ブログ

カラーベスト(スレート屋根)が割れた!
その寿命と補修費用は?!

新しいホームページが出来ました【iraka-roof.com】株式会社いらか・平塚市|屋根・雨漏りの工事・外壁塗装・天窓交換・リフォーム

屋根のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】屋根工事・屋根リフォーム・屋根修理・瓦屋根修繕・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 天窓のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】天窓工事・天窓交換・天窓修理・メンテナンス・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南

外壁のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】外壁工事・外壁リフォーム・外壁修理・外壁塗装・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南 雨樋のトラブル【施工前・現地調査時の画像一覧】雨樋工事・雨樋交換・雨樋修理・雨樋清掃・株式会社いらか・iraka|平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・鎌倉・湘南


カラーベスト(スレート屋根)が割れた!

その寿命と補修費用は?! 1年を通して快適に過ごすためにも、屋根が欠かせません。

住宅によって、用いられている屋根材が異なります。

何らかの原因でカラーベスト(スレート屋根)が割れ、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

雨漏りなどの被害を防ぐためにも、屋根のメンテナンスをいち早く行うことが大切です。

今回は、カラーベストの寿命と補修費用について解説します。

カラーベストとはそもそも何か

カラーベストは、ケイミュー株式会社が販売しているスレート屋根。

セメントやケイ石を原料としています。 カラーベストを用いた住宅が多いです。

多い理由は以下の通り。

・軽い

・安価

・施工を早く済ませられる

成田崇
成田崇
現在、かなり多くの住宅でカラーベストが採用されています

カラーベストの寿命

メンテナンスを定期的に行い、寿命を長くしましょう。

成田崇
成田崇
カラーベストの寿命は20~30年です

カラーベストは割れやすい点に注意

カラーベスト自体、薄いので、割れやすいです。

施工時に問題が無かったとしても、いつの間にか割れている可能性もゼロではありません。

成田崇
成田崇
カラーベストは厚さ5.5mmのセメント板ですのでとても割れやすいのです

被害が大きくならないようにするためにも、住宅の状態を普段からチェックしましょう。

カラーベストが割れる原因

どのような原因でカラーベストが割れるのか気になっている方もいるのではないでしょうか?

割れる原因はいくつも存在します。 主な原因は以下の通り。

・踏み割れ

・押さえ釘の打ち込み

・水

ここでは、カラーベストが割れる原因について説明するので、住宅の補修を予定している方は一度チェックしてください。

踏み割れ

カラーベストは薄いため、踏み割れが発生する可能性があります。

成田崇
成田崇
屋根業者以外の踏み割れが原因のNo1です。例えばアンテナ交換や外壁塗装時などです。

屋根のメンテナンスなどの際にカラーベストを踏んで割れてしまうケースが存在します。

押さえ釘の打ち込み

長押しの押さえ釘の打ち込みの際に割れる場合もあるので、屋根材にカラーベストを用いている方は注意してください。 押さえ釘を打ち込む前にした穴を開ける必要があります。

カラーベストはセメントを用いているため、水に弱いです。

雨水や空気中の水分を含み、冬場に水分が凍結することでカラーベストが膨張します。

膨張を繰り返すことで亀裂が生じ、最終的に割れてしまうので注意したいところ。

ちなみにカラーベストを塗装しても防水効果は一切効果はありません

屋根のプロが教える ほんとにスレート屋根塗装は必要ですか?!

割れたカラーベストの補修費用

補修するためには、

一体どのくらいの予算を用意しないといけないか気になっている方もいるのではないでしょうか?

カラーベストの補修に限らず、住宅のメンテナンスはまとまった費用がかかります。

納得のいくメンテナンスを行うためにも、十分な予算を用意したいところ。

割れたカラーベストの補修費用は約5,000~10,000円/㎡です。

工事の規模によって、補修費用が変わってきます。

部分補修で済む場合もあれば、全体補修が必要な場合もあります。

雨漏りによる被害が著しいと、葺き替え工法を行うことになるかもしれません。

割れたカラーベストの補修を行う際、下地の補修や防水シートの費用、足場の設置費用、交通費などもかかります。

葺き替え工法で新たな屋根材に交換するなら、約100万~200万円は用意したいところ。

割れたカラーベストの補修を行う業者の選び方

割れたカラーベストの補修を業者に依頼する必要があります。

数多くの業者が存在するので、どこに相談すれば良いか迷ってしまう方もいるかもしれません。

選ぶポイントは以下の通り。

・施工実績

・見積もりの内容

・コミュニケーションの行いやすさ

・保証内容

ここでは、業者の選び方について説明します。

こちらから地域の屋根屋さんを検索してみてください

施工実績

気になる業者を見つけたら、屋根の工事に関する実績がどのくらいあるか一度チェックしてください。

どのような施工を行ったかだけでなく、工期や費用などを把握し、依頼するかどうか検討したいところ。

見積もりの内容

見積もりの内容を細かくチェックし、依頼するかどうか判断する必要があります。

どのような部材を用いるかだけでなく、費用について把握するのが大切です。

相見積もりを行い、費用が極端に安い場合は注意してください。

コミュニケーションの行いやすさ

業者に屋根に関する悩みを伝えられるかどうかも割れたカラーベストを補修する際のポイント。

コミュニケーションが取りやすいかどうか判断した上で契約を進めていきましょう。

保証内容

補修すれば終わりではなく、アフターフォローも重要です。

気になる業者を見つけた際は、保証内容を細かくチェックすることをおすすめします。

まとめ

カラーベストは安価で施工しやすい反面、薄くて割れやすい屋根材です。

補修費用は約5,000~10,000円/㎡かかります。

工事の規模によって、想像以上に費用がかかってしまうため、どの位の予算を用意できるか把握したいところ。

カラーベストが割れた際、信頼できる業者に一度相談してください。

適切なアドバイスを受け、屋根のメンテナンスを進めましょう。

 

 

 

カラーベストの割れや修理のご相談はこちらまで

 

 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。

〇いらかの屋根外壁工事、施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町