際のポイント

雨漏りの応急処置を行う際は雨漏りの原因を特定するのが重要です。

原因が分からないまま作業を進めてしまうと、状況を悪化させてしまうかもしれません。

ビニールシートでの応急処置は危険が伴う

ビニールシートで雨漏りが発生している箇所を多い、被害を最小限に抑えるのも応急処置の方法。

屋根などの高所は転落などのリスクが伴います。

また、土壌や重りをビニールシートの上に置いた際に屋根が破損する可能性があります。

ビニールシートで応急処置をする際は1人だけで行うのは控えてください。

行う場合は複数人で作業を進め、非常時に備えるのが重要。

高所での作業はプロでもケガなどをする可能性があります。

漏電している箇所を把握するのも重要

雨漏りが発生した際、雨水が電化製品やコンセントに触れていないかチェックしましょう。

漏電は火災や感電の原因です。

漏電している部屋のブレーカーを落とし、無暗に電化製品を起動させないことが重要。

漏電している可能性のある電化製品のプラグを抜く際、電気を通さないためにゴム手袋を着用してください。

電化製品を濡れない場所に移動させたら、乾くのを待ちましょう。

応急処置の後は業者に一早く相談

雨漏りの応急処置を済ませたら、信頼できる業者に雨漏り修理の依頼を行うのが重要。

数多くの業者が雨漏り修理を行っており、一体どこに任せれば良いのか疑問に感じているのではないでしょうか?

情報収集を十分行い、依頼する業者を決めてください。

過去の施工事例はもちろん、口コミの内容や見積書に記載されている内容などを踏まえ、契約を進めていくことになります。

また、雨漏り修理の後も住宅のメンテナンスを行わなければならないため、どのような保証が用意されているかも選ぶ決め手。

まとめ

雨漏りが発生した際に行う応急処置はあくまで一時しのぎです。

応急処置を済ませた後はいち早く業者に雨漏り修理の依頼を行いましょう。

雨漏りはシロアリの発生などを引き起こす可能性があります。

住宅に関する疑問がある方は業者に一度相談してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨漏りの調査方法と、注意点とは!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨漏りの調査方法と、注意点とは!?

成田崇
成田崇

 

住宅のリノベ・リフォームを進めていく際、雨漏りが発生していないか把握する必要があります。

雨漏りを放置し続けてしまうと、さまざまな問題に発展する可能性があるため、注意してください。

一体どのようにして屋根などに雨漏りが発生しているかどうかを判断すれば良いか疑問に感じている方も一定数いるのではないでしょうか?

今回は雨漏りの調査方法に加え、調査を進めていく際の注意点について触れていきます。

雨漏りの調査方法

雨漏りが発生しているかどうかを把握する方法が複数存在します。

調査方法は以下の通り。

・目視調査

・散水調査

・赤外線カメラ調査

・発光液調査

・ファイバースコープ調査

・ガス調査 それぞれの方法の特徴を押さえつつ、雨漏り対策を進めましょう。

早速ですが、雨漏りの調査方法について紹介します。

目視調査

 

目視調査とは、屋根や屋根裏、外壁などを目視・接触・打診し、雨漏りが発生しているかどうかを把握する調査。

検査員の経験や技術などにより、精度が変わってきます。

目視調査で雨漏りの原因を把握しつつ、散水調査などを行います。

費用は基本的に無料。

業者によっては費用がかかるかもしれません。

散水調査

散水調査は雨漏りの原因と考えられている箇所に水をかけ、雨漏りが発生しているかどうか把握する調査。

1ヵ所に約10~30分かけて水をかけます。

雨漏りが発生している箇所を特定するまで水をかけるのが特徴です。

費用は約3万~18万円。

屋根に雨漏りが発生している場合、足場を設置する必要があるので、住宅のメンテナンスを予定している方は注意してください。

赤外線カメラ調査

赤外線カメラ調査は赤外線カメラで住宅を映し出し、温度差が発生しているかを把握する調査です。

目視検査で雨漏りが発生している箇所を調べた後、赤外線カメラ調査が行われます。

温度が極端に低い箇所に雨漏りが発生していると推測するのがポイント。

雨が降った翌日や空調を使用しているかどうかにより、誤差が生じます。

また、周囲に建物が囲まれている場合、赤外線カメラ調査は適していないので注意してください。

費用は約18万~35万円です。

発光液調査

発光液調査とは、雨漏りが発生していると予想される箇所に発光液を混ぜた調査液を流し、雨水の侵入経路を把握する調査。 発光液の色が変化しているかどうかで雨漏りが発生している箇所を把握します。 調査液は基本的に退色・変色が起こらず、数日で発光が消えます。 いざという時に備え、退色・変色が起きないかを調査する前に把握するのがポイント。 費用は約10万~25万円です。 業者によっては、発光液調査を行っていないので注意してください。

ファイバースコープ調査

ファイバースコープ調査は超小型カメラを使用し、屋根裏などに雨漏りが発生していないか把握する調査。

超小型カメラが映し出す映像から雨漏りが発生している箇所などを特定します。

費用は約3万~10万円です。

ガス調査

ガス調査は雨水が漏れている箇所にトレーサガスを送り出し、雨水がどこから侵入しているかを把握する調査。

マンションやRC構造の建物に適しています。

ガスの検出を行うためにガス送入部分の内装仕上げ材の撤去を行わなければなりません。

費用は10万円以上です。

ドローン撮影調査

ドローン撮影調査は高所部分で目視できない箇所をドローンで撮影し、雨漏りが発生しているかどうか把握する調査。

屋根の状態を細かく把握できるのに加え、足場を組まなくて済むのがメリットに挙げられます。

屋根や外壁の表面以外の情報が分からないのがデメリットです。

費用は約5,000~3万円。 業者によっては無料でドローン撮影調査を行っています。

 

雨漏りの調査における注意点

雨漏りの調査を行う上で一体どのような点に注意すれば良いか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、調査を行う際の注意点をいくつか紹介します。

雨漏りの調査方法について詳しく記載されている業者に依頼

業者に雨漏りの調査を依頼する際、調査方法について詳しく記載されているかチェックしてください。

また、過去の施工事例を踏まえ、雨漏り修理を進めるのも重要です。

火災保険の話をしつこくする業者を避ける

業者によっては火災保険について何度も話をする業者が存在します。  

火災保険は必ず申請が通る保証がありません。

トラブルを避けるためにも、悪徳業者に注意してください。

再発を繰り返す場合は別の業者に依頼する

雨漏りが再発した場合、再び調査を行う必要があります。

何度も繰り返す際は別の業者に依頼してください。

まとめ

雨漏りの調査方法は多岐にわたります。

どのように調査を進めていくかにより、費用が変わってきます。

業者によっては、特定の調査方法を行っていない場合もあるので注意が必要。

雨漏りによる被害を最小限に抑えるためにも、信頼できる業者に雨漏りの調査を依頼することをおすすめします。

 

適切なアドバイスを業者から受けつつ、住宅のメンテナンスを進めてください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨漏りが発生したときにどこに聞けばいい?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨漏りが発生したときにどこに聞けばいい?

成田崇
成田崇

「雨漏りが発生したけど、一体どこに相談すれば良いか分からない!」などの悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

住宅におけるトラブルの1つに雨漏りが挙げられます。

被害が大きくなる前に対処することが重要です。

今回は雨漏りが発生した際に一体どこに聞けば良いかについて解説するので、住宅のメンテナンスについて関心のある方は参考にしてください。

雨漏りが発生した時の相談先

雨漏りが発生した場合、1人で解決しようとするのではなく、どこに相談するかを知っておくことが大事。

まずは一体どこに雨漏りについて相談すれば良いかについて触れていきます。

屋根修理業者

雨漏りが住宅に発生した際、屋根修理業者に相談しましょう。

屋根修理業者は屋根のメンテナンスを得意としており、雨漏りの調査におけるノウハウがあります。

賃貸物件の大家・管理会社

賃貸物件に住んでいる方は大家・管理会社に相談してください。

共有部の劣化によって雨漏りが発生している場合、管理者が雨漏りの修理費用を支払うことが義務づけられています。

自分が原因の場合、雨漏りの修理費用を支払うことになるかもしれないため、注意が必要。

誰が雨漏りの修理費用を支払わなければならないか判断するのが難しいので、大矢・管理会社に相談し、雨漏りの修理を進めましょう。

マンションの管理組合

マンションで雨漏りが発生した際は管理組合に聞いてください。

雨漏りの調査や修理を進める上で上階の部屋に入る場合もあります。

分譲マンションで雨漏りが発生した場合、基本的に管理組合の責任の下で雨漏りの修理を進めていきます。

専有部分で雨漏りが発生しているのか・共有部分で雨漏りが発生しているかによって、責任が変わるので注意が必要。

塗装修理業者

住宅によっては屋根ではなく、外壁から雨漏りが発生しているかもしれません。

塗装修理業者は外壁材の交換なども得意としているので、雨漏りの原因が外壁にある場合は一度相談することをおすすめします。

住宅の施工に携わった工務店・ハウスメーカー

築10年以内に雨漏りが発生した場合、住宅の施工に携わった工務店・ハウスメーカーに相談してはいかがでしょうか?

住宅瑕疵担保責任保険で雨漏りの修理費用を賄える可能性があります。

住宅の施工に携わった工務店・ハウスメーカーが住宅瑕疵担保責任保険に加入するため、住宅の購入者は特別な手続きを行わずに済みます。

瑕疵を知ってから1年以内でないと、住宅の施工に携わった工務店・ハウスメーカーに責任を追及できないので注意してください。

新築住宅の引き渡し後、雨漏りを見つけた際は応急処置を行い、被害を最小限にするのが重要。

何も対処しなかった場合、賠償額が減額されるかもしれません。

雨漏りの修理を進める際は売買契約時に渡される書類・引き渡し時に渡される証明書に住宅瑕疵担保責任保険の内容が記載されています。

雨漏りの修理を行う業者の選び方

雨漏りの修理を一体どこに依頼すれば良いか疑問に感じているのではないでしょうか?

数多くの業者が雨漏りの修理に携わっています。

トラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集を行うのが重要。

ここでは、雨漏りの修理を行う業者の選び方について解説します。

近いうち、雨漏りの修理を予定している方は一度チェックしてください。

自社で施工しているか

雨漏りの修理を行う業者を選ぶ際、自社で施工しているかを踏まえ、相談・契約を進める必要があります。

業者によっては下請けの可能性があるので注意してください。

中間マージンが発生するかどうかにより、雨漏りの修理にかかる費用が変わってきます。

過去に一体どのような施工に携わっているか

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例に目を通し、依頼するかどうか判断しましょう。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。

施工内容だけでなく、工期や費用などを把握することが重要です。

また、口コミに記載されている内容も選ぶ決め手。

スタッフの対応などについて詳しく知りたい方が多いのではないでしょうか?

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかをチェックし、契約を進めていく必要があります。

使用する部材や費用の内訳などが見積書に記載されています。

見積書について分からないことがある場合、業者に質問し、疑問を解消してください。

また、一括見積で依頼を検討している業者が相場より極端に安いまたは高い費用で雨漏り修理を行っていないか把握するも重要。

雨漏り修理の相場を知りたい方は一括見積を行うことをおすすめします。

どのような保証が用意されているか

雨漏りの修理が済んだ後もメンテナンスを行わなければなりません。

業者に依頼する際、保証内容に一通り目を通すことが重要です。

まとめ

雨漏りが発生した場合、1人で解決しようとするのではなく、屋根修理業者などに相談しましょう。

どこに住んでいるかによって、相談先が変わってきます。

普段から住宅のメンテナンスを心掛け、雨漏りによる被害を最小限に抑えてください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根からの雨漏りを自分で止める?!その方法とは?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根からの雨漏りを自分で止める?!その方法とは?

成田崇
成田崇

住宅における悩みの1つに雨漏りが挙げられます。

「屋根から雨漏りが発生していて一体どうすれば良いのか分からない!」

などの悩みを抱えている方も一定数いるのではないでしょうか?

雨漏りによる被害が大きくなる前に対処するのが重要。

普段から住宅のメンテナンスを心掛け、思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けられるようにしてください。

 

 

今回は屋根からの雨漏りを止める方法について解説します。

屋根からの雨漏りを自分で対処する方法

雨漏りが発生した場合、応急処置を行うことになります。

DIYで雨漏り修理を済ませようとすると、高所での作業が伴います。

転落などのリスクがあるので、応急処置をできる範囲で行うようにしてください。

ここでは、雨漏りの応急処置をどのように行うかについて取り上げます。

バケツ

雨漏りが発生すると、室内に雨水が入ってきます。

床の腐食などを防ぐためにバケツで雨水を貯めましょう。

また、バケツに落ちた雨水が飛び跳ねる可能性もあります。

バケツの周囲にタオルなどを敷き、水浸しにならないようにするのが雨漏りの応急処置を進めていく際のポイント。

ビニールシート

ビニールシートも応急処置の方法に挙げられます。

雨水が侵入している箇所をビニールシートで覆い、雨水が侵入するのを防ぎます。

広範囲に覆うのが雨漏りによる被害を最小限にするポイント。

雨水がどこから侵入しているかを判断するのは難しいです。

また、土嚢などの重りをビニールシートに置き、風で落下しないようにしてください。

転がりやすい物を置くと、落下する可能性があります。

ビニールシートを雨水が侵入している箇所に覆う際、屋根に上がることになるため、落下しないようにしましょう。

防水テープ

防水テープも応急処置の方法。

隙間を防水テープで防ぎ、雨漏りによる被害を最小限に抑えてください。

補修する箇所を洗浄し、テープを密着しやすくするのが重要です。

下から上に向かって貼り、雨水の流れに逆らって貼るのがポイントに挙げられます。

また、空気が入らないようにし、剥がれにくくするのも防水テープを用いる際のポイント。

防水テープ同士を重ならないようにするも剥がれにくくする方法の1つです。

屋根からの雨漏りを放置することで発生する問題

屋根からの雨漏りを放置していると、一体どのような問題が発生するのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

主に以下の問題が発生する可能性があります。

・シミの発生

・カビの発生

・シロアリの発生

・漏電

・住宅の資産価値の低下

ここでは、雨漏りによって発生する問題について解説するので、住宅のメンテナンスについて関心のある方は参考にしてください。

シミの発生

屋根から雨漏りが起きていると、天井からシミが発生しているかもしれません。

天井などに不具合があるのを確認したら、早めに対処し、雨漏りによる被害を最小限に抑えるのが重要です。

カビの発生

カビの発生も雨漏りによって生じます。

人によってはアレルギー症状に悩まされる可能性があります。

自分だけでなく、家族の健康を守ることも意識してください。

シロアリの発生

湿気が多くなると、木材などが腐食しやすくなります。

結果、シロアリが発生し、住宅の寿命を短くしてしまうかもしれません。

木材などの腐食で住宅が倒壊しやすくなるので注意してください。

多くの方が思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けたいと感じているのではないでしょうか?

漏電

雨漏りが原因で漏電する可能性もあります。

人によっては、電化製品を使っていると、ブレーカーが落ちるなどの経験があるのではないでしょうか?

