ブログ

【小田原市】で瓦が割れた!その修理方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で瓦が割れた!その修理方法とは?!

瓦が割れて一体どうすれば良いか悩んでいませんか?

屋根は住宅の景観に大きく関わるのはもちろん、雨風などを凌ぐ役割があります。

被害が大きくならないようにするためには、適切な対処が求められます。

今回は割れた瓦の修理方法について解説するので、小田原市で屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

割れた瓦の修理方法

割れた瓦の修理方法は複数存在します。

主な方法は以下の3つ。

・防水加工テープ

・ブルーシート養生

・新しい瓦に交換

まずは割れた瓦の修理方法を1つ1つ取り上げます。

防水加工テープ

防水加工テープを用いることにより、瓦のヒビ割れ対策が可能。

割れている瓦を取り除いたら、防水加工テープを貼る面を拭き取ります。

拭き取ったら、ヒビ割れをくっつけるようにして防水加工テープを貼っていきます。

成田崇
成田崇
屋根修理のDIYアイテムは下記のリンクを参考にしてみてください。

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

動かないようにするために3重程貼るのがポイント。

防水加工テープを割れた瓦に貼る際、野地板などに問題がないかチェックしましょう。

最後に修理した瓦を差し込めば完了です。

ブルーシート養生

割れた瓦の修理方法の1つに

ブルーシートを使用することもあります。

ただ屋根は高所作業になりますので

充分な準備と注意が必要になります。

新しい瓦に交換

現在、用いている瓦を手に入れられる場合、新しい瓦に交換するのがおすすめ。

メーカーに在庫の有無を問い合わせる必要があります。

瓦によっては見つけるのが難しいかもしれません。

成田崇
成田崇
いらかは瓦屋根の修理も得意です、ぜひお問合せください。

瓦が割れる原因

瓦がどうして割れるのか疑問に感じている方も一定数いるのではないでしょうか?

さまざまな原因で割れるので、住宅のメンテナンスを行う際は注意が必要。

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・自然災害

・寒さ

・飛来物

・施工不良

ここでは、各原因について触れていきます。

経年劣化

瓦は年数の経過と共に劣化していくので注意してください。

耐用年数は長いものの、いつ割れるのか分かりません。

築年数をチェックし、屋根修理・屋根リフォームが必要かどうか検討する必要があります。

自然災害

自然災害も瓦が割れる原因の1つに挙げられます。

台風や地震などが起きた際、屋根の状態をチェックし、瓦の修理が必要なのかどうかチェックしてください。

雪が多い地域の場合、積雪で割れてしまうかもしれません。

寒さ

寒さも原因の1つ。

水分を瓦が吸収し続けることにより、気温が下がった時に水分が凍ることで膨らんでしまいます。

膨らみを何度も繰り返していくたびに屋根に用いられている瓦の表面が割れていきます。

飛来物

突風などによって飛ばされてきた飛来物も瓦が割れる原因。

飛来物がどのタイミングで飛んでくるか分かりません。

施工不良

施工不良で瓦が割れます。

住宅によっては、ヒビ割れした瓦をそのまま取り付けている場合もあります。

小田原市とは一体どのような場所なのか

小田原市は神奈川県西部に位置している街。

箱根連山に繋がる山地が西部にあるのに対し、曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯が東部に存在します。

南部は相模湾に面しています。

1年を通して温暖な気候になっているのが特徴。

雪の降る量が少ないのに対し、雨量は適量です。

小田原市は長い歴史を持っていることで知られています。

戦国時代は後北条氏の城下町として発展。

後北条氏の居城である小田原城は小田原市における観光スポットの1つに挙げられます。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として発展。

明治時代は政財界人や文化人の別荘・保養の地として愛されていた歴史があります。

瓦が割れた際は業者に修理を依頼するのが重要

瓦が割れたので、業者に依頼しようと感じているのではないでしょうか?

数ある業者の中から信頼できる1社を見つける必要があります。

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

過去の施工事例は選ぶ決め手の1つ。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。  

写真や施工内容、費用などを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかを踏まえ、契約を進めていくことになります。

費用の内訳などを細かくチェックし、分からないことを業者に質問するのが重要。

複数の業者に見積もりを依頼した際、不要な内容が記載されていないかだけでなく、相場より極端に安いまたは高いかなども把握してください。

どのような保証が用意されているか

修理が終わった後のことも考え、保証内容も目を通す費用があります。

業者によって保証内容が変わってきます。

定期点検がいつ行われるのかなどを踏まえ、相談を進めるのが瓦の修理を依頼するポイント。

まとめ

瓦が割れた際、基本的には新しい瓦に交換することになります。

さまざまな原因で割れるため、普段から住宅の状態に気を配ることをおすすめします。

住宅について何か悩みがある際は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、屋根修理・屋根リフォームを進めることが重要です。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【二宮町(中郡)】で屋根補修が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【二宮町(中郡)】で屋根補修が完了!その費用とは?!

 

屋根は年数の経過と共に劣化していきます。

場合によっては災害や飛来物などによって破損する場合もあります。

屋根の状態に普段から気を配り、必要に応じてメンテナンスを行うのが住宅の寿命を延ばすポイント。

近いうち、二宮町で屋根のメンテナンスを検討しているのではないでしょうか?

今回は屋根補修を二宮町で行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて取り上げます。

二宮町(中郡)で屋根補修を行う際にかかる費用

二宮町での屋根補修にかかる費用は約2,000~250万円。

成田崇
成田崇
屋根修理と言ってもたくさんの種類があるので金額の幅は大きくなります。

規模が大きくなればなる程、相場以上の費用がかかる可能性があります。

屋根補修を行う際は1ヵ所だけでなく、何ヵ所も行うことになるかもしれません。

普段から収入と支出を管理し、屋根補修に必要な予算を確保することが大切です。

屋根補修の内容とそれに伴う費用

屋根補修で一体どのような施工が行われるのか気になっているのではないでしょうか?

住宅によって施工の内容が異なります。

ここでは、屋根補修とそれに伴う費用について紹介します。

棟板金の交換

棟板金は屋根の頂上に用いられる板金。

雨水が屋内に侵入するのを防ぐのに欠かせません。

どうして棟板金【屋根のてっぺん】は飛ばされるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根材と違う材質の棟板金を用いるため、劣化の速度が変わってきます。

最も高い場所に用いるため、不具合が起きやすいです。

釘が抜けるなどの不具合に注意してください。

二宮町で棟板金の交換を行う際、約12万~20万円の費用がかかります。

雨樋の修理

雨樋は屋根に溜まった雨水を地面に排水するための設備。

経年劣化などによって破損する可能性があります。

雨樋の点検は自分で出来る?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

外壁や基礎などを劣化させないためにも、雨樋の修理が必要です。

二宮町で雨樋の修理を行った際にかかる費用は約1万~60万円。

塗装や雨樋の掃除で済む場合もあれば、全て交換しないといけない場合もあります。

1m単位で屋根補修の費用が変わってきます。

コーキング補修

コーキングは屋根材などのヒビを無くすための施工。

状態によってはヒビが複数存在しているかもしれません。

二宮町でコーキング補修を行う場合、約2,000~6万円かかります。

瓦屋根の修理

瓦屋根の修理も屋根補修の一環です。

二宮町で瓦屋根の修理を行う場合、約15万~50万。

瓦屋根の寿命ってどのくらい?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

1㎡当たりで計算すると、約2,200~9,900円/㎡かかります。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材を塗装する施工。

外観を綺麗保つのはもちろん、屋根材の遮熱性などを向上させるために行われます。

二宮町で屋根塗装を行う場合、約20万~90万円かかります。

屋根塗装で対応できない状態に陥っていると、屋根のカバー工法や屋根葺き替え工事が選択肢に挙がってくるので注意してください。

屋根のカバー工法

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に屋根材を被せる施工。

廃材を撤去・処分する手間を省き、費用や工期を抑えたい方に適しています。

屋根全体の重量が重くなる点に注意しましょう。

二宮町で屋根のカバー工法を行う際の費用は約80万~150万円。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後に新たな屋根材を葺く施工を指します。

規模が大きくなるのに加え、工期が長くなりやすいので屋根のカバー工法に比べて費用がかかりやすいです。

二宮町で屋根葺き替え工事を行う際にかかる費用は約120万~250万円。

屋根補修を行う業者の選び方

屋根補修を一体どの業者に依頼すれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

二宮町周辺で屋根補修を行っている業者はいくつか存在します。

情報収集をできる限り行い、信頼できる業者を見つけることが屋根補修を成功させるポイント。

ここでは、屋根補修を行う業者の選び方を何点か取り上げます。

住宅に関心のある方は一度チェックしてください。

過去の施工事例

過去に一体どのような屋根補修に携わってきたかを踏まえ、依頼するかどうか判断することが大切です。

写真や施工内容などから屋根補修のイメージを掴みましょう。

見積書の内容

見積書に記載されている内容も選ぶ決め手。

使用する部材はもちろん、施工内容や費用の内訳などを細かく記載しているかどうかを踏まえ、契約を進めてください。

見積書の内容で分からないことを業者に質問し、疑問を解消することをおすすめします。

保証内容

屋根補修後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消することが大切です。

アフターフォローが充実しているかどうかを踏また上で相談・契約を進めましょう。

業者の所在地

業者の所在地は一体どこかも選ぶ決め手。

住宅から遠ければ遠い程、交通費が高くなる可能性があります。

業者によっては、二宮町まで約1時間で駆けつけます。

二宮町とは一体どのような場所なのか

二宮町は神奈川県の南西部に位置する町。

温暖な気候なのに加え、相模湾に面しているのが特徴に挙げられます。

年間を通して湿度が高いので、カビなどに注意する必要があります。

また、雨樋などに塩害が起きていないかチェックしてはいかがでしょうか?

大磯町や小田原市などに隣接しています。

JR東京駅まで約70分でアクセス可能。

国道1号線や西湘バイパスなどがあるので、交通の便に優れています。

まとめ

屋根補修を二宮町で行う場合、100万円以下で済む場合もあれば、100万円以上かかるかもしれません。

屋根の状態によって、施工内容が変わってきます。

普段から住宅に不具合が起きていないか気を配り、必要に応じてメンテナンスを行うのが大事。

納得のいく施工を行うためにも、二宮町で長年にわたって屋根補修を行っている業者に依頼することをおすすめします。

 

【二宮町(中郡)】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【二宮町(中郡)】で瓦の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【二宮町(中郡)】で瓦の修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
二宮町で屋根瓦の修理が完了しました。

二宮町(中郡)で瓦の修理を予定しているけど、費用が心配だと感じているのではないでしょうか?

日本の住宅の屋根に瓦を用いている場合があります。

地震などによって、瓦が破損してしまうかもしれません。

今回は二宮町で瓦の修理を行うと、一体どのくらいの費用がかかるかについて取り上げます。

気になる方は一度チェックしてください。

二宮町で瓦の修理を行うと一体どのくらいの費用がかかるのか

二宮町で瓦の修理を行う場合、約3,200~9,000円/㎡の費用がかかります。

強風などによって著しく破損していると、想像以上の費用が発生する可能性もあるので注意が必要です。

1枚当たりの費用は約2,000~9,000円。

納得のいく施工を行うためには、十分な予算を用意してください。

普段から収入と支出を管理することをおすすめします。

また、屋根葺き替え工事に比べて安い費用で済ませやすい屋根のカバー工法で対応しにくい点も注意する必要があります。

瓦を修理する際にかかる費用のポイント

瓦を修理する際にかかる費用のポイントは一体何か気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのようなポイントで費用が変わってくるかを押さえておきたいところ。

ここでは、瓦を修理する際にかかる費用のポイントは一体何かについて取り上げます。

近いうち、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

修理する瓦の枚数

地震などによって破損している瓦の枚数が変わってきます。

枚数が多ければ多い程、修理にかかる費用が高くなります。

屋根の面積

屋根の面積も屋根修理・屋根リフォームの費用に関わるポイント。

面積が広ければ広い程、施工範囲が広くなります。

施工範囲に応じて、瓦の修理にかかる費用が高くなるので注意してください。

屋根の勾配

屋根の勾配が一体どのくらいかによっても瓦の修理にかかる費用が変わってきます。

急になればなる程、足場が必要になるので費用が高くなります。

瓦の修理を行う際は足場の設置・撤去にかかる費用も配慮するのが大事。

屋根の形状

屋根の形状は住宅によって異なる部分です。

形状が複雑になると、屋根修理・屋根リフォームの費用が高額になりやすいので注意してください。

どの瓦を使用するか

使用する瓦の種類によっても費用が変わります。

これから屋根修理・屋根リフォームを行う際、各瓦の費用や特徴を細かくチェックすることが大切。

業者の業態

依頼する業者の業態をチェックし、依頼するかどうか判断してください。

外注かどうかによって費用が変わってきます。

修理の内容

屋根修理・屋根リフォームの内容も費用に関するポイント。

屋根葺き替え工事などを行うと、費用が高くなりやすいので注意が必要です。

業者の所在地

業者の所在地によっても費用が変わってきます。

住宅から遠ければ遠い程、交通費が高くなるので注意してください。

施工エリア外からの依頼を受け付けていない場合もあります。

気になる業者を見つけたら、施工エリアを一度チェックしておきたいところ。

また、二宮町まで約1時間で駆けつける業者も存在します。

(株)いらかは二宮町まで40分で駆け付けます

㈱いらかのある平塚市から二宮町までは車で40分程度

屋根でお困りことがあれば御連絡ください。

瓦の修理内容とそれに伴う費用

瓦の修理内容はいくつか存在しており、それぞれ費用が異なります。

ここでは、どのような修理を行うかについて触れていくので、気になる方は一度参考にしてください。

差し替え

差し替えは割れた瓦を交換する工事。

割れている瓦の枚数が少ない場合に行われます。

1ヵ所当たり約5,000円以上の費用がかかります。

並び戻し

並び戻しはズレた瓦を新たに並べ直す工事。

全ての瓦を取り外してからズレを直していきます。

約16,500円以上の費用がかかります。

漆喰の詰め直し

瓦だけでなく、漆喰も劣化していくので注意が必要。

劣化が進むと、雨漏りなどの問題に発展するかもしれません。

漆喰の詰め直しにかかる費用は約5,000円/m以上です。

棟の取り直し

棟の破損やズレが発生している場合もあります。

漆喰の劣化などによって、棟がズレていくので注意してください。

雨漏りや瓦の落下などの問題に発展するかもしれません。

棟の取り直しは約16,500円/m以上の費用がかかります。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は破損した瓦を撤去し、新しい屋根材を葺く工事。

野地板や防水シートなどを新しくできるのがメリットです。

約6,500円/㎡以上の費用がかかります。

屋根の重量を軽くすることで耐震性を向上させることが可能。

屋根葺き直し工事

屋根葺き直し工事は瓦を取り外した後、野地板や防水シートを新しくする工事です。

既存の瓦をそのまま使いたい方に適しています。

費用は約9,900円/㎡以上。

まとめ

二宮町で瓦を修理する際、どのような工事を行うかで費用が変わってきます。

住宅によっては野地板や防水シートなども劣化しているかもしれません。

屋根の重量を軽くする場合、屋根葺き替え工事を行うのも選択肢の1つ。

瓦の修理を行う際、長年にわたって瓦の修理に携わっているかどうかチェックすることをおすすめします。

 

二宮町(中郡)で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

屋根葺き替え工事前におさえておきたいポイント3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根葺き替え工事前におさえておきたいポイント3選!

