ブログ

屋根塗装は雨漏りに繋がる?!その理由とは?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装は雨漏りに繋がる?!その理由とは?

成田崇
成田崇

屋根や外壁、ベランダなどから発生する雨漏り。

雨漏りを放置し続けると、さまざまな問題が発生するため、できる限り早めに対処する必要があります。

人によっては屋根塗装が雨漏りに繋がるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

今回は屋根塗装が雨漏りに繋がる理由について取り上げます。

住宅のメンテナンスに関心のある方は一度参考にしてください。

屋根塗装後に雨漏りが発生する理由

屋根塗装後に雨漏りが発生する理由に屋根材の縁切りを怠ったことが挙げられます。

縁切りとは、塗料が乾燥した後に塞がった隙間の塗膜を切り、雨水の通り道を確保する工程。

隙間が塞がったままだと、雨水が適切に排水されず、下地を傷める可能性があります。

屋根塗装を業者に依頼した際、縁切りが適切に行われていない場合があることに注意してください。

屋根塗装だけでは雨漏りを防ぎ切れない

屋根塗装を行うだけだと、雨漏りを対策し切れるわけではありません。

塗料は撥水性があるものの、防水性はないです。

撥水は水をはじくことに対し、防水は水を防ぐこと。

リノベ・リフォームを行う際は撥水と防水の違いを押さえましょう。

また、屋根塗装でヒビ割れを直せない点も注意する必要があります。

住宅によっては屋根材などにヒビ割れが発生しているかもしれません。

雨漏り対策を行っていく上でヒビ割れを直していくのも1つの課題です。

屋根塗装を行う目的とは

雨漏りを防ぎ切れないのなら、どうして屋根塗装を行っている方がいるのか気になっているのではないでしょうか?

主な目的として、以下のものが挙げられます。

・外観を美しく保つ

・屋根材の保護

・暑さ対策

ここでは、屋根塗装の目的について触れていきます。

外観を美しく保つ

屋根塗装を行う目的の1つに住宅の外観を美しく保つことが挙げられます。

年数の経過と共に塗装が色褪せていきます。

住宅の外観を美しく保ちたいと感じている方は屋根塗装を行うかどうか検討してください。

屋根材の保護

屋根材を保護し、長持ちさせるのも屋根塗装の目的に挙げられます。

普段から住宅のメンテナンスを心掛け、思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けられるようにするのが重要です。

暑さ対策

屋根塗装に用いられる塗料の中には、遮熱性を向上させる物も存在。

遮熱性を向上させることにより、室内の温度が上昇するのを抑えます。

快適に室内で過ごすために暑さ対策をどのように行うかが重要になってきます。

屋根塗装を予定している方は各塗料の特徴をチェックしてください。

屋根における雨漏り対策

屋根の雨漏り対策として、以下の方法が挙げられます。

・カバー工法

・葺き替え工事

リノベ・リフォームを行う際は各施工の特徴を押さえましょう。

ここでは、屋根における雨漏り対策について紹介します。

カバー工法

カバー工法は既存の屋根材の上に新たな屋根材を被せる施工。

廃材を撤去する手間を省けるため、費用を抑えられます。

防音性などを向上できるのもメリットです。

野地板などの状態を確認できないので注意してください。

その後のリノベ・リフォームの費用が高額になる可能性があるので、その後のメンテナンスを視野に入れた上でカバー工法を進めましょう。

葺き替え工事

葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工。

野地板や防水シートを新しくすることで雨漏り対策を行えるのがメリットです。

また、屋根を軽量化して耐震性を向上できるのもメリットの1つに挙げられます。

カバー工法に比べ、工期と費用がかかる点がデメリット。

屋根の状態をチェックし、カバー工法と葺き替え工事のどちらが適しているか検討してください。

屋根の雨漏り対策を行う業者の選び方

屋根の雨漏り対策を信頼できる業者に依頼しましょう。

情報収集を十分行い、信頼できる1社を見つけることが業者選びのポイント。

業者によって特徴が異なります。

ここでは、屋根の雨漏り対策を行う業者の選び方について紹介します。

過去の施工事例

業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例をチェックし、相談するか判断してください。

写真で雨漏り対策のイメージを掴みましょう。

また、在籍しているスタッフのプロフィールに記載されている資格なども雨漏り対策の技術があるか見極めるポイントです。

見積書に記載されている内容

見積書に部材の詳細などが細かく記載されているかチェックするのも重要。

納得のいく費用や施工内容かどうかを踏まえ、契約を進めていくことになります。

見積書について分からないことがある際は業者に質問してください。

コミュニケーションを取りやすいか

スタッフとコミュニケーションが取りやすいかどうかも選ぶポイント。

口コミでスタッフがどのような対応を行っているかチェックし、相談するかどうか判断することをおすすめします。

どのような保証が用意されているか

屋根塗装などを行った後も住宅のメンテナンスを定期的に行わなければなりません。

業者が一体どのような保証を用意しているかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

まとめ

屋根塗装での縁切りが適切に行われていないと、雨漏りが発生する可能性があるので注意してください。

雨漏りを避けるためにも、信頼できる業者に依頼することが重要です。

屋根などに関する悩みがある方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

業者から適切なアドバイスを受け、疑問を解消するのが雨漏り対策のポイントです。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

屋根は住宅の景観に大きく関わるだけでなく、雨風などを凌ぐ役割があります。

近いうち、小田原市で屋根修理を予定している方も一定数いるのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのくらいの費用がかかるかは人によって変わってきます。

成田崇
成田崇
小田原市で屋根の修理が完了しました。

今回は小田原市で屋根修理を行う際、一体どのくらいの費用がかかるかについて取り上げます。

気になる方は一度参考にしてください。

小田原市って一体どのような場所?

小田原市は神奈川県西部に位置しています。

二宮町や箱根町、湯河原町、南足柄市などに隣接。

神奈川県の面積の4.7%を占めており、神奈川県内で4番目の広さです。

南西部は箱根連山に繋がる山地なのに対し、頭部は曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯になっているのが特徴に挙げられます。

戦国時代に後北条氏の城下町として発展。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として栄えた歴史があります。

財界人や文化人達の別荘・居住地として愛されてきた側面を持ちます。

JR小田原駅の南に建つ小田原城は小田原市のシンボル。

毎年、多くの観光客が小田原城を訪れます。

小田原市で屋根修理を行った際にかかる費用

小田原市で屋根修理を行う場合、約3万~50万円の費用がかかります。

人によっては想像以上に安く済む場合もあれば、想像以上に高くなるかもしれません。

相場より極端に高いまたは安い場合は注意してください。

屋根修理の内容とそれに伴う費用

屋根修理の内容は住宅によって異なります。

主な施工として、以下のものが挙げられます。

・雨樋の修理

・棟の修理

・屋根塗装

・屋根カバー工法

・屋根葺き替え工事

ここでは、各施工とそれに伴う費用について紹介するので、気になる方は一度チェックしてください。

雨樋の修理

雨樋は排水溝へ雨水の排水を促すための設備。

屋根に設置されています。

経年劣化などにより、雨樋の不具合が起きる場合があります。

雨樋が割れた!放っておくとマズいですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋の修理にかかる費用は約3万~30万円。

棟の修理

棟は屋根の頂上に被せる金属板です。

雨水の侵入を防ぐために使用。

【平塚市】で瓦屋根の補修工事完了!瓦のてっぺん(棟)の修理費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

熱膨張によって釘が抜けるなどの問題が発生します。

棟の修理にかかる費用は約10万~35万円です。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材に塗装を行う施工。

年数の経過と共に屋根材がどうしても色褪せていきます。

住宅の景観を新築に近い状態に保ちたいと感じている方は屋根塗装を検討してください。

屋根塗装にかかる費用は約20万~90万円です。

屋根カバー工法

屋根カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。

廃材を撤去する手間が省けるため、費用と工期を抑えられます。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

野地板と防水シートの状態を把握できない点に注意しなければなりません。

費用は約80万~150万円です。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根を葺く施工。

屋根カバー工法と異なり、野地板と防水シートを新しくできます。

廃材を処分する手間がかかるため、費用が高額になってしまう点に注意してください。

費用は約120万~250万円です。

屋根修理の費用に関わるポイント

屋根修理にかかる費用はさまざまなポイントが関わってきます。

ここでは、費用に関わるポイントを何点か取り上げるので、気になる方は一度チェックしてください。

屋根の状態

屋根の状態によって施工の内容が変わります。

野地板や防水シートなどが著しく劣化している場合、想像以上に費用がかかるかもしれません。

屋根の面積

屋根の面積も屋根修理の費用に関わるポイント。

面積が広ければ広い程、施工の範囲が増えるので、屋根修理の費用が高くなる可能性があります。

屋根の勾配

屋根の勾配が急になればなる程、屋根修理の費用がかかるので注意してください。

6寸以上になると、足場が必要になる場合が多いです。

足場を組むかどうかで屋根修理の費用が変わってきます。

屋根修理で足場を組む際、外壁のメンテナンスなども同時に行うか検討してはいかがでしょうか?

屋根の形状

住宅によって屋根の形状が異なります。

複雑な形状になると、屋根修理の費用が高くなるので注意が必要。

屋根修理は信頼できる業者に依頼することが重要

屋根修理を予定しているものの、一体どこに任せれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例を踏まえた上で依頼するかどうか判断してください。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。

写真や施工内容などから施工のイメージを掴むのが重要。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

使用する部材をはじめ、施工内容や費用の内訳などに目を通し、契約を進めていくことになります。

保証内容

屋根修理が済んだら終わりではなく、その後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消しなければなりません。

気になる業者を見つけたら、保証内容をチェックし、定期点検にいつ訪れるかなどを押さえましょう。

まとめ

小田原市で屋根修理を行う場合、100万円以下で済む場合もあれば、200万円以上かかる場合もあります。

相場より高い費用が見積書に記載されていたら、見積書の詳細を細かくチェックすることをおすすめします。

屋根の劣化を放置し続けると、後で大きな問題に発展するかもしれません。

住宅について何か悩みがある方は信頼できる業者に一度相談してください。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根塗料で遮熱は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗料で遮熱は出来るの?!

成田崇
成田崇
結論から言うと「塗装での遮熱はあまり効果は望めません」

暑さや寒さを対策するために屋根の遮熱性を向上させることが重要です。

近いうち、屋根リフォームで屋根遮熱のメンテナンスを予定しているけど、一体どのような施工を行えば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

納得のいく施工にするためにも、屋根からの遮熱性に関するポイントを押さえる必要があります。

今回は屋根塗料で遮熱できるかどうかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

遮熱塗料とは

遮熱塗料は太陽光を反射する塗料を指します。

熱の吸収を抑え、室内が暑くなり過ぎないようにするのが特徴。

屋根塗料で遮熱は基本的に難しい

屋根塗料で遮熱するのは難しいため、リノベ・リフォームを行う際は注意してください。

地面からの地熱をはじめ、窓や壁から伝わる熱に効果を発揮しにくいです。

低減される温度は平均2℃。

屋根塗料での遮熱が難しい理由

遮熱を屋根塗料だけで済ませるのが難しいのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

成田崇
成田崇
一般的な屋根塗装は合計3回塗り、平均膜厚は0.1ミリです。もしそれで効果が望めるなら屋根材製造時に遮熱塗料を塗るはずです。

納得のいく屋根リフォームを行うためにも、難しい理由を押さえておくことが大事。

ここでは、屋根塗料での遮熱が難しい理由について取り上げます。

扱いが難しい

屋根塗料で遮熱を行う際、ムラなく塗ることが必要です。

職人によってはムラが出てしまう可能性があり、効果を発揮しにくいのが屋根塗料での遮熱が難しい理由の1つ。

汚れによって効果が落ちる

塗膜が雨風などの原因で汚れてしまうと、効果が落ちるのも遮熱が難しいと言われている理由に挙げられます。

塗り直しが必要

遮熱塗料によっては耐用年数が短い物も存在します。

遮熱性を下げないために塗り直しを何度も行わないといけない可能性があるのも屋根塗料で遮熱するのが難しい理由。

日射反射率が低い

屋根塗料で遮熱を行う際、遮熱シートに比べて日射反射熱が低い点も注意してください。

遮熱を行う際は他の方法も検討することをおすすめします。

断熱効果がない

遮熱塗料は太陽光を反射して遮熱性を高める反面、断熱効果がないのに注意。

暑さや寒さを対策するためには、断熱性にも目を向けなければなりません。

断熱性とは、熱の移動を遮断することを指します。

屋根塗料以外に遮熱性を高める方法

リノベ・リフォームを予定しているものの、屋根塗料以外に遮熱性を高める方法は一体何か疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

遮熱性を高める方法として、以下のものが挙げられます。

・遮熱シート

・屋根を2重構造にする

業者と相談しつつ、どのように暑さや寒さを対策していくか検討してください。

ここでは、屋根塗料以外に遮熱性を高める方法について触れていきます。

遮熱シート

遮熱シートはアルミニウムなどが用いられた反射材。

成田崇
成田崇
このような遮熱シートを貼れば効果は段違いです

アルミニウムは日射反射率に優れており、室内の温度を調整するのをサポートします。

暑さや寒さに悩まされている方は屋根に遮熱シートを設置するか検討してください。

屋根を二重構造にする

ペアガラスの効果が段違いなのを考えれば

2重の効果は抜群です。

また雪国などではサッシ自体も2重になっています。

屋根リフォーム時に上記写真のように

野地板を2重にし、さらにアルミシートをサンドイッチすることで

効果は抜群です。

経年劣化などで

野地板や防水シートが著しく劣化している場合、

屋根リフォームと同時に行うことが最適なタイミングです。

屋根塗料を選ぶポイント

住宅の外観を綺麗に保つために遮熱塗料で屋根を塗装したいと感じている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、屋根塗料を選ぶポイントについて取り上げます。

屋根塗料を選ぶ際、どの色にするか一度検討することをおすすめします。

色によって、日射反射率や汚れの目立ちやすさが変わってくる点に注意。

白は熱を反射する反面、汚れが目立ちやすいのがデメリットに挙げられます。

黒は熱を吸収しやすいです。

グレーは黒に比べて日射反射率に優れているのに加え、白に比べて汚れが目立ちにくいのが特徴。

どの屋根材に適しているか

屋根材によって適した屋根塗料が変わってきます。

気になる屋根塗料を見つけたら、どの屋根材に適しているかチェックしてください。

耐候性に優れているか

屋根塗料を選ぶポイントの1つに耐候性が挙げられます。

耐候性は太陽光や雨、湿度などに対する耐性を指します。

環境によって、塗膜の剥がれる早さなどが変わってくるので注意が必要。

メンテナンスの頻度を少しでも少なくするためにも、耐候性の優れた屋根塗料をリノベ・リフォームに用いてください。

屋根の遮熱性を高める際は信頼できる業者に相談するのが大事

屋根リフォームで屋根の遮熱性を高める際、どの業者に依頼するか意識する必要があります。

施工実績や見積書の内容、保証が充実しているかどうかなどを踏まえ、相談・契約を進めましょう。

まとめ

屋根塗料だけで遮熱性を高めるのは難しいので、遮熱シートや遮熱機能のある屋根材を用いた暑さや寒さ対策も検討してください。

また、遮熱性だけでなく、断熱材などを用いて断熱性を高めるのも室内の温度調整を行うポイント。

屋根リフォームを近いうちに予定している方は情報収集を十分行い、信頼できる業者を見つけることをおすすめします。

適切なアドバイスを受け、納得のいく施工を行いましょう。

 

【平塚市】で屋根遮熱や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【二宮町(中郡)】でスレート屋根が割れた!その修理費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【二宮町(中郡)】でスレート屋根が割れた!その修理費用とは?!

成田崇
成田崇
二宮町(中郡)で屋根修理が完了しました

多くの住宅に用いられているスレート屋根。

年数の経過などによってヒビ割れなどが発生している可能性があります。

スレート屋根塗装の意味ないのはなんで?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

普段から屋根の状態に気を配り、必要に応じて住宅のメンテナンスを行うことが大切です。

今回は二宮町(中郡)で割れたスレート屋根の修理費用について解説するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は参考にしてください。

二宮町(中郡)で割れたスレート屋根の修理を行った際にかかる費用

スレート屋根の修理を二宮町で行った場合、約3万~200万円の修理費用がかかります。

住宅や業者によって、費用が変わってくるので注意が必要。

普段から収入と支出を管理し、割れたスレート屋根の修理を行うための予算を確保することをおすすめします。

スレート屋根とはそもそも何か

スレート屋根はセメントを主成分とした薄い屋根材。

カラーベストやコロニアルなどの呼び名があります。

コロニアルNEOってどんな屋根材?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

軽くて耐震性に優れているだけでなく、安価でデザインが数多く存在するのがメリットに挙げられます。

1990年代後半から2000年中頃に製造されたアスベストを含んでいないスレート屋根は劣化しやすいので注意が必要。

パミールやコロニアルNEOなどが挙げられます。

割れたスレート屋根の修理方法

割れたスレート屋根を一体どのような方法で修理するのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、修理方法について触れていきます。

屋根葺き替え工事

割れたスレート屋根に対し、屋根葺き替え工事を行う場合が多いです。

屋根葺き替え工事は割れたスレート屋根を撤去した後に新しい屋根材を葺く工事。

屋根を軽量化し、耐震性を向上することができます。

屋根葺き替え工事前におさえておきたいポイント3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

野地板や防水シートなどが劣化している場合に適しています。

二宮町で屋根葺き替え工事を行う際にかかる費用は約70万~200万円。

屋根塗装や屋根のカバー工法よりも費用がかかる可能性があるので注意してください。

屋根塗装

屋根塗装で住宅の外観を綺麗に保つ場合もあります。

ただし、スレート屋根によっては高圧洗浄などで破損させてしまう点に注意。

二宮町で屋根塗装を行う場合、約30万~50万円の費用が必要です。

屋根のカバー工法

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工を指します。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

二宮町で屋根のカバー工法を用いて割れたスレート屋根の修理を行った際、約80万~150万円の費用が必要。

部分修理

ヒビ割れなどの部分修理を行い、スレート屋根の寿命を延ばす場合もあります。

スレート屋根修理をDIYするには?!リコロニーを使った屋根修理|平塚・株式会社いらか|屋根専門

二宮町で割れたスレート屋根の部分修理を行った際にかかる費用は約3万~30万円です。

割れたスレート屋根の修理費用に関わるポイント

割れたスレート屋根の修理費用は一体どのようなポイントで変わってくるか押さえておくのが大事。

ここでは、修理費用に関わるポイントについて何点か紹介します。

スレート屋根の製造年月日

スレート屋根の製造年月日をチェックすることが重要。

製造年月日からアスベストが含まれているかどうかを把握した上で屋根修理・屋根リフォームのプランを検討してください。

アスベストが含まれている場合、処分する費用が高額なってしまいます。

屋根の面積

屋根の面積は住宅によって異なります。

広ければ広い程、施工範囲が増えるため、割れたスレート屋根の修理費用も高くなる可能性があるので注意が必要。

屋根の形状

屋根の形状も費用に関わるポイントです。

複雑な形状をしていると、屋根修理・屋根リフォームの費用が高くなります。

屋根の勾配

屋根の勾配が急になればなる程、足場が必要。

足場の設置・撤去にかかる費用も割れたスレート屋根を修理する際に発生します。

業者の所在地

業者の所在と住宅までの距離が遠ければ遠い程、交通費がかかる点に注意しなければなりません。

場合によっては施工エリア外の可能性も十分考えられます。

また、二宮町まで約1時間で駆けつける業者もあります。

割れたスレート屋根の修理を行う業者の選び方

割れたスレート屋根の修理を信頼できる業者に依頼してください。

情報収集を入念に行い、トラブルを避けるのが大事。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

過去の施工事例

スレート屋根の扱いに慣れているかどうかを過去の施工事例からチェックするのがポイント。

写真や施工内容などから屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴むことができます。

見積書の記載内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも選ぶ決め手です。

使用する屋根材などの情報が把握しやすいかどうかを踏まえた上で契約の手続きを行ってください。

進捗状況を報告するか

割れたスレート屋根の修理に関する進捗状況を報告するかどうかもポイント。

施工に関する質問を行い、住宅の悩みを解消しましょう。

保証が充実しているか

修理が終わった後もメンテナンスを定期的に行うことになります。

業者が用意している保証が充実しているかどうかを踏まえ、相談を進めてください。

二宮町は一体どのような場所なのか

二宮町は大磯町や小田原市などに隣接しており、神奈川県の南西部に位置しています。

南部は相模湾に面しているので、塩害に注意が必要。

温暖な気候に加え、1年を通して湿度が高いです。

豊かな自然に恵まれており、ホタルやハナショウブなどを鑑賞するのを目的に訪れる方も一定数います。

JR東京駅まで約70分でアクセスが可能。

国道1号線などが通っているのも特徴に挙げられます。

 

まとめ

二宮町で割れたスレート屋根の修理を行う際、人によって費用が異なります。 業者に依頼する際、相場より極端に高いまたは安くないか注意が必要。 製造年月日によっては耐久性に問題があるので、屋根塗装などができないかもしれません。 信頼できる業者に依頼し、スレート屋根に関する悩みを解消してください。

 

【二宮町(中郡)】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【二宮町(中郡)】で屋根補修が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【二宮町(中郡)】で屋根補修が完了!その費用とは?!

 

屋根は年数の経過と共に劣化していきます。

場合によっては災害や飛来物などによって破損する場合もあります。

屋根の状態に普段から気を配り、必要に応じてメンテナンスを行うのが住宅の寿命を延ばすポイント。

近いうち、二宮町で屋根のメンテナンスを検討しているのではないでしょうか?

今回は屋根補修を二宮町で行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて取り上げます。

二宮町(中郡)で屋根補修を行う際にかかる費用

二宮町での屋根補修にかかる費用は約2,000~250万円。

成田崇
成田崇
屋根修理と言ってもたくさんの種類があるので金額の幅は大きくなります。

規模が大きくなればなる程、相場以上の費用がかかる可能性があります。

屋根補修を行う際は1ヵ所だけでなく、何ヵ所も行うことになるかもしれません。

普段から収入と支出を管理し、屋根補修に必要な予算を確保することが大切です。

屋根補修の内容とそれに伴う費用

屋根補修で一体どのような施工が行われるのか気になっているのではないでしょうか?

住宅によって施工の内容が異なります。

ここでは、屋根補修とそれに伴う費用について紹介します。

棟板金の交換

棟板金は屋根の頂上に用いられる板金。

雨水が屋内に侵入するのを防ぐのに欠かせません。

どうして棟板金【屋根のてっぺん】は飛ばされるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根材と違う材質の棟板金を用いるため、劣化の速度が変わってきます。

最も高い場所に用いるため、不具合が起きやすいです。

釘が抜けるなどの不具合に注意してください。

二宮町で棟板金の交換を行う際、約12万~20万円の費用がかかります。

雨樋の修理

雨樋は屋根に溜まった雨水を地面に排水するための設備。

経年劣化などによって破損する可能性があります。

雨樋の点検は自分で出来る?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

外壁や基礎などを劣化させないためにも、雨樋の修理が必要です。

二宮町で雨樋の修理を行った際にかかる費用は約1万~60万円。

塗装や雨樋の掃除で済む場合もあれば、全て交換しないといけない場合もあります。

1m単位で屋根補修の費用が変わってきます。

コーキング補修

コーキングは屋根材などのヒビを無くすための施工。

状態によってはヒビが複数存在しているかもしれません。

二宮町でコーキング補修を行う場合、約2,000~6万円かかります。

瓦屋根の修理

瓦屋根の修理も屋根補修の一環です。

二宮町で瓦屋根の修理を行う場合、約15万~50万。

瓦屋根の寿命ってどのくらい?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

1㎡当たりで計算すると、約2,200~9,900円/㎡かかります。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材を塗装する施工。

外観を綺麗保つのはもちろん、屋根材の遮熱性などを向上させるために行われます。

二宮町で屋根塗装を行う場合、約20万~90万円かかります。

屋根塗装で対応できない状態に陥っていると、屋根のカバー工法や屋根葺き替え工事が選択肢に挙がってくるので注意してください。

屋根のカバー工法

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に屋根材を被せる施工。

廃材を撤去・処分する手間を省き、費用や工期を抑えたい方に適しています。

屋根全体の重量が重くなる点に注意しましょう。

二宮町で屋根のカバー工法を行う際の費用は約80万~150万円。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後に新たな屋根材を葺く施工を指します。

規模が大きくなるのに加え、工期が長くなりやすいので屋根のカバー工法に比べて費用がかかりやすいです。

二宮町で屋根葺き替え工事を行う際にかかる費用は約120万~250万円。

屋根補修を行う業者の選び方

屋根補修を一体どの業者に依頼すれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

二宮町周辺で屋根補修を行っている業者はいくつか存在します。

情報収集をできる限り行い、信頼できる業者を見つけることが屋根補修を成功させるポイント。

ここでは、屋根補修を行う業者の選び方を何点か取り上げます。

住宅に関心のある方は一度チェックしてください。

過去の施工事例

過去に一体どのような屋根補修に携わってきたかを踏まえ、依頼するかどうか判断することが大切です。

写真や施工内容などから屋根補修のイメージを掴みましょう。

見積書の内容

見積書に記載されている内容も選ぶ決め手。

使用する部材はもちろん、施工内容や費用の内訳などを細かく記載しているかどうかを踏まえ、契約を進めてください。

見積書の内容で分からないことを業者に質問し、疑問を解消することをおすすめします。

保証内容

屋根補修後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消することが大切です。

アフターフォローが充実しているかどうかを踏また上で相談・契約を進めましょう。

業者の所在地

業者の所在地は一体どこかも選ぶ決め手。

住宅から遠ければ遠い程、交通費が高くなる可能性があります。

業者によっては、二宮町まで約1時間で駆けつけます。

二宮町とは一体どのような場所なのか

二宮町は神奈川県の南西部に位置する町。

温暖な気候なのに加え、相模湾に面しているのが特徴に挙げられます。

年間を通して湿度が高いので、カビなどに注意する必要があります。

また、雨樋などに塩害が起きていないかチェックしてはいかがでしょうか?

大磯町や小田原市などに隣接しています。

JR東京駅まで約70分でアクセス可能。

国道1号線や西湘バイパスなどがあるので、交通の便に優れています。

まとめ

屋根補修を二宮町で行う場合、100万円以下で済む場合もあれば、100万円以上かかるかもしれません。

屋根の状態によって、施工内容が変わってきます。

普段から住宅に不具合が起きていないか気を配り、必要に応じてメンテナンスを行うのが大事。

納得のいく施工を行うためにも、二宮町で長年にわたって屋根補修を行っている業者に依頼することをおすすめします。

 

【二宮町(中郡)】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【二宮町(中郡)】で屋根塗装が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【二宮町(中郡)】で屋根塗装が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

屋根修理・屋根リフォームの方法の1つに屋根塗装が挙げられます。

住宅の雰囲気に屋根が関わってくるため、定期的に屋根のメンテナンスを行い、不具合を解消することが重要。

屋根が色褪せてきたのを理由に屋根塗装を検討しているものの、費用が心配だと感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は二宮町(中郡)で屋根塗装を行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて取り上げます。

二宮町(中郡)で屋根塗装を行った際にかかる費用

二宮町で屋根塗装を行う場合、約20万~90万円の費用がかかります。

住宅や業者によっては、相場以上の費用がかかる可能性もあるので注意が必要。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、十分な予算を用意しておくことをおすすめします。

屋根塗装の費用に関わるポイント

屋根塗装の費用に関わるポイントは一体何か気になっているのではないでしょうか?

