ブログ

【小田原市】で瓦が割れた!その修理方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で瓦が割れた!その修理方法とは?!

瓦が割れて一体どうすれば良いか悩んでいませんか?

屋根は住宅の景観に大きく関わるのはもちろん、雨風などを凌ぐ役割があります。

被害が大きくならないようにするためには、適切な対処が求められます。

今回は割れた瓦の修理方法について解説するので、小田原市で屋根修理・屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

割れた瓦の修理方法

割れた瓦の修理方法は複数存在します。

主な方法は以下の3つ。

・防水加工テープ

・ブルーシート養生

・新しい瓦に交換

まずは割れた瓦の修理方法を1つ1つ取り上げます。

防水加工テープ

防水加工テープを用いることにより、瓦のヒビ割れ対策が可能。

割れている瓦を取り除いたら、防水加工テープを貼る面を拭き取ります。

拭き取ったら、ヒビ割れをくっつけるようにして防水加工テープを貼っていきます。

成田崇
成田崇
屋根修理のDIYアイテムは下記のリンクを参考にしてみてください。

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

動かないようにするために3重程貼るのがポイント。

防水加工テープを割れた瓦に貼る際、野地板などに問題がないかチェックしましょう。

最後に修理した瓦を差し込めば完了です。

ブルーシート養生

割れた瓦の修理方法の1つに

ブルーシートを使用することもあります。

ただ屋根は高所作業になりますので

充分な準備と注意が必要になります。

新しい瓦に交換

現在、用いている瓦を手に入れられる場合、新しい瓦に交換するのがおすすめ。

メーカーに在庫の有無を問い合わせる必要があります。

瓦によっては見つけるのが難しいかもしれません。

成田崇
成田崇
いらかは瓦屋根の修理も得意です、ぜひお問合せください。

瓦が割れる原因

瓦がどうして割れるのか疑問に感じている方も一定数いるのではないでしょうか?

さまざまな原因で割れるので、住宅のメンテナンスを行う際は注意が必要。

主な原因として、以下のものが挙げられます。

・経年劣化

・自然災害

・寒さ

・飛来物

・施工不良

ここでは、各原因について触れていきます。

経年劣化

瓦は年数の経過と共に劣化していくので注意してください。

耐用年数は長いものの、いつ割れるのか分かりません。

築年数をチェックし、屋根修理・屋根リフォームが必要かどうか検討する必要があります。

自然災害

自然災害も瓦が割れる原因の1つに挙げられます。

台風や地震などが起きた際、屋根の状態をチェックし、瓦の修理が必要なのかどうかチェックしてください。

雪が多い地域の場合、積雪で割れてしまうかもしれません。

寒さ

寒さも原因の1つ。

水分を瓦が吸収し続けることにより、気温が下がった時に水分が凍ることで膨らんでしまいます。

膨らみを何度も繰り返していくたびに屋根に用いられている瓦の表面が割れていきます。

飛来物

突風などによって飛ばされてきた飛来物も瓦が割れる原因。

飛来物がどのタイミングで飛んでくるか分かりません。

施工不良

施工不良で瓦が割れます。

住宅によっては、ヒビ割れした瓦をそのまま取り付けている場合もあります。

小田原市とは一体どのような場所なのか

小田原市は神奈川県西部に位置している街。

箱根連山に繋がる山地が西部にあるのに対し、曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯が東部に存在します。

南部は相模湾に面しています。

1年を通して温暖な気候になっているのが特徴。

雪の降る量が少ないのに対し、雨量は適量です。

小田原市は長い歴史を持っていることで知られています。

戦国時代は後北条氏の城下町として発展。

後北条氏の居城である小田原城は小田原市における観光スポットの1つに挙げられます。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として発展。

明治時代は政財界人や文化人の別荘・保養の地として愛されていた歴史があります。

瓦が割れた際は業者に修理を依頼するのが重要

瓦が割れたので、業者に依頼しようと感じているのではないでしょうか?

数ある業者の中から信頼できる1社を見つける必要があります。

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

過去の施工事例は選ぶ決め手の1つ。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。  

写真や施工内容、費用などを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。

見積書に記載されている内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかを踏まえ、契約を進めていくことになります。

費用の内訳などを細かくチェックし、分からないことを業者に質問するのが重要。

複数の業者に見積もりを依頼した際、不要な内容が記載されていないかだけでなく、相場より極端に安いまたは高いかなども把握してください。

どのような保証が用意されているか

修理が終わった後のことも考え、保証内容も目を通す費用があります。

業者によって保証内容が変わってきます。

定期点検がいつ行われるのかなどを踏まえ、相談を進めるのが瓦の修理を依頼するポイント。

まとめ

瓦が割れた際、基本的には新しい瓦に交換することになります。

さまざまな原因で割れるため、普段から住宅の状態に気を配ることをおすすめします。

住宅について何か悩みがある際は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、屋根修理・屋根リフォームを進めることが重要です。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で安く屋根を修理する方法とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で安く屋根を修理する方法とは?!