成田崇
成田崇
地震対策としても重たい瓦を降ろしたい、という方は多いです。

屋根修理・屋根リフォームにおいて、さまざまな工事が行われています。

屋根葺き替え工事もその中の1つです。

各工事のポイントを踏まえた上で住宅に合った屋根修理・屋根リフォームのプランを明確にすることが大切。

屋根材のヒビ割れなどについて業者に相談しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は屋根葺き替え工事前におさえておきたいポイントを全部で3つ紹介します。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

屋根葺き替え工事とはそもそも何か

屋根葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去した後に新しい屋根材を葺く工事。

成田崇
成田崇
上記写真は弊社葺き替え工事時の様子です。

屋根材だけでなく、野地板や防水シートを新しくすることができます。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

いらかの屋根葺き替え施工事例はこちらから

住宅の屋根が著しく劣化している場合に行われます。

屋根塗装や屋根のカバー工法に比べて費用や工期がかかってしまう点がデメリット。

スケジュール調整を行い、仕事などに支障が出ないようにする必要があります。

屋根葺き替え工事前に押さえておきたいポイント3選

屋根葺き替え工事を行う前に一体どのようなポイントを押さえる必要があるか気になっている方が多いのではないでしょうか?

主に以下の3つを押さえ、屋根修理・屋根リフォームを進めていくことが重要です。

・屋根が一体どのような状態になっているか

・どの屋根材を用いて屋根葺き替え工事を行うか

・どの業者に依頼するか

ここでは、屋根葺き替え工事前に押さえておきたいポイントについて説明します。

屋根が一体どのような状態になっているか

まずは屋根が一体どのような状態になっているかを把握することが重要。

住宅によって、屋根の状態が異なります。

業者に点検を依頼し、屋根がどのくらい劣化しているかを踏まえ、屋根修理・屋根リフォームのプランを決めましょう。

屋根の状態によっては、屋根葺き替え工事以外の工事で対応できるかもしれません。

成田崇
成田崇
瓦屋根診断技師の私が点検時にチェックする部分は主に以下の通り

・下地ルーフィングの状態

・屋根瓦のヒビ割れ

・棟瓦の状態

・天井に雨水によるシミがないか

屋根の劣化を放置し続けていると、雨漏りが発生している可能性もあるので注意してください。

こちらが雨漏りしている防水シートの状態です。

成田崇
成田崇
多くの方は「見える部分」のメンテナンスは気を付けていても「見えない部分」=ルーフィングについてはほぼ気にしていません

できる限り早めに屋根修理・屋根リフォームを行い、雨漏りなどの被害を最小限にすることが重要です。

自宅の屋根材が「和瓦」「洋瓦」「セメント瓦」の場合は葺き替えしかない。

屋根リフォームの新定番として

屋根カバー工法がありますが「瓦」屋根はカバーできません。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

瓦屋根の補修方法は大きく分けて2種類です

一つ目が「棟」の補修工事

成田崇
成田崇
この写真のように瓦はなんでもなくても「棟」は痛んできます。

屋根のてっぺんの瓦(棟)が崩れてきたけど・・・|平塚・株式会社いらか|屋根専門

この棟の劣化に関しては

「悪徳業者」も横行しているので十分な注意が必要です。

また棟の劣化ですぐには雨漏りしないので業者の言いなりにはならないで下さい。

もう一つが今回のテーマでもある「葺き替え」です

・築30年以上経過している。

・瓦屋根である。

・新築後一度も大型メンテナンスをしていない(100万円以上)

成田崇
成田崇
上記の3条件が当てはまったら葺き替え適齢期です。

なぜならば防水シート(ルーフィング)の寿命が30年前後だからです。

現在の瓦をそのまま再利用する「葺き直し」工事というのも存在します。

どの業者に依頼するか

屋根修理・屋根リフォームを行うことが決まったら、信頼できる業者を見つけるのがポイント。

トラブルを避けるためにも、情報収集を十分行いましょう。

主にチェックするポイントは以下の通りです。

「総合リフォーム屋や塗装屋ではないか?」

総合リフォーム屋や塗装屋さんは自社に屋根職人がいないので
付き合いのある屋根屋さんへ「丸投げ」します。

当然その分の利益が乗りますので割高になります。

こちらのサイトからでしたら比較的見つけやすいと思います。

・全日本瓦工業連盟

・日本屋根外装工事協会

 

まとめ

屋根葺き替え工事を行う前に屋根の状態だけでなく、業者に関する情報も押さえましょう。

屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者はいくつも存在します。

大切な住宅を任せられるかどうかを踏まえ、相談・契約を進めていくことがトラブルを避けるポイント。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は業者に質問したい内容を一度整理してはいかがでしょうか?

 

屋根葺き替えや屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【大磯町】で屋根補修が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【大磯町】で屋根補修が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

屋根を定期的にメンテナンスし、雨漏りなどによる被害を最小限にすることが重要です。

近いうち、大磯町周辺で屋根補修を予定しているのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためにも、どのくらいの費用がかかるか押さえておきたいところ。

今回は大磯町で屋根補修を行う際にかかる費用について解説します。

大磯町で屋根補修を行う際にかかる費用の相場

屋根補修を大磯町で行った場合、約2,000~200万円の費用がかかります。

安く済む場合もあれば、相場より高くなるかもしれません。

人によって、屋根補修にかかる費用に差が生じます。

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためにも、普段から屋根補修を行うための予算を用意しておくことが大切です。

屋根補修の内容とそれに伴う費用

屋根補修では、一体どのような施工を行うのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

主な内容は以下の通り。

・コーキング補修

・棟板金の交換

・漆喰の補修

・瓦の補修または交換

・屋根塗装

・屋根のカバー工法

・屋根葺き替え工事

ここでは、各施工について触れていきます。

コーキング補修

コーキング補修は屋根材などのヒビや隙間を埋める施工。

雨漏りなどによる被害を最小限に抑えるために行われます。

大磯町でコーキング補修を行う場合、約2,000~6万円の費用がかかります。

棟板金の交換

棟板金は屋根の頂上に用いられる部材。

雨水の侵入を防ぎ、雨漏り対策を行う役割があります。

大磯町で棟板金を交換する際にかかる費用は約3万~20万円です。

漆喰の補修

漆喰は瓦を固定するために欠かせません。

年数の経過などにより、漆喰が劣化していきます。

屋根補修で漆喰の補修が行われる場合があります。

大磯町で漆喰の補修を行う際にかかる費用は約4,000円/m。

1ヵ所だけでなく、劣化している箇所が複数存在している可能性があります。

瓦屋根全体の漆喰を補修すると、約30万円以上の費用が必要です。

瓦の交換

瓦の交換も屋根補修の一環。

経年劣化や飛来物などにより、瓦が割れているかもしれません。

1枚当たりの費用は約300~1,000円です。

大磯町で瓦の交換を業者に依頼する際、約1万~20万円が相場。

屋根塗装

屋根の塗装も紫外線などによって色褪せていきます。

外観を綺麗に保ちつつ、防水性などを向上させるために屋根塗装が行われます。

大磯町で屋根塗装を行う際にかかる費用は約20万~90万円。

屋根のカバー工法

屋根材が著しく劣化していると、既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる必要があるかもしれません。

屋根のカバー工法を大磯町で行う場合、約80万~150万円の費用がかかります。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、新しい屋根材を葺く施工。

住宅によっては、屋根材だけでなく、野地板や防水シートが破損している可能性があります。

大磯町で屋根葺き替え工事を行う際にかかる費用は約120万~200万円です。

屋根補修の費用に関わるポイント

屋根補修の費用に関わるポイントは一体何か気になっているのではないでしょうか?

ここでは、一体どのようなポイントで費用が変わってくるかについて紹介するので、気になる方は参考にしてください。

屋根の状態

屋根の状態によって、屋根補修の内容とそれに伴う費用が変わってきます。

補修する箇所が多ければ多い程、費用がかかります。

屋根の面積

屋根の面積も屋根補修の費用に関わるポイント。

面積が広ければ広い程、費用がかかる可能性があるので注意しましょう。

屋根の勾配

屋根が急勾配だと、足場が必要になります。

足場をどのくらい設置するかで屋根補修にかかる費用が変わってきます。

塗料の種類

屋根塗装を行う場合、どの塗料を用いるかが重要。

塗料の種類によって、屋根補修の費用が変わります。

費用だけでなく、耐用年数や光沢、機能などを細かくチェックし、納得のいく施工を行ってください。

交通費

交通費が一体どのくらいかかるかも屋根補修の費用に関わるポイントの1つに挙げられます。

業者の所在地が住宅から遠ければ遠い程、交通費がかかります。

対応エリア外の場合、依頼を受け付けない業者も存在するので、屋根補修を予定している方は注意が必要。

また、業者によっては大磯町まで約1時間で駆けつけます。

大磯町とは一体どのような町なのか

大磯町は平塚市や中郡二宮町に隣接している町。

神奈川県中央南部に位置します。

数多くの観光地があることで知られています。

海沿いに流れている暖流の影響により、温暖な気候。

1年を通して降水量が多いです。 南部は相模湾に面しているので、塩害に注意しましょう。

まとめ

屋根補修は屋根の状態によって費用が変わってきます。

規模が大きくなると、想像以上の費用が必要になるかもしれません。

大磯町で屋根補修を行う際、平塚市などに所在地のある業者もチェックしてはいかがでしょうか?

信頼できる業者に屋根補修を依頼することをおすすめします。

相談する前に質問したいことを整理し、住宅に関する疑問を解消してください。

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【大磯町】で瓦の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【大磯町】で瓦の修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

建物によって用いられている屋根材が異なります。

近いうち、瓦の修理を検討している方も多いのではないでしょうか?

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、瓦の修理にかかる費用の相場を押さえることをおすすめします。

今回は大磯町で瓦の修理を行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて触れていきます。

大磯町で瓦の修理を行う際にかかる費用

大磯町で瓦の修理を行うと、約3,200~9,000円/㎡の費用が必要。

人によって、費用が変わってきます。

場合によっては200万円以上かかる可能性があるので、屋根修理・屋根リフォームを行う際は十分な予算を用意しましょう。

瓦の修理内容と費用

瓦の修理内容は住宅によって異なります。

どのような施工が行われるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、瓦の修理内容に加え、それに伴う費用について説明します。

差し替え

瓦の差し替えは割れた瓦を新しい瓦に交換する施工。

瓦の費用は約300~1,000円/枚です。

約5万~20万円の費用がかかります。

並び戻し

住宅によっては屋根の瓦がズレているかもしれません。

ズレたままにしておくと、他の瓦が割れるなどの問題が発生します。

雨漏りによって住宅の寿命が短くなるのを防ぐためにも、いち早く瓦の修理を行うことが大事。

瓦がズレている場合、並び直しを行います。

大磯町で瓦の並び直しを業者に依頼した場合、約16,500円/㎡の費用がかかります。

特殊な道具が必要ないため、短時間で済むのがメリット。

漆喰の詰め増し・詰め直し

年数の経過と共に瓦屋根の漆喰が剥がれていきます。

結果、雨水が流れ出て、雨漏りなどの問題に発展するかもしれません。

漆喰は瓦と瓦の隙間を埋めるために用いられています。

大磯町で漆喰の詰め増し・詰め直しを行う場合、約4,400~5,500円/mの費用がかかります。

棟の取り直し工事

屋根の頂上に当たる棟が崩れている場合、瓦の修理が必要。

崩れたままにしておくと、瓦が落ちたり、雨漏りが発生する可能性があります。

棟が崩れる原因として、漆喰の劣化や地震などが挙げられます。

棟の取り直し工事を大磯町で行う際にかかる費用は約16,500円/m以上。

屋根葺き直し工事

屋根葺き直し工事は防水シートの交換や下地を補強した後、同じ瓦を並べ直す工事を指します。

瓦の修理にかかる費用をなるべく抑えたいと感じている方は一度検討してはいかがでしょうか?

大磯町で屋根葺き直し工事を行う場合、約9,900円/㎡の費用がかかります。

規模が大きくなると、100万円以上必要になる可能性があるので、注意してください。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は瓦を撤去し、新たな屋根材を葺く工事。

軽量な屋根材に交換し、屋根全体の重量を軽くすることで耐震性を向上させるのも選択肢に挙げられます。

人によっては住宅の雰囲気を大幅に変えたいと感じているのではないでしょうか?

大磯町で屋根葺き替え工事を行う場合、約7,150円/㎡以上かかります。

屋根葺き直し工事と同様に100万円以上かかる可能性もあるので、業者と一度相談することをおすすめします。

瓦のメリット

瓦の修理を行う際、瓦のメリットについて押さえておくことも大切。

ここでは、瓦のメリットを紹介するので、屋根修理・屋根リフォームの参考にしてください。

優れた耐久性

瓦は耐久性に優れた屋根材です。

メンテナンスの頻度をできる限り減らしたいと感じている方は瓦を屋根材に用いるかどうか検討することをおすすめします。

釉薬を塗っていると、防水性が向上するので色褪せないのもポイント。

必要な箇所だけ修理できる

瓦は1枚ずつ取り外せるのも特徴に挙げられます。

屋根修理・屋根リフォームの際、必要な箇所だけ瓦を外し、施工を進められるのもメリットです。

断熱性に優れている

瓦は野地板との間に空気層を作ることにより、断熱性を向上させることが可能。

暑さに悩まされている方は屋根に瓦を用いるかどうか検討してはいかがでしょうか?

瓦のデメリット

瓦には、メリットだけでなく、デメリットも存在します。

ここでは、瓦のデメリットについて触れていきます。

地震などで落ちる可能性がある

地震や台風などの災害によって、瓦が落ちる可能性がある点に注意してください。

瓦が人や車などに当たるなどの事故に発展するかもしれません。

瓦がズレていないかどうかなどをチェックすることが大切です。

また、防災瓦で災害時による被害を最小限にしましょう。

屋根が重くなる

瓦は重い屋根材なので、屋根全体の重量が重くなるのがデメリット。

地震で揺れにくくしたいと感じている方は他の屋根材も比較検討しましょう。

カバー工法に適していない

瓦はカバー工法に適していない点を踏まえた上で屋根修理・屋根リフォームを進める必要があります。

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。 波打った瓦の上に他の屋根材を被せるのが難しいです。

まとめ

瓦の修理を大磯町で行う場合、施工内容によって費用が変わります。

規模が大きくなると、100万円以上の費用がかかってしまうかもしれません。

納得のいく施工を行うためには、大磯町周辺で長年にわたって屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者に相談することをおすすめします。

業者によっては、約1時間で大磯町に駆けつけます。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【鎌倉市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【鎌倉市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
古都【鎌倉市】は瓦屋根の多いエリアです。

日本の建物に用いられている瓦。

形状や色により、住宅の雰囲気が変わってきます。

経年劣化などを理由に瓦が破損してしまう場合があるかもしれません。

納得のいく施工を行うためには、瓦の修理にかかる費用の相場を知ることが大事。

今回は鎌倉市で瓦の修理を行うと、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説します。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

鎌倉市で瓦の修理を行った際にかかる費用

瓦の修理を鎌倉市で行った場合、約3万~300万円の費用がかかります。

住宅によって、どのくらいの費用がかかるかが変わってきます。

強風などで著しく瓦が破損しており、想像以上に費用がかかってしまうかもしれません。

瓦の修理の費用に関わるポイント

瓦の修理にかかる費用はさまざまなポイントが関わっています。

主なポイントは以下の通り。

・瓦の種類

・屋根の形状

・屋根の面積

・足場

・施工内容

・業者の形態

・交通費

ここでは、費用に関わるポイントについて触れていくので、鎌倉市で瓦の修理を予定している方は参考にしてください。

瓦の種類

瓦には、さまざまな種類があります。

成田崇
成田崇
実は瓦の種類はとても多いので調べるのも至難の業なんです

どの瓦を用いるかによって修理の費用が変わってきます。

納得のいく施工を行うためには、費用だけでなく、耐用年数やデザイン、重量などを細かくチェックするのが大事。

屋根の形状

屋根の形状も費用に関わるポイント。

形状が複雑になると、費用が高くなるので、鎌倉市で瓦の修理を予定している方は注意してください。

屋根の面積

屋根の面積は住宅によって異なります。

面積が広くなればなる程、修理にかかる費用が高くなってしまいます。

足場

どのくらいの足場を用いるかもポイントのひとつ。

瓦の修理は高所での作業が伴います。

足場の設置・撤去の工程が存在しており、足場をどのくらい設置するかで費用が変わってきます。

施工内容

屋根がどのくらい劣化しているかにより、施工内容が変わります。

施工内容も瓦の修理にかかる費用のポイント。

大規模な施工になる可能性も十分考えられます。

業者の業態

業者の業態によっても瓦の修理にかかる費用が変わってきます。

気になる業者を見つけた際、どのような業態なのかチェックすることが大事。

交通費

業者の所在地から住宅までの距離が離れている程、交通費がかかります。

成田崇
成田崇
(株)いらか から鎌倉市までは特別な交通費はかかりません。

場合によっては施工エリア外で依頼できない可能性があるかもしれません。

瓦の修理内容

瓦の修理内容について知りたい方も多いのではないでしょうか?