どのようなものが費用に影響しているかを踏まえた上で相談・契約を進めていくことが大切です。 主なポイントは以下の通り。

・屋根の面積

・屋根の勾配

・屋根の形状

・使用する塗料

・依頼する時期

・業者の所在地

ここでは、屋根塗装の費用に関わるポイントについて触れていきます。

屋根の面積

住宅によって屋根の面積が異なります。

 

面積が広ければ広くなる程、施工範囲が増えるため、屋根塗装の費用が高くなる点に注意が必要。

屋根の勾配

屋根の勾配は一体どのくらいでしょうか?

急勾配の場合、足場を設置する必要があります。

屋根塗装を行う際は足場の設置・撤去にかかる費用も配慮することが大切。

屋根の形状

屋根の形状も住宅によって異なります。

複雑な形状の場合、屋根塗装の費用がかかるので注意しましょう。

使用する塗料

どのような塗料を用いるかも屋根塗装の費用に関わるポイント。

塗料ごとに費用や遮熱性、防水性、光沢、耐用年数などが変わってきます。

気になる塗料を見つけたら、特徴をチェックすることが大切です。

屋根塗装に用いられる主な塗料は以下の通り。

・無機塗料

・フッ素塗料

・ウレタン塗料

・シリコン塗料

・アクリル塗料

・光触媒塗料

・遮熱塗料

依頼する時期

屋根塗装自体、1年を通して行えます。

時期によっては屋根塗装を行う方が多く、業者に依頼しにくい可能性があります。

春と秋はリフォームシーズン。

屋根塗装にかかる費用も高くなる可能性があるので注意してください。

反対に夏と冬は閑散期なので、依頼しやすくなります。

業者に依頼する際、屋根塗装をいつ行うか一度検討してはいかがでしょうか?

業者の所在地

業者の所在地が一体どこにあるかも屋根塗装の費用に関係します。

住宅から遠ければ遠い程、交通費が高くなります。

また、屋根の点検などに時間がかかる点も注意が必要。

施工エリア外からの依頼を受け付けていない可能性もあります。

業者によっては、約1時間で二宮町に駆けつけます。

屋根塗装を行うメリット

屋根塗装を行うメリットは一体何か疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを業者に依頼する際、屋根塗装のメリットについて押さえておくことが大切。

ここでは、屋根塗装のメリットについて触れていきます。

外観を綺麗に保つ

屋根塗装により、住宅の外観を綺麗に保つことができます。

別の色の塗料を用いることで住宅の雰囲気を変えられるのもポイント。

屋根修理・屋根リフォームのテーマを決め、何色の塗料を用いるか決めてください。

遮熱性などの向上

断熱性や防水性などを向上させ、屋根材を錆やカビなどから守れるのもメリットです。

住宅の寿命を少しでも延ばし、思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けられるようにするのが重要。

光熱費の削減に繋がる

遮熱性を向上させることにより、暑さ対策に繋がります。

結果、エアコンの使用頻度を見直し、光熱費の削減に繋がるのが屋根塗装のメリットです。

屋根塗装を行うデメリット

屋根塗装はメリットだけでなく、デメリットがあるので注意してください。

どのような点に注意しなければならないのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、屋根塗装のデメリットについて説明します。

塗り方によっては塗膜が剥がれやすくなる

塗り過ぎや塗りムラなどがあると、塗膜が剥がれやすくなるのが屋根塗装のデメリット。

下塗り・中塗り・上塗りを行うかどうかチェックした上で屋根塗装の契約を行うかどうか判断してください。

屋根塗装で対応できない場合がある

瓦など、屋根塗装に適していない屋根材が存在します。

また、ヒビ割れなどの問題に対応できないのもデメリット。

状態によっては屋根のカバー工法や屋根葺き替え工事が選択肢に挙がってきます。

まとめ

二宮町で屋根塗装を行う場合、100万円を下回る場合があれば、100万円を超える場合も存在します。

塗料によっては塗り直しの回数が多くなり、メンテナンスに想像以上の費用がかかってしまうかもしれません。

メンテナンスのことを踏まえ、屋根塗装以外の施工を行うかどうか判断することが重要。

二宮町で屋根修理・屋根リフォームを行う際は二宮町周辺で長年にわたって屋根塗装を行っているかどうかチェックしてください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【二宮町(中郡)】で屋根リフォームが完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【二宮町(中郡)】で屋根リフォームが完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
屋根のリフォームと言っても多岐にわたります

住宅の雰囲気を変える方法の1つに屋根リフォームが挙げられます。

屋根リフォームを行うことにより、劣化した屋根材や野地板などを交換し、雨漏り対策に繋がるのもメリット。

二宮町周辺で屋根リフォームを予定している方が多いのではないでしょうか?

今回は二宮町で屋根リフォームを行った際、一体どのくらいの費用がかかるかについて触れていきます。

気になる方は一度チェックしてください。

二宮町での屋根リフォームにかかる費用の相場

屋根リフォームを二宮町で行う際、最低でも約5万~100万円の費用が必要です。

施工の内容によっては100万円以下で済む場合もあれば、200万円以上の費用がかかってしまうかもしれません。

屋根部分修理の場合、5万円以下で抑えられる可能性があります。

納得のいく施工を行うためにも、普段から収入と支出を管理し、十分な予算を用意することをおすすめします。

屋根リフォームの施工内容とそれに伴う費用

屋根リフォームの主な施工内容に一体どのようなものがあるか気になっているのではないでしょうか?

主に以下の方法で屋根リフォームを進めていきます。

・屋根部分補修

・屋根のカバー工法

・屋根葺き替え工事

ここでは、屋根リフォームの施工内容について紹介するので、気になる方は一度参考にしてください。

屋根部分補修

屋根部分修理は屋根材を部分的に修理する工事を指します。

二宮町で屋根塗装を行う場合にかかる費用は約2万~9万円。

部分補修の場合は足場の有無で大きく金額が変わります。

屋根のカバー工法

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せて住宅の外観を綺麗にする工事です。

軽い金属屋根が用いられます。

二宮町で屋根のカバー工法を行う際にかかる費用は約80万~150万円。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根材を撤去・処分する手間が省けるので、屋根葺き替え工事より安く済ませやすくなります。

屋根リフォームの費用を少しでも抑えたい方は一度検討してはいかがでしょうか?

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材だけでなく、野地板や防水シートを撤去した後に屋根材・野地板・防水シートを新しくする工事。

屋根塗装や屋根のカバー工法に比べて費用がかかる反面、雨漏りによる被害を対策しやすいのがメリットです。

屋根葺き替え工事ってどんな工事?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

二宮町で屋根葺き替え工事を行う場合、約120万~200万円の費用がかかります。

屋根全体の重量を軽くすることで耐震性を向上できるので、災害時による被害を想定している方は屋根葺き替え工事を検討してはいかがでしょうか?

屋根リフォームのプランを検討する際のポイント

屋根リフォームを行う際、一体どのような部分を検討する必要があるのか疑問に感じているのではないでしょうか?

ここでは、屋根リフォームのプランを検討する際のポイントについて説明します。

どのような住宅に住みたいか

まず、一体どのような住宅に住みたいか検討することが重要。

家族と意見を交換し、屋根リフォームの方向性を決めましょう。

住宅における問題は何か

住宅の状態に合わせて屋根リフォームを進めていく必要があります。

著しく劣化している場合、屋根塗装や屋根のカバー工法で対応できないかもしれません。

周囲の景観はどのようになっているか

屋根リフォームを行う際、周囲の景観に配慮することが大切です。

屋根のデザインによっては周囲の景観を損なってしまう可能性があります。

屋根リフォームの費用に関わるポイント

屋根リフォームの費用は一体どのようなポイントで変わってくるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、費用に関わるポイントについて取り上げます。

屋根の面積

屋根リフォームの費用に関わるポイントに屋根の面積が挙げられます。

広ければ広い程、費用が高くなるので注意しましょう。

屋根の形状

屋根が一体どのような形状をしているかも屋根リフォームの費用に関わるポイントの1つ。

形状が複雑な場合、費用が高くなる可能性があります。

 

屋根の勾配

屋根の勾配によっても高くなるかもしれません。

勾配が急になると、足場が必要になります。

設置する足場の数が多くなればなる程、屋根リフォームの費用がかかってしまいます。

屋根補修に最適な材料

屋根補修には最適な材料があります。

下記を参考にしてみてください。

地球の絆創膏,貼る屋根材 恵和 KYŌZIN Re-Roof™ ってなに?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

業者の所在地

屋根リフォームに携わっている業者の所在地は一体どこかを踏まえた上で依頼するのが大事。

住宅から遠ければ遠い程、交通費がかかってしまいます。

業者によっては、二宮町まで約1時間で駆けつけます。

まとめ

屋根リフォームを二宮町で行った場合、100万円以下で済む場合もあれば、100万円を超える場合もあるので注意してください。

屋根が著しく劣化している場合、屋根リフォームの規模が大きくなるかもしれません。

二宮町は大磯町や小田原市などに隣接しています。

屋根リフォームをこれから予定している方は二宮町周辺の業者もチェックしてはいかがでしょうか?

トラブルを避けるためにも、信頼できる業者を見つけることが大切です。

 

二宮町で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【二宮町(中郡)】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【二宮町(中郡)】で屋根修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

屋根は雨風や飛来物を凌ぐだけでなく、住宅の雰囲気に関わる場所です。

経年劣化などが原因で破損する場合があります。

被害が拡大するのを防ぐためにも、屋根修理が必要。

近いうち、二宮町(中郡)周辺で屋根修理を予定しているのではないでしょうか?

今回は二宮町で屋根修理を行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説します。

二宮町(中郡)とは一体どのような町なのか

二宮町は神奈川県中郡にある町。

神奈川県の南西部に位置します。

大磯町や小田原市などと隣接しています。

南部は相模湾に面しているのが特徴。

豊かな自然と自然な海の幸に恵まれた場所です。

温暖な気候になっています。

また、2級河川の葛川が二宮町を東西に分断するように流れているのも特徴。

形状もおおよそ三角形になっているのに加え、北に進むに従い、狭くなっています。

東海道新幹線・東海道本線・国道1号線などが走っており、交通の便が優れているのも二宮町の魅力です。

二宮町で屋根修理を行うと一体どのくらいの費用がかかるか

二宮町で屋根修理を行う際にかかる費用は約20万~250万円。

場合によっては相場よりも費用がかかってしまうかもしれません。

業者が作成した見積書をチェックし、相場より極端に安いもしくは高くないか判断する必要があります。

納得のいく屋根修理を行うためには、普段から収入と支出を管理し、十分な予算を用意しておくことが大切です。

また、普段から住宅の状態に気を配り、被害が大きくなる前に適切なメンテナンスを行うのも修理にかかる費用を抑えるポイント。

屋根修理の内容とそれに伴う費用

屋根修理の施工には一体どのようなものがあるか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

主な施工は以下の3つ。

・屋根塗装

・屋根のカバー工法

・屋根葺き替え工事

ここでは、それぞれの施工の特徴と費用について取り上げます。

近いうち、屋根修理を予定している方は一度参考にしてください。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材を塗装する施工を指します。

住宅の外観を綺麗に保つだけでなく、屋根材の遮熱性などを向上させるメリットがあります。

二宮町で屋根塗装を行う際にかかる費用は約20万~90万円。

屋根のカバー工法

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に新たな屋根材を被せる施工です。

廃材を撤去・処分する手間を省けるため、屋根葺き替え工事に比べて費用を抑えられます。

二宮町で屋根のカバー工法を行う際にかかる費用は約80万~150万円。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新たな屋根材を葺く施工です。

野地板や防水シートを新しくできます。

廃材を撤去・処分しなければならないため、費用がかかる点に注意。

二宮町で屋根葺き替え工事を行う際にかかる費用は約120万~250万円です。

屋根修理の費用に関わるポイント

屋根修理の費用に関わるポイントは一体何か気になっている方も多いのではないでしょうか? さまざまな理由によって費用が変わってきます。

ここでは、屋根修理の費用に関わるポイントについて紹介します。

屋根の面積

屋根の面積は屋根修理の費用に関わるポイントの1つ。

広ければ広い程、施工範囲が増えるので、費用が高くなります。

屋根の状態

屋根の状態によっても費用が変わってくるため、注意しましょう。

雨漏りの被害が大きくなる前に対処し、住宅の寿命を延ばすことが大切です。

状態次第で施工内容が変わってきます。

屋根の勾配

屋根の勾配も住宅によって異なる部分。

急になればなる程、足場が必要になります。

足場をどのくらい設置するかで費用が変わってきます。

屋根の形状

屋根の形状も屋根修理の費用に関わるポイントの1つです。

複雑な形状だと費用が高くなるので注意してください。

使用する塗料の種類

屋根塗装を行う場合、どの塗料を用いるかで費用が変わってきます。

塗料ごとに耐用年数・光沢・防水性・防藻性などが異なります。

予算と相談しつつ、どの塗料を用いるか一度検討してください。

使用する屋根材

屋根のカバー工法または屋根葺き替え工事を行う場合、どの屋根材を用いるかで費用が変わります。

屋根材ごとに費用・重量・デザイン・耐用年数などが異なるので、注意が必要。 住宅のテーマ・コンセプトを踏まえ、どの屋根材を用いるか検討しましょう。

 

二宮町で屋根修理を行う際は信頼できる業者に相談するのが大事

屋根修理を行う際、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。 二宮町周辺で長年にわたって屋根修理・屋根リフォームに携わっているかどうかはもちろん、保証内容が充実しているかどうかが選ぶ決め手。 見積書の内容を細かくチェックし、分からないことがある際は業者に質問してください。 また、施工エリアは業者によって異なります。 二宮町まで約1時間で駆けつける業者も存在します。 施工エリア外からの依頼を受け付けていない場合もあるので、屋根修理を予定している方は注意が必要。

まとめ

屋根修理は屋根の状態などによって費用や施工内容が変わってきます。 著しく劣化していると、相場以上の費用がかかってしまうかもしれません。 二宮町で屋根修理を行っている業者はいくつか存在します。 住宅について悩んでいることを信頼できる業者に相談し、悩みを解消してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根葺き替え工事ってどんな工事?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根葺き替え工事ってどんな工事?!

成田崇
成田崇
葺き替えをしないとダメって言われたけど、実際どんな工事でしょうか?

 

雨風などを凌ぐためにも、屋根のメンテナンスを定期的に行い、住宅の不具合を解消することが重要。

また、住宅の雰囲気に屋根の状態が関わってきます。

今回は屋根修理・屋根リフォームの際に行われる屋根葺き替え工事について説明します。

気になる方は一度参考にしてください。

屋根葺き替え工事とは

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、新しい屋根材を葺く工事です。

屋根を全面的に一新します。

屋根葺き替え工事のメリット

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためにも、各工事のメリットを把握するのが大事。

屋根葺き替え工事のメリットは一体何か疑問に感じているのではないでしょうか?

ここでは、一体どのようなメリットがあるかについて触れていきます。

雨漏り対策を行える

屋根葺き替え工事は野地板と防水シートを新しくするため、雨漏り対策を行うことが可能。

野地板や防水シートが劣化していると、雨漏りのリスクが上がるので注意が必要です。

成田崇
成田崇
葺き替えの最大の目的は防水シート(ルーフィング)を新しくすることです

屋根材だけでなく、屋根全体の状態を踏まえた上で屋根修理・屋根リフォームの際に一体どのような工事を行うか検討しなければなりません。

雨漏りをそのまま放置しておくと、カビやシロアリなどが発生するだけでなく、木材の腐食などの問題が発生します。

住宅の寿命を縮めないためにも、普段から雨漏り対策を意識することが重要です。

屋根を軽量化できる

新しい屋根材を葺くことにより、屋根全体を軽くできるのもメリット。

屋根の重量が軽ければ軽い程、地震の際に揺れにくくなります。

成田崇
成田崇
写真のようにガルバリウムの屋根材に葺き替えるとかなりの軽量化が達成します。

地震対策を意識している方は屋根葺き替え工事を行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

落下した屋根材が人や物に当たるのを防ぐためにも、屋根材の重量を意識する必要があります。

住宅の雰囲気を変えられる

屋根葺き替え工事は屋根塗装などと同様に住宅の雰囲気を変えられます。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、テーマやコンセプトを決めるのが大事。

成田崇
成田崇
もともと和風だった建物を屋根を変えることで洋風に変えることも出来ます。

テーマやコンセプトに合った屋根材を用いて工事を進めていくことになります。

屋根材を選ぶ際、周囲の景観を損なわないかどうか配慮するのがポイントです。

メンテナンスの頻度を少なくできる

屋根材を新しくすることによって、メンテナンスの頻度を少なくできるのも屋根葺き替え工事のメリット。

仕事などを理由にメンテナンスの頻度を1回でも減らしたいと感じている方は屋根葺き替え工事を行うかどうか検討してはいかがでしょうか?

あらゆる屋根に対応している

屋根葺き替え工事はあらゆる屋根に対応しています。

屋根塗装や屋根のカバー工法の場合、対応している屋根と対応していない屋根が存在します。

屋根葺き替え工事のデメリット

屋根葺き替え工事はメリットだけでなく、デメリットが存在する点に注意が必要。

デメリットを踏まえた上で他の工事を行うかどうか検討しましょう。

ここでは、屋根葺き替え工事のデメリットについて取り上げます。

他の工事に比べて費用がかかる

屋根葺き替え工事は費用が高額なのがデメリット。

廃材を撤去・処分し、屋根材などを新たに用意する分、費用がどうしてもかかります。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は一体どのくらいの予算があるか把握しましょう。

屋根材によってはアスベストが含まれているかもしれません。

アスベストを処分する際、費用が高額になってしまいます。

工事の間に雨漏りが発生する場合がある

工事の間、雨漏りが発生する可能性があるのも屋根葺き替え工事のデメリット。

天気予報をチェックし、雨漏りの対策を行うことが求められます。

工期が長引きやすい

工期が長引きやすいのもデメリットです。

屋根の面積や形状などによって工期が変わってくるので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は注意してください。

仕事などに支障をきたさないためには、スケジュール調整が必要になります。

ホコリなどが舞う場合がある

屋根葺き替え工事でホコリや屋根材の破片などが舞ってしまうかもしれません。

成田崇
成田崇
これは葺き替えに限らず、屋根工事全般に言えることでもあります

屋根材の破片が近隣住宅の敷地に入るなどのトラブルが発生する場合があります。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は事前に挨拶するなどの配慮が必要。

屋根葺き替え工事の他に行われる工事

屋根葺き替え工事の他に一体どのような工事が屋根修理・屋根リフォームに行われるか気になっているのではないでしょうか?

ここでは、屋根葺き替え工事以外の工事を紹介します。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材を塗装し、住宅の外観を綺麗に保つ工事です。

光沢を出すのに加え、遮熱性などを向上できるのがメリット。

屋根材によっては屋根塗装ができない場合があります。

屋根のカバー工法

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる工事です。

屋根葺き替え工事に比べて費用や工期を抑えられるのがメリット。

屋根全体の重量が重くなるのに加え、屋根材によっては対応していない点に注意してください。

まとめ

屋根葺き替え工事は屋根材だけでなく、野地板や防水シートを新しくする工事。

屋根全体の重量を軽くしつつ、雨漏り対策を行えるのがメリットに挙げられます。

屋根塗装などに比べて費用がかかるので、信頼できる業者に相談し、どのような屋根修理・屋根リフォームを行うか検討してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

セキスイかわらUって塗装できるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

セキスイかわらUって塗装できるの?!

成田崇
成田崇

屋根によって住宅の雰囲気が大きく変わります。

セキスイかわらUの塗装が色褪せたので、近いうちに屋根塗装を予定している方が多いのではないでしょうか?

屋根材によっては、屋根塗装が適しているかどうかが変わってくるので注意が必要。

今回、セキスイかわらUが屋根塗装に適しているかどうかについて説明します。

屋根修理・屋根リフォームに関心のある方は一度参考にしてください。

セキスイかわらUは塗装できるのか

セキスイかわらUは屋根塗装に適していない屋根材。

塗膜が剥がれた後、ヒビ割れなどの問題が発生します。

セキスイかわらUとは一体どのような屋根材なのか

セキスイかわらUは1975年に製造販売が開始されたスレートです。

メーカーは積水化学工業。

日本の住宅に数多く用いられたものの、現在は製造終了しています。

アフターメンテナンスを行っているメーカーはセキスイルーフテックです。

販売当初のセキスイかわらUはアスベストが含まれているのが特徴。

アスベストによる健康被害が問題になった後、1990年にアスベストが含まれていないセキスイかわらUが再販されます。

セキスイかわらUが塗装できない理由

セキスイかわらUはどうして屋根塗装に適していないのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

屋根塗装できない理由は耐久性に問題があるため。

高圧洗浄によって破損する恐れがあるだけでなく、屋根塗装を行った後も塗膜が剥がれやすいのも理由に挙げられます。

屋根の上に登った際、セキスイかわらUを踏み抜く恐れがあります。

コロニアルNEOやパミールなどのアスベストが含まれていない屋根材もヒビ割れなどの問題が発生しているので、注意してください。

セキスイかわらUが割れた際の対処法

セキスイかわらUが著しく劣化した際、屋根葺き替え工事で屋根修理・屋根リフォームを行うのが基本。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工を指します。

野地板や防水シートを新しくすることで雨漏り対策が行えるのがメリットです。

廃材を撤去・処分する手間がかかる分、屋根塗装や屋根のカバー工法に比べて費用がかかる点に注意してください。

セキスイかわらUの修理を行う際にチェックするポイント

セキスイかわらUの修理で一体どのような部分をチェックするのか気になっているのではないでしょうか?

ここでは、修理の際にチェックするポイントを何点か紹介します。

どのくらい破損しているか

屋根に用いられているセキスイかわらUの状態をチェックし、屋根修理・屋根リフォームが必要かどうか判断してください。

塗膜だけでなく、基材が崩れている可能性があります。

雨漏りなどの問題に発展する前にいち早く対処することが重要。

また、落下したセキスイかわらUが人や物に当たると、大きなトラブルに発展します。

自分だけでなく、家族や近隣住民、通行人の安全を守ることも求められます。

製造年月日

製造年月日もチェックするポイント。

屋根に用いられているセキスイかわらUにアスベストが含まれているかどうかを踏まえた上で屋根修理・屋根リフォームのプランを決める必要があります。

棟に刻まれているロット番号や住宅の仕様書から製造年月日を把握します。

割れたセキスイかわらUの修理を行う業者の選び方

割れたセキスイかわらUの修理を一体どの業者に依頼するかが重要。

屋根修理・屋根リフォームに従事している業者はいくつも存在します。

トラブルを避けるためにも、情報収集を行い、信頼できる業者を見つけましょう。

ここでは、業者の選び方を何点か紹介するので、気になる方はチェックしてください。

過去の施工事例

公式サイトに掲載されている過去の施工事例をチェックし、セキスイかわらUの扱いに慣れているかどうか把握するのが大事。

写真だけでなく、施工内容や費用などから屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴みましょう。

創業年・設立年

気になる業者を見つけたら、創業年・設立年もチェックしてください。

長年にわたって屋根修理・屋根リフォームに従事しているかどうかを踏まえた上で相談・契約を進めていきます。

設立して歴史が浅い場合、創業者のプロフィールをチェックすることが大切です。

屋根修理・屋根リフォームの知識や技術に優れたスタッフが在籍しているかどうかも選ぶ決め手。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかを踏まえ、契約するかどうか判断しましょう。

使用する屋根材だけでなく、施工内容や費用の内訳などが詳細に記載されているかどうかをチェックする必要があります。

コミュニケーションの取りやすさ

スタッフに相談しやすいかどうかも選ぶ決め手。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

業者が用意している保証

屋根修理・屋根リフォーム後も定期的に住宅のメンテナンスを行うことになります。

業者が用意している保証も依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

まとめ

セキスイかわらUは屋根塗装に適していない屋根材。

基本的に屋根葺き替え工事を進めていくことになります。

普段から住宅の状態に気を配り、ヒビ割れなどが見られた際はいち早く業者に相談することをおすすめします。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

セキスイかわらUが割れた!その補修方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

セキスイかわらUが割れた!その補修方法とは?!

成田崇
成田崇

屋根に用いられているセキスイかわらUが割れて悩んでいるのではないでしょうか?