小田原市で屋根修理を予定しているものの、費用の面で不安に感じている方が多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームで納得のいく施工を行うためには、費用について意識する必要があります。

今回は小田原市で屋根修理を安く行う方法について触れていきます。

屋根修理・屋根リフォームについて関心のある方は参考にしてください。

そもそも小田原市で屋根修理にかかる費用は一体どのくらいなのか

小田原市で屋根修理を行う場合、約30万~250万円の費用がかかります。

屋根修理の主な内容は以下の通り。

・屋根塗装:30万~90万円

・屋根カバー工法:80万~150万円

・屋根葺き替え工事:120万~250万円

どのような施工を行うかによって費用が大きく変わってきます。

場合によっては相場以上の費用がかかるかもしれません。

相場より極端に高いまたは安い場合、業者に費用について質問し、疑問を解消してください。

小田原市で屋根修理を安くする方法

小田原市で屋根修理を安くする方法がいくつか存在します。

主な方法は以下の通り。

・木造住宅耐震診断費

・耐震改修費補助金

・部分的な修理で済ませる

ここでは、2つの方法について取り上げます。

木造住宅耐震診断費

木造住宅耐震診断費は昭和56年5月31日以前に着工した木造一戸建て住宅・長屋・共同住宅を対象にした補助金です。

増築に係る部分の床面積が建物の延べ面積2分の1以下の場合を除き、昭和56年6月1日以後に増築または改築の工事に着手していないことが条件。

6万円が上限ですが、65歳以降の高齢者1人暮らし・高齢者のみの世帯・世帯全員の市民税が非課税の世帯は上限が9万円です。

市民税を滞納していると、補助を受けられないため、利用を検討している方は注意してください。

耐震改修費補助金

耐震改修費補助金は木造住宅の耐震性向上を目的とした改修工事を補助するための制度。

昭和56年5月31日以前に着工した木造一戸建て住宅・長屋・共同住宅を対象にしています。

また、耐震診断の評点が1.0未満であるのも条件に含まれます。

木造住宅耐震診断費と同様に限度額があるので、注意が必要。

上限額は以下の通りです。

・設計・工事監理補助金:上限額15万円

・除却費補助金:上限額45万円

・改修費補助金:上限額85万円

除却工事の場合、小田原市耐震改修促進計画に位置付けられる第一次緊急輸送道路に面していることが条件に含まれます。

屋根の部分的な修理で済ませる

スレートの一部割れなど、

全体的な修理が必要な場合とそうでない場合があります。

スレート屋根修理をDIYするには?!リコロニーを使った屋根修理|平塚・株式会社いらか|屋根専門

もしくはDIYで屋根修理を行う方もいます

屋根修理DIY はしごはレンタルできるのか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

複数の業者に見積もりを行ってから屋根修理を行うのもポイント

少しでも費用を安く抑えたいと感じている場合、複数の業者に見積もりを依頼してはいかがでしょうか?

数ある見積書に目を通し、納得のいく費用で屋根修理を行う業者と契約するのも屋根修理を進めていく際のポイントです。

ローンを利用する場合は計画的に返済するのが重要

屋根修理でローンを組むことができるものの、返済までの期間が短いので注意してください。

利用する際は計画的に返済していく必要があります。

毎月の収入と支出を把握し、滞りなく返済しましょう。

小田原市とは一体どのような場所か

小田原市は神奈川県西部に位置する街。

神奈川県で4番目の広さを有しています。

箱根連山に繋がる山地が西部にあるのに対し、曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯が東部に存在します。

また、相模湾が南部に面しているのが特徴。

中央に酒匂川が流れ、足柄平野を形成しています。

1年を通して温暖な気候です。

長い歴史を持っているのも小田原市の特徴。

戦国時代には、後北条氏の城下町として発展します。

後北条氏の居城である小田原城はJR小田原駅の南にあり、毎年多くの観光客が訪れています。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として発展。

明治時代になると、政財界人や文化人の別荘・保養の地として愛されていた歴史を持ちます。

小田原市で屋根修理を行う業者の選び方

小田原市で屋根修理を業者に依頼したいものの、一体どこに依頼すれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

情報収集を行い、納得のいく1社を見つけるのが重要。

ここでは、業者の選び方について取り上げます。

過去に一体どのような施工に携わっていたか

過去の施工事例を一通りチェックし、相談するかどうか判断することになります。

業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例から、施工の内容だけでなく、工期や費用に関する情報も収集しましょう。

口コミでスタッフの対応などを知った上で選択肢に入れるかどうかもポイント。

見積書に記載されている内容

見積書に記載されている内容も選ぶ決め手です。

どのような施工を行うかはもちろん、使用する部材や数量、費用の内訳などが詳細に記載されているかどうか踏まえ、契約を進めてください。

どのような保証が用意されているか

屋根修理の後も定期的にメンテナンスを行う必要があります。

業者が一体どのような保証を用意しているかをチェックした上で相談することをおすすめします。

施工エリアは一体どこか

施工エリアに小田原市が含まれているかどうかもポイント。

業者によっては小田原市内に約1時間以内で駆けつける場合があります。

その日の交通状況によって到着時間が変わってくる点に注意してください。

また、施工エリア外からの依頼を受け付けていない業者も存在します。

まとめ

普段から住宅の状態に気を配り、被害が大きくなる前に早めに対処することが重要です。

木造住宅耐震診断費・耐震改修費補助金は利用するための条件が存在するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は注意してください。

費用に関する悩みについて業者に一度相談することをおすすめします。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で軒天修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で軒天修理が完了!その費用とは?!