漏電が雨漏りで起きる理由は電気配線やコードの絶縁体の隙間に雨水が入り込むこと。

停電で日常生活に支障をきたすかもしれません。

また、関電や火災に発展する可能性もあるので、雨漏り対策を進めていく際は注意してください。

住宅の資産価値の低下

雨漏りで木材の腐食などが起きてしまうと、住宅の資産価値が低下してしまいます。

 

遺産相続や引っ越しなどの際に住宅を売却することを視野に入れ、資産価値を保つことも重要です。

雨漏り修理を業者に依頼する際のポイント

雨漏り修理を一体どの業者に依頼するか検討しなければなりません。

トラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集をできる限り行ってください。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

自社で施工しているか

自社で雨漏り修理を行っているかが選ぶポイント。

下請の場合、中間マージンで予想以上に費用がかかる可能性があります。

過去に一体どのような施工に携わっているか

過去の施工事例を業者の公式サイトでチェックするのも重要です。

施工内容などを踏まえ、相談・契約を進めましょう。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも選ぶ決め手に挙げられます。

使用する部材や費用の内訳などに目を通し、契約を進めていくことになります。

見積りで分からない部分がある際は業者に質問してください。

まとめ

屋根から雨漏りが発生した際、業者が施工を行うまでの間にできる限りの応急処置を行うことが重要。

ビニールシートで雨漏りが発生している箇所を覆うのは高所での作業が伴うので、注意しなければなりません。

天井にシミが発生したなどの問題が見られたら、信頼できる業者に一度相談してください。

適切なアドバイスを受けつつ、住宅のメンテナンスを進めていくのが雨漏り対策を行うポイントです。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根塗装は雨漏りに繋がる?!その理由とは?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装は雨漏りに繋がる?!その理由とは?

成田崇
成田崇

屋根や外壁、ベランダなどから発生する雨漏り。

雨漏りを放置し続けると、さまざまな問題が発生するため、できる限り早めに対処する必要があります。

人によっては屋根塗装が雨漏りに繋がるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

今回は屋根塗装が雨漏りに繋がる理由について取り上げます。

住宅のメンテナンスに関心のある方は一度参考にしてください。

屋根塗装後に雨漏りが発生する理由

屋根塗装後に雨漏りが発生する理由に屋根材の縁切りを怠ったことが挙げられます。

縁切りとは、塗料が乾燥した後に塞がった隙間の塗膜を切り、雨水の通り道を確保する工程。

隙間が塞がったままだと、雨水が適切に排水されず、下地を傷める可能性があります。

屋根塗装を業者に依頼した際、縁切りが適切に行われていない場合があることに注意してください。

屋根塗装だけでは雨漏りを防ぎ切れない

屋根塗装を行うだけだと、雨漏りを対策し切れるわけではありません。

塗料は撥水性があるものの、防水性はないです。

撥水は水をはじくことに対し、防水は水を防ぐこと。

リノベ・リフォームを行う際は撥水と防水の違いを押さえましょう。

また、屋根塗装でヒビ割れを直せない点も注意する必要があります。

住宅によっては屋根材などにヒビ割れが発生しているかもしれません。

雨漏り対策を行っていく上でヒビ割れを直していくのも1つの課題です。

屋根塗装を行う目的とは

雨漏りを防ぎ切れないのなら、どうして屋根塗装を行っている方がいるのか気になっているのではないでしょうか?

主な目的として、以下のものが挙げられます。

・外観を美しく保つ

・屋根材の保護

・暑さ対策

ここでは、屋根塗装の目的について触れていきます。

外観を美しく保つ

屋根塗装を行う目的の1つに住宅の外観を美しく保つことが挙げられます。

年数の経過と共に塗装が色褪せていきます。

住宅の外観を美しく保ちたいと感じている方は屋根塗装を行うかどうか検討してください。

屋根材の保護

屋根材を保護し、長持ちさせるのも屋根塗装の目的に挙げられます。

普段から住宅のメンテナンスを心掛け、思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けられるようにするのが重要です。

暑さ対策

屋根塗装に用いられる塗料の中には、遮熱性を向上させる物も存在。

遮熱性を向上させることにより、室内の温度が上昇するのを抑えます。

快適に室内で過ごすために暑さ対策をどのように行うかが重要になってきます。

屋根塗装を予定している方は各塗料の特徴をチェックしてください。

屋根における雨漏り対策

屋根の雨漏り対策として、以下の方法が挙げられます。

・カバー工法

・葺き替え工事

リノベ・リフォームを行う際は各施工の特徴を押さえましょう。

ここでは、屋根における雨漏り対策について紹介します。

カバー工法

カバー工法は既存の屋根材の上に新たな屋根材を被せる施工。

廃材を撤去する手間を省けるため、費用を抑えられます。

防音性などを向上できるのもメリットです。

野地板などの状態を確認できないので注意してください。

その後のリノベ・リフォームの費用が高額になる可能性があるので、その後のメンテナンスを視野に入れた上でカバー工法を進めましょう。

葺き替え工事

葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工。

野地板や防水シートを新しくすることで雨漏り対策を行えるのがメリットです。

また、屋根を軽量化して耐震性を向上できるのもメリットの1つに挙げられます。

カバー工法に比べ、工期と費用がかかる点がデメリット。

屋根の状態をチェックし、カバー工法と葺き替え工事のどちらが適しているか検討してください。

屋根の雨漏り対策を行う業者の選び方

屋根の雨漏り対策を信頼できる業者に依頼しましょう。

情報収集を十分行い、信頼できる1社を見つけることが業者選びのポイント。

業者によって特徴が異なります。

ここでは、屋根の雨漏り対策を行う業者の選び方について紹介します。

過去の施工事例

業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例をチェックし、相談するか判断してください。

写真で雨漏り対策のイメージを掴みましょう。

また、在籍しているスタッフのプロフィールに記載されている資格なども雨漏り対策の技術があるか見極めるポイントです。

見積書に記載されている内容

見積書に部材の詳細などが細かく記載されているかチェックするのも重要。

納得のいく費用や施工内容かどうかを踏まえ、契約を進めていくことになります。

見積書について分からないことがある際は業者に質問してください。

コミュニケーションを取りやすいか

スタッフとコミュニケーションが取りやすいかどうかも選ぶポイント。

口コミでスタッフがどのような対応を行っているかチェックし、相談するかどうか判断することをおすすめします。

どのような保証が用意されているか

屋根塗装などを行った後も住宅のメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

業者が一体どのような保証を用意しているかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

まとめ

屋根塗装での縁切りが適切に行われていないと、雨漏りが発生する可能性があるので注意してください。

雨漏りを避けるためにも、信頼できる業者に依頼することが重要です。

屋根などに関する悩みがある方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

業者から適切なアドバイスを受け、疑問を解消するのが雨漏り対策のポイントです。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

火災保険が適用される雨漏り修理とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

火災保険が適用される雨漏り修理とは?!

成田崇
成田崇

さまざまな原因によって雨漏りが発生します。

放置し続けると、さまざまな問題が発生するので、できる限り早めに雨漏り修理を行わなければなりません。

人によっては雨漏り修理にかかる費用について心配しているのではないでしょうか?

住宅のメンテナンスを適切に行う際、どのくらいの費用を用意できるか把握するのが大事。

今回は雨漏り修理に火災保険が適用されるのかについて解説します。

気になる方は参考にしてください。

雨漏り修理に火災保険が適用されるのか

条件によっては、火災保険で雨漏り修理を進めることができます。

屋根などから雨漏りが発生した際は火災保険が適用されるかどうかチェックしてください。

火災保険が適用される雨漏り修理の内容

火災保険が適用される雨漏り修理の内容として、以下のものが挙げられます。

・風災

・雪災

・雹災

自然災害が発生した後、損傷している箇所を細かくチェックし、住宅のメンテナンスを進めましょう。

ここでは、火災保険が適用される雨漏り修理の内容について取り上げます。

風災

風災は台風・暴風・竜巻などによって生じた災害。

台風で飛ばされてきた飛来物が外壁にぶつかって損傷した・暴風で屋根材が飛ばされたなどの被害が生じる可能性があるかもしれません。

火災保険の対象に風災が挙げられます。

台風や暴風によって住宅の被害が生じた際は火災保険を確認し、住宅のメンテナンスを進めましょう。

雪災

雪災は大雪や雪崩などによって生じる災害。

雪の重みで屋根材が損傷するなどの被害が発生する可能性があります。

雪災も火災保険の対象なので、屋根材の損傷などを目にした際は火災保険で雨漏り修理が進められるかチェックしてください。

雹災

雹災は雹によって生じる災害です。

屋根材や天窓などが雹によって損傷する可能性があるので注意が必要。

雪が降る頻度が多い地域に住んでいる場合、安全に配慮しつつ雪かきを心掛けましょう。

雨漏り修理で火災保険が適用されない場合

以下の場合は雨漏り修理で火災保険が適用されないので注意してください。

・経年劣化

・施工不良

・吹込み損害

住宅のメンテナンスを進めていく際、火災保険が適用されない場合も押さえるのが重要。

ここでは、雨漏り修理で火災保険が適用されない場合について解説します。

経年劣化

住宅は年数の経過と共に劣化していきます。

経年劣化による雨漏り修理は火災保険に適用されないため、注意が必要。

場合によっては風災などで屋根材などが損傷したとしても、経年劣化による雨漏りと判断される場合もあります。

火災保険を利用して雨漏り修理を行いたいと感じている方は普段から住宅のメンテナンスを心掛けることをおすすめします。

施工不良

施工不良も火災保険の適用外。

新築住宅の施工やリノベ・リフォーム時に施工不良が生じる場合があります。

施工不良も雨漏りの原因なので、住宅のメンテナンスを行う際は注意しましょう。

新築から10年以内に雨漏りが発生すると、無償で新築住宅の施工を行った業者に修理して頂くことが可能。

法律で住宅の売主は10年間の瑕疵担保責任保証を負うことが義務づけられています。

また、人によってはリノベ・リフォームを機にソーラーパネルの設置を検討しているのではないでしょうか?

ソーラーパネルを設置したことで雨漏りが発生する可能性があるため、注意してください。

吹込み損害

吹込み損害は窓を閉め忘れ、室内で雨が濡れる損害。

雨漏りを防ぐために普段から窓の閉め忘れに注意しましょう。

雨漏りが発生してから早めに申請するのが大事

雨漏りが発生してから3年以内に火災保険を申請しなければ、時効を迎えてしまいます。

また、時間が経過すればする程、経年劣化として扱われる場合もあります。

火災保険の種類

火災保険の種類によって賄える雨漏り修理の費用が変わってきます。

ここでは、火災保険の種類について触れていくので、気になる方はチェックしてください。

免責型

免責型は自己負担額をあらかじめ決めておく方式。

雨漏り修理の費用が自己負担額を超えると、超過した金額を受け取れます。

雨漏りが発生した場合、自己負担額を支払わなければならないのがデメリットです。

フランチャイズ型

フランチャイズ型は雨漏り修理に20万円以上の費用がかかった際に適用される方式。

20万円を下回ってしまうと、適用されません。

適用された場合、雨漏り修理の費用を火災保険で全額賄えます。

雨漏り対策を進める上で免責型とフランチャイズ型のどちらを利用するか一度検討してください。

まとめ

雨漏り修理を行う際、火災保険が適用される場合と適用されない場合があります。

台風などの自然債が発生したら、住宅の状態を細かくチェックし、屋根材などの損傷が起きていないか把握してください。

また、火災保険の適用を3年以内に済ませましょう。

雨漏りや火災保険などについて分からないことがある場合、業者に一度相談することをおすすめします。

業者から適切なアドバイスを受けつつ、住宅の不具合を解消していくことが重要です。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨漏りの原因とは?!家の雨漏り原因3選|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨漏りの原因とは?!家の雨漏り原因3選

家のトラブルの1つに雨漏りが挙げられます。

「最近、天井から雨漏りの跡を目にした」などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

被害が大きくなる前に早めに対処することが重要。

雨漏りの対策を行う際、どのような原因で発生するか知っておくことをおすすめします。

今回は家が雨漏りする原因について取り上げます。

雨漏りとはそもそも何か

雨漏りは家の中に雨水が滴り落ちること。

成田崇
成田崇
家で困ることNo,1は【屋根からの雨漏り】です。

家によっては、雨漏りではなく、漏水が発生している場合もあります。

家のメンテナンスを行う際は雨漏り・漏水に注意してください。

家が雨漏りする原因3選

家のメンテナンスを適切に行うためにも、雨漏りを引き起こす原因は一体何か押さえましょう。

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・施工不良

・自然災害

ここでは、家が雨漏りする原因について解説します。

経年劣化

屋根材などには、寿命があります。

年数の経過に伴い、屋根材などが劣化。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

結果、雨水が家の中に侵入し、雨漏りが発生する可能性があるので注意してください。

築年数やリノベ・リフォームしてから何年経過しているかを把握し、適切なメンテナンスを進めることが重要です。

施工不良

施工不良や手抜き工事によって雨漏りが発生する可能性があります。

新築住宅の施工やリノベ・リフォームを行う際、信頼できる業者に依頼し、施工不良や手抜き工事の対策を行いましょう。

自然災害

地震や台風などの自然災害により、家が損傷し、雨漏りが発生するかもしれません。

台風で屋根被害があったときの応急処置方法って?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

どのタイミングで自然災害が発生するか分からないため、新築住宅の施工などを行う際は耐震性などに配慮することが重要。

思い入れのある家に長期間住み続けたいと感じている方は普段から地震などの対策を心掛けてください。

雨漏りが発生しやすい箇所

さまざまな箇所から雨漏りが発生します。 雨漏り対策を行う際は家を細かくチェックしなければなりません。

雨や紫外線が直接当たる以下の箇所に発生しやすいので注意してください。

・屋根

・天窓

・外壁

・ベランダ

ここでは、雨漏りが発生しやすい箇所について紹介します。

屋根

雨漏りと聞いて、屋根をイメージする方が多いのではないでしょうか?

屋根は雨漏りが発生しやすい箇所の1つ。

どうして棟板金【屋根のてっぺん】は飛ばされるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根の頂上にある棟板金が台風で飛ばされたり、穴が開いて雨水が家の中に侵入しやすくなります。

また、雨漏りを防ぐ防水シートが劣化していると、雨漏りが発生する可能性があるので注意が必要です。

天井にシミやクロスの剥がれが発生しているかどうかをチェックし、雨漏りの対策を進めていくのが家をメンテナンスする際のポイント。

天窓

家によっては、天窓が設置されています。

天窓は採光性を高めるだけでなく、通気性を向上させる役割があります。

天窓から雨漏り、DIYで直す方法とは?!|天窓修理・天窓雨漏り|天窓は天窓の専門店へ

雨漏りが発生しやすい箇所に天窓も挙げられるので、新築住宅の施工やリノベ・リフォームを予定している方は注意が必要。

天窓はコーキングで窓枠の隙間を埋めています。

屋根材などと同様にコーキングも年数の経過と共に劣化します。

雨漏り対策のために天窓のメンテナンスも定期的に行ってください。

外壁

外壁もヒビ割れなどにより、雨漏りが発生しやすくなります。

天窓と同様にコーキングが剥がれていないかチェックするのが重要。

窓の周囲に外壁のヒビ割れが起きやすいです。

ベランダ

住宅にベランダがある方も多いのではないでしょうか?

雨漏りが発生しやすい箇所の1つにベランダが挙げられます。

防水層の経年劣化やベランダと外壁の継ぎ目、排水口の詰まりなどが雨漏りの原因。

普段から掃除を行い、排水口の詰まりを防ぎましょう。

防水層の著しい劣化などが発生している場合、業者に家のメンテナンスを依頼し、不具合を解消してください。

雨漏り対策を行う業者の選び方

雨漏りが発生した場合、業者に雨漏り対策の依頼をしましょう。

数ある業者の中から信頼できる1社を選ぶのが家のメンテナンスを進めていく際のポイント。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例をチェックすることをおすすめします。

施工内容はもちろん、工期や費用、スタッフの対応などを踏まえ、相談するかどうか判断してください。

見積書に記載されている内容

業者が作成した見積書に記載されている内容に目を通し、契約を進めていく必要があります。

使用する部材などについて分からないことがある場合、業者に質問しましょう。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルが発生するかもしれません。

保証内容が充実しているか

雨漏り対策後も家のメンテナンスを定期的に行う必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかチェックし、相談・契約を進めてください。

保証内容は業者によって変わってきます。

まとめ

雨漏りを放置し続けると、木材の腐食などの問題が発生します。

家の雨漏りが発生した際は早めに対処してください。

普段から屋根などの状態に気を配り、不具合をいち早く察知するのが思い入れのある家に長期間住み続けるポイントです。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で瓦が割れた!その修理方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で瓦が割れた!その修理方法とは?!