被害が大きくなる前にできる限り早めに屋根修理・屋根リフォームを行うことが重要。

屋根は住宅の雰囲気に関わっているだけでなく、雨風などを凌ぐ役割があります。

今回は割れたセキスイかわらUの補修方法について説明します。

セキスイかわらUとは一体どのような屋根材なのか

セキスイかわらUは1975年に製造販売開始されたスレート。

2009年に廃盤になった後、積水化学工業は2013年9月に全ての屋根材の販売を終了しています。

セキスイかわらUのアフターメンテナンスを行っているのはセキスイルーフテックです。

1990年以降に製造販売されたセキスイかわらUにアスベストが含まれていないので、注意が必要。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、屋根材にアスベストが含まれているかどうかで費用が変わってきます。

セキスイかわらUの補修方法

セキスイかわらUは一体どのように補修するのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

主な補修方法は以下の通り。

・屋根葺き替え工事

・屋根塗装

ここでは、各補修方法について説明するので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新たな屋根材を葺く施工。

セキスイかわらUの補修を行う際、基本的に屋根葺き替え工事が行われます。

住宅の雰囲気を大幅に変更できるだけでなく、屋根全体の重量を軽くして地震に揺れにくくするのがメリットです。

また、野地板や防水シートを新しくすることにより、雨漏り対策が行えるのもポイント。

注意点は廃材を撤去・処分するため、費用がかかることが挙げられます。

屋根修理・屋根リフォームを行う際はどのくらいの予算があるか把握しておくことをおすすめします。

屋根塗装

セキスイかわらUにアスベストが含まれている場合、屋根塗装も補修方法の1つ。

屋根塗装は屋根材を塗装する施工です。

住宅の外観を綺麗に保つだけでなく、遮熱性などを向上させるのもメリットに挙げられます。

アスベストが含まれていないセキスイかわらUは耐久性が低いので、屋根塗装に適していないので注意してください。

アスベストが含まれていないセキスイかわらUには、空気層があります。

屋根に上った際に踏み抜いてしまいます。 また、塗膜が剥がれやすいのも屋根塗装が適していない理由の1つ。

屋根塗装で屋根修理・屋根リフォームを行う際は塗膜が剥がれにくい屋根材なのかどうかも意識しましょう。

セキスイかわらUをチェックする際のポイント

セキスイかわらUの補修を行う際、いくつかチェックするポイントがあります。

ここでは、屋根修理・屋根リフォームで一体何をチェックするかについて取り上げます。

状態

セキスイかわらUが一体どのような状態になっているか把握するのが重要。

著しく破損している場合、ヒビ割れや塗膜の剥がれが発生しています。

基材が崩れていると、雨漏りなどのリスクが上がります。

製造年月日

製造年月日をチェックし、アスベストが含まれているかどうか把握してください。

住宅の仕様書や棟に刻まれているロット番号で製造年月日をチェックすることになります。

セキスイかわらUの製造年月日を踏まえ、屋根修理・屋根リフォームのプランを検討することが重要です。

屋根修理・屋根リフォームに携わる業者の選び方

割れたセキスイかわらUの補修を一体どこに依頼すれば良いか分からないと悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームに携わる業者はいくつも存在します。

十分な情報収集を行い、トラブルを避けることが重要。

ここでは、業者の選び方について何点か取り上げます。

割れたセキスイかわらUの補修を近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例から一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったか把握するのが重要。

写真や施工内容などから屋根修理・屋根リフォームのイメージを掴みましょう。

見積書の記載内容

業者を選ぶ決め手の1つに見積書に記載されている内容が挙げられます。

使用する部材などの詳細を把握しやすいかどうかを踏まえ、契約を進めてください。

見積書で分からないことがある場合、業者に質問することが重要。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

保証内容が充実しているか

セキスイかわらUを1回補修して終わりではなく、屋根修理・屋根リフォーム後もメンテナンスを継続して行うことになります。

気になる業者を見つけたら、どのような保証が用意されているかチェックすることをおすすめします。

対応エリア

対応エリア内かどうかも依頼する際のポイント。

業者によっては対応エリア外からの依頼を受け付けていない可能性があります。

まとめ

セキスイかわらUが割れた際、基本的に屋根葺き替え工事で補修を進めていきます。

製造年月日などをチェックし、アスベストが含まれているかどうか把握することが大事。

信頼できる業者に屋根修理・屋根リフォームの依頼を行い、住宅に関する悩みを解消してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【大磯町】で屋根塗装が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【大磯町】で屋根塗装が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

屋根の塗装は紫外線などによって色褪せていきます。

普段から住宅の状態に気を配り、必要に応じてメンテナンスを行うことが大切です。

少しでも長く思い入れのある住宅に住み続けたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

今回は大磯町で屋根塗装を行うと、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説します。

近いうち、屋根塗装を予定している方は一度チェックしてください。

大磯町で屋根塗装を行った際にかかる費用の相場

屋根塗装を大磯町で行った場合、約20万~90万円の費用がかかります。

住宅によっては100万円以上の費用が発生するかもしれません。

他の方が一体どのくらいの費用で屋根塗装を行っているか一度チェックすることをおすすめします。

屋根塗装の費用に関わるポイント

屋根塗装は一体どのようなポイントで費用が変わってくるのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、費用に関わるポイントを何点か取り上げます。

屋根の面積

住宅によって、屋根の面積が異なります。

面積が広ければ広い程、施工範囲も広がるため、屋根塗装の費用が高くなるので注意してください。

屋根の勾配

屋根の勾配がどのくらいなのかも費用に関わるポイント。

急勾配になると、施工にかかる費用も高くなります。

使用する塗料

屋根塗装に一体どの塗料を用いるかが重要になってきます。

塗料ごとに、費用や耐用年数、光沢、機能が異なるので注意してください。

主な塗料として、以下のものが挙げられます。

・無機塗料

・フッ素系塗料

・シリコン塗料

・ウレタン塗料

・光触媒塗料

交通費

交通費も屋根塗装の費用に関わるポイント。

業者の所在地が住宅から離れていればいる程、交通費が高くなってしまいます。

施工エリア外からの依頼を受け付けていない場合もあるので注意してください。

業者によっては約1時間で大磯町まで駆けつけることができます。

屋根塗装に携わる職人の人数

屋根塗装の規模が大きくなると、現場に携わる職人の人数が多くなる可能性があります。

人件費も屋根塗装の費用に関わるポイント。

屋根塗装を行う業者の選び方

大磯町で屋根塗装を行う際、トラブルを避けることが大切です。

事前に情報収集を行い、信頼できる業者を見つけましょう。

ここでは、屋根塗装を行う業者の選び方について何点か紹介します。

見積書に施工の内容が詳しく記載されているか

業者が作成した見積書に記載されている内容を細かくチェックし、依頼するかどうか判断することが重要。

見積書には、使用する塗料と量、費用の内訳などが記載されています。

下塗り・中塗り・上塗りを行うかどうかなど、屋根塗装の施工内容について分からないことがある際は業者に質問してください。

疑問をそのままにしておくと、後でトラブルに発展する可能性もあります。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去に一体どのような施工に携わってきたかチェックするのが大事。

施工内容や費用、工期などを踏まえ、依頼するかどうか判断しましょう。

保証内容

保証内容も選ぶ決め手。 業者ごとに保証内容が異なります。

屋根塗装が済んだら終わりではなく、定期的にメンテナンスを行い、住宅の寿命を少しでも長くすることが大切です。

気になる業者を見つけた際、保証内容が魅力的かどうかを踏まえた上で相談・契約を行いましょう。

スタッフの対応

電話応対などにおけるスタッフの対応も選ぶポイントに挙げられます。

屋根塗装について相談しやすいかどうかを踏まえた上で契約するかどうか判断したいところ。

大磯町で長年にわたって屋根塗装に携わっているか

業者の創業年・設立年をチェックし、大磯町周辺で長年にわたって屋根塗装を行っているかどうかも把握してください。

歴史の短い業者に依頼する際、創業者のプロフィールや屋根塗装に関する資格を取得しているスタッフが在籍しているかも押さえておく必要があります。

屋根塗装にかかる費用を少しでも抑えるポイント

外壁塗装と同時に屋根塗装を行い、足場の設置費用を抑えてはいかがでしょうか?

屋根以外にも外壁の塗装が色褪せているなどの問題が起きているかもしれません。

足場の設置費用によって、屋根塗装の費用が大きく変わります。

大磯町とは一体どのような町なのか

大磯町は神奈川県中南部に位置する町。 豊かな自然に恵まれているのに加え、善福寺などの観光地がいくつも存在します。

南部は相模湾に面しているので、塩害による被害に注意する必要があります。

気候は暖流による影響で温暖。

大磯町に隣接している市町として、平塚市と中郡二宮町が挙げられます。

屋根塗装を予定している方は平塚市などに所在地のある業者も一度検討してはいかがでしょうか?

まとめ

住宅の外観を綺麗に保ち、寿命を少しでも長くするためにも、定期的にメンテナンスを行うことが大切。

住宅の状態や屋根の面積などによって、屋根塗装の費用が変わってきます。

大磯町で長年にわたって屋根塗装に携わっている業者に相談し、納得のいく施工を行ってください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【鎌倉市】で屋根リフォームが完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【鎌倉市】で屋根リフォームが完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
屋根リフォームと言っても様々な種類の工事が存在します。

屋根リフォームを行うことにより、住宅の雰囲気を大きく変えることができます。

近いうちに屋根リフォームを依頼したいものの、

どのくらいの費用がかかるのか心配している方も多いのではないでしょうか?

相場を踏まえた上で屋根リフォームを進めることが大切。

今回は鎌倉市で屋根リフォームを行った場合、

一体どのくらいの費用がかかるのかについて解説します。

鎌倉市で屋根リフォームを行う際にかかる費用

鎌倉市で屋根リフォームを行うと、約3万~250万円の費用がかかります。

100万円以下で済む場合もあれば、100万円を超える場合もあるかもしれません。

屋根リフォームの施工内容は以下の通り。

・屋根部分補修工事

・屋根カバー工法

・屋根葺き替え工事

屋根リフォームの費用に関わるポイント

屋根リフォームの費用は人によって変わります。

納得のいく施工を行うためにも、一体どのようなポイントが費用に関わるのか押さえておくのが大事。

ここでは、屋根リフォームの費用に関わるポイントについて触れていくので、鎌倉市で屋根リフォームを予定している方は一度チェックしてください。

屋根の状態

屋根の状態によって、屋根リフォームのプランが変わります。

それに伴い、費用が高くなる場合もあれば、安く済む場合もあるので注意が必要。

屋根の形状

屋根の形状も費用に関わるポイントです。

複雑な形状の場合、費用が高くなる可能性があります。

屋根の面積

屋根の面積も費用に関わるポイントのひとつ。

広ければ広い程、屋根リフォームの規模が大きくなります。

足場

屋根リフォームは高所の作業が伴います。

足場をどのくらい設置するかも費用に関わるポイント。

安全に作業を進めるために足場が必要です。

使用する屋根材

屋根部分補修を行う場合、使用する材料によって費用が変わってきます。

費用だけでなく、耐用年数など長期視点をもって、使用する屋根材を選ぶのが重要。

交通費

交通費も屋根リフォームの費用に関わるポイントです。

業者の所在地と住宅の距離が遠ければ遠い程、交通費がかかります。

場合によっては施工エリア外で依頼できないかもしれません。

成田崇
成田崇
(株)いらか から鎌倉市までは1時間程度で到着しますので特別な費用は発生しません。

施工エリア外でも依頼できる場合もありますが、

施工エリア内の業者に比べて費用が高くなる可能性があります。

立地条件

住宅によって立地条件が変わってきます。

道路の広さや駐車場があるかどうかなども費用のポイント。

資材が搬入しにくいと、屋根リフォームの費用が高くなってしまう可能性があります。

屋根リフォームを行うタイミング

屋根リフォームをいつ行えば良いか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、屋根リフォームのタイミングについて触れていきます。

屋根塗装が剥がれてきたタイミング

年数の経過と共に屋根の塗装が色褪せます。

色褪せや剥がれのタイミングで屋根リフォームを行うかどうか検討したいところ。

2度目以上の屋根塗装は剥がれやすくお勧めできません。

2度目以降は屋根カバー工法をおすすめします。

屋根材が耐用年数を超えた時

屋根材が耐用年数を超えた際、状態をチェックし、

屋根リフォームを行うかどうか検討してください。

成田崇
成田崇
屋根材というよりも下地防水シートの劣化により雨漏りします。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨漏りが発生した時

雨漏りが発生した時も屋根リフォームを行うタイミングです。

放置しておくと、シロアリなどが発生し、被害がさらに大きくなってしまうかもしれません。

鎌倉市とは一体どのような場所なのか

鎌倉市は三浦半島の基部に位置する市。

東京都から約50km離れています。

横浜市や藤沢市、逗子市に隣接しているのが特徴に挙げられます。

(株)いらかのある平塚市から45~60分程度の距離です。

源頼朝が鎌倉幕府を開いたことでも有名。

鎌倉市内には、鶴岡八幡宮や鎌倉大仏など、数多くの観光地が存在します。

毎年、多くの観光客が鎌倉市を訪れています。

北部は丘陵地に囲まれているのに対し、南部は海に面しているのも鎌倉市の特徴。

塩害によって屋根材などが錆びる可能性がある点に注意してください。

また、温暖な気候なのに加え、降水量は東京都や横浜市に比べて少ないです。

1日における最多降水量は増加傾向なので、雨漏りなどによる被害を意識しておきたいところ。

その他にも、日照時間が産業用太陽光発電の設置が多い札幌市よりも長いので、太陽光発電に適している点も特徴に挙げられます。

鎌倉市で屋根リフォームを行う業者の選び方

鎌倉市で屋根リフォームを行う際、信頼できる業者を見つけることが大事。

トラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集をできる限り行いましょう。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

過去の施工事例

過去の施工事例をチェックし、依頼するかどうか判断してください。

写真だけでなく、施工内容や工期、費用などから屋根リフォームのイメージを掴むことが大切です。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも選ぶ決め手。

使用する屋根材や施工内容、費用の内訳などを踏まえ、契約を進めましょう。

保証内容が充実しているか

屋根リフォームが済んだら終わりではなく、その後も定期的に屋根のメンテナンスを行うことになります。

保証内容が充実しているかどうかも依頼するかどうかの判断基準。

まとめ

屋根リフォームは住宅の雰囲気を変えつつ、屋根の寿命を延ばすメリットがあります。

鎌倉市で行う場合、約30万~250万円の費用が必要です。

施工内容によっては想像以上の費用がかかるかもしれません。

屋根リフォームについて何か疑問がある際、信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

疑問を解消し、納得のいく施工を行ってください。

また、業者によっては約1時間で鎌倉市まで駆けつけます。

鎌倉市が施工エリア内かどうかチェックすることも大切です。

【鎌倉市】までは1時間程度で駆け付けます

(株)いらかのある平塚市から【鎌倉市】までは1時間程度で駆け付けます。

屋根や瓦の事でお困りの方は下記からご相談ください。

 

【鎌倉市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【藤沢市】で屋根塗装が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【藤沢市】で屋根塗装が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

屋根塗装を行う際、どのくらい予算を用意できるかが大事。

住宅の雰囲気に屋根が関わります。

業者に依頼したいけど、十分な予算を用意できるかどうか不安などの悩みを感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は藤沢市で屋根塗装を行った際にかかる費用について説明します。

住宅について関心のある方は一度参考にしてください。

藤沢市で屋根塗装を行った際にかかる費用

屋根塗装を藤沢市で行った際、約20万~90万円の費用がかかります。

どのくらいの費用が必要になるかは住宅によって変わってきます。

想像以上に安く済む場合もあれば、想像以上に費用がかかる場合もあるかもしれません。

納得のいく施工を行うためにも、十分な予算を用意するのが大事。

屋根塗装の費用に関わるポイント

屋根塗装の費用に関わるポイントとして、一体何があるか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

さまざまな理由で費用が変わってきます。

ここでは、屋根塗装の費用に関わるポイントを紹介するので、気になる方は参考にしてください。

塗料の種類

どの塗料を用いて施工を進めるかは屋根塗装の費用に関わるポイントのひとつ。

塗料ごとにそれぞれ違った特徴があります。

納得のいく施工にするためにも、塗料の特徴を押さえておくことをおすすめします。

屋根塗装に用いられている主な塗料は以下の通り。

・無機塗料

・フッ素塗料

・アクリル塗料

・シリコン塗料

・ウレタン塗料

足場

屋根塗装は高所での作業が伴います。

安全に作業を進めるため、足場を設置します。

足場をどのくらい用いるかも屋根塗装の費用に関わるポイント。

棟板金を交換するか

屋根によっては棟板金が著しく劣化しているかもしれません。

棟板金を交換するかどうかで屋根塗装の費用が変わってきます。

屋根の面積

住宅によって、屋根の面積が異なります。

屋根の面積が広ければ広い程、屋根塗装の費用が高くなるので注意してください。

養生

塗料が近隣の住宅や塗装しない箇所に飛び散らないように養生が用いられます。

養生をどのくらい用いるかによっても、屋根塗装の費用が変わってきます。

住宅から業者の所在地までの距離

業者の所在地が一体どこにあるかが屋根塗装を行う上で重要。

住宅から遠ければ遠い程、交通費が高くなってしまいます。

気になる業者を見つけても、施工エリア外の可能性も十分考えられます。

施工エリア外からの依頼を受け付けていない業者も存在するので注意してください。

屋根塗装を行うメリット

屋根塗装のメリットを理解した上で相談・契約を進めていくことが大事。

ここでは、どのようなメリットがあるかについて触れていきます。

住宅の外観を綺麗に保つ

屋根塗装を行うことにより、住宅の外観を綺麗に保ちます。

違う色の塗料を用いると、住宅の雰囲気を変えられるのもメリットのひとつ。

遮熱性などを付加する

遮熱性や防汚性などを付加できるのも屋根塗装を行うメリットのひとつに挙げられます。

使用する塗料で一体どのような機能を付加できるか一度チェックしてはいかがでしょうか?

屋根塗装を行うデメリット

塗料によって耐用年数が異なるため、塗り替えが必要になる点がデメリット。

塗り過ぎや塗りムラがあると、塗膜が剥がれやすくなります。

屋根塗装を行う際は藤沢市の特徴を知っておくのも大事

藤沢市は神奈川県の中央南部に位置します。

電車を利用すると、東京都まで約50分でアクセスすることが可能。

湘南エリアの中心として知られており、多くの観光客が毎年訪れます。

南北に長いです。

温暖な気候なのに加え、湿度が1年を通して高いのが特徴。

藤沢市の北部は夏季の降水量が多いです。

南部は相模湾に面しています。

塩害によって塗膜が剥がれる可能性があるので、屋根塗装を行う際は注意が必要。

また、過去に何度か台風が通過しているので、屋根のメンテナンスを行う際は災害による被害を想定しましょう。

屋根塗装の業者を選ぶ際のポイント

屋根塗装を成功させるためには、信頼できる業者に選ぶことが重要です。

何処に依頼すれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、業者の選び方について説明します。

創業年・設立年

気になる業者を見つけたら、創業年・設立年をチェックしてください。

藤沢市で長年にわたって屋根塗装に携わっているかどうか踏まえた上で相談・契約を進めていくのが大事。

業者の歴史が浅い場合、創業者のプロフィールから屋根塗装の経験が豊富かどうかを把握しましょう。

過去の施工事例

過去の施工事例も判断基準のひとつ。

施工の内容はもちろん、工期や費用などをチェックし、屋根塗装のイメージを掴むことが重要です。

見積書の記載内容

見積書の記載内容を踏まえ、契約するかどうか判断することになります。

使用する塗料はもちろん、塗料の量や施工内容、費用の内訳などを細かくチェックすることがトラブルを避けるポイント。

見積書の記載内容が曖昧な業者に注意してください。

費用などについて分からないことがある場合、業者に質問することをおすすめします。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

保証内容

屋根塗装が済んだら終わりではなく、定期的にメンテナンスを行っていくことになります。

気になる業者を見つけた際は保証内容が充実しているかどうかを踏まえ、相談することが大切。

まとめ

使用する塗料などにより、屋根塗装の費用が変わってきます。

藤沢市で屋根塗装を行う際、約20万~90万円が相場。

業者によっては藤沢市まで約1時間で駆けつける場合があります。

屋根などに関する悩みがある方は業者に一度相談してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【厚木市】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【厚木市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

年数が経過すると、屋根がどうしても劣化します。

成田崇
成田崇
スレート屋根の場合最初に劣化するのは上記のような「棟」部分です

劣化し続けた結果、さまざまな問題が発生するため、できる限り早めに対処するのが大事。

厚木市で屋根修理を検討している予定の方もいるのではないでしょうか?

今回は厚木市で屋根修理を行った際の費用について取り上げます。

厚木市で屋根修理した際にかかる費用

厚木市で屋根修理を行う際、約3万円~の費用がかかります。

施工の内容により、費用が大幅に変わってくるため、厚木市で屋根修理を予定している方は注意してください。

屋根修理にかかる費用が高額になる前に普段から点検を行い、必要に応じてメンテナンスを行いましょう。

屋根修理の内容とそれに伴う費用

屋根修理の内容として、一体どのようなものがあるのか押さえておきたいところ。

主に以下のものが挙げられます。

屋根修理DIYの決定版!リコロニーの特長3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

・屋根塗装

・カバー工法

・屋根葺き替え工事

・雨樋修理

・コーキング処理

・棟板金の交換

・天窓の交換

・撤去

ここでは、屋根修理の内容とそれに伴う費用について説明します。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材を塗装する施工。

住宅の雰囲気を保ちつつ、屋根材を保護する目的で行われます。

塗料によって、防水性などが異なります。

厚木市で屋根塗装行う際にかかる費用は約25万円~

カバー工法

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工を指します。

屋根材を撤去する手間を省けるので、屋根修理にかかる費用を抑えられます。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

防音性を向上できるのもメリット。

厚木市でカバー工法を行う際、約60万~150万円の費用がかかります。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く屋根修理です。

野地板や防水シートを交換できるのがメリット。

耐震性が向上し、自然災害による被害に備えられます。

厚木市でカバー工法を行う際、約150万~220万円の費用がかかります。

雨樋修理

経年劣化や自然災害などにより、雨樋が破損する場合があるので注意が必要。

雨樋は雨水を地面に排水する役割を持っています。

厚木市で雨樋修理を行う際、約3万~10万円の費用がかかります。

コーキング処理

コーキング処理は屋根材の隙間を無くす施工。

ヒビ割れた部分をそのままにしておくと、雨水が侵入して雨漏りが発生します。

厚木市で行う場合、約6万円の費用がかかります。

棟板金の交換

棟板金は屋根の頂上に用いる板金。

雨水が侵入するのを防ぎます。

スレート屋根の棟(屋根のてっぺん)板金が浮くのはなぜ?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

耐用年数を迎えたら、交換する必要があります。

厚木市で棟板金を行った際にかかる費用は3万~15万円。

天窓の交換・撤去

屋根に天窓を設置している方もいます。

天窓を設置することで採光性を向上できるのがメリット。

年数の経過と共にパッキンの劣化などが生じ、交換・撤去を行うことになります。

厚木市で天窓・撤去する際にかかる費用は約6万円以上です。

天窓から雨漏りが発生した場合、バケツや桶で床を傷めないようにしてください。

バケツなどの周囲に新聞紙を敷くことで雨水が飛び散るのを防ぐのも大切です。

厚木市での屋根補修の費用に関わるポイント

厚木市での屋根補修にかかる費用は主に以下のポイントによって変わってきます。

・屋根の状態

・屋根の面積

・屋根の勾配

・業者の所在地

・立地条件

・屋根材にアスベストが含まれているか

ここでは、費用に関わるポイントについて触れていくので、屋根修理を予定している方は一度チェックしてください。

屋根の状態

屋根の状態によって、屋根補修の内容が変わってきます。

劣化が著しいと、予想以上の費用がかかるかもしれません。

屋根の面積

住宅によって屋根の面積が異なります。

面積が広ければ広い程、屋根修理の費用が高くなるので注意してください。

屋根の勾配

屋根の勾配も費用に関わるポイント。

勾配が急になると、屋根修理の費用が高くなります。

業者の所在地

依頼を検討している業者の所在地は一体どこでしょうか?

業者の所在地と住宅までの距離が長いと、それに伴って費用が高くなるので注意したいところ。

厚木市内まで約1時間以内で駆けつける業者も存在します。

気になる業者を見つけたら、所在地だけでなく、施工エリアもチェックしてください。

厚木市に隣接している市町村として、平塚市や相模原市、伊勢原市などが挙げられます。

平塚市や相模原市などの業者も視野に入れてはいかがでしょうか?

立地条件

住宅によって立地条件が異なります。

屋根修理は立地条件によっても変わってきます。

駐車場の有無や道路の狭さなどで屋根材などが搬入にしくいかもしれません。

搬入する手間がかかる程、屋根修理の費用がかかります。

屋根材にアスベストが含まれているか

屋根材にアスベストが含まれているかどうかにより、屋根葺き替え工事の費用が変わってきます。

アスベストの撤去を行うと、高額になるので注意が必要。

まとめ

屋根の状態により、屋根修理の内容が変わってきます。

100万円以下で抑えられる場合もあれば、200万円以上の費用が必要な場合もあります。

厚木市は温暖な気候ですが、年間降水量が多いのに加え、湿度が高い場所。

普段から雨漏りやカビなどの対策を意識することをおすすめします。

屋根補修をこれから予定している方は厚木市周辺で施工を行っている業者に一度相談してください。

 

【厚木市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【厚木市】で屋根塗装が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【厚木市】で屋根塗装が完了!その費用とは?!

屋根は住宅の雰囲気に関わる部分のひとつです。

塗装が色褪せ、塗膜が剥げると周囲の景観を損なってしまうかもしれません。

成田崇
成田崇
コロニアルと呼ばれるスレート屋根材の塗装は不要ですので要注意です。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

近いうち、厚木市周辺で屋根塗装を予定している方も多いのではないでしょうか?

今回は厚木市で屋根塗装を行った際にかかる費用について説明します。

厚木市に屋根塗装を行った際にかかる費用

厚木市で屋根塗装を行った際にかかる費用は約20万円~。

住宅によって費用が大きく変わってきます。

納得のいく施工を行うためには、十分な予算を用意しておくことが大切です。

見積もり時に想像以上の費用がかかることを知ることになるかもしれません。

どのようなポイントで厚木市での屋根塗装にかかる費用が決まるのか

厚木市で屋根塗装を予定しているものの、

一体どのようなポイントが費用に関わっているのか疑問に感じているのではないでしょうか?

さまざまなポイントが費用に関わってきます。

成田崇
成田崇
板金屋根以外の屋根塗装は不要ですよ!

厚木市での屋根塗装にかかる費用に関する主なポイントは以下の通り。

・屋根の面積

・塗料の種類

・屋根の勾配

・何階建てか

・養生

・業者の所在地から住宅までの距離

・住宅の立地条件

・中間マージンの有無

ここでは、各ポイントについて取り上げます。

屋根の面積

屋根の面積が広ければ広い程、施工範囲が増えます。

それに伴い、屋根塗装にかかる費用が高くなります。

気になる業者を見つけたら、1㎡当たりの費用をチェックしてください。

また、施工範囲で足場の数も変わってくる点に注意したいところ。

塗料の種類

塗料の種類によっても費用が変わってきます。

納得のいく屋根塗料にするためには、どの塗料を用いるかが大事。

塗料ごとに費用や光沢、塗りやすさ、防水性などが異なります。

気になる塗料を見つけたら、どのような特徴があるかチェックしてください。

業者によってはOEMの塗料を用いている場合があります。

塗料の特徴について業者に質問することをおすすめします。

屋根塗装に用いられている主な塗料は以下の通り。

・無機塗料

・フッ素塗料

・シリコン塗料

・ウレタン塗料

・アクリル塗料

・光触媒塗料

・遮熱塗料

・断熱塗料

屋根の勾配

屋根の勾配は住宅によって変わってきます。

急になればなる程、施工にかかる費用が高くなるので注意してください。

何階建てか

何階建てかによっても屋根塗装の工期や費用が異なります。

3階建てになると、屋根塗装の費用も高くなる点を意識しておきたいところ。

養生

塗装しない箇所や近隣の建物に塗料が飛び散らないようにするために養生が用いられます。

養生の数が多ければ多い程、屋根塗装の費用が高くなります。

業者の所在地から住宅までの距離

業者の所在地が一体どこにあるかチェックし、依頼するかどうか判断してください。

厚木市内にある業者または厚木市に隣接している市町村に所在地がある業者に依頼しようと考えている方が多いのではないでしょうか?

業者によっては厚木市内まで約1時間以内に駆けつけます。

業者の所在地から住宅までの距離が長いと、それに比例して交通費が高くなってしまいます。

また、気になる業者が施工エリア外の可能性がある点も注意したいところ。

どうしても依頼したい場合は一度相談することをおすすめします。

住宅の立地条件

住宅は一体どこに建っているでしょうか?

立地条件によっては塗料などが運搬しにくくなります。

運搬しにくくなる原因として、道路が狭い・近くに駐車場がないなどが挙げられます。

塗料などが運搬しやすいかどうかによっても費用が変わるので注意してください。

中間マージンの有無

業者によっては中間マージンが発生します。

中間マージンの有無で屋根塗装にかかる費用が変わってきます。

少しでも費用を安く抑えたい場合、中間マージンが発生しない業者に選択肢を絞るのが大事。

厚木市で納得のいく屋根塗装を行う際は見積書をチェックするのが大事

屋根塗装を行う際、業者との間でトラブルを避けられるかどうかが重要になってきます。

契約するかどうか判断するために見積書に記載されている内容を細かくチェックしましょう。

見積書で分からないことがあれば、業者に質問し、屋根塗装の内容を解消してください。

人によっては一体どのような内容が記載されているか疑問に感じているのではないでしょうか?

見積書に記載されている主な内容は以下の通り。

・施工内容

・施工内容に関する備考

・使用する塗料

・塗料の量

・足場の量

・養生の量

・屋根塗装の費用の内訳

見積書に記載されている項目が細かく分かれています。

どのような施工を行うかをチェックし、屋根塗装のイメージを掴んでください。

また、見積書に下塗り・中塗り・上塗りを行うかどうか確認しておきたいところ。 見積書の内容が曖昧な場合、注意が必要です。

まとめ

厚木市で屋根塗装を行う場合、20万円を超えることもあります。

業者や住宅によって屋根塗装にかかる費用が変わってくる点に注意しましょう。

厚木市は平塚市や相模原市などに隣接しているので、

厚木周辺の市に所在地のある業者も一度チェックすることをおすすめします。

皆さんの要望に対し、柔軟に対応する業者が見つかるかもしれません。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【伊勢原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【伊勢原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

屋根修理を伊勢原市で行う際、どのくらいの費用がかかるか意識しておくことが大切。

施工の内容により、費用が変わってきます。

近いうち、屋根修理を予定しているものの、費用などについて心配している方が多いのではないでしょうか?