雨風や暑さなどを凌ぐために普段から屋根のメンテナンスを心掛けることが重要です。

最近、軒天が破損したなどの悩みを抱えているものの、一体どうすれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

軒天は汚れなどが目立ちやすいので、普段から気を配ることをおすすめします。

今回は小田原市で軒天修理を行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて説明するので、気になる方は参考にしてください。

軒天とはそもそも何なのか

軒天は外壁から外側に突き出している屋根の裏を指します。

軒天井・軒裏天井とも呼ばれています。

主な役割は以下の通り。

・外壁の劣化対策

・延焼の防止

・屋根裏の換気

・意匠性の向上

雨水や紫外線から外壁を守るだけでなく、火災による被害が拡大しないようにする役割があります。

成田崇
成田崇
軒天が痛んでいる場合雨漏りしている可能性が高いです。

住宅によっては屋根裏を換気する機能が付いています。

構造部分を隠し、景観を美しくするのも軒天のメリット。

小田原市で軒天修理を行った際にかかる費用

小田原市で軒天修理を行った場合、約3万~30万円の費用がかかります。

住宅によって、費用が変わってきます。

軒天の修理内容

どのような修理を行うかで費用が変わってくるので注意が必要。

主な修理内容として、以下のものが挙げられます。

・軒天の塗装

・軒天の重ね張り

・軒天の張り替え

ここでは、軒天修理を一体どのように行うかだけでなく、それに伴う費用について触れていきます。

軒天の塗装

軒天に色褪せや汚れが見られる場合、塗装が行われます。

塗膜は年数の経過と共に剥がれていくため、定期的に塗装しなければなりません。

塗装を行うかどうかの見極めは軒天自体がまだ利用できるかどうか。

費用は約3万~10万円です。

足場を組む場合、さらに費用がかかるかもしれないので注意してください。

軒天の重ね張り

重ね張りは新しい軒天を被せる施工を指します。

軒天の劣化が経度の場合に行われます。

廃材の量が少ない関係上、費用を抑えやすいのがメリット。

約12万~25万円の費用がかかります。

塗装同様、足場を向くかどうかで費用が変わってきます。

軒天の張り替え

張り替えは軒天が著しく劣化し、重ね張りでは対応できない場合に行われる施工。

住宅によっては、防水シートにまで被害が及んでいる可能性もあります。

新しい軒天に張り替え、塗装を再度行います。

軒天の張り替えにかかる費用は約15万~30万円。

他の修理内容に比べ、費用がかかります。

足場を組むかどうかで費用が変わってきます。

軒天の材質には何があるか

軒天に用いられている材料は複数存在しており、修理を行う際は材料の特徴を押さえておくことが重要。

ここでは、軒天の材質を紹介します。

ベニア版

ベニア版は木材でできており、加工しやすいのが特徴に挙げられます。

薄く、劣化しやすい点に注意しなければなりません。

ケイカル板

ケイカル板はケイ酸カルシウムでできているため、燃えにくいです。

耐水性に優れているので、キッチンや洗面所に用いられます。

スラグ石膏板

スラグ石膏板はスラグと石膏でできた板。

不燃性に優れており、燃えにくいです。

水に弱いのがデメリットに挙げられます。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は耐久性に優れているのに加え、燃えにくい板。

費用がかかるので、軒天修理に用いる際は注意してください。

小田原市とは一体どのような場所か

小田原市は神奈川県の西部に位置しており、箱根町や湯河原町、二宮町などと隣接しています。

面積は神奈川県で4番目。

相模湾が南部に面しています。

長い歴史を持っており、戦国時代に後北条氏の城下町として発展します。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として発展。

明治次第になると、政財界人や文化人の別荘・保養の地として愛されたことでも知られています。

小田原市で軒天修理を行う業者の選び方

小田原市で軒天修理を業者に依頼したいものの、一体どこに任せれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

過去の施工事例

業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例から依頼するかどうか判断してください。

写真や施工内容、かかった費用などをチェックするのが重要。

見積もりの内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも選ぶ決め手に挙げられます。

使用する部材だけでなく、施工の内容や費用の内訳などを細かくチェックしましょう。

複数の業者に見積もりを行う場合、費用にどのくらいの違いがあるか・施工の内容が詳細に記載されているなどを見比べてください。

保証内容

軒天修理したら終わりではなく、その後のメンテナンスも重要です。

気になる業者を見つけたら、保証内容が充実しているかチェックすることをおすすめします。

施工エリアはどこか

施工エリアに小田原市が含まれているかどうかも選ぶ決め手の1つ。

業者によっては小田原市内に約1時間以内に駆けつける場合があります。

まとめ

軒天は住宅の景観に関わるだけでなく、外壁の劣化や延焼を防ぐ役割を持つ部分。

小田原市で軒天修理を行う場合、約3万~30万円の費用を用意することになります。

軒天の状態や足場を組むかどうかで費用が変わってきます。

住宅について悩みがある方は業者に一度相談してください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根葺き替え工事が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根葺き替え工事が完了!その費用とは?!

屋根は雨風などを凌ぐのはもちろん、住宅の雰囲気に関わります。

年数の経過に伴い、屋根が劣化していきます。

近いうち、小田原市で屋根葺き替え工事を予定しているものの、一体どのくらいの予算を用意すれば良いか不安に感じているのではないでしょうか?

