ブログ

築5年でスレート屋根が割れた!保険で直せるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

築5年でスレート屋根が割れた!保険で直せるの?!

「築5年だけど、スレート屋根が割れていた」など、住宅に関する悩みは多岐にわたります。

割れたスレート屋根を保険で直したいと感じている方が多いのではないでしょうか?

どのくらい破損しているかなどによって、修理にかかる費用が変わってきます。

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためにも、できる限り早めに修理することが重要。

今回は築5年の住宅に用いられているスレート屋根が割れた際、火災保険で直せるのかどうかについて解説します。

築5年でもスレート屋根が割れた際に保険で直せる可能性がある

築5年の住宅に用いられているスレート屋根が割れた際、火災保険で直せる可能性があります。

破損した原因によっては火災保険が適用されないため、注意が必要。

スレート屋根は安価な反面、破損しやすい屋根材なので、定期的にメンテナンスを行いましょう。

火災保険が適用される条件

割れたスレート屋根を火災保険で修理する場合、どのような条件で適用されるかを押さえておくことが重要です。

自然災害などでスレート屋根が割れた場合に補償されます。

主な条件は以下の通り。

・風災

・雪災

・雹災

さまざまな原因でスレート屋根が割れるため、注意しなければなりません。

ここでは、火災保険が適用される条件について触れていきます。

屋根修理・屋根リフォームに関心のある方は一度参考にしてください。

風災

台風や強風によってスレート屋根が割れる場合があります。

強風で飛来物が飛んできた・台風の影響でスレート屋根が捲れたなどの悩みを抱えている方も一定数いるのではないでしょうか?

台風などの風災が起きた際、破損している箇所がないかチェックすることをおすすめします。

雪災

落雪や積雪もスレート屋根が割れる原因の1つです。

雪災も火災保険が適用されるので、落雪などでスレート屋根が割れた際は火災保険を申請してください。

雹災

屋根に当たった雹によってスレート屋根が割れる可能性もあるので注意しなければなりません。

雹災も火災保険が適用されるので、割れたのを確認したら、申請することをおすすめします。

地震保険に加入するのも重要

地震もスレート屋根が割れる原因の1つに挙げられます。

スレート屋根が地震によって割れた場合、火災保険ではなく、地震保険を申請する必要があります。

割れた原因によって、適用される補償が変わってくるので注意してください。

いつ地震が発生するか分からないため、普段から地震対策に意識を向けることをおすすめします。

屋根修理・屋根リフォームを予定している方は地震対策を検討してはいかがでしょうか?

火災保険を利用してスレート屋根を修理する際のポイント

火災保険を申請する際、ポイントがいくつか存在します。

スレート屋根の修理に火災保険が利用できないのをできる限り避けることが重要。

ここでは、申請する上でどのような点に注意する必要があるかについて取り上げます。

割れたスレート屋根の写真を撮る

火災保険を申請する際、割れたスレート屋根の写真を撮らなければなりません。

複数の角度から写真を撮り、どのように破損しているかを把握できるようにするのが重要。

屋根に登って写真を撮るのは危険が伴うので、業者に撮って頂くことをおすすめします。

被害が発生してから3年以内に申請する必要がある

スレート屋根が割れてから3年以内に火災保険を申請してください。

3年を過ぎてしまうと、火災保険が適用されなくなります。

できる限り早めに屋根修理・屋根リフォームを行い、住宅の不具合を解消するのが重要です。

免責費用が超えていないと火災保険で修理を進められない

免責費用が修理費用を超えているのも火災保険で割れたスレート屋根を行うための条件。

フランチャイズ方式の火災保険は修理費用が20万円を超えた場合、超えた部分が保険金として支払われます。

免責方式の火災保険の場合、自己負担額を決め、自己負担額を引いた費用が保険料として受け取ることができます。

自己負担額よりも修理費用が安いと、全額負担しなければなりません。

悪徳業者に注意

火災保険を悪用する悪徳業者が存在します。

わざと屋根を破壊し、火災保険の申請を勧める業者もあるので、注意が必要。

割れたスレート屋根の修理を行う際、火災保険を利用した屋根修理の経験がある業者に依頼しましょう。

屋根をわざと破壊して火災保険を申請するのは詐欺行為に該当するため、トラブルに巻き込まれないようにしてください。

まとめ

築5年の住宅に用いられているスレート屋根が割れた際、場合によっては火災保険で修理を行えます。

火災保険が適用される条件は風災や雪災などの自然災害。

経年劣化は火災保険の対象ではないため、注意が必要です。

台風などでスレート屋根が割れた際は3年以内に火災保険を申請し、できる限り早めに不具合を解消してください。

火災保険などについて分からないことがある方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

雨漏りの調査方法と、注意点とは!?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

雨漏りの調査方法と、注意点とは!?

成田崇
成田崇

 

住宅のリノベ・リフォームを進めていく際、雨漏りが発生していないか把握する必要があります。

雨漏りを放置し続けてしまうと、さまざまな問題に発展する可能性があるため、注意してください。

一体どのようにして屋根などに雨漏りが発生しているかどうかを判断すれば良いか疑問に感じている方も一定数いるのではないでしょうか?

今回は雨漏りの調査方法に加え、調査を進めていく際の注意点について触れていきます。

雨漏りの調査方法

雨漏りが発生しているかどうかを把握する方法が複数存在します。

調査方法は以下の通り。

・目視調査

・散水調査

・赤外線カメラ調査

・発光液調査

・ファイバースコープ調査

・ガス調査 それぞれの方法の特徴を押さえつつ、雨漏り対策を進めましょう。

早速ですが、雨漏りの調査方法について紹介します。

目視調査

 

目視調査とは、屋根や屋根裏、外壁などを目視・接触・打診し、雨漏りが発生しているかどうかを把握する調査。

検査員の経験や技術などにより、精度が変わってきます。

目視調査で雨漏りの原因を把握しつつ、散水調査などを行います。

費用は基本的に無料。

業者によっては費用がかかるかもしれません。

散水調査

散水調査は雨漏りの原因と考えられている箇所に水をかけ、雨漏りが発生しているかどうか把握する調査。

1ヵ所に約10~30分かけて水をかけます。

雨漏りが発生している箇所を特定するまで水をかけるのが特徴です。

費用は約3万~18万円。

屋根に雨漏りが発生している場合、足場を設置する必要があるので、住宅のメンテナンスを予定している方は注意してください。

赤外線カメラ調査

赤外線カメラ調査は赤外線カメラで住宅を映し出し、温度差が発生しているかを把握する調査です。

目視検査で雨漏りが発生している箇所を調べた後、赤外線カメラ調査が行われます。

温度が極端に低い箇所に雨漏りが発生していると推測するのがポイント。

雨が降った翌日や空調を使用しているかどうかにより、誤差が生じます。

また、周囲に建物が囲まれている場合、赤外線カメラ調査は適していないので注意してください。

費用は約18万~35万円です。

発光液調査

発光液調査とは、雨漏りが発生していると予想される箇所に発光液を混ぜた調査液を流し、雨水の侵入経路を把握する調査。 発光液の色が変化しているかどうかで雨漏りが発生している箇所を把握します。 調査液は基本的に退色・変色が起こらず、数日で発光が消えます。 いざという時に備え、退色・変色が起きないかを調査する前に把握するのがポイント。 費用は約10万~25万円です。 業者によっては、発光液調査を行っていないので注意してください。

ファイバースコープ調査

ファイバースコープ調査は超小型カメラを使用し、屋根裏などに雨漏りが発生していないか把握する調査。

超小型カメラが映し出す映像から雨漏りが発生している箇所などを特定します。

費用は約3万~10万円です。

ガス調査

ガス調査は雨水が漏れている箇所にトレーサガスを送り出し、雨水がどこから侵入しているかを把握する調査。

マンションやRC構造の建物に適しています。

ガスの検出を行うためにガス送入部分の内装仕上げ材の撤去を行わなければなりません。

費用は10万円以上です。

ドローン撮影調査

ドローン撮影調査は高所部分で目視できない箇所をドローンで撮影し、雨漏りが発生しているかどうか把握する調査。

屋根の状態を細かく把握できるのに加え、足場を組まなくて済むのがメリットに挙げられます。

屋根や外壁の表面以外の情報が分からないのがデメリットです。

費用は約5,000~3万円。 業者によっては無料でドローン撮影調査を行っています。

 

雨漏りの調査における注意点

雨漏りの調査を行う上で一体どのような点に注意すれば良いか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、調査を行う際の注意点をいくつか紹介します。

雨漏りの調査方法について詳しく記載されている業者に依頼

業者に雨漏りの調査を依頼する際、調査方法について詳しく記載されているかチェックしてください。

また、過去の施工事例を踏まえ、雨漏り修理を進めるのも重要です。

火災保険の話をしつこくする業者を避ける

業者によっては火災保険について何度も話をする業者が存在します。  

火災保険は必ず申請が通る保証がありません。

トラブルを避けるためにも、悪徳業者に注意してください。

再発を繰り返す場合は別の業者に依頼する

雨漏りが再発した場合、再び調査を行う必要があります。

何度も繰り返す際は別の業者に依頼してください。

まとめ

雨漏りの調査方法は多岐にわたります。

どのように調査を進めていくかにより、費用が変わってきます。

業者によっては、特定の調査方法を行っていない場合もあるので注意が必要。

雨漏りによる被害を最小限に抑えるためにも、信頼できる業者に雨漏りの調査を依頼することをおすすめします。

 

適切なアドバイスを業者から受けつつ、住宅のメンテナンスを進めてください。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

火災保険が適用される雨漏り修理とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

火災保険が適用される雨漏り修理とは?!

成田崇
成田崇

さまざまな原因によって雨漏りが発生します。

放置し続けると、さまざまな問題が発生するので、できる限り早めに雨漏り修理を行わなければなりません。

人によっては雨漏り修理にかかる費用について心配しているのではないでしょうか?

住宅のメンテナンスを適切に行う際、どのくらいの費用を用意できるか把握するのが大事。

今回は雨漏り修理に火災保険が適用されるのかについて解説します。

気になる方は参考にしてください。

雨漏り修理に火災保険が適用されるのか

条件によっては、火災保険で雨漏り修理を進めることができます。

屋根などから雨漏りが発生した際は火災保険が適用されるかどうかチェックしてください。

火災保険が適用される雨漏り修理の内容

火災保険が適用される雨漏り修理の内容として、以下のものが挙げられます。

・風災

・雪災

・雹災

自然災害が発生した後、損傷している箇所を細かくチェックし、住宅のメンテナンスを進めましょう。

ここでは、火災保険が適用される雨漏り修理の内容について取り上げます。

風災

風災は台風・暴風・竜巻などによって生じた災害。

台風で飛ばされてきた飛来物が外壁にぶつかって損傷した・暴風で屋根材が飛ばされたなどの被害が生じる可能性があるかもしれません。

火災保険の対象に風災が挙げられます。

台風や暴風によって住宅の被害が生じた際は火災保険を確認し、住宅のメンテナンスを進めましょう。

雪災

雪災は大雪や雪崩などによって生じる災害。

雪の重みで屋根材が損傷するなどの被害が発生する可能性があります。

雪災も火災保険の対象なので、屋根材の損傷などを目にした際は火災保険で雨漏り修理が進められるかチェックしてください。

雹災

雹災は雹によって生じる災害です。

屋根材や天窓などが雹によって損傷する可能性があるので注意が必要。

雪が降る頻度が多い地域に住んでいる場合、安全に配慮しつつ雪かきを心掛けましょう。

雨漏り修理で火災保険が適用されない場合

以下の場合は雨漏り修理で火災保険が適用されないので注意してください。

・経年劣化

・施工不良

・吹込み損害

住宅のメンテナンスを進めていく際、火災保険が適用されない場合も押さえるのが重要。

ここでは、雨漏り修理で火災保険が適用されない場合について解説します。

経年劣化

住宅は年数の経過と共に劣化していきます。

経年劣化による雨漏り修理は火災保険に適用されないため、注意が必要。

場合によっては風災などで屋根材などが損傷したとしても、経年劣化による雨漏りと判断される場合もあります。

火災保険を利用して雨漏り修理を行いたいと感じている方は普段から住宅のメンテナンスを心掛けることをおすすめします。

施工不良

施工不良も火災保険の適用外。

新築住宅の施工やリノベ・リフォーム時に施工不良が生じる場合があります。

施工不良も雨漏りの原因なので、住宅のメンテナンスを行う際は注意しましょう。

新築から10年以内に雨漏りが発生すると、無償で新築住宅の施工を行った業者に修理して頂くことが可能。

法律で住宅の売主は10年間の瑕疵担保責任保証を負うことが義務づけられています。

また、人によってはリノベ・リフォームを機にソーラーパネルの設置を検討しているのではないでしょうか?

ソーラーパネルを設置したことで雨漏りが発生する可能性があるため、注意してください。

吹込み損害

吹込み損害は窓を閉め忘れ、室内で雨が濡れる損害。

雨漏りを防ぐために普段から窓の閉め忘れに注意しましょう。

雨漏りが発生してから早めに申請するのが大事

雨漏りが発生してから3年以内に火災保険を申請しなければ、時効を迎えてしまいます。

また、時間が経過すればする程、経年劣化として扱われる場合もあります。

火災保険の種類

火災保険の種類によって賄える雨漏り修理の費用が変わってきます。

ここでは、火災保険の種類について触れていくので、気になる方はチェックしてください。

免責型

免責型は自己負担額をあらかじめ決めておく方式。

雨漏り修理の費用が自己負担額を超えると、超過した金額を受け取れます。

雨漏りが発生した場合、自己負担額を支払わなければならないのがデメリットです。

フランチャイズ型

フランチャイズ型は雨漏り修理に20万円以上の費用がかかった際に適用される方式。

20万円を下回ってしまうと、適用されません。

適用された場合、雨漏り修理の費用を火災保険で全額賄えます。

雨漏り対策を進める上で免責型とフランチャイズ型のどちらを利用するか一度検討してください。

まとめ

雨漏り修理を行う際、火災保険が適用される場合と適用されない場合があります。

台風などの自然債が発生したら、住宅の状態を細かくチェックし、屋根材などの損傷が起きていないか把握してください。

また、火災保険の適用を3年以内に済ませましょう。

雨漏りや火災保険などについて分からないことがある場合、業者に一度相談することをおすすめします。

業者から適切なアドバイスを受けつつ、住宅の不具合を解消していくことが重要です。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】で雨樋が壊れた!保険で直せるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】で雨樋が壊れてしまいました。

強風の影響で【南足柄市】で雨樋の破損が発生しました。

火災保険を使って直せるのか?解説したいと思います。

強風や経年劣化により雨樋が壊れて修理を予定している方も多いのではないでしょうか?