今回は伊勢原市で屋根修理を行った際、どのくらいの費用がかかるのかについて取り上げます。

住宅について関心のある方は一度参考にしてください。

伊勢原市での屋根修理の相場

伊勢原市で屋根修理を行う際、人によって費用が変わってきます。

数千円で済む場合もあれば、約30万~200万円の費用がかかる場合もあります。

屋根修理の規模が大きくなればなる程、費用が高額になってくるので、伊勢原市で屋根修理を予定している方は注意したいところ。

伊勢原市で行う屋根修理の内容とそれに伴う費用

屋根修理の方法は数多く存在します。

どのような施工を行うか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主な施工内容は以下の通り。

・屋根塗装

・屋根カバー工法

・屋根葺き替え工事

・瓦の交換

・漆喰の補修

・コーキング処理

・雨樋の修理

ここでは、屋根修理の各方法とそれに伴う費用について触れていきます。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材を塗装し、住宅の外観を保つ施工。

屋根材の劣化を防ぐのもメリットに挙げられます。

伊勢原市で行う場合、約30万~100万円の費用がかかります。

足場の費用を抑えるために外壁塗装と同時に行うのがポイント。

用いる塗料によって、屋根修理の費用が変わってきます。

納得のいく施工を行うためにも、各塗料の特徴をチェックしましょう。

屋根カバー工法

屋根カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる屋根修理です。

伊勢原市で行う場合、約50万~150万円の費用がかかります。

廃材を処分する手間が省ける分、費用が抑えられるのがメリット。

屋根材にアスベストが含まれている場合に適しています。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新たな屋根材を葺く屋根修理です。

屋根の重量を軽くして耐震性を向上できるだけでなく、野地板や防水シートを交換できるのもメリット。

伊勢原市で屋根葺き替え工事を行うと、約70万~200万円の費用がかかります。

屋根カバー工法に比べて費用が高額になるものの、野地板などに問題がある場合は屋根葺き替え工事が必要です。

太陽光発電を視野に入れている方も屋根葺き替え工事を通して住宅のメンテナンスを行ってはいかがでしょうか?

瓦の交換

破損した瓦を新しい瓦に交換するのも屋根修理の一環。

費用は1枚当たり約2,200円以上です。

交換する枚数により、費用が変わってきます。

瓦が割れていたり、ズレていると雨漏りに発展する恐れがあるので注意してください。

漆喰の補修

瓦と瓦の隙間を埋める漆喰の補修を行う場合、1㎡当たり約4,000円以上の費用がかかります。

経年劣化などにより、歪みなどが生じます。

雨風や直射日光などに晒されているため、普段から屋根の状態をチェックするのが大事。

コーキング処理

コーキング処理は屋根材にできたヒビなどを修理し、雨水の侵入を防ぐために行われます。

伊勢原市で行う場合、約2,000円以上の費用がかかります。

雨樋の修理

雨樋は屋根や外壁を雨水からの劣化から守るために設置される設備。

 

地面の排水口に雨水を流します。

伊勢原市で雨樋の修理を行う際、約30,000円以上の費用がかかります。

施工の規模が大きくなると費用が高くなるので注意してください。

破損した部分を交換する場合もあれば、新しい雨樋に交換する場合もあります。

伊勢原市で屋根修理を行う業者の選び方

伊勢原市で屋根修理を依頼する際、信頼できる業者を見つけるのが大事。

トラブルを避けるためには、情報収集をできる限り行いましょう。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

業者の所在地

業者の所在地が一体どこかチェックし、依頼するかどうか判断したいところ。

業者の所在地と現場が近いと、早くて約30~60分で訪れる場合もあります。

また、施工エリアに伊勢原市周辺が含まれていない可能性も十分考えられます。

業者によっては施工エリア外でも依頼を受け付ける場合がありますが、交通費が想像以上にかかる可能性があるので注意してください。

過去の施工事例

過去の施工事例から伊勢原市周辺で屋根修理を何度も行っているかどうかチェックすることをおすすめします。

人によっては屋根修理のイメージがつかめていないのではないでしょうか?

施工内容や工期、費用などを把握し、相談するかどうか検討したいところ。

保証内容

屋根修理を行った後も定期的にメンテナンスを行うことになります。

業者が一体どのような保証を用意しているかを加味した上で相談・契約を進めましょう。

保証内容は業者によって変わってきます。

見積書の記載内容

屋根修理の契約をするかどうか判断するために見積書に記載されている内容を細かくチェックしてください。

使用する屋根材や塗料だけでなく、施工内容や費用の内訳などが分かりやすく記載されているかどうかが重要です。

見積もりに関して分からないことがある際は業者に質問することをおすすめします。

業者との間でトラブルを起こさないことが屋根修理を進める際のポイントのひとつ。

まとめ

伊勢原市で屋根修理を行う際、場合によっては100万円以上の費用がかかります。

普段から住宅の状態に気を配り、定期的にメンテンスを行いましょう。

伊勢原市は温暖な気候で住みやすい反面、湿度が高く、局地的に大雨が発生しています。

思い入れのある住宅に住み続けるためには、雨漏りによる被害に注意が必要。

気になる業者を見つけたら、所在地が伊勢原市周辺かどうかをチェックし、相談するかどうか判断してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【伊勢原市】で屋根塗装が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【伊勢原市】で屋根塗装が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
屋根塗装の費用相場を考えてみましょう。

屋根によって住宅の印象が大きく変わります。

雨風などから身を守るためには、屋根のメンテナンスを定期的に行うことが大事。

近いうちに伊勢原市周辺で屋根塗装を予定している方もいるのではないでしょうか?

今回は伊勢原市で屋根塗装を行った際、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説します。

伊勢原市で屋根塗装を行った際にかかる費用の相場

伊勢原市での屋根塗装にかかる費用は約30万~100万円が相場。

住宅によって、屋根塗装にかかる費用が変わってきます。

成田崇
成田崇
屋根塗装は面積(大きさ)によって金額は大きく変わります

想像以上に安く済んだと感じる方もいれば、想像以上に費用がかかったと感じる方もいます。

伊勢原市での屋根塗装の費用に関わるポイント

伊勢原市で屋根塗装を行う際、一体どのようなポイントが費用に関わってくるのか疑問に感じているのではないでしょうか?

一度の施工を行う際、さまざまな費用が発生します。

業者との間でトラブルを避けるためにも、屋根塗装の費用に関わるポイントを押さえたいところ。

ここでは、費用に関わるポイントについて取り上げるので、屋根塗装を予定している方は一度チェックしてください。

屋根材によっては屋根塗装は不要

屋根塗装の必要があるのは基本的には「板金屋根」(金属屋根)のみです。

それは屋根材のサビが雨漏りの原因になるためです。

それでは屋根塗装が不要な屋根材は下記の通りです。

・スレート屋根材(コロニアル)

・陶器瓦(日本瓦)

・セメント屋根材

・シングル屋根材

・石付屋根材

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根の面積

住宅によって、屋根の面積が異なります。

面積が大きければ大きい程、屋根塗装にかかる費用が高くなるので注意してください。

また、屋根の形状によっても費用が変わってきます。

複雑な形状の屋根を用いた住宅に住んでいる方もいるのではないでしょうか?

屋根塗装に用いる塗料

屋根塗装に一体どのような塗料を用いるかで費用が変わってきます。

塗料によって、耐用年数や費用などが異なります。

伊勢原市で納得のいく屋根塗装を行うためには、塗料をチェックするのが大事。

今後のメンテナンスを踏まえ、塗料を選んでください。

単価が安くなると、耐用年数が短くなってしまいます。

費用を抑えたつもりでも、メンテナンスを何度か行うことで想像以上に費用がかかる可能性もあります。

屋根塗装に用いられる主な塗料は以下の通り。

・無機塗料

・フッ素塗料

・アクリル塗料

・シリコン塗料

・ウレタン塗料

足場

屋根塗装は高所で施工を進めるため、足場を設置することになります。

安全を確保するのが目的です。 足場の設置費用も屋根塗装にかかる費用のひとつ。

養生の量

塗装しない箇所や近隣の住宅に塗料が飛散しないように養生が必要です。

屋根塗装を行う際、養生がどのくらい用いるかによって費用が変わってきます。

業者の所在地から現場までの距離

業者の所在地から現場までの距離が遠ければ遠い程、交通費がかかってしまいます。

施工エリアに伊勢原市がない業者も存在するので注意したいところ。

伊勢原市周辺に約30~60分で駆けつけるかどうかチェックし、依頼するかどうか判断してください。

施工エリア外でも対応している業者も存在しますが、交通費が余分にかかってしまうかもしれません。

また、現場に訪れるのに時間がかかってしまう可能性があります。

住宅の立地条件

住宅が一体どこに建っているでしょうか?

道路が狭い・駐車場がないなどの理由でトラックが入れない場合もあります。

塗料などの搬入が難しい場合、運送費がかかってしまうかもしれません。

伊勢原市は一体どのような市なのかを知っておくのも大事

納得のいく屋根塗装を行うためにも、伊勢原市の特徴についても押さえておきたいところ。

人によっては伊勢原市について詳しく知りたいと感じているのではないでしょうか?

伊勢原市は温暖な気候なのに加え、総面積の約1/3が山林原野を占めます。

豊かな自然環境に恵まれている市です。

また、電車を用いると、都心まで約1時間でアクセスすることが可能。

1年を通して雨が多いだけでなく、湿度が高いのも特徴に挙げられます。

雨により、屋根塗装が遅れる可能性を加味する必要があります。

また、湿度によって雨樋などが錆びる場合もあるので、住宅のメンテナンスを行う際は湿度の高さにも注意してください。

依頼する業者の選び方

伊勢原市で屋根塗装を行う際、信頼できる業者に依頼することが大事。

トラブルを避けるためにも、できる限り情報収集を行いましょう。

ここでは、伊勢原市で屋根塗装を行う業者の選び方について説明します。

所在地はどこか

気になる業者を見つけたら、所在地は一体どこかチェックしたいところ。

伊勢原市周辺かどうかを踏まえた上で依頼するかどうか判断してください。

納得のいく施工を行うためには、伊勢原市の地形や気候に熟知しているかどうかが重要になってきます。

施工エリアの範囲内か

施工エリアに伊勢原市が含まれているかどうかが選ぶ決め手。

業者によっては伊勢原市が含まれていません。

選択肢を広げるためにも、伊勢原市に隣接している厚木市や平塚市などの業者もチェックすることをおすすめします。

沿革

業者の沿革から一体どのように発展したかを把握するのも大切です。

創業年・設立年から伊勢原市で長年にわたって屋根塗装を行っているかどうかチェックしたいところ。

過去の施工事例

公式サイトに掲載されている過去の施工事例も業者を選ぶポイントに挙げられます。

写真や施工内容、工期、費用などを踏まえ、相談するかどうか判断しましょう。

口コミでスタッフの対応などを把握することができます。

見積書に記載されている内容が分かりやすいか

屋根塗装でトラブルを避けるためには、見積書に記載されている内容を細かくチェックするのが大事。

使用する塗料をはじめ、塗料の単価や使用する量、施工内容、費用の内訳などが記載されています。

見積書の内容が分かりにくい場合、業者に屋根塗装に関する疑問を質問しましょう。

疑問をそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

まとめ

伊勢原市で屋根塗装を行う際にかかる費用は約30万~150万円が相場。

施工の規模によって、費用が変わってきます。

納得のいく屋根塗装を行うためには、長年にわたって屋根塗装に携わってきた業者に依頼することをおすすめします。

所在地が伊勢原市に近いと、早くて約30~60分で現場に訪れる場合があります。

その日の交通状況などにより、現場に訪れる時間が変わってくるので注意してください。

適切なメンテナンスを行い、思い入れのある住宅で思い出をひとつでも多く作りましょう。

 

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】でスレート屋根の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】でスレート屋根の修理が完了しました。

今回の【南足柄市】の事例ではスレート屋根材が脱落していました。

このままだとスレート屋根を止付ける釘穴から雨水が侵入します。

見にくいですが赤丸の部分に

スレート屋根を取り付ける釘穴が開いています。

この状態だと穴が見えているので雨水が入ってしまいます。

お客様は屋根塗装をすれば直ると思っていました。

屋根塗装で屋根は修理できるのでしょうか?

成田崇
成田崇
多くの方がやっているスレート屋根塗装は意味があるのでしょうか?

今回は屋根塗装が意味はないかどうかについて触れていきます。

屋根によっては屋根塗装を行う意味がない

屋根塗装は本当に意味がないかどうかは屋根材によって異なります。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

金属系の屋根材は屋根塗装が必要なので、

屋根に関する悩みがある際は業者に一度相談するのが大事。

屋根塗装が必要なケースとは?!

今回の【南足柄市】のケースのように

スレート屋根を用いている場合は屋根塗装は不要になります。

上記ブログも参考にしてみてください。

屋根修理・屋根リフォームを行う際はどのような屋根材が用いられているかを把握しましょう。

屋根塗装は意味がないと言われている理由

屋根塗装に意味がないと言われている理由はいくつか存在しており、屋根修理・屋根リフォームを行う際は意識しておきたいところ。

意味がないと言われている主な理由として、以下のものが挙げられます。

・屋根塗装には防水性はない

・屋根塗装をして見た目が悪くなる場合がある

・築年数が浅い

・屋根材の劣化が著しい場合は屋根塗装をしても意味がない

屋根修理・屋根リフォームを予定している方のために屋根塗装は意味がないと言われている理由について解説します。

屋根塗装には防水性は無い

屋根塗装をしても防水性は向上しません。

それは各塗料メーカーからも防水性のデータは出ていません。

成田崇
成田崇
スレート屋根塗装をしても屋根材の強度には全く影響がありません、またスレート屋根材が割れる原因No1は作業などで「人が乗ったことによる踏み割れ」なんです。

屋根塗装をして見た目が悪くなり雨漏りする場合がある

屋根塗装をすると、数年後に塗膜が劣化し、住宅の見た目が悪くなるのも意味がないと言われている理由。

場合によっては屋根塗装を行わない方が住宅の見た目を保つことができます。

成田崇
成田崇
このようにスレート材同士を塗料でくっつけてしまうと雨漏りの原因になります。

築年数が浅い

築年数が浅い場合、屋根塗装する必要がない可能性があります。

屋根の状態を普段から気にかけ、必要に応じて屋根塗装を行ってください。

屋根材の劣化が著しい場合は屋根塗装をしても意味がない

屋根材が著しく劣化していると、屋根塗装をしても意味がないかもしれません。

状態によっては、カバー工法や葺き替え工法を選択することになります。

屋根材の耐用年数が何年なのかを踏まえ、屋根塗装するかどうか判断するのが大事。

大規模な屋根修理・屋根リフォームを行うために貯金するのも選択肢のひとつです。

カバー工法は屋根修理・屋根リフォームの費用を安く抑えられますが、屋根材の状態によっては利用できないため、注意してください。

屋根材だけでなく、下地も劣化している場合は葺き替え工法で屋根修理・屋根リフォームを進めていくことになります。

屋根塗装が必要な時期が人によって異なる

気候や日当たり、沿岸地域に近いかどうかなど、立地条件により、劣化の進行に差が生じます。

場合によっては屋根塗装が必要な時期が想像以上に早く訪れるかもしれません。

塗膜の剥がれや色褪せが見られるかどうかはもちろん、コケなどが発生しているかどうかが屋根塗装を行うかどうか見極めるポイント。

屋根修理・屋根リフォームについて信頼できる業者に相談するのが大事

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためには、信頼できる業者を見つけることが重要になってきます。

最後に、業者を選ぶポイントについて説明します。

過去の施工事例

過去に一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったかをチェックし、依頼するかどうか判断してください。

口コミの内容からスタッフの対応や一体どのような点に満足したかも押さえておきたいところ。

見積書に記載されている内容

業者が作成する見積書に記載されている内容も屋根修理・屋根リフォームの依頼を行うかどうかの判断基準。

どのような塗料を用いるかはもちろん、塗布量や施工内容、費用の内訳などを細かくチェックする必要があります。

見積書に記載されている内容について分からないことがある場合、業者に質問することをおすすめします。

どのようなスタッフが在籍しているか

屋根修理・屋根リフォームに関する資格を取得しているスタッフが施工を行うかどうかも選ぶポイント。

気になる業者を見つけたら、どのようなスタッフが在籍しているか一度チェックしましょう。

保証内容が充実しているか

屋根修理・屋根リフォームの後もアフターフォローを行うことが大切です。

業者が提供している保証内容をチェックし、相談するかどうか判断してください。

【南足柄市】でのスレート屋根修理費用は2万円

【南足柄市】でのスレート屋根修理費用は2万円でした。

屋根塗装してもスレート屋根の修理にはならないので

写真のようにスレート屋根の差し替えを行いました。

㈱いらかは【南足柄市】まで40~50分で駆け付けます。

いらかは神奈川県平塚市の会社ですが

【南足柄市】まで車で40~50分で駆け付け、点検修理をします。

見積までは無料でおこなっておりますのでお気軽にお問合せください。

まとめ

今回の【南足柄市】のような

スレートの補修工事なら1日で完了し、費用も2万円程度です。

いらかのある平塚から【南足柄市】までは車で40~50分程度で駆け付けます。

屋根の不具合を放置し続けると、雨漏りなどの問題が発生する恐れがあります。

普段から住宅の状態に気を配ることが大切です。

 

【南足柄市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【イナバ物置】から雨漏り?!その修理方法と費用とは?!

【イナバ物置】から雨漏りが発生していました。

なぜ雨漏りしているのかというと
この継ぎ目から雨漏りしてしまうのです。

 

この部分ですね。

このようにサビてしまうと雨水の侵入を止めるのは

かなり難しくなってきます。

 

物置や倉庫など勾配の緩い屋根材はサビやすい?!

なぜかと言えば勾配が

緩ければ緩いほど

屋根に雨水が留まるからなんです。

倉庫や物置屋根のメンテナンス方法とは?!

倉庫や物置の折板屋根の状態をチェックし、適切な方法でメンテナンスを行うことが重要です。

主なメンテナンス方法は以下の通り。

・屋根塗装

・カバー工法

・葺き替え工法

成田崇
成田崇
物置き屋根は鉄板であることが多いので錆びに対するメンテナンスがとても大事です。

早速ですが、各メンテナンス方法について説明します。

屋根塗装

折板屋根に色褪せや軽い錆などが見られた場合、屋根塗装で錆が拡がらないようにするケースがあります。

重ねを採用している折板屋根はボルトが露出しているので、早めに屋根塗装を行うのが大事。

ボルトが露出していると、錆が拡がりやすいです。

成田崇
成田崇
物置屋根は鉄板であることが多いのでこまめに屋根塗装してください

まず、折板屋根の錆を落とします。

その後、錆止め塗料を下塗に塗布。 中塗りと上塗を行ったら完了です。

屋根にサビが発生し始まるともう手遅れになります。

カバー工法

カバー工法は、折板屋根の上に新しい屋根材を被せるメンテナンス方法。

廃材費がかからないのに加え、工期を短縮できるのがメリット。

今回の【イナバ物置】の雨漏りでは「カバー工法」で

雨漏りを止めることにしました。

メンテナンスをなるべく早く済ませたい方はカバー工法を一度検討してはいかがでしょうか?

鉄板小波の一枚もので仕上げました。

継ぎ目がないので以前のように継ぎ目のサビに気を使う必要がありません。

葺き替え工法

葺き替え工法は折板屋根を撤去し、新たな屋根材に葺き替える工法。

カバー工法で対処するのが難しい場合、葺き替え工法を行う必要が出てきます。

屋根を頑丈にしたいと感じている方は一度検討することをおすすめします。

葺き替え工法を行っている間、車庫などが機能しなくなる点に注意してください。

物置屋根をメンテナンスする頻度

10~15年ごとに折板屋根の点検を行い、必要に応じてメンテナンスを心掛けるのが大切です。

普段から、建物の状態に関心を持ちましょう。

折板屋根の耐用年数は15~20年程度。

耐用年数が近づいてきたら、新しい屋根材に交換するかどうか検討することをおすすめします。

折板屋根のメンテナンス費用

今回の【物置】屋根のカバー工法ですが

約35万円でした。

折板屋根のメンテナンスを進めていく上で一体どのくらいの費用がかかるかも知っておきたいところ。

メンテナンス費用の相場は以下の通りです。

・屋根塗装:約4,000~7,000円/㎡

・カバー工法:約5,000~8,000円/㎡

・葺き替え工法:約13,000~18,000円/㎡

どの業者に依頼するか・時期などにより、費用が変わってきます。

折板屋根のメンテナンスが必要だと感じた際は一体どのくらいの予算があるか把握しておきたいところ。

DIYで済ませられるのか

折板屋根のメンテナンスをDIYで済ませようとすると、高所での作業を行う必要があります。

装備が不十分だと、落下事故に遭う可能性があるので注意が必要です。

また、時期によっては高温になっているかもしれません。

成田崇
成田崇
倉庫や物置の屋根と言えども高所なので十分に気を付けてください

熱中症などに注意しつつ、作業を進めていくことになります。

その他にも、折板屋根に適した塗料選びができるかどうかもDIYのポイント。

DIYは建物に関する知識や技術が求められるので、業者に依頼することをおすすめします。

物置屋根をメンテナンスする業者の選び方

折板屋根のメンテナンスを業者に依頼する際、信頼できるかどうか加味した上で依頼する必要があります。

入念に情報収集を行うのがメンテナンスを成功させるポイント。

業者の選び方を何点か紹介するので、折板屋根のメンテナンスを予定している方は一度チェックしてください。

施工実績が豊富か

業者の施工実績が豊富かどうかは選ぶ決め手。

公式サイトなどで過去の施工実績をチェックしてください。

また、創立年と設立年から折板屋根のメンテナンスの経験が豊富かどうかも判断する必要があります。

アフターフォローが充実しているか

工事が済んだら終わりではなく、その後のメンテナンスも重要です。

気になる業者を見つけたら、どのような保証を用意しているかも把握したいところ。

業者の理念に共感できるか

業者が一体どのような理念を掲げているかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

公式サイトなどに記載されている理念に共感した上で依頼することをおすすめします。

施工エリア

施工エリアは業者によって異なります。

場合によっては施工エリア外でも依頼することができますが、

諸経費が想像以上に高くなってしまうかもしれません。

施工エリアの範囲内かどうかで依頼するかどうか判断したいところ。

屋根に関するアドバイスを分かりやすく行うか

屋根に関するアドバイスを的確に行うかどうかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

リノベーションなどを進めていく上で疑問を解消することが大切。

疑問をそのままにしてしまうと、後で大きなトラブルに発展してしまう恐れがあります。

まとめ

物置屋根のメンテナンス方法は

・屋根塗装

・カバー工法

・葺き替え工法の3つです。

状態に応じて、メンテナンス方法を使い分けることになります。

また、費用や工期はメンテナンス方法によって変わるので、リノベーションなどを予定している方は注意したいところ。

これから物置屋根のメンテナンスを予定している方は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

 

物置からの雨漏り物置屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

屋根塗装の意味とは?長期的なメリットとデメリット|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装の意味とは?長期的なメリットとデメリット

成田崇
成田崇
屋根塗装は何度も行うものではないので長期で考える必要があります

屋根塗装を行う意味は一体何か疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームの方法がいくつか存在します。

納得のいく施工にするためには、屋根塗装のメリットとデメリットについて押さえておきたいところ。

今回は屋根塗装のメリットとデメリットを紹介するので、近いうちに屋根修理・屋根リフォームを検討している方は参考にしてください。

屋根塗装のメリット

屋根塗装を行うことにより、さまざまなメリットが得られます。

主なメリットは以下の通り。

・住宅の外観を綺麗にできる

・防水性

・遮熱性

・抗菌性を高めて住宅の寿命を伸ばせる

・断熱性を高めて暑さ

・寒さ対策ができる

・住宅の資産価値を保つことができる

 

成田崇
成田崇
板金屋根の塗装ではサビを防ぐことが出来ます。

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方に向けて各メリットについて説明します。

住宅の外観を綺麗にできる

屋根塗装を行うことにより、住宅の外観を綺麗にできるのがメリット。

年数の経過と共に色褪せや塗膜の剥がれが目立つようになり、周囲からの印象が下がってしまうかもしれません。

周囲からの印象を下げないためには、景観をいかに保つかが重要です。

また、住宅の雰囲気を大きく変えられるのもメリットに挙げられます。

屋根を違う色に変えて、今までとは違った雰囲気の住宅で生活を送りたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

外壁の色との相性を考慮し、どの色に塗装し直すか一度検討したいところ。

遮熱性・抗菌性を高めて住宅の寿命を伸ばせる

遮熱性、抗菌性を屋根材に付加し、住宅の寿命を伸ばすことができます。

塗料によって、性能が異なります。

耐用年数はもちろん、どのような性能を屋根材に付加できるかを考慮した上で屋根塗装を進めていくことが大事。

雨水や紫外線、カビやコケなどにより、住宅が劣化します。

屋根修理・屋根リフォームを行う際、雨水などの対策を施し、思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けましょう。

断熱性を高めて暑さ・寒さ対策ができる

暑さや寒さの感じやすさにより、室内での過ごしやすさが変わってきます。

屋根塗装に用いる塗料で断熱性を屋根材に付加できるのもポイント。

暑さや寒さ対策を行い、快適な空間づくりを心掛けてください。

断熱性を高めることで冷暖房設備の使用頻度を見直せるのもメリットに挙げられます。

住宅の資産価値を保つことができる

住宅の外観を綺麗にすることで資産価値を保てるのもメリットのひとつ。

売却時に少しでも高く売りたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根塗装のデメリット

屋根塗装はメリットだけでなく、デメリットも存在します。

屋根修理・屋根リフォームでトラブルを避けるためには、屋根塗装のデメリットについても把握しておきたいところ。

屋根塗装の主なデメリットとして、以下のものが挙げられます。

・定期的に塗り直す必要がある

・仕上がりによっては塗膜が剥がれやすくなる

・屋根塗装の方法が不十分な場合は雨漏りが発生する恐れがある

成田崇
成田崇
塗装後の縁切りをやらなかった場合は雨漏りに繋がる可能性が高まります。

ここでは、各デメリットについて触れていくので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

定期的に塗り直す必要がある

施工後も定期的に塗り直す必要があるのが屋根塗装のデメリット。

劣化の早さは立地条件や気候などにより変わってきます。

5~10年に1回の頻度で塗り直しを行うことになります。

塗り直しの回数によっては想像以上に費用がかかってしまうかもしれません。

仕上がりによっては塗膜が剥がれやすくなる

屋根塗装の仕上がりによっては塗膜が剥がれやすい点に注意する必要があります。

屋根修理・屋根リフォームは知識や技術、経験が求められます。

塗り過ぎや塗りムラ、塗料の希釈などが不十分だと、塗膜が剥がれやすくなるので注意してください。

費用を抑えるためにDIYで済ませようとしている方も多いのではないでしょうか?