屋根の状態をチェックし、適切な方法で修理を進めていきます。

ここでは、瓦の修理内容について紹介します。

並び戻し

強風や飛来物によって瓦がズレてしまった場合、瓦の並び戻し工事が必要。

ズレたままにしておくと、雨漏りが発生するかもしれません。

鎌倉市で瓦の並び戻し工事を行う場合、約1万円以上の費用がかかります。

漆喰の詰め直し

紫外線や災害などにより、漆喰が劣化します。

屋根のてっぺんの瓦(棟)が崩れてきたけど・・・|平塚・株式会社いらか|屋根専門

漆喰は瓦を接着させるだけでなく、雨漏りを防ぐ役割がある建材。

漆喰の詰め直しを鎌倉市で行う場合、約3万円以上の費用がかかります。

棟の取り直し

屋根の頂点に当たる棟は年数の経過と共に形が崩れていくので注意が必要です。

最悪の場合、棟瓦が落ちるかもしれません。

費用は約15,000~20,000円/m。

足場を設置して施工を進める場合、約20万円以上かかります。

屋根葺き直し工事

屋根葺き直し工事は瓦を取り外した後、野地板の補修と防水シートの交換を行い、瓦を元に戻す工事を指します。

鎌倉市で屋根葺き直し工事行う場合にかかる費用は約9,000円/㎡以上。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は瓦や防水シート、野地板を新たに交換する工事です。

人によっては瓦から軽量な屋根材に変更する方もいます。

鎌倉市とは

鎌倉市は神奈川県南部に位置します。

源頼朝が鎌倉幕府を開いた場所として知られています。

数多くの観光地があることでも有名。

南部は海に面しているだけでなく、山などの豊かな自然環境に恵まれているのが特徴に挙げられます。 塩害により、瓦が劣化していく可能性があります。

鎌倉市で住宅のメンテナンスを行う際は塩害の被害を意識しておきたいところ。

また、東京都や横浜市に比べて気候が温暖です。

1日における最多降水量は増加傾向にあるため、雨漏りによる被害に注意してください。

鎌倉市で瓦の修理を行っている業者の選び方

鎌倉市で瓦の修理を行う際、信頼できる業者に依頼することが大事。

トラブルを避けるためには、情報収集を十分行いましょう。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

鎌倉市で長年にわたって瓦の修理を行っているか

鎌倉市で長年にわたって瓦の修理を行っているかどうか把握した上で相談することが大事。

創業年・設立年をチェックし、長い歴史があるか把握してください。

仮に業者の歴史が短い場合、創業者のプロフィールから瓦の修理に関する知識や技術が豊富かどうか判断することになります。

過去の施工事例

過去の施工事例から瓦の修理に関するイメージを掴みましょう。

施工内容だけでなく、工期や費用などを踏まえた上で相談・契約を進めていきます。

見積書の内容が分かりやすいか

見積書に一体どのような内容が記載されているかも選ぶ決め手。

使用する瓦や施工内容などが分かりやすいかどうかを踏まえ、契約するかどうか判断してください。

見積書に記載されている内容が曖昧な場合、業者に質問することをおすすめします。

まとめ

鎌倉市の南部は海に面しており、塩害に配慮する必要があります。

瓦の修理を鎌倉市で行う場合、約3万円~が相場。

施工内容によっては想像以上に費用がかかってしまうかもしれません。

瓦などに関する悩みがある際は信頼できる業者に一度相談してください。

いらかは【鎌倉市】まで約1時間で駆けつけます。

(株)いらかのある平塚市から【鎌倉市】までは1時間以内圏内です。

特別な交通費なども掛からずに屋根点検出来ます。

 

【鎌倉市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【鎌倉市】で瓦屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【鎌倉市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
【鎌倉市】で瓦屋根の補修工事を行いました。

雨風などを凌ぐ役割を持つ瓦屋根。

経年劣化などにより、屋根に不具合が起きる可能性があります。

近いうち、鎌倉市で屋根修理を行い、不具合を解消したいと感じている方も多いのではないでしょうか?

納得のいく施工を行うためには、屋根修理にかかる費用の相場について知っておくことが大事。

今回は鎌倉市での屋根修理を業者に依頼した場合、どのくらいの費用がかかるかについて解説します。

鎌倉市で瓦屋根修理を行う際にかかる費用

鎌倉市で瓦屋根修理を行う際、約3万~250万円の費用がかかります。

施工の内容により、屋根修理の費用が変わってくるので注意が必要。

 

予想より安く済む場合もあれば、想像以上に高くなる場合もあるかもしれません。

普段から収入と支出の管理を行い、屋根修理の予算を用意しておくことをおすすめします。

屋根修理の施工内容

屋根修理の施工内容に一体どのようなものがあるか疑問に感じているのではないでしょうか?

施工内容は数多く存在しており、住宅によって必要な施工が異なります。 主な施工として、以下のものが挙げられます。

・屋根瓦一部修理

・カバー工法

・屋根葺き替え工事

ここでは、屋根修理の施工内容について触れていくので、鎌倉市で屋根修理を予定している方は一度チェックしてください。

瓦屋根一部修理

瓦屋根の修理は高い技術を必要とする工事です。

業者に依頼する際は資格を確認して下さい

・1級かわらぶき技能士

・2級かわらぶき技能士

・瓦屋根診断技師

以上のような資格が必須になりますのでご注意ください。

カバー工法

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。

屋根だけでなく、外壁にも用いられます。

成田崇
成田崇
カバー工法はスレート屋根限定の補修方法です

カバー工法に用いる屋根材はガルバリウム鋼板やスレート屋根などです。

屋根材を撤去する工程が無いので、騒音やホコリが発生しにくいのがメリット。

鎌倉市でカバー工法を行う場合、約80万~150万円の費用がかかります。

屋根葺き替え工事に比べ、費用が安いです。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く施工。

野地板や防水シートを新しくできるので、屋根の寿命を延ばしつつ、雨漏り対策が行えるのがメリットに挙げられます。

屋根塗装やカバー工法で対応できない場合、屋根葺き替え工法を行うことになります。

鎌倉市で屋根葺き替え工事を行う際にかかる費用は約100万~250万円。

屋根修理が済んだ後のメンテナンスにかかる費用を視野に入れた場合、屋根葺き替え工事を行うかどうか一度検討することをおすすめします。

瓦が用いられている場合、屋根葺き替え工事が多いです。

鎌倉市は一体どのような場所か

鎌倉市は1939年に誕生した市。

源頼朝が鎌倉幕府を開き、日本で初めて武家政権を樹立した場所として知られています。

鎌倉大仏をはじめ、さまざまな観光地があるので、多くの観光客が毎年訪れます。

歴史的遺産だけでなく、山や海などの自然環境に恵まれているのも鎌倉市の魅力。

神奈川県南東部三浦半島の基部に位置します。

北部は丘陵地に囲まれているのに対し、南部は海に面しています。 東京都や横浜市に比べ、比較的穏やかな気候。

降水量も東京都や横浜市に比べて少ないものの、1日の最多降水量は増加傾向です。

海沿いの地域に住んでいる場合、塩害に配慮する必要があります。

場所によっては潮風が当たりやすくなっているかもしれません。

棟板金などが錆びついていないかどうかチェックするのが屋根修理を行う際のポイント。

隣接している市として、横浜市や藤沢市、逗子市が挙げられます。

人によっては鎌倉市周辺に所在地のある業者に依頼するかどうか迷っているのではないでしょうか?

鎌倉市での屋根修理の費用に関わるポイント

屋根修理の費用は一体どのようなポイントで変わってくるのか押さえておきたいところ。

見積書に記載されている費用を見た際、驚くことがあるかもしれません。

ここでは、鎌倉市での屋根修理の費用に関わるポイントについて紹介します。

屋根の面積

屋根の面積が広いと、施工範囲が広くなります。

それに伴い、屋根修理の費用が高くなるので、注意してください。

屋根の勾配

屋根の勾配が急かどうかも費用のポイント。

急になればなる程、屋根修理の費用がかかります。

使用する屋根材

屋根修理を行う際、どの屋根材を用いるかが重要です。

屋根材によっては想像以上に費用が高くなるかもしれません。

足場をどのくらい用いるか

足場が必要かどうかも屋根修理の費用に関わるポイント。

施工内容によっては足場が必要ない可能性もあります。

設置する足場が多くなればなる程、屋根修理の費用が高くなってしまいます。

外壁塗装などと同時に行うと、足場の設置・撤去の費用を抑えることが可能。

業者の所在地

業者の所在地が鎌倉市内または鎌倉市に近いかどうかも選ぶ決め手です。

鎌倉市から遠ければ遠い程、交通費が高くなります。

成田崇
成田崇
(株)いらかから鎌倉市は一時間程度で到着しますので特別な費用はかかりません。

まとめ

鎌倉市で屋根修理を行う際、屋根の状態や周辺の景観などに配慮しながら施工を進めるのが大事。

費用は約20万~250万円です。

普段から住宅の状態をチェックし、必要に応じてメンテナンスを行いましょう。

屋根修理で失敗しないためにも、鎌倉市で長年にわたって屋根修理に携わってきた業者を選ぶことをおすすめします。

約1時間で【鎌倉市】まで駆けつけます

(株)いらか から【鎌倉市】までは一時間で駆け付けます。

お気軽にお問合せください

 

【鎌倉市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【藤沢市】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【藤沢市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

雨漏りなどの被害を最小限に抑えるためにも、必要に応じて屋根補修を行うのが大事。

近いうちに業者に相談するので、どのくらいの費用がかかるのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

今回は藤沢市で屋根補修を行う際の費用について説明します。

藤沢市で屋根修理を行った際にかかる費用

屋根補修を藤沢市で行った際、約3万~20万円の費用がかかります。

住宅によって費用が大幅に変わるため、注意が必要。

10万円以下で済む場合もあれば、10万円を超える場合もあるかもしれません。

また、業者ごとに提案するプランが異なります。

屋根補修の内容とそれに伴う費用

屋根補修の内容として一体どのようなものがあるか気になっている方が多いのではないでしょうか?

住宅ごとに屋根補修の内容が変わります。

ここでは、一体どのような補修を行うかに加え、それに伴う費用について取り上げます。

棟板金の交換

棟板金は屋根の頂上に用いられる板金。

屋根材を固定するだけでなく、雨水が屋内に侵入するのを防ぐ役割があります。

年数の経過と共に釘などが浮いてしまうかもしれません。

著しく劣化していると、棟板金を交換する必要があります。

 

藤沢市で行う際にかかる費用は約10万~20万円。

コーキング補修

コーキングは屋根などの隙間を塞ぐことを指します。

雨風や紫外線により、劣化していきます。

コーキング補修も屋根補修の一環。

藤沢市で行う場合、約16,500~6万円の費用がかかります。

補修する箇所が多ければ多い程、コーキング補修にかかる費用が高くなるので、注意してください。

1ヵ所当たり約2,000~3,000円です。

雨樋の修理

雨樋は屋根に流れた雨水を地面に排水するための設備。

雨漏りなどの被害を防ぐために用いられます。

藤沢市で雨樋の修理を行う場合、約3万~10万円の費用がかかります。

住宅によっては10万円を超えてしまう可能性もあるので注意が必要。

雨樋の修理はm単位で計算します。

屋根補修の規模が大きくなると、費用が高くなってしまいます。

瓦の交換

瓦屋根の住宅に住んでいる方もいるのではないでしょうか?

ヒビ割れなどを理由に瓦を交換する必要があります。

藤沢市で瓦の交換を行う場合の費用は約2,200~5万円。

枚数が増えれば増える程、屋根補修の費用が高くなってしまいます。

漆喰の補修

漆喰は瓦と瓦の隙間を埋める塗り壁材。

雨水の侵入などを防ぎ、住宅の寿命を延ばすのに欠かせないです。

雨風や紫外線などにより、漆喰が劣化していきます。

結果、瓦が浮き上がってしまい、落下などの問題が発生するかもしれません。

藤沢市で漆喰の補修を行う場合、約2,500~5,000円/mの費用がかかります。

施工の範囲が大きくなると、費用が高くなるので注意してください。

破風板金の補修

破風板金はガルバリウム鋼板を破風板に巻く工事。

破風板は雨風が屋根に侵入するのを防ぐ役割があります。

年数の経過と共に破風板金が劣化していきます。

破風板金の補修を藤沢市で行った際にかかる費用は約4,200~4,500円。

屋根修理の費用に関わるポイント

屋根補修の費用は一体どのようなポイントで変わってくるか気になっている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、どのようポイントが費用に関わるかについて触れていきます。

屋根補修のプラン

屋根補修のプラン次第で安くなる場合もあれば、高くなる場合もあります。

住宅によっては複数の補修が必要になるかもしれません。

普段から住宅の状態を細かくチェックしてください。

住宅の階数

住宅の階数によっても屋根補修の費用が変わってきます。

また、屋根の勾配が急かどうかも費用が高くなるかどうかのポイント。

施工範囲

補修が必要な範囲は住宅ごとに異なるので注意が必要です。

施工範囲が広くなればなる程、費用が高くなります。

足場

足場をどのくらい設置するかも費用に関するポイント。

屋根補修は高所での作業が伴います。

足場が多くなればなる程、費用が高くなります。

住宅から業者の所在地までの距離

業者の所在地が一体どこにあるかも費用に関係します。

住宅から業者の所在地までの距離が長ければ長い程、交通費が高くなるので注意してください。

気になる業者が施工エリア外の可能性もあります。

住宅の立地条件

住宅の立地条件も屋根補修の費用に関するポイント。

近くに駐車場が無いなどの理由により、資材を搬入する手間がかかる場合があります。

死罪を搬入する手間がかかるのに伴い、屋根補修の費用が高くなってしまうかもしれません。

藤沢市はどのような場所か

藤沢市は湘南エリアの中心地。

神奈川県の中央南部に位置します。

南部は相模湾に面しています。

屋根補修を行う際、雨樋などが塩害による被害に遭っていないかチェックすることが大事。

南北に長く、北部と南部で気候に差が見られます。

北部は南部に比べ、夏季の降水量が多いのが特徴。

雨漏りなどによる被害を最小限にするためにも、雨風の対策を普段から意識してください。

暖流の影響を受けるので、温暖な気候です。

まとめ

藤沢市で屋根補修を行う際、数万円で済む場合もあれば、数十万円かかる場合もあります。

屋根は年数の経過と共に劣化していくので、普段から住宅に何か問題が起きていないか意識しておきたいところ。

屋根補修を業者に依頼する際、藤沢市で長年にわたって屋根補修に携わっているかどうかチェックすることをおすすめします。

業者によっては、藤沢市まで約1時間以内で駆けつける場合もあります。

相談したい内容を整理し、屋根に関する悩みを解消してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【藤沢市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【藤沢市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