自然災害により、住宅に甚大な被害を与える場合があります。

 

台風の後、住宅の状態を把握し、屋根修理または屋根リフォームを行うのが大切。

今回の【南足柄市】の事例で壊れた雨樋を保険で修理できるかどうかについて解説します。

台風で壊れた雨樋を火災保険で修理できる場合がある

火災保険で台風によって壊れた雨樋を修理できる場合があります。

自然災害が起きた後、保険会社や代理店に相談を進めるのが大事。

雨樋以外にも破損している箇所があるのを確認するのが屋根修理を進める際のポイントです。

火災保険で補償される損害

火災保険で補償される損害に一体どのようなものがあるか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか?

主に以下の損害を補償します。

・火災

・風災

・雪災

・水災

・ガス漏れなどが原因で起きる爆発

・破裂

・給排水設備の故障などによる水漏れ

・物体の落下

・飛来

・衝突による損害

・盗難

火災保険はさまざまな損害に対応しています。

保険会社によって、火災保険の内容が異なるので、契約する際は細かくチェックするのが大事。

今回の【南足柄市】の事例は風災でした。

台風で壊れた雨樋を火災保険で修理するための条件

台風で壊れた雨樋を火災保険で修理するためには、いくつか条件が存在します。

補償されるかどうかを踏まえた上で屋根修理または屋根リフォームを進めてください。

火災保険で修理するための条件は以下の通り。

成田崇
成田崇
経年劣化と判断されれば保険適用外となります。

・経年劣化による破損でないこと

・被害額が20万円以上の損害

・台風による損害が発生してから3年以内

・強風による損害であること

・雪害による破損

・保険料

・住宅ローンを滞納していないこと

各条件について説明するので、雨樋の修理を予定している方は一度参考にしてください。

経年劣化による破損でないこと

経年劣化による屋根や雨樋などの破損は火災保険が適用されません。

同じ住宅に長期間にわたって住み続けるためにも、普段からメンテナンスを心掛けましょう。

成田崇
成田崇
経年劣化と判断されれば多くの場合は保険適用外となります。

被害額が20万円以上の損害

台風による損害が20万円以上の場合、壊れた雨樋を修理できる可能性があります。

20万円に満たない場合、補償されないため、注意してください。

ただし、火災保険によっては損害額からあらかじめ設定した自己負担額を差し引いた金額を受け取れる方式を採用しているケースも存在します。

火災保険に加入する際、保険金を受け取るための条件を把握しておくことが大切です。

自己負担額を設定する火災保険に加入する際、貯蓄に余裕があるかどうかも意識したいところ。

台風による損害が発生してから3年以内

自然災害による被害に遭った日から3年以内に火災保険を申請するのも条件のひとつ。

できる限り早めに屋根修理または屋根リフォームを済ませるのが重要です。

雨樋を壊れたままにしておくと、雨水が外壁を流れ、腐食させてしまう可能性があります。

強風による損害であること

今回の【南足柄市】のケースは強風による損害でした。

強風による損害と保険会社から認められるのも火災保険で雨樋を修理するための条件。

多くの方が強風かどうかを判断するための基準は一体何か疑問に感じているのではないでしょうか?

最大瞬間風速により、強風かどうかが判断されます。

強風とは、最大瞬間風速20m/秒以上の風。

雪害による損害

あまり知られていませんが雪害により雨樋は破損します。

特に普段雪の降らないエリアに住んでいる方は

雨樋の破損が雪の影響だとは考えないと思います。

とくに数年に一度の大雪の時に破損が発生しやすくなります。

保険料・住宅ローンを滞納していないこと

保険料または住宅ローンを滞納していると、火災保険による補償が適用されません。

普段から収入と支出のバランスを意識し、保険料または住宅ローンを滞納しないことが大切です。

【南足柄市】までは40~50分で駆け付けます

㈱いらかは平塚市の会社ですが

【南足柄市】までは車で40~50分の距離です。

調査や見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

まとめ

【南足柄市】で雨樋の破損が発生しました。

㈱いらかから【南足柄市】までは車で40~50分で駆け付けます。

強風による損害でしたので保険適用が可能な事例になります。

雨樋が台風で壊れた際、火災保険で直せる場合もあれば、直せない場合もあります。

加入している火災保険の内容をチェックし、補償が適用されるかどうか把握してください。

また、雨樋を壊れたままにしておくと、外壁に直接雨水があたり

腐食などの問題に発展する恐れがあるので、注意が必要。

屋根修理または屋根リフォームを近いうちに予定している方は信頼できる業者に相談し、施工を進めましょう。

 

 

 

雨樋工事事例はこちらから

 

雨樋(あまとい・あまどい)の交換や修理ご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根工事、雨樋(あまとい・あまどい)雨樋修理工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

【南足柄市】で台風屋根被害?!保険で直せる?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】で台風屋根被害が発生しました。

自然災害が起こった後、住宅の状態に気を配ることが大事。

台風で屋根が壊れたなどの悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

今回は台風で壊れた屋根を火災保険で直せるかどうかについて解説します。

台風で壊れた屋根を火災保険で直せる場合がある

台風によって屋根が壊れた場合、火災保険の風災補償で直せる場合があります。

火災保険の補償項目は保険会社ごとに異なるため、加入時にチェックすることが大切。

主な補償内容は以下の通りです。

・風災

・火災

・ガスによる爆発

・破裂

・落雷

・豪雨や台風などによる水災

・盗難

・物体の飛来

・落下による損害

成田崇
成田崇
経年劣化と判断されれば保険適用外になりますのでご注意ください。

今回の【南足柄市】の事例の場合は風災にあたり、保険の対象となります。

どのタイミングで予想外の事態が起きるか分からないため、火災保険をいくつかチェックし、納得のいく火災保険に加入することをおすすめします。

台風で壊れた屋根を火災保険で直すための条件

火災保険で屋根を直すためには、いくつか条件が存在するので注意が必要。

風災補償が適用される条件として、以下のものが挙げられます。

・強風による被害

・被害額が20万円以上

・台風による被害に遭った日から3年以内

・保険料・住宅ローンを滞納していないこと

成田崇
成田崇
どの台風で被害に遭ったのか?をメモしておくことをおすすめします。

各条件について解説するので、屋根修理を検討している方は一度参考にしてください。

強風による被害

【南足柄市】もエリアによってはとても風の強い地域です

台風で壊れた屋根を修理する際、強風による被害と認められる必要があります。

どのような基準で強風と判断されるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

強風かどうかの判断基準は瞬間最大風速。

最大瞬間風速が20m/秒以上で風災補償が適用されます。

インターネット上で最大瞬間風速に関するデータを調べることができます。

屋根が壊れた原因が分からない場合、火災保険で修理を行うことができないので注意してください。

業者に依頼し、屋根が壊れた原因を調査し、風災補償が適用されるかどうか把握必要があります。

被害額が20万円以上

被害額が20万円以上であるかどうかも火災保険で屋根の修理ができるかどうかの条件。

20万円に満たないと、風災補償が適用されない場合が多いです。

成田崇
成田崇
補修費が20万円以上というの有名ですね。

免責方式の火災保険の場合、損害額から免責金額を差し引いた金額になるので、注意しましょう。

台風による被害に遭った日から3年以内

台風による被害に遭った日から3年以上経ってしまうと、風災補償が適用されなくなります。

3年以内に保険金を請求し、屋根修理を行うのが大事。

保険料・住宅ローンを滞納していないこと

火災保険の保険料や住宅ローンを滞納していると、風災補償が適用されないため、注意してください。

普段から収入と支出の管理を行う必要があります。

経年劣化と判断される可能性がある点に注意

自然災害で屋根などが壊れたとしても、経年劣化と判断される可能性があります。

経年劣化による損害は補償が受けられません。

 

台風で壊れた屋根を火災保険で直す際の流れ

火災保険で保険金を請求する際、どのような流れで手続きを行うか知っておくことが重要。

大まかな流れは以下の通りです。

保険会社に火災保険を申請

必要書類に必要事項を記入

鑑定人による現地調査

保険金の入金

成田崇
成田崇
私も保険の鑑定員の依頼があってたまにやりますが経年劣化による申請がとても多い印象です。(経年劣化は適用外です)

すぐに保険金が受け取れるわけではないため、注意してください。

ここでは、保険会社から保険金が入金されるまでの流れについて解説します。

保険会社に火災保険を申請

契約している保険会社に台風の被害に遭ったことを連絡し、火災保険の申請をまず行います。

必要書類に必要事項を記入

保険会社から送られてきた必要書類に必要事項を記入。

台風による被害状況を撮影した写真と屋根修理の見積書が必要です。

必要事項を記入し終えたら、保険会社に返送してください。

鑑定人による現地調査

必要書類が受理された後、保険会社から鑑定人が派遣。

現地調査で風災補償が適用されるかどうか判断します。 場合によっては現地調査が行われません。

保険金の入金

支払われる保険金の金額が確定した後、師弟の口座に保険金が入金されます。

自然災害による被害が集中していると、支払いが遅れる可能性があります。

㈱いらかは【南足柄市】まで車で40~50分で駆け付けます

㈱いらかの所在地平塚市から南足柄市までは車で40~50分です。

何か屋根に心配があればすぐに駆け付けます。

屋根の調査及びお見積もりまでは無料でおこなっております。

まとめ

【南足柄市】で台風による屋根被害が発生しました。

そのままにしておくと雨漏りに繋がりますのでご注意ください。

また台風で屋根が壊れた際、条件次第で火災保険の風災補償が適用される場合があります。

保険料・住宅ローンを滞納していると、風災補償が適用されないので注意が必要。

これから、屋根修理を予定している方は信頼できる業者や保険会社に一度相談してください。

 

 

【南足柄市】で屋根雨漏り屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

差し棟の寿命とメンテナンスの注意点を詳しく解説! |平塚・株式会社いらか|屋根専門

差し棟の寿命とメンテナンスの注意点を詳しく解説!

成田崇
成田崇
差し棟の寿命とは?!

年数の経過と共に屋根が劣化します。

思い入れのある住宅に長く住み続けるためには、定期的にメンテナンスを行うのが大事。

業者に差し棟が浮いていると指摘された経験がある方がいるのではないでしょうか?

今回は差し棟の寿命に加え、メンテナンス時の注意点について解説します。

差し棟の寿命

差し棟の寿命は約15~25年。

成田崇
成田崇
差し棟の寿命とは屋根で使うこのような金属の役物です。

寿命を少しでも長く伸ばすためには、普段から屋根の状態に気を配る必要があります。

差し棟の寿命に関わるポイント

差し棟によって寿命が異なりますが、想像以上に早く寿命を迎える可能性も十分考えられます。

どのようなものが差し棟の寿命に関わるのか疑問に感じているのではないでしょうか?

以下のものによって、差し棟の寿命が変わります。

・材質

・立地条件

・自然災害による被害

場所によって、気温や風の強さなどが変わってくるため、屋根修理・屋根リフォームを行う際は注意したいところ。

台風や地震などの自然災害が起きた後、屋根だけでなく、外壁や門扉などが破損していないかどうかチェックしてください。

差し棟が寿命を迎えているかどうかチェックするポイント

差し棟が寿命を迎えているか判断する際のポイントは一体何か気になっている方が多いのではないでしょうか?

主に以下のポイントをチェックすることになります。

・釘が浮いているか

・サビが発生しているか

・木材が腐食しているか

・差し棟が飛ばされていないか

・雨漏りが発生しているか

ここでは、差し棟が寿命を迎えているかどうか把握するためのポイントについて紹介します。

釘が浮いているか

差し棟を固定するための釘が年数の経過と共に固定力が下がり、浮いてしまいます。

最終的には、釘が抜けてしまうので注意してください。

サビが発生しているか

差し棟によってはサビが発生しているかもしれません。

雨風などに晒され続けているため、サビが原因で破損する可能性も考えられます。

一度、サビが発生してしまうと、拡大してしまいます。

木材が腐食しているか

雨水により、木材が腐食していないかどうかもメンテナンス時のポイント。

差し棟だけでなく、屋根全体をチェックする必要があります。

差し棟が飛ばされていないか

台風や強風で差し棟が飛ばされるケースも存在します。

自然災害の後に外へ出てみると、差し棟が落ちている方もいるのではないでしょうか?

雨漏りが発生しているか

破損した差し棟などを放置し続けていると、雨漏りが発生する恐れがあります。

雨漏りは木材を腐食させてシロアリなどを発生させるだけでなく、住宅の寿命を縮めてしまいます。

差し棟のメンテナンス時の注意点

差し棟のメンテナンスを進める際、一体どのような点に注意すれば良いか気になっている方も多いのではないでしょうか?

主な注意点は以下の通り。

・差し棟が飛ばされる前にメンテナンスを済ませる

・火災保険で対応できない場合がある

・悪徳業者に注意する必要がある

ここでは、各注意点について説明するので、屋根修理・屋根リフォームを予定している方は参考にしてください。

差し棟が飛ばされる前にメンテナンスを済ませる

差し棟が台風や強風で飛ばされる前にメンテナンスを済ませるのが重要です。

通行人や近隣の住宅に飛ばされた差し棟が当たる可能性もゼロではありません。

大きなトラブルを防ぐのもメンテナンスを行う理由のひとつ。

火災保険で対応できない場合がある

屋根修理・屋根リフォームの費用を火災保険で賄おうと考えている方も多いのではないでしょうか?

台風や地震などによる被害と認められないと、火災保険で補償されません。

差し棟の寿命は火災保険の対象外。

悪徳業者に注意する必要がある

屋根修理・屋根リフォームを進めていく上で悪徳業者に注意してください。

場合によっては屋根の一部を壊した後、写真を撮り、契約を進める場合もあります。

差し棟が壊れていると言われても、冷静に対処できるかどうかが重要になってきます。

差し棟のメンテナンスは信頼できる業者に依頼するのが大事

差し棟のメンテナンスを行う業者を選ぶ際、どこに依頼すれば良いか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

信頼できる業者を見つけるためには、情報収集を十分行う必要があります。

最後に、業者の選び方について説明します。

契約を急かさないかどうか

契約を急かさないかどうかは依頼するかどうかの決め手。

すぐに施工を行わないと雨漏りが発生するなどと言われても、慌てず、冷静に対処してください。

施工実績が豊富か

信頼できるかどうか判断するために、業者の公式サイトをチェックすることをおすすめします。

過去にどのような施工に携わったかを踏まえ、相談・契約を進めていくことになります。

どのような見積書を作成するか

見積書の内容が分かりやすいかどうかも選ぶ決め手。

使用する部材や施工内容などについて分からないことがある際は業者に質問するのが大切です。

どのような保証を用意しているか

差し棟のメンテナンスを行った後も定期的にメンテナンスを行い、寿命を少しでも伸ばしましょう。

保証内容は業者によって異なります。

定期点検の頻度などを踏まえ、相談・契約を進めてください。

まとめ

差し棟の寿命は材質や立地条件などにより、変わってきます。

普段から屋根の状態に気を配ることが大切。

屋根修理・屋根リフォームでトラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集を入念に行いましょう。

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

差し棟の施工業者と費用相場を徹底調査!最新版|平塚・株式会社いらか|屋根専門

差し棟の施工業者と費用相場を徹底調査!最新版

成田崇
成田崇
差し棟とはなんでしょうか?

