ブログ

瓦屋根は一生モノ?!
銅板の本谷には要注意!

瓦屋根は一生モノなの?!

 

結論から言うと「瓦は一生ものでは無い」です

 

ただ、劣化してくる箇所は決まっています。

 

1,ルーフィング

2,棟

3,本谷

この三つに集約されます。

 

ルーフィングに関してはこちらから

 

棟に関してはこちらから

 

今日は本谷について解説したいと思います。

 

 

 

どうして本谷は痛むの?!

 

 

 

 

 

なぜならばこのように

本谷板金に雨水が集中するからです

 

このように雨が降っている間中ずっと

本谷板金には雨水がずっと流れている

使用頻度が高ければ劣化するのは当然ですね。

 

 

本谷だけ変えればいいの?

 

すでにサビて

穴が開いてる場合などは本谷板金の交換だけでは難しい

のが実状です

 

すでに雨漏れしている本谷板金の下地状況

 

なぜならば

雨漏れしているので下地も劣化しているためです。

 

本谷が劣化しているということは

屋根全体のメンテナンス時期でもある

 

ということを念頭に置き、

屋根のリフォームを考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

 

 

 

 

 

成田 崇

・かわらぶき2級技能士

・瓦屋根工事技師

・瓦屋根診断技師

 

趣味

サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

 

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。