日本の住宅などに用いられている瓦。

近いうち、藤沢市で瓦の修理を検討しているものの、どのくらいの費用がかかるのか疑問に感じているのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、予算に関する悩みを解消することが大切です。

今回は藤沢市で瓦の修理を行った際にかかる費用について取り上げます。

気になる方は一度参考にしてください。

藤沢市で瓦の修理を行った際にかかる費用

藤沢市で瓦の修理を行った際、約3,200~8,000円/㎡の費用がかかります。

30坪の住宅で瓦の修理を行うと、約32万~80万円の費用が必要。

住宅によって、瓦の修理にかかる費用が変わってきます。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、十分な予算を用意しましょう。

1枚当たりの費用は約2,200~9,000円。

住宅によっては想像以上の枚数が割れているかもしれません。

瓦のメリット

瓦からスレート屋根に変更するかどうか検討している方もいるのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際は瓦のメリットを一度把握しておきたいところ。

ここでは、瓦のメリットについて紹介します。

優れた耐久性

瓦は耐久性に優れた屋根材です。

熱や寒さに強く、ヒビ割れなどが起きにくいのがメリット。

断熱性に優れている

断熱性に優れているのもメリットに挙げられます。

室内で快適に過ごすためには、暑さ対策が重要になってきます。

部分的な葺き替えで済ませられる場合がある

修理を必要な箇所だけで済ませられるのもメリット。

1枚単位から交換できます。

瓦のデメリット

瓦は重いので、耐震性に劣る点に注意してください。

屋根を支える構造を頑丈にし、耐震性を向上させることが大切です。

瓦の修理にかかる費用はどのようなポイントで変わってくるか

瓦の修理にかかる費用は一体どのようなポイントで変わってくるか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、どのようなポイントで費用が変わってくるかについて触れていきます。

修理の内容

瓦の修理にかかる費用は一体どのような施工を行うかで変わります。

部分的なズレや瓦のヒビ割れなどは安く抑えられる可能性がある反面、雨漏りが発生していると費用が高くなってしまうかもしれません。

破損している瓦の枚数

破損している瓦の枚数によって費用が変わります。

多ければ多い程、費用が高くなるので注意してください。

屋根の面積

屋根の面積が広ければ広い程、修理にかかる費用が高くなります。

地震や台風などで屋根全体を修理することになるかもしれません。

交換する瓦の種類

交換する瓦の種類も費用に関わるポイント。

瓦の種類によっては想像以上に費用がかかってしまう可能性があります。

業者の所在地と住宅までの距離

業者の所在地と住宅までの距離がどのくらいあるかも費用に関わるポイント。

業者の所在地が藤沢市または隣接している市町にあるかどうかチェックしておくことが大切です。

施工エリア外の場合、交通費が想像以上にかかってしまうかもしれません。

瓦の修理を行う業者の選び方

瓦の修理はDIYで済ませるのではなく、業者に依頼することをおすすめします。

高所での作業が伴うため、転落などのリスクが伴います。

情報収集を行い、依頼する業者を決めるのが大事。

ここでは、業者の選び方について紹介します。

過去の施工実績

過去の施工実績をチェックし、依頼するかどうか判断してください。

施工の内容だけでなく、費用や工期などを把握することができます。

口コミを通して、スタッフの対応をチェックするのも重要。

施工エリア

施工エリア内かどうかを踏まえ、相談・契約を進めていくことになります。

業者によって施工エリアが変わってきます。

施工エリア外でも依頼したい場合、一度相談してはいかがでしょうか?

業者によっては、藤沢市まで約1時間で訪問する場合があります。

見積もりが分かりやすいか

見積書に記載されている内容は依頼するかどうかの決め手。

使用する瓦だけでなく、施工内容や費用の内訳などをチェックし、分からない部分がある際は業者に質問してください。

保証内容が充実しているか

瓦の修理が終わった後も屋根のメンテナンスを継続していくことになります。

気になる業者を見つけたら、どのような保証を用意しているかチェックすることが大切。

契約を急かさないかどうか

契約を急かさないかどうかも業者選びのポイントです。

瓦の修理を行う際、業者との間でトラブルを避けたいところ。

詐欺の被害に遭わないためにも、契約を急かす業者は注意してください。

藤沢市の特徴

藤沢市は温暖な気候の地域。 南部は相模湾に面しています。

夏季の降水量が多いのも特徴に挙げられます。

住宅のメンテナンスを行う際、塩害による被害を意識するのが重要。

屋根修理・屋根リフォームで失敗しないためにも、屋根材が錆びにくいかどうか把握してください。

隣接している市町として、横浜市や鎌倉市、大和市、寒川町などが挙げられます。

藤沢市で瓦の修理を行う際は横浜市などに所在地がある業者も選択肢に入れてはいかがでしょうか?

まとめ

瓦の修理を藤沢市で行う際にかかる費用は約3,200~8,000円/㎡。

破損した瓦の枚数などにより、費用が変わってきます。

場合によっては、屋根全体を修理することになるかもしれません。

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行う際は藤沢市の地形や気候などを理解している業者に依頼しましょう。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【厚木市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【厚木市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
瓦の修理費用はどのくらいかかるものなんでしょうか?

日本建築に用いられている瓦。

人によっては瓦屋根の住宅に住んでいるのではないでしょうか?

何らかの拍子で瓦が破損する場合があります。

破損したままにしておくと、被害が大きくなってしまうので注意が必要です。

今回は厚木市で瓦の修理を行う際、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

厚木市で瓦の修理を行う際にかかる費用

厚木市で瓦の修理を行う場合、約3万円以上の費用がかかります。

著しく劣化していない場合、修理にかかる費用を抑えられるかもしれません。

修理にかかる費用は施工の内容によって大きく変わってきます。

瓦の修理内容とそれに伴う費用

瓦の状態に応じて適切な修理が行われます。

修理内容は以下の通り。

・瓦の交換

・棟瓦の補修

・積み直し

・漆喰の詰め直し

ここでは、瓦の修理内容とそれに伴う費用について紹介します。

厚木市で瓦の修理を予定している方は一度チェックしてください。

瓦の交換

厚木市で瓦を交換する際、1カ所当たり約3万円以上の費用がかかります。

業者や交換する瓦によって費用が変わってきます。

台風や地震などによって瓦が割れる恐れがあるため、自然災害の後は瓦の状態をチェックするのが大事。

また、瓦の交換にかかる費用は職人1人当たりの手間賃に基づいて計算されます。

気になる業者を見つけたら、1㎡当たり一体どのくらいの費用がかかるのかもチェックすることをおすすめします。

棟瓦の補修・積み直し

屋根の棟に用いられる棟瓦の補修・積み直しも修理の一環。

屋根のてっぺんの瓦(棟)が崩れてきたけど・・・|平塚・株式会社いらか|屋根専門

棟瓦は雨水が棟から侵入するのを防ぐ役割があります。

厚木市で棟瓦の補修・積み直しを行う場合、1m当たり約1万円以上の費用が必要です。

漆喰の詰め直し

漆喰は瓦屋根に用いられる塗り材。

外観を綺麗に保つだけでなく、雨水の侵入を防ぐために用いられます。

漆喰の詰め直しも瓦の修理内容のひとつです。

厚木市で行う場合、1m当たり約4,000円以上の費用が必要。

瓦の寿命は長いからといって放置し続けるのではなく、漆喰に問題がないか点検し、定期的に漆喰の詰め直しを行いましょう。

漆喰は台風や紫外線などによって劣化していきます。

破損した瓦を放置すると一体どのような問題が発生するか

破損した瓦を放置し続けていると、さまざまな問題が発生します。

大きな被害にならない内に瓦の修理を行うことが大事。

成田崇
成田崇
破損した瓦を放ったままにしておくと雨漏りに直結します。

一体どのような問題が発生するのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、破損した瓦を放置し続けることで発生する問題について触れていきます。

瓦の落下

瓦が落下する恐れがあります。

場合によっては通行人がケガを負うなどの事故に発展するかもしれません。

トラブルを避けるのも瓦を修理する目的のひとつ。

雨漏り

破損した瓦から雨水が侵入すると、雨漏りが発生します。

雨漏りによってさまざまな問題が引き起こされます。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

野地板などを腐食させるだけでなく、カビやシロアリを発生する原因にも成るので注意したいところ。

天井にシミができていないかどうかなどを普段から意識し、雨漏りが発生していないかどうか確認することが大切です。

野地板や柱などが腐食してしまうと、住宅の寿命を縮めてしまいます。

厚木市で瓦の修理を行う際にかかる費用に関わってくるポイント

厚木市で瓦の修理を予定しているものの、

一体何が費用に関わってくるか疑問に感じているのではないでしょうか?

ここでは、修理の費用に関わるポイントを何点か説明します。

何階建てか

皆さんは一体何階建ての住宅に住んでいるでしょうか?

3階以上になると、瓦の修理にかかる費用が高くなってしまいます。

平屋の場合は瓦の修理にかかる費用を抑えることができます。

屋根の勾配

屋根の勾配も費用に関わるポイントのひとつ。

急になればなる程、瓦の修理に関わる費用が高くなります。

野地板と防水シートが著しく劣化していないか

野地板と防水シートの状態もチェックしておくことが大事。

屋根修理・屋根リフォームの費用は野地板と防水シートが著しく劣化しているかどうかによって変わってきます。

状態によっては大規模な施工になるかもしれません。

業者の所在地

業者の所在地がどこにあるかも瓦の修理を行う上で重要です。

住宅から遠ければ遠い程、交通費がかかってしまいます。

場合によっては施工エリア外の可能性もあるかもしれません。

施工エリア外の業者に依頼すると、想像以上に費用がかかる場合があります。

厚木市内に約1時間以内で駆けつける業者も存在するので、業者の所在地と施工エリアを把握しておきたいところ。

多くの方が長年にわたって厚木市内で屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者に依頼したいと感じているのではないでしょうか?

立地条件

住宅の立地条件によっても瓦の修理にかかる費用が変わってきます。

駐車場があるかどうかはもちろん、道路の狭さなどによって瓦などが搬入しにくくなります。

搬入しにくいと、運搬にかかる費用が高くなるので注意が必要。

まとめ

屋根の状態により、瓦の修理にかかる費用が変わってきます。

厚木市の場合、約3万円以上の費用がかかります。

業者によって費用だけでなく、保証や現場までに駆けつける時間も異なるので、注意したいところ。

信頼できる業者を見つけたら、瓦に関する相談を一度行ってみてはいかがでしょうか?

コミュニケーションを取り、信頼できると判断したら契約を進めましょう。

 

【厚木市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【伊勢原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【伊勢原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇

屋根修理を伊勢原市で行う際、どのくらいの費用がかかるか意識しておくことが大切。

施工の内容により、費用が変わってきます。

近いうち、屋根修理を予定しているものの、費用などについて心配している方が多いのではないでしょうか?

今回は伊勢原市で屋根修理を行った際、どのくらいの費用がかかるのかについて取り上げます。

住宅について関心のある方は一度参考にしてください。

伊勢原市での屋根修理の相場

伊勢原市で屋根修理を行う際、人によって費用が変わってきます。

数千円で済む場合もあれば、約30万~200万円の費用がかかる場合もあります。

屋根修理の規模が大きくなればなる程、費用が高額になってくるので、伊勢原市で屋根修理を予定している方は注意したいところ。

伊勢原市で行う屋根修理の内容とそれに伴う費用

屋根修理の方法は数多く存在します。

どのような施工を行うか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主な施工内容は以下の通り。

・屋根塗装

・屋根カバー工法

・屋根葺き替え工事

・瓦の交換

・漆喰の補修

・コーキング処理

・雨樋の修理

ここでは、屋根修理の各方法とそれに伴う費用について触れていきます。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材を塗装し、住宅の外観を保つ施工。

屋根材の劣化を防ぐのもメリットに挙げられます。

伊勢原市で行う場合、約30万~100万円の費用がかかります。

足場の費用を抑えるために外壁塗装と同時に行うのがポイント。

用いる塗料によって、屋根修理の費用が変わってきます。

納得のいく施工を行うためにも、各塗料の特徴をチェックしましょう。

屋根カバー工法

屋根カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる屋根修理です。

伊勢原市で行う場合、約50万~150万円の費用がかかります。

廃材を処分する手間が省ける分、費用が抑えられるのがメリット。

屋根材にアスベストが含まれている場合に適しています。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新たな屋根材を葺く屋根修理です。

屋根の重量を軽くして耐震性を向上できるだけでなく、野地板や防水シートを交換できるのもメリット。

伊勢原市で屋根葺き替え工事を行うと、約70万~200万円の費用がかかります。

屋根カバー工法に比べて費用が高額になるものの、野地板などに問題がある場合は屋根葺き替え工事が必要です。

太陽光発電を視野に入れている方も屋根葺き替え工事を通して住宅のメンテナンスを行ってはいかがでしょうか?

瓦の交換

破損した瓦を新しい瓦に交換するのも屋根修理の一環。

費用は1枚当たり約2,200円以上です。

交換する枚数により、費用が変わってきます。

瓦が割れていたり、ズレていると雨漏りに発展する恐れがあるので注意してください。

漆喰の補修

瓦と瓦の隙間を埋める漆喰の補修を行う場合、1㎡当たり約4,000円以上の費用がかかります。

経年劣化などにより、歪みなどが生じます。

雨風や直射日光などに晒されているため、普段から屋根の状態をチェックするのが大事。

コーキング処理

コーキング処理は屋根材にできたヒビなどを修理し、雨水の侵入を防ぐために行われます。

伊勢原市で行う場合、約2,000円以上の費用がかかります。

雨樋の修理

雨樋は屋根や外壁を雨水からの劣化から守るために設置される設備。

 

地面の排水口に雨水を流します。

伊勢原市で雨樋の修理を行う際、約30,000円以上の費用がかかります。

施工の規模が大きくなると費用が高くなるので注意してください。

破損した部分を交換する場合もあれば、新しい雨樋に交換する場合もあります。

伊勢原市で屋根修理を行う業者の選び方

伊勢原市で屋根修理を依頼する際、信頼できる業者を見つけるのが大事。

トラブルを避けるためには、情報収集をできる限り行いましょう。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

業者の所在地

業者の所在地が一体どこかチェックし、依頼するかどうか判断したいところ。

業者の所在地と現場が近いと、早くて約30~60分で訪れる場合もあります。

また、施工エリアに伊勢原市周辺が含まれていない可能性も十分考えられます。

業者によっては施工エリア外でも依頼を受け付ける場合がありますが、交通費が想像以上にかかる可能性があるので注意してください。

過去の施工事例

過去の施工事例から伊勢原市周辺で屋根修理を何度も行っているかどうかチェックすることをおすすめします。

人によっては屋根修理のイメージがつかめていないのではないでしょうか?