差し棟に不具合が生じたのを機に、屋根修理・屋根リフォームを予定している方が多いのではないでしょうか?

雨漏りなどの被害を最小限にするためには、屋根のメンテナンスを適切に行う必要があります。

納得のいく施工を進めるなら、どのくらいの予算があるかを把握しておきたいところ。

今回は差し棟の施工業者に屋根修理・屋根リフォームを依頼した際にかかる費用の相場について説明します。

差し棟の施工業者に施工を依頼した際にかかる費用の相場

12mの棟の屋根修理・屋根リフォームを差し棟の施工業者に依頼した際、約30万円の費用がかかります。 人によっては想像以上に費用が発生するかもしれません。

差し棟の施工に一体どのような費用がかかるのか

差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームの中で一体どのような費用がかかるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

一度の施工でさまざまな費用が発生します。

ここでは、差し棟の施工に一体どのような費用がかかるかについて紹介するので、屋根について関心のある方はチェックしてください。

差し棟

破損した差し棟を新たに交換するための費用がかかります。

12mの棟の場合、相場は約6万円。

足場

屋根修理・屋根リフォームは高所で作業していきます。

高所で作業するためには、足場を設置する必要があります。

足場の設置費用も差し棟を用いた屋根修理・屋根リフォームにかかる費用のひとつ。

12mの棟の場合、相場は約15万円です。

養生

養生は水や塗料で住宅を保護しつつ、周辺が汚れないようにするために行う工程。

ビニールシートやメッシュシートで住宅を覆います。

水や塗料が隣の家に飛び散ると、大きなトラブルに発展するかもしれません。

12mの棟の場合、相場は約4万円です。

諸経費

屋根修理・屋根リフォームを行う際、諸経費が発生します。

諸経費は差し棟の施工業者の経費。

経営を続けていくために用いられます。

諸経費の相場は屋根修理・屋根リフォームにかかる費用の約10%です。

広告費や営業費などをかけている差し棟の施工業者に依頼した場合、諸経費が約20%以上になるかもしれません。

12mの棟の場合、相場は約3万円です。

差し棟の費用に関わるポイント

差し棟の費用は一体どのようなポイントで差が生じるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

住宅によって、費用に大きな差が生じます。

差し棟の費用に関わる主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・屋根の面積

・勾配

・色

ここでは、差し棟の費用に関わる各ポイントについて触れていくので、屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は参考にしてください。

屋根の面積

屋根の面積が広ければ広い程、差し棟の施工にかかる費用が高くなります。

大規模な屋根修理・屋根リフォームを予定している方が多いのではないでしょうか?

勾配

住宅により、屋根の勾配に差が生じます。

勾配が急になると、差し棟の施工にかかる費用が高くなるので注意が必要。

人によっては屋根の色を変え、住宅の雰囲気を大きく変えたいと感じているのではないでしょうか?

差し棟の色によって、費用が変わってくる場合があります。

差し棟の施工にかかる費用に関する悩みを解決するためのポイント

差し棟の施工にかかる費用を少しでも抑えたいなど、費用に関する悩みを抱えている方も一定数います。

家族の安全や家具などを守るためにも、費用に関する悩みを解決するのが大事。

ここでは、費用に関する悩みを解決するためのポイントについて紹介します。

外壁リフォームを同時に行う

屋根修理・屋根リフォームと同時に外壁リフォームを行えば、足場の設置にかかる費用を抑えられます。

外壁リフォームも高所での作業を行うため、足場が必要。 住宅のメンテナンスを行う際、いかに費用を抑えるかを意識しましょう。

火災保険を利用できるかチェックする

台風などの自然災害が原因で差し棟などが破損した場合、火災保険が利用できるかもしれません。

補償される条件は保険会社によって異なります。

火災保険で屋根修理・屋根リフォームの費用を賄いたいと感じている方は保険会社に一度相談してはいかがでしょうか?

差し棟の施工業者を選ぶ際のポイント

差し棟の施工業者はいくつも存在しており、数ある中から信頼できる一社に絞れるかが重要。

屋根修理・屋根リフォームの経験が少なく、どの業者が良いか分からないなどの悩みを感じている方も多いかもしれません。

最後に、差し棟の施工業者を選ぶ際、一体どのようなポイントをチェックすれば良いかについて解説します。

過去の施工実績

過去の施工実績から差し棟の施工に慣れているかどうか判断するのが大事。

施工内容だけでなく、工期や費用、口コミの内容を踏まえ、相談するかどうか判断してください。

見積書が分かりやすいか

見積書に一体どのような内容が記載されているかが依頼するかどうかの決め手。

使用する部材や施工内容、費用の内訳など、分からない部分があった場合は業者に質問することをおすすめします。

差し棟などに関する疑問を解消することがトラブルを避けるポイントです。

屋根を細かく点検するか

雨漏りなどの原因を正確に把握するためには、屋根を細かく点検するのが大事。

差し棟の施工業者が屋根をどのように点検するかを踏まえ、相談・契約を進めていくことになります。

点検時にドローンを用いるケースも存在します。

保証内容

差し棟の施工後も屋根の不具合に対応していくのが重要。

年数と共に屋根や外壁などが劣化していきます。

どのような保証内容を用意しているかを把握した上で相談することをおすすめします。

まとめ

差し棟の施工は屋根の面積などにより、費用が変わってくるので注意してください。

足場や養生、諸経費によっては想像以上の費用になるかもしれません。

屋根修理・屋根リフォームを近いうちに予定している方は業者に住宅に関する悩みを一度相談してはいかがでしょうか?

 

屋根修理や屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

スレート屋根塗装の意味を考える前に知っておくべきポイント|平塚・株式会社いらか|屋根専門

スレート屋根塗装の意味を考える前に知っておくべきポイント

成田崇
成田崇
スレート屋根塗装には賛否両論あるので事実を知っておくことが大切です。

屋根塗装を行う際、知っておきたいポイントが何点か存在します。

思い入れのある住宅に長期間住み続けるためには、適切な屋根修理・屋根リフォームを行うことが大切。

人によっては屋根塗装を初めて業者に依頼するのではないでしょうか?

今回は屋根塗装の意味を考える前に知っておきたいポイントについて説明するので、気になる方は一度参考にしてください。

スレート屋根塗装の意味を考える前に知っておきたいポイント

屋根修理・屋根リフォームで失敗を避けるためには、どのような方法でメンテナンスを進めていくかが重要になってきます。

屋根塗装の意味を考える前に知っておきたい主なポイントは以下の通り。

・屋根塗装が必要かどうか

・どのような屋根を用いているか

・何回目の屋根塗装か

・どのような塗料があるか

・どのような費用がかかるか

・保険で対応できるか

・雨漏りが起きる原因は何か

・屋根塗装には危険が伴う

早速ですが、屋根塗装の意味を考える前に知っておきたいポイントについて解説します。

屋根塗装が必要かどうか

屋根塗装が必要かどうかを知っておくことが大切です。

雨漏りが発生しているなど、屋根材や下地などが著しく劣化している場合、屋根塗装ではなく、別の方法で屋根修理・屋根リフォームを行うことになるかもしれません。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根塗装が必要かどうかはすぐに分かるわけではなく、詳細な点検を行うことで把握することができます。

どのような屋根を用いているか

使用している屋根材も知っておくべきポイントのひとつ。

住宅によって用いられている屋根材が異なります。

成田崇
成田崇
屋根塗装が必要な屋根材は「板金屋根」のみです。

どのような性能があるかはもちろん、耐用年数が近づいているかどうかなどを踏まえた上で適切な屋根修理・屋根リフォームを行ってください。

屋根材の種類によっては屋根材を行う必要がない場合もあります。

また、屋根塗装を行うことで破損する可能性がある屋根材も存在します。

何回目の屋根塗装か

人によっては2回目の屋根塗装を行おうとしているのではないでしょうか?

屋根塗装を何度も行うことでスレートとスレートの隙間が小さくなるため、雨水が外に排出されにくくなります。

結果、雨漏りが発生する可能性も出てきます。

屋根塗装を3回以上行うのは控えておきたいところ。

中古物件を購入する際は過去に屋根塗装を行っているかどうかも知っておくことをおすすめします。

どのような塗料があるか

屋根塗装で失敗しないためには、どのような塗料があるかを知っておくのが大切です。

塗料によって、耐用年数や使用できる屋根材などが異なるので、注意してください。

気になる塗料を見つけた際は屋根材との相性が良いかチェックしましょう。

どのような費用がかかるか

屋根修理・屋根リフォームを行う際、どのくらいの予算を用意できるかが重要になってきます。

塗料だけでなく、足場や交通費、人件費など、さまざまな費用がかかります。

場合によっては想像以上に費用がかかるかもしれません。

保険で対応できるか

台風や竜巻などの風災による被害が発生した場合、火災保険で屋根塗装ができる可能性があります。

経年劣化による破損や太陽パネルを設置したことが原因による雨漏りなどは風災として認められないため、注意が必要。

雨漏りが起きる原因は何か

雨漏りの原因を知り、屋根塗装で解決できるかどうか知っておくのも屋根修理・屋根リフォームを進める際のポイントに挙げられます。

縁切りがされていない・瓦がズレているなど、雨漏りの原因はいくつも存在します。

屋根塗装には危険が伴う

屋根塗装をDIYで済ませようと考えている方もいるのではないでしょうか?

高所での作業になるため、危険が伴います。

成田崇
成田崇
一度でもDIYで塗ってしまうと、その後の下地処理でかなりのお金がかかると思ってください。

塗料などを準備する手間もかかるので、DIYで解決しようとするのは避けたいところ。

信頼できる業者に屋根塗装を依頼するのが重要

屋根修理・屋根リフォームをどの業者に依頼するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

屋根塗装でトラブルを避けるためには、業者選びが重要になってきます。

最後に、業者を選ぶ際のポイントについても解説するので、屋根塗装を近いうちに予定している方は一度チェックしてください。

 

どのような見積もり内容か

見積書に一体どのような内容が記載されているかが契約するかどうかの判断基準。

使用する塗料に加え、塗布量や塗料の単価、施工内容、費用の内訳などを細かくチェックする必要があります。

下塗り・中塗り・上塗りを行うか

下塗り・中塗り・上塗りを行うかどうかも依頼するかどうかのポイントです。

塗料が密着していないと、再塗装を行うことになるため、注意してください。

業者の公式サイトで屋根塗装の工程をチェックすることをおすすめします。

施工実績が豊富かどうか

過去に一体どのような屋根修理・屋根リフォームに携わったかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

施工内容はもちろん、工期や費用、口コミの内容などを踏まえ、信頼できるか判断したいところ。

契約を急かさないかどうか

業者によっては契約を急かす可能性があります。

屋根修理・屋根リフォームでトラブルを避けるためには、契約を急かす業者を避けておくのが大切です。

話を聞き始めた場合、当日に契約の手続きを進めるのは避けましょう。

まとめ

屋根塗装の意味を知る前にどのような屋根材が用いられているかなど、チェックしておきたいポイントがいくつも存在します。

住宅に適した屋根修理・屋根リフォームを行うことが色褪せや雨漏りなどの問題を解決する上で重要。

屋根塗装などについて分からないことがある際は業者に一度質問し、詳細な点検を一度行ってはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、屋根塗装を行うかどうか判断してください。

 

屋根塗装、屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

台風で雨樋が壊れた!保険で直せるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

台風で雨樋が壊れて修理を予定している方も多いのではないでしょうか?

自然災害により、住宅に甚大な被害を与える場合があります。

台風の後、住宅の状態を把握し、屋根修理または屋根リフォームを行うのが大切。

今回は台風で壊れた雨樋を保険で修理できるかどうかについて解説します。

台風で壊れた雨樋を火災保険で修理できる場合がある

火災保険で台風によって壊れた雨樋を修理できる場合があります。

自然災害が起きた後、保険会社や代理店に相談を進めるのが大事。

雨樋以外にも破損している箇所があるのを確認するのが屋根修理を進める際のポイントです。

火災保険で補償される損害

火災保険で補償される損害に一体どのようなものがあるか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか?

主に以下の損害を補償します。

・火災

・風災

・雪災

・水災

・ガス漏れなどが原因で起きる爆発

・破裂

・給排水設備の故障などによる水漏れ

・物体の落下

・飛来

・衝突による損害

・盗難

火災保険はさまざまな損害に対応しています。

保険会社によって、火災保険の内容が異なるので、契約する際は細かくチェックするのが大事。

台風で壊れた雨樋を火災保険で修理するための条件

台風で壊れた雨樋を火災保険で修理するためには、いくつか条件が存在します。

補償されるかどうかを踏まえた上で屋根修理または屋根リフォームを進めてください。

火災保険で修理するための条件は以下の通り。

成田崇
成田崇
経年劣化と判断されれば保険適用外となります。

・経年劣化による破損でないこと

・被害額が20万円以上の損害

・台風による損害が発生してから3年以内

・強風による損害であること

・雪害による破損

・保険料

・住宅ローンを滞納していないこと

成田崇
成田崇
意外と多いのが雪害による雨樋脱落です。

各条件について説明するので、雨樋の修理を予定している方は一度参考にしてください。

経年劣化による破損でないこと

経年劣化による屋根や雨樋などの破損は火災保険が適用されません。

同じ住宅に長期間にわたって住み続けるためにも、普段からメンテナンスを心掛けましょう。

被害額が20万円以上の損害

台風による損害が20万円以上の場合、壊れた雨樋を修理できる可能性があります。

20万円に満たない場合、補償されないため、注意してください。

ただし、火災保険によっては損害額からあらかじめ設定した自己負担額を差し引いた金額を受け取れる方式を採用しているケースも存在します。

火災保険に加入する際、保険金を受け取るための条件を把握しておくことが大切です。

自己負担額を設定する火災保険に加入する際、貯蓄に余裕があるかどうかも意識したいところ。

台風による損害が発生してから3年以内

自然災害による被害に遭った日から3年以内に火災保険を申請するのも条件のひとつ。

できる限り早めに屋根修理または屋根リフォームを済ませるのが重要です。

雨樋を壊れたままにしておくと、雨水が外壁を流れ、腐食させてしまう可能性があります。

強風による損害であること

強風による損害と保険会社から認められるのも火災保険で雨樋を修理するための条件。

多くの方が強風かどうかを判断するための基準は一体何か疑問に感じているのではないでしょうか?