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためには、費用の相場を押さえておくことが重要。

今回は小田原市での屋根葺き替え工事にかかる費用について解説します。

小田原市で屋根葺き替え工事を行った際にかかる費用の相場

小田原市で屋根葺き替え工事を行った場合、約100万~300万円程度かかります。

屋根の大きさによってはによっては300万円より高くなるかもしれません。

相場より極端に高いまたは短い場合、どうして相場より極端にかけ離れているのか業者に質問することをおすすめします。

屋根葺き替え工事とはそもそも何か

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、新しい屋根材を葺く施工です。

屋根葺き替え工事ってどんな工事?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

野地板や防水シートも新しくするのが特徴。

屋根葺き替え工事を行うメリット

納得のいく屋根修理・屋根リフォームを行うためにも、屋根葺き替え工事のメリットについて押さえましょう。

ここでは、屋根葺き替え工事のメリットについて取り上げます。

下地防水シート(ルーフィング)を新しく出来る

屋根葺き替え工事により、ルーフィングを新しくできます。

屋根からの雨漏り原因はほぼルーフィング!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

住宅購入後の悩みNo1は「雨漏り」です。

その雨漏りの原因の多くは「ルーフィング」の劣化によるものです。

屋根の葺き替え工事により、ルーフィングを新しく

屋根の防水性能を向上させることが出来ます。

屋根の軽量化を図れる

軽い屋根材を用いれば、屋根全体の軽量化が行えます。

屋根が軽いと、耐震性が向上するのがポイント。

アイジー工業 スーパーガルテクトってどんな屋根材?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

地震はいつ発生するか分かりません。

成田崇
成田崇
屋根葺き替え工事で屋根材を板金屋根に交換するとかなりの軽量化が図れます。

屋根葺き替え工事を行う際、地震対策も意識することをおすすめします。

住宅の寿命を延ばせる

屋根材・野地板・防水シートを新しくすることにより、住宅の寿命を延ばせるのがメリット。

屋根カバー工法の場合、野地板や防水シートの状態を把握することができません。

雨漏りが心配な方は野地板や防水シートが著しく劣化しているかどうかを踏まえ、屋根葺き替え工事・屋根カバー工法のどちらを選択するか検討してください。

長期的なメンテナンスにかかる費用を抑えやすい

長期的なメンテナンスにかかる費用を安く抑えられるのも屋根葺き替え工事のメリット。

屋根修理・屋根リフォームを行う場合、施工後のメンテナンスにも目を向ける必要があります。

屋根葺き替え工事を行うデメリット

屋根葺き替え工事はメリットだけでなく、デメリットも存在します。

ここでは、一体どのようなデメリットがあるかについて解説するので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

他の施工に比べて費用がかかる

屋根葺き替え工事は屋根カバー工法や屋根塗装に比べ、費用がかかるのがデメリット。

予算と相談しつつ、屋根修理・屋根リフォームのプランを決めていくことになります。

また、屋根材にアスベストが含まれている場合、費用が通常よりも高額になるので注意しましょう。

施工中に雨漏りが発生する場合がある

屋根材を一時的に取り払う関係上、施工中に雨漏りが発生しやすいです。

施工期間中の天候を踏まえ、屋根葺き替え工事を行うかどうか決めてください。

成田崇
成田崇
弊社では屋根葺き替え工事中に雨漏りを起こしたことはありませんのでご安心ください。

都合の良い日程に施工を行う場合、スケジュール調整を意識し、余裕を持って行動することをおすすめします。

ホコリや振動が発生する

廃材を撤去するため、ホコリや振動が発生する点に注意が必要。

施工中の騒音などが気になる方も多いのではないでしょうか?

屋根葺き替え工事の費用に関わるポイントは一体何か

屋根葺き替え工事の費用に一体どのようなものが関わるか押さえることが重要です。

ここでは、費用に関わるポイントについて触れていきます。

使用する屋根材

どの屋根材を用いるかによって屋根葺き替え工事の費用が変わるので注意してください。

屋根材ごとに耐用年数やデザインなどが異なります。

気になる屋根材を見つけたら、一体どのような特徴があるかチェックしましょう。

屋根の面積

屋根の面積も費用に関わるポイント。

面積が広ければ広い程、施工する範囲が増えます。 それに伴い、工期や費用がかかります。

住宅によっては、想定以上に長引く可能性もあるので注意してください。

中間マージンの有無

業者によっては中間マージンが発生します。

中間マージンの有無で費用が変わってきます。

成田崇
成田崇
弊社のような屋根専門業者に依頼することをおすすめします

屋根葺き替え工事を依頼する際、中間マージンがかからないかどうかチェックするのが重要。

まとめ

小田原市で屋根葺き替え工事を行う場合、100万円以上の費用がかかります。

屋根を軽くしつつ、野地板や防水シートを新しくできるのがメリットです。

その反面、費用がカバー工法などに比べてかかるので、注意が必要。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は小田原市周辺で長年にわたって屋根葺き替え工事を行っている業者に一度相談してください。

適切なアドバイスを頂き、自分に合った施工を進めましょう。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根カバー工法が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根カバー工法が完了!その費用とは?!