塗料に関する知識だけでなく、安全の確保も求められるので、DIYを控えることをおすすめします。

屋根塗装の方法が不十分な場合は雨漏りが発生する恐れがある

縁切りを怠ると、雨水の通り道が塞がってしまいます。

結果、雨漏りが発生する可能性があるので注意が必要。

縁切りは屋根塗装後、屋根材の隙間を塞がないよう、雨水の通り道を確保することです。

塗料が完全に乾燥したタイミングで行われます。

屋根塗装を行う業者の選び方

納得のいく屋根塗装を行うためには、信頼できる業者に依頼することが大切。

依頼するかどうかの判断基準は以下の通りです。

・使用している塗料

・見積書に記載されている内容

・契約を急かさないか

・縁切りを行うか

・施工実績が豊富かどうか

屋根塗装に用いる塗料について丁寧に説明するかどうかはもちろん、見積書の内容が分かりやすいかどうかが重要になってきます。

トラブルを避けるためには、見積書で塗布量や塗装する面積、費用の内訳などを細かくチェックしておきたいところ。

契約を急かす業者に依頼するのは避けてください。

雨漏りを避けるためにも、縁切りを行うかどうかについても把握しておくことをおすすめします。

公式サイトで屋根塗装の工程に加え、過去にどのような施工実績があるかをチェックした上で知識や技術があるかどうか判断しましょう。

まとめ

屋根塗装は住宅の外観を綺麗にできるなどのメリットがある反面、定期的に塗り直す必要があるなどのデメリットがあります。

塗料の扱いや縁切り、安全の確保などを配慮しないと、納得のいく仕上がりにならない可能性があるので注意が必要。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根塗装や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根塗装の意味を考える前に知っておくべきポイント|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根塗装の意味を考える前に知っておくべきポイント

成田崇
成田崇
スレート屋根塗装には賛否両論あるので事実を知っておくことが大切です。

屋根塗装を行う際、知っておきたいポイントが何点か存在します。

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためには、適切な屋根修理・屋根リフォームを行うことが大切。

人によっては屋根塗装を初めて業者に依頼するのではないでしょうか?

今回は屋根塗装の意味を考える前に知っておきたいポイントについて説明するので、気になる方は一度参考にしてください。

スレート屋根塗装の意味を考える前に知っておきたいポイント

屋根修理・屋根リフォームで失敗を避けるためには、どのような方法でメンテナンスを進めていくかが重要になってきます。

屋根塗装の意味を考える前に知っておきたい主なポイントは以下の通り。

・屋根塗装が必要かどうか

・どのような屋根を用いているか

・何回目の屋根塗装か

・どのような塗料があるか

・どのような費用がかかるか

・保険で対応できるか

・雨漏りが起きる原因は何か

・屋根塗装には危険が伴う

早速ですが、屋根塗装の意味を考える前に知っておきたいポイントについて解説します。

屋根塗装が必要かどうか

屋根塗装が必要かどうかを知っておくことが大切です。

雨漏りが発生しているなど、屋根材や下地などが著しく劣化している場合、屋根塗装ではなく、別の方法で屋根修理・屋根リフォームを行うことになるかもしれません。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装が必要かどうかはすぐに分かるわけではなく、詳細な点検を行うことで把握することができます。

どのような屋根を用いているか

使用している屋根材も知っておくべきポイントのひとつ。

住宅によって用いられている屋根材が異なります。

成田崇
成田崇
屋根塗装が必要な屋根材は「板金屋根」のみです。

どのような性能があるかはもちろん、耐用年数が近づいているかどうかなどを踏まえた上で適切な屋根修理・屋根リフォームを行ってください。

屋根材の種類によっては屋根材を行う必要がない場合もあります。

また、屋根塗装を行うことで破損する可能性がある屋根材も存在します。

何回目の屋根塗装か

人によっては2回目の屋根塗装を行おうとしているのではないでしょうか?

屋根塗装を何度も行うことでスレートとスレートの隙間が小さくなるため、雨水が外に排出されにくくなります。

結果、雨漏りが発生する可能性も出てきます。

屋根塗装を3回以上行うのは控えておきたいところ。

中古物件を購入する際は過去に屋根塗装を行っているかどうかも知っておくことをおすすめします。

どのような塗料があるか

屋根塗装で失敗しないためには、どのような塗料があるかを知っておくのが大切です。

塗料によって、耐用年数や使用できる屋根材などが異なるので、注意してください。

気になる塗料を見つけた際は屋根材との相性が良いかチェックしましょう。

どのような費用がかかるか

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのくらいの予算を用意できるかが重要になってきます。

塗料だけでなく、足場や交通費、人件費など、さまざまな費用がかかります。

場合によっては想像以上に費用がかかるかもしれません。

保険で対応できるか

台風や竜巻などの風災による被害が発生した場合、火災保険で屋根塗装ができる可能性があります。

経年劣化による破損や太陽パネルを設置したことが原因による雨漏りなどは風災として認められないため、注意が必要。

雨漏りが起きる原因は何か

雨漏りの原因を知り、屋根塗装で解決できるかどうか知っておくのも屋根修理・屋根リフォームを進める際のポイントに挙げられます。

縁切りがされていない・瓦がズレているなど、雨漏りの原因はいくつも存在します。

屋根塗装には危険が伴う

屋根塗装をDIYで済ませようと考えている方もいるのではないでしょうか?

高所での作業になるため、危険が伴います。

成田崇
成田崇
一度でもDIYで塗ってしまうと、その後の下地処理でかなりのお金がかかると思ってください。

塗料などを準備する手間もかかるので、DIYで解決しようとするのは避けたいところ。

信頼できる業者に屋根塗装を依頼するのが重要

屋根修理・屋根リフォームをどの業者に依頼するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

屋根塗装でトラブルを避けるためには、業者選びが重要になってきます。

最後に、業者を選ぶ際のポイントについても解説するので、屋根塗装を近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

 

どのような見積もり内容か

見積書に一体どのような内容が記載されているかが契約するかどうかの判断基準。

使用する塗料に加え、塗布量や塗料の単価、施工内容、費用の内訳などを細かくチェックする必要があります。

下塗り・中塗り・上塗りを行うか

下塗り・中塗り・上塗りを行うかどうかも依頼するかどうかのポイントです。

塗料が密着していないと、再塗装を行うことになるため、注意してください。

業者の公式サイトで屋根塗装の工程をチェックすることをおすすめします。

施工実績が豊富かどうか

過去に一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

施工内容はもちろん、工期や費用、口コミの内容などを踏まえ、信頼できるか判断したいところ。

契約を急かさないかどうか

業者によっては契約を急かす可能性があります。

屋根修理・屋根リフォームでトラブルを避けるためには、契約を急かす業者を避けておくのが大切です。

話を聞き始めた場合、当日に契約の手続きを進めるのは避けましょう。

まとめ

屋根塗装の意味を知る前にどのような屋根材が用いられているかなど、チェックしておきたいポイントがいくつも存在します。

住宅に適した屋根修理・屋根リフォームを行うことが色褪せや雨漏りなどの問題を解決する上で重要。

屋根塗装などについて分からないことがある際は業者に一度質問し、詳細な点検を一度行ってはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、屋根塗装を行うかどうか判断してください。

 

屋根塗装、屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根塗装が意味ないのはなんで?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根塗装が意味ないのはなんで?

成田崇
成田崇
屋根塗装にはどのような効果があるのでしょうか?

スレート屋根塗装は屋根修理・屋根リフォームの方法のひとつ。

人によっては、屋根塗装は意味がないなどの話を耳にするのではないでしょうか?

住宅のメンテナンスを適切に行うためには、どうして意味がないと言われているのか理由を知ることが大切です。

今回は屋根塗装の意味がないのはどうしてなのか解説するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

屋根塗装の意味がない理由

屋根塗装の意味がないと言われている主な理由として、以下のものが挙げられます。

・脆弱性の高い屋根材が破損する恐れがある

・状態によっては屋根塗装では対応できない場合がある

・保証が得られないことがある

・屋根材によっては屋根塗装する必要がない

早速ですが、各理由について説明します。

脆弱性の高い屋根材が破損する恐れがある

屋根材によっては脆弱性が高く、屋根塗装ができない場合があるので注意が必要。

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は住宅に一体どのような屋根材が用いられている把握することをおすすめします。

状態によっては屋根塗装では対応できない場合がある

屋根材が欠けたり、割れたりしていると、屋根塗装で対応できないです。

成田崇
成田崇
割れや欠けなどの破損は屋根塗装では修理できません

下地が劣化し、雨漏りが発生している方も多いのではないでしょうか?

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

保証が得られないことがある

保証期間外の屋根材もあるため、保証が得られない可能性があります。

屋根塗装によって生じた割れや滑落などは対象外。

屋根修理・屋根リフォームを行う際は、屋根材メーカーの保証についてチェックすることをおすすめします。

屋根材によっては屋根塗装する必要がない

劣化した部分が目立っていない屋根に関しては屋根塗装する必要がありません。

心配な方は業者に一度診断を依頼し、屋根塗装を行うかどうか判断してください。

成田崇
成田崇
逆に塗装の必要がある屋根材は「板金系の屋根材」のみです

また、日本瓦は屋根塗装する必要がない程、耐久性に優れています。

 

屋根塗装を行う理由

屋根塗装は意味がないという意見だけでなく、屋根塗装は必要だという意見も存在します。

屋根修理・屋根リフォームで後悔しないためには、屋根塗装をどうして行うかについても知っておきたいところ。

ここでは、屋根塗装が必要だと言われている理由について紹介します。

外観を保つ

屋根塗装のメリットは住宅の外観を綺麗にすることが挙げられます。

築年数が長くなり、色褪せなどが気になっている方も多いのではないでしょうか?

違う色にすることでイメージを変えることができます。

住宅のテーマやコンセプトに合わせて色を選ぶのが大事。

屋根材の劣化を防ぐ

塗膜により、雨や紫外線などから屋根材を守るのも屋根塗装を行う理由です。

住宅は年数の経過と共に劣化していきます。

寿命を少しでも長くするためにも、どの塗料で屋根塗装を進めていくかが大事。

塗料の種類は数多く存在するので、色だけでなく、どのような特徴があるかチェックしましょう。

屋根塗装以外のメンテナンス方法

屋根塗装以外に一体どのような方法で屋根のメンテナンスを行っていくかも押さえておく必要があります。

ここでは、カバー工法と葺き替え工法を紹介します。

カバー工法

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる工法。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

廃材を処分する手間を省けるので、屋根修理・屋根リフォームにかかる費用を抑えられます。

葺き替え工法

葺き替え工法は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材に葺き替える工法を指します。

下地が著しく劣化している場合、下地を新しく張り替えることになるかもしれません。

【茅ヶ崎市】で屋根葺き替え工事、メリットデメリットとその費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

軽い屋根材を葺き替えれば、耐震性を挙げられるのがメリット。

廃材を処分するのに加え、大規模な施工になるため、費用が想像以上にかかる可能性があります。

屋根塗装は信頼できる業者に依頼するのが重要

屋根塗装で失敗しないためには、業者選びが重要になってきます。

数ある業者の中から一体どこに相談すれば良いか分からないと感じている方も多いのではないでしょうか?

最後に、屋根塗装を行う業者の選び方について紹介します。

使用している塗料

屋根塗装に一体どのような塗料を用いているかが選ぶポイント。

業者によってはOEM塗料を用いている可能性があります。

OEM塗料について質問し、屋根塗装に関する疑問を解消してください。

在籍しているスタッフ

どのようなスタッフが在籍しているかを踏まえ、相談するかどうか判断したいところ。

業者によっては屋根修理・屋根リフォームに関する資格を有するスタッフが在籍しているかもしれません。

コミュニケーションが取りやすいかどうかもトラブルを避ける上で重要になってきます。

見積書の内容が分かりやすいか

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためには、見積書に一体どのような内容が記載されているか細かくチェックすることが大事。

使用する塗料だけでなく、塗布量に問題がないか・塗料以外にどのような部材を用いるか・施工内容・費用の内訳などを踏まえ、契約を進めましょう。

見積書の内容で分からない部分がある際は業者に相談することをおすすめします。

分からない部分をそのままにしてしまうと、業者とトラブルに発展する恐れがあります。

保証内容

屋根塗装後も住宅のメンテナンスを行い、屋根の不具合を解消してください。

業者によって、保証内容が異なるので、定期点検をいつ行うかなどをチェックしておきたいところ。

まとめ

屋根材の状態などによっては屋根塗装を行う意味がない場合があります。

住宅について何か悩みがある場合は業者に一度相談するのが重要。

業者からアドバイスを受け、屋根塗装に関する悩みを解消しましょう。

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためにも、適切なメンテナンスを行ってください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根塗装の意味とは?効果的な施工方法とは?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根塗装の意味とは?効果的な施工方法とは?

成田崇
成田崇
スレート屋根塗装にはどんな意味があるのでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを進めていく際、

スレート屋根塗装を行う意味について押さえておくのが大事。

屋根のメンテナンス方法がいくつか存在しており、状態に合わせて施工を進めていくことになります。

今回は屋根塗装の意味に加え、効果的な施工方法について紹介します。

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

屋根塗装を行う意味

屋根塗装を行う意味として、以下のものが挙げられます。

・外観を綺麗に保つ

・遮熱性や防汚性などを付加する

・雨や紫外線などから住宅を守る

まずは、屋根塗装を行う意味について解説します。

外観を綺麗に保つ

住宅の外観を綺麗に保つのが屋根塗装を行う意味。

成田崇
成田崇
店舗などで外観をきれいに保つ必要があれば屋根塗装は有効な方法です。

年数の経過に伴い、屋根や外壁などが色褪せてしまいます。

屋根の色や艶をチェックし、屋根塗装を行う必要があるかどうか判断することが大切です。

遮熱性や防汚性などを付加する

遮熱性や防汚性などを屋根に付加するのも屋根塗装を行うメリット。

塗料によって、付与できる機能が変わってきます。

屋根塗装を行う際は一体どの塗料を用いるかが重要です。

断熱性を付加することにより、暑さ対策を行うことが可能。

室内で快適に過ごしたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

雨や紫外線などから住宅を守る

屋根を雨や紫外線などから守るのも屋根塗装を行う目的のひとつ。

塗膜が水や酸素を通すのを防ぎ、屋根がサビないようにします。

また、紫外線を反射し、屋根の劣化を防ぎます。

屋根塗装の効果的な施工方法

納得のいく屋根修理・屋根リフォームにするためにも、屋根塗装の効果的な施工方法を押さえておきたいところ。

主な方法として、以下のものが挙げられます。

・屋根材に合った塗料を用いる

・塗装前に洗浄する

・均等に塗料を塗布する

・塗料が乾燥するのを待つ

・塗料の希釈率を守る

ここでは、屋根塗装の効果的な施工方法について説明するので、気になる方はチェックしてください。

屋根材に合った塗料を用いる

数多くの塗料が存在しており、屋根塗装を行う際はどの塗料を用いるかが重要になってきます。

屋根材の種類に合った塗料を用いるのが効果的な施工方法。

住宅に用いられている屋根材の種類をチェックし、屋根塗装が適しているかどうか把握することが大切です。

塗装前に洗浄する

屋根材に汚れやコケ、カビなどが付いたままだと、塗料が密着しにくいため、塗装前に高圧洗浄が行われます。

高圧洗浄を行うことで屋根材が破損する場合があるため、屋根材がどのくらい劣化しているか把握するのが重要。

高圧洗浄の後、屋根材を乾燥させます。

均等に塗料を塗布する

効果的な施工方法として、塗料を均等に塗布することが挙げられます。

均等に塗布することにより、塗り残しを防ぐのが大事。

屋根塗装に慣れていないと、塗りムラが発生する場合があります。

屋根塗装は下塗り・中塗り・上塗りの計3回行います。

下塗りを行っていない場合、塗膜が剥がれやすくなってしまうので、注意が必要。

塗料が乾燥するのを待つ

塗料が乾燥するのを確認してから、次の作業に移るのが屋根塗装を効率よく行うポイントです。

乾燥時間は塗料の種類と気温により変わってきます。

塗料の性能を引き出すことが乾燥時間を守る理由。

乾燥時間を守らない場合、塗膜が剥がれやすくなります。 その場合、再び屋根塗装を行わないといけないため、注意してください。

塗料の希釈率を守る

屋根塗装を行う際、塗料を希釈します。

塗料をそのまま用いると、粘度が高く、塗布しにくいです。

希釈する目的は塗料を塗布しやすくするため。

希釈率は塗料を希釈する割合を指します。

塗料によって、希釈率が異なります。 希釈率を守らないと施工不良が発生するかもしれません。

効果的な屋根塗装を行うためには信頼できる業者に依頼するのが大事

屋根塗装で効果的な施工を進めるなら、信頼できる業者に相談することをおすすめします。

数ある業者の中からどこに依頼すれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

最後に、業者の選び方について取り上げるので、気になる方はチェックしてください。

どのような塗料を用いているか

業者によって、使用している塗料が異なります。

どのような塗料を用いて屋根塗装を行っているかを踏まえた上で相談を進めたいところ。

業者を探している中でOEM塗料の存在を知った方もいるのではないでしょうか? OEMは他社のブランドを自社で扱うことを指します。

OEM塗料について業者に質問し、屋根塗装に関する疑問を解消するのが大切です。

屋根塗装に関する施工実績が豊富か

過去の施工実績も依頼するかどうかの決め手。

施工内容だけでなく、工期や費用、口コミの内容などをチェックした上で業者に問い合わせてください。

見積書が分かりやすいか

屋根修理・屋根リフォームでトラブルを避けるためには、見積書の内容を細かくチェックする必要があります。

使用する塗料はもちろん、塗布量や施工内容、費用の内訳などを踏まえ、契約するかどうか判断しましょう。

まとめ

屋根塗装は住宅の外観を綺麗に保つだけでなく、遮熱性や断熱性の向上などを目的に行われます。

屋根材に適した塗料を用いて、施工を進めるのが大事。

塗料の乾燥時間や希釈率など、気を配らないといけない部分が数多く存在します。

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は業者に一度相談し、屋根塗装に関する疑問を解消してください。

再塗装などのトラブルを避けることが屋根塗装を成功させるポイントです。

 

屋根塗装や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根塗装の意味は本当に実感できるのか?経験者の声|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根塗装の意味は本当に実感できるのか?経験者の声

成田崇
成田崇
屋根リフォームをしたお客様の声です

屋根塗装を行うのに意味があるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

思い入れのある住宅に少しでも長く住み続けるためには、適切なメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消する必要があります。

今回は屋根塗装を行った経験者の声に加え、屋根修理・屋根リフォームのポイントについて紹介します。

スレート屋根塗装の意味があると実感できるかどうかは人によって異なる

屋根塗装をした意味があると実感できる方もいれば、実感できない方もいます。

屋根修理・屋根リフォームで屋根塗装を選択する際、依頼した意味があると実感できるようにすることが大事。

住宅の状態をチェックし、屋根塗装を行う意味があるかどうか把握してください。

屋根塗装を行った意味があると実感した経験者の声

屋根塗装を行った意味があると実感した経験者が一体どのように感じているか気になっている方も多いのではないでしょうか?

これから、屋根修理・屋根リフォームを予定している方のために屋根塗装を行った意味があると感じた経験者の声をいくつか紹介します。

塗料の種類ごとに屋根塗装のパターンを提案して頂けた

屋根塗装を行った意味があると実感した声のひとつに塗料の種類ごとに屋根塗装のパターンを提案して頂けて良かったが挙げられます。

屋根塗装に用いられる塗料はいくつか種類が存在しており、各塗料の特徴を理解することが大事。

仕事が終わった後も進捗状況を必ず連絡して頂けた

仕事が終わった後に進捗状況を連絡して頂けたなど、業者から屋根塗装に関する報告に関する声も数多く存在します。

アプリや写真で進捗状況を報告するだけでなく、社長が毎日訪れ、屋根塗装について説明して頂けて良かったと感じる経験者もいます。

屋根塗装を業者に依頼する際、スタッフとコミュニケーションが問題なく行えるかどうか不安に感じている方もいるのではないでしょうか?

近隣住民に挨拶を行うなどの配慮が良かった

片付けや挨拶などを行い、近隣住民に配慮していて良かったと感じる経験者も多いです。

施工中だけでなく、休憩時におけるスタッフのマナーが良かったと感じる経験者もいます。

屋根修理・屋根リフォームを進める際、近隣住民とのトラブルに注意するのが大事。

マナーの良いスタッフが数多く在籍している業者に相談したいと感じているのではないでしょうか?

塗装の方法について丁寧に説明して頂けたのが良かった

塗装の方法について丁寧に説明して頂いた上で施工を進めていたのが良かったと感じる声もあります。

成田崇
成田崇
屋根リフォームをしたお客様の声は下記よりご覧ください

お客様レビュー

屋根塗装を行った意味がないと実感した経験者の声

逆に屋根塗装を行った意味がないと実感した経験者が一体どのような声を出しているのか気になっているのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためには、経験者の不満もチェックし、どのようなメンテナンスを行っていくかが重要になってきます。

ここでは、屋根塗装を行った意味がないと実感した経験者の声をいくつか紹介します。 屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

屋根塗装による仕上がりが想像していたものと違った

好きな色で屋根塗装を依頼したものの、仕上がりが想像していたものと違ったと感じる経験者も一定数います。

色によっては周囲の景観に合わないなどの問題も発生するため、屋根塗装を検討している方は注意してください。

近隣住民との間でトラブルが発生した

近隣住民との間でトラブルが発生し、屋根塗装を行う意味を実感できなかったと感じる方もいます。

屋根塗装の前の挨拶で大切なことを近隣住民に伝えていない・トラブルが発生した際の対応が不十分など、意味がなかったと感じる方は人によって異なります。

屋根塗装の費用が予想以上にかかった

屋根塗装の費用が想像以上に高額で依頼した意味を実感できなかったと感じる方も少なくありません。

十分な予算を用意できないなどの不安を感じている方も多いのではないでしょうか? 屋根塗装の費用は住宅によって変わってきます。

情報収集を入念に行った上で屋根塗装を行うかどうか判断することが大切。

屋根塗装を成功させるためには信頼できる業者を見つけるのが大事

屋根塗装を行った意味があると実感するためには、一体どうすれば良いか気になっているのではないでしょうか?

信頼できる業者から適切なアドバイスを受けることが屋根塗装の意味を実感するためのポイントです。

ここでは、業者の選び方について紹介します。

屋根塗装を行うかどうか迷っている方は一度参考にしてください。

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかをチェックした上で依頼するかどうか判断するのが大事。

使用する塗料はもちろん、塗布量に問題ないかや施工内容、費用など、知っておきたい情報がいくつも存在します。

屋根塗装について分かりやすく説明するか

屋根塗装の工程を分かりやすく説明するかどうかも依頼するかどうかのポイントです。

塗料などについて分からないことがある際は業者に一度質問してください。

進捗状況を随時行い、屋根塗装がどこまで進んでいるか知りたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

施工実績が多いかどうか

過去にどのような施工実績があるかも業者選びを行う上で重要になってきます。

写真や口コミ、工期、費用などを踏まえ、相談するかどうか判断しましょう。

まとめ

屋根塗装を行った意味があると実感できるかどうかはケースによって異なります。

トラブルを避けるためには、信頼できる業者を見つけ、コミュニケーションを行うことが大事。

屋根塗装について分からないことがある際は業者に質問することをおすすめします。

屋根は住宅の印象に大きく関わってくる部分です。

適切な方法で屋根修理・屋根リフォームを行い、思い入れのある住宅を守ってください。

 

屋根修理や屋根塗装のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根塗装って本当に意味ないの?屋根屋が検証してみた!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装って本当に意味ないの?屋根屋が検証してみた!

成田崇
成田崇
多くの方がやっているスレート屋根塗装は意味があるのでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームの方法のひとつに屋根塗装が挙げられます。

屋根塗装は意味がないなどの話を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

思い入れのある住宅に住み続けるためには、適切な屋根修理・屋根リフォームが大事。

今回は屋根塗装が意味はないかどうかについて触れていきます。

屋根によっては屋根塗装を行う意味がない

屋根塗装は本当に意味がないかどうかはケースによって異なります。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

人によっては屋根塗装が必要なので、屋根に関する悩みがある際は業者に一度相談するのが大事。

屋根塗装が必要なケース

住宅に粘土瓦を用いている場合、屋根を長持ちさせるために屋根塗装が必要になります。

屋根修理・屋根リフォームを行う際はどのような屋根材が用いられているかを把握しましょう。

屋根塗装は意味がないと言われている理由

屋根塗装に意味がないと言われている理由はいくつか存在しており、屋根修理・屋根リフォームを行う際は意識しておきたいところ。

意味がないと言われている主な理由として、以下のものが挙げられます。

・ノンアスベスト屋根の寿命を縮める

・屋根塗装をして見た目が悪くなる場合がある

・築年数が浅い

・屋根材の劣化が著しい場合は屋根塗装をしても意味がない

屋根修理・屋根リフォームを予定している方のために屋根塗装は意味がないと言われている理由について解説します。

ノンアスベスト屋根の寿命を縮める

ノンアスベスト屋根はアスベストが含まれていない屋根。

ノンアスベストへ移行した直後のスレート屋根は脆弱なため、高圧洗浄によって傷めてしまう恐れがあります。

メンテナンスをしたつもりが返って屋根材の寿命を縮める可能性があるのが屋根塗装を行う意味がないと言われている理由のひとつです。

成田崇
成田崇
スレート屋根塗装をしても屋根材の強度には全く影響がありません、またスレート屋根材が割れる原因No1は作業などで「人が乗ったことによる踏み割れ」なんです。

屋根塗装をして見た目が悪くなり雨漏りする場合がある

屋根塗装をすると、数年後に塗膜が劣化し、住宅の見た目が悪くなるのも意味がないと言われている理由。

場合によっては屋根塗装を行わない方が住宅の見た目を保つことができます。

成田崇
成田崇
このようにスレート材同士を塗料でくっつけてしまうと雨漏りの原因になります。

築年数が浅い

築年数が浅い場合、屋根塗装する必要がない可能性があります。

屋根の状態を普段から気にかけ、必要に応じて屋根塗装を行ってください。

屋根材の劣化が著しい場合は屋根塗装をしても意味がない

屋根材が著しく劣化していると、屋根塗装をしても意味がないかもしれません。

状態によっては、カバー工法や葺き替え工法を選択することになります。

屋根材の耐用年数が何年なのかを踏まえ、屋根塗装するかどうか判断するのが大事。

大規模な屋根修理・屋根リフォームを行うために貯金するのも選択肢のひとつです。

カバー工法は屋根修理・屋根リフォームの費用を安く抑えられますが、屋根材の状態によっては利用できないため、注意してください。

屋根材だけでなく、下地も劣化している場合は葺き替え工法で屋根修理・屋根リフォームを進めていくことになります。

屋根塗装が必要な時期が人によって異なる

気候や日当たり、沿岸地域に近いかどうかなど、立地条件により、劣化の進行に差が生じます。

場合によっては屋根塗装が必要な時期が想像以上に早く訪れるかもしれません。

塗膜の剥がれや色褪せが見られるかどうかはもちろん、コケなどが発生しているかどうかが屋根塗装を行うかどうか見極めるポイント。

屋根修理・屋根リフォームについて信頼できる業者に相談するのが大事

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためには、信頼できる業者を見つけることが重要になってきます。

最後に、業者を選ぶポイントについて説明します。

過去の施工事例

過去に一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったかをチェックし、依頼するかどうか判断してください。

口コミの内容からスタッフの対応や一体どのような点に満足したかも押さえておきたいところ。

見積書に記載されている内容

業者が作成する見積書に記載されている内容も屋根修理・屋根リフォームの依頼を行うかどうかの判断基準。

どのような塗料を用いるかはもちろん、塗布量や施工内容、費用の内訳などを細かくチェックする必要があります。

見積書に記載されている内容について分からないことがある場合、業者に質問することをおすすめします。

どのようなスタッフが在籍しているか

屋根修理・屋根リフォームに関する資格を取得しているスタッフが施工を行うかどうかも選ぶポイント。

気になる業者を見つけたら、どのようなスタッフが在籍しているか一度チェックしましょう。

保証内容が充実しているか

屋根修理・屋根リフォームの後もアフターフォローを行うことが大切です。

業者が提供している保証内容をチェックし、相談するかどうか判断してください。

まとめ

屋根塗装を行う意味がないかどうかは人によって異なります。

屋根材によっては屋根塗装によって寿命を縮めてしまうかもしれません。

信頼できる業者に屋根の点検を依頼し、屋根塗装が必要かどうかアドバイスを受けましょう。

屋根の不具合を放置し続けると、雨漏りなどの問題が発生する恐れがあります。

普段から住宅の状態に気を配ることが大切です。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根塗装は間違い?!その理由とは?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装は間違い?!その理由とは?