最大瞬間風速により、強風かどうかが判断されます。

強風とは、最大瞬間風速20m/秒以上の風。

雪害による損害

あまり知られていませんが雪害により雨樋は破損します。

特に普段雪の降らないエリアに住んでいる方は

雨樋の破損が雪の影響だとは考えないと思います。

とくに数年に一度の大雪の時に破損が発生しやすくなります。

保険料・住宅ローンを滞納していないこと

保険料または住宅ローンを滞納していると、火災保険による補償が適用されません。

普段から収入と支出のバランスを意識し、保険料または住宅ローンを滞納しないことが大切です。

雨樋などの修理は信頼できる業者に依頼するのが大事

雨樋の修理を行う際、信頼できる業者を見つけられるかどうかがポイント。

屋根修理または屋根リフォームに携わっている業者は数多く存在します。

トラブルを避け、施工を進めましょう。

最後に、業者を選ぶポイントを何点か紹介するので一度参考にしてください。

火災保険に関する十分なアドバイスを行うかどうか

火災保険について適切なアドバイスを行うかどうかが依頼するかどうかの判断基準のひとつです。

補償されなかった場合、一体どのような提案を行うかも重要になってきます。

また、台風などが起きた後、保険金詐欺を行う悪徳業者による被害を避けたいところ。

トラブルに巻き込まれないようにするのも屋根修理または屋根リフォームの一環です。

見積もり内容が分かりやすいかどうか

見積もり内容をチェックし、依頼するどうか検討しましょう。

費用について分からないことがある際は業者に相談し、屋根修理または屋根リフォームに関する悩みを解消してください。

どのような保証を用意しているか

業者が用意している保証内容を踏まえた上で契約を進めていくのが重要です。

雨樋を修理して終わりではなく、その後のメンテナンスも長期間にわたって住み続けるポイント。

まとめ

雨樋が台風で壊れた際、火災保険で直せる場合もあれば、直せない場合もあります。

加入している火災保険の内容をチェックし、補償が適用されるかどうか把握してください。

また、雨樋を壊れたままにしておくと、外壁の腐食などの問題に発展する恐れがあるので、注意が必要。

屋根修理または屋根リフォームを近いうちに予定している方は信頼できる業者に相談し、施工を進めましょう。

業者によっては思いもよらないアドバイスを頂けるかもしれません。

 

 

雨樋工事事例はこちらから

 

雨樋(あまとい・あまどい)の交換や修理ご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根工事、雨樋(あまとい・あまどい)雨樋修理工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

台風で屋根が壊れた!保険で直せる?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

台風で屋根が壊れた!保険で直せる?!

台風が直撃し、さまざまな被害をもたらす場合があります。

自然災害が起こった後、住宅の状態に気を配ることが大事。

台風で屋根が壊れたなどの悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

今回は台風で壊れた屋根を火災保険で直せるかどうかについて解説します。

台風で壊れた屋根を火災保険で直せる場合がある

台風によって屋根が壊れた場合、火災保険の風災補償で直せる場合があります。

火災保険の補償項目は保険会社ごとに異なるため、加入時にチェックすることが大切。

主な補償内容は以下の通りです。

・風災

・火災

・ガスによる爆発

・破裂

・落雷

・豪雨や台風などによる水災

・盗難

・物体の飛来

・落下による損害

成田崇
成田崇
経年劣化と判断されれば保険適用外になりますのでご注意ください。

どのタイミングで予想外の事態が起きるか分からないため、火災保険をいくつかチェックし、納得のいく火災保険に加入することをおすすめします。

台風で壊れた屋根を火災保険で直すための条件

火災保険で屋根を直すためには、いくつか条件が存在するので注意が必要。

風災補償が適用される条件として、以下のものが挙げられます。

・強風による被害

・被害額が20万円以上

・台風による被害に遭った日から3年以内

・保険料・住宅ローンを滞納していないこと

成田崇
成田崇
どの台風で被害に遭ったのか?をメモしておくことをおすすめします。

各条件について解説するので、屋根修理を検討している方は一度参考にしてください。

強風による被害

台風で壊れた屋根を修理する際、強風による被害と認められる必要があります。

どのような基準で強風と判断されるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

強風かどうかの判断基準は瞬間最大風速。

最大瞬間風速が20m/秒以上で風災補償が適用されます。

インターネット上で最大瞬間風速に関するデータを調べることができます。

屋根が壊れた原因が分からない場合、火災保険で修理を行うことができないので注意してください。

業者に依頼し、屋根が壊れた原因を調査し、風災補償が適用されるかどうか把握必要があります。

被害額が20万円以上

被害額が20万円以上であるかどうかも火災保険で屋根の修理ができるかどうかの条件。

20万円に満たないと、風災補償が適用されない場合が多いです。

成田崇
成田崇
補修費が20万円以上というの有名ですね。

免責方式の火災保険の場合、損害額から免責金額を差し引いた金額になるので、注意しましょう。

台風による被害に遭った日から3年以内

台風による被害に遭った日から3年以上経ってしまうと、風災補償が適用されなくなります。

3年以内に保険金を請求し、屋根修理を行うのが大事。

保険料・住宅ローンを滞納していないこと

火災保険の保険料や住宅ローンを滞納していると、風災補償が適用されないため、注意してください。

普段から収入と支出の管理を行う必要があります。

経年劣化と判断される可能性がある点に注意

自然災害で屋根などが壊れたとしても、経年劣化と判断される可能性があります。

経年劣化による損害は補償が受けられません。

台風で壊れた屋根を火災保険で直す際の流れ

火災保険で保険金を請求する際、どのような流れで手続きを行うか知っておくことが重要。

大まかな流れは以下の通りです。

保険会社に火災保険を申請

必要書類に必要事項を記入

鑑定人による現地調査

保険金の入金

成田崇
成田崇
私も保険の鑑定員の依頼があってたまにやりますが経年劣化による申請がとても多い印象です。(経年劣化は適用外です)

すぐに保険金が受け取れるわけではないため、注意してください。

ここでは、保険会社から保険金が入金されるまでの流れについて解説します。

保険会社に火災保険を申請

契約している保険会社に台風の被害に遭ったことを連絡し、火災保険の申請をまず行います。

必要書類に必要事項を記入

保険会社から送られてきた必要書類に必要事項を記入。

台風による被害状況を撮影した写真と屋根修理の見積書が必要です。

必要事項を記入し終えたら、保険会社に返送してください。

鑑定人による現地調査

必要書類が受理された後、保険会社から鑑定人が派遣。

現地調査で風災補償が適用されるかどうか判断します。 場合によっては現地調査が行われません。

保険金の入金

支払われる保険金の金額が確定した後、師弟の口座に保険金が入金されます。

自然災害による被害が集中していると、支払いが遅れる可能性があります。

屋根修理は信頼できる業者に依頼するのが大事

台風で屋根が壊れた際、信頼できる業者を見つけることが大事。

最後に、業者の選び方を何点か紹介するので、屋根修理や屋根リフォームを予定している方は参考にしてください。

火災保険に関するノウハウがあるかどうか

火災保険に関するノウハウがあるかどうかは依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

風災補償が適用されなかった場合にどのような施工を行うかなどのアドバイスを聞いた上で契約を進めるのが重要。

火災保険について分からないことを質問し、屋根修理の不安を解消してください。

強引に契約を迫らないかどうか

トラブルを避けるためにも、強引に契約を迫る業者は選択肢から外すことが大切です。

台風による被害に遭った後、悪徳業者が訪れる場合があります。

保険金で屋根修理ができると言われても、すぐに契約しないようにしてください。

嘘の理由で火災保険を申請すると、詐欺罪に問われる可能性があるため、注意が必要。

過去の施工事例

過去の施工事例をチェックし、屋根修理に関するノウハウがあるかどうか判断しましょう。

業者の設立年や創業年で屋根修理や屋根リフォームにどのくらい携わっているか把握できます。

まとめ

台風で屋根が壊れた際、条件次第で火災保険の風災補償が適用される場合があります。

保険料・住宅ローンを滞納していると、風災補償が適用されないので注意が必要。

これから、屋根修理を予定している方は信頼できる業者や保険会社に一度相談してください。

 

 

台風の屋根雨漏り被害や屋根雨漏り修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

台風で屋根被害があったときの応急処置方法って?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

台風で屋根被害があったときの応急処置方法って?!

台風で屋根被害に遭った際、いち早く応急処置を行う必要があります。

成田崇
成田崇
写真のように棟板金が飛ばされてもすぐには雨漏りしません。

スレート屋根の棟(屋根のてっぺん)板金が浮くのはなぜ?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

応急処置を行いたいものの、一体どのような方法か分からないと疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、台風で屋根被害に遭った時の応急処置方法について解説します。

台風で屋根被害に遭うと一体どのような問題が発生するか

台風の屋根被害を放置し続けると、被害がさらに大きくなってしまいます。

自然災害に遭った後は住宅の状態を一通りチェックし、屋根被害の有無などを確認するのが大事。

成田崇
成田崇
雨漏りで困るのは建物に被害が及ぶことですよね

屋根被害により発生する主な問題として以下のものが挙げられます。

・カビの発生

・木材の腐食

・シロアリの発生

・壁紙の剥がれ

・家財の水濡れ

・電化製品

・電気配線の漏電による発火

人によって、被害の大きさが異なります。 住宅の倒壊や火災に発展しないよう、いち早く対処しましょう。

台風で屋根被害に遭った時の応急処置方法

台風で屋根被害に遭った時の応急処置方法はブルーシートを屋根にかけること。

行う際は安全を十分確保することが大切です。

成田崇
成田崇
そもそも屋根上での作業はとても危険です、危ないと感じたら登るのはやめましょう

天候が回復したら、屋根修理や屋根リフォームを進めていきます。

早速ですが、台風で屋根被害に遭った後にブルーシートのかける手順を紹介するので、気になる方は参考にしてください。

重し作り

砂利や瓦を土嚢袋に入れた後、紐で口を縛ります。

重しをもう1つ作ったら、最初に作った重しの紐と2つ目の重しの紐を結び合わせます。

同様の工程を2回行い、結び合わせた重しを合計3セット用意。

また、単体で使う重しを5、6個用意してください。

ブルーシートを被害に遭った箇所にかける

台風の被害に遭った箇所にブルーシートをかけます。

ポイントは被害に遭った箇所よりも広い範囲でかけること。

雨水が屋内に侵入させないことが大切です。

ブルーシートに重しを乗せる

屋根の頂上をまたぐように結び合わせた重しをブルーシートに乗せてください。

屋根とブルーシートの隙間が無くなるようにするのが乗せる際のポイントです。

隙間を無くす方法はブルーシートを引っ張り、空気を抜くこと。

その後、ハトメの部分に単体で使う重しの紐を括りつけ、ブルーシートに乗せたら完了です。

ブルーシートを選ぶ際のポイント

すぐに屋根修理や屋根リフォームができない場合があります。

耐久性の高いブルーシートを用いて、被害を拡大させないのも家族や家財などを守るポイント。

成田崇
成田崇
ブルーシートは厚手(高級)なものを選んでください、なぜなら薄いものだと日射によりすぐに破れてしまうからです。

台風で屋根被害に遭った際に応急処置を行う際の注意点

応急処置を進めていく上で一体何に注意しないといけないか気になっている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、応急処置に関する注意点を何点か取り上げます。

安全確保のための道具を用意する

屋根の上で作業を進めていくことになるため、安全を確保しましょう。

梯子やヘルメット、安全帯などの道具が応急処置を行う際に必要です。

下記のサイトも参考にしてみてください。

ホームセンターで買ってきたものでDIY雨漏り修理は出来るの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

天候をチェック

また、雨や強風の日は滑りやすくなります。

天候の良い日に行うのが転落などのリスクを最小限にするポイント。

2人で作業を進める

事故などに備え、2人で応急処置を進めるのが重要です。

下で作業を見守る人間を用意し、事故などを未然に防ぎます。

無理にDIYで済ませない

十分な知識や技術がない状態で無理に応急処置をするのは避けてください。

DIYで済ませようとすると、転落などの事故が発生するだけでなく、屋根材などを破損させてしまう恐れがあります。

結果的に屋根修理や屋根リフォームの費用が想像以上にかかってしまうかもしれません。

台風で屋根被害に遭った際は業者に連絡し、屋根修理または屋根リフォームを進めることをおすすめします。

屋根修理または屋根リフォームを行う業者を選ぶポイント

屋根修理または屋根リフォームを業者に依頼する際、ポイントを何点か押さえることが大切。

業者とのトラブルを避け、1日でも早く施工を完了させましょう。

ここでは、業者選びのポイントについて解説します。

火災保険について十分な知識があるか

屋根被害の状況によっては、火災保険で屋根修理または屋根リフォームできない可能性もあります。

気になる業者を見つけたら、火災保険に詳しいかどうかチェックしてください。

見積もり内容が分かりやすいか

トラブルを避けるためにも、見積もり内容を把握することが重要です。

見積もりに関する疑問を業者に質問し、屋根修理または屋根リフォームの悩みを解消しましょう。

どのような保証があるか

業者によって、保証内容が異なります。

屋根修理または屋根リフォームが済んだら終わりではなく、その後のメンテナンスも重要。

どのような保証があるかを把握した上で依頼するかどうか判断してください。

施工実績が豊富かどうか

過去にどのような屋根修理または屋根リフォームに携わったかも選ぶ決め手です。

公式サイトに掲載されている写真や工期、費用などをチェックした上で相談することをおすすめします。

まとめ

台風で屋根被害に遭った際、ブルーシートを屋根に被せて応急処置を行うことが大切です。

雨水が屋内に侵入するのを防ぎ、被害が拡大するのを防ぐのが応急処置の目的。

転落などのリスクもあるので、無理にDIYで済ませようとするのは避けましょう。

台風が去った後、業者に連絡し、応急処置や屋根修理を進めてください。

 

 

 

台風の屋根被害や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

【南足柄市】で屋根のてっぺん(棟板金)修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【南足柄市】で屋根のてっぺん(棟板金)修理が完了しました。

写真のように屋根のてっぺんが強風により飛ばされてしまいました。

成田崇
成田崇
赤く囲われた部分が飛ばされました

強風でどんな屋根被害があるの?