屋根修理・屋根リフォームの方法の1つに屋根カバー工法が挙げられます。

近いうち、小田原市で屋根カバー工法を予定しているものの、一体どのくらいの費用がかかるのか心配している方も多いのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、予算を意識する必要があります。

今回は小田原市で屋根カバー工法を行った場合、一体どのくらいの費用がかかるかについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

小田原市とは一体どのような街なのか

小田原市は長い歴史を持つ街。

戦国時代には、後北条市の城下町として栄えたことで知られています。

江戸時代になると、東海道随一の宿場町として多くの方が行き来していたことで有名です。

明治時代には、数多くの政治家や文化人が移住。

JR小田原駅の南にある小田原城は小田原市の観光スポットとして知られており、多くの観光客が毎年訪れます。

その他にも、二宮尊徳の生家や北条氏政・氏照の墓所などの史跡が数多く存在します。

南西部は箱根連山に繋がる山地になっているのに対し、頭部は曾我丘陵と呼ばれる丘陵地帯になっているのも小田原市の特徴。

南部は相模湾に面しています。

気候は温暖です。

また、小田原市は神奈川県西部に位置しており、南足柄市・大井町・箱根町・湯河原町・開成町などに隣接。

東名高速道路を利用すれば、約1時間で東京までアクセスできます。

小田原市で屋根カバー工法を行う際にかかる費用

小田原市で屋根カバー工法を業者に依頼する場合、約80万~200万円の費用がかかります。

人によって、屋根修理・屋根リフォームの費用が変わってきます。

相場に比べて極端に高いまたは極端に安い場合は注意が必要。

屋根カバー工法の費用に関わるポイント

屋根カバー工法の費用に関わるポイントとして、一体どのようなものがあるのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、費用に関わるポイントについて取り上げます。

使用する屋根材

どの屋根材をカバー工法に用いるかにより、費用が変わってきます。

オークリッジスーパーのメリットとデメリットを徹底比較!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

気になる屋根材を見つけたら、どのような特徴があるかチェックしてください。

費用だけでなく、デザインや耐用年数なども屋根材を選ぶ決め手。

屋根の面積

住宅によって屋根の面積が異なります。

面積が広ければ広い程、施工範囲が増えるため、費用が高くなるので注意が必要。

屋根の勾配

屋根の勾配も費用に関わるポイントです。

急になればなる程、費用が高くなります。

6寸以上の勾配があると、足場が必要。

成田崇
成田崇
今回の小田原市事例では屋根勾配は4寸でした。

足場が必要かどうかで屋根修理・屋根リフォームの費用が変わってきます。

足場を組む場合、外壁修理と同時に行うことで足場の費用を抑えられます。

住宅によっては、屋根以外に不具合が発生している可能性があるので注意してください。

屋根カバー工法のメリット

屋根カバー工法には、一体どのようなメリットがあるのか気になっているのではないでしょうか?

主なメリットとして、以下のものが挙げられます。

・費用を抑えやすい

・工期を短縮しやすい

・ルーフィングが新しくなり防水性を向上できる

・アスベストを飛散するリスクが低い

ここでは、各メリットについて触れていくので、気になる方は参考にしてください。

費用を抑えやすい

屋根カバー工法は屋根葺き替え工事に比べ、費用を抑えやすいのがメリット。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根修理・屋根リフォームを安く済ませたいと感じている方は屋根カバー工法が適しているか業者に相談しましょう。

工期を短縮しやすい

屋根カバー工法は廃材を処分する手間が省けるのに伴い、工期を短縮しやすいのもメリットに挙げられます。

屋根修理・屋根リフォームを少しでも早く終わらせたいと感じている方も屋根カバー工法を行うかどうか検討することをおすすめします。

屋根ルーフィングが新しくなるので防水性を向上できる

屋根カバー工法を行うと、屋根の防水シートを重ね張りするので

防水層が新しくなります。

屋根カバー用ルーフィング、タディスセルフカバーの特長3選!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

それにより、防水性を向上させることが可能。

成田崇
成田崇
弊社の屋根カバー工法では上記の「タディスセルフカバー」を標準で使用しています。

アスベストを飛散するリスクが低い

屋根カバー工法は解体工事を行わない関係上、アスベスト対策になるのもメリットです。

アスベストを含んだ屋根材を撤去する場合、飛散するリスクが伴います。

屋根カバー工法または屋根葺き替え工事のどちらかを選択するかの決め手になるのが屋根材にアスベストを含んでいるかどうか。

アスベストを含んだ屋根材を撤去する場合、費用が高額になってしまいます。

どの施工を用いるか業者と相談することをおすすめします。

屋根カバー工法のデメリット

屋根カバー工法はメリットだけでなく、デメリットもあるので注意が必要。

ここでは、どのようなデメリットが存在するかについて触れていきます。

著しい劣化の場合に適さない

住宅によっては、野地板や防水シートも劣化しているかもしれません。

著しい劣化の場合は屋根カバー工法が適さないので注意してください。

屋根が重くなる

屋根カバー工法を行うと、屋根が重くなってしまうのもデメリット。

屋根が重くなればなる程、耐震性が下がってしまいます。

まとめ

屋根カバー工法を小田原市で行う場合、約80万~150万円の費用がかかります。

屋根の面積や勾配などによって費用が変わってくるので注意しましょう。

廃材を処分する手間を省くことで工期を短縮できる反面、著しく劣化している場合は屋根カバー工法を行えません。

小田原市周辺で屋根修理・屋根リフォームを予定している場合、信頼できる業者に一度相談してください。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根修理が完了!その費用とは?!