屋根修理や屋根リフォームを行う際、屋根塗装は間違いなどの話を耳にした方も多いのではないでしょうか?

同じ住宅に長期間住み続けるなら、適切なメンテナンスを行い、不具合を解消するのが大切です。

屋根塗装は間違いと言われる理由について解説するので、

近いうちに屋根修理や屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

屋根塗装は間違いなのか

屋根塗装が必要な場合もあれば、必要ない場合も存在します。

屋根の状態で住宅の印象が変わってきます。 印象を保つために屋根塗装を行うかどうか検討するのが大事。

屋根塗装は間違いだと言われる理由

野地板や防水シートなどが劣化し、雨漏りが発生している場合、屋根塗装で対処しようとするのは間違いです。

成田崇
成田崇
屋根に何か問題がある場合は塗装では直りません。

その他にも、屋根材自体の破損も屋根塗装以外の方法で対処することが求められます。

屋根修理や屋根リフォームを行う際、屋根塗装では対処できない場合が数多く存在するので、適切な方法でメンテナンスを進めていくのが重要。

屋根塗装を行うかどうかの判断基準

屋根塗装を行うタイミングを見極めるポイントは一体何か気になっているのではないでしょうか?

屋根の状態をチェックし、屋根塗装で対処できるかどうか判断する必要があります。

主な判断基準は以下の通りです。

・色褪せがあるかどうか

・築年数は何年か

・どのような屋根材を用いているか

屋根修理や屋根リフォームを予定している方に向けて屋根塗装を行うかどうかの判断基準について解説するので、一度参考にしてください。

色褪せがあるかどうか

色褪せが目立ち始めた段階で屋根塗装を行うかどうか検討することをおすすめします。

塗膜が劣化していくと、色褪せが起きます。

紫外線や雨水が色褪せの原因。 環境によっては想像より早く塗膜が剥がれていくかもしれません。

築年数は何年か

屋根材によって寿命が異なります。

屋根塗装を予定している場合、屋根材の寿命を把握し、新たに屋根材を交換する必要があるかどうか判断してください。

どのような屋根材を用いているか

屋根材によって、屋根塗装に適しているかどうかが変わってきます。

粘土系の瓦は防水性に優れているため、屋根塗装が不要。

成田崇
成田崇
板金屋根などはサビ防止のために塗装は必要です。

屋根塗装が不要と言っても、メンテナンスが必要な点を押さえておくことが大切です。

スレートの屋根塗装は不要

スレート屋根の塗装は見た目は良くなるものの

性能は向上しません。

以下のブログを参考にしてみてください。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装には十分な知識と技術が求められる

屋根塗装は十分な知識と技術が求められます。

屋根材と塗料の相性がいいかどうかなど、意識しないといけないことが数多く存在するため、注意が必要。

施工が不十分だと、塗膜がすぐに剥がれてしまいます。

屋根塗装で対応できない場合の対処法

屋根塗装で対応できない場合、どのような方法でメンテナンスを行うのか気になっているのではないでしょうか?

屋根塗装以外の屋根修理や屋根リフォームの方法として、以下のものが挙げられます。

・カバー工法

・葺き替え工法

屋根材などの状態を踏まえた上でどちらを選択するかが重要。 ここでは、カバー工法と葺き替え工法について紹介します。

カバー工法

カバー工法は、既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる工法です。

廃材を処分する手間を省くことができるため、費用を抑えることが可能。

屋根材の状態によっては、カバー工法で対応できない場合もあります。

 

葺き替え工法

葺き替え工法は、既存の屋根材を撤去して新たな屋根材を施工する工法です。

状態によっては、野地板や防水シートを交換する必要があるかもしれません。

廃材を処分する必要があるので、カバー工法に比べて費用がかかります。

屋根のメンテナンスは信頼できる業者に任せるのが大事

屋根修理や屋根リフォームは信頼できる業者に相談し、

どのようなメンテナンスを進めていくか決定するのが大事。

依頼するかどうか判断するためにも、情報収集を行いましょう。

ここでは、業者選びの決め手について解説します。

どのような塗料を用いているか

業者が一体どのような塗料を扱っているかチェックするのが大事。

塗料によって、耐用年数などが異なります。

中には、OEM塗料を用いている業者も存在します。

見積書の内容が分かりやすいか

業者選びを行う際、見積書の内容をチェックし、契約するかどうか判断してください。

見積書には、使用する塗料だけでなく、塗布量やどのような施工を行うかなどが記載されています。

施工内容や費用の内訳などが分かりにくい場合、業者に質問するのが重要。

保証内容が充実しているか

屋根修理や屋根リフォームの後も定期的にメンテナンスを行い、

屋根材の寿命を少しでも長くする必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかどうかを踏まえた上で契約を進めてください。

まとめ

屋根材の状態や種類によっては、屋根塗装が間違いの場合もあります。

住宅の寿命を少しでも長くするためにも、適切な方法で屋根修理や屋根リフォームを進めるのが大事。

普段から屋根材が色褪せているかどうかなど、気を配ることをおすすめします。

屋根修理や屋根リフォームを予定している方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、

屋根塗装などの疑問を解消することが屋根修理や屋根リフォームを成功させるポイントです。

 

 

 

屋根塗装や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

トタン屋根がサビた!トタン屋根の寿命とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

トタン屋根がサビた!トタン屋根の寿命とは?!

建物によって用いられている屋根材が異なります。

屋根材に応じて、適切にメンテナンスを行うことが重要。

住宅などの状態をチェックしていると、トタン屋根がサビていて、悩まされている方もいるのではないでしょうか?

今回はトタン屋根の寿命について解説するので、屋根修理や屋根リフォームを検討している方は参考にしてください。

トタン屋根の寿命

トタン屋根の寿命は約6~20年。

環境やメンテナンスを行っているかどうかなどにより、寿命が変わってきます。

屋根のプロから見た、ガルバリウム鋼板とは? 屋根や外壁に使用するメリット・デメリット|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
トタン屋根とガルバリウム屋根は似て非なるものです、ご注意ください。

少しでも寿命を長くするためにも、普段からトタン屋根の状態に気を配ることが大切です。

トタン屋根をメンテナンスする頻度

メンテナンスの頻度は5~10年に1回。

場合によっては早めに交換することになるかもしれません。

トタン屋根の状態を把握するためのポイント

トタン屋根の寿命が近づいているかどうかを把握するためには、何をチェックすれば良いか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根の状態を確認する際、以下の点を押さえておきたいところ。

・色褪せの有無

・塗膜が剥がれているか

・サビが出ているか

・トタン屋根や釘が浮いているか

・腐食の有無

・雨漏りの有無

ここでは、トタン屋根が劣化しているかどうかチェックするポイントについて説明します。

色褪せの有無

年数が経つと、トタン屋根が色褪せていきます。

住宅や倉庫の印象が変わります。

塗膜が剥がれているか

塗膜が剥がれる場合があるので、トタン屋根の住宅に住んでいる方は注意したいところ。

そのまま放置してしまうと、紫外線や雨水により劣化を促進させます。

サビが出ているか

サビもトタン屋根が劣化していると見られる症状。

場合によっては全体に及んでいるかもしれません。

成田崇
成田崇
トタン屋根からのサビは赤信号です

塗膜が劣化していると、サビが発生しやすくなります。

トタン屋根や釘が浮いているか

年数を重ねるごとにトタン屋根や釘が浮く場合があるので、

トタン屋根を用いた住宅に住んでいるもしくは引っ越す予定のある方は注意したいところ。

腐食の有無

トタン屋根が腐食していると、穴が開いてしまいます。

大規模な屋根修理や屋根リフォームを行うことになります。

雨漏りの有無

トタン屋根の劣化をそのまま放置していると、雨漏りが発生する場合があるので、できる限り早めに対処するのが大事。

他の箇所に被害が及んでいる可能性があるかもしれません。

雨漏りが起きている場合、原因を把握し、適切に対処する必要があります。

トタン屋根の修理方法

トタン屋根を修理する方法として、一体どのようなものがあるか押さえておきたいところ。

修理方法として、以下の4つが挙げられます。

・再塗装

・部分交換

・カバー工法

・葺き替え工法

ここでは、トタン屋根の修理方法について紹介するので、気になる方はチェックしてください。

再塗装

色褪せや塗膜の剥がれが見られた際、再塗装を行うのが大事。

成田崇
成田崇
トタン屋根はサビが発生するまでに塗装しましょう

サビなどを促進させないことがトタン屋根の寿命を少しでも長くするポイントです。

トタン屋根全体が錆びている場合、再塗装で修理することできないため、注意してください。

部分交換

破損やサビなどが見られる部分のみ交換するのもトタン屋根を修理する方法のひとつに挙げられます。

カバー工法

トタン屋根の上に新たな屋根材を被せるのも屋根修理の方法。

下地の状態を確認しつつ、施工を進めていくことになります。

葺き替え工法

トタン屋根の劣化や破損が著しい場合、新たな屋根材に交換する必要が出てきます。

防水シートや野地板が劣化していると、葺き替え工法を行い、住宅の被害を最小限に抑えてください。

 

 

屋根修理や屋根リフォームを行う業者の選び方

サビたトタン屋根の修理や屋根リフォームを行う際、信頼できる業者に依頼するのが大事。

情報収集を十分行い、契約を進めてください。

最後に、屋根修理や屋根リフォームを行う業者の選び方について説明します。

※板金屋根の業者は下記から探すのをお勧めします

日本屋根外装工事協会

トタン屋根の扱いに慣れているか

施工実績からトタン屋根の扱いに慣れているかどうかチェックしてください。

屋根修理に関する資格を取得しているスタッフが在籍しているかどうかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

保証内容が魅力的かどうか

屋根修理や屋根リフォームの後もメンテナンスを定期的に行い、住宅の寿命を少しでも長くするのが重要です。

どのようなアフターフォローを行うかどうかを踏まえた上で相談・契約を進めましょう。

見積もり内容が分かりやすいか

業者との間でトラブルを起こさないのも屋根修理や屋根リフォームを成功させるポイント。

見積もり内容で分からないことがある際は業者に質問し、曖昧な部分を解消してください。

進捗状況を把握できるか

屋根修理や屋根リフォームの進捗状況を把握できるかどうかも重要になってきます。

施工がどのくらい進んでいるかをチェックし、分からないことがある際は質問することをおすすめします。

まとめ

トタン屋根の寿命は環境やメンテナンスを行っているかどうかによって変わりますが、約6~20年。

色褪せなどが起きていないかを把握し、適切な方法でメンテナンスを進めましょう。

場合によっては、葺き替え工法を行うことになるかもしれません。

屋根に関する悩みがある方は業者に一度相談し、適切なアドバイスを受けてはいかがでしょうか?

住宅の問題をいち早く対処することが大切です。

 

 

トタン屋根修理やトタン屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

屋根塗装で失敗しないための方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装で失敗しないための方法とは?!

時間の経過と共に屋根が色褪せ、汚れが目立つようになります。

住宅をメンテナンスする方法のひとつに屋根塗装が挙げられます。

人によっては、近いうちに屋根塗装を検討しているのではないでしょうか?

失敗しないためにも、どのような点を意識する必要があるか押さえておきたいところ。

今回は屋根塗装で失敗しないための方法について解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

屋根塗装で失敗しないための方法

屋根塗装で失敗を避けるためにも以下の点を押さえましょう。

・DIYを控える

・信頼できる業者に屋根塗装を依頼する

・スケジュール管理を行った上で屋根塗装を進める

・塗料について理解した上で屋根塗装を進める

・スレート屋根塗装はやらない

成田崇
成田崇
スレート屋根塗装がお勧めできない理由は下記を参考にしてみてください

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

早速ですが、失敗しないための方法について紹介します。

DIYを控える

屋根塗装をDIYで済まそうと考えている方も多いのではないでしょうか?

高所での作業になるため、DIYを控えることをおすすめします。

準備に手間がかかるだけでなく、慣れていない場合は落下などの事故が起きるかもしれません。

塗りムラを出さないように屋根塗装を行うなど、考えないといけない部分が多く、十分な知識と技術が必要です。

信頼できる業者に屋根塗装を依頼する

信頼できる業者に依頼し、屋根塗装を進めることも失敗しない方法のひとつ。

屋根塗装の仕上がりは業者によって大きく変わります。

屋根修理や屋根リフォームを予定している方は情報収集を入念に行い、1社に絞ることが重要です。

また、丁寧なコミュニケーションを心掛けるのも失敗しないためのポイント。

屋根塗装に関する悩みを相談し、疑問を解消しましょう。

分からないことをそのままにしておくと、後でトラブルに発展するかもしれません。

スケジュール管理を行った上で屋根塗装を進める

屋根塗装で失敗しないためにも、スケジュール管理を意識したいところ。

時期によっては信頼できる業者に依頼できない可能性も出てきます。

春と秋は屋根塗装が行いやすい反面、繁忙期なので業者に依頼が集中しているかもしれません。

仕事などの予定をチェックし、春と秋に依頼できるよう調整してください。

夕立の多い夏と塗料が乾燥しにくい冬は工期が長引く可能性があります。

塗料について理解した上で屋根塗装を進める

屋根塗装に用いられる塗料は数多く存在します。

費用だけで判断するのではなく、耐用年数や防水性、防汚性などに優れているかどうかチェックした上で施工を進めるのが屋根塗装で失敗しないポイント。

スレート屋根塗装はやらない

屋根塗装により、スレート屋根の寿命が伸びるデータが立証されていないのも理由のひとつです。

スレート屋根の塗装を予定している方は、

各塗料の性能をチェックしましょう。

成田崇
成田崇
スレート屋根塗装では屋根の性能向上は望めません。

業者選びで失敗を避けるためのポイント

屋根塗装を行う業者が数多く存在しており、どこに依頼すれば良いか分からないと感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、業者選びで失敗しないためのポイントを何点か取り上げるので、気になる方は参考にしてください。

見積書に記載されている内容を細かくチェックする

見積書に屋根塗装に関する詳細な内容が記載されているかどうかチェックした上で契約を進めるのが失敗しないためのポイント。

どのような施工を行うかはもちろん、どのような塗料を用いるか・塗料の量・費用・施工面積など、把握しておきたい内容がいくつも存在します。

逆に見積書を見て、施工の内容や塗料に関する情報などを把握しにくい場合、注意が必要です。

業者によっては必要な施工を省いている恐れもあるので注意してください。

施工実績をチェックする

業者の公式サイトに掲載されている施工実績を踏まえ、相談するかどうか判断しましょう。

現場の写真だけでなく、工期や費用などを把握することができます。

創業年・設立年も屋根塗装に長く携わっているかどうかの判断材料。

在籍しているスタッフをチェックする

どのようなスタッフが在籍しているかをチェックするのも業者選びで失敗しないためのポイントです。

株式会社いらか【スタッフ紹介】神奈川県平塚市|屋根工事・屋根の雨漏り|外壁塗装|天窓交換|雨樋修理

スタッフがどのような資格を取得しているかなどを踏まえた上で相談を進めてください。

屋根を細かく点検するかどうかチェックする

屋根によっては著しく劣化しているかもしれません。

ドローンなどを用いて屋根を細かくチェックするかどうかも業者選びで失敗しないための方法です。

状態に応じて、カバー工法または葺き替え工法を提案する可能性もあります。

進捗状況を把握できるかどうか

屋根塗装を行う業者が進捗状況を行うかどうかも意識したいところ。

どのような状況なのかを把握するのはもちろん、屋根塗装について疑問に感じた部分を質問し、疑問を解消するのが屋根塗装を成功させるポイントです。

気になる業者を見つけた際、どのような工程で屋根塗装が進むかチェックしてください。

保証内容が充実しているかどうかチェックする

屋根塗装後のアフターフォローも同じ住宅に長く住み続ける上で重要になってきます。

保証内容が充実している業者と契約を進めるのも屋根塗装で失敗しないためのポイントに挙げられます。

塗料メーカーから保証がもらえるかどうかも依頼するかどうかの決め手。

まとめ

屋根塗装を成功させるためにも、DIYを控え、信頼できる業者に屋根塗装を依頼しましょう。

塗料の知識や扱い方はもちろん、高所で作業を進めるための安全管理など、数多くのことを意識する必要があります。

屋根塗装はある程度の期間を要するため、スケジュール調整を行い、気になる業者に依頼できるようにしてください。

家族の予定も把握し、家族との間でトラブルが起きないようにするのも屋根塗装の一環です。

 

 

屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

屋根塗装する前に知っておきたい耐用年数と費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装する前に知っておきたい耐用年数と費用とは?!

景観を良くする方法のひとつに屋根塗装が挙げられます。

業者に依頼する際、屋根材や塗料の耐用年数などを押さえておくのが大事。

大切な住宅で少しでも長く住み続けるためにも、適切なリノベ・リフォームを行いましょう。

今回は屋根材の耐用年数に加え、塗料の耐用年数と費用について解説します。

近いうち、屋根塗装を予定している方は一度参考にしてください。

屋根材の耐用年数

屋根塗装を行うかどうか判断するため、どのような屋根材が用いられているかだけでなく、屋根材の耐用年数を超えているか把握する必要があります。

住宅に用いられる屋根材は以下の通り。

・スレート屋根

・トタン屋根

・ガルバリウム鋼板

・セメント瓦

・モニエル瓦

まずは各屋根材の耐用年数について解説します。

スレート屋根

スレート屋根はセメントを薄く加工した屋根材。

軽量かつ耐震性に優れているため、多くの住宅に用いられています。

スレート屋根の耐用年数は約20~25年です。

屋根塗装のタイミングは7~12年に1回(※スレート屋根塗装では性能は向上しません)

成田崇
成田崇
下記を参考にしてみて下さい

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

カラー鉄板(トタン屋根)

トタン屋根はトタンを用いた金属屋根です。

住宅だけでなく、倉庫や工場などにも用いられている場合があります。

安価で軽量な反面、錆びやすい点に注意。

錆が急速に広がるため、定期的に点検し、適切なメンテナンスを行いましょう。

耐用年数は約6~20年。 7~10年に1回の頻度で屋根塗装を行ってください。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛・シリコンでできたガルバリウムをメッキした鋼板。

メンテナンス性に優れているのに加え、軽量なのが特徴に挙げられます。

錆びにくく、スレート屋根の上に被せられるのもメリットです。

耐用年数は約30~50年。 10~20年に1回のタイミングで屋根塗装を行いましょう。

セメント瓦

セメント瓦はセメントと砂を混ぜた屋根材。 陶器瓦に比べて安く、塗装で着色されています。

成田崇
成田崇
写真はセメント瓦の代表格「モニエル瓦」です。

塗膜が剥がれると、セメントの主成分あるカルシウムが流れてしまうため、割れやすくなります。

耐用年数は約30~40年。 屋根塗装のタイミングは10年に1回です。

モニエル瓦

モニエル瓦は、日本の企業とオーストラリアのモニエル社が共同開発したセメント瓦。

乾式コンクリート瓦が正式名称です。 着色スラリーと呼ばれる塗料が用いられています。

おしゃれな形状をしているのに加え、カラーバリエーションが豊富なのが特徴。

耐用年数は約20~30年です。 10~15年に1回の頻度で屋根塗装を行いましょう。

屋根塗装に用いられる塗料の耐用年数と費用

屋根塗装を行う上でどのような塗料を用いるかが重要になってきます。

人によっては、塗料の種類について知りたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根塗装に用いられる主な塗料は以下の通り。

・無機系塗料

・フッ素系塗料

・シリコン系塗料

・ウレタン系塗料

ここでは、各塗料の耐用年数に加え、一般的な2階建て住宅における塗料の費用について解説します。

屋根修理や屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

無機系塗料

無機系塗料は耐候性・不燃性・防汚性に優れた塗料です。

有機成分の含有量が少ないので、カビなどが発生しにくいのもメリットに挙げられます。

耐用年数は約15年以上。 費用は約50,000~120,000円です。

フッ素系塗料

フッ素系塗料はフッ素が含まれている合成樹脂を用いた塗料。

防水性に優れており、水の侵入を防ぐのが特徴に挙げられます。 耐用年数は約15年以上です。 費用は約4,0000~8,0000円。

シリコン系塗料

シリコン系塗料は耐久性に優れているのに加え、光沢や艶のある仕上がりにする塗料です。

コストパフォーマンスの良さから人気が高く、数多くの種類が存在します。 耐用年数は約6~10年。 費用は約15,000~40,000円です。

ウレタン系塗料

ウレタン塗料は安価なのに加え、光沢のある塗膜に仕上げられるのが特徴に挙げられます。

耐用年数は約5~7年。 費用は約5,000~15,000円です。

屋根塗装を行う業者を見極めるポイント

屋根塗装でトラブルを避けるためにも、信頼できる業者に依頼しましょう。

数ある業者の中から1社を決めるポイントを押さえておくことが大事。

最後に、業者選びのポイントについて説明します。

見積書が分かりやすいかどうか

屋根塗装の見積書をチェックし、依頼するかどうか判断する必要があります。

施工内容をはじめ、使用する塗料と量、費用が記載されているかチェックしてください。

塗料の量が基準塗布量を下回っていないか把握しておきたいところ。 塗料によって、基準塗布量が定められています。

どのような施工実績があるか

公式サイトから過去の施工実績をチェックするのも重要です。

真や施工内容、工期から屋根塗装の技術があるかどうか判断してください。

創業年と設立年から屋根塗装にどのくらい携わっているか把握することが可能。

口コミでスタッフの対応などについて知っておくことをおすすめします。

どのような保証が用意されているか

屋根塗装後も定期点検・メンテナンスを行い、雨漏りなどの問題を解決するのが大事。

業者が一体どのような保証を用意しているかをチェックした上で契約を進めましょう。

まとめ

屋根塗装は一体どのような屋根材を用いているかに加え、塗料の耐用年数と費用を意識する必要があります。

塗料によっては屋根塗装にかかる費用が想像以上に高くなってしまうので注意してください。

屋根材の状態に応じて、カバー工法や葺き替え工法を行うことになるかもしれません。

屋根塗装について何か分からないことがある際は、業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受けるのも住宅をメンテナンスする上で重要です。

 

 

 

屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

屋根塗装の必要性とポイントとは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装の必要性とポイントとは?! 雨風を凌ぐために屋根が欠かせません

住宅の状態を見ていると、屋根塗装が劣化していると感じている方もいるのではないでしょうか?

今回は屋根塗装の必要性とポイントについて解説するので、気になる方はチェックしてください。

屋根塗装の必要性

屋根修理や屋根リフォームを行う上で屋根塗装の必要性について知っておくのが重要。

必要な理由として、以下のものが挙げられます。

・景観を保つ

・紫外線などから屋根を守る

・遮熱性を保つ

・サビを発生しにくくする

成田崇
成田崇
板金屋根は特にサビが大敵です。

早速ですが、屋根塗装の必要性について解説します。

景観を保つ

屋根塗装を行う目的のひとつが景観を保つこと。

色褪せなどが見られると、住宅の印象が悪くなるので注意が必要です。

元の色に塗り直す場合もあれば、違う色に塗り直す場合もあります。

紫外線などから屋根を守る

紫外線や雨などに耐性を持たせるために塗膜を形成し、

屋根材を保護するのも屋根塗装の目的。

遮熱性を保つ

室内で快適に過ごすためには、暑さ対策を行うことが重要です。

塗料によっては遮熱機能があります。 遮熱性を保つのも屋根塗装を行う理由。

サビを発生しにくくする

湿度の高い環境の場合、サビが発生しやすくなります。

防サビ性に優れた塗料を用いることでカビ対策を行うのも屋根塗装を行う理由に挙げられます。

屋根塗装のポイント

屋根塗装を進めていく上でどのようなポイントがあるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、塗装時のポイントについて説明するので、気になる方は一度チェックしてください。

成田崇
成田崇
スレートの屋根塗装は不要です。詳しくは下記の記事を参考にしてみてください

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

使用している屋根材

どのような屋根材を用いているか把握した上で屋根塗装を行うのが重要。

塗装の剥がれにくさは屋根材によって異なります。

塗料の種類

塗料によって耐用年数などの性能が異なる点も意識しておきたいところ。

気になる塗料を見つけたら、どのような特徴があるかチェックしてください。

塗装の時期

屋根塗装を行う際はどの時期に行うかが重要になってきます。

夏は塗料が乾燥しやすい反面、夕立などの影響で屋根塗装に時間がかかってしまう場合があります。

冬は低温によって工期が長引く可能性がある反面、太平洋側は晴天が多いので施工が進みやすいのがメリット。

春と秋は屋根塗装に適していますが、繁忙期なのに注意が必要です。

希望している日程に屋根塗装を依頼できない可能性があるかもしれません。

業者への依頼を春または秋に予定している方はスケジュール管理を行いましょう。

外壁塗装と同時に行う

屋根塗装だけでなく、外壁塗装も劣化します。

外壁塗装と同時に行うのがポイント。

 

それにより、足場の設置費用を抑えることができます。

屋根塗装の流れ

屋根塗装は以下の流れで行われます。

足場の設置

高圧洗浄により屋根の汚れを落とす

ヒビや欠けのある箇所の補修を行い、下地調整を行う

塗らない部分を保護するために養生を行う

下塗りで塗料の密着性を上げる

中塗りで塗膜の耐久性を高める

上塗りで塗膜の耐久性をさらに高める

縁切りを行い、塗料が屋根の繋ぎ目部分を塞がないようにする

最終点検を行った後に足場を解体・撤去する

一度の屋根塗装にさまざまな工程が存在すると感じた方も多いのではないでしょうか?

塗料を何度も塗り、塗装を剥がれにくくすることが重要。

スレート屋根塗装は基本的には不要

スレート屋根塗装は基本的に不要です。 雨漏りが起きている場合、屋根塗装で改善できないのが理由。

逆に、誤った方法で屋根塗装を行ってしまうと、雨漏りを引き起こす可能性があります。

スレート屋根材の状態に応じて、屋根修理や屋根リフォームを進めるのが同じ住宅に長期間住み続けるポイントです。

場合によってはカバー工法または葺き替え工法を選択し、雨漏りなどの問題を解消してください。

屋根塗装を行う業者の選び方

納得のいく屋根塗装を行うためにも、信頼できる業者に依頼しましょう。

屋根修理や屋根リフォームに携わっている業者数多く存在するため、情報収集を入念に行うのが大事。

ここでは、業者の選び方を何点か紹介します。

どのような塗料を用いているか

屋根塗装で一体どのような塗料を用いているかは選ぶ決め手。

気になる業者を見つけたら、取り扱っている塗料を把握した上で依頼するかどうか判断してください。

見積もり内容が分かりやすいかどうか

どのような見積書を出しているかも業者選びのポイントです。

見積書には、施工の内容や屋根塗装に用いる塗料の量、費用が記載されています。

業者に見積もり内容について分からないことを質問し、屋根塗装の疑問を解消したいところ。

塗料によって、基準塗布量が定められています。

見積書に記載されている塗料の量が基準塗布量を下回っていないかチェックしてください。

保証内容が充実している

屋根塗装が完了したら終わりではなく、その後のメンテナンスも重要になってきます。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえた上で契約を進めましょう。

どのような施工実績があるか

過去の施工実績も信頼できる業者かどうか判断するためのポイント。

施工内容だけでなく、工期や費用などを知ることができます。

まとめ

屋根塗装は景観を保つだけでなく、屋根材を紫外線などから守るために重要です。

状態によってはカバー工法または葺き替え工法を検討することになるかもしれません。

耐用年数などは塗料によって異なります。

これから、屋根修理や屋根リフォームを予定している方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、施工を進めることが屋根塗装を成功させるポイントです。

 

 

 

屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

コロニアルNEOって塗装できるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

住宅によってはコロニアルネオ(NEO)が用いられている場合があります。

変色したコロニアルネオ(NEO)を塗装して景観を良くしようと考えている方も多いのではないでしょうか?