強風や台風から屋根を守ることが住宅の被害を最小限に抑える上で意識するポイント。

場合によっては、被害が予想以上に大きくなる可能性も十分考えられます。

今回は、強風や台風が来ると一体どのような屋根被害が生じるかについて解説します。

強風によりどのような屋根被害が生じるか

強風により、さまざまな屋根被害が発生するため、注意が必要。

 

成田崇
成田崇
強風や台風がくると瓦屋根が飛ばされている映像を見たことがある方も多いのではないでしょうか

主な被害として、以下のものが挙げられます。

・屋根材の飛散

・棟板金の剥がれ

・飛散 ・雨樋の変形

・破損 ・軒天の破損

・雨漏り

今回の【南足柄市】のケースは棟板金の剥がれが発生しました。

自然災害を想定し、普段からできる限りの対策を行います。

まずは屋根被害について解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

屋根材の飛散

強風・台風により、屋根材が吹き飛ばされる可能性があります。

瓦屋根は金属屋根やスレート屋根に比べ、飛散しやすいので注意しましょう。

成田崇
成田崇
瓦が飛ばされる原因の多くはメンテナンス不足なんです。

棟板金の剥がれ・飛散

今回の【南足柄市】のケースのように

屋根の頂上部分などに用いられている棟板金の飛散も強風・台風による屋根被害のひとつ。

棟板金は雨水の侵入を防ぎつつ、屋根材を固定するのに必要です。

雨樋の変形・破損

屋根に設置されている雨樋が強風・台風によって変形・破損する恐れがあります。

雨樋は雨水を地面に排水するための装置。

軒天の破損

住宅の外壁から伸びている軒天が強風・台風によって破損してしまう可能性があるので、普段から対策が必要です。

軒天が無いと、雨風が外壁に当たりやすくなってしまいます。

また、延焼防止の役割があるのも軒天の特徴。

雨漏り

強風・台風で屋根などが破損してしまうと、天井から室内に雨水が侵入してしまうかもしれません。

成田崇
成田崇
長時間の雨や強風時の雨は雨漏りが起きやすいです。

結果、雨漏りが起き、カビなどの被害に悩まされることによります。

強風・台風により屋根被害が起きる原因

どうして屋根被害が起きるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか? 主な原因は以下の通り。

・屋根材が元から破損している

・釘の緩み

・棟板金が浮いている

・漆喰が剥がれている

・瓦と瓦の間にできた隙間

・窓の破損

ここでは、各原因について解説します。

屋根材が元から破損している

屋根材自体が元から破損していると、台風で屋根材が飛散しやすくなります。

年数を重ねるごとに屋根材が劣化していくので、普段から状態をチェックするのが大事。

釘の緩み

屋根材だけでなく、釘も劣化します。

結果、緩みによって棟板金が剥がれ、飛散しやすくなります。

棟板金が浮いている

今回の【南足柄市】のように

釘が緩むのに伴い、棟板金が浮いてしまうので注意が必要。

どうして棟板金【屋根のてっぺん】は飛ばされるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

浮いていると、棟板金の飛散などの屋根被害が発生する可能性が高くなってしまいます。

漆喰が剥がれている

漆喰が剥がれていると、瓦屋根が破損しやすくなります。

衝撃が加わることで瓦屋根に加わることにより、

棟瓦を固定する動線が緩んでしまう恐れがあるので注意してください。

瓦と瓦の間にできた隙間

瓦と瓦の間に隙間ができていると、瓦が台風によって飛ばされやすくなってしまいます。

台風による被害を最小限に抑えるためにも、瓦がズレていないかどうかに加え、破損していないかも把握しておきたいところ。

窓の破損

窓が破損していると、強風が住宅の中に流れ込んでしまいます。

結果、風圧や気圧で屋根を押し上げ、屋根材を吹き飛ばしてしまう場合もあります。

屋根被害によるトラブルに注意

強風・台風で屋根被害が生じた後、さらなるトラブルに発展する可能性もあるため、注意が必要。

飛散した屋根材が近くの建物を破損させるだけでなく、通行人にケガを負わせる恐れがあります。

予想外のトラブルに巻き込まれないためにも、信頼できる業者に屋根のメンテナンスを依頼しましょう。

屋根修理・強風対策を行う業者の選び方

屋根修理や強風・台風対策を行う業者はいくつも存在しており、どのような特徴があるかを細かくチェックするのが大事。

最後に、業者の選び方について説明します。

施工実績が多いかどうか

気になる業者を見つけたら、施工実績をチェックし、どのような施工に携わっているかを把握してください。

屋根修理また屋根リフォームの期間や費用などの情報も依頼するかどうかの判断基準。

口コミなどで情報収集を行うのも重要になってきます。

見積もりが分かりやすいかどうか

見積もり内容が正確かどうかも業者選びのポイントです。

曖昧な部分が見積もり書にある場合、業者に質問し、疑問を解消しましょう。

火災保険について詳しいかどうか

火災保険に詳しいかどうかも選ぶ決め手に挙げられます。

破損した屋根の状態をチェックし、火災保険が適用されるかどうかなどのアドバイスを頂きつつ、屋根修理や屋根リフォームを進めてください。

適切な応急処置を行うかどうか

強風・台風による屋根被害が生じた際、応急処置を行う必要があります。

適切な応急処置をできる限り早めに済ませ、被害を最小限にするかどうかも依頼するかどうかの判断基準です。

自然災害が起きると、すぐに屋根修理や屋根リフォームができない可能性がある点に注意したいところ。

【南足柄市】での棟板金修理費用は5万円でした。

棟板金の飛散を放っておくと雨漏れのリスクが高まります。

今回の【南足柄市】のように早急な屋根修理をお勧めします。

平塚市の㈱いらかから【南足柄市】までは40~50分で駆け付けます。

㈱いらかは平塚市で40年以上続く屋根の専門店です。

【南足柄市】までは40~50分で駆け付け

無料で点検見積りいたします。

まとめ

【南足柄市】での棟板金の修理費用は5万円でした。

強風・台風により、屋根材や棟板金の飛散や雨樋の破損、雨漏りなどの屋根被害が生じる恐れがあります。

強風・台風はいつ来るか分からないため、普段から屋根の状態に気を配り、適切なメンテナンスを心掛けることが重要です。

万が一、屋根被害が生じた際は信頼できる業者に相談し、できる限り早めに応急処置を行ってください。

 

 

 

 

【南足柄市】で屋根被害や屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

コロニアルNEOって塗装できるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

住宅によってはコロニアルネオ(NEO)が用いられている場合があります。

変色したコロニアルネオ(NEO)を塗装して景観を良くしようと考えている方も多いのではないでしょうか?

今回はコロニアルネオ(NEO)が塗装できるかどうかについて解説するので、一度参考にしてください。

成田崇
成田崇
結論からお伝えするとそもそもスレート屋根塗装の必要はありません。

防水性は向上しないので無駄

コロニアルネオ(NEO)を塗装したとしても防水性が向上するわけではないので、塗装するだけ無駄なので注意が必要です。

また、ひび割れなどの問題が発生しやすく、塗装する意味がなくなってしまう点も意識しておきたい部分。

成田崇
成田崇
塗っても、屋根材の強度や防水性には全く影響ないんです。

塗装時に高圧洗浄を行うため、コロニアルネオ(NEO)に圧力がかかります。

圧力がかかった結果、ひびが広がってしまうかもしれません。

成田崇
成田崇
上記のように雨水は「ルーフィング」で防いでいます。

塗装しない業者が数多く存在する

コロニアルネオ(NEO)はアスベストが用いられていないため、耐久性に問題があります。

業者によっては、塗装しないケースが存在します。

コロニアルネオ(NEO)を塗装するケース

コロニアルネオ(NEO)を塗装するケースは劣化が軽微な場合。

修理した痕が目立ちやすくなるのを踏まえた上で施工を進めていくことになります。

変色したコロニアルネオ(NEO)の対処法

コロニアルネオ(NEO)が変色した場合、一体どのような方法で対処するか気になっている方も多いのではないでしょうか?

変色したコロニアルネオ(NEO)の対処法は以下の通り。

・カバー工法

・葺き替え工法

ここでは、各対処法について説明するので、屋根修理や屋根リフォームを予定している方は一度参考にしてください。

カバー工法

カバー工法は既存の屋根材に新しい屋根材を被せる工事。

【鎌倉市】で屋根のカバー工事が完了、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

既存の屋根材を撤去しないため、屋根修理や屋根リフォームにかかる費用を抑えられます。

防水紙や棟板金を交換することで防水性を向上させることができます。

葺き替え工法

葺き替え工法は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺く工事。

屋根の防水性と耐久性を向上させられるのがメリットです。

【茅ヶ崎市】で屋根葺き替え工事が完了しました、その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根の内部を確認しつつ、雨漏りを解消することができます。

既存の屋根材を撤去する関係上、カバー工法に比べて費用がかかる点に注意してください。

保険適用外と指摘されるケースがある

屋根修理や屋根リフォームで保険を利用しようとしている方も多いのではないでしょうか?

コロニアルネオ(NEO)などの屋根材は耐久性に問題から保険適用外と指摘されてしまう場合があります。

また、コロニアルネオ(NEO)はリコール対象商品ではないので、雨漏りなどに備えて屋根修理の費用を普段から用意しておきたいところ。

コロニアルネオ(NEO)以外にも塗装が難しい屋根材がある

塗装が難しい屋根材はコロニアルネオ(NEO)だけではありません。

屋根修理や屋根リフォームを行う際、どのような屋根材が用いられているか押さえておきたいところ。

コロニアルネオ(NEO)以外に塗装が難しい屋根材として、以下の物が挙げられます。

・パミール

・ナチュール

・セイバリーネオ

・レサス

・かわらU

コロニアルネオ(NEO)が用いられているかどうか把握する方法

一体どのようなコロニアルネオ(NEO)が屋根に用いられているかどうか判断するか気になっている方も多いのではないでしょうか?

屋根材に応じて適切なメンテナンスを行うことが大切です。 コロニアルネオ(NEO)が用いられているかどうか判断する方法は以下の通り。

・目視

・図面または仕様書を確認

・業者に屋根の点検を依頼

コロニアルネオ(NEO)は凹部と凸部が半々なのに加え、凹部が台形になっているのが特徴に挙げられます。

目視で凹部と凸部をチェックしましょう。

方向性のないひび割れが複数発生するのも見分けるポイント。

また、図面または仕様書を確認することで住宅に用いられている部材を把握することができます。

屋根を確認したいけど、梯子などの道具が無いと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

業者に屋根の点検を依頼し、どのような方法で屋根修理や屋根リフォームを進めていくかが重要です。

屋根修理・屋根リフォームを行う業者を選ぶポイント

屋根修理や屋根リフォームは信頼できる業者に依頼しましょう。

業者の特徴を細かくチェックし、依頼するかどうか判断したいところ。

最後に、業者を選ぶポイントについて説明します。

コロニアルネオ(NEO)の扱いに慣れているか

施工実績などをチェックし、コロニアルネオ(NEO)の扱いに慣れているかどうかを把握するのが重要です。

見積もりが正確かどうか

依頼するかどうかの決め手のひとつに見積もり内容が挙げられます。

見積書を見た際、ごまかしている部分がないかチェックしてください。

適切なアドバイスを行うか

コロニアルネオ(NEO)の点検を行った後、状態に応じたアドバイスを行うかどうかも選ぶ決め手。

どのような理由で塗装を行うかどうかなどを聞き、依頼するかどうか判断しましょう。

どのような保証を用意しているか

屋根修理や屋根リフォームを終えた後もメンテナンスが続きます。

いざという時に備え、どのような保証を用意しているか把握した上で依頼することをおすすめします。

業者によって保証内容が異なるので、注意してください。

まとめ

コロニアルネオ(NEO)は塗装しても防水性が向上しません。

ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
スレート屋根の塗装を勧めてくる業者には注意が必要です

高圧洗浄でひび割れが広がるため、コロニアルネオ(NEO)を用いた住宅に住んでいる方は注意してください。

カバー工法または葺き替え工法でメンテナンスを進めていくことになります。

コロニアルネオ(NEO)などの屋根材に関する疑問がある際、業者に一度相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受けた上で屋根修理や屋根リフォームを行ってください。

 

 

 

 

コロニアルネオ(NEO)、屋根修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

駐車場のポリカ屋根が壊れた!
ポリカ屋根の修理方法とその費用とは?!

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム 屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

駐車場の波板の交換費用は?

費用を抑えるコツ3選 大切な車を守るためにも、駐車場の状態に気を配ることが大切です。

何らかの理由で屋根が破損したなどの悩みを持っている方もいるのではないでしょうか?

駐車場のメンテナンスをする方法のひとつに屋根の交換が挙げられます。

成田崇
成田崇
今日は駐車場などによく使われる「ポリカーボネート波板」についてです

十分なメンテナンスを行うためには、費用について意識したいところ。

今回は駐車場の波板を交換するのにかかる費用に加え、費用を抑えるコツについて解説します。

駐車場の波板を交換するのにかかる費用

駐車場の波板を交換するのに約4万~10万円の費用がかかります。

工事の内容により、費用に差が生じます。 費用の内訳は以下の通り。

・波板の費用

・取り付け費用

・運送費

・廃材処理費

駐車場の種類や交換する波板、施工エリアかどうか意識することが大切です。

駐車場に取り付ける波板の費用と特徴

波板には、いくつか種類が存在します。

費用はもちろん、どのような特徴があるかを踏まえ、波板の交換を行うことが大事。

駐車場に取り付ける波板として、以下の物が挙げられます。

・塩化ビニール

・ポリカーボネート

・ガルバリウム

ここでは、各波板の費用と特徴について解説します。

成田崇
成田崇
現在、多くの駐車場屋根は「ポリカーボネート波板」です

駐車場のメンテナンスを予定している方は一度チェックしてください。

塩化ビニール

塩化ビニールは柔軟性に優れており、加工しやすい波板。

駐車場の屋根など、さまざまな場所で用いられています。

成田崇
成田崇
クリアになった波板に格子状の繊維が入ったものが塩化ビニール製です

耐熱性が弱いので、変形しやすい点に注意が必要です。

1枚当たりの費用は約600~800円。

ガラス繊維を固めた塩化ビニールの場合、耐久性が上がる反面、1枚当たりの費用が約1,500~1,800円と高くなってしまいます。

塩化ビニールの波板を取り付ける際は、ガラス繊維を固めた塩化ビニールにするかどうか検討したいところ。

ポリカーボネート

ポリカーボネートは透明度・耐久性・耐熱性に優れた波板。

耐衝撃性に優れているのもメリットです。

成田崇
成田崇
こちらがポリカーボネート波板です、現在のメインプレーヤーです

駐車場だけでなく、ベランダやテラスにも用いられています

。 1枚当たりの費用は約1,100~1,300円。

ガルバリウム

ガルバリウムは亜鉛・アルミニウム・メッキを塗布した鋼板。

耐久性はもちろん、耐熱性に優れています。

成田崇
成田崇
ガルバリウムの波板も耐久性はありますが、光は通しません。

また、錆に強いのも特徴に挙げられます。 1枚当たりの費用は約1,000~4,000円。

駐車場の波板の交換費用を抑えるコツ3選

駐車場の波板の交換費用を少しでも抑えたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

人によって、メンテナンスの予算に違いがあります。

予算の範囲に収まるようメンテナンスを進めていくことも大切です。

交換費用を抑えるコツは以下の通り。

・交換する波板を見直す

・自社施工を行っている業者に依頼する

・早い段階でメンテナンスを行う

ここでは、交換費用を抑えるコツ3選を紹介します。

交換する波板を見直す

波板によって、費用に差があります。

少しでも安く抑えたい場合は塩化ビニールなどの安価な波板を検討してはいかがでしょうか?

費用にウェイトを置くか機能面にウェイトを置くかで選択肢が変わってきます。

自社施工を行っている業者に依頼する

駐車場のメンテナンスを業者に依頼する際、

自社施工を行っているかどうかに注目するのが大切。

下請けの会社に依頼すると、中間マージンがかかります。

中間マージンを抑えたい場合は、自社施工を行っている業者に依頼することをおすすめします。

早い段階でメンテナンスを行う

長期に渡って駐車場を使い続けるなら、普段から点検を欠かさず行うことが重要。

人によっては、どこか気になる場所があるのではないでしょうか?