屋根は住宅の景観に大きく関わるだけでなく、雨風などを凌ぐ役割があります。

近いうち、小田原市で屋根修理を予定している方も一定数いるのではないでしょうか?

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのくらいの費用がかかるかは人によって変わってきます。

成田崇
成田崇
小田原市で屋根の修理が完了しました。

今回は小田原市で屋根修理を行う際、一体どのくらいの費用がかかるかについて取り上げます。

気になる方は一度参考にしてください。

小田原市って一体どのような場所?

小田原市は神奈川県西部に位置しています。

二宮町や箱根町、湯河原町、南足柄市などに隣接。

神奈川県の面積の4.7%を占めており、神奈川県内で4番目の広さです。

南西部は箱根連山に繋がる山地なのに対し、頭部は曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯になっているのが特徴に挙げられます。

戦国時代に後北条氏の城下町として発展。

江戸時代には、東海道屈指の宿場町として栄えた歴史があります。

財界人や文化人達の別荘・居住地として愛されてきた側面を持ちます。

JR小田原駅の南に建つ小田原城は小田原市のシンボル。

毎年、多くの観光客が小田原城を訪れます。

小田原市で屋根修理を行った際にかかる費用

小田原市で屋根修理を行う場合、約3万~50万円の費用がかかります。

人によっては想像以上に安く済む場合もあれば、想像以上に高くなるかもしれません。

相場より極端に高いまたは安い場合は注意してください。

屋根修理の内容とそれに伴う費用

屋根修理の内容は住宅によって異なります。

主な施工として、以下のものが挙げられます。

・雨樋の修理

・棟の修理

・屋根塗装

・屋根カバー工法

・屋根葺き替え工事

ここでは、各施工とそれに伴う費用について紹介するので、気になる方は一度チェックしてください。

雨樋の修理

雨樋は排水溝へ雨水の排水を促すための設備。

屋根に設置されています。

経年劣化などにより、雨樋の不具合が起きる場合があります。

雨樋が割れた!放っておくとマズいですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨樋の修理にかかる費用は約3万~30万円。

棟の修理

棟は屋根の頂上に被せる金属板です。

雨水の侵入を防ぐために使用。

【平塚市】で瓦屋根の補修工事完了!瓦のてっぺん(棟)の修理費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

熱膨張によって釘が抜けるなどの問題が発生します。

棟の修理にかかる費用は約10万~35万円です。

屋根塗装

屋根塗装は屋根材に塗装を行う施工。

年数の経過と共に屋根材がどうしても色褪せていきます。

住宅の景観を新築に近い状態に保ちたいと感じている方は屋根塗装を検討してください。

屋根塗装にかかる費用は約20万~90万円です。

屋根カバー工法

屋根カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工。

廃材を撤去する手間が省けるため、費用と工期を抑えられます。

屋根カバー工法のメリット・デメリットって?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

野地板と防水シートの状態を把握できない点に注意しなければなりません。

費用は約80万~150万円です。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根を葺く施工。

屋根カバー工法と異なり、野地板と防水シートを新しくできます。

廃材を処分する手間がかかるため、費用が高額になってしまう点に注意してください。

費用は約120万~250万円です。

屋根修理の費用に関わるポイント

屋根修理にかかる費用はさまざまなポイントが関わってきます。

ここでは、費用に関わるポイントを何点か取り上げるので、気になる方は一度チェックしてください。

屋根の状態

屋根の状態によって施工の内容が変わります。

野地板や防水シートなどが著しく劣化している場合、想像以上に費用がかかるかもしれません。

屋根の面積

屋根の面積も屋根修理の費用に関わるポイント。

面積が広ければ広い程、施工の範囲が増えるので、屋根修理の費用が高くなる可能性があります。

屋根の勾配

屋根の勾配が急になればなる程、屋根修理の費用がかかるので注意してください。

6寸以上になると、足場が必要になる場合が多いです。

足場を組むかどうかで屋根修理の費用が変わってきます。

屋根修理で足場を組む際、外壁のメンテナンスなども同時に行うか検討してはいかがでしょうか?

屋根の形状

住宅によって屋根の形状が異なります。

複雑な形状になると、屋根修理の費用が高くなるので注意が必要。

屋根修理は信頼できる業者に依頼することが重要

屋根修理を予定しているものの、一体どこに任せれば良いか悩んでいるのではないでしょうか?

ここでは、業者の選び方について説明します。

過去の施工事例

気になる業者を見つけたら、過去の施工事例を踏まえた上で依頼するかどうか判断してください。

業者の公式サイトに過去の施工事例が掲載されています。

写真や施工内容などから施工のイメージを掴むのが重要。

見積書の内容

見積書に一体どのような内容が記載されているかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

使用する部材をはじめ、施工内容や費用の内訳などに目を通し、契約を進めていくことになります。

保証内容

屋根修理が済んだら終わりではなく、その後も定期的にメンテナンスを行い、住宅の不具合を解消しなければなりません。

気になる業者を見つけたら、保証内容をチェックし、定期点検にいつ訪れるかなどを押さえましょう。

まとめ

小田原市で屋根修理を行う場合、100万円以下で済む場合もあれば、200万円以上かかる場合もあります。

相場より高い費用が見積書に記載されていたら、見積書の詳細を細かくチェックすることをおすすめします。

屋根の劣化を放置し続けると、後で大きな問題に発展するかもしれません。

住宅について何か悩みがある方は信頼できる業者に一度相談してください。

 