瓦が割れて一体どうすれば良いか悩んでいませんか?

屋根は住宅の景観に大きく関わるのはもちろん、雨風などを凌ぐ役割があります。

被害が大きくならないようにするためには、適切な対処が求められます。

今回は割れた瓦の修理方法について解説するので、小田原市で屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

割れた瓦の修理方法

割れた瓦の修理方法は複数存在します。

主な方法は以下の3つ。

・防水加工テープ

・ブルーシート養生

・新しい瓦に交換

まずは割れた瓦の修理方法を1つ1つ取り上げます。

防水加工テープ

防水加工テープを用いることにより、瓦のヒビ割れ対策が可能。

割れている瓦を取り除いたら、防水加工テープを貼る面を拭き取ります。

拭き取ったら、ヒビ割れをくっつけるようにして防水加工テープを貼っていきます。

成田崇
成田崇
屋根修理のDIYアイテムは下記のリンクを参考にしてみてください。

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

動かないようにするために3重程貼るのがポイント。

防水加工テープを割れた瓦に貼る際、野地板などに問題がないかチェックしましょう。

最後に修理した瓦を差し込めば完了です。

ブルーシート養生

割れた瓦の修理方法の1つに

ブルーシートを使用することもあります。

ただ屋根は高所作業になりますので

充分な準備と注意が必要になります。

新しい瓦に交換

現在、用いている瓦を手に入れられる場合、新しい瓦に交換するのがおすすめ。

メーカーに在庫の有無を問い合わせる必要があります。

瓦によっては見つけるのが難しいかもしれません。

成田崇
成田崇
いらかは瓦屋根の修理も得意です、ぜひお問合せください。

瓦が割れる原因

瓦がどうして割れるのか疑問に感じている方も一定数いるのではないでしょうか?

さまざまな原因で割れるので、住宅のメンテナンスを行う際は注意が必要。

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・自然災害

・寒さ

・飛来物

・施工不良

ここでは、各原因について触れていきます。

経年劣化

瓦は年数の経過と共に劣化していくので注意してください。

耐用年数は長いものの、いつ割れるのか分かりません。

築年数をチェックし、屋根修理・屋根リフォームが必要かどうか検討する必要があります。

自然災害

自然災害も瓦が割れる原因の1つに挙げられます。

台風や地震などが起きた際、屋根の状態をチェックし、瓦の修理が必要なのかどうかチェックしてください。

雪が多い地域の場合、積雪で割れてしまうかもしれません。

寒さ

寒さも原因の1つ。

水分を瓦が吸収し続けることにより、気温が下がった時に水分が凍ることで膨らんでしまいます。

膨らみを何度も繰り返していくたびに屋根に用いられている瓦の表面が割れていきます。

飛来物

突風などによって飛ばされてきた飛来物も瓦が割れる原因。

飛来物がどのタイミングで飛んでくるか分かりません。

施工不良

施工不良で瓦が割れます。

住宅によっては、ヒビ割れした瓦をそのまま取り付けている場合もあります。

小田原市とは一体どのような場所なのか

小田原市は神奈川県西部に位置している街。

箱根連山に繋がる山地が西部にあるのに対し、曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯が東部に存在します。

南部は相模湾に面しています。

1年を通して温暖な気候になっているのが特徴。

雪の降る量が少ないのに対し、雨量は適量です。

小田原市は長い歴史を持っていることで知られています。

戦国時代は後北条氏の城下町として発展。

後北条氏の居城である小田原城は小田原市における観光スポットの1つに挙げられます。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として発展。

明治時代は政財界人や文化人の別荘・保養の地として愛されていた歴史があります。

瓦が割れた際は業者に修理を依頼するのが重要

瓦が割れたので、業者に依頼しようと感じているのではないでしょうか?

数ある業者の中から信頼できる1社を見つける必要があります。

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

過去の施工事例は選ぶ決め手の1つ。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。  

写真や施工内容、費用などを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかを踏まえ、契約を進めていくことになります。

費用の内訳などを細かくチェックし、分からないことを業者に質問するのが重要。

複数の業者に見積もりを依頼した際、不要な内容が記載されていないかだけでなく、相場より極端に安いまたは高いかなども把握してください。

どのような保証が用意されているか

修理が終わった後のことも考え、保証内容も目を通す費用があります。

業者によって保証内容が変わってきます。

定期点検がいつ行われるのかなどを踏まえ、相談を進めるのが瓦の修理を依頼するポイント。

まとめ

瓦が割れた際、基本的には新しい瓦に交換することになります。

さまざまな原因で割れるため、普段から住宅の状態に気を配ることをおすすめします。

住宅について何か悩みがある際は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、屋根修理・屋根リフォームを進めることが重要です。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で安く屋根を修理する方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で安く屋根を修理する方法とは?!

小田原市で屋根修理を予定しているものの、費用の面で不安に感じている方が多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームで納得のいく施工を行うためには、費用について意識する必要があります。

今回は小田原市で屋根修理を安く行う方法について触れていきます。

屋根修理・屋根リフォームについて関心のある方は参考にしてください。

そもそも小田原市で屋根修理にかかる費用は一体どのくらいなのか

小田原市で屋根修理を行う場合、約30万~250万円の費用がかかります。

屋根修理の主な内容は以下の通り。

・屋根塗装:30万~90万円

・屋根カバー工法:80万~150万円

・屋根葺き替え工事:120万~250万円

どのような施工を行うかによって費用が大きく変わってきます。

場合によっては相場以上の費用がかかるかもしれません。

相場より極端に高いまたは安い場合、業者に費用について質問し、疑問を解消してください。

小田原市で屋根修理を安くする方法

小田原市で屋根修理を安くする方法がいくつか存在します。

主な方法は以下の通り。

・木造住宅耐震診断費

・耐震改修費補助金

・部分的な修理で済ませる

ここでは、2つの方法について取り上げます。

木造住宅耐震診断費

木造住宅耐震診断費は昭和56年5月31日以前に着工した木造一戸建て住宅・長屋・共同住宅を対象にした補助金です。

増築に係る部分の床面積が建物の延べ面積2分の1以下の場合を除き、昭和56年6月1日以後に増築または改築の工事に着手していないことが条件。

6万円が上限ですが、65歳以降の高齢者1人暮らし・高齢者のみの世帯・世帯全員の市民税が非課税の世帯は上限が9万円です。

市民税を滞納していると、補助を受けられないため、利用を検討している方は注意してください。

耐震改修費補助金

耐震改修費補助金は木造住宅の耐震性向上を目的とした改修工事を補助するための制度。

昭和56年5月31日以前に着工した木造一戸建て住宅・長屋・共同住宅を対象にしています。

また、耐震診断の評点が1.0未満であるのも条件に含まれます。

木造住宅耐震診断費と同様に限度額があるので、注意が必要。

上限額は以下の通りです。

・設計・工事監理補助金:上限額15万円

・除却費補助金:上限額45万円

・改修費補助金:上限額85万円

除却工事の場合、小田原市耐震改修促進計画に位置付けられる第一次緊急輸送道路に面していることが条件に含まれます。

屋根の部分的な修理で済ませる

スレートの一部割れなど、

全体的な修理が必要な場合とそうでない場合があります。

スレート屋根修理をDIYするには?!リコロニーを使った屋根修理|平塚・株式会社いらか|屋根専門

もしくはDIYで屋根修理を行う方もいます

屋根修理DIY はしごはレンタルできるのか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

複数の業者に見積もりを行ってから屋根修理を行うのもポイント

少しでも費用を安く抑えたいと感じている場合、複数の業者に見積もりを依頼してはいかがでしょうか?

数ある見積書に目を通し、納得のいく費用で屋根修理を行う業者と契約するのも屋根修理を進めていく際のポイントです。

ローンを利用する場合は計画的に返済するのが重要

屋根修理でローンを組むことができるものの、返済までの期間が短いので注意してください。

利用する際は計画的に返済していく必要があります。

毎月の収入と支出を把握し、滞りなく返済しましょう。

小田原市とは一体どのような場所か

小田原市は神奈川県西部に位置する街。

神奈川県で4番目の広さを有しています。

箱根連山に繋がる山地が西部にあるのに対し、曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯が東部に存在します。

また、相模湾が南部に面しているのが特徴。

中央に酒匂川が流れ、足柄平野を形成しています。

1年を通して温暖な気候です。

長い歴史を持っているのも小田原市の特徴。

戦国時代には、後北条氏の城下町として発展します。

後北条氏の居城である小田原城はJR小田原駅の南にあり、毎年多くの観光客が訪れています。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として発展。

明治時代になると、政財界人や文化人の別荘・保養の地として愛されていた歴史を持ちます。

小田原市で屋根修理を行う業者の選び方

小田原市で屋根修理を業者に依頼したいものの、一体どこに依頼すれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

情報収集を行い、納得のいく1社を見つけるのが重要。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

過去に一体どのような施工に携わっていたか

過去の施工事例を一通りチェックし、相談するかどうか判断することになります。

業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例から、施工の内容だけでなく、工期や費用に関する情報も収集しましょう。

口コミでスタッフの対応などを知った上で選択肢に入れるかどうかもポイント。

見積書に記載されている内容

見積書に記載されている内容も選ぶ決め手です。

どのような施工を行うかはもちろん、使用する部材や数量、費用の内訳などが詳細に記載されているかどうか踏まえ、契約を進めてください。

どのような保証が用意されているか

屋根修理の後も定期的にメンテナンスを行う必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかをチェックした上で相談することをおすすめします。

施工エリアは一体どこか

施工エリアに小田原市が含まれているかどうかもポイント。

業者によっては小田原市内に約1時間以内で駆けつける場合があります。

その日の交通状況によって到着時間が変わってくる点に注意してください。

また、施工エリア外からの依頼を受け付けていない業者も存在します。

まとめ

普段から住宅の状態に気を配り、被害が大きくなる前に早めに対処することが重要です。

木造住宅耐震診断費・耐震改修費補助金は利用するための条件が存在するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は注意してください。

費用に関する悩みについて業者に一度相談することをおすすめします。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根葺き替え工事が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根葺き替え工事が完了!その費用とは?!

屋根は雨風などを凌ぐのはもちろん、住宅の雰囲気に関わります。

年数の経過に伴い、屋根が劣化していきます。

近いうち、小田原市で屋根葺き替え工事を予定しているものの、一体どのくらいの予算を用意すれば良いか不安に感じているのではないでしょうか?

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためには、費用の相場を押さえておくことが重要。

今回は小田原市での屋根葺き替え工事にかかる費用について解説します。

小田原市で屋根葺き替え工事を行った際にかかる費用の相場

小田原市で屋根葺き替え工事を行った場合、約100万~300万円程度かかります。

屋根の大きさによってはによっては300万円より高くなるかもしれません。

相場より極端に高いまたは短い場合、どうして相場より極端にかけ離れているのか業者に質問することをおすすめします。

屋根葺き替え工事とはそもそも何か

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、新しい屋根材を葺く施工です。

屋根葺き替え工事ってどんな工事?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

野地板や防水シートも新しくするのが特徴。

屋根葺き替え工事を行うメリット

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、屋根葺き替え工事のメリットについて押さえましょう。

ここでは、屋根葺き替え工事のメリットについて取り上げます。

下地防水シート(ルーフィング)を新しく出来る

屋根葺き替え工事により、ルーフィングを新しくできます。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

住宅購入後の悩みNo1は「雨漏り」です。

その雨漏りの原因の多くは「ルーフィング」の劣化によるものです。

屋根の葺き替え工事により、ルーフィングを新しく

屋根の防水性能を向上させることが出来ます。

屋根の軽量化を図れる

軽い屋根材を用いれば、屋根全体の軽量化が行えます。

屋根が軽いと、耐震性が向上するのがポイント。

アイジー工業 スーパーガルテクトってどんな屋根材?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

地震はいつ発生するか分かりません。

成田崇
成田崇
屋根葺き替え工事で屋根材を板金屋根に交換するとかなりの軽量化が図れます。

屋根葺き替え工事を行う際、地震対策も意識することをおすすめします。

住宅の寿命を延ばせる

屋根材・野地板・防水シートを新しくすることにより、住宅の寿命を延ばせるのがメリット。

屋根カバー工法の場合、野地板や防水シートの状態を把握することができません。

雨漏りが心配な方は野地板や防水シートが著しく劣化しているかどうかを踏まえ、屋根葺き替え工事・屋根カバー工法のどちらを選択するか検討してください。

長期的なメンテナンスにかかる費用を抑えやすい

長期的なメンテナンスにかかる費用を安く抑えられるのも屋根葺き替え工事のメリット。

屋根修理・屋根リフォームを行う場合、施工後のメンテナンスにも目を向ける必要があります。

屋根葺き替え工事を行うデメリット

屋根葺き替え工事はメリットだけでなく、デメリットも存在します。

ここでは、一体どのようなデメリットがあるかについて解説するので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

他の施工に比べて費用がかかる

屋根葺き替え工事は屋根カバー工法や屋根塗装に比べ、費用がかかるのがデメリット。

予算と相談しつつ、屋根修理・屋根リフォームのプランを決めていくことになります。

また、屋根材にアスベストが含まれている場合、費用が通常よりも高額になるので注意しましょう。

施工中に雨漏りが発生する場合がある

屋根材を一時的に取り払う関係上、施工中に雨漏りが発生しやすいです。

施工期間中の天候を踏まえ、屋根葺き替え工事を行うかどうか決めてください。

成田崇
成田崇
弊社では屋根葺き替え工事中に雨漏りを起こしたことはありませんのでご安心ください。

都合の良い日程に施工を行う場合、スケジュール調整を意識し、余裕を持って行動することをおすすめします。

ホコリや振動が発生する

廃材を撤去するため、ホコリや振動が発生する点に注意が必要。

施工中の騒音などが気になる方も多いのではないでしょうか?

屋根葺き替え工事の費用に関わるポイントは一体何か

屋根葺き替え工事の費用に一体どのようなものが関わるか押さえることが重要です。

ここでは、費用に関わるポイントについて触れていきます。

使用する屋根材

どの屋根材を用いるかによって屋根葺き替え工事の費用が変わるので注意してください。

屋根材ごとに耐用年数やデザインなどが異なります。

気になる屋根材を見つけたら、一体どのような特徴があるかチェックしましょう。

屋根の面積

屋根の面積も費用に関わるポイント。

面積が広ければ広い程、施工する範囲が増えます。 それに伴い、工期や費用がかかります。

住宅によっては、想定以上に長引く可能性もあるので注意してください。

中間マージンの有無

業者によっては中間マージンが発生します。

中間マージンの有無で費用が変わってきます。

成田崇
成田崇
弊社のような屋根専門業者に依頼することをおすすめします

屋根葺き替え工事を依頼する際、中間マージンがかからないかどうかチェックするのが重要。

まとめ

小田原市で屋根葺き替え工事を行う場合、100万円以上の費用がかかります。

屋根を軽くしつつ、野地板や防水シートを新しくできるのがメリットです。

その反面、費用がカバー工法などに比べてかかるので、注意が必要。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は小田原市周辺で長年にわたって屋根葺き替え工事を行っている業者に一度相談してください。

適切なアドバイスを頂き、自分に合った施工を進めましょう。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根カバー工法が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根カバー工法が完了!その費用とは?!