破損状態が酷くない段階でメンテナンスを行うことにより、

メンテナンスにかかる費用を抑えられます。

メンテナンスを先延ばしにすると、状態が悪化してしまう可能性もゼロではありません。

破損状態が酷くなればなる程、メンテナンスにかかる費用も高くなってしまいます。

火災保険を利用するのも選択肢のひとつ

駐車場の破損が自然災害によるものだと、火災保険を利用することができます。

破損してから3年以内なのに加え、修理費用が20万円以上なのが利用するための条件。

台風などの自然災害の被害に遭った際は、

火災保険の条件を満たしているかチェックすることをおすすめします。

加入している火災保険によって、適用条件が異なります。

駐車場のメンテナンスで火災保険を利用したいと考えている方は保険会社に一度問い合わせてください。

駐車場の波板の交換をDIYで済ませるのは危険

駐車場の波板の交換を業者に依頼せず、

DIYで安く済ませようと考えている方も多いのではないでしょうか?

DIYの場合、波板の取り付けや撤去に関する知識や技術が必要です。

また、高所での作業になるため、転落などのリスクが伴います。

大きな事故を避けるためにも、信頼できる業者に波板の交換を依頼してください。

現地調査を細かく行うのはもちろん、見積もりの内容が分かりやすいかどうかは選ぶ決め手。

もちろん、施工実績や口コミも欠かさずチェックしましょう。

まとめ

駐車場の波板を交換するためには、約4万~10万円の費用を用意する必要があります。

場合によっては、想像以上に費用がかかってしまうかもしれません。

少しでも安く抑えるなら、交換する波板を見直したり、

中間マージンのかからない業者を見つけることをおすすめします。

また、普段から駐車場の点検を行い、早めにメンテナンスを行うのも交換費用を抑えるポイントです。

信頼できる業者からアドバイスを受けつつ、駐車場のメンテナンスを進めてください。

 

 

ポリカーボネート波板(ポリカ波板)の修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

屋根のプロと考える
屋根から雨漏り、その部分修理、その方法と費用とは?!

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム 屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

屋根から雨漏り、その部分修理、その方法と費用とは?!

屋根から雨漏りが発生し、

部分修理を検討している方も多いのではないでしょうか?

長期に渡って住み続けるためには、修理の方法だけでなく、

どの位の費用がかかるかも知っておきたいところ。

自分だけでなく、家族や資産を守ることも大切です。

今回は、雨漏りを修理する方法と費用について解説します。

住宅について関心を持っている方は一度参考にしてください。

屋根から雨漏りが発生した際にまず行うこと

まず、バケツやタオルで床が雨水で濡れないようにしましょう。

雨漏りをそのまま放置してしまうと、カビが発生するだけでなく、床材の劣化が起きます。

成田崇
成田崇
屋根からの雨漏りを放置して良いことなど一つもありません

最悪の場合、住宅が倒壊したり、健康被害に発展する恐れもあります。

いかに雨漏りの被害を最小限に抑えるかがポイント。

その後、雨漏りが発生している場所の写真を撮りましょう。 写真は雨漏りの原因と水の伝った跡を把握するのに重要です。

屋根からの雨漏りを部分修理する方法とそれにより発生する費用

屋根からの雨漏りを部分修理する方法として、以下のものが挙げられます。

・防水テープ

・コーキング

・屋根材の交換

・棟板金の交換

・煉瓦の積み直し

・谷桶の交換

・雨桶の修理または交換

屋根の状態を踏まえ、適切な修理を行うことが大切。

ここでは、部分修理の方法だけでなく、費用についても説明します。

雨漏りの対策について知りたいと感じている方は是非参考にしてください。

防水テープ・コーキング

防水テープ・コーキングはわずかな隙間から雨漏りしている場合に行われます。

細かなひび割れを見つけた際、いち早く補修を行うことが大切。

防水テープは応急処置のため、長期間の効果は望めません。

成田崇
成田崇
コーキングや防水テープなどでの雨漏り対策は一時的なものでほとんど効果はありません

コーキングを奥まで入り込むようにするのがポイントです。

防水テープ・コーキングの費用は約数千円~5万円。 状態によっては安く済みます。

屋根材の交換

屋根材の破損により、雨漏りが発生するかもしれません。

破損する原因として、自然災害や飛来物、屋根材を強く踏むなど多岐に渡ります。

雨漏りの被害を最小限に抑えるためにも、屋根材の交換を行いたいところ。 費用は約1万~5万円です。

棟板金の交換

棟板金は釘が緩んだり、一部が剥がれるなどの問題が発生します。

釘穴から雨水が侵入し、雨漏りに繋がるので注意してください。

棟板金を交換して雨漏りによる被害を最小限に抑えることが大切です。

費用は約20万~80万円。

棟瓦の積み直し

瓦屋根には、棟瓦が設置されています。

雨風で漆喰が剥がれたり、屋根土が流出する可能性があるので注意が必要。

雨漏りの被害を防ぐために棟瓦の積み直しが行われる場合があります。

費用は約50万~100万円です。

谷桶の交換

谷桶は経年劣化していきます。 歪みなどがあると、水が溜まり、腐食してしまう可能性があるので注意しましょう。

新しい谷桶に交換するのも部分修理の一環。

雨水が溜まりやすい場所に防水シートを重ね貼りするなどの対処が必要です。

費用は約3万~50万円。

場合によっては、50万円以上の費用がかかるかもしれません。

雨桶の修理または交換

雨桶の劣化により、屋根が破損しやすくなります。

繋ぎ目は力がかかりやすいので注意したいところ。

人によっては、雨桶に溜まったゴミをそのまま放置しているのではないでしょうか?

ゴミなどによる重みで雨桶が歪んでしまうかもしれません。

雨桶の修理や交換で雨漏りを発生しにくくするのも部分修理の一環です。

作業内容によっては1日で済む場合もあれば、数日かかる場合もあります。

費用は約1万~60万円。 工事の規模で大きな差が生じます。

火災保険で屋根の修理費用を賄えるかどうか

屋根の修理費用を十分用意できないので、

火災保険を利用したいと感じている方も多いのではないでしょうか?

成田崇
成田崇
経年劣化の場合はなかなか保険適用は難しいです

火災保険で屋根の修理費用を賄えるかどうかはケースバイケースです。

自然災害によって、被害が発生した際に火災保険が適用されます。

経年劣化の場合は火災保険が適用されないので、注意してください。

被害の状況により、保険金の金額が変わってきます。

経年劣化が著しい場合は全面改修するのもひとつの選択肢

現在、住んでいる住宅の築年数はどのくらいでしょうか?

場合によっては何十年も経過しているかもしれません。

経年劣化で至る所に破損が見られる際は全面改修するかどうか一度検討したいところ。

屋根から雨漏りが発生した際は業者に相談することが大事

屋根から雨漏りが発生した際、業者にいち早く連絡しましょう。

適切なアドバイスを受け、部分修理を行うか全面改修を行うか判断する必要があります。

成田崇
成田崇
雨漏りは放置すればシロアリ発生の可能性も大きいです

トラブルを避けるためにも、信頼できる業者を見つけてください。

施工実績や見積もり内容が分かりやすいかどうか、

保証内容などを細かくチェックすることをおすすめします。

まとめ

屋根から雨漏りが発生すると、カビの発生や床材の腐食などの問題に発展するので注意したいところ。

自分だけでなく、家族の生活を守ることも大切です。

屋根の状態をチェックし、適切な部分修理を行いましょう。

雨漏りの対策には、十分な知識と技術が求められます。

業者に関する情報収集を入念に行い、信頼できる業者を見つけてください

 

 

 

 

 

屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

【伊勢原市】でスレート屋根の修理が完了!その費用とは?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

【伊勢原市】で経年劣化によりスレート屋根が割れていた

様々な理由でスレート屋根は割れたり脱落したりします

 

今回は経年劣化により割れてしまいました。

 

まずは割れているスレート屋根を除去する

 

 

割れたままのスレート屋根材をボンドなどで張り付けることは難しいので

割れているスレートはいったん外します

成田崇
成田崇
この時に防水シートを傷つけないように細心の注意を払います

破損したスレートをリコロニーで修理

 

古いスレートを引き抜くときにルーフィング(屋根の防水シート)に

傷や穴を開けてしまう可能性があるので

破損したスレートは引き抜かず

割れた箇所のみ除去してリコロニーで修理します

 

 

仕上がりはこんな感じです

リコロニーはスレート材を作っているKmew社の製品なのでぴったり入ります

 

スレート屋根の隅棟も修理します

 

 

同じ様に割れてしまっています

こちらはリコロニーは使えないので

スレートをカットしながら修理します

成田崇
成田崇
割れた屋根材をいったん外し専用のボンドを付けます

 

新しく屋根材を加工して取り付けました

 

フッソ板金の棟を取り付けて完成です

 

【伊勢原市】でスレート屋根修理にかかった費用は72,000円

今回のスレート屋根修理工事でかかった費用は72,000円でした(諸費用は除く)

 

 

スレート屋根の傷みやすい棟について

 

屋根の棟板金が浮くのはなぜ?

屋根の面同士を繋ぐ棟板金が浮いてしまうと、住宅に悪影響を及ぼします。

成田崇
成田崇
棟板金とは、この屋根のてっぺんの部分のことを言います

取り返しのつかない事態に発展する前に早めに対処することが大切です。

今回は、屋根の棟板金が浮く理由に加え、対処する際のポイントについて解説します。

雨漏りなどにより、屋根の状態が心配だと感じている方は一度参考にしてください。

釘が浮くことで屋根の棟板金も浮いてしまう

屋根の棟板金が浮く主な原因は、棟板金を固定している釘が浮いてしまうこと。

さまざまな理由で釘が浮き、被害が大きくなってしまいます。

成田崇
成田崇
劣化するとこのように棟板金は外れてしまいます

釘が浮く主な理由は以下の通りです。

・経年劣化

・風圧

・気温の変化

・下地に用いられている木材の腐食

早速ですが、各理由について説明します。

経年劣化

住宅は年数が経つにつれて劣化していきます。

年数の経過に伴い、棟板金を固定する力が弱まり、釘が浮いてしまう場合があります。

成田崇
成田崇
25年程度でこのように中の気が痛んできます

築年数が長くなった場合、住宅全体をチェックし、違和感がないか把握しましょう。

風圧

屋根自体、風の影響を受けやすいです。

長年、風に晒されている間に釘が浮いてしまい、最悪の場合は抜けてしまうかもしれません。

台風や強風の後、屋根に問題がないかチェックしておきたいところ。

気温の変化

棟板金自体、気温による影響を受けやすいです。

気温が上昇すると、棟板金が膨張します。

それに伴って釘が浮いてしまいます。

また、気温が下がると、棟板金が元の大きさに戻るものの、釘は浮いたままなので注意したいところ。

棟板金の膨張と収縮は日々繰り返されます。

下地に用いられている木材の腐食

屋根の下地に木材が用いられています。

雨水が棟板金の継ぎ目などから侵入することにより、木材が腐食。

成田崇
成田崇
腐食してくると釘が抜けてきます

 

結果、釘が緩んでしまいます。 腐食した木材は釘を固定しにくくなるので、

最終的に抜けてしまう恐れがあります。

屋根の棟板金が浮くとどのような弊害が起きるか

浮いた棟板金をそのまま放置するのは止めましょう。

さまざまな弊害が発生し、最悪の場合は取り返しのつかない事態に発展するかもしれません。

ここでは、どのような弊害が発生するかについて解説します。

雨漏り

長期間に渡って浮いた棟板金を放置し続けると、雨漏りが発生します。

屋根には、雨水の侵入を防ぐルーフィングが用いられているものの、

何かしらの拍子で破損してしまう可能性もゼロではありません。

成田崇
成田崇
屋根材や棟板金で防げなかった雨水は最終的にルーフィングで防ぐしかないのです

雨漏りが発生する前に屋根の補修を済ませることが重要です。

木材の腐食を助長

雨水の侵入により、雨漏りだけでなく、木材の腐食を促進させてしまいます。

結果、住宅全体が劣化し、倒壊する恐れが出てきます。 自分の身はもちろん、

家族や資産を守るためにも木材の腐食に対して早めに対処することが重要です。

棟板金の落下

棟板金が剥がれ、屋根から落下する恐れがあります。

最悪の場合、人にケガを負わせたり、

物を破損させるなどの被害に発展する可能性も十分考えられます。

成田崇
成田崇
台風などの強風時に棟板金が飛ばされる被害が後を絶ちません

台風などの災害が起きた際は、棟板金が落下していないかどうかチェックしましょう。

屋根の棟板金が浮いた際の対処法

屋根の棟板金が浮いた際、どのような対処が行われるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、対処法を何点か紹介します。

釘の補修

太めの釘を打ち、屋根の棟板金を固定。

場合によっては、ビスで固定する場合もあります。

ビスはネジになっているため、釘に比べて抜けにくいです。

棟板金自体を交換する

木材などに問題が発生していると、釘の補修だけでは済みません。

成田崇
成田崇
棟板金は交換することが出来ます

棟板金自体を交換し、雨漏りなどによる被害を防ぐことが重要です。

屋根の棟板金をDIYで補修しようとしない

屋根の補修を行う際、高所での作業も必要になってきます。

最悪の場合、屋根を破損させたり、落下などの事故が発生してしまうかもしれません。

屋根点検のDIY方法は?!梯子はどんなものを買えばいいの?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

成田崇
成田崇
屋根のDIY修理に関しては上のブログも参考にしてみてください

破損状況によっては、想像以上に修理費用がかかってしまいます。

屋根の状態を悪化させないためにも、DIYで対処するのは止めましょう。

業者に屋根の補修を依頼することが大切

屋根の棟板金が浮いていると感じた際は、業者にいち早く相談することが大切です。

修理費用を安く抑える場合、板金業者や金属屋根の修理を専門にしている業者に依頼することをおすすめします。

トラブルを避けるためには、信頼できる業者を見つけましょう。

業者の施工事例や費用、保証内容だけでなく、口コミやSNSでの反応もチェックしたいところ。

住宅の補修やリフォームなどを行う際は情報収集を入念に行ってください。

火災保険が利用できるケースがある

火災保険で屋根の補修ができる場合があります。

台風や強風などによる破損が認められると、火災保険が適用されます。

【屋根修理】台風や雪害で壊れた屋根を保険で修理できるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
屋根修理の保険に関しては上のブログも参考にしてみてください

 

屋根の破損が生じてから3年以内に請求しないと、

火災保険で屋根を補修できなくなってしまうので、注意してください。

まとめ

伊勢原市でスレート屋根修理の費用は72,000円でした

屋根の破損や劣化を放っておくと雨漏りに繋がりますし

下地の木が腐ってしまうとシロアリの繁殖や

屋根修理の他に多額の費用がかかってしまいます。

またスレート屋根で最初に劣化するのは「棟」です

経年劣化や風圧、気温の変化などにより、屋根の棟板金が浮いてしまいます。

そのまま放置してしまうと、雨漏りなどの被害が発生します。

最悪の場合、大きな事故に発展し、自分だけでなく、

周囲の方に被害が及んでしまうかもしれません。

普段から住宅に関心を持ち、違和感がないかチェックすることが大切です。

屋根に問題があると感じた場合は、業者に相談し、早めに対処してください。

 

 

 

 

 

伊勢原市でスレート屋根修理や伊勢原市で屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

 

スレート屋根の棟(屋根のてっぺん)板金が浮くのはなぜ?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

屋根の棟板金が浮くのはなぜ?