施工内容や工期、費用などを把握し、相談するかどうか検討したいところ。

保証内容

屋根修理を行った後も定期的にメンテナンスを行うことになります。

業者が一体どのような保証を用意しているかを加味した上で相談・契約を進めましょう。

保証内容は業者によって変わってきます。

見積書の記載内容

屋根修理の契約をするかどうか判断するために見積書に記載されている内容を細かくチェックしてください。

使用する屋根材や塗料だけでなく、施工内容や費用の内訳などが分かりやすく記載されているかどうかが重要です。

見積もりに関して分からないことがある際は業者に質問することをおすすめします。

業者との間でトラブルを起こさないことが屋根修理を進める際のポイントのひとつ。

まとめ

伊勢原市で屋根修理を行う際、場合によっては100万円以上の費用がかかります。

普段から住宅の状態に気を配り、定期的にメンテンスを行いましょう。

伊勢原市は温暖な気候で住みやすい反面、湿度が高く、局地的に大雨が発生しています。

思い入れのある住宅に住み続けるためには、雨漏りによる被害に注意が必要。

気になる業者を見つけたら、所在地が伊勢原市周辺かどうかをチェックし、相談するかどうか判断してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【伊勢原市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【伊勢原市】で瓦の修理が完了!その費用とは?!

成田崇
成田崇
伊勢原市で瓦の工事が完了しました。

伊勢原市で瓦屋根の住宅に住んでいる方も多いのではないでしょうか?

何かしらの拍子で瓦が割れたり、欠けるなどの問題が発生するかもしれません。

破損を確認したら、いち早く修理を行い、被害が大きくなるのを防ぐのが大事。

今回は伊勢原市で瓦の修理を行うと、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説します。

伊勢原市で瓦の修理を行った際にかかる費用

伊勢原市で瓦の修理を行った際、安くて約2万~5万円かかります。

施工の規模が大きくなると、約100万円以上の費用が必要。

どのような修理を行うかにより、費用が変わってきます。

業者にも見積もりを行い、費用に納得した上で契約するかどうか判断することになります。

瓦の修理の内容とそれに伴う費用

瓦の修理と言っても、住宅によって施工の内容が異なるので注意してください。

一体どのような方法で修理を進めていくのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

主な修理の内容として、以下のものが挙げられます。

屋根のてっぺんの瓦(棟)が崩れてきたけど・・・|平塚・株式会社いらか|屋根専門

・瓦の交換

・漆喰の詰め直し

・棟瓦の取り直し

ここでは、各修理の内容とそれに伴う費用について触れていきます。

瓦の交換

割れた瓦の交換は1枚当たり約1,000~8,000円。

交換する枚数によって、費用が変わってきます。

足場を用いると、10万円以上の費用が必要です。

漆喰の詰め直し

漆喰を新たに詰め直す際にかかる費用は1m当たり約6500~8500円。

瓦の交換同様、どのくらいの規模になるかによって費用が変わってきます。

足場の設置費用などを踏まえると、修理にかかる費用が約30万円になる場合もあります。

棟瓦の取り直し

棟瓦の取り直しは瓦のズレや漆喰の剥がれが起きている時に行われる施工。

費用は1m当たり約5,000~20,000円です。

業者によって、費用が変わってきます。

一度解体し、新たに棟瓦を積み直すことでズレを解消。

規模によって合計費用が変わってきますが、約50万~170万円が相場です。

瓦を修理しないまま放置するとどのような問題が発生するか

破損した瓦をそのまま放置し続けると、一体どのような問題が発生するのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

修理しないことで予想外のトラブルが発生する可能性も十分考えられます。

ここでは、破損した瓦を放置した結果、一体どのような問題が発生するかについて取り上げます。

他の瓦の破損

瓦がズレると、他の瓦に負担がかかります。

結果、他の瓦が破損し、屋根修理の費用が高額になってしまうかもしれません。

なるべく早いうちに瓦のズレなどを把握し、屋根修理・屋根リフォームを行うのが大事。

瓦の落下

破損または浮いている瓦をそのまま放置し続けることにより、地震などによって落下してしまう恐れがあります。

車などに当たって破損させてしまうことはもちろん、通行人にケガを負わせてしまう可能性も十分考えられます。

予想外のトラブルを回避するためにも、屋根修理・屋根リフォームを行ってください。

雨漏り

瓦を修理しないまま放置し続けることで雨漏りが発生する恐れがあります。

雨漏りは屋根材などを腐食させるだけでなく、カビやシロアリなどを発生させ、住宅の寿命を短くしてしまいます。

最悪の場合、倒壊の原因にもなるので、雨漏りが起きる前に屋根修理・屋根リフォームを済ませておきたいところ。

天井にシミができていないかどうかなどをチェックし、異変を感じた際は業者にいち早く相談してください。

どの瓦を用いているかも屋根修理を行う上で重要

瓦には、いくつかの種類が存在します。

屋根修理・屋根リフォームを進める際、どの瓦が住宅に用いられているかが重要。

粘度を材料にした粘土瓦は耐久性が優れています。

屋根が重くなり、地震などでズレやすい点に注意する必要があります。

塗装が不要な粘土瓦が多く、塗装する手間を省きたい方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

セメント瓦は色や形が豊富なため、住宅のテーマ・コンセプトに合わせやすいです。

耐候性や耐火性に優れています。

塗装が剥げることにより、ヒビが入りやすくなるので注意してください。

また、セメント瓦によっては在庫切れや廃盤になっているかもしれません。

施工後のメンテナンスも視野に入れ、どの瓦を用いるか業者に一度相談することをおすすめします。

伊勢原市で長年にわたって屋根修理を行っている業者に依頼するのが大事

屋根修理・屋根リフォームに携わっている業者は数多く存在するので、どこに依頼すれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

業者選びを行う際は伊勢原市で長年にわたって屋根修理・屋根リフォームを行っているかどうかチェックするのが大切です。

伊勢原市や隣接している厚木市などにオフィスがあると、早めに対応することが可能。

業者によっては伊勢原市が施工エリア外になっているかもしれません。

伊勢原市は温暖な気候な反面、局地的に大雨が発生している場合もあります。

年間の降雪量は少ないです。

局地的に大雨が発生していることを踏まえた上で屋根修理・屋根リフォームを進めてください。

まとめ

伊勢原市で瓦の修理を行う際、屋根の状態によって費用が変わります。

数万円で済む場合もあれば、約30万円以上かかる場合も存在します。

著しい破損が見られると、100万円以上かかってしまうかもしれません。

伊勢原市の地形や気候などを理解している業者に依頼し、納得のいく施工を行うことが大切。

所在地が伊勢原市または隣接している市にあるかどうかチェックしてください。

施工エリア外かどうかで対応できるかどうかだけでなく、交通費などが変わってきます。

 

【伊勢原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】で瓦屋根のリフォーム工事が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

【南足柄市】で瓦屋根のリフォーム工事が完了しました。

現場へ駆けつけるとこのように

瓦が割れていました。

何かが落下して割れたようです。

周辺の瓦を移動します

割れている瓦と

その周辺の瓦も一度移動し

下地の防水シートを確認します。

なぜ、防水シートの確認が必要?!

防水シートの劣化が雨漏りに直結してしまうためです。

 

成田崇
成田崇
ルーフィングとはこんな感じの黒い防水シートです

ルーフィングとは一体何かについて解説します。

雨漏りが心配だと感じている方は一度参考にしてください。

そもそもルーフィングとは一体何か

ルーフィングは防水性に優れたシート。

屋根材の下に敷きます。

ルーフィングはどうして必要なのか

ルーフィングは屋根からの雨漏りを防ぐのに使用。

木製の野地板は雨や湿気に弱く、長期間に渡って雨に晒され続けると、腐食してしまいます。

成田崇
成田崇
ルーフィングとはこのように職人さんが丁寧に張ります

雨水は屋根材の重なり部分や隙間から侵入します。

ルーフィングが原因でどうして雨漏りが起きるのか

ルーフィングが原因で雨漏りが起きるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

適切なメンテナンスを行うためにも、雨漏りする理由を知っておくことが重要です。

成田崇
成田崇
30年以上前の屋根に多かったトントンと呼ばれる杉で出来た防水シート

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・屋根材の問題

・雨仕舞に関する不具合

・気象

・ルーフィングに開いた穴

ここでは、雨漏りがどうして起きるかについて解説するので、

リフォーム・リノベーションを予定している方は一度チェックしてください。

経年劣化

ルーフィングには、寿命があります。

年数を重ねれば重ねる程、劣化していきます。

成田崇
成田崇
屋根からの雨漏り原因のほとんどはルーフィング(防水シート)の劣化によるものです

ルーフィングが10年以上経過している場合、

雨漏りが発生していないかどうか業者に点検を依頼してはいかがでしょうか?

今回の【南足柄市】の物件は築30年以上経過していたので

きちんと確認する必要がありました。

屋根材の問題

今回の【南足柄市】のヶー巣のように

屋根材に不具合が見られると、ルーフィングの劣化を促進し、

最終的には雨漏りが発生します。

地震などにより、屋根材が破損し、ルーフィングが雨風に晒され続けている場合もゼロではありません。

雨水が侵入しやすい状態になっていると、雨漏りを助長させてしまうので、注意したいところ。

雨仕舞に関する不具合

雨水を排水する雨仕舞に何かしらの不具合があると、

屋根の内部に流れ込む可能性があります。 結果、ルーフィングの劣化を引き起こします。

気象

地域や立地により、気象が異なる点も雨漏りの原因。

雨や雪などの頻度が多く、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

気象の影響で住宅の劣化を促進させてしまう恐れがあります。

住宅のメンテナンスを行うなら、気象にも配慮することが大切です。

ルーフィングに開いた穴

タッカーでルーフィングを固定する際、穴をルーフィングに開けてしまいます。

成田崇
成田崇
太陽光パネルをお勧めしない理由に「屋根に大量の穴を開ける」ことがあります

穴が多ければ多い程、雨漏りになる可能性が高くなるので、注意したいところ。

太陽光パネルからの雨漏り、その原因と対策とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

リフォーム・リノベーションを予定している方はルーフィングに開ける穴の数について業者と相談することが重要です。

既存瓦を移動した後は瓦を戻します。

【南足柄市】のケースではそれほど

ルーフィング(防水シート)の劣化が見られなかったので

そのまま瓦屋根の修理をすすめます。

似た色の瓦を戻して完了です。

【南足柄市】で瓦屋根のリフォーム工事費用は3万円でした。

㈱いらかは屋根の専門店です

瓦の在庫も豊富にありますのですぐに対応することが出来ます。

【南足柄市】までは車で40~50分で駆け付けます。

㈱いらかは平塚市で40年以上続く屋根の専門店です。

【南足柄市】までは車で40~50分

点検見積りは無料ですのでお気軽にお問合せください。

まとめ

【南足柄市】で瓦屋根の一部が割れていました。

割れた瓦をそのまま放っておくと雨漏りに繋がります。

また雨漏りには「ルーフィング」が大きな役割を果たしています。

ルーフィングは雨漏りを防ぐ上で欠かせません。

ただし、経年劣化や屋根材の問題などにより、雨漏りが発生する可能性が高くなってしまうので注意したいところ。

普段から屋根の状態をチェックすることが大切です。

 

 

 

 

【南足柄市】で屋根リフォームや雨漏りご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】で瓦屋根修理工事完了!瓦のてっぺん(棟)の修理費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

【南足柄市】で瓦屋根のメンテナンス工事が完了しました

バルコニーや家の周りに土の塊のようなものが

落ちていたら要注意です。

そもそも瓦のてっぺん(棟)の寿命ってどのくらい?!

住宅のメンテナンスを行う際、屋根材の寿命を押さえておきたいところ。

屋根材により、寿命に差があります。

適切なメンテナンスを心掛け、少しでも長く住み続けられるようにしましょう。

今回は瓦のてっぺん(棟)の寿命について解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

瓦の棟の寿命

瓦の棟の寿命は約30年前後。 他の屋根材に比べ、寿命が長いです。

釉薬を塗っているかどうかで寿命が変わる

瓦に釉薬を塗っているかどうかにより、寿命が変わってきます。

多くの方は釉薬と聞いて壺などをイメージしたのではないでしょうか?

釉薬を塗って焼いた瓦を釉薬瓦と呼ぶのに対し、釉薬を塗らずに焼いた瓦をいぶし瓦と呼びます。

釉薬瓦といぶし瓦の寿命は以下の通り。

・釉薬瓦:約60~100年

・いぶし瓦:約30~50年

新築住宅の施工やリフォーム、リノベーションを予定している方はどの瓦を用いるか意識する必要があります。

瓦の棟に用いられている防水シートの寿命も重要

瓦だけでなく、防水シートの寿命も住宅のメンテナンスを行う上でポイントになってきます。

防水シートの寿命は約20~30年。

屋根材はもちろん、防水シートに問題がないかチェックしてください。

最強の防水シート!ニューライナールーフィングって何? 特徴3選|平塚・株式会社いらか|屋根専門

防水シートが破損していると、雨漏りなどの問題が発生します。

雨漏りを放置し続けることで被害がさらに大きくなってしまうため、注意が必要です。

瓦の棟の寿命を少しでも長くするためにはメンテナンスが大事

瓦の棟の寿命を少しでも長くしたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

長期にわたって住み続けるなら、どのような方法でメンテナンスを行っていくか押さえておきたいところ。

メンテナンスの方法として、以下のものが挙げられます。

・漆喰の補修

・瓦の交換

・棟瓦の積み直し

・屋根の葺き直し

・屋根の葺き替え

ここでは、瓦の棟をメンテナンスする方法について解説します。

リフォーム・リノベーションを予定している方は一度参考にしてください。

【南足柄市】で瓦修理の費用は・・・

【南足柄市】で部分的な瓦修理の費用は約5万円でした。

葺き替えになると200万円前後はかかるので

事前にメンテンスをしてくことはとても大事です。

漆喰の補修

約10年で漆喰が劣化します。

瓦の棟を長持ちさせるためには、漆喰の補修が重要です。

漆喰の劣化を放置し続けると、棟が歪んでしまうので注意したいところ。

瓦や本谷の交換

何らかの原因で瓦が割れてしまうケースが存在します。

また本谷が銅板の場合は腐食により穴が開くことがあるため注意が必要です

破損を確認したら、新しい瓦や本谷に交換してください。

瓦が割れているのをそのままにしていると、防水シートが劣化してしまいます。

棟瓦の積み直し

棟瓦が歪んでいる場合、棟瓦を積み直します。

漆喰を補修するだけでは、棟瓦の歪みを直すことができません。

成田崇
成田崇
瓦屋根の棟(屋根のてっぺん)の積み直しをした場合はこのような感じです

歪んだ状態を放置し続けると、崩れる恐れがあります。

屋根の葺き直し

屋根の葺き直しは瓦を取り外した後、防水シートを取り換え、再び瓦を葺く工事。

防水シートを最適な状態に保つのに必要です。

屋根の葺き替え

屋根の葺き替えは新しい瓦に全て取り換えること。

成田崇
成田崇
40年以上ノーメンテナンスの場合は葺き替えになるケースが多いです

工事のタイミングとして、瓦の寿命を迎えた時や新しい屋根材に変えたい時などが挙げられます。

屋根の葺き替えを行う際は、瓦を設置してから何年経過しているか把握することが大切です。

屋根瓦だけでなく外壁などの点検も重要

住宅の倒壊などを防ぐためにも、5年に1回の頻度で住宅の点検を行うことをおすすめします。

瓦の他にも、外壁や窓などの劣化が起きているかもしれません。

点検で問題のある箇所を把握し、適切なメンテナンスを行ってください。

信頼できる業者にメンテナンスを依頼するのも大事

瓦の棟の寿命を少しでも長くするためにも、信頼できる業者にメンテナンスを依頼したいところ。

数多くの業者の中から一体どこに相談すれば良いか分からないなどの悩みを感じている方も多いのではないでしょうか?