今回はコロニアルネオ(NEO)が塗装できるかどうかについて解説するので、一度参考にしてください。

成田崇
成田崇
結論からお伝えするとそもそもスレート屋根塗装の必要はありません。

防水性は向上しないので無駄

コロニアルネオ(NEO)を塗装したとしても防水性が向上するわけではないので、塗装するだけ無駄なので注意が必要です。

また、ひび割れなどの問題が発生しやすく、塗装する意味がなくなってしまう点も意識しておきたい部分。

成田崇
成田崇
塗っても、屋根材の強度や防水性には全く影響ないんです。

塗装時に高圧洗浄を行うため、コロニアルネオ(NEO)に圧力がかかります。

圧力がかかった結果、ひびが広がってしまうかもしれません。

成田崇
成田崇
上記のように雨水は「ルーフィング」で防いでいます。

塗装しない業者が数多く存在する

コロニアルネオ(NEO)はアスベストが用いられていないため、耐久性に問題があります。

業者によっては、塗装しないケースが存在します。

コロニアルネオ(NEO)を塗装するケース

コロニアルネオ(NEO)を塗装するケースは劣化が軽微な場合。

修理した痕が目立ちやすくなるのを踏まえた上で施工を進めていくことになります。

変色したコロニアルネオ(NEO)の対処法

コロニアルネオ(NEO)が変色した場合、一体どのような方法で対処するか気になっている方も多いのではないでしょうか?

変色したコロニアルネオ(NEO)の対処法は以下の通り。

・カバー工法

・葺き替え工法

ここでは、各対処法について説明するので、屋根修理や屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

カバー工法

カバー工法は既存の屋根材に新しい屋根材を被せる工事。

【鎌倉市】で屋根のカバー工事が完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

既存の屋根材を撤去しないため、屋根修理や屋根リフォームにかかる費用を抑えられます。

防水紙や棟板金を交換することで防水性を向上させることができます。

葺き替え工法

葺き替え工法は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く工事。

屋根の防水性と耐久性を向上させられるのがメリットです。

【茅ヶ崎市】で屋根葺き替え工事が完了しました、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根の内部を確認しつつ、雨漏りを解消することができます。

既存の屋根材を撤去する関係上、カバー工法に比べて費用がかかる点に注意してください。

保険適用外と指摘されるケースがある

屋根修理や屋根リフォームで保険を利用しようとしている方も多いのではないでしょうか?

コロニアルネオ(NEO)などの屋根材は耐久性に問題から保険適用外と指摘されてしまう場合があります。

また、コロニアルネオ(NEO)はリコール対象商品ではないので、雨漏りなどに備えて屋根修理の費用を普段から用意しておきたいところ。

コロニアルネオ(NEO)以外にも塗装が難しい屋根材がある

塗装が難しい屋根材はコロニアルネオ(NEO)だけではありません。

屋根修理や屋根リフォームを行う際、どのような屋根材が用いられているか押さえておきたいところ。

コロニアルネオ(NEO)以外に塗装が難しい屋根材として、以下の物が挙げられます。

・パミール

・ナチュール

・セイバリーネオ

・レサス

・かわらU

コロニアルネオ(NEO)が用いられているかどうか把握する方法

一体どのようなコロニアルネオ(NEO)が屋根に用いられているかどうか判断するか気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根材に応じて適切なメンテナンスを行うことが大切です。 コロニアルネオ(NEO)が用いられているかどうか判断する方法は以下の通り。

・目視

・図面または仕様書を確認

・業者に屋根の点検を依頼

コロニアルネオ(NEO)は凹部と凸部が半々なのに加え、凹部が台形になっているのが特徴に挙げられます。

目視で凹部と凸部をチェックしましょう。

方向性のないひび割れが複数発生するのも見分けるポイント。

また、図面または仕様書を確認することで住宅に用いられている部材を把握することができます。

屋根を確認したいけど、梯子などの道具が無いと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

業者に屋根の点検を依頼し、どのような方法で屋根修理や屋根リフォームを進めていくかが重要です。

屋根修理・屋根リフォームを行う業者を選ぶポイント

屋根修理や屋根リフォームは信頼できる業者に依頼しましょう。

業者の特徴を細かくチェックし、依頼するかどうか判断したいところ。

最後に、業者を選ぶポイントについて説明します。

コロニアルネオ(NEO)の扱いに慣れているか

施工実績などをチェックし、コロニアルネオ(NEO)の扱いに慣れているかどうかを把握するのが重要です。

見積もりが正確かどうか

依頼するかどうかの決め手のひとつに見積もり内容が挙げられます。

見積書を見た際、ごまかしている部分がないかチェックしてください。

適切なアドバイスを行うか

コロニアルネオ(NEO)の点検を行った後、状態に応じたアドバイスを行うかどうかも選ぶ決め手。

どのような理由で塗装を行うかどうかなどを聞き、依頼するかどうか判断しましょう。

どのような保証を用意しているか

屋根修理や屋根リフォームを終えた後もメンテナンスが続きます。

いざという時に備え、どのような保証を用意しているか把握した上で依頼することをおすすめします。

業者によって保証内容が異なるので、注意してください。

まとめ

コロニアルネオ(NEO)は塗装しても防水性が向上しません。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
スレート屋根の塗装を勧めてくる業者には注意が必要です

高圧洗浄でひび割れが広がるため、コロニアルネオ(NEO)を用いた住宅に住んでいる方は注意してください。

カバー工法または葺き替え工法でメンテナンスを進めていくことになります。

コロニアルネオ(NEO)などの屋根材に関する疑問がある際、業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受けた上で屋根修理や屋根リフォームを行ってください。

 

 

 

 

コロニアルネオ(NEO)、屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

【秦野市】でTルーフ屋根カバー工法が完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム 屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

【秦野市】でTルーフの屋根カバー工法が完了しました

 

既存屋根はニチハパミールでした。

パミールは、1996~2008年にかけてニチハから販売されたスレート屋根です。

2009年に販売中止になったものの、数多くの工務店で採用された実績があります。

主な特徴はアスベストが使用されていない点。

ニチハのパミールはアスベストが規制され始めた頃に発売された屋根材。

ひび割れや剥離、屋根のズレなどの問題が発生するため、注意が必要です。

欠陥屋根材?! ニチハ パミールってどんな屋根材?!

見分けるポイントは、先端の凹凸や縦のラインが薄く入っているかどうかの2点が挙げられます。

屋根材の不具合を放置し続けると、後で取り返しのつかない事態に発展する可能性もゼロではありません。

秦野市でTルーフカバー工法、その費用とは?!

秦野市でLIXIL Tルーフモダンのカバー工法の費用は約110万円

では今回秦野市で使用した屋根材「LIXIL Tルーフモダン」とはどんな屋根材なのでしょうか?

 

LIXIL Tルーフの耐用年数

Tルーフの耐用年数は以下の通り。

・基材の耐久力:30年

・美観:10年

Tルーフの耐久性は欧米で実証済みです
成田崇
成田崇

 

成田がアイスランドで見た、30年以上経過した同等品

 

納入日から30年間は亀裂や腐食による穴開きが発生しないことを保証しています。

また、納入日から10年間は変色や褪色、天然石の著しい剥落がないことを保証。

場所や管理の仕方によって、いつ寿命を迎えるかが異なります。

Tルーフには、耐久性と耐食性に優れたガルバリウム鋼板が用いられているのが特徴的。

ガルバリウムはアルミニウム・亜鉛・シリコンが用いられた合金です。

鉄にガルバリウムをメッキすることにより、耐用年数を伸ばしています。

新築やリフォームを予定している方は、屋根材が一体何でできているかチェックしましょう。

 

LIXIL Tルーフの耐用年数が長いことによって得られるメリット

屋根材の耐用年数が長いことにより、いくつかのメリットが得られます。

ここでは、LIXIL Tルーフの耐用年数が長いことによるメリットを何点か紹介します。

 

美しい状態を保ちやすい

耐用年数が長ければ長い程、美しい状態を保てるのがメリット。

LIXIL Tルーフの場合、表面が天然石のため、後の塗装工事が不要です。

見た目の美しさは屋根材を選ぶ上で重要になってきます。

場合によっては、清掃を行う必要があるので注意しましょう。

メンテナンスの手間が省ける

塗装工事が不要な分、メンテナンスの手間を省くことができます。

立地条件により、温度や天候などが異なります。

屋根材によっては、塗装の頻度が多くなる可能性もゼロではありません。

メンテナンスの手間もTルーフを設置するかどうかの決め手のひとつです。

Tルーフほどメンテナンスが不要な屋根材は少ないです
成田崇
成田崇

また、Tルーフは上下の屋根材を連結させるインターロッキング工法が用いられています。

強風時に剥がれ落ちるのを防ぎ、被害を最小限に抑えられます。

屋根材が剥がれやすいかどうかにより、メンテナンスの手間が変わってくるので注意が必要です。

 

 

メンテナンスにかかる費用が抑えられる

メンテナンスの手間が省ける分、

費用が抑えられるのもTルーフのメリット。

設置にかかる費用だけでなく、その後のメンテナンスにかかる費用もチェックしましょう。

 

屋根を長持ちさせるためのポイント

雨や風、紫外線などにより、屋根がどうしても劣化してしまいます。

メンテナンスを雑に行ってしまうと、耐用年数を迎える前に寿命を迎えてしまう可能性もゼロではありません。

ここでは、屋根を長持ちさせるための方法をいくつか紹介します。

塗装

塗装により、屋根を長持ちさせることができます。

普段から塗装が剥がれている部分がないかチェックしましょう。

屋根塗装でもスレートの塗装は要注意です!!
成田崇
成田崇

見つけ次第、塗装を行い、劣化をできる限り防ぐことが大切です。

基本的には、10年に1回のペースで行います。

 

カバー工法

カバー工法は、屋根材の上に新しい屋根材を被せること。

工期を省略しつつ、処分する廃材を最小限に抑えられるのがメリットです。

ガルバリウム鋼板を用いたTルーフは平坦度に優れているので、カバー工法に適しています。

また、予算を最小限にできるのもポイント。

新築施工やリフォームをこれから予定している方は、カバー工法を採用するかどうか一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

葺き替え

葺き替えは瓦や金属板を撤去し、新しい屋根材に葺き替えること。

下地を補修するので、屋根の寿命を延ばすのに適しています。

今回は屋根のカバー工法でしたが雨漏りなどで腐食がひどい場合は屋根の葺き替え工事になります
成田崇
成田崇

塗装やカバー工法に比べ、費用がかかってしまう点に注意が必要です。

耐震性を上げたい・建物の外観を大きく変えたい場合におすすめします。

Tルーフの重さ

屋根材によって重さに差があります。

屋根が重ければ重い程、建物への負担が大きくなるので注意しましょう。

Tルーフの重さは、1㎡当たり7kg。 瓦屋根に比べ、約1/7の軽さです。

化粧ストレートに比べると、約1/2の軽さ。

瓦の10分の1の重さ
成田崇
成田崇

屋根の広さと相談しつつ、Tルーフを設置するかどうか検討することが大切です。

左からクラシック・ヴェルウッド、モダン

今回使用したのは右端のLIXIL Tルーフ モダンです。
成田崇
成田崇

また、災害の多い地域かどうかによっても、Tルーフを設置するかどうかの決め手。

被害を最小限に抑えたいと感じている方は、軽いTルーフをおすすめします。

 

屋根を軽くする際のポイント

屋根を軽くする際、できる限り費用を最小限に抑えたいところ。

旧建築基準法に基づいて建てられた建物の場合、耐震改修工事の際に自治体から補助金が支給されます。

手続きの方法や支払われる金額、支給される条件は自治体によって異なります。

また、耐震設計や耐震診断を行う関係上、費用が想像以上にかかるかもしれません。

補助金を受け取らない方が安く済むかどうか一度チェックしましょう。

費用に関する悩みは、業者に一度相談することが大切です。

まとめ

秦野市でLIXIL Tルーフモダンのカバー工法が完了しました。

秦野市でLIXIL Tルーフモダンのカバー工法の費用は約110万円でした。

LIXIL Tルーフモダンの特長は

耐用年数は、基材の耐久力が30年なのに対し、美観は10年。

平坦度に優れているため、カバー工法でのメンテナンスが適しています。

また、Tルーフは1㎡当たり7kgと軽いのも特徴のひとつに挙げられます。

屋根材が軽いのに比例して耐震性が上がるので、災害対策を意識している方はTルーフを一度チェックしてはいかがでしょうか?

新築施工やリフォームを行う際、屋根材の他にも考えないといけないものが数多く存在します。

Tルーフについて何か気になることがある方は下記の専門店へに一度相談してください。

 

Tルーフ全国取扱店

お近くの取扱店を探してください
成田崇
成田崇

こちらも併せてごらんください

 

 

 

 

秦野市でLIXIL Tルーフや屋根カバー工法のご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

モニエル瓦って塗装できるんですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

モニエル瓦って塗装できるんですか?!

同じ住宅に少しでも長く住み続けるためには、屋根のメンテナンスが求められます。

成田崇
成田崇
ちなみにモニエル瓦を塗っても瓦自体の寿命は伸ばせません

モニエル瓦は数ある屋根材のひとつ。

人によっては、モニエル瓦は塗装できるのかどうか疑問に感じているのではないでしょうか?

リノベーションなどを予定している方に向けてモニエル瓦は塗装できるのかどうかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

モニエル瓦は塗装できるのか

モニエル瓦自体は塗装することが可能。

メンテナンス次第では、数十年にわたって設置し続けることができます。

どの屋根材においても、定期的に状態をチェックし、適切なメンテナンスを行ってください。

モニエル瓦を塗装する際のポイント

モニエル瓦のメンテナンスで再塗装を行う場合、ポイントをいくつか押さえておく必要があります。

成田崇
成田崇
屋根材は最も過酷な環境にさらされます

主に以下の点を意識したいところ。

・専用の塗料を用いる

・スラリー層を取り除いてから再塗装を行う

・劣化しているのをいち早く察知する

屋根材について関心のある方に向けてモニエル瓦を塗装する際のポイントについて解説します。

専用の塗料を用いる

モニエル瓦の塗装はどの塗料でも良いわけではありません。

専用の塗料を用いて塗装を進めることが大切です。

リノベーションを行う上で一体どのような塗料が用いられているか把握してください。

専用の塗料以外を用いてしまうと、施工不良などに繋がる恐れがあります。

また、塗料により、浸透性や密着性、耐候性などが変わってきます。

塗料の性能だけでなく、立地条件を踏まえた上でモニエル瓦の塗装を進めるのが重要。

適切な塗料選びを行うためには、専門的な知識が求められます。

スラリー層を取り除いてから再塗装を行う

再塗装で失敗しないためにも、まずはスラリー層を取り除くことが大切です。

スラリー層は防水性に優れた層。

再塗装の際にスラリー層を綺麗に取り除いていないと、塗膜が古くなったスラリー層と一緒に剥がれる恐れがあります。

劣化しているのをいち早く察知する

モニエル瓦を塗装する必要があるかどうかの判断基準として、以下のものが挙げられます。

・チョーキング

・塗膜の剥離

モニエル瓦に白い粉がついているのを確認した際は再塗装を行うかどうか一度検討してください。

成田崇
成田崇
モニエル瓦を塗っても屋根材の寿命は延びないです

住宅の寿命を少しでも長くするためにも、適切なメンテナンスが必要です。

塗膜の剥離以外にも、ズレや滑落などが発生しているかも把握したいところ。

モニエル瓦の状態によって、メンテナンスの方法が変わってきます。

モニエル瓦の塗装に用いられている塗料

モニエル瓦の塗装に一体どのような塗料が用いられているか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主に以下の塗料が用いられています。

・スラリー洋瓦用シーラー

・マイルドシーラーEPO

・マイティーシリコン

・スラリー強化プライマーⅡ

・クールタイトF

・モニエルパワープライマー

ここでは、各塗料の特徴について説明します。

スラリー洋瓦用シーラー

スラリー洋瓦用シーラーは、スラリー層を補強するための塗料。

速乾性に優れているので、塗装にかかる時間を短縮するのに適しています。

マイルドシーラーEPO

マイルドシーラーEPOは臭いが強くなく、下地を補強するのが特徴に挙げられます。

スラリー層以外の塗膜との密着性が良いのもメリット。

マイティーシリコン

マイティーシリコンは密着性と浸透性に優れた塗料です。

シーラーが必要ないため、塗装にかかる時間を短縮することができます。

防カビ性や防藻性にも優れているので、

カビなどの対策を検討している方はマイティーシリコンをチェックしてはいかがでしょうか?

スラリー強化プライマーⅡ

スラリー強化プライマーⅡはモニエル瓦とスラリー層の密着性を補強するための塗料。

上から塗装できる塗料がいくつか存在しているのに加え、臭いが強くないのも特徴に挙げられます。

クールタイトF

クールタイトFは遮熱性に優れています。

屋根の遮熱性を上げることにより、室内の温度が上がりにくくなるのがメリット。

その他にも、耐久性や防カビ性、防藻性があるのも特徴に挙げられます。

モニエルパワープライマー

モニエルパワープライマーは塗膜剥離などを抑えるのに適した塗料です。

溶剤系塗料を上塗り材に用いることができるのがポイント。

モニエル瓦の塗装は信頼できる業者に依頼するのがおすすめ

モニエル瓦の塗装は知識や技術が必要なので、信頼できる業者に依頼する必要があります。

どこに依頼するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

最後に、塗装を依頼する業者の選び方について説明します。

過去にどのような屋根材を扱っていたか

施工実績からモニエル瓦の扱いに慣れているかどうかを把握することが大切です。

工事の内容はもちろん、費用や工期、依頼内容などをチェックし、依頼するかどうか判断してください。

塗装に関する見積もりが分かりやすいか

屋根に限らず、塗装を依頼する際は使用する塗料は何か

・塗料の量

・施工面積

などを把握する必要があります。

トラブルを避けるためにも、見積もり内容を細かくチェックしましょう。

見積もり内容で分からないことがある際は業者に質問し、疑問を解消したいところ。

施工後の保証は何か

塗装後に一体どのようなサポートを行っているかも依頼するかどうかの決め手です。

いざという時に備え、アフターフォローが充実している業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

モニエル瓦はデザイン性などに優れている反面、塗装などのメンテナンスを適切に行う必要があります。

チョーキングや塗膜の剥離があるかどうかを確認した上で塗装を行ってください。

モニエル瓦の扱いは専門的な知識と技術が求められるので、

モニエル瓦の扱いに慣れた業者に相談し、屋根に関する悩みを解消しましょう。

 

モニエル瓦や屋根補修のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【平塚市】で完了! 太陽熱温水器を撤去して屋根塗装工事とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【平塚市】で完了! 太陽熱温水器を撤去して屋根塗装工事とは?!

屋根の上に設置している太陽温水器から雨漏りが発生して悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

また屋根上の太陽熱温水器をもう使っていないので撤去したいなどなど

 

もし屋根上の太陽熱温水器を使っていない場合は、早めに対処する必要があります。

成田崇
成田崇
実は太陽光パネルや太陽熱温水器からの雨漏りはとても増えています

今回は、太陽熱温水器から発生した雨漏りの対策と補修方法について解説します。

気になる方は一度チェックしてください。

太陽熱温水器の故障により雨漏りが発生する

雨漏りは太陽熱温水器の故障によって発生する場合があります。

長年にわたって設置し続けていると、経年劣化します。

また、台風などによって太陽温水器がズレる恐れもあるので、

屋根に太陽温水器を設置している方は注意してください。

太陽熱温水器が原因で発生した雨漏りの対策

太陽熱温水器が原因で発生した雨漏りの対策として一体何があるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

大きな事故に繋がる前にできる限りの対策を行うのが大切です。

太陽熱温水器撤去後の状況

成田崇
成田崇
太陽熱温水器が乗っている場合はその屋根面には何もメンテナンスしていません

ここでは、太陽熱温水器が原因で発生した雨漏りの対策について紹介します。

屋根の点検

定期的に屋根の点検を行い、雨漏りなどが発生していないかどうかチェックすることが重要。

太陽温水器だけでなく、屋根材などに問題が起きている可能性も十分考えられます。

普段から住宅の状態に気を配りましょう。

成田崇
成田崇
太陽光パネルや太陽熱温水器などが屋根上にある場合は定期的な点検をしてください

太陽熱温水器の補修

太陽熱温水器のメンテナンス・補修を行い、雨漏りや落下などの事故を防ぐことも雨漏り対策の一環です。

状態によっては、交換ではなく、補修で済む場合があります。

太陽熱温水器の撤去

雨漏りによる被害を最小限にするためにも、

使わなくなった太陽熱温水器を撤去するのも選択肢のひとつ。

成田崇
成田崇
太陽光パネルや太陽熱温水器をもし使っていなければ外壁塗装などで足場設置時に撤去しましょう

故障などを理由に使わなくなった際は撤去するかどうか一度検討してはいかがでしょうか?

屋根の上に設置された太陽熱温水器の補修方法

太陽熱温水器の状態により、補修方法が変わってきます。

ここでは、どのような補修方法があるかについて触れていくので、気になる方は一度参考にしてください。

固定線の補強

太陽温水器を屋根に固定する固定線を補強し、屋根から落下するのを防ぎます。

固定線の弛みや腐食が起きていないかどうか把握することが重要。 場合によっては、固定が不十分なケースがあります。

接続ホースの交換

太陽温水器のタンクと集熱器を繋ぐ接続ホースが破損している場合、全て交換しましょう。

1本だけ交換しても、他の接続ホースから水が漏れてしまうなどの問題が発生する可能性があるからです。

配管の交換

配管が古くなると、水が漏れてくる恐れがあるので注意したいところ。

著しく経年劣化している場合は配管を交換する必要があります。

ボールタップの交換

ボールタップが故障してしまうと、タンクから水が漏れてしまいます。

場合によってはパッキンが破損しているかもしれません。 雨漏りを防ぐためにも、ボールタップの交換も検討する必要があります。

タンクの交換

お湯を貯める内タンクが破損している場合、水が漏れてしまうので注意してください。

補修できない場合も多いので、内タンクの破損が見られた際は新しいタンクに交換することをおすすめします。

成田崇
成田崇
太陽熱温水器を撤去する場合は完全に水を抜く必要があります

太陽熱温水器を交換する上で注意したいポイント

太陽熱温水器を新しくする場合、意識したい分が何点かあります。

主に以下のポイントを押さえましょう。

・太陽熱温水器の重さ

・設置するスペースがどのくらいあるか

・どのような環境か

・費用

太陽熱温水器の重さによっては屋根が耐えられない可能性もゼロではありません。

また、設置するスペースがどのくらいあるかを把握した上で交換する太陽熱温水器を決めるのも大切です。

また、温暖な気候に適したタイプと寒冷な地域に適したタイプがあるので、

環境に適しているかどうかも配慮したいところ。

その他にも、どのくらいの予算があるかにより、選択肢が変わってきます。

太陽熱温水器の補修や交換を信頼できる業者に依頼するのが大事

太陽熱温水器の補修や交換を信頼できる業者に依頼し、トラブルを避けるのが重要です。

撤去などを行う業者は数多く存在しており、どこに依頼すれば良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

最後に、太陽熱温水器の補修や交換を行う業者の選び方について説明します。

見積もり内容が分かりやすいかどうか

太陽熱温水器の補修や交換を行う際、見積もり内容をチェックしてください。

見積もり内容に関する疑問がある場合は業者に質問し、疑問を解消することが大切です。

疑問をそのままにしてしまうと、後でトラブルに発展するかもしれません。

屋根を細かく点検するかどうか

太陽熱温水器の補修や交換でトラブルを避けるためにも、

屋根を細かく点検しているかどうかも意識したいところ。

太陽熱温水器だけでなく、屋根材にどのような問題が起きているか把握するのも雨漏り対策の一環です。

施工実績が豊富かどうか

気になる業者の施工実績をチェックすることをおすすめします。

施工内容だけでなく、工期や費用などを把握することが可能。

太陽熱温水器に関する知識や技術があると判断した上で契約を進めましょう。

成田崇
成田崇
太陽光パネルや太陽熱温水器などがを撤去する場合はなるべく「屋根専門業者」へ相談してください

まとめ

【平塚市】で太陽熱温水器を撤去して屋根塗装工事が完了しました。

定期的に屋根や太陽熱温水器を点検し、

何か問題が起きていないかどうか把握することが住宅を守ることに繋がります。

パーツの交換だけで済む場合もあれば、

太陽熱温水器の撤去または交換しないといけない場合もあるので注意してください。

太陽熱温水器を長期にわたって設置し続けているので何か不具合があるのではないかと感じている方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

 

 

【平塚市】で太陽熱温水器や太陽光パネルからの雨漏りご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

平塚市で屋根塗装が完了!
折半屋根の特長って、その屋根塗装の費用は!?

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム 屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

平塚市で工場や店舗、倉庫などで使われる折半屋根の塗装工事が完了しました。

 

既存の折半屋根は褪色が進みサビなどが発生していました。

 

折板屋根とは

工場や店舗、倉庫などで使われる折半屋根とはどんな特徴があるのでしょうか?

建物によって使われている屋根が異なります。 目的などに応じて、一体どのような屋根を使うかが重要です。

屋根の種類が多く、どれが良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、工場や店舗、倉庫などで使われている折板屋根の特長を紹介します。

折板屋根は鋼板を大きめの波形にした屋根材

工場や店舗、倉庫だけでなく、カーポートにも使われています。

成田崇
成田崇
折半屋根は「鉄」で出来ているためサビには弱いんです。

さまざまな鋼板が存在していますが、ガルバリウム鋼板が多いです。

折板屋根の特長3選

リノベーションなどを行う際、折板屋根の特長を押さえておきたいところ。

主な特長として、以下の3つが挙げられます。

・優れた耐久性

・加工しやすく工期を短縮できる

・優れた水捌け

屋根の補修などを予定している方のために各特長について解説します。 気になる方は一度参考にしてください。

優れた耐久性

まず、耐久性に優れているのが折板屋根の特長に挙げられます。

軽いので、地震の揺れを抑えられるのもポイント。

屋根材を選ぶ際は地震の被害を最小限にできるかどうかも重要になってきます。

成田崇
成田崇
ヨーロッパなどでは鉄板屋根が主流なんです。

ガルバリウム鋼板はトタン屋根に比べて錆びにくいです。

また、耐火性に優れているのもメリット。 燃えにくさから、多くの工場で使われています。

加工しやすく工期を短縮できる

接合部がなく、加工しやすいのも特長のひとつ。

材料が少ないので、工期を短縮できるのも折板屋根のメリットです。

工期の長さにより、費用が変わってきます。

少しでも屋根の費用を抑えたい方は折板屋根を使うかどうか検討してはいかがでしょうか?