屋根の面同士を繋ぐ棟板金が浮いてしまうと、住宅に悪影響を及ぼします。

成田崇
成田崇
棟板金とは、この屋根のてっぺんの部分のことを言います

取り返しのつかない事態に発展する前に早めに対処することが大切です。

今回は、屋根の棟板金が浮く理由に加え、対処する際のポイントについて解説します。

雨漏りなどにより、屋根の状態が心配だと感じている方は一度参考にしてください。

釘が浮くことで屋根の棟板金も浮いてしまう

屋根の棟板金が浮く主な原因は、棟板金を固定している釘が浮いてしまうこと。

さまざまな理由で釘が浮き、被害が大きくなってしまいます。

成田崇
成田崇
劣化するとこのように棟板金は外れてしまいます

釘が浮く主な理由は以下の通りです。

・経年劣化

・風圧

・気温の変化

・下地に用いられている木材の腐食

早速ですが、各理由について説明します。

経年劣化

住宅は年数が経つにつれて劣化していきます。

年数の経過に伴い、棟板金を固定する力が弱まり、釘が浮いてしまう場合があります。

成田崇
成田崇
25年程度でこのように中の気が痛んできます

築年数が長くなった場合、住宅全体をチェックし、違和感がないか把握しましょう。

風圧

屋根自体、風の影響を受けやすいです。

長年、風に晒されている間に釘が浮いてしまい、最悪の場合は抜けてしまうかもしれません。

台風や強風の後、屋根に問題がないかチェックしておきたいところ。

気温の変化

棟板金自体、気温による影響を受けやすいです。

気温が上昇すると、棟板金が膨張します。

それに伴って釘が浮いてしまいます。

また、気温が下がると、棟板金が元の大きさに戻るものの、釘は浮いたままなので注意したいところ。

棟板金の膨張と収縮は日々繰り返されます。

下地に用いられている木材の腐食

屋根の下地に木材が用いられています。

雨水が棟板金の継ぎ目などから侵入することにより、木材が腐食。

成田崇
成田崇
腐食してくると釘が抜けてきます

 

結果、釘が緩んでしまいます。 腐食した木材は釘を固定しにくくなるので、

最終的に抜けてしまう恐れがあります。

屋根の棟板金が浮くとどのような弊害が起きるか

浮いた棟板金をそのまま放置するのは止めましょう。

さまざまな弊害が発生し、最悪の場合は取り返しのつかない事態に発展するかもしれません。

ここでは、どのような弊害が発生するかについて解説します。

雨漏り

長期間に渡って浮いた棟板金を放置し続けると、雨漏りが発生します。

屋根には、雨水の侵入を防ぐルーフィングが用いられているものの、

何かしらの拍子で破損してしまう可能性もゼロではありません。

成田崇
成田崇
屋根材や棟板金で防げなかった雨水は最終的にルーフィングで防ぐしかないのです

雨漏りが発生する前に屋根の補修を済ませることが重要です。

木材の腐食を助長

雨水の侵入により、雨漏りだけでなく、木材の腐食を促進させてしまいます。

結果、住宅全体が劣化し、倒壊する恐れが出てきます。 自分の身はもちろん、

家族や資産を守るためにも木材の腐食に対して早めに対処することが重要です。

棟板金の落下

棟板金が剥がれ、屋根から落下する恐れがあります。

最悪の場合、人にケガを負わせたり、

物を破損させるなどの被害に発展する可能性も十分考えられます。

成田崇
成田崇
台風などの強風時に棟板金が飛ばされる被害が後を絶ちません

台風などの災害が起きた際は、棟板金が落下していないかどうかチェックしましょう。

屋根の棟板金が浮いた際の対処法

屋根の棟板金が浮いた際、どのような対処が行われるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、対処法を何点か紹介します。

釘の補修

太めの釘を打ち、屋根の棟板金を固定。

場合によっては、ビスで固定する場合もあります。

ビスはネジになっているため、釘に比べて抜けにくいです。

棟板金自体を交換する

木材などに問題が発生していると、釘の補修だけでは済みません。

成田崇
成田崇
棟板金は交換することが出来ます

棟板金自体を交換し、雨漏りなどによる被害を防ぐことが重要です。

屋根の棟板金をDIYで補修しようとしない

屋根の補修を行う際、高所での作業も必要になってきます。

最悪の場合、屋根を破損させたり、落下などの事故が発生してしまうかもしれません。

屋根点検のDIY方法は?!梯子はどんなものを買えばいいの?|平塚・株式会社いらか|屋根専門

 

成田崇
成田崇
屋根のDIY修理に関しては上のブログも参考にしてみてください

破損状況によっては、想像以上に修理費用がかかってしまいます。

屋根の状態を悪化させないためにも、DIYで対処するのは止めましょう。

業者に屋根の補修を依頼することが大切

屋根の棟板金が浮いていると感じた際は、業者にいち早く相談することが大切です。

修理費用を安く抑える場合、板金業者や金属屋根の修理を専門にしている業者に依頼することをおすすめします。

トラブルを避けるためには、信頼できる業者を見つけましょう。

業者の施工事例や費用、保証内容だけでなく、口コミやSNSでの反応もチェックしたいところ。

住宅の補修やリフォームなどを行う際は情報収集を入念に行ってください。

火災保険が利用できるケースがある

火災保険で屋根の補修ができる場合があります。

台風や強風などによる破損が認められると、火災保険が適用されます。

【屋根修理】台風や雪害で壊れた屋根を保険で修理できるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

成田崇
成田崇
屋根修理の保険に関しては上のブログも参考にしてみてください

 

屋根の破損が生じてから3年以内に請求しないと、

火災保険で屋根を補修できなくなってしまうので、注意してください。

まとめ

経年劣化や風圧、気温の変化などにより、屋根の棟板金が浮いてしまいます。

そのまま放置してしまうと、雨漏りなどの被害が発生します。

最悪の場合、大きな事故に発展し、自分だけでなく、

周囲の方に被害が及んでしまうかもしれません。

普段から住宅に関心を持ち、違和感がないかチェックすることが大切です。

屋根に問題があると感じた場合は、業者に相談し、早めに対処してください。

 

 

 

 

 

屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

 

 

【屋根修理】台風や雪害で壊れた屋根を保険で修理できるの?!|平塚・株式会社いらか|屋根専門

台風や雪害で壊れた屋根を保険で修理できるの?!

台風や雪で住宅の屋根が破損したと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

自然災害により建物の損害が出た場合、できる限り早めに補修することが大切です。

屋根の修理を行うためには、ある程度の費用がかかります。

成田崇
成田崇
普段から屋根をチェックしておくことが大切です

今回は、台風や雪害で壊れた屋根を保険で修理できるのかどうかについて解説します。

台風や雪害で壊れた屋根を保険で修理できる場合がある

台風や雪害で屋根が壊れたとしても、

火災保険により修理できる場合があります。

成田崇
成田崇
屋根以外にも雨樋やカーポートも含まれます

火災保険は、自然災害により生じた損害も補償。

火災保険の補償項目は以下の通りです。

・火災

・爆発

・地震

・風災

・雪災

・雹災

・雷災

・水災

・水漏れ

・建物外部からの衝突

・落下

・盗難

台風や雪害の他にも、火災や地震、落雷などの自然災害や自動車の衝突などの事故、

盗難による被害も補償します。

屋根に限らず、住宅に何かしらの被害が生じた際、

火災保険の適用かどうか一度チェックしてください。

火災保険で修理するための条件

場合によっては、火災保険で屋根を修理できないケースも存在するので、

注意しましょう。

ここでは、火災保険が適用される条件について解説します。

台風や雪害で屋根が壊れて困っている方は、

一度参考にしてください。

強風による被害かどうか

まず、強風による被害である必要があります。

強風かどうかを判断する基準は最大瞬間風速です。

成田崇
成田崇
いつの台風で破損したのか?メモしておきましょう

最大瞬間風速が20m/秒以上でないと、

強風と認められません。

経年劣化かどうか

経年劣化と判断された場合、

火災保険で屋根を修理することができないため、注意してください。

成田崇
成田崇
経年劣化の場合は保険適用されません

普段からメンテナンスを心掛け、

屋根や外壁などが壊れるのを防ぐ必要があります。

被害に遭ってから3年以内かどうか

台風や雪害の被害に遭ってから3年以内に申請しましょう。

3年以上経過すると、火災保険の保証を受けることができません。

いつ被害に遭っているか把握していない方は注意してください。

20万円以上の損害かどうか

台風や雪害による被害額が20万円以上の場合、

火災保険により屋根の修理することが可能です。

20万円を下回ってしまうと、火災保険で修理することができません。

足場代などにより、

想像している以上に修理にかかる費用がかかってしまう可能性も十分考えられます。

雪の重みで壊れたか

雪の重みにより、

屋根やカーポートなどが壊れてしまう場合があります。

成田崇
成田崇
実は雪害も原因としては多いです

大雪や雪崩による損害も火災保険の適用になるので、

雪害が生じた際は申請してください。

保険料・住宅ローンを滞納していないかどうか

火災保険で壊れた屋根を修理するためには、

保険料・住宅ローンを滞納していないことも条件です。

滞納している場合、火災保険により屋根を修理することができません。

普段から、保険料・住宅ローンの支払いが滞らないようにしましょう。

火災保険を申請する際の流れ

台風や雪害などの被害により、

屋根が壊れたらいち早く火災保険を申請することが大切です。

人によっては、手順が分からないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ここでは、申請する際の流れについて解説します。

保険会社に連絡

屋根の被害を確認したら、まずは保険会社に連絡してください。

代理店経由で契約している際、代理店に連絡すれば、保険会社への連絡を代行します。

伝える内容は以下の通りです。

・契約者の氏名

・契約者の連絡先

・証券番号

・いつ被害に遭ったか

・被害に遭った場所

・災害時の状況

・事故の原因

・屋根にどのくらいの損害があるか

台風や雪害の規模が大きいと、対応に時間がかかってしまうかもしれません。

業者に依頼

保険会社に連絡した後、業者に依頼し、

屋根の修理に関する見積もりを行います。

 

数多くの業者が存在するので、信頼できる業者を見つけることが大切です。

成田崇
成田崇
「保険で無料で直せますよ」などという詐欺業者も多いので注意が必要です

火災保険の申請手続きを行うために修理の見積書と屋根調査報告書を作成する必要があります。

また、業者に屋根が壊れた原因を調査して頂くことが大切です。

原因が分からない場合、補償されません。

申請書類の作成

保険会社に提出する申請書類を作成します。

記入漏れがないかチェックすることが大切です。

提出時、

・修理の見積書

・屋根調査報告書

・被害状況の写真

を添付してください。

現地調査

火災保険の申請後、保険会社の調査人が現地調査を行います。

被害状況の写真で台風や雪害などの被害だと認められる場合、

ヒアリングで終わるケースも存在します。

保険金の入金を確認

被害が認められ、保険金の金額が確定すると、

指定の口座に保険金が入金。

保険金の明細ははがきなどで送られてきます。

火災保険の場合、損害額から免責金額を引いた額が支払われます。

保険金額が上限です。

まとめ

台風や雪害で壊れた屋根を火災保険で修理できる場合があります。

被害に遭ってから3年以内に火災保険を申請しないといけないため、注意してください。

経年劣化や原因が分からない場合は補償されません。

屋根の修理や火災保険について分からないことがある方は、

業者に一度相談してみてはいかがでしょうか?

アドバイスを受けつつ、屋根の修理を進めていきましょう。

 

 

屋根修理や屋根からの雨漏りのご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 

 

 

屋根のプロから見た
屋根リフォームに最適な季節とは?!

屋根リフォームに適した時期とは?

屋根の劣化が目立ち、雨漏りやカビ、スレート屋根の割れなど、色褪せなどが見られるようになったら、

リフォームを検討する必要があります。

人によっては、いつリフォームを行えば良いのか分からないと悩んでいるのではないでしょうか?

成田崇
成田崇
実は 季節よりも大切なことがあります

今回は屋根の劣化などに悩まされている方に向けて、

屋根リフォームに適した時期について解説させて頂きます。

屋根リフォームを行う時期は決まっていない

この時期に屋根リフォームを行わなければならない決まりはありません。

屋根リフォームを行う時期は人それぞれ違います。

成田崇
成田崇
何事も事前対応をすることです

必要だと感じたら、業者選びを検討することをおすすめします。

屋根リフォームに適した時期

屋根リフォームを行うのに適した時期を押さえ、建物の資産価値を守りましょう。

早速ですが、屋根リフォームに適した時期について説明させて頂きます。

春・秋(屋根塗装の場合)

春と秋は落ち着いた気候のため、屋根リフォームを行うのに適しています。

リフォームが予定通り進みやすいです。 春と秋は繁忙期のため、早めに依頼する必要があります。

高温の日が続く夏に行うケースも存在しますが、

屋根を塗装する際に用いる塗料が揮発してしまう場合があるため、

屋根リフォームに時間がかかってしまうかもしれません。

メリットは塗料が乾燥しやすいことです。

梅雨が始まる前に屋根リフォームを済ませましょう。

屋根の葺き替えや、屋根のカバー工法なども同様です

成田崇
成田崇
葺き替えやカバー工法では晴れを狙って工事をします

屋根リフォームを梅雨の時期に行ってしまうと、

雨で工事が中止になる日が頻繁に出る可能性があるためです。

北国の場合は夏

北海道のような北国の場合は夏が適しています。

春や秋の早朝に霜や露が屋根につき、

葺き替えやカバー工事をするのに時間がかかってしまう場合があります。

雪があると塗装が難しいため、屋根リフォームを予定している方は注意が必要です。

屋根リフォームの時期を見極めるポイント

業者を探し始めるかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

屋根リフォームをいつ行うかを決め、仕事や日常生活に支障が出ないようにすることが大切です。

見極めるポイントとして、以下のものが挙げられます。

・屋根材の耐用年数

・塗装の状態

・災害の被害に遭った場合

・家族の都合

・費用

・他の場所をリフォームする時

ここでは、屋根リフォームの時期を見極めるポイントについて解説させて頂きます。

屋根材の耐用年数

屋根材によって耐用年数が異なります。

耐用年数を迎えたと感じたら、屋根リフォームの予定を立てることが大切です。

建物が建っている環境により、想像以上に早く寿命を迎える場合も十分考えられます。

主な屋根材の耐用年数は以下の通りです。

成田崇
成田崇
いらかでお勧めしている屋根材は20年は問題ないです

・スレート:約7~15年

・セメント瓦:約10~20年

・ガルバリウム鋼板:約10~20年

・トタン:約6~10年

・瓦:30年以上

塗装の状態

塗料の耐用年数を超えた場合、屋根リフォームを検討したいところ。

塗装の状態により、建物の印象が変わります。

塗料の耐用年数を一度チェックしてはいかがでしょうか?