業者を選ぶ際、ポイントを何点か押さえる必要があります。

最後に、業者選びの方法について解説します。

瓦に関する有資格者かどうか?

「瓦ぶき2級技能士」「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」など瓦屋根に関する資格が存在します

「塗装屋さん」や「なんでもるリフォーム屋さん」には注意が必要です

㈱いらかでは職人や工事担当者を含めて有資格者が在籍しております。

瓦の棟のメンテナンスに関するノウハウが豊富かどうか

施工実績などから、瓦の棟のメンテナンスに関するノウハウが豊富かどうかを把握することが大事。

屋根について適切なアドバイスを受け、リフォーム・リノベーションを進めてください。

施工実績はこちらから

【南足柄市】まで車で40~50分で駆け付けます。

㈱いらかの所在地、平塚から【南足柄市】までは車で40~50分

点検や見積もりは無料で行っております。

屋根がちょっと心配だな・・・と感じたらご連絡ください。

まとめ

【南足柄市】で瓦屋根の修理費用は約5万円でした。

葺き替えになると200万円前後はかかるので

事前にメンテンスをしてくことはとても大事です。

㈱いらかでは【南足柄市】まで工事範囲ですのでご安心ください。

瓦の棟の寿命は約30年。 他の屋根材に比べ、寿命は長いです。

ただし、環境やメンテナンスの方法、釉薬を塗っているかどうかなどにより、寿命が変わってきます。

少しでも寿命を長くするためにも、適切なメンテナンスを行うのが大事。

また、瓦だけでなく、外壁や窓なども劣化しているので、定期的に点検を行いましょう。

 

【南足柄市】で屋根瓦修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

 

【南足柄市】で瓦屋根の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】で瓦屋根の修理が完了しました。

台風による飛来物の落下で瓦が割れてしまいました。

今回の【南足柄市】のようなケースは多いと思います。

㈱いらかは【南足柄市】まで車で40~50分で駆け付けます。

今回のような瓦屋根修理は1日で完了することが出来ます。

棟瓦も同様に割れてしまっていました。

一度割れた瓦を撤去します。

同じ瓦で修理しました。

多くの人が瓦は長持ちすると考えていますが実際はどうなんでしょうか?

瓦屋根の寿命がどのくらいなのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、瓦屋根の寿命について解説します。

瓦自体は50年以上問題ない

瓦自体は50年以上の寿命があります。

他の屋根材に比べ、耐久性に優れているのがポイント。

成田崇
成田崇
これはあくまでも瓦自体の寿命です

新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを行う際は、

屋根材の耐久性に目を向けることが大切です。

寿命が長い理由

瓦屋根の寿命が長い理由は約1,000℃以上の高温で焼成しているため。

焼き締めることにより、耐水性と耐候性が増し、寿命が長くなります。

また、釉薬が塗布されている場合が瓦屋根に存在します。

釉薬を塗布することで瓦屋根の表面をガラス質にすること可能。

結果、強度が増すのに加え、美しい状態を保ちやすくなります。

瓦の棟は30年前後

瓦の棟は30年前後経過すると、ズレなどの問題が発生します。

成田崇
成田崇
今回の【南足柄市】のケースでも棟は破損してしまいました。

瓦自体の寿命が長いからメンテナンスしないまま放置するのは避けましょう。

https://www.teppen-reform.com/munekawara-maintenance/

ルーフィングも30年前後

ルーフィングの寿命も30年前後。

屋根防水で最も大事なルーフィング(防水シート)について|平塚・株式会社いらか|屋根専門

防水性に優れており、雨漏りの被害を防ぐために欠かせないです。

屋根本体の下に敷かれています。

30年前後でメンテナンスが必要

瓦の棟やルーフィングの寿命を踏まえると、30年前後で瓦屋根のメンテナンスを行いましょう。

成田崇
成田崇
結論から言うと瓦屋根でも30年に一度はメンテナンスが必要だということです

環境によって、メンテナンスを行うタイミングが変わってきます。

ひび割れなどが見られた際は業者にすぐチェックして頂きたいところ。

瓦屋根が劣化する原因

瓦屋根がどうして劣化するのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

劣化する原因は多岐に渡ります。 主な原因として、以下のものが挙げられます。

・日光

・雨風(雨水)

・カビ

・藻

・自然災害

・潮風

各原因について触れていくので、

屋根のメンテナンスについて関心のある方は一度参考にしてください。

日光

屋根材は日光の紫外線の影響を受け、次第に劣化していきます。

外壁も日光を浴び続けると、コーキングが剥がれていくので注意したいところ。

雨風(雨水)

日光だけでなく、雨風にも晒されています。

長時間晒され続けることで劣化が促進します。

成田崇
成田崇
棟の劣化などはほとんどが雨水の影響です

カビ

カビも瓦屋根が劣化する原因のひとつ。

暗くて湿気の多い場所に発生しやすいです。

立地によっては、日当たりが悪い可能性があります。

新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを行う際は日当たりが良いかどうか意識しましょう。

藻もカビと同様に暗くて湿気の多い場所に発生しやすいです。

瓦屋根の劣化を促進させてしまうため、早めに対処してください。

自然災害

地震や台風などの自然災害で瓦屋根に何かしらの被害を受ける場合があります。

規模によっては大きな被害が発生しているかもしれません。

自然災害の後は、すぐに瓦屋根の点検を依頼することをおすすめします。

潮風

人によっては、海沿いの地域に住んでいるのではないでしょうか?

海水に含まれる塩分が瓦屋根に被害を及ぼす場合が存在します。

潮風も瓦屋根が劣化する原因なので、海沿いの地域に住宅を建てる際は注意してください。

瓦と瓦が重なり合っている部分に塩害が発生し、瓦の内部から破壊されます。

瓦屋根を放置し続けると発生する問題

メンテナンスをしないまま、瓦屋根を放置すると一体何が起きるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

劣化した瓦屋根を放置し続けると、以下の問題が発生しやすくなります。

・雨漏り

・瓦の落下

ここでは、瓦屋根が劣化することで起きる問題について説明します。

雨漏り

瓦のズレなどが発生すると、雨漏りが発生しやすくなるので注意してください。

成田崇
成田崇
ほとんどの雨漏りはルーフィング(防水シート)の劣化で発生します

雨漏りが進行することにより、屋根などが腐食し、最終的には住宅が倒壊するリスクが高くなります。

瓦の落下

割れた瓦が落下する事故が発生する恐れもあるので、定期的にメンテナンスすることが重要です。

最悪の場合、瓦が他の建物や通行人に当たるなどの問題に発展するかもしれません。

自分だけでなく、家族や通行人などの安全にも配慮しましょう。

瓦を固定する釘が緩むと、ズレや歪みが起きます。

ズレや歪みが発生することで落下のリスクが高くなります。

瓦屋根のメンテナンスについて業者に相談するのが大事

瓦屋根の寿命やメンテナンスについて何か分からないことがある場合、業者に位置相談しましょう。

的確なアドバイスを頂きつつ、長く住み続けられる状態に保つことが大切です。

トラブルを避けるためにも、施工実績や保証の有無、スタッフの対応などをチェックし、依頼するかどうか判断してください。

また、施工エリアが業者によって異なるため、

自分の住んでいる地域が施工エリアの範囲内かどうか把握する必要があります。

【南足柄市】での瓦屋根修理の費用は3万円でした。

今回の【南足柄市】のような一日で終わる瓦屋根修理の費用は3万円です。

瓦と言えども立地や自然災害の有無などにより、すぐにメンテナンスを行わないといけない場合もあるので、

普段から住宅の状態をチェックしておきたいところ。

屋根に何か違和感がある際、業者にいち早く相談してください。

(株)いらかは平塚市の屋根専門会社です。

今回の南足柄市の事例のような屋根のリフォームを最も得意としております。

屋根だけではなく外壁塗装なども自社の職人を抱えて運営しております。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問合せください。

 

【南足柄市】で屋根修理、屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

台風で屋根被害があったときの応急処置方法って?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

台風で屋根被害があったときの応急処置方法って?!

台風で屋根被害に遭った際、いち早く応急処置を行う必要があります。

成田崇
成田崇
写真のように棟板金が飛ばされてもすぐには雨漏りしません。

スレート屋根の棟(屋根のてっぺん)板金が浮くのはなぜ?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

応急処置を行いたいものの、一体どのような方法か分からないと疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、台風で屋根被害に遭った時の応急処置方法について解説します。

台風で屋根被害に遭うと一体どのような問題が発生するか

台風の屋根被害を放置し続けると、被害がさらに大きくなってしまいます。

自然災害に遭った後は住宅の状態を一通りチェックし、屋根被害の有無などを確認するのが大事。

成田崇
成田崇
雨漏りで困るのは建物に被害が及ぶことですよね

屋根被害により発生する主な問題として以下のものが挙げられます。

・カビの発生

・木材の腐食

・シロアリの発生

・壁紙の剥がれ

・家財の水濡れ

・電化製品

・電気配線の漏電による発火

人によって、被害の大きさが異なります。 住宅の倒壊や火災に発展しないよう、いち早く対処しましょう。

台風で屋根被害に遭った時の応急処置方法

台風で屋根被害に遭った時の応急処置方法はブルーシートを屋根にかけること。

行う際は安全を十分確保することが大切です。

成田崇
成田崇
そもそも屋根上での作業はとても危険です、危ないと感じたら登るのはやめましょう

天候が回復したら、屋根修理や屋根リフォームを進めていきます。

早速ですが、台風で屋根被害に遭った後にブルーシートのかける手順を紹介するので、気になる方は参考にしてください。

重し作り

砂利や瓦を土嚢袋に入れた後、紐で口を縛ります。

重しをもう1つ作ったら、最初に作った重しの紐と2つ目の重しの紐を結び合わせます。

同様の工程を2回行い、結び合わせた重しを合計3セット用意。

また、単体で使う重しを5、6個用意してください。

ブルーシートを被害に遭った箇所にかける

台風の被害に遭った箇所にブルーシートをかけます。

ポイントは被害に遭った箇所よりも広い範囲でかけること。

雨水が屋内に侵入させないことが大切です。

ブルーシートに重しを乗せる

屋根の頂上をまたぐように結び合わせた重しをブルーシートに乗せてください。

屋根とブルーシートの隙間が無くなるようにするのが乗せる際のポイントです。

隙間を無くす方法はブルーシートを引っ張り、空気を抜くこと。

その後、ハトメの部分に単体で使う重しの紐を括りつけ、ブルーシートに乗せたら完了です。

ブルーシートを選ぶ際のポイント

すぐに屋根修理や屋根リフォームができない場合があります。

耐久性の高いブルーシートを用いて、被害を拡大させないのも家族や家財などを守るポイント。

成田崇
成田崇
ブルーシートは厚手(高級)なものを選んでください、なぜなら薄いものだと日射によりすぐに破れてしまうからです。

台風で屋根被害に遭った際に応急処置を行う際の注意点

応急処置を進めていく上で一体何に注意しないといけないか気になっている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、応急処置に関する注意点を何点か取り上げます。

安全確保のための道具を用意する

屋根の上で作業を進めていくことになるため、安全を確保しましょう。

梯子やヘルメット、安全帯などの道具が応急処置を行う際に必要です。

下記のサイトも参考にしてみてください。

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

天候をチェック

また、雨や強風の日は滑りやすくなります。

天候の良い日に行うのが転落などのリスクを最小限にするポイント。

2人で作業を進める

事故などに備え、2人で応急処置を進めるのが重要です。

下で作業を見守る人間を用意し、事故などを未然に防ぎます。

無理にDIYで済ませない

十分な知識や技術がない状態で無理に応急処置をするのは避けてください。

DIYで済ませようとすると、転落などの事故が発生するだけでなく、屋根材などを破損させてしまう恐れがあります。

結果的に屋根修理や屋根リフォームの費用が想像以上にかかってしまうかもしれません。

台風で屋根被害に遭った際は業者に連絡し、屋根修理または屋根リフォームを進めることをおすすめします。

屋根修理または屋根リフォームを行う業者を選ぶポイント

屋根修理または屋根リフォームを業者に依頼する際、ポイントを何点か押さえることが大切。

業者とのトラブルを避け、1日でも早く施工を完了させましょう。

ここでは、業者選びのポイントについて解説します。

火災保険について十分な知識があるか

屋根被害の状況によっては、火災保険で屋根修理または屋根リフォームできない可能性もあります。

気になる業者を見つけたら、火災保険に詳しいかどうかチェックしてください。

見積もり内容が分かりやすいか

トラブルを避けるためにも、見積もり内容を把握することが重要です。

見積もりに関する疑問を業者に質問し、屋根修理または屋根リフォームの悩みを解消しましょう。

どのような保証があるか

業者によって、保証内容が異なります。

屋根修理または屋根リフォームが済んだら終わりではなく、その後のメンテナンスも重要。

どのような保証があるかを把握した上で依頼するかどうか判断してください。

施工実績が豊富かどうか

過去にどのような屋根修理または屋根リフォームに携わったかも選ぶ決め手です。

公式サイトに掲載されている写真や工期、費用などをチェックした上で相談することをおすすめします。

まとめ

台風で屋根被害に遭った際、ブルーシートを屋根に被せて応急処置を行うことが大切です。

雨水が屋内に侵入するのを防ぎ、被害が拡大するのを防ぐのが応急処置の目的。

転落などのリスクもあるので、無理にDIYで済ませようとするのは避けましょう。

台風が去った後、業者に連絡し、応急処置や屋根修理を進めてください。

 

 

 

台風の屋根被害や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】で屋根のてっぺん(棟板金)修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】で屋根のてっぺん(棟板金)修理が完了しました。

写真のように屋根のてっぺんが強風により飛ばされてしまいました。

成田崇
成田崇
赤く囲われた部分が飛ばされました

強風でどんな屋根被害があるの?