屋根修理・屋根リフォームの方法の1つに屋根カバー工法が挙げられます。

近いうち、小田原市で屋根カバー工法を予定しているものの、一体どのくらいの費用がかかるのか心配している方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、予算を意識する必要があります。

今回は小田原市で屋根カバー工法を行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

小田原市とは一体どのような街なのか

小田原市は長い歴史を持つ街。

戦国時代には、後北条市の城下町として栄えたことで知られています。

江戸時代になると、東海道随一の宿場町として多くの方が行き来していたことで有名です。

明治時代には、数多くの政治家や文化人が移住。

JR小田原駅の南にある小田原城は小田原市の観光スポットとして知られており、多くの観光客が毎年訪れます。

その他にも、二宮尊徳の生家や北条氏政・氏照の墓所などの史跡が数多く存在します。

南西部は箱根連山に繋がる山地になっているのに対し、頭部は曾我丘陵と呼ばれる丘陵地帯になっているのも小田原市の特徴。

南部は相模湾に面しています。

気候は温暖です。

また、小田原市は神奈川県西部に位置しており、南足柄市・大井町・箱根町・湯河原町・開成町などに隣接。

東名高速道路を利用すれば、約1時間で東京までアクセスできます。

小田原市で屋根カバー工法を行う際にかかる費用

小田原市で屋根カバー工法を業者に依頼する場合、約80万~200万円の費用がかかります。

人によって、屋根修理・屋根リフォームの費用が変わってきます。

相場に比べて極端に高いまたは極端に安い場合は注意が必要。

屋根カバー工法の費用に関わるポイント

屋根カバー工法の費用に関わるポイントとして、一体どのようなものがあるのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、費用に関わるポイントについて取り上げます。

使用する屋根材

どの屋根材をカバー工法に用いるかにより、費用が変わってきます。

オークリッジスーパーのメリットとデメリットを徹底比較!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

気になる屋根材を見つけたら、どのような特徴があるかチェックしてください。

費用だけでなく、デザインや耐用年数なども屋根材を選ぶ決め手。

屋根の面積

住宅によって屋根の面積が異なります。

面積が広ければ広い程、施工範囲が増えるため、費用が高くなるので注意が必要。

屋根の勾配

屋根の勾配も費用に関わるポイントです。

急になればなる程、費用が高くなります。

6寸以上の勾配があると、足場が必要。

成田崇
成田崇
今回の小田原市事例では屋根勾配は4寸でした。

足場が必要かどうかで屋根修理・屋根リフォームの費用が変わってきます。

足場を組む場合、外壁修理と同時に行うことで足場の費用を抑えられます。

住宅によっては、屋根以外に不具合が発生している可能性があるので注意してください。

屋根カバー工法のメリット

屋根カバー工法には、一体どのようなメリットがあるのか気になっているのではないでしょうか?

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・費用を抑えやすい

・工期を短縮しやすい

・ルーフィングが新しくなり防水性を向上できる

・アスベストを飛散するリスクが低い

ここでは、各メリットについて触れていくので、気になる方は参考にしてください。

費用を抑えやすい

屋根カバー工法は屋根葺き替え工事に比べ、費用を抑えやすいのがメリット。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根修理・屋根リフォームを安く済ませたいと感じている方は屋根カバー工法が適しているか業者に相談しましょう。

工期を短縮しやすい

屋根カバー工法は廃材を処分する手間が省けるのに伴い、工期を短縮しやすいのもメリットに挙げられます。

屋根修理・屋根リフォームを少しでも早く終わらせたいと感じている方も屋根カバー工法を行うかどうか検討することをおすすめします。

屋根ルーフィングが新しくなるので防水性を向上できる

屋根カバー工法を行うと、屋根の防水シートを重ね張りするので

防水層が新しくなります。

屋根カバー用ルーフィング、タディスセルフカバーの特長3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

それにより、防水性を向上させることが可能。

成田崇
成田崇
弊社の屋根カバー工法では上記の「タディスセルフカバー」を標準で使用しています。

アスベストを飛散するリスクが低い

屋根カバー工法は解体工事を行わない関係上、アスベスト対策になるのもメリットです。

アスベストを含んだ屋根材を撤去する場合、飛散するリスクが伴います。

屋根カバー工法または屋根葺き替え工事のどちらかを選択するかの決め手になるのが屋根材にアスベストを含んでいるかどうか。

アスベストを含んだ屋根材を撤去する場合、費用が高額になってしまいます。

どの施工を用いるか業者と相談することをおすすめします。

屋根カバー工法のデメリット

屋根カバー工法はメリットだけでなく、デメリットもあるので注意が必要。

ここでは、どのようなデメリットが存在するかについて触れていきます。

著しい劣化の場合に適さない

住宅によっては、野地板や防水シートも劣化しているかもしれません。

著しい劣化の場合は屋根カバー工法が適さないので注意してください。

屋根が重くなる

屋根カバー工法を行うと、屋根が重くなってしまうのもデメリット。

屋根が重くなればなる程、耐震性が下がってしまいます。

まとめ

屋根カバー工法を小田原市で行う場合、約80万~150万円の費用がかかります。

屋根の面積や勾配などによって費用が変わってくるので注意しましょう。

廃材を処分する手間を省くことで工期を短縮できる反面、著しく劣化している場合は屋根カバー工法を行えません。

小田原市周辺で屋根修理・屋根リフォームを予定している場合、信頼できる業者に一度相談してください。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

屋根は住宅の景観に大きく関わるだけでなく、雨風などを凌ぐ役割があります。

近いうち、小田原市で屋根修理を予定している方も一定数いるのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのくらいの費用がかかるかは人によって変わってきます。

成田崇
成田崇
小田原市で屋根の修理が完了しました。

今回は小田原市で屋根修理を行う際、一体どのくらいの費用がかかるかについて取り上げます。

気になる方は一度参考にしてください。

小田原市って一体どのような場所?

小田原市は神奈川県西部に位置しています。

二宮町や箱根町、湯河原町、南足柄市などに隣接。

神奈川県の面積の4.7%を占めており、神奈川県内で4番目の広さです。

南西部は箱根連山に繋がる山地なのに対し、頭部は曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯になっているのが特徴に挙げられます。

戦国時代に後北条氏の城下町として発展。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として栄えた歴史があります。

財界人や文化人達の別荘・居住地として愛されてきた側面を持ちます。

JR小田原駅の南に建つ小田原城は小田原市のシンボル。

毎年、多くの観光客が小田原城を訪れます。

小田原市で屋根修理を行った際にかかる費用

小田原市で屋根修理を行う場合、約3万~50万円の費用がかかります。

人によっては想像以上に安く済む場合もあれば、想像以上に高くなるかもしれません。

相場より極端に高いまたは安い場合は注意してください。

屋根修理の内容とそれに伴う費用

屋根修理の内容は住宅によって異なります。

主な施工として、以下のものが挙げられます。

・雨樋の修理

・棟の修理

・屋根塗装

・屋根カバー工法

・屋根葺き替え工事

ここでは、各施工とそれに伴う費用について紹介するので、気になる方は一度チェックしてください。

雨樋の修理

雨樋は排水溝へ雨水の排水を促すための設備。

屋根に設置されています。

経年劣化などにより、雨樋の不具合が起きる場合があります。

雨樋が割れた!放っておくとマズいですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋の修理にかかる費用は約3万~30万円。

棟の修理

棟は屋根の頂上に被せる金属板です。

雨水の侵入を防ぐために使用。

【平塚市】で瓦屋根の補修工事完了!瓦のてっぺん(棟)の修理費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

熱膨張によって釘が抜けるなどの問題が発生します。

棟の修理にかかる費用は約10万~35万円です。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材に塗装を行う施工。

年数の経過と共に屋根材がどうしても色褪せていきます。

住宅の景観を新築に近い状態に保ちたいと感じている方は屋根塗装を検討してください。

屋根塗装にかかる費用は約20万~90万円です。

屋根カバー工法

屋根カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。

廃材を撤去する手間が省けるため、費用と工期を抑えられます。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

野地板と防水シートの状態を把握できない点に注意しなければなりません。

費用は約80万~150万円です。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根を葺く施工。

屋根カバー工法と異なり、野地板と防水シートを新しくできます。

廃材を処分する手間がかかるため、費用が高額になってしまう点に注意してください。

費用は約120万~250万円です。

屋根修理の費用に関わるポイント

屋根修理にかかる費用はさまざまなポイントが関わってきます。

ここでは、費用に関わるポイントを何点か取り上げるので、気になる方は一度チェックしてください。

屋根の状態

屋根の状態によって施工の内容が変わります。

野地板や防水シートなどが著しく劣化している場合、想像以上に費用がかかるかもしれません。

屋根の面積

屋根の面積も屋根修理の費用に関わるポイント。

面積が広ければ広い程、施工の範囲が増えるので、屋根修理の費用が高くなる可能性があります。

屋根の勾配

屋根の勾配が急になればなる程、屋根修理の費用がかかるので注意してください。

6寸以上になると、足場が必要になる場合が多いです。

足場を組むかどうかで屋根修理の費用が変わってきます。

屋根修理で足場を組む際、外壁のメンテナンスなども同時に行うか検討してはいかがでしょうか?

屋根の形状

住宅によって屋根の形状が異なります。

複雑な形状になると、屋根修理の費用が高くなるので注意が必要。

屋根修理は信頼できる業者に依頼することが重要

屋根修理を予定しているものの、一体どこに任せれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例を踏まえた上で依頼するかどうか判断してください。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。

写真や施工内容などから施工のイメージを掴むのが重要。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

使用する部材をはじめ、施工内容や費用の内訳などに目を通し、契約を進めていくことになります。

保証内容

屋根修理が済んだら終わりではなく、その後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消しなければなりません。

気になる業者を見つけたら、保証内容をチェックし、定期点検にいつ訪れるかなどを押さえましょう。

まとめ

小田原市で屋根修理を行う場合、100万円以下で済む場合もあれば、200万円以上かかる場合もあります。

相場より高い費用が見積書に記載されていたら、見積書の詳細を細かくチェックすることをおすすめします。

屋根の劣化を放置し続けると、後で大きな問題に発展するかもしれません。

住宅について何か悩みがある方は信頼できる業者に一度相談してください。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨樋の部分修理はできるの?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋の部分修理はできるの?

「雨樋の一部が破損したけど、部分修理ができるのか?」などの疑問を感じている方が多いのではないでしょうか?

雨樋は屋根から落ちた雨水を地面に流し、排水溝への排水を促すための設備。

何かしらの原因で雨樋が破損しているのを確認したら、いち早く対処することが重要です。

成田崇
成田崇
雨樋が壊れてしまうと直接雨水が外壁にあたり劣化に影響する場合があります。

今回は雨樋の部分修理ができるのかどうかについて解説します。

気になる方は一度参考にしてください。

雨樋の部分修理をDIYで済ませられるのか

雨樋の部分修理はDIYで済ませることが可能。

ただし、DIYで済ませる場合、転落事故などが発生する可能性があります。

雨樋の一部が破損しているのを確認したら、無理をせずに業者に相談してください。

また、雨樋の部分修理は技術が必要です。

接着の仕方によっては強度が低くなってしまいます。

雨樋の部分修理を行う際の手順

雨樋の部分修理を一体どのような手順で行われるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

いくつかの手順を踏んで部分修理が行われます。

ここでは、雨樋の部分修理の手順について説明します。

部材を用意

まずは雨樋の部分修理に必要な継手を用意してください。

継手には、品番が存在するので、同じメーカーの品番の継手を選ぶのが部分修理のポイント。

交換する部分の雨樋をカット

交換する部分の雨樋をのこぎりやハサミでカットしていきます。

接着剤で雨樋が取り付けられているため、手で外すのは難しいです。

周辺の雨樋を壊さないようにすることが重要。

新しい部材を取り付ける

カットした部分の雨樋を取り除いた後、新しい継手を取り付けます。

雨樋専用の接着剤を塗布し、隙間ができないようにするのが部分修理を行う際のポイント。

接着剤が硬化するまで力を加えないでください。

雨樋が割れた際の対処法

雨樋が割れた場合、雨樋専用の接着剤を割れ目に塗布し、雨樋をしっかりくっつけることで修理することができます。

その後、補修用アルミテープを下から上に螺旋状に巻いて補強するのがポイントです。

雨樋の破損、補修テープでDIY出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

コーキング材を割れ目に埋め込むのも雨樋が割れた際の対処法の1つ。

ヘラを用いて適量のコーキング材を塗り込むように埋め込めるのが重要です。

埋め込み過ぎると、コーキング材が雨樋の中に入ってしまいます。

雨樋の破損を放置し続けることで生じる問題

破損した雨樋を放置し続けると、一体どのような問題が生じるのか気になっているのではないでしょうか?

主に以下の問題が生じる可能性があります。

・雨漏り

・外壁の劣化

・雨だれ(騒音)

ここでは、各問題について触れていきます。

雨漏り

雨樋が破損し、雨水の排水が上手く行われないと、雨漏りが発生する恐れがあるので注意が必要。

雨漏りにより、屋根や外壁などを劣化します。

また、湿度が高くなるのに伴い、シロアリが集まりやすくなります。

住宅の寿命を少しでも長くするためにも、雨樋の状態を普段からチェックし、破損している部分を見つけたら早めに修理してください。

外壁の劣化

雨樋が破損していると、外壁を雨水が伝い、外壁への雨だれが発生しやすくなります。

雨だれを落とすのに手間がかかってしまうので注意が必要。

外壁の汚れは外壁の性能にも関わってきます。

また、地面に落ちた雨水が跳ねて周辺の建物を汚す可能性があります。

近隣住民とのトラブルの原因になるので、いち早く対処してください。

騒音

雨水が地面に直接落ちることにより、騒音が発生します。

人によっては外の騒音が気になっているのではないでしょうか?

騒音も近隣住民とのトラブルの原因になります。

雨樋の部分修理を行う業者の選び方

雨樋の部分修理を依頼したいものの、どの業者に依頼すれば良いか分からないなどの悩みを感じている方が多いのではないでしょうか?

数多くある業者の中から、信頼できる1社を見つけることが重要。

ここでは、業者の選び方について紹介します。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例をチェックし、依頼するかどうか判断してください。

業者の公式サイトに加工の施工事例が掲載されています。

写真などから施工のイメージを掴みやすくなります。

創業年・設立年

長年にわたって雨樋の修理を行っているかどうか判断するために創業年・設立年をチェックし、長い歴史があるかを把握するのも重要。

多くの方が屋根や雨樋に関するノウハウが十分ある業者に任せたいと感じているのではないでしょうか?

歴史が短い業者の場合、創業者の挨拶や経営理念などから長年にわたって雨樋の修理を行ってきたか判断してください。

自社で行っているか

自社で行っているかどうかも選ぶ決め手です。

業者によっては中間マージンが発生します。

中間マージンの有無で費用が変わってくるので注意が必要。

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかを一通りチェックし、契約するかどうか判断することになります。

使用する部材や費用の内訳など、把握しなければならない項目がいくつか存在します。

見積書に記載されている内容について分からないことがある場合、業者に質問してください。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルが発生するかもしれません。

まとめ

雨樋の部分修理はDIYでも可能ですが、転落などのリスクがあるので業者に任せることをおすすめします。

破損している部分をそのままにしておくと、さまざまな問題に発展するため、いち早く対処することが重要。

雨樋の破損をはじめ、住宅について悩みがある方は信頼できる業者に相談し、適切なアドバイスを頂いてください。

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 

雨樋修理や雨樋リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨樋が割れた!放っておくとマズいですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋が割れた!放っておくとマズいですか?!