屋根に用いられている塗料の耐用年数は以下の通りです。

・アクリル塗料:約5~7年

・シリコン塗料:約10~13年

・フッ素塗料:約15~20年

・無機塗料:約20年以上

塗料によっては、屋根リフォームの頻度が多くなるかもしれません。

屋根リフォームでどの塗料を用いるかは予算と相談です。

災害の被害に遭った場合

地震や台風、大雪などによる災害で屋根が破損してしまうケースが存在します。

破損した場合、屋根リフォームにより修理を行う必要があります。

災害によっては、火災保険が適用されるので、加入している火災保険の内容をチェックしたいところ。

火災保険に加入していない場合、加入するかどうか検討することが大切です。

家族の都合

家族の都合に合わせ、屋根リフォームの時期を決めましょう。

退職して老後を楽しみたい・家族と同居することになるなど、

人によって都合が異なります。

屋根だけでなく、内装や外壁などのリフォームも行うことになるかもしれません。

もし、屋根リフォームが必要だと感じた際は家族と相談し、

どのようなリフォームを行うか決めておくことをおすすめします。

費用

時期によって費用が変わる場合もあります。

繁忙期である夏や秋は費用が高くなりやすいです。

少しでも費用を抑えたいと感 じた場合、繁忙期を避けてはいかがでしょうか?

他の場所をリフォームする時

屋根以外の場所をリフォームする際、

成田崇
成田崇
足場の設置時が屋根リフォームが最適にな季節です

屋根もリフォームするかどうか一度検討したいところ。

外壁リフォームと一緒に行う場合、足場代などを節約することができます。

まとめ

基本的には、春と秋が屋根リフォームに適した時期です。

北国の場合、夏が適しています。

建物が建っている場所の気候によって、屋根リフォームに適した時期が変わってきます。

屋根の状態が気になると感じた際は気温を一度チェックしたいところ。

屋根リフォームをいつ行うかは建物の状態や皆さんの都合によって決まります。

仕事や家事などが忙しく、屋根リフォームをすぐに行えない場合も出てくるかもしれません。

屋根や外壁などの状態が心配な方はスケジュール調整を行い、業者に屋根リフォームに関する相談を行いましょう。

リフォームに関するアドバイスを頂けるかもしれません。

 

 

屋根リフォームのご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 

 

 

屋根のプロから見た
屋根からの雨漏り、修理費用は?!

 日常生活を送る際、カビなどに悩まされている方もいるのではないでしょうか?

場合によっては、屋根に何か問題があるかもしれません。

取り返しのつかない状態になる前に普段から建物の状態に目を配ることが大切です。

今回は屋根からの雨漏りについて解説させて頂きます。

成田崇
成田崇
ほとんどの方は雨漏りするまで屋根を気にしません

修理費用についても触れていくので、気になる方は参考にしてください。

屋根からの雨漏りで起きる問題

屋根からの雨漏りを長期間放置してしまうと、さまざまな問題が発生します。

主に以下の問題が挙げられます。

・カビの発生

・シロアリの発生

・建物の腐食 最悪の事態が起きる前に早めに対処することが大切です。

早速ですが、屋根からの雨漏りで起きる問題について解説させて頂きます。

カビの発生

屋根からの雨漏りにより、天井や壁紙にカビが発生します。

日常生活を送っていく中で天井や壁紙にシミができていると感じている方も多いのではないでしょうか?

雨水が侵入すると、シミができているため、注意が必要です。

成田崇
成田崇
雨漏りしている屋根裏はカビだらけの場合が多いです

シミができているから壁紙を剥がしてみると、

カビが大量に発生しているかもしれません。

湿度が高いのに加え、ホコリや食べカスなどの栄養があると、

カビが発生しやすくなります。 最悪の場合、健康被害をもたらします。

シロアリの発生

害虫や害獣による被害に遭わないようにすることも日常生活を送る上で重要になってきます。

屋根からの雨漏りを放置し続けると、シロアリが発生するので注意が必要です。

成田崇
成田崇
外壁やサッシからの雨漏りの場合は白アリが発生しやすいです

シロアリは、湿気の多い木材を好みます。

木材の他にも、電線や断熱材がかじられてしまい、大きな被害が発生するかもしれません。

シロアリは、基礎のコンクリート・配管・玄関の上がり框などから侵入します。

建て付けの悪さなどを感じた場合、いち早く業者に相談してください。

建物の腐食

屋根からの雨漏りを放置し続けると、建物が腐食していきます。

最悪の場合、建物が倒壊する可能性も十分考えられます。

成田崇
成田崇
少しの雨漏りならいいかな?と放っておくと大変なことになります

自分や家族の安全、資産を守るためにも建物の腐食を防ぎましょう。

例え、倒壊しなかったとしても、資産価値が落ちてしまい、売る際に損をしてしまいます。

雨漏りが発生しやすい部位

屋根からの雨漏りにいち早く気付くためにも、

発生しやすい部位は一体どこなのか押さえておきたいところ。

建物の状態をチェックしたいけど、

何を見れば良いか分からないと感じている方も多いのではないでしょうか?

屋根からの雨漏りが起きていると感じた場合、以下の場所に問題が起きているかもしれません。

・谷板金

・屋根本体

・下屋根と外壁との取り合い板金

・パラペット板金

・天窓周り その他の場所にも、

雨漏りが発生している場合も十分考えられます。

ここでは、屋根からの雨漏りが発生しやすい部位について説明するので、気になる方は一度参考にしてください。

谷板金

谷板金は谷どい板金とも呼ばれており、

雨桶の機能を持っているのが特徴に挙げられます。

写真は本谷から雨漏りしていました

雨水を横桶に排水します。 最も雨に濡れやすく、

放置し続けると、屋根からの雨漏りが発生しているかもしれません。

屋根本体(スレート塗装)

屋根本体は雨だけでなく、

紫外線によるダメージを受け続けます。

また間違ったスレート塗装(縁切り)で雨漏りするケースも多いです

最終的に屋根の防水シートで防ぐのですが

成田崇
成田崇
スレートの塗装は本当に気を付けてください

ルーフィングの防水機能が損なわれてしまっていると注意が必要です。

下屋根と外壁との取り合い板金

下屋根と外壁との取り合い板金から雨漏りが発生しているケースも数多く存在します。

取り合い板金は、下屋根と外壁から流れてきた雨水が接合部分の隙間から侵入するのを防ぐ役割があります。

パラペット板金

パラペットは、手すり壁のこと。

雨水を排水し、外壁の状態を保ちます。

また、人や物の落下を防ぐ役割もあります。

屋根とパラペットは材質が異なる関係上、

接触部分から雨水が侵入しやすいです。

屋根からの雨漏りが発生した際、パラペット板金に問題が起きているかもしれません。

天窓まわり

天窓まわりも雨漏りが発生しやすい場所のひとつに挙げられます。

室内を明るくするだけでなく、風通しを良くするために天窓を設置するケースが多いです。

屋根に穴を開けてしまうため、雨漏りや結露が発生しやすくなります。

成田崇
成田崇
天窓も屋根の一部です、屋根のことは屋根の専門業者に依頼してください

また、雨音が響く点に注意したいところ。

屋根からの雨漏りが発生した際、天窓を交換する必要があります。

ただし、屋根との接続部分があるので、大規模なリフォームになってしまう場合が多いです。

屋根からの雨漏りを修理するのにかかる費用

屋根からの雨漏りを修理する際、約5万~30万円の費用がかかります。

場所や屋根材、雨漏りの進行度合いなどによって、修理費用に差が出ます。

場合によっては、想像以上に費用がかかってしまうかもしれません。

成田崇
成田崇
屋根からの雨漏りのほとんどはルーフィングの劣化です

防水シートの劣化などで屋根全体を交換すると、約60万~200万円の費用がかかります。

瓦のズレの修理または差し替えだけなら、約1万~5万の費用で済みます。

修理だけでなく、足場代や諸経費が別途かかる点を踏まえた上で業者に依頼しましょう。

火災保険が適用されるケース

修理の内容によっては、火災保険が適用されるケースが存在します。

修理費用が心配だと感じた際は火災保険の内容をチェックしてみてはいかがでしょうか?

経年劣化の場合、保険金を受け取ることができません。

屋根からの雨漏りが起きた際、業者に火災保険のことを一度相談することをおすすめします。

修理費用に関するサポートがあるかどうかも依頼する決め手のひとつ。

まとめ

屋根からの雨漏りにより、カビやシロアリが発生するだけでなく、木材の腐食が起きます。

長期間に渡って放置し続けると、

建物が倒壊してしまうかもしれません。

また、修理費用は約5万~30万円が相場です。

状態によっては、屋根全体を交換する必要も出てきます。

雨漏りの被害や修理費用を最小限に抑えるためには、

普段から建物の状態について関心を持ちましょう。

天井や壁、床などに違和感を感じた場合、業者に一度相談してみてはいかがでしょうか?

早めに対処することが自分や家族の安全、資産を守ることに繋がります。

 

 

 

 

屋根から雨漏りのご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

 

 

 

屋根のプロから見た
屋根補修・屋根修理時に使える助成金や保険は?!

屋根補修時に使える助成金や保険は?!

予想外のアクシデントにより、屋根が破損する場合があります。

破損が見つかったら、いち早く補修したいところ。

人によっては費用が心配と感じているのではないでしょうか?

実は、屋根補修時に使える助成金や保険が存在します。

今回は、屋根補修時に使える助成金と保険について解説させて頂きます。

建物の補修に興味のある方は一度参考にしてください。

 

 

屋根を補修しないとどのような問題が起きるのか

屋根の破損を放置し続けると、雨漏りが発生する可能性があります。

また、雨漏りが原因で腐食が進行し、最終的に建物が倒壊するかもしれません。

成田崇
成田崇
雨漏りを放置すればさらに費用がかかってしまいます

最悪の事態を回避するためにも、屋根の補修をできる限り早めに行いましょう。

屋根補修時に使える助成金

屋根補修時に使える助成金として、

・省エネリフォーム

・耐震リフォーム

・長期優良化リフォームが挙げられます。

各助成金の特徴を知り、屋根補修に関する疑問を解消するのが大切です。

ここでは、省エネリフォーム・耐震リフォーム・長期優良化リフォームについて解説させて頂きます。

省エネリフォーム

省エネリフォームは、消費エネルギーを抑えるのを目的にしています。

支給される金額の上限は約20~30万円に設定されている場合が多いです。

自治体によって、金額に差が出ます。 省エネリフォームの一例として、以下のものが挙げられます。

・太陽光パネルの設置

・LED照明の設置

・断熱・遮熱改修工事

・アスベストが含まれている屋根材の撤去

屋根リフォーム単体ではなかなか降りないのが現実です
成田崇
成田崇

耐震リフォーム

耐震リフォームは、耐震化を目的にしたリフォーム。

耐震補強に関する助成金が支払われます。

地震による被害を最小限にするため、耐震性能を把握したいところ。

支給される金額の上限は約20万円に設定されている場合が多いです。

助成金を受けるための主な条件は以下の通り。

・旧耐震基準に基づいて建てられた建物

・地上3階建て以下かつ木造部分が2階以下の建物

・工事後の判定値が1.0以上になること 耐震化のために屋根補修だけでなく、屋根の軽量化や金物補強を行います。

屋根が軽くなると、地震による負荷が軽減されます。

成田崇
成田崇
こちらも屋根リフォーム単体ではなかなか難しいのが現実です

長期優良化リフォーム

長期優良化リフォームは、長期優良住宅にリフォームすること。

長期優良住宅は、長期間に渡って良好な状態を維持するために設計された家を指します。

日本には、長期優良化リフォーム推進事業制度が存在しており、

屋根補修や屋根の軽量化などを行うことで補助金が支給されます。 1戸当たりの限度額は100万円です。

 

助成金を受け取るための条件

屋根補修で助成金を受け取るためには、

以下の条件を押さえておく必要があります。

・住居目的の家

・税金を滞納していない

・暴力との繋がりがないこと 店舗や事務所、収益物件のリフォームは対象外です。

税金を納めてから助成金の申請を行ってください。

屋根補修時に使える保険

屋根補修時の負担を少しでも軽減するために一体どのような保険が使えるか把握しておきたいところ。

屋根補修の内容によっては、以下の保険が使えるかもしれません。

・火災保険

・地震保険 ここでは、

各保険の特徴について説明させて頂きます。

火災保険も年々審査が厳しくなっています
成田崇
成田崇

火災保険

火災保険は、火災などの被害により発生した建物や家財の損害を補償するための保険です。

日常生活を送る上で予想外の事故に巻き込まれる可能性があるため、

火災保険に加入しておきたいところ。

 

火災保険で屋根補修を行うためには、以下の条件を満たす必要があります。

・風災・雪災・雹災によって起きた屋根の破損であること

・修理費用が火災保険の免責金額を超えていること

・被災から3年以内に申請を済ませること 被災してから3年以内の屋根補修の場合、火災保険が適用できます。

免責金額は約20万円が一般的。

プランによって、免責金額が変わってくるので、注意してください。

成田崇
成田崇
経年劣化や施工不良、人的な原因による損壊の場合、火災保険が適用されません

 

地震保険

地震保険は、火災保険で補償されない地震

・噴火・津波による損壊・火災・埋没・流出による損害を補償するための保険。

建物や家財が全壊・全焼しても最大で半分しか補償されないのが特徴に挙げられます。

火災保険のオプションとして加入するのもポイントです。

瓦のズレや落下をはじめ、瓦屋根の棟部の落下や雨仕舞の故障などが起きた際、地震保険が使える場合があります。

地震が発生した翌日~10日経過した後に生じた損害は地震保険の対象外なので、

屋根補修を検討している方は注意してください。

まとめ

屋根補修時に使える助成金は、省エネリフォーム・耐震リフォーム・長期優良化リフォームの3つが挙げられます。

助成金により、限度額が異なります。

申請する際、条件を満たしているかどうか把握しておきたいところ。

また、屋根補修に使える保険は火災保険・地震保険の2つです。

気になる保険を見つけたら、プランの詳細を把握しましょう。

屋根補修について何か気になることがある場合、業者に一度相談することをおすすめします。

助成金や保険に関する疑問を解消した上で屋根補修を進めることが大切です。

 

 

 

屋根のトラブルのご相談はこちらまで

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。