【小田原市】で屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【小田原市】で屋根遮熱は「㈱いらか」へ

室内で快適に過ごすためには、暑さ対策を意識することが大切。

小田原市でリノベ・リフォームを予定しているものの、一体どのような方法で暑さ対策を行えば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

屋根遮熱も暑さ対策の1つに挙げられます。

近いうち、屋根のメンテナンスを小田原市で予定している方は「㈱いらか」へ一度ご相談ください。

平塚市で屋根リフォーム専門会社をお探しの方は「㈱いらか」へ

「㈱いらか」は平塚市に所在地のある屋根リフォーム専門会社。

平塚市をはじめ、茅ヶ崎市や藤沢市、伊勢原市、秦野市などで屋根修理・屋根リフォームを行っています。

小田原市も施工エリア内です。

2022年4月に旧成田屋商店平塚支店から独立した歴史があり、人によっては成田屋商店の名前に馴染みがあるのではないでしょうか?

依頼人第一の提案を分かりやすく丁寧に行うことを心掛けています。

小田原市ってどんな街

小田原市は神奈川県の西部に位置する街。

南部に相模湾が面しているのに加え、箱根連山につながる山地と曽我丘陵に囲まれています。

温暖な気候のため、保養地として親しまれているのが特徴に挙げられます。

神奈川県で5番の広さがあり、神奈川県における西の玄関口としての側面があるのもポイント。

JR東海道本線をはじめJR東海道新幹線やJR御殿場線、小田急小田原線など、全部で18の鉄道駅があるので、都心などにアクセスしやすいです。

かつて後北条氏以来の城下町・東海道屈指の宿場町として栄えた歴史があります。

JR小田原駅の南にある小田原城は小田原市のシンボル。

多くの観光客が小田原城を訪れます。

小田原市と聞いて、小田原城をイメージする方も多いのではないでしょうか?

その他にも、Dynacityをはじめ、小田原コロナワールドや小田原ラスカ、小田原市ティーモールクレッセのような商業施設が存在します。

商店街もあるので、普段の買い物が行いやすいです。

屋根遮熱のメリットとは

屋根修理・屋根リフォームを行う前に屋根遮熱のメリットについて押さえましょう。

主なメリットは以下の通り。

・体感温度を上げにくくする

・室内に保管されている物が劣化しにくくなる

・光熱費を節約しやすくなる

ここでは、屋根遮熱のメリットについて説明するので、気になる方は一度参考にしてください。

体感温度を上げにくくする

屋根遮熱で遮熱性を向上させることにより、太陽から発せられる輻射熱を遮ることができます。

輻射熱は体感温度を上げる性質があります。

体感温度が上がりにくくなることで熱中症対策を行えるのが屋根遮熱のメリット。

室内に保管されている物が劣化しにくくなる

室内に保管されている物が熱で劣化しにくくするのも屋根遮熱のメリットに挙げられます。

物によっては熱に弱い場合があります。

室内に保管されている物を熱から守りたい方も多いのではないでしょうか?

光熱費を節約しやすくなる

室内が暑くなり過ぎないようにすることでエアコンの使用頻度と強さを見直すきっかけを作れます。

エアコンの使用頻度を減らしつつ、強さを下げることで光熱費の節約につながります。

毎月の光熱費が気になる方は屋根修理・屋根リフォームで屋根遮熱を行うか検討しましょう。

屋根遮熱を一体どのような方法で行うのか

屋根遮熱の方法は複数存在しており、予算と相談しつつ、施工を進めていくことが大切です。

ここでは、屋根遮熱の方法について紹介します。

遮熱シート

遮熱シートで遮熱性を向上させることが可能。

アルミニウムが遮熱シートに用いられています。

成田崇
成田崇
このような遮熱シートで屋根からの熱を防ぎます

太陽から発せられる輻射熱を遮る性質がアルミニウムにあります。

伝導熱と対流熱の対策ができないため、断熱材を併用して暑さ対策を行ってください。

遮熱機能付きの屋根

遮熱機能付きの屋根を用いるのも屋根遮熱の方法。

カバー工法または屋根葺き替え工事を行い、屋根修理・屋根リフォームを進めていくことになります。

屋根材の状態に合わせた施工を行い、住宅の不具合を解消しましょう。

カバー工法は既存の屋根材の上に遮熱機能付きの屋根材を被せる施工です。

廃材を処分する手間を省き、費用と工期を抑えます。

ただし、野地板などの状態が確認できないので注意してください。

屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去した後、遮熱機能付きの屋根材を葺く施工。

野地板や防水シートを新しくできます。

カバー工法に比べて費用がかかるのに加え、工期が長くなるのがデメリットです。

遮熱塗料

遮熱塗料で遮熱性を向上させるのも屋根遮熱の方法。

外観を大幅に変えられます。 扱いが難しく、塗り方によってはムラが出てしまいます。

塗り直しの手間を踏まえ、遮熱塗料で屋根材を塗装するかどうか検討してください。

スプリンクラー

スプリンクラーは屋根に散水する設備です。

散水時によって発生する気化熱が熱さを軽減します。

錆や藻に注意しつつ、屋根のメンテナンスを行うのが設置する際のポイント。

まとめ

屋根遮熱は熱中症対策や光熱費の節約などをサポートします。

「㈱いらか」は神奈川県で数十年にわたって屋根修理・屋根リフォームに携わっています。

屋根遮熱を近いうちに予定している方は弊社まで一度ご相談ください。

 

【小田原市】で屋根遮熱や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【小田原市】でスレート屋根の部分修理完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

【小田原市】でスレート屋根補修が完了しました。

では屋根補修の費用とは?!