成田崇
成田崇
軒樋を破損させたまま放置するのはあまりお勧めできません。

雨樋が割れているのを確認したけど、放っておくとマズいのではないか?と心配している方が多いのではないでしょうか?

 

雨水を排水溝へ適切に排水するのを目的に雨樋が屋根に設置されます。

今回は割れた雨樋を放っておくと大きな問題に発展するのかどうかについて取り上げます。

雨樋を割れたままにしておくのは危険

雨樋を割れたままにするのではなく、できる限り早めに対処してください。

放置し続けると、さまざまな問題が引き起こされます。

割れた雨樋が引き起こす問題

割れた雨樋は一体どのような問題を引き起こすのか疑問に感じているのではないでしょうか?

主な問題として、以下のものが挙げられます。

・雨漏り

・破損した部位が風に飛ばされる

・外壁が汚れやすくなる

・地盤沈下

・騒音

ここでは、割れた雨樋が引き起こす問題について説明します。

雨漏り

雨樋が割れて雨水を排水溝に排水しにくくなると、雨漏りが発生しやすいので注意が必要。

雨漏りは木材などを腐食させ、シロアリが集まりやすくなります。

結果、住宅の寿命が短くなってしまうかもしれません。

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためには、雨漏り対策を普段から心掛けましょう。

割れた部分が風に飛ばされる

雨樋に割れた部分があると、風に飛ばされやすくなります。

割れた部分が通行人に当たるなどの問題が発生する可能性もあるので、注意してください。

外壁が汚れやすくなる

雨樋が割れていると、雨水が外壁を伝いやすくなってしまいます。

結果、雨だれが外壁につき、綺麗にするのに時間を要します。

外壁は住宅の景観に大きく関わる部分。

思い入れのある住宅を美しく保ちたいと感じている方は普段から外壁の汚れをチェックしましょう。

地盤沈下

雨水が地面を抉り、地盤が緩んでしまうのも割れた雨樋が引き起こす問題の1つ。

最悪の場合、地盤沈下が発生する可能性があります。

騒音

雨水が地面に落ちると、水音が発生します。

場合によっては騒音問題に発展するので注意してください。

近隣住民との間でトラブルを避けるためには、割れた雨樋をいち早く対処するのが重要。

室内にいて、外の雨音が気になっている方も多いのではないでしょうか?

雨樋が割れる原因

雨樋が割れる原因は複数存在します。

ここでは、どのような原因で割れるのかについて触れていきます。

経年劣化

雨樋は屋外に長期間設置し続ける設備。

紫外線などによって経年劣化していきます。

鋼板製の雨樋を設置している場合、錆びを目にした方もいるのではないでしょうか?

経年劣化が進むと、割れやすくなるので注意が必要です。

外部からの衝撃

外部からの衝撃も雨樋が割れる原因の1つ。

車などにぶつかり、雨樋が割れる可能性があるので注意してください。

また、経年劣化で柔軟性が失われ、ボールなどで割れやすくなります。

落ち葉やゴミなどによる詰まり

落葉やゴミなどが雨樋を詰まらせることで雨水が溜まりやすくなってしまいます。

雨水の圧が加わることで雨樋に負担を与え、場合によっては割れてしまう可能性もあるので注意が必要。

割れた雨樋の修理をDIYで済ませられるのか

軽微な破損はDIYで対処しやすいものの、高所での作業が伴うため、雨樋が割れているのを確認したら業者に相談してください。

施工を行うためには、2人以上で行わなければならないのに加え、修理するための道具を揃えなければなりません。

割れた雨樋の修理を行う業者の選び方

割れた雨樋の修理を一体どの業者に任せれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

情報収集を十分行い、信頼できる1社を選ぶことが重要。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例をチェックしましょう。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。

写真だけでなく、施工内容や工期、かかった費用などに目を通し、依頼するかどうか判断してください。

自社で施工を行っているか

自社で割れた雨樋の修理を行っているかどうかを踏まえ、相談・契約を進めていくことが重要。

業者によっては中間マージンが発生します。

中間マージンの有無で雨樋の修理にかかる費用が変わってきます。

見積書に一体どのような内容が記載されているか

見積書に記載されている内容も選ぶ決め手。

使用する部材や施工内容、費用の内訳などが分かりやすく記載されているかどうかチェックする必要があります。

不要な内容が記載されていないかどうか心配な場合、複数の業者に見積もりを依頼してください。

保証内容が充実しているか

雨樋の修理が終わった後も住宅のメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

気になる業者を見つけたら、どのような保証が用意されているかチェックすることをおすすめします。

保証内容は業者によって変わってきます。

まとめ

雨樋が割れた後、そのまま放置しておくと雨漏りなどの問題に発展するかもしれません。

被害が大きくなる前に割れた雨樋の修理を行うことが重要。

年数の経過と共に雨樋が劣化しやすくなるので注意してください。

雨樋が割れているのを見つけたら、いち早く業者に相談することをおすすめします。

 

雨樋修理や雨樋リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨樋の金具がサビてきたけど平気ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋の金具がサビてきたけど平気ですか?!

成田崇
成田崇

雨樋の金具がサビてきているけど、大丈夫なのか疑問に感じていませんか?

 

 

屋外に長時間にわたって設置し続けている雨樋は年数の経過と共に劣化していきます。

思い入れのある住宅に長期間にわたって住み続けるためには、定期的に住宅のメンテナンスを行う必要があります。

今回は雨樋の金具がサビてきても平気なのかどうかについて触れていくので、住宅に関心のある方は参考にしてください。

雨樋の金具がサビてきたら交換する必要がある

雨樋の金具がサビてきたら、いち早く交換する必要があります。

サビた状態を放置し続けると、被害がさらに大きくなる可能性があるので、注意しましょう。

金具だけでなく、雨樋自体もサビているかもしれません。

 

 

雨樋の金具がサビていると一体どのような問題を引き起こすか

サビた雨樋の金具が引き起こす問題として、以下のものが挙げられます。

・雨樋が外れる

・雨樋の腐食

・雨樋の勾配が失われて雨水が溜まりやすくなる

雨樋の破損などにより、住宅のメンテナンスにかかる費用が想像以上にかかる可能性もあります。

雨樋が適切に機能しなくなることで生じる問題

雨樋が適切に機能しなくなると、一体どのような問題に発展するのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主な問題として、以下のものが挙げられます。

・雨漏り

・外壁の汚れ

・異臭の発生

・騒音 ここでは、雨樋の異常によって引き起こされる問題について取り上げます。

雨漏り

雨漏りは雨樋に問題があると発生しやすくなるので注意してください。

木材などを腐食させ、住宅の寿命を縮めます。

また、湿度が高くなるのに伴い、シロアリが集まりやすくなります。

思い入れのある住宅を守るためにも、雨漏り対策を普段から心掛けるのが重要。

外壁の汚れ

雨水が外壁を伝い、雨だれがついてしまいます。

雨だれは落とすのに手間がかかります。

外壁が汚れていると、住宅の景観を損なってしまうため、注意してください。

異臭の発生

雨樋の勾配が失われ、溜まった雨水が腐敗し、異臭が発生する可能性があります。

異臭は周辺に拡散されるので、近隣住民や通行人に不快感を与えます。

トラブルを避けるためにも、普段から臭い対策を意識してください。

騒音

雨樋が落ちてくる雨水が水音を発生させます。 水音が鳴り続けることにより、騒音トラブルに発展するかもしれません。

室内で過ごしていて、外の騒音が気になっている方も多いのではないでしょうか?

また、跳ねた雨水が隣の建物の外壁などにかかり、トラブルに発展する可能性があります。

雨樋の金具を交換する方法

まずはペンチで雨樋の金具を取り外していきます。

次に外壁に広げた状態で新しい雨樋の金具を設置。

 

雨樋を新しい雨樋の金具に設置したら、新しい雨樋の金具を閉じます。

新しい雨樋の金具の先にコーキング材をつけ、若干深めに設置するのがポイントです。

雨樋のメンテナンスはDIYで済ませられるのか

雨樋のDIYは難しいため、控えてください。

知識と技術が求められるので、誤った施工を行ってしまうと、問題が大きくなってしまうかもしれません。

雨樋の金具の交換などを業者に相談するのが大事

雨樋の金具の交換などを予定している場合、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

一体どこに相談すれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

選ぶポイントとして、以下のものが挙げられます。

・過去の施工事例

・自社で施工を行っているか

・創業年

・設立年

・見積書に記載されている内容

・保証内容が充実しているかどうか

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、これまで一体どのような施工に携わったかチェックしてください。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。

 

 

写真や施工内容などを踏まえ、依頼するかどうか判断しましょう。

自社で施工を行っているか

自社で施工を行っているかも決め手。

業者によっては中間マージンが発生します。

中間マージンの有無で雨樋のメンテナンスにかかる費用が変わってきます。

費用を少しでも抑えたい方は自社で施工を行っているかをチェックしてください。

創業年・設立年

長年にわたって雨樋のメンテナンスに携わっている業者に雨樋の金具の交換を任せたいと感じているのではないでしょうか?

創業年・設立年から一体どのくらい雨樋のメンテナンスに携わっているかチェックするのも重要。

業者によっては創業または設立してから間もない場合もあります。

創業者の挨拶や経営理念などをチェックし、雨樋のメンテナンスに関するノウハウがあるか把握してください。

見積書に記載されている内容

見積書に記載されている内容が分かりやすいかどうかも選ぶ決め手。

使用する部材や施工の内容、費用の内訳などに目を通し、契約を進めていくことになります。

複数の業者に見積もりを行う場合、不要な内容が記載されていないかも把握しましょう。

保証内容が充実しているかどうか

雨樋の金具を交換した後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消するのが重要。

気になる業者を見つけた際、保証内容をチェックすることをおすすめします。

まとめ

雨樋の金具がサビてきたら、雨樋の腐食などの問題が発生するのでいち早く対処してください。

雨樋は雨漏りを防ぐために必要な設備。

雨漏りが発生してしまうと、住宅の寿命を縮めてしまう可能性があります。

住宅に何か違和感を感じた際、信頼できる業者に一度相談してみてはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを頂き、メンテナンスを進めていくのが重要です。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

縦樋が割れた!縦樋にはどんな役割があるの?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

縦樋が割れた!縦樋にはどんな役割があるの?

雨樋には、縦樋と横樋が存在します。

成田崇
成田崇
この赤い線の部分が「たてとい」です

雨漏り対策を行う際、縦樋と横樋が用いられます。

住宅をチェックしていると、縦樋が割れているのを見つけた方もいるのではないでしょうか?

雨樋に何か問題が発生した場合、いち早く対処し、被害が大きくなるのを防ぐのが重要。

今回は縦樋の役割について解説します。

そもそも縦樋とは何か

縦樋は屋根と垂直に取り付けられている雨樋です。

集水器から地面に繋がっているのが特徴。

以下の種類が縦樋に存在します。

・丸形:外から衝撃に強く、最も多く使用されている形状

・角形:丸形に比べて雨水を多く流せる形状

・鎖形:デザイン性に特化した形状

形状によって耐久性や雨水を流せる量などが異なります。

雨樋交換を行う際はどの形状にするか一度検討してください。

縦樋の役割

縦樋の役割は一体何か疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、縦樋の役割について取り上げます。

雨水を排水溝へ排水

縦樋は雨水を排水溝へ排水し、雨漏り対策を行う役割があります。

雨水が適切に排水されないと、雨漏りに発展するかもしれません。

成田崇
成田崇
この集水器に雨水を集めて、たてといから落としていきます

湿度が上がるのに伴い、シロアリが発生し、住宅の寿命が短くなる可能性があるので注意してください。

外壁・基礎の劣化を防ぐ

雨水を地面に落とし、外壁・基礎の劣化を防ぐのも縦樋の役割。

水捌けの良い砂利やコンクリートを敷いて雨水が外壁・基礎に飛び跳ねないようにするのも住宅の寿命を延ばす上で重要です。

景観を美しく保つ

雨水によって外壁などが汚れてしまいます。

雨水が外壁に伝わないようにし、景観を美しく保つのも縦樋の役割。

地盤沈下を防ぐ

雨水によって土壌が緩み、地盤沈下が起きるのを防ぐためにも縦樋を設置する必要があります。

住宅が傾かないよう地盤の状態にも気を配りましょう。

騒音のトラブルを回避する

雨音による騒音を回避するのも役割の1つに挙げられます。

騒音は近隣住民とのトラブルの原因に発展する可能性があります。

また、泥が跳ねて近隣住民の住宅が汚れるのを防止するので、縦樋が割れたのを確認した際はいち早く修理を行ってください。

縦樋が割れる原因

人によっては縦樋がどうして割れるのか疑問に感じているのではないでしょうか?

さまざまな理由で縦樋が割れるため、普段から住宅の状態に気を配ることが重要です。

ここでは、縦樋が割れる原因について触れていきます。

外部からの衝撃

飛来物や車などによる衝撃で縦樋が割れる可能性があるので、注意してください。

成田崇
成田崇
車庫の近くに「たてとい」がある場合は駐車時に壊してしまうケースが多いようです。

車などがぶつかり、縦樋に亀裂が入っている場合、一早く雨樋修理を行うことをおすすめします。

衝撃で亀裂の入った箇所から割れてしまうかもしれません。

経年劣化

年数が経過するごとに縦樋が劣化していきます。

縦樋に用いられている硬質塩化ビニールは紫外線により劣化しやすいです。

長時間にわたって紫外線や雨風に晒されている環境に設置されているので、経年劣化が起きていないかチェックしてください。

施工不良

施工不良も縦樋が割れる原因の1つに挙げられます。

サイズの違う縦樋を設置しているか・金具を取り付ける間隔が間違っていないかどうかなどを確認し、適切なメンテナンスを行う必要があります。

自然災害

台風などの自然災害により、縦樋が割れる場合があるので注意してください。

風や雪などは縦樋に負担をかけます。

割れた縦樋の修理をDIYで済ませられるか

DIYで割れた縦樋の修理を済ませようと考えている方も多いのではないでしょうか?

脚立やはしごを用いて作業を行う際に転落する可能性があります。

また、雨水が流れにくくなり、現状よりも状態が悪くなるかもしれません。

縦樋が割れた際、DIYで済ませないことをおすすめします。

割れた縦樋の修理を行う業者の選び方

割れた縦樋の修理は信頼できる業者に依頼することが重要。

人によっては一体どこに依頼すれば良いか迷っているのではないでしょうか?

ここでは、業者の選び方について説明します。

自社で割れた縦樋の修理を行っているか

自社で割れた縦樋の修理を行っているかが選ぶポイント。

業者によっては中間マージンが発生するかもしれません。

費用を少しでも抑えたい場合、自社で割れた縦樋の修理を行っている業者をチェックしてください。

見積書の内容が分かりやすいか

業者が作成した見積書に目を通し、契約するかどうか判断することになります。

施工の内容や使用する部材、費用の内訳などが分かりやすいかどうかは選ぶ決め手。

見積書の内容について分からないことがある場合、業者に質問することをおすすめします。

過去の施工事例

過去の施工事例を踏まえ、相談・契約を進めていきます。

公式サイトに掲載されている施工事例から雨樋修理のイメージを掴みましょう。

どのようなスタッフが在籍しているか

割れた縦樋の修理に慣れたスタッフが在籍しているかどうかも選ぶ決め手。

公式サイトでスタッフのプロフィールが掲載されている場合、どのような資格を取得しているかをチェックし、依頼するかどうか判断することが重要です。

まとめ

縦樋は排水溝に雨水を排水し、雨漏りを防ぐ役割を持つ設備。

さまざまな原因で縦樋が割れてしまうため、普段から縦樋の状態に気を配ることをおすすめします。

雨樋に関する悩みがある方は㈱いらかへ一度ご相談ください。

 

【雨樋修理】のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【逗子市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【逗子市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

屋根からの暑さにお困りの方、屋根遮熱を予定しているものの、

一体どのような施工が必要なのか・依頼する業者が決まらないなどの悩みがあるのではないでしょうか?