強風や台風から屋根を守ることが住宅の被害を最小限に抑える上で意識するポイント。

場合によっては、被害が予想以上に大きくなる可能性も十分考えられます。

今回は、強風や台風が来ると一体どのような屋根被害が生じるかについて解説します。

強風によりどのような屋根被害が生じるか

強風により、さまざまな屋根被害が発生するため、注意が必要。

 

成田崇
成田崇
強風や台風がくると瓦屋根が飛ばされている映像を見たことがある方も多いのではないでしょうか

主な被害として、以下のものが挙げられます。

・屋根材の飛散

・棟板金の剥がれ

・飛散 ・雨樋の変形

・破損 ・軒天の破損

・雨漏り

今回の【南足柄市】のケースは棟板金の剥がれが発生しました。

自然災害を想定し、普段からできる限りの対策を行います。

まずは屋根被害について解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

屋根材の飛散

強風・台風により、屋根材が吹き飛ばされる可能性があります。

瓦屋根は金属屋根やスレート屋根に比べ、飛散しやすいので注意しましょう。

成田崇
成田崇
瓦が飛ばされる原因の多くはメンテナンス不足なんです。

棟板金の剥がれ・飛散

今回の【南足柄市】のケースのように

屋根の頂上部分などに用いられている棟板金の飛散も強風・台風による屋根被害のひとつ。

棟板金は雨水の侵入を防ぎつつ、屋根材を固定するのに必要です。

雨樋の変形・破損

屋根に設置されている雨樋が強風・台風によって変形・破損する恐れがあります。

雨樋は雨水を地面に排水するための装置。

軒天の破損

住宅の外壁から伸びている軒天が強風・台風によって破損してしまう可能性があるので、普段から対策が必要です。

軒天が無いと、雨風が外壁に当たりやすくなってしまいます。

また、延焼防止の役割があるのも軒天の特徴。

雨漏り

強風・台風で屋根などが破損してしまうと、天井から室内に雨水が侵入してしまうかもしれません。

成田崇
成田崇
長時間の雨や強風時の雨は雨漏りが起きやすいです。

結果、雨漏りが起き、カビなどの被害に悩まされることによります。

強風・台風により屋根被害が起きる原因

どうして屋根被害が起きるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか? 主な原因は以下の通り。

・屋根材が元から破損している

・釘の緩み

・棟板金が浮いている

・漆喰が剥がれている

・瓦と瓦の間にできた隙間

・窓の破損

ここでは、各原因について解説します。

屋根材が元から破損している

屋根材自体が元から破損していると、台風で屋根材が飛散しやすくなります。

年数を重ねるごとに屋根材が劣化していくので、普段から状態をチェックするのが大事。

釘の緩み

屋根材だけでなく、釘も劣化します。

結果、緩みによって棟板金が剥がれ、飛散しやすくなります。

棟板金が浮いている

今回の【南足柄市】のように

釘が緩むのに伴い、棟板金が浮いてしまうので注意が必要。

どうして棟板金【屋根のてっぺん】は飛ばされるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

浮いていると、棟板金の飛散などの屋根被害が発生する可能性が高くなってしまいます。

漆喰が剥がれている

漆喰が剥がれていると、瓦屋根が破損しやすくなります。

衝撃が加わることで瓦屋根に加わることにより、

棟瓦を固定する動線が緩んでしまう恐れがあるので注意してください。

瓦と瓦の間にできた隙間

瓦と瓦の間に隙間ができていると、瓦が台風によって飛ばされやすくなってしまいます。

台風による被害を最小限に抑えるためにも、瓦がズレていないかどうかに加え、破損していないかも把握しておきたいところ。

窓の破損

窓が破損していると、強風が住宅の中に流れ込んでしまいます。

結果、風圧や気圧で屋根を押し上げ、屋根材を吹き飛ばしてしまう場合もあります。

屋根被害によるトラブルに注意

強風・台風で屋根被害が生じた後、さらなるトラブルに発展する可能性もあるため、注意が必要。

飛散した屋根材が近くの建物を破損させるだけでなく、通行人にケガを負わせる恐れがあります。

予想外のトラブルに巻き込まれないためにも、信頼できる業者に屋根のメンテナンスを依頼しましょう。

屋根修理・強風対策を行う業者の選び方

屋根修理や強風・台風対策を行う業者はいくつも存在しており、どのような特徴があるかを細かくチェックするのが大事。

最後に、業者の選び方について説明します。

施工実績が多いかどうか

気になる業者を見つけたら、施工実績をチェックし、どのような施工に携わっているかを把握してください。

屋根修理また屋根リフォームの期間や費用などの情報も依頼するかどうかの判断基準。

口コミなどで情報収集を行うのも重要になってきます。

見積もりが分かりやすいかどうか

見積もり内容が正確かどうかも業者選びのポイントです。

曖昧な部分が見積もり書にある場合、業者に質問し、疑問を解消しましょう。

火災保険について詳しいかどうか

火災保険に詳しいかどうかも選ぶ決め手に挙げられます。

破損した屋根の状態をチェックし、火災保険が適用されるかどうかなどのアドバイスを頂きつつ、屋根修理や屋根リフォームを進めてください。

適切な応急処置を行うかどうか

強風・台風による屋根被害が生じた際、応急処置を行う必要があります。

適切な応急処置をできる限り早めに済ませ、被害を最小限にするかどうかも依頼するかどうかの判断基準です。

自然災害が起きると、すぐに屋根修理や屋根リフォームができない可能性がある点に注意したいところ。

【南足柄市】での棟板金修理費用は5万円でした。

棟板金の飛散を放っておくと雨漏れのリスクが高まります。

今回の【南足柄市】のように早急な屋根修理をお勧めします。

平塚市の㈱いらかから【南足柄市】までは40~50分で駆け付けます。

㈱いらかは平塚市で40年以上続く屋根の専門店です。

【南足柄市】までは40~50分で駆け付け

無料で点検見積りいたします。

まとめ

【南足柄市】での棟板金の修理費用は5万円でした。

強風・台風により、屋根材や棟板金の飛散や雨樋の破損、雨漏りなどの屋根被害が生じる恐れがあります。

強風・台風はいつ来るか分からないため、普段から屋根の状態に気を配り、適切なメンテナンスを心掛けることが重要です。

万が一、屋根被害が生じた際は信頼できる業者に相談し、できる限り早めに応急処置を行ってください。

 

 

 

 

【南足柄市】で屋根被害や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【大磯町】で瓦の修理が完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

大磯町で瓦の補修工事が完了しました。

瓦の屋根は一生モノだと思っている方も多いと思いますが

少し違います。

このようにノーメンテだと瓦も脱落します。

では瓦屋根の寿命ってどのくらい?!

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためには、

普段から建物の状態に気を配りたいところ。

定期的にメンテナンスを行い、不具合などを解消しましょう。

チェックしたい部分のひとつに瓦屋根が挙げられます。

成田崇
成田崇
瓦は一生モノと言われますがどうでしょうか?

瓦屋根の寿命がどのくらいなのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、瓦屋根の寿命について解説します。

瓦自体は50年以上問題ない⁉

瓦自体は50年以上の寿命があります。

他の屋根材に比べ、耐久性に優れているのがポイント。

成田崇
成田崇
これはあくまでも瓦自体の寿命です、今回の大磯町の事例でも瓦自体は大きな問題はありませんでした。

新築住宅の工事や屋根修理、屋根リフォームを行う際は、

屋根材の耐久性に目を向けることが大切です。

寿命が長い理由

瓦屋根の寿命が長い理由は約1,000℃以上の高温で焼成しているため。

焼き締めることにより、耐水性と耐候性が増し、寿命が長くなります。

また、釉薬が塗布されている場合が瓦屋根に存在します。

釉薬を塗布することで瓦屋根の表面をガラス質にすること可能。

結果、強度が増すのに加え、美しい状態を保ちやすくなります。

瓦の棟は30年前後

瓦の棟は30年前後経過すると、ズレなどの問題が発生します。

成田崇
成田崇
瓦の棟は「屋根土」で積み上げられています、その土の耐用年数が棟の耐用年数です

瓦自体の寿命が長いからメンテナンスしないまま放置するのは避けましょう。

ルーフィングも30年前後

ルーフィングの寿命も30年前後。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

防水性に優れており、雨漏りの被害を防ぐために欠かせないです。

屋根本体の下に敷かれています。

30年前後でメンテナンスが必要

瓦の棟やルーフィングの寿命を踏まえると、30年前後で瓦屋根のメンテナンスを行いましょう。

成田崇
成田崇
大磯の物件では屋根下地の防水シートに問題があり雨漏りしていました。

環境によって、メンテナンスを行うタイミングが変わってきます。

ひび割れなどが見られた際は業者にすぐチェックして頂きたいところ。

瓦屋根が劣化する原因

瓦屋根がどうして劣化するのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

劣化する原因は多岐に渡ります。 主な原因として、以下のものが挙げられます。

・日光

・雨風(雨水)

・カビ

・藻

・自然災害

・潮風

各原因について触れていくので、

屋根のメンテナンスについて関心のある方は一度参考にしてください。

日光

屋根材は日光の紫外線の影響を受け、次第に劣化していきます。

外壁も日光を浴び続けると、コーキングが剥がれていくので注意したいところ。

雨風(雨水)

日光だけでなく、雨風にも晒されています。

長時間晒され続けることで劣化が促進します。

成田崇
成田崇
棟の劣化などはほとんどが雨水の影響です

カビ

カビも瓦屋根が劣化する原因のひとつ。

暗くて湿気の多い場所に発生しやすいです。

立地によっては、日当たりが悪い可能性があります。

新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを行う際は日当たりが良いかどうか意識しましょう。

藻もカビと同様に暗くて湿気の多い場所に発生しやすいです。

瓦屋根の劣化を促進させてしまうため、早めに対処してください。

自然災害

地震や台風などの自然災害で瓦屋根に何かしらの被害を受ける場合があります。

規模によっては大きな被害が発生しているかもしれません。

自然災害の後は、すぐに瓦屋根の点検を依頼することをおすすめします。

潮風

人によっては、海沿いの地域に住んでいるのではないでしょうか?

海水に含まれる塩分が瓦屋根に被害を及ぼす場合が存在します。

潮風も瓦屋根が劣化する原因なので、海沿いの地域に住宅を建てる際は注意してください。

瓦と瓦が重なり合っている部分に塩害が発生し、瓦の内部から破壊されます。

瓦屋根を放置し続けると発生する問題

メンテナンスをしないまま、瓦屋根を放置すると一体何が起きるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

劣化した瓦屋根を放置し続けると、以下の問題が発生しやすくなります。

・雨漏り

・瓦の落下

ここでは、瓦屋根が劣化することで起きる問題について説明します。

雨漏り

瓦のズレなどが発生すると、雨漏りが発生しやすくなるので注意してください。

成田崇
成田崇
ほとんどの雨漏りはルーフィング(防水シート)の劣化で発生します

雨漏りが進行することにより、屋根などが腐食し、最終的には住宅が倒壊するリスクが高くなります。

瓦の落下

今回の大磯の物件、同様に割れた瓦が落下する事故が発生する恐れもあるので、

定期的にメンテナンスすることが重要です。

最悪の場合、瓦が他の建物や通行人に当たるなどの問題に発展するかもしれません。

自分だけでなく、家族や通行人などの安全にも配慮しましょう。

瓦を固定する釘が緩むと、ズレや歪みが起きます。

ズレや歪みが発生することで落下のリスクが高くなります。

瓦屋根のメンテナンスについて業者に相談するのが大事

瓦屋根の寿命やメンテナンスについて何か分からないことがある場合、業者に位置相談しましょう。

的確なアドバイスを頂きつつ、長く住み続けられる状態に保つことが大切です。

トラブルを避けるためにも、施工実績や保証の有無、スタッフの対応などをチェックし、依頼するかどうか判断してください。

また、施工エリアが業者によって異なるため、

自分の住んでいる地域が施工エリアの範囲内かどうか把握する必要があります。

まとめ

【大磯町】で屋根の補修工事が完了しました。

【大磯町】で屋根の補修工事金額は23万円でした。

瓦屋根の寿命は50年以上あるものの、

瓦の棟やルーフィングの寿命を踏まえると、30年に1回のペースでメンテナンスを行うことをおすすめします。

今回は55年以上瓦屋根のメンテンスはやっていませんでした。

立地や自然災害の有無などにより、すぐにメンテナンスを行わないといけない場合もあるので、

普段から住宅の状態をチェックしておきたいところ。

屋根に何か違和感がある際、業者にいち早く相談してください。

相談や打ち合わせなどをスムーズに進めるためにも、分からないことを一度整理してはいかがでしょうか?

 

 

 

 

【大磯町】で瓦屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

モニエル瓦が割れた?! その補修方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

モニエル瓦が割れた?! 

その補修方法とは?!

雨漏りなどの被害を防ぐためにも、割れた瓦などをそのままにしておくのは避けたいところ。

普段から屋根の状態に気を配り、何か問題が発生していないか気を配りましょう。

今回は割れたモニエル瓦の補修方法について紹介します。

割れたモニエル瓦の補修方法

モニエル瓦のヒビが軽微な場合、コーキングで補修することができるかもしれません。

コーキングは隙間を塞ぐ作業のこと。

割れたモニエル瓦は新たに交換する必要がある

モニエル瓦が割れたり、欠けたりした際は新しいモニエル瓦に交換する必要があります。

ただし、モニエル瓦は2010年に生産終了となっています。

成田崇
成田崇
いらかでは廃盤になったモニエルの在庫を少量持っていますのでお問合せください

葺き替え工法で新しいモニエル瓦が手に入らない可能性もあるので、注意してください。

モニエル瓦から別の屋根材に交換するのも大事

モニエル瓦が割れて、新しいモニエル瓦が手に入らない場合は別の屋根材を用いるのも選択肢に挙げられます。

人によっては別の屋根材にしようと考えているのではないでしょうか?

屋根材を選ぶポイントは以下の通り。

・デザイン

・重さ

・耐久性

・遮熱性

・生産されているかどうか

・錆びにくいかどうか

・防音性

1つ1つの特徴を押さえ、葺き替え工法を進めましょう。

中古のモニエル瓦を見つけるよりも別の屋根材を用いた方がリノベーションなどが早く済むかもしれません。

ここでは、屋根材を選ぶ際のポイントについて解説します。

デザイン

住宅のテーマやコンセプトに合ったデザインかどうかは選ぶ決め手のひとつ。

素材や形状により、住宅の印象が大きく変わります。

成田崇
成田崇
モニエル瓦と似たテイストの瓦と言えば「洋瓦」か軽量瓦の「ROOGA」が候補に上がると思います

リノベーションなどを予定している方は住宅のテーマやコンセプトをまず決めましょう。

重さ

屋根材によって重さが異なります。

耐震性を意識するなら、軽い屋根材がおすすめ。

耐久性

割れにくいかどうかも屋根材を選ぶ決め手のひとつに挙げられます。

気になる屋根材を見つけたら、耐用年数を一度チェックしてはいかがでしょうか?