【小田原市】でスレート屋根補修の費用は5万円

経年劣化により

スレート屋根(コロニアル)が割れていました。

これはとても多い事例の一つです

 

スレート屋根(コロニアル)が割れると雨漏りするの?!

答えはすぐには雨漏りしないです。

なぜならばスレート屋根(コロニアル)の下にルーフィングと呼ばれる

防水シートが張られているからです。

屋根防水で最も大事なルーフィング(防水シート)について|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
上記のブログを見ればすぐに雨漏りしないことが分かります

スレート屋根の割れは放置しないでください

理由は止付けるための釘が露出しているため

雨水が入りやすい状態ではあるためです。

それでは補修してみましょう

 

成田崇
成田崇
まずはスレート割れの部分にボンドを塗布します

リコロニーを使って補修します

成田崇
成田崇
リコロニーとは上の動画の屋根材です

 

小田原市でスレート屋根補修工事が完了しました

簡易的ではありますが

小田原市でスレート屋根の補修が完了しました。

かかった費用は5万円です

 

 

雨漏りを防ぐためにはルーフィングを補修することが大事

そもそも屋根補修について考えてみましょう

屋根というのは屋根材の下に貼られているルーフィングにより、雨漏りを防ぎます。

ルーフィングは、防水シートのこと。

雨が降っても、ルーフィングがあることにより、

雨水は屋根材の上を通って雨桶で排出されます。

雨漏りが起きている場合、屋根材だけでなく、

ルーフィングの破損や雨桶の詰まりなどが起きているかもしれません。

成田崇
成田崇
ほとんどの雨漏りの原因はルーフィングの劣化です

ルーフィングを新しくし、雨漏りによる被害を最小限に抑えることが大切です。

また、雨漏りが原因で漏電が発生し、最悪の場合は火災に発展するかもしれません。

普段から住宅の状態に関心を持ちましょう。

屋根の部分補修を行うメリットとは?!

屋根を部分補修するのにメリットはあるのか?

疑問に感じている方も多いのではないでしょうか

部分補修には、メリットも何点か存在します。

ここでは、どのようなメリットがあるか触れていきます。

費用を安く抑えられる場合がある

全面補修に比べ、1回当たりの費用を安く抑えることができます。

ただし、部分補修を何度も行ってしまうと、

成田崇
成田崇
その時に払うお金は少ないですがトータルでは高いです

1回の全面補修より費用がかかってしまうかもしれない点に注意してください。

工事の日数が短い

部分補修は全面補修に比べ、工事の日数を短く済ませられます。

仕事などが忙しく、リフォーム・リノベーションに関わる時間が中々取れないと感じた場合、

部分補修も選択肢に挙がってきます。

屋根の状態によっては、最短で1日で終わるかもしれません。

屋根の補修を行う業者の選び方

屋根の補修は高所での作業も必要になってくるので、

業者に依頼する必要があります。

リフォーム・リノベーションの規模に関わらず、信頼できる業者を見つけましょう。

トラブルを避けるためにも、業者を選ぶ際のポイントを押さえてください。 ここでは、屋根の補修を行う業者の選び方について解説します。

施工実績が豊富

気になる業者を見つけたら、施工実績をチェックしてください。

成田崇
成田崇
屋根専門業者に依頼しましょう

施工内容はもちろん、かかった費用や依頼人のコメントなどを踏まえ、

依頼するかどうか判断しましょう。

こちらから選ぶと良いと思います

屋根外装工事協会

全日本瓦工事事業連盟

自社に職人を抱えていて長年屋根工事業を営んでいる会社です

 

屋根を細かく点検するか

破損した屋根を細かく点検するかどうかも依頼するかどうかの判断基準。

業者によっては、

高所カメラやドローンを用いて屋根を細かくチェックする場合があります。

屋根の状態に応じた提案を行うか

屋根の状態に応じたリフォームプランを提案するかどうかも重要になってきます。

見積もりや打ち合わせの際、気になることがあったら

、業者に質問することが大切です。

分からないことをそのままにしてしまうと、後で大きなトラブルが発生するかもしれません。

保証が充実しているか

アフターフォローの内容も依頼するかどうかの決め手。

リフォーム・リノベーションの施工が済んだら終わりではなく

、引き渡し後の生活にトラブルが起きないようにすることも重要です。

気になる業者を見つけた際は、保証期間の長さなどをチェックしましょう。

 

屋根の部分補修はダメ?!損をするその理由とは?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

まとめ

小田原市でスレート屋根の補修が完了しました。

かかった費用は5万円です。

屋根の部分補修を行ったとしても他の部分から雨漏りなどの問題が起きてしまうかもしれません。

雨漏りを防ぐためには、屋根材だけでなく、ルーフィングの補修を行うことが大切です。

屋根の破損が見られた場合、全面補修を検討しましょう。

部分補修は、工事の日数を抑えたい場合に行ってください。

雨漏りなどについて分からないことがある方は、業者に相談してはいかがでしょうか?

 

 

 

 

【小田原市】で屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町