成田崇
成田崇
屋根から暑さは対策をしないと電気代も多くかかることになります。

逗子市で屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者が複数存在します。

十分な情報収集を行い、信頼できる一社に絞ることが大切。

逗子市周辺で業者を探している方は「㈱いらか」へ一度ご相談ください。

【逗子市】で屋根専門リフォーム会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市に所在地のある屋根リフォーム専門会社。

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や藤沢市、秦野市、伊勢原市などで屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

逗子市も施工エリアの1つです。

2022年4月に旧成田屋商店平塚支店から独立。

神奈川県に長年住んでいる方の中には、成田屋商店の名前に馴染みがあると感じた方もいるのではないでしょうか?

長年にわたって培ってきたノウハウを活かし、屋根修理・屋根リフォームを行います。

【逗子市】ってどんな街

逗子市は神奈川県の南東に位置します。

三浦半島の付け根にある街として多くの方に親しまれ続けています。

西部は相模湾に面しているのが特徴。

横浜市や鎌倉市、横須賀市、葉山町に隣接しています。

JR横須賀線と京急新逗子線が通っており、都心まで約60分でアクセスできます。

横浜市までの所要時間は約30分なので、ベッドタウンとしての側面があるのもポイント。

成田崇
成田崇
わたくしの母校「逗子開成高校」も逗子市にあり、逗子にはとても思い入れがあります。

自然を楽しみつつ、都心まで通いやすい場所に住みたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

逗子市はウォンドサーフィンの聖地として知られており、多くのウィンドサーファーが逗子市を訪れます。

また、ハーフマイルビーチの呼び名を持つ逗子海岸も多くの方で賑わっています。

海だけでなく、豊かな緑に恵まれており、ハイキングを楽しめるのも魅力。

その他にも、逗子海岸花火大会などのイベントが開催されているので、逗子市を訪れた際は興味のあるイベントをチェックしてください。

屋根遮熱のメリットとは一体何か

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、屋根遮熱のメリットを押さえることが大切です。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・熱中症対策につながる

・光熱費を節約しやすくなる

・室内に保管されている物が劣化しにくくなる

ここでは、屋根遮熱のメリットについて説明していくので、気になる方は参考にしてください。

熱中症対策につながる

屋根遮熱で遮熱性を向上させることにより、室内の温度調整が行えます。

暑くなり過ぎないようになった結果、熱中症対策につながります。

屋外だけでなく、室内においても熱中症対策を意識することが大切。

光熱費を節約しやすくなる

室内の温度調節を行い、暑くなり過ぎないようにすることでエアコンの使用頻度や強さを見直せるのもメリットです。

毎月の光熱費を気にしている方が多いのではないでしょうか?

エアコンの使用頻度や強さによって光熱費が変わってきます。

室内に保管されている物が劣化しにくくなる

屋根遮熱で熱を遮ることで室内に保管されている物が劣化しにくくなるのもメリットの1つ。

物によっては熱に弱いです。

室内に何かを保管したと感じている方は屋根遮熱で熱による劣化を対策することをおすすめします。

屋根遮熱の方法

屋根遮熱を一体どのような方法で行うのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、屋根遮熱の方法について取り上げます。

遮熱機能付きの屋根材

遮熱機能付きの屋根材を用いて屋根修理・屋根リフォームを行い、屋根遮熱を行う場合があります。

施工の方法は以下の通り。

・カバー工法 ・屋根葺き替え工事 カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工を指します。

費用を抑えつつ、工期を短縮できるのがメリットです。

実際のところどうなの? 屋根のカバー工法と屋根塗装はどっちが良いの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

アスベストの飛散リスクが低いのも特徴の1つ。

野地板や防水シートの状態を確認できない点がデメリットに挙げられます。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、新しい屋根材を被せる施工です。

野地板や防水シートを新しくできるのがメリット。

カバー工法に比べて費用や工期がかかるものの、屋根材が著しく劣化している場合は屋根葺き替え工事を検討してください。

遮熱シート

遮熱シートで屋根遮熱を行う場合もあります。

太陽から発せられる輻射熱を遮るアルミニウムが遮熱シートに用いられています。

成田崇
成田崇
こちらが屋根用の遮熱シートです。

輻射熱は体感温度を上げるため、熱中症対策を意識している方は遮熱シートを屋根修理・屋根リフォームに採用するか検討しましょう。

注意点は伝導熱と対流熱を対策できない点。 断熱材を併用し、伝導熱と対流熱を対策していくことになります。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水するための設備です。

散水によって気化熱を発生し、屋根が暑くなり過ぎないようにするのがメリット。

水で錆や藻が発生しやすい屋根材が存在するので、屋根遮熱を行う際は注意してください。

まとめ

室内で快適に過ごすためには、いかに暑さ対策を行うかが重要になってきます。

「㈱いらか」は数十年にわたって培ってきたノウハウを活かし、1人1人の悩みを汲み取ります。

逗子市周辺で屋根リフォーム専門会社を探している方は弊社まで一度ご相談ください。

 

【逗子市】で屋根修理や屋根遮熱のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【鎌倉市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【鎌倉市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

鎌倉市で屋根遮熱を予定しているものの、一体どこに依頼すれば良いか分からないなどの悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためには、屋根遮熱のメリットを押さえるだけでなく、信頼できる業者に依頼することが大事。

屋根修理・屋根リフォームなどについて気になることがある際は「㈱いらか」まで一度ご相談ください。

鎌倉市で屋根専門リフォーム会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市に事務所を構える屋根専門リフォーム会社です。

2022年4月に旧成田屋商店平塚支店から独立した経緯があります。

人によっては成田屋商店の名前に馴染みがあるのではないでしょうか?

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や伊勢原市、藤沢市、秦野市などで屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

鎌倉市も施工エリア内です。

【鎌倉市】ってどんな街

鎌倉市は神奈川県の南部に位置します。

源頼朝が鎌倉幕府を開き、政治を行ったことでも有名。

鎌倉市と聞いて、源頼朝や鎌倉幕府をイメージする方も多いのではないでしょうか?

藤沢市や横浜市、逗子市に隣接しています。

江ノ電などの開通により、観光地や保養地として多くの方に親しまれ続けているのも特徴に挙げられます。

南側が相模湾に面しているのに対し、その他三方は山で囲まれた立地。

数多くの寺院が集まっており、崇徳院にある鎌倉大仏も有名です。

鶴岡八幡宮も源頼朝ゆかりの神社として知られています。

日本の歴史や豊かな自然、マリンスポーツなどを楽しめる魅力的なので、気になる方は是非一度訪れてください。

屋根遮熱のメリット

屋根修理・屋根リフォームを行う際、屋根遮熱のメリットは一体何か押さえておくことが大事。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・体感温度を上がりにくくする

・光熱費の節約をサポート

・室内に保管されている物を劣化しにくくする

ここでは、屋根遮熱のメリットについて触れていくので、気になる方は一度参考にしてください。

体感温度を上がりにくくする

屋根遮熱で遮熱性を向上させることにより、体感温度が上がりにくくなるのがメリット。

体感温度によって熱中症になる可能性が変わってくるので注意が必要です。

室内の温度を適切に保ち、熱中症対策を心掛けてください。

光熱費の節約をサポート

屋根遮熱による暑さ対策でエアコンの使用頻度や強さを見直せます。

使用頻度を減らしつつ、強さを弱くすることにより、光熱費の節約につながります。

室内に保管されている物を劣化しにくくする

屋根遮熱で太陽から発せられる熱を防ぐことにより、室内に保管されている物を劣化しにくくするのもメリット。

物によっては熱に弱い場合があります。

熱から室内に保管されている物を守りたいと感じている方は屋根遮熱を検討しましょう。

屋根遮熱を一体どのような方法で行うのか

屋根遮熱の方法として、以下のものが挙げられます。

・遮熱シート

・遮熱機能付きの屋根材

・スプリンクラー

・遮熱塗料

それぞれの施工の特徴を知り、予算と相談しながら屋根修理・屋根リフォームを進めてください。

ここでは、屋根遮熱の方法について触れていきます。

遮熱シート

遮熱シートは屋根遮熱に用いられる反射材。

成田崇
成田崇
このような遮熱用のシートを使い屋根から遮熱します。

アルミニウムで太陽から発せられる輻射熱を遮ります。

伝導熱と対流熱を対策するために断熱材を併用するのが重要です。

遮熱機能付きの屋根材

屋根修理・屋根リフォームに遮熱機能付きの屋根材を用いるのも屋根遮熱の方法。

施工の方法として、以下のものが挙げられます。

・カバー工法

・屋根葺き替え工事

カバー工法は既存の屋根材を撤去せず、新しい屋根材を被せる施工を指します。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

廃材を処分する手間を省き、費用を抑えられるのがメリット。

屋根材の状態によってはカバー工法で対応できないので注意してください。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、新しい屋根材を葺く施工です。

野地板や防水シートを新しくして雨漏り対策が行えます。

費用と工期がカバー工法に比べてかかるのがデメリット。

屋根材の耐用年数をチェックし、屋根葺き替え工事を行うかどうか検討しましょう。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水するための設備。

散水によって気化熱を発生させ、屋根材が暑くなり過ぎないようにします。

工場や倉庫などに用いられています。

錆びや藻が発生しやすくなるため、設置した後も屋根材の状態に気を配ってください。

遮熱塗料

遮熱塗料で屋根塗装を行い、遮熱性を向上させている場合も存在します。

扱いが難しいので、塗り方によってはムラが発生するので注意が必要です。

外観を大幅に変えたいと感じている方は遮熱塗料を用いるかどうか検討してはいかがでしょうか?

まとめ

屋根遮熱は遮熱性を向上し、室内が暑くなり過ぎないようするメリットがあります。

予算と相談しつつ、適切な施工を行いましょう。

「㈱いらか」は神奈川県で数十年にわたって屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

屋根だけでなく、外壁や雨樋などの悩みにも対応。

鎌倉市で屋根遮熱を行いたいと感じている方は弊社まで一度ご相談ください。

 

【鎌倉市】で屋根遮熱や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

室内で快適に過ごすためには、暑さ対策を意識することが大切。

小田原市でリノベ・リフォームを予定しているものの、一体どのような方法で暑さ対策を行えば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

屋根遮熱も暑さ対策の1つに挙げられます。

近いうち、屋根のメンテナンスを小田原市で予定している方は「㈱いらか」へ一度ご相談ください。

平塚市で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市に所在地のある屋根リフォーム専門会社。

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や藤沢市、伊勢原市、秦野市などで屋根修理・屋根リフォームを行っています。

小田原市も施工エリア内です。

2022年4月に旧成田屋商店平塚支店から独立した歴史があり、人によっては成田屋商店の名前に馴染みがあるのではないでしょうか?

依頼人第一の提案を分かりやすく丁寧に行うことを心掛けています。

小田原市ってどんな街

小田原市は神奈川県の西部に位置する街。

南部に相模湾が面しているのに加え、箱根連山につながる山地と曽我丘陵に囲まれています。

温暖な気候のため、保養地として親しまれているのが特徴に挙げられます。

神奈川県で5番の広さがあり、神奈川県における西の玄関口としての側面があるのもポイント。

JR東海道本線をはじめJR東海道新幹線やJR御殿場線、小田急小田原線など、全部で18の鉄道駅があるので、都心などにアクセスしやすいです。

かつて後北条氏以来の城下町・東海道屈指の宿場町として栄えた歴史があります。

JR小田原駅の南にある小田原城は小田原市のシンボル。

多くの観光客が小田原城を訪れます。

小田原市と聞いて、小田原城をイメージする方も多いのではないでしょうか?

その他にも、Dynacityをはじめ、小田原コロナワールドや小田原ラスカ、小田原市ティーモールクレッセのような商業施設が存在します。

商店街もあるので、普段の買い物が行いやすいです。

屋根遮熱のメリットとは

屋根修理・屋根リフォームを行う前に屋根遮熱のメリットについて押さえましょう。

主なメリットは以下の通り。

・体感温度を上げにくくする

・室内に保管されている物が劣化しにくくなる

・光熱費を節約しやすくなる

ここでは、屋根遮熱のメリットについて説明するので、気になる方は一度参考にしてください。

体感温度を上げにくくする

屋根遮熱で遮熱性を向上させることにより、太陽から発せられる輻射熱を遮ることができます。

輻射熱は体感温度を上げる性質があります。

体感温度が上がりにくくなることで熱中症対策を行えるのが屋根遮熱のメリット。

室内に保管されている物が劣化しにくくなる

室内に保管されている物が熱で劣化しにくくするのも屋根遮熱のメリットに挙げられます。

物によっては熱に弱い場合があります。

室内に保管されている物を熱から守りたい方も多いのではないでしょうか?