優れた水捌け

水捌けが良いのも折板屋根の特長です。

成田崇
成田崇
屋根勾配(屋根の傾斜)を緩くても大丈夫なので空間を広く使えます

雨水が建物に侵入するのを防ぐためには、屋根材の水捌けが良いかどうかチェックしたいところ。

水捌けが悪いと、カビやコケなどが発生しやすいです。

折板屋根の種類

折板屋根には、いくつか種類が存在します。

それぞれの違いを知るのもリノベーションなどを行う上で重要。

ここでは、折板屋根の種類について触れていきます。

重ね

重ねは、折板屋根にタイトフレームから突き出たボルトを貫通させて固定するタイプ。

風に強いのがメリットです。

住んでいる場所が風の強い地域の場合、重ねを採用するかどうか検討してはいかがでしょうか?

はぜ締め

はぜ締めは、タイトフレームを梁の上に取り付けた後、屋根材を設置するタイプ。

ボルトを使わないので、雨水が侵入しにくいです。

見た目が綺麗なのもメリットに挙げられます。

嵌合

嵌合は、金具で折板屋根をタイトフレームに固定するタイプ。

キャップを継ぎ目に嵌め込むため、ボルトが見えないのがポイントです。

どの方向からでも施工できます。

はぜ締め同様、見た目が綺麗になるので、景観にこだわっている方は嵌合を採用するかどうか検討したいところ。

折板屋根の注意点

折板屋根を使う際、雨漏りに注意する必要があります。

屋根材自体が変形したり、腐食して穴が開くケースも存在します。

定期的にメンテナンスを行い、建物を最適な状態にするのが雨漏りによる被害を最小限にするポイント。

また、重ねを採用している場合、ボルトが錆び出すと折板屋根に錆びつく可能性があります。

成田崇
成田崇
折半屋根はサビに弱いんです。

はぜ締めも年数を重ねるごとに緩んでしまうので、緩みを確認するのが大切です。

 

折板屋根の施工を信頼できる業者に依頼するのが重要

折板屋根の施工で失敗しないためにも、信頼できる業者を見つけることをおすすめします。

情報収集を入念に行い、依頼するかどうか判断したいところ。

ここでは、業者選びのポイントについて解説するので、リノベーションなどを予定している方は一度参考にしてください。

折板屋根の施工の経験が豊富かどうか

折板屋根の施工の経験が豊富かどうかをチェックすることをおすすめします。

施工実績から一体どのような工事に携わったかを把握した上で依頼するかどうか判断してください。

保証内容が充実しているかどうか

いざという時に備え、保証内容が充実しているかどうかも意識する必要があります。

施工したら終わりではなく、定期的にメンテナンスを行い、建物の状態を保つのもリノベーションの一環。

施工エリアの範囲内かどうか

施工エリアは業者によって異なります。 気になる業者を見つけたら、

施工エリアの範囲内かどうかチェックしてください。

範囲外の場合、諸経費が高くなる可能性があるので注意したいところ。

在籍しているスタッフ

どのようなスタッフが在籍しているかも依頼するかどうかの決め手です。

取得している資格やリノベーションに携わっている年数などを公式サイトでチェックしましょう。

また、コミュニケーションが取りやすいかどうかも重要です。

株式会社いらか【スタッフ】神奈川県平塚市|屋根工事・屋根の雨漏り|元 成田屋商店平塚支店

まとめ

平塚市で折半屋根の屋根塗装が完了しました。

折板屋根は耐久性や水捌けに優れた屋根材。

また、加工しやすいので、工期や費用を抑えられるのも特徴に挙げられます。

施工の方法によって、見た目などが変わってきます。

これから、住宅のリノベーションなどを予定している方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

雨漏りなどの被害を最小限にするためにも、屋根材選びを入念に行うことが大切です。

 

 

 

平塚市で工場や店舗、倉庫などで使われる折半屋根のお問い合わせはこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの外壁塗装工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

【平塚市】でTルーフヴェルウッドブラウン色の屋根カバー工事が完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

平塚市でLIXIL Tルーフヴェルウッドの屋根カバー工事が完了

 

平塚市でLIXIL Tルーフヴェルウッドの屋根カバー工事が完了しました

平塚市でLIXIL Tルーフヴェルウッドの屋根カバー工事の費用とは?!

平塚市でLIXIL Tルーフヴェルウッドの屋根カバー工事の費用は約200万円でした。

成田崇
成田崇
今回の平塚市の物件ではLIXIL Tルーフヴェルウッドブラウン色を使用して屋根のカバー工法を行いました。

 

なぜLIXILTルーフヴェルウッドの屋根カバー工事をしたの?!

 

 

既存屋根は一度屋根塗装をしており

縁切りがされていない状況でした。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
屋根塗装は美観のみであり、やらなくていい場合もあります。

屋根のカバー工法と屋根塗装はどっちが良いの?!

屋根の状態に気を配りつつ、必要に応じてメンテナンスを行うことが重要です。

年数を重ねるごとに色褪せなどの問題が発生します。

成田崇
成田崇
屋根塗装は美観のメンテナンスであって性能は向上しません

大きな事故に繋がる前に適切な対処を心掛けたいところ。

屋根のメンテナンスにカバー工法と屋根塗装が挙げられ、

どちらを選択するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、屋根のカバー工法と屋根塗装のどちらが良いかについて解説します。

ニーズによって異なる

屋根のカバー工法と屋根塗装のどちらが良いかは人によって変わってきます。

皆さんは屋根のメンテナンスを行う際、一体何を重視しているでしょうか?

重視しているものによってメンテナンスの方法を選択することが大切です。

耐久性を求めるならカバー工法

屋根の耐久性を高めるなら、屋根塗装よりもカバー工法がおすすめ。

屋根塗装は強度を上げることができても、劣化した部分を補修することができません。

成田崇
成田崇
性能を向上させるなら屋根のカバー工法一択です

劣化が著しく進んでいる場合、カバー工法が行われます。

屋根が劣化する原因は数多く存在します。

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・自然災害

・飛来物

築年数が何年かチェックするのはもちろん、自然災害や何かが飛来した際は屋根に問題がないか把握したいところ。

費用を抑えるなら屋根塗装

屋根の補修やリフォーム、リノベーションを行う際、

どのくらいの予算を用意できるかが重要になってきます。

成田崇
成田崇
ちなみに板金屋根の場合は錆防止のための塗装は必要です

人によっては、多くの予算を用意できないと感じているのではないでしょうか?

少しでも予算を抑えたい場合は屋根塗装がおすすめ。

屋根は時間が経つにつれて劣化していくため、

屋根塗装を行ってから数年後にカバー工法や葺き替え工法を行わないといけない場合も出てきます。

納得のいく工事にしたいと感じている方は予算をなるべく多く用意してください。

遮音性を求めるならカバー工法

快適に過ごすためには、騒音対策も重要になってきます。

外の騒音が気になって家事や仕事などに集中できないと感じている方もいます。

成田崇
成田崇
今回のようにTルーフであれば遮音性や断熱性も期待できます。

遮音性を高めたい場合、カバー工法がおすすめ。

周囲の環境を加味し、カバー工法と屋根塗装のどちらを選択するか検討しましょう。

工事の期間を短く済ませるなら屋根塗装

屋根のメンテナンスを行う上で工事の期間を意識したいところ。

仕事などで工事の期間を短く済ませたいと感じている方もいるのではないでしょうか?

どの方法でメンテナンスを行うかで工事の期間が変わってきます。
屋根塗装はカバー工法に比べて短いです。

なるべく早く補修を済ませたい場合は屋根塗装を選択し、

時間をかけて劣化した部分を補修したいと感じた際はカバー工法をおすすめします。

住宅に負担をかけたくない場合は屋根塗装

カバー工法を行うと、屋根が重くなってしまいます。

屋根が重ければ重い程、地震により倒壊するリスクが高まってしまうので注意してください。

住宅の負担を最小限にする場合は屋根塗装または軽い屋根材を用いたカバー工法を検討しましょう。

葺き替え工法で屋根材を軽くするのもひとつの選択肢です。

雨漏りが気になる場合はカバー工法

長期間に渡って住み続けるためには、雨漏り対策を心掛ける必要があります。

成田崇
成田崇
屋根からの雨漏りの場合は屋根カバー一択ですが雨漏りがひどい場合は葺き替えになります

雨漏りによる腐食などが心配な方はカバー工法をおすすめします。

住宅の状態によっては、大規模なリノベーションを行うことになるかもしれません。

塗装できない屋根材が用いられている場合はカバー工法

屋根材によっては、塗装できない場合があります。

住宅に塗装できない屋根材が用いられている場合はカバー工法が行われます。

長年に渡ってメンテナンスしていない状態で放置し続けていると、

屋根材が弱っている可能性が高いので注意してください。

特にノンアスベスト切り替え直後の屋根材は割れやすい物が多く存在します。

屋根のメンテナンスについて業者に相談するのが大事

屋根のカバー工法または屋根塗装を検討している方は業者に一度相談してみてはいかがでしょうか?

業者のアドバイスを受けつつ、適切なメンテナンスを行うことが長期間に渡って住み続けるポイント。

施工のプランだけでなく、予算に関するアドバイスも頂けるかもしれません。

トラブルを避けるためには、信頼できる業者を見つけることが大切です。

業者を選ぶ際のポイントは以下の通り。

・施工実績

・保証内容

・創立年または設立年

・在籍しているスタッフ

・施工エリア

・費用

・口コミ

過去に一体どのような工事に携わっているかをチェックし、

依頼するかどうか判断しましょう。

また、保証内容が業者によって異なります。

アフターフォローが充実しているかどうかも選ぶ決め手。

気になる業者に依頼したことがある方が身近にいる場合、一度話を聞いてみることをおすすめします。

まとめ

平塚市でLIXIL Tルーフヴェルウッドの屋根カバー工事が完了しました。

平塚市でLIXIL Tルーフヴェルウッドの屋根カバー工事の費用は約200万円でした。

スレート屋根の屋根塗装には気を付けてください。

ほとんど場合は屋根塗装は不要です。

また間違った屋根塗装は雨漏りに繋がる場合があります。

劣化した屋根の状態に合わせ、適切なメンテナンスを行うことが大切です。

カバー工法と屋根塗装には、それぞれ違ったメリット・デメリットが存在します。

重視しているものによって、選択肢が変わってきます。

自分だけでなく、家族や資産を守るためにも、納得のいく工事を行ってください。

屋根について分からないことがある際は、業者に適宜相談し、疑問を解消しましょう。

 

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

 

 

 

平塚市で屋根のカバー工法や雨漏り修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 
〇いらかの屋根修理、外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

大和市で工事完了!LIXIL Tルーフのカバー工法、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム 屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

大和市でTルーフの屋根カバー工法が完了しました

大和市でTルーフカバー工法、その費用とは?!

大和市でLIXIL Tルーフモダンのカバー工法の費用は約170万円

では今回大和市で使用した屋根材「LIXIL Tルーフモダン」とはどんな屋根材なのでしょうか?

 

LIXIL Tルーフの耐用年数

Tルーフの耐用年数は以下の通り。

・基材の耐久力:30年

・美観:10年

Tルーフの耐久性は欧米で実証済みです
成田崇
成田崇

 

成田がアイスランドで見た、30年以上経過した同等品

 

納入日から30年間は亀裂や腐食による穴開きが発生しないことを保証しています。

また、納入日から10年間は変色や褪色、天然石の著しい剥落がないことを保証。

場所や管理の仕方によって、いつ寿命を迎えるかが異なります。

Tルーフには、耐久性と耐食性に優れたガルバリウム鋼板が用いられているのが特徴的。

ガルバリウムはアルミニウム・亜鉛・シリコンが用いられた合金です。

鉄にガルバリウムをメッキすることにより、耐用年数を伸ばしています。

新築やリフォームを予定している方は、屋根材が一体何でできているかチェックしましょう。

 

LIXIL Tルーフの耐用年数が長いことによって得られるメリット

屋根材の耐用年数が長いことにより、いくつかのメリットが得られます。

ここでは、LIXIL Tルーフの耐用年数が長いことによるメリットを何点か紹介します。

 

美しい状態を保ちやすい

耐用年数が長ければ長い程、美しい状態を保てるのがメリット。

LIXIL Tルーフの場合、表面が天然石のため、後の塗装工事が不要です。

見た目の美しさは屋根材を選ぶ上で重要になってきます。

場合によっては、清掃を行う必要があるので注意しましょう。

メンテナンスの手間が省ける

塗装工事が不要な分、メンテナンスの手間を省くことができます。

立地条件により、温度や天候などが異なります。

屋根材によっては、塗装の頻度が多くなる可能性もゼロではありません。

メンテナンスの手間もTルーフを設置するかどうかの決め手のひとつです。

Tルーフほどメンテナンスが不要な屋根材は少ないです
成田崇
成田崇

また、Tルーフは上下の屋根材を連結させるインターロッキング工法が用いられています。

強風時に剥がれ落ちるのを防ぎ、被害を最小限に抑えられます。

屋根材が剥がれやすいかどうかにより、メンテナンスの手間が変わってくるので注意が必要です。

 

 

メンテナンスにかかる費用が抑えられる

メンテナンスの手間が省ける分、

費用が抑えられるのもTルーフのメリット。

設置にかかる費用だけでなく、その後のメンテナンスにかかる費用もチェックしましょう。

 

屋根を長持ちさせるためのポイント

雨や風、紫外線などにより、屋根がどうしても劣化してしまいます。

メンテナンスを雑に行ってしまうと、耐用年数を迎える前に寿命を迎えてしまう可能性もゼロではありません。

ここでは、屋根を長持ちさせるための方法をいくつか紹介します。

塗装

塗装により、屋根を長持ちさせることができます。

普段から塗装が剥がれている部分がないかチェックしましょう。

屋根塗装でもスレートの塗装は要注意です!!
成田崇
成田崇

見つけ次第、塗装を行い、劣化をできる限り防ぐことが大切です。

基本的には、10年に1回のペースで行います。

 

カバー工法

カバー工法は、屋根材の上に新しい屋根材を被せること。

工期を省略しつつ、処分する廃材を最小限に抑えられるのがメリットです。

ガルバリウム鋼板を用いたTルーフは平坦度に優れているので、カバー工法に適しています。

また、予算を最小限にできるのもポイント。

新築施工やリフォームをこれから予定している方は、カバー工法を採用するかどうか一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

葺き替え

葺き替えは瓦や金属板を撤去し、新しい屋根材に葺き替えること。

下地を補修するので、屋根の寿命を延ばすのに適しています。

今回は屋根のカバー工法でしたが雨漏りなどで腐食がひどい場合は屋根の葺き替え工事になります
成田崇
成田崇

塗装やカバー工法に比べ、費用がかかってしまう点に注意が必要です。

耐震性を上げたい・建物の外観を大きく変えたい場合におすすめします。

Tルーフの重さ

屋根材によって重さに差があります。

屋根が重ければ重い程、建物への負担が大きくなるので注意しましょう。

Tルーフの重さは、1㎡当たり7kg。 瓦屋根に比べ、約1/7の軽さです。

化粧ストレートに比べると、約1/2の軽さ。

瓦の10分の1の重さ
成田崇
成田崇

屋根の広さと相談しつつ、Tルーフを設置するかどうか検討することが大切です。

左からクラシック・ヴェルウッド、モダン

今回使用したのは右端のLIXIL Tルーフ モダンです。
成田崇
成田崇

また、災害の多い地域かどうかによっても、Tルーフを設置するかどうかの決め手。

被害を最小限に抑えたいと感じている方は、軽いTルーフをおすすめします。

 

屋根を軽くする際のポイント

屋根を軽くする際、できる限り費用を最小限に抑えたいところ。

旧建築基準法に基づいて建てられた建物の場合、耐震改修工事の際に自治体から補助金が支給されます。

手続きの方法や支払われる金額、支給される条件は自治体によって異なります。

また、耐震設計や耐震診断を行う関係上、費用が想像以上にかかるかもしれません。

補助金を受け取らない方が安く済むかどうか一度チェックしましょう。

費用に関する悩みは、業者に一度相談することが大切です。

まとめ

大和市でLIXIL Tルーフモダンのカバー工法が完了しました。

大和市でLIXIL Tルーフモダンのカバー工法の費用は約170万円でした。

LIXIL Tルーフモダンの特長は

耐用年数は、基材の耐久力が30年なのに対し、美観は10年。

平坦度に優れているため、カバー工法でのメンテナンスが適しています。

また、Tルーフは1㎡当たり7kgと軽いのも特徴のひとつに挙げられます。

屋根材が軽いのに比例して耐震性が上がるので、災害対策を意識している方はTルーフを一度チェックしてはいかがでしょうか?

新築施工やリフォームを行う際、屋根材の他にも考えないといけないものが数多く存在します。

Tルーフについて何か気になることがある方は下記の専門店へに一度相談してください。

 

Tルーフ全国取扱店

お近くの取扱店を探してください
成田崇
成田崇

こちらも併せてごらんください

 

 

 

 

大和市でLIXIL Tルーフや屋根カバー工法のご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

【藤沢市】で屋根のカバー工法(オークリッジスーパー)が完了しました、テラコッタブレンド色ってどんな感じ?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【藤沢市】でシングル屋根材での屋根カバー工法(オークリッジスーパー)が完了しました

 

屋根塗装では防水などの屋根のメンテンスは出来ません

成田崇
成田崇
スレート屋根の塗装は美観が良くなるだけで、防水などの性能は向上しません

こちらのブログも併せてごらんください

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

【藤沢市】でシングル屋根のカバー工法、

テラコッタブレンド色ってどんな色?!

赤みが強く欧米で見かけるような

明るい屋根に仕上がりました。

藤沢市などの湘南エリアにはとてもよく似合う色だと思います

シングル屋根材のオークリッジスーパーってどんな屋根材?!

 

成田崇
成田崇
こちら、オークリッジスーパーのシャトーグリーン色です

今回の藤沢市で使用したオークリッジスーパーとは一体どのような屋根材なのかについて解説します。

これから、屋根カバー工法などのリフォームを予定している方は一度参考にしてください。

オークリッジスーパーとは一体どのような屋根材なのか

オークリッジスーパーとは、オーウェンスコーニングジャパン合同会社から発売されている屋根材です。

オークリッジの特徴

屋根材を選ぶ際、どのような特徴があるかを押さえておく必要があります。

オークリッジスーパーの場合、以下の特徴が挙げられます。

・優れた耐久性

・優れた防水性

・藻がつきにくい

・雨音に悩まされにくい

・軽量

・優れた作業性

・リフォームにも最適

・アスベストが含まれていない

・防火性に優れている

・デザイン性に優れている

・長期に渡る保証

多くの特徴が存在しており、驚いた方もいるのではないでしょうか?

早速ですが、各特徴について説明します。 屋根材選びに悩んでいる方は一度参考にしてください。

優れた耐久性

オークリッジスーパーは耐久性に優れている点が特徴に挙げられます。

寿命は25~30年。

成田崇
成田崇
視察で訪れたポートランドで見たシングル屋根、アメリカでは200年以上の歴史があります

立地などにより、寿命に差が生じるので定期的にメンテナンスを行い、

長期に渡って住み続けられるようにすることが大切です。

塩害エリアでも強い(サビに強い)

今回の藤沢市は海に近く塩害に悩むエリアでもあります

サビやすい屋根材では屋根のメンテナンスに費用がかかってしまいます。

その点、シングル屋根材、オークリッジスーパーはサビないので安心です

優れた防水性

防水性に優れているのも特徴のひとつ。

雨漏り対策を検討している方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

藻がつきにくい

耐藻性能を上げるため、粒状彩色石に金属をコーティング。

これにより、屋根に藻がつきにくくしています。

藻の繁殖を放置してしまうと、

住宅の劣化を促進させてしまうので注意する必要があります。

雨音に悩まされにくい

オークリッジスーパーは弾力性に優れた屋根材。

雨音が気になりにくいのもメリットです。

快適に過ごすためには、騒音対策に目を向ける必要があります。

騒音の大きさによっては、

ストレスを溜目続けるので注意してください。

軽量

カラーベストや瓦に比べて軽いのも特徴に挙げられます。

屋根材の軽さにより、耐震性が変わってきます。

成田崇
成田崇
スレート屋根(カラーベスト)の約半分の重さです

地震対策を行う際、

屋根材が軽いかどうかも意識したいところ。

優れた作業性

特殊な工具が必要なく、作業性に優れているのもポイントです。

棟や谷も同質の部材の役物で葺けるので、統一性のある仕上がりになります。

リフォームにも最適

重ね葺きができるので、屋根のリフォームに適しているのも特徴的。

成田崇
成田崇
施工性や軽さから屋根のカバー工法に適した屋根材です

これから、屋根のリフォームでどの屋根材を用いるか悩んでいる方は一度検討することをおすすめします。

アスベストが含まれていない

オークリッジには、アスベストが含まれていません。

長期に渡って住み続けるためには、

屋根材にどのような材料が用いられているかチェックする必要があります。

防火性に優れている

日本における防火認定を受けているのも特徴に挙げられます。

住宅の安全性を高めるためには、防火性に意識したいところ。

火災にいつ巻き込まれるか分かりません。

自分の身や家族、資産を守るためにも防火性に優れている屋根材を選ぶようにしましょう。

デザイン性に優れている

オークリッジスーパーはデザイン性に優れているのも特徴のひとつ。

カラーバリエーションが豊富でさまざまなテーマとコンセプトに合わせやすいです。

おしゃれな住宅に住みたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

オークリッジスーパーのカラーバリエーションは以下の通りです。

・ブラウンウッド

・オニキスブラック

・シャトーグリーン

・エステートグレー

・ハーバーブルー

・テラコッタブレンド

・デザートタン

サンプルを確かめ、テーマとコンセプトに合った色を選びましょう。

今回の藤沢市の屋根リフォーム工事(屋根カバー工法)では

テラコッタブレンド色を採用しました。

サンプルやカタログの手配はこちらから

長期に渡る保証

オークリッジスーパーには、

ライフタイムワランティーと呼ばれる長期間に渡る保証が付いています。

屋根材選びを行う際、補償期間がどのくらいあるかも重要。

制限が設けられているものの、40年以上の保証が受けられます。

これから、新築住宅の施工やリフォーム、

リノベーションでオークリッジスーパーを用いる方は保証内容について一度チェックしてください。

オークリッジスーパーなどの屋根材について業者に相談するのが大事

オークリッジをはじめ、さまざまな屋根材が存在します。

新築住宅の施工やリフォーム、リノベーションを初めて行うので

、分からないことが多いと感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根材について分からないことがある方は業者に一度相談したいところ。

トラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集を入念に行い

、信頼できる業者に依頼することが大切です。

施工実績をはじめ、創業・設立年や在籍しているスタッフ、保証内容などをチェックしましょう。

気になる業者に依頼したことがある方が身近にいる場合、

サービスの内容などを一度聞いてみることをおすすめします。

まとめ

【藤沢市】でシングル屋根材、オークリッジスーパー屋根カバー工法

テラコッタブレンド色とは写真ような明るい色でした。

また藤沢市は海沿いのエリアのため塩害によるサビが気になるエリアですので

サビに強い屋根材が求めれます。

オークリッジスーパーは耐久性や防水性などに優れている屋根材です。

カラーバリエーションも多いので、

さまざまなコンセプトやテーマに合わせやすいのもポイント。

長期に渡って住み続けるなら、性能だけでなく、デザインも重要になってきます。

重ね葺きができるため、

これからリフォーム・リノベーションを予定している方は採用するかどうか検討してはいかがでしょうか?

 

 

藤沢市で屋根のカバー工法のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

相模原市で横暖ルーフの屋根カバー工法完了しました、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

相模原市で横暖ルーフのカバー工法が完了しました。

既存屋根は数年前に屋根塗装をしていたようで

その屋根塗装が剥がれだしていました。

屋根塗装は2度目以降はかなり剥がれやすくなってしまいます

以下の記事も参考にしてみてください

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

相模原市で横暖ルーフ屋根カバー工法の費用とは?!

足場を含めて約130万円でした。

 

 

屋根のカバー工法と屋根塗装はどっちが良いの?!

屋根の状態に気を配りつつ、必要に応じてメンテナンスを行うことが重要です。

年数を重ねるごとに色褪せなどの問題が発生します。

成田崇
成田崇
屋根塗装は美観のメンテナンスであって性能は向上しません

大きな事故に繋がる前に適切な対処を心掛けたいところ。

屋根のメンテナンスにカバー工法と屋根塗装が挙げられ、

どちらを選択するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、屋根のカバー工法と屋根塗装のどちらが良いかについて解説します。

ニーズによって異なる

屋根のカバー工法と屋根塗装のどちらが良いかは人によって変わってきます。

皆さんは屋根のメンテナンスを行う際、一体何を重視しているでしょうか?

重視しているものによってメンテナンスの方法を選択することが大切です。

耐久性を求めるならカバー工法

屋根の耐久性を高めるなら、屋根塗装よりもカバー工法がおすすめ。

屋根塗装は強度を上げることができても、劣化した部分を補修することができません。

成田崇
成田崇
性能を向上させるなら屋根のカバー工法一択です

劣化が著しく進んでいる場合、カバー工法が行われます。

屋根が劣化する原因は数多く存在します。

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・自然災害

・飛来物

築年数が何年かチェックするのはもちろん、自然災害や何かが飛来した際は屋根に問題がないか把握したいところ。

 

遮音性を求めるならカバー工法

快適に過ごすためには、騒音対策も重要になってきます。

外の騒音が気になって家事や仕事などに集中できないと感じている方もいます。

遮音性を高めたい場合、カバー工法がおすすめ。

周囲の環境を加味し、カバー工法と屋根塗装のどちらを選択するか検討しましょう。

 

雨漏りが気になる場合はカバー工法

長期間に渡って住み続けるためには、雨漏り対策を心掛ける必要があります。

成田崇
成田崇
屋根からの雨漏りの場合は屋根カバー一択ですが雨漏りがひどい場合は葺き替えになります

雨漏りによる腐食などが心配な方はカバー工法をおすすめします。

住宅の状態によっては、大規模なリノベーションを行うことになるかもしれません。

塗装できない屋根材が用いられている場合はカバー工法

屋根材によっては、塗装できない場合があります。

住宅に塗装できない屋根材が用いられている場合はカバー工法が行われます。

長年に渡ってメンテナンスしていない状態で放置し続けていると、

屋根材が弱っている可能性が高いので注意してください。

特にノンアスベスト切り替え直後の屋根材は割れやすい物が多く存在します。

屋根のメンテナンスについて業者に相談するのが大事

屋根のカバー工法または屋根塗装を検討している方は業者に一度相談してみてはいかがでしょうか?

業者のアドバイスを受けつつ、適切なメンテナンスを行うことが長期間に渡って住み続けるポイント。

施工のプランだけでなく、予算に関するアドバイスも頂けるかもしれません。

トラブルを避けるためには、信頼できる業者を見つけることが大切です。

業者を選ぶ際のポイントは以下の通り。

・施工実績

・保証内容

・創立年または設立年

・在籍しているスタッフ

・施工エリア

・費用

・口コミ

過去に一体どのような工事に携わっているかをチェックし、

依頼するかどうか判断しましょう。

また、保証内容が業者によって異なります。

アフターフォローが充実しているかどうかも選ぶ決め手。

気になる業者に依頼したことがある方が身近にいる場合、一度話を聞いてみることをおすすめします。

まとめ

相模原市で横暖ルーフ屋根カバー工法の費用は約130万円でした

屋根の劣化や、屋根塗装の剥がれなど

屋根の状態に合わせ、適切なメンテナンスを行うことが大切。

屋根カバー工法と屋根塗装には、それぞれ違ったメリット・デメリットが存在します。

重視しているものによって、選択肢が変わってきます。

自分だけでなく、家族や資産を守るためにも、納得のいく工事を行ってください。

屋根について分からないことがある際は、業者に適宜相談し、疑問を解消しましょう。

 

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

 

 

 

相模原市で屋根カバー工法や雨漏り修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 
 

〇いらかの屋根修理、外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町