メンテナンスの手間を少しでも減らしたい方は耐久性の優れた屋根材をおすすめします。

遮熱性

室内で快適に過ごすためには、遮熱性に優れているかどうかが重要です。

夏の暑さや冬の寒さを軽減したいと感じている方は遮熱性に優れた屋根材から選択したいところ。

生産されているかどうか

モニエル瓦の他にも生産終了している屋根材が存在します。

気になる屋根材を見つけた際は生産されているかどうかチェックし、葺き替え工法に用いるかどうか判断してください。

錆びにくいかどうか

錆びにくいかどうかも選ぶ決め手。 屋根材が錆びやすいと、メンテナンスの手間もかかってしまいます。

錆びた部分をそのままにすることで見た目が悪くなるだけでなく、寿命が短くなります。

防音性

雨音などの騒音対策が行えるかどうかも屋根材を選ぶ際に意識したいところ。

防音性に優れた屋根材を用いて雨音などの問題を解消してください。

モニエル瓦が割れたらカバー工法で対処できるのか

葺き替え工法は費用がかかるので、カバー工法で済ませたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

モニエル瓦は重い屋根材のため、カバー工法には適していません。

成田崇
成田崇
モニエル瓦などの瓦はカバー工法は出来ません。

カバー工法は既存の屋根の上に新しい屋根を被せるので、耐震性が下がります。

屋根の補修に関しては信頼できる業者に依頼するのが大事

モニエル瓦が割れた際、屋根の補修を信頼できる業者に依頼し、雨漏りなどの対策を行うのが大事。

屋根の補修を行う業者は数多く存在するので、どこに依頼すれば良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

最後に、屋根の補修を依頼する業者の選び方について説明します。

気になる方は一度参考にしてください。

施工実績が豊富か

公式サイトなどで施工実績をチェックすることが大切です。

過去にどのような工事に携わったかを把握できます。

屋根の点検を細かく行うかどうか

屋根の点検を細かく行っているかどうかも選ぶ決め手。

正確な見積もりを出すためには、ドローンなどで隅々までチェックする必要があります。

見積もり内容が分かりやすいか

見積もり内容の分かりやすさも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

どのような施工を行うかだけでなく、使用する部材などについて把握しましょう。

施工エリアはどこか

施工エリアの範囲内かどうかも依頼する際のポイント。

業者によっては施工エリア外でも依頼を受け付ける場合がありますが、費用が通常より高くなってしまうかもしれません。

アフターフォローの内容

屋根の補修が終わった後も定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

気になる業者を見つけた際は保証内容が充実しているかチェックしてください。

まとめ

軽いヒビ割れなら、モニエル瓦を補修できるかもしれません。

割れたり、欠けたりすると、新しいモニエル瓦に交換しないといけないので注意が必要。

モニエル瓦自体、生産終了している屋根材のため、手に入らない可能性も十分考えられます。

住宅に関するトラブルが発生した際は業者に一度相談することをおすすめします。

新たに用いる屋根材だけでなく、費用や工期などに関するアドバイスを受け、住宅の悩みを解消してください。

 

モニエル瓦や屋根補修のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【平塚市】で瓦屋根の補修工事完了!瓦のてっぺん(棟)の修理費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム 屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

平塚市で瓦屋根のメンテナンス工事が完了しました

そもそも瓦のてっぺん(棟)の寿命ってどのくらい?!

住宅のメンテナンスを行う際、屋根材の寿命を押さえておきたいところ。

屋根材により、寿命に差があります。

適切なメンテナンスを心掛け、少しでも長く住み続けられるようにしましょう。

今回は瓦のてっぺん(棟)の寿命について解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

瓦の棟の寿命

瓦の棟の寿命は約30年前後。 他の屋根材に比べ、寿命が長いです。

釉薬を塗っているかどうかで寿命が変わる

瓦に釉薬を塗っているかどうかにより、寿命が変わってきます。

多くの方は釉薬と聞いて壺などをイメージしたのではないでしょうか?

釉薬を塗って焼いた瓦を釉薬瓦と呼ぶのに対し、釉薬を塗らずに焼いた瓦をいぶし瓦と呼びます。

釉薬瓦といぶし瓦の寿命は以下の通り。

・釉薬瓦:約60~100年

・いぶし瓦:約30~50年

新築住宅の施工やリフォーム、リノベーションを予定している方はどの瓦を用いるか意識する必要があります。

瓦の棟に用いられている防水シートの寿命も重要

瓦だけでなく、防水シートの寿命も住宅のメンテナンスを行う上でポイントになってきます。

防水シートの寿命は約20~30年。

屋根材はもちろん、防水シートに問題がないかチェックしてください。

最強の防水シート!ニューライナールーフィングって何? 特徴3選|平塚・株式会社いらか|屋根専門

防水シートが破損していると、雨漏りなどの問題が発生します。

雨漏りを放置し続けることで被害がさらに大きくなってしまうため、注意が必要です。

瓦の棟の寿命を少しでも長くするためにはメンテナンスが大事

瓦の棟の寿命を少しでも長くしたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

長期にわたって住み続けるなら、どのような方法でメンテナンスを行っていくか押さえておきたいところ。

メンテナンスの方法として、以下のものが挙げられます。

・漆喰の補修

・瓦の交換

・棟瓦の積み直し

・屋根の葺き直し

・屋根の葺き替え

ここでは、瓦の棟をメンテナンスする方法について解説します。

リフォーム・リノベーションを予定している方は一度参考にしてください。

平塚市で瓦屋根の棟積み直し工事の費用は・・・

平塚市で瓦屋根の棟積み直し工事の費用は約90万円でした。

葺き替えになると200万円前後はかかるので

事前にメンテンスをしてくことはとても大事です。

漆喰の補修

約10年で漆喰が劣化します。

瓦の棟を長持ちさせるためには、漆喰の補修が重要です。

漆喰の劣化を放置し続けると、棟が歪んでしまうので注意したいところ。

瓦や本谷の交換

何らかの原因で瓦が割れてしまうケースが存在します。

また本谷が銅板の場合は腐食により穴が開くことがあるため注意が必要です

破損を確認したら、新しい瓦や本谷に交換してください。

瓦が割れているのをそのままにしていると、防水シートが劣化してしまいます。

棟瓦の積み直し

棟瓦が歪んでいる場合、棟瓦を積み直します。

漆喰を補修するだけでは、棟瓦の歪みを直すことができません。

成田崇
成田崇
今回の平塚市の事例は棟(屋根のてっぺん)の積み直しをしました

歪んだ状態を放置し続けると、崩れる恐れがあります。

屋根の葺き直し

屋根の葺き直しは瓦を取り外した後、防水シートを取り換え、再び瓦を葺く工事。

防水シートを最適な状態に保つのに必要です。

屋根の葺き替え

屋根の葺き替えは新しい瓦に全て取り換えること。

成田崇
成田崇
40年以上ノーメンテナンスの場合は葺き替えになるケースが多いです

工事のタイミングとして、瓦の寿命を迎えた時や新しい屋根材に変えたい時などが挙げられます。

屋根の葺き替えを行う際は、瓦を設置してから何年経過しているか把握することが大切です。

瓦だけでなく外壁などの点検も重要

住宅の倒壊などを防ぐためにも、5年に1回の頻度で住宅の点検を行うことをおすすめします。

瓦の他にも、外壁や窓などの劣化が起きているかもしれません。

点検で問題のある箇所を把握し、適切なメンテナンスを行ってください。

信頼できる業者にメンテナンスを依頼するのも大事

瓦の棟の寿命を少しでも長くするためにも、信頼できる業者にメンテナンスを依頼したいところ。

数多くの業者の中から一体どこに相談すれば良いか分からないなどの悩みを感じている方も多いのではないでしょうか?

業者を選ぶ際、ポイントを何点か押さえる必要があります。

最後に、業者選びの方法について解説します。

瓦に関する有資格者かどうか?

「瓦ぶき2級技能士」「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」など瓦屋根に関する資格が存在します

「塗装屋さん」や「なんでもるリフォーム屋さん」には注意が必要です

瓦の棟のメンテナンスに関するノウハウが豊富かどうか

施工実績などから、瓦の棟のメンテナンスに関するノウハウが豊富かどうかを把握することが大事。

屋根について適切なアドバイスを受け、リフォーム・リノベーションを進めてください。

見積もり内容が分かりやすいかどうか

トラブルを避けるためにも、見積もり内容を正確に把握する必要があります。

どのような工事を行うかはもちろん、使用する部材や費用の内訳などをチェックしましょう。

アフターフォローが充実しているか

工事が済んだら終わりではなく、その後のトラブルに備えていくことも大切です。

業者が一体どのようなアフターフォローを行っているかも依頼するかどうかの決め手。

保証内容は業者によって異なります。

まとめ

平塚市で瓦屋根の棟積み直し工事の費用は約90万円でした。

葺き替えになると200万円前後はかかるので

事前にメンテンスをしてくことはとても大事です。

瓦の棟の寿命は約30年。 他の屋根材に比べ、寿命は長いです。

ただし、環境やメンテナンスの方法、釉薬を塗っているかどうかなどにより、寿命が変わってきます。

少しでも寿命を長くするためにも、適切なメンテナンスを行うのが大事。

また、瓦だけでなく、外壁や窓なども劣化しているので、定期的に点検を行いましょう。

 

平塚市で屋根瓦修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

 

瓦屋根の寿命ってどのくらい?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

瓦屋根の寿命ってどのくらい?!

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためには、

普段から建物の状態に気を配りたいところ。

定期的にメンテナンスを行い、不具合などを解消しましょう。

チェックしたい部分のひとつに瓦屋根が挙げられます。

成田崇
成田崇
瓦は一生モノと言われますがどうでしょうか?

瓦屋根の寿命がどのくらいなのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、瓦屋根の寿命について解説します。

瓦自体は50年以上問題ない

瓦自体は50年以上の寿命があります。

他の屋根材に比べ、耐久性に優れているのがポイント。

成田崇
成田崇
これはあくまでも瓦自体の寿命です

新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを行う際は、

屋根材の耐久性に目を向けることが大切です。

寿命が長い理由

瓦屋根の寿命が長い理由は約1,000℃以上の高温で焼成しているため。

焼き締めることにより、耐水性と耐候性が増し、寿命が長くなります。

また、釉薬が塗布されている場合が瓦屋根に存在します。

釉薬を塗布することで瓦屋根の表面をガラス質にすること可能。

結果、強度が増すのに加え、美しい状態を保ちやすくなります。

瓦の棟は30年前後

瓦の棟は30年前後経過すると、ズレなどの問題が発生します。

成田崇
成田崇
瓦の棟は「屋根土」で積み上げられています、その土の耐用年数が棟の耐用年数です

瓦自体の寿命が長いからメンテナンスしないまま放置するのは避けましょう。

https://www.teppen-reform.com/munekawara-maintenance/

ルーフィングも30年前後

ルーフィングの寿命も30年前後。

屋根防水で最も大事なルーフィング(防水シート)について|平塚・株式会社いらか|屋根専門

防水性に優れており、雨漏りの被害を防ぐために欠かせないです。

屋根本体の下に敷かれています。

30年前後でメンテナンスが必要

瓦の棟やルーフィングの寿命を踏まえると、30年前後で瓦屋根のメンテナンスを行いましょう。

成田崇
成田崇
結論から言うと瓦屋根でも30年に一度はメンテナンスが必要だということです

環境によって、メンテナンスを行うタイミングが変わってきます。

ひび割れなどが見られた際は業者にすぐチェックして頂きたいところ。

瓦屋根が劣化する原因

瓦屋根がどうして劣化するのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

劣化する原因は多岐に渡ります。 主な原因として、以下のものが挙げられます。

・日光

・雨風(雨水)

・カビ

・藻

・自然災害

・潮風

各原因について触れていくので、

屋根のメンテナンスについて関心のある方は一度参考にしてください。

日光

屋根材は日光の紫外線の影響を受け、次第に劣化していきます。

外壁も日光を浴び続けると、コーキングが剥がれていくので注意したいところ。

雨風(雨水)

日光だけでなく、雨風にも晒されています。

長時間晒され続けることで劣化が促進します。

成田崇
成田崇
棟の劣化などはほとんどが雨水の影響です

カビ

カビも瓦屋根が劣化する原因のひとつ。

暗くて湿気の多い場所に発生しやすいです。

立地によっては、日当たりが悪い可能性があります。

新築住宅の工事やリフォーム、リノベーションを行う際は日当たりが良いかどうか意識しましょう。

藻もカビと同様に暗くて湿気の多い場所に発生しやすいです。

瓦屋根の劣化を促進させてしまうため、早めに対処してください。

自然災害

地震や台風などの自然災害で瓦屋根に何かしらの被害を受ける場合があります。

規模によっては大きな被害が発生しているかもしれません。

自然災害の後は、すぐに瓦屋根の点検を依頼することをおすすめします。

潮風

人によっては、海沿いの地域に住んでいるのではないでしょうか?

海水に含まれる塩分が瓦屋根に被害を及ぼす場合が存在します。

潮風も瓦屋根が劣化する原因なので、海沿いの地域に住宅を建てる際は注意してください。

瓦と瓦が重なり合っている部分に塩害が発生し、瓦の内部から破壊されます。

瓦屋根を放置し続けると発生する問題

メンテナンスをしないまま、瓦屋根を放置すると一体何が起きるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

劣化した瓦屋根を放置し続けると、以下の問題が発生しやすくなります。

・雨漏り

・瓦の落下

ここでは、瓦屋根が劣化することで起きる問題について説明します。

雨漏り

瓦のズレなどが発生すると、雨漏りが発生しやすくなるので注意してください。

成田崇
成田崇
ほとんどの雨漏りはルーフィング(防水シート)の劣化で発生します

雨漏りが進行することにより、屋根などが腐食し、最終的には住宅が倒壊するリスクが高くなります。

瓦の落下

割れた瓦が落下する事故が発生する恐れもあるので、定期的にメンテナンスすることが重要です。

最悪の場合、瓦が他の建物や通行人に当たるなどの問題に発展するかもしれません。

自分だけでなく、家族や通行人などの安全にも配慮しましょう。

瓦を固定する釘が緩むと、ズレや歪みが起きます。

ズレや歪みが発生することで落下のリスクが高くなります。

瓦屋根のメンテナンスについて業者に相談するのが大事

瓦屋根の寿命やメンテナンスについて何か分からないことがある場合、業者に位置相談しましょう。

的確なアドバイスを頂きつつ、長く住み続けられる状態に保つことが大切です。

トラブルを避けるためにも、施工実績や保証の有無、スタッフの対応などをチェックし、依頼するかどうか判断してください。

また、施工エリアが業者によって異なるため、

自分の住んでいる地域が施工エリアの範囲内かどうか把握する必要があります。

まとめ

瓦屋根の寿命は50年以上あるものの、

瓦の棟やルーフィングの寿命を踏まえると、30年に1回のペースでメンテナンスを行うことをおすすめします。

立地や自然災害の有無などにより、すぐにメンテナンスを行わないといけない場合もあるので、

普段から住宅の状態をチェックしておきたいところ。

屋根に何か違和感がある際、業者にいち早く相談してください。

相談や打ち合わせなどをスムーズに進めるためにも、分からないことを一度整理してはいかがでしょうか?

 

 

 

 

瓦屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

瓦屋根は一生モノ?!
銅板の本谷には要注意!

瓦屋根は一生モノなの?!

 

結論から言うと「瓦は一生ものでは無い」です

 

ただ、劣化してくる箇所は決まっています。

 

1,ルーフィング

2,棟

3,本谷

この三つに集約されます。

 

ルーフィングに関してはこちらから

 

棟に関してはこちらから

 

今日は本谷について解説したいと思います。

 

 

 

どうして本谷は痛むの?!

 

 

 

 

 

なぜならばこのように

本谷板金に雨水が集中するからです

 

このように雨が降っている間中ずっと

本谷板金には雨水がずっと流れている

使用頻度が高ければ劣化するのは当然ですね。

 

 

本谷だけ変えればいいの?

 

すでにサビて

穴が開いてる場合などは本谷板金の交換だけでは難しい

のが実状です

 

すでに雨漏れしている本谷板金の下地状況

 

なぜならば

雨漏れしているので下地も劣化しているためです。

 

こちらも本谷が劣化し穴を放置した結果です

 

もうこうなると新しい「本谷」を設置するしかないです

 

 

本谷を新しくして瓦を戻しました

 

本谷が劣化しているということは

屋根全体のメンテナンス時期でもある

 

 

要注意の状態とは・・・・?!

 

 

 

このような落ち葉が溜まっている状態は要注意です。

 

なぜならば、その部分が常に湿っていてサビるスピードが早くなるためです

 

ということを念頭に置き、

屋根のリフォームを考えてみてください。

 

 

本谷や瓦屋根ご相談はこちらまで

メールの方はこちら

ラインの方はこちら

電話のか方は 0463-34-3501 まで

 

 

 

この記事を書いた人

 

 

 

 

 

成田 崇

・かわらぶき2級技能士

・瓦屋根工事技師

・瓦屋根診断技師

 

趣味

サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

 

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。