光熱費を節約しやすくなる

室内が暑くなり過ぎないようにすることでエアコンの使用頻度と強さを見直すきっかけを作れます。

エアコンの使用頻度を減らしつつ、強さを下げることで光熱費の節約につながります。

毎月の光熱費が気になる方は屋根修理・屋根リフォームで屋根遮熱を行うか検討しましょう。

屋根遮熱を一体どのような方法で行うのか

屋根遮熱の方法は複数存在しており、予算と相談しつつ、施工を進めていくことが大切です。

ここでは、屋根遮熱の方法について紹介します。

遮熱シート

遮熱シートで遮熱性を向上させることが可能。

アルミニウムが遮熱シートに用いられています。

成田崇
成田崇
このような遮熱シートで屋根からの熱を防ぎます

太陽から発せられる輻射熱を遮る性質がアルミニウムにあります。

伝導熱と対流熱の対策ができないため、断熱材を併用して暑さ対策を行ってください。

遮熱機能付きの屋根

遮熱機能付きの屋根を用いるのも屋根遮熱の方法。

カバー工法または屋根葺き替え工事を行い、屋根修理・屋根リフォームを進めていくことになります。

屋根材の状態に合わせた施工を行い、住宅の不具合を解消しましょう。

カバー工法は既存の屋根材の上に遮熱機能付きの屋根材を被せる施工です。

廃材を処分する手間を省き、費用と工期を抑えます。

ただし、野地板などの状態が確認できないので注意してください。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、遮熱機能付きの屋根材を葺く施工。

野地板や防水シートを新しくできます。

カバー工法に比べて費用がかかるのに加え、工期が長くなるのがデメリットです。

遮熱塗料

遮熱塗料で遮熱性を向上させるのも屋根遮熱の方法。

外観を大幅に変えられます。 扱いが難しく、塗り方によってはムラが出てしまいます。

塗り直しの手間を踏まえ、遮熱塗料で屋根材を塗装するかどうか検討してください。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水する設備です。

散水時によって発生する気化熱が熱さを軽減します。

錆や藻に注意しつつ、屋根のメンテナンスを行うのが設置する際のポイント。

まとめ

屋根遮熱は熱中症対策や光熱費の節約などをサポートします。

「㈱いらか」は神奈川県で数十年にわたって屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

屋根遮熱を近いうちに予定している方は弊社まで一度ご相談ください。

 

【小田原市】で屋根遮熱や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【厚木市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【厚木市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

成田崇
成田崇

屋根修理・屋根リフォームの課題に暑さ対策が挙げられます。

屋根遮熱は室内が暑くなり過ぎないようにする方法の1つです。

厚木市で屋根修理・屋根リフォームを予定しているものの、一体どこに依頼すれば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

納得のいく施工にするためには、信頼できる業者に相談するのが大事。

厚木市で屋根遮熱を行いたいと感じている方は「㈱いらか」へ一度ご相談ください。

株式会社いらか【スタッフ】神奈川県平塚市|屋根工事・屋根の雨漏り|元 成田屋商店平塚支店

厚木市で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市に拠点を構えている屋根リフォーム専門会社です。

平塚市だけでなく、茅ヶ崎市や藤沢市、伊勢原市などで屋根修理・屋根リフォームに関する相談を受け付けています。

厚木市も施工エリア内。 屋根に関する悩みだけでなく、外壁や雨樋などに関する相談も受け付けているので、住宅の不具合を見つけた際は柔軟に対応させて頂きます。

厚木市ってどんな街

厚木市は神奈川県の中央に位置する街です。

平塚市や秦野市、相模原市、海老名市などに隣接しています。

西北から東南にかけて緩やかに傾斜しているのに加え、数系の小山脈が南北に走っているのが特徴。

平野部には、市街地が形成されています。

厚木市にいくつもの国道が交差していることから、神奈川県央の交通における要衝の役割を果たしているのも特徴に挙げられます。

新東名高速道路によって、都心まで約1時間でアクセスすることが可能。

関越自動車道や東北自動車道などと直接つながっているため、埼玉県や山梨県、福島県などへアクセスしやすいです。

湘南海岸への利便性も優れています。

その他にも、厚木市内に数多くの企業や学校が集まっているのも特徴の1つ。

多くの労働者や学生が厚木市内に集まります。

屋根遮熱とは

屋根遮熱とは、屋根の遮熱性を向上させることによって室内の暑さを軽減する施工を指します。

屋根遮熱を行うメリットとは一体何か

屋根遮熱を行うメリットに一体どのようなものがあるのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・体感温度が上がりにくくなる

・光熱費を削減しやすくなる

・室内に保管されている物が劣化しにくくなる

屋根修理・屋根リフォームで一体どのような施工が行われるのかを理解することが大切。

ここでは、屋根遮熱のメリットについて説明するので、気になる方は一度参考にしてください。

体感温度が上がりにくくなる

遮熱性を向上させることにより、体感温度が上がりにくくなるのがメリット。

体感温度によって熱中症になる可能性が変わってくるため、屋根修理・屋根リフォームを進める際は屋根の遮熱性に目を向ける必要があります。

光熱費を削減しやすくなる

屋根遮熱は光熱費を削減しやすくなるのもメリットに挙げられます。

室内が暑くになりにくくなるのに伴い、エアコンの使用頻度と強さを見直せます。

夏になると、エアコンの使用頻度が多くなって光熱費が高くなるなどの悩みを感じている方が多いのではないでしょうか?

光熱費を少しでも削減したいと感じている方は屋根修理・屋根リフォームを行う際にどのようにして暑さ対策を行うか意識することをおすすめします。

室内に保管されている物が劣化しにくくなる

熱によって劣化する物が数多くあります。

屋根遮熱で暑さ対策を行うことで室内に保管されている物を劣化しにくくするのもメリット。

貴重品が熱で劣化するのを防ぎたいと感じている方も屋根修理・屋根リフォームのプランに屋根遮熱を取り入れるかどうか検討してはいかがでしょうか?

一体どのような方法で屋根遮熱を行うのか

屋根遮熱の方法は複数存在しており、予算と相談した上でプランを決定することになります。

ここでは、屋根遮熱の方法について解説するので、気になる方は一度チェックしてください。

遮熱シート

遮熱シートはアルミニウムなどを用いた反射材。

太陽光から発せられる輻射熱を遮ることができます。

輻射熱は体感温度を上げる性質があるため、熱中症対策を踏まえて遮熱シートで屋根遮熱行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

注意点は伝導熱と対流熱に対処できない点です。 断熱材と併用し、暑さ対策を進めましょう。

遮熱機能付きの屋根材

屋根材によっては遮熱機能があります。

遮熱機能付きの屋根材を用いて屋根遮熱を行うのも選択肢の1つ。

施工の方法として、カバー工法と屋根葺き替え工事が挙げられます。

それぞれ違った特徴があるので、業者と相談してください。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工です。

廃材を処分する手間を省き、費用を抑えつつ、工期を短く済ませます。

ただし、野地板や防水シートの状態を把握できない点に注意が必要。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後に新しい屋根材を葺く施工です。

野地板や防水シートを新しくし、雨漏り対策が行えます。

廃材を処分する手間があるため、カバー工法に比べて費用がかかるのに加え、工期が長くなる点に注意しましょう。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水し、暑さを軽減する設備。

気化熱を利用し、遮熱性を向上させます。

水によって錆びや藻が発生しやすくなる点に注意してください。

設置後も屋根のメンテナンスを定期的に行う必要があります。

まとめ

「㈱いらか」は屋根遮熱以外にも住宅に関するさまざまな悩みを受け付けています。

数十年にわたって培ってきたノウハウを活かし、1人1人の悩みに寄り添ったプランを提案。

ドローンを用いて住宅の状態を細かくチェックさせて頂きます。

住宅について何か悩みがある方は弊社まで一度ご相談ください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【秦野市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【秦野市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

成田崇
成田崇
年々熱くなる夏の気温、特に室内温度の上昇は健康にも影響します。

屋根遮熱は暑さ対策の1つ。

室内の暑さに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、暑さ対策も視野に入れることが大切です。

納得のいく施工にするためには、情報収集をできる限り行い、信頼できる1社を見つけましょう。

秦野市で屋根遮熱を業者に依頼したいと感じている方は「㈱いらか」へ一度ご相談ください。

【秦野市】で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は神奈川県平塚市に拠点を構える屋根リフォーム専門会社。

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や伊勢原市、藤沢市、横浜市などで屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

秦野市も施工エリアの1つです。

秦野市ってどんな街

秦野市は神奈川県央の西部に位置する街。

都心まで約1時間で行けます。

平塚市をはじめ、伊勢原市や厚木市、中井町、松田町などに隣接しており、神奈川県19市の中で5番の広さです。

神奈川県の屋根として親しまれている丹沢山塊と渋沢丘陵に囲まれた盆地帯が存在する自然豊かな場所。

丹沢の地下水は環境省名水百選に選ばれています。

弘法大師の伝説が残る弘法の清水が小田急電鉄秦野駅の近くに存在します。

秦野市内に6つのハイキングコースが設定されており、1年を通して豊かな自然を楽しんではいかがでしょうか?

約6.2kmにわたって咲き誇る桜も見応えあります。

その他にも、観光農園が楽しめるのも秦野市の魅力。

イチゴ狩りやサツマイモ堀りなどを楽しめます。

秦野丹沢まつりなどのイベントも開催されているので、気になるイベントがありましたら、是非楽しんでください。

屋根遮熱を行うメリット

屋根修理・屋根リフォームで納得のいく施工を行うためにも、屋根遮熱で遮熱性を向上させるメリットについて押さえておくことが重要。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・体感温度が上がりにくくなる

・光熱費を抑えやすくなる

・室内にある物が劣化しにくくなる

ここでは、屋根遮熱のメリットについて説明します。

体感温度が上がりにくくなる

遮熱性を向上させて太陽から発せられる輻射熱を遮ることで体感温度が上がりにくくなります。

体感温度が上がるのを防ぐことが熱中症を対策していく上で重要。

暑さで室内での作業が捗らないなどの悩みを抱えている方も一定数いるのではないでしょうか?

快適に室内で過ごしたいと感じている方は屋根遮熱での暑さ対策を行うことをおすすめします。

光熱費を抑えやすくなる

室内の温度調整で暑さ対策を行うことにより、光熱費を抑えやすくなるのもメリットに挙げられます。

暑くなりにくくなると、エアコンの使用頻度や強さを見直せます。

使用頻度の減少やエアコンの強さが弱くなるのに伴い、光熱費の節約につながるので、屋根遮熱を行うか検討してください。

室内にある物が劣化しにくくなる

暑さを軽減することにより、室内にある物が劣化しにくくなるのもメリットです。

物によっては熱で劣化する可能性があります。

室内に何かを保管する際、熱に注意が必要。 適切な温度で貴重品を保管しましょう。

屋根遮熱の方法

屋根遮熱の方法が複数存在します。

予算と相談しつつ、施工を進めてください。

ここでは、屋根遮熱をどのように行っていくかについて取り上げます。

遮熱機能付きの屋根材

屋根修理・屋根リフォームの際、遮熱機能付きの屋根材を用いることで遮熱性を向上できます。

施工の方法は以下の通り。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

・カバー工法

・屋根葺き替え工事

屋根材の状態に応じて適した施工が変わります。

カバー工法は既存の屋根材を撤去しないため、費用を抑えつつ、工期を短縮できます。

屋根葺き替え工事はカバー工法に比べて費用がかかるものの、野地板などを交換できるのがメリット。

遮熱シート

遮熱シートはアルミニウムなどを用いた反射材です。

成田崇
成田崇
このようなシートを使い、屋根から遮熱します

太陽から発せられる輻射熱を遮り、暑さ対策が行えます。

伝導熱と対流熱を対策できないため、断熱材と併用して暑さ対策を進めてください。

遮熱塗料

遮熱塗料で遮熱性を向上させる場合もあります。

建物の外観を大幅に変えたい方は遮熱塗料を用いた塗装を検討してはいかがでしょうか?

成田崇
成田崇
遮熱塗料はほとんど効果が体感出来ないと思いますのでおすすめしません。

扱いが難しく、ムラが出やすいのがデメリット。

仕上がりによっては剥がれやすいので、遮熱塗料を用いる際は注意してください。

スプリンクラー

スプリンクラーは散水し、気化熱で屋根の暑さを軽減する設備。

工場や倉庫などに用いられています。

散水によって錆びや藻が発生する可能性があるので、設置した後も屋根の状態に気を配りましょう。

まとめ

室内が暑くなり過ぎないようにするために屋根遮熱を行うかどうか一度検討することが大切です。

どの方法で対策するかによって費用が変わるので、「㈱いらか」まで一度ご相談ください。

神奈川県で数十年にわたって培ってきた屋根修理・屋根リフォームのノウハウを活かし、1人1人に合ったプランを提案します。

遠方地域を除き、現地調査を無料で行っています。

ドローンで住宅の状態を細かくチェックしているのも弊社の強み。

電話やメールだけでなく、LINEでの相談も随時受け付けています。

気になる方はLINEの友だち登録をしてください。

 

【秦野市】で屋根修理や屋根遮熱のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【伊勢原市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【伊勢原市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

成田崇
成田崇
酷暑には屋根から遮熱することが最も効率良いんです。

屋根は長時間にわたって太陽からの光を浴び続けています。

結果、屋根が暑くなり、室内の温度が上昇。

伊勢原市で暑さ対策を踏まえた屋根修理・屋根リフォームを予定している方が多いのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためには、信頼できる屋根リフォーム専門会社に相談するのが大切です。

伊勢原市で屋根遮熱を予定している方は「㈱いらか」へ一度ご相談ください。

伊勢原市周辺で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市に事業所を構える屋根リフォーム専門会社。

平塚市だけでなく、茅ヶ崎市や藤沢市、鎌倉市などで屋根修理・屋根リフォームに関する相談を受け付けています。

伊勢原市も施工エリアの1つです。

伊勢原市ってどんな街

伊勢原市は神奈川県のほぼ中央に位置する街。

東名高速道路を利用すれば、東京まで約40分でアクセスできます。

小田急電鉄を利用した場合、約60分で新宿まで行けます。

平塚市や秦野市、厚木市に隣接しているのも特徴。

総面積の約3分の1を山林原野が占めます。

丹沢大山国定公園の一角に位置するシンボルである大山を頂点に豊かな平野部が東部に広がっているのに加え、鈴川などの清流が流れています。

気候が温暖なので、住みやすいのも魅力。

成田崇
成田崇
㈱いらか から伊勢原市までは車で30分程度です。

また、丘陵部は農地になっているのに対し、平地に市街地を形成しているのが特徴に挙げられます。

フルーツワインの生産などが盛んです。

2016年には、文化庁が大山詣りのストーリーを日本遺産に認定。

多くの観光客が伊勢原市を訪れています。

屋根遮熱を行うメリットは何か

屋根修理・屋根リフォームを行う前に屋根遮熱のメリットについて押さえましょう。

主なメリットは以下の通りです。

・輻射熱を遮って体感温度を上げにくくする

・室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

・光熱費の節約につながる

ここでは、屋根遮熱のメリットについて説明します。

輻射熱を遮って体感温度を上げにくくする

屋根遮熱を行うことにより、太陽から発せられる輻射熱を遮ることが可能。

輻射熱は体感温度を上げる性質があります。

体感温度が上がると、熱中症になりやすくなるので注意が必要です。

室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

遮熱性を高めることで室内に保管している物が熱で劣化しにくくなるのもメリット。

熱で室内にある物が劣化しているのに悩まされている方も一定数いるのではないでしょうか?

光熱費の節約につながる

屋根遮熱で室内の温度調整を行うことにより、光熱費の節約をサポートします。

エアコンの使用頻度や強さで光熱費が変わってきます。

輻射熱を遮って暑くなりにくくなった結果、エアコンの使用頻度などを見直すことが可能。

屋根遮熱の方法は多岐にわたる

屋根遮熱の方法は複数存在しており、予算と相談しつつ施工を進めていくことになります。

ここでは、どのような方法で屋根遮熱を行っていくかについて触れていきます。

遮熱シート

遮熱シートはアルミニウムなどを用いた反射材。

太陽から発せられる輻射熱を遮り、暑くなりにくくします。

成田崇
成田崇
このような遮熱シートを使い暑さを軽減します。

伝導熱と対流熱を対策できないため、断熱材を併用して暑さ対策を行うのがポイントです。

遮熱機能付きの屋根材

遮熱機能付きの屋根材遮熱性を上げる方法に挙げられます。

施工の方法はカバー工法と屋根葺き替え工事の2つ。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工です。

廃材を処分する手間を省くことで費用と工期を抑えられます。

ただし、野地板などの状態を確認できません。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工です。

野地板や防水シートを新しくすることで雨漏り対策が行えます。

屋根材が著しく劣化している場合、屋根葺き替え工事を検討してください。

カバー工法に比べて費用や工期がかかる点がデメリット。

スプリンクラー

スプリンクラーは工場や倉庫などに用いられる設備です。

屋根の上に散水し、気化熱によって屋根の暑さを軽減します。

屋根材によっては錆びや藻が発生する可能性があるのが注意しなければならないポイント。

設置した後も定期的に屋根の状態をチェックし、メンテナンスを行う必要があります。

「㈱いらか」がおすすな理由

「㈱いらか」は神奈川県内で数十年にわたり、屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

スタッフが長年の経験を活かし、1人1人の悩みを汲み取った上でプランを提案。

屋根だけでなく、外壁や雨樋などの悩みも対応可能です。

現地調査の際、ドローンを用いて住宅の状態を細かくチェックします。

モニターで屋根がどのようになっているのか把握した上で契約を進められるのもおすすめできるポイント。

まとめ

屋根遮熱は室内の暑さ対策につながります。

また、エアコンの使用頻度などを見直し、光熱費を節約しやすくなるのもメリットです

伊勢原市で屋根遮熱を兼ねた屋根修理・屋根リフォームを予定している方は「㈱いらか」まで一度ご相談ください。

オフィスでは、施工で用いられている屋根材などを触れることができます。

 

【伊勢原市】で屋根修理や屋根遮熱のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【藤沢市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【藤沢市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

成田崇
成田崇

快適な室内で過ごすためには、暑さ対策の一環として、屋根遮熱を検討することをおすすめします。

藤沢市で屋根修理・屋根リフォームを予定しているものの、どの業者に依頼すれば良いか分からないと悩んでいるのではないでしょうか?

今回は屋根遮熱について説明するだけでなく、「㈱いらか」がおすすめなポイントも紹介するので、一度参考にしてください。

藤沢市で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

 

「㈱いらか」は平塚市に事業所を構えるリフォーム専門会社。

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や秦野市、伊勢原市などで屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

藤沢市も施工エリア内です。

藤沢市ってどんな街

藤沢市は神奈川県の中央南部に位置しており、平坦な地形をしているのが特徴。

南部は相模湾に面した場所です。

茅ヶ崎市や海老名市、綾瀬市、横浜市などに隣接しています。

JR東海道線を利用すれば、横浜まで約20分、東京まで約50分でアクセスすることが可能。

藤沢市内にある江ノ島は観光地として有名であり、全国から多くの観光客が訪れます。

飲食店なども充実しています。

新江ノ島水族館も藤沢市で有名な観光スポット。

TVドラマなどで新江ノ島水族館が登場する機会があるので、知っている方も多いのではないでしょうか?

その他にも、慶応義塾大学や日本大学などのキャンパスが存在しているため、多くの学生が集まります。

ちなみに、神奈川県立湘南高等学校は神奈川県有数の進学校として知られています。

屋根遮熱を行うメリット

屋根遮熱を行うメリットは一体何か疑問に感じているのではないでしょうか?

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・熱中症対策につながる

・光熱費の節約をサポート

・室内の物を劣化しにくくする

屋根修理・屋根リフォームを行う際は各施工のメリットについて理解しておくことが重要。

ここでは、屋根遮熱のメリットについて紹介するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

熱中症対策につながる

屋根遮熱で遮熱性を向上させることで室内の温度調整が行えます。

結果、熱中症対策につながります。

屋外だけでなく、暑い室内で過ごしていると、熱中症になる可能性もあるので注意が必要。

自分だけでなく、家族などの安全を守るために熱中症対策を心掛けましょう。

光熱費の節約をサポート

遮熱性によって室内の温度調整を行うことでエアコンの使用頻度や強度の見直しが行えます。

使用頻度を減らし、強度を弱くすることにより、光熱費の節約につながります。

普段から光熱費を少しでも安くしたいと感じている方は遮熱性の向上を検討してください。

室内の物を劣化しにくくする

熱によって劣化しやすい物が存在します。

屋根遮熱で遮熱性を向上させることで室内に保管されている物を劣化しにくくするのもメリットです。

屋根遮熱を一体どのような方法で行われているか

屋根遮熱の方法は複数存在しており、予算に合わせて施工を進めましょう。

ここでは、屋根遮熱の方法について触れていきます。

屋根修理・屋根リフォームを藤沢市内で予定している方は参考にしてください。

遮熱機能付きの屋根材

屋根材によっては遮熱機能が付いています。

遮熱機能付きの屋根材を用いた屋根修理・屋根リフォームの方法は以下の通り。

・カバー工法

・屋根葺き替え工事

建物の状態に合わせ、適切な方法で施工が行われます。

カバー工法は既存の屋根材の上に遮熱機能付きの屋根材を被せる施工です。

廃材を処分する手間が省けるので、工期を短く済ませられるのがメリット。

費用がかかりにくい反面、屋根材の状態によってはカバー工法ができません。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、遮熱機能付きの屋根材を葺く施工を指します。

野地板や防水シートを新しくできるだけでなく、屋根の重量が重くなりにくいです。

カバー工法に比べて、費用が高額になる可能性がある点に注意してください。

遮熱シート

アルミニウムなどを用いた遮熱シートで屋根遮熱を行う場合があります。

太陽から発せられる輻射熱を遮り、体感温度が上がりにくくなるのがメリット。

断熱材と併用して暑さ対策を進めていきます。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水して気化熱を発生させ、暑さを軽減する設備。

工場や倉庫などに用いられます。

錆や藻が発生する可能性があるのがデメリットです。

藤沢市内での屋根遮熱の施工に「㈱いらか」がおすすめな理由

 

「㈱いらか」は数十年にわたって平塚市などで屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

長年の経験を基に1人1人に合ったプランを提案。

雨樋や外壁などの悩みも受け付けています。

現地調査の際、ドローンを用いて建物の状態を細かくチェックします。

場所によっては現地調査の費用がかかりません。

希望すれば施工時の画像が見られます。

屋根修理・屋根リフォームに関する疑問を解消しやすいのもおすすめな理由の1つです。

まとめ

「㈱いらか」は平塚市や藤沢市などで屋根修理・屋根リフォームに長年携わってきた屋根専門リフォーム会社。

屋根遮熱で暑さ対策を行いたいと感じている方は弊社まで一度ご相談ください。

か長年の経験を基に皆様の悩みに寄り添ったアドバイスを行います。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【茅ヶ崎市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【茅ヶ崎市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

建物内の暑さに悩まされているものの、一体どのように対処すれば良いか悩まされている方が多いのではないでしょうか?

暑さ対策の1つに屋根遮熱が挙げられます。

「㈱いらか」は屋根に関するご相談を受け付けています。

茅ヶ崎市内で屋根遮熱の施工を検討している方に屋根遮熱のポイントを紹介するので、是非チェックしてください。

【茅ヶ崎市】で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市にオフィスを構える屋根リフォーム専門会社です。

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や秦野市、藤沢市などで屋根などに関する悩みを受け付けています。

お困りごとがありましたら、弊社までご連絡ください。

茅ヶ崎市ってどんな街

茅ヶ崎市は神奈川県の中南部に位置します。

平塚市や藤沢市などに隣接。

湘南エリアの中心です。

相模湾に面しているだけでなく、豊かな自然に恵まれています。

茅ヶ崎市内にあるサザンビーチちがさき海水浴場から江ノ島や伊豆大島などを望めるのが魅力。

縁結びの輪として親しまれているサザンCはサザンオールスターズのCDジャケットになっています。

電車を利用すれば、都心まで約1時間でアクセスできます。

国道1号線や国道134号線、新湘南バイパスなどによって自動車でアクセスしやすいのもポイント。

屋根遮熱とはそもそも何か

屋根遮熱は屋根の遮熱性を向上させる施工です。

屋根への遮熱シート設置のメリット・デメリットとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

遮熱性を向上させることにより、室内の温度調整を行います。

屋根遮熱のメリット

屋根修理・屋根リフォームで納得のいく施工を行うためにも、屋根遮熱のメリットを押さえましょう。

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・熱中症対策につながる

・室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

・光熱費の削減をサポートする

ここでは、屋根遮熱のメリットについて紹介します。

熱中症対策につながる

室内の温度調整を行うことにより、熱中症対策につながるのがメリット。

室内が暑くなり過ぎると、熱中症のリスクが上がります。

快適に過ごしたいと感じている方は熱中症対策の一環として屋根遮熱を行ってください。

室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなる

熱に弱い物が数多く存在します。

室内に保管している貴重品が熱で劣化しているなどの悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

屋根遮熱で遮熱性を向上させることにより、暑さを防ぎ、室内に保管している物が劣化しにくくなります。

仕事に用いる設備を熱から守って、業務に支障をきたさないようにしたい方も屋根遮熱を一度検討してください。

光熱費の削減をサポートする

室内の温度調整を行うことでエアコンの使用頻度や強度を見直せます。

暑さ対策でエアコンの強度を強くしているのではないでしょうか?

屋根遮熱によって、エアコンの使用頻度を減らしつつ、強度を下げやすくなるのがメリット。

毎月の光熱費に悩まされている方は屋根修理・屋根リフォームを機に屋根遮熱を一度検討することをおすすめします。

屋根遮熱を行う方法

屋根遮熱を行う方法はいくつか存在するため、予算などと相談しつつ、施工を進めていくことが重要です。

主な方法は以下の通り。

・遮熱シート

・遮熱機能付きの屋根材

・スプリンクラー

ここでは、屋根遮熱を行う方法について取り上げます。

遮熱シート

遮熱シートはアルミニウムなどによって作られた反射材。

成田崇
成田崇
遮熱シートを貼ることで圧倒的な遮熱効果を実現できます。

アルミニウムは太陽から発せられる輻射熱を遮ります。

【茅ヶ崎市】で屋根の葺き替え工事が完了、屋根からの遮熱とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

輻射熱は体感温度を上げる性質があるため、熱中症対策を意識している方は遮熱シートで屋根遮熱を行うことを検討しましょう。

伝導熱と対流熱を対策できないため、屋根修理・屋根リフォームの際は断熱材と併用して暑さ対策を進めていくことが大切です。

遮熱機能付きの屋根材

遮熱機能付きの屋根材も屋根遮熱を行う方法の1つ。

建物の状態に応じて、施工の内容が変わってきます。

施工の方法は以下の2つです。

・カバー工法

・屋根葺き替え工事

カバー工法は既存の屋根材の上に遮熱機能付きの屋根材を被せる施工。

廃材を処分する手間が省けるため、費用を抑えつつ、工期を短縮できます。

成田崇
成田崇
屋根葺き替え時に遮熱シートを張るのが最もお勧めです

予算が心配な方はカバー工法を検討してはいかがでしょうか?

屋根材が著しく劣化している場合、カバー工法できない可能性があります。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、遮熱機能付きの屋根材を葺く施工を指します。

野地板や防水シートを新しくできるのがメリット。

費用と工期がカバー工法に比べてかかる点に注意してください。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水する設備です。

散水時によって生じる気化熱で暑さ対策を行います。

錆びや藻が発生しやすい屋根材も存在するため、スプリンクラーを設置する際は注意しましょう。

まとめ

屋根遮熱は室内が暑くなり過ぎないようにするために必要な施工。

【茅ヶ崎市】で屋根遮熱を予定しているものの、どこに頼めば良いか分からないと感じている方は「㈱いらか」まで一度ご相談ください。

長年の経験を活かし、皆様の悩みに寄り添ったアドバイスと施工を提供します。

 

【茅ヶ崎市】で屋根修理や屋根遮熱のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【平塚市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ |平塚・株式会社いらか|屋根専門

【平塚市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

屋根は太陽光を浴び続けています。

熱せられていく内に住宅内が暑く感じやすくなる可能性もあるので、注意が必要。

平塚市内で屋根遮熱を予定しているものの、一体どこに相談すれば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

屋根遮熱を予定している方は「㈱いらか」へ一度ご相談ください。

平塚市で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市に事業所があります。

オフィス内にあるミーティングスペースにて、お客様と直接打ち合わせを実施。

平塚市をはじめ、伊勢原市や茅ヶ崎市、藤沢市などで屋根修理・屋根リフォームを行っています。

平塚市ってどんな街

平塚市は神奈川県のほぼ中央・相模平野の南部に位置します。

西部の丘陵地を除けば、地形はなだらか。

JR東海道線の普通電車を利用すれば、約1時間で東京まで行けます。

温暖な気候に恵まれています。

平塚市内にある湘南平は神奈川県の景勝50選に選定されている観光地。

その他にも、海釣りと川釣りの両方を楽しめる湘南潮来やマリンスポーツが盛んな相模川など、魅力的な場所がいくつも存在します。

毎年7月上旬に開催される湘南ひらつか七夕まつりは多くの観光客が訪れます。

屋根遮熱が必要な理由

屋根遮熱を行うメリットは一体何か気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根への遮熱シート設置のメリット・デメリットとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根修理・屋根リフォームで遮熱性を向上させるメリットが何点かあります。

ここでは、屋根遮熱が必要な理由について説明します。

室内の温度上昇を抑える

屋根修理・屋根リフォームで遮熱性を向上させることにより、室内の温度上昇を抑え、暑くなりにくくするのがメリット。

熱中症対策などを意識している方は屋根遮熱を一度検討してください。

室内に保管している物の劣化を防ぎやすくする

熱で室内に保管している物の劣化を防ぎやすくなるのもメリットに挙げられます。

物によっては、熱に弱い場合があります。

光熱費の節約をサポートする

屋根遮熱で暑さを軽減することでエアコンの使用頻度・強さを見直せるのもメリット。

使用頻度を減らすことで光熱費の節約に繋がります。

屋根遮熱の方法

屋根遮熱の方法として、一体どのようなものがあるか気になっているのではないでしょうか?

ここでは、屋根遮熱の方法について取り上げます。

遮熱シート

アルミニウムなどが用いられた遮熱シートで屋根遮熱が行えます。

遮熱シートは太陽から発せられる輻射熱を遮り、体感温度が上昇するのを防止。

成田崇
成田崇
遮熱シートを敷くことで夏を涼しく過ごすことが出来ます

結果、熱中症対策に繋がります。

注意点は伝導熱や対流熱を対策できない点が挙げられます。

また、結露が発生しやすいため、断熱材と併用して伝導熱などの対策を行うのがポイント。

遮熱機能付きの屋根材

遮熱機能付きの屋根材で遮熱性を向上させるのも選択肢の1つです。

施工の方法として、カバー工法と屋根葺き替え工事が挙げられます。

屋根材の状態に応じて、施工を進めていくのがポイント。

カバー工法は既存の屋根材の上に遮熱機能付きの屋根材を被せることで費用と工期を抑えます。

対する屋根葺き替え工事は劣化した屋根材などを撤去した後、遮熱機能付きの屋根材を葺く施工です。

「㈱いらか」がおすすめな理由

数ある屋根リフォーム専門会社の中から信頼できる一社に絞るのが大事。

ここでは、「㈱いらか」がおすすめな理由について紹介します。

数十年にわたって住宅に関する仕事に従事

「㈱いらか」は成田屋商店の頃から平塚市内で数十年にわたって住宅に関する仕事に携わっています。

長年培ってきたノウハウを活かし、屋根遮熱を実施。

屋根の葺き替えから和瓦棟の積み直しまで幅広く対応

屋根の葺き替えをはじめ、和瓦棟の積み直しや雨漏り周まで幅広く対応しているのも魅力です。

外壁や天窓などの悩みも受け付けています。

現地調査・工事見積が基本的に無料

現地調査・工事見積は基本無料。 遠方地域の場合、現地調査の費用がかかります。

屋根リフォーム専門会社に屋根遮熱のことで相談したいけど、一体どこに相談すれば良いか分からないと感じている方は「㈱いらか」にお問い合わせください。

ドローンで住宅の状態を細かくチェック

「㈱いらか」は屋根修理・屋根リフォームの際にドローンを用いた点検を行っているのも特徴の1つ。

現地調査の際、屋根に上がれないもしくは足場がない場合にドローンで住宅の状態を細かくチェックします。

ドローンを用いることにより、依頼者様もモニターで住宅の状態について知ることができます。

また、現地調査中の事故で屋根を破損させるリスクを軽減できるのもポイントです。

まとめ

屋根は雨風などを凌ぐ役割があるのに加え、住宅の印象に関わってくるので、適切なメンテナンスが重要。

平塚市内で屋根遮熱を行いたいけど、どこに依頼すれば良いか分からないと悩んでいる方は「㈱いらか」まで一度ご相談ください。

現地調査の内容を基にスタッフが協議し、皆様に合ったプランを提案させて頂きます。

 

【平塚市】で屋根修理や屋根遮